男の中の男の説教

2週間ほど前、都内某所で寒汰リークスメンバーのオフ会が開催された。

ざ・マニラ全盛時代(2002年から2003年)、エルミタクラブ全盛時代(2005年から2006年)、ここ数年の各年代で寒汰の被害にあった人たちが集まり、次々に2002年以降の寒汰のありとあらゆる悪事をおもしろおかしく披露した。多くのエピソードは既にこの寒汰物語で紹介したとおりだが、寒汰は昔から今に至るまで一貫して基地外であったのだと参加メンバーはしみじみと実感したのだった。

また、寒汰の実物を知らないメンバーの方々も寒汰物語の内容が本当で、寒汰が本当に基地外なのだと実感し、しきりに感心していたという。

今回は筆者でさえ知らなかったエピソードもいくつか紹介されたのだが、以下はその一つである。

.

寒汰はマニラのKTV(カラオケ)に通うのが大大大好きであった。ただし、寒汰は一人ではKTVでオーダーすらできないので、ネモトでガマガエルのように初心者が来るのを待ち伏せし、初心者が来ると粘着質にまとわりつき無理やりKTVに連れて行ってもらっていたのは既に紹介したとおりである。

エダモト(仮名)で獲物を狙うガマ蛙 I

エダモト(仮名)で獲物を狙うガマ蛙 II

初心者にKTVに連れてきてもらった寒汰は、以下の2つの行動をするのが常であった。

  • 店員が止めるのを一切無視してひたすらGROの下着を中心に盗撮しまくる
  • 周囲にいるGROや客の連れの女性の全身を舐め回すように視姦しまくる

しかし、この二つ以外にも寒汰がやっていた行動がある。それは30分間以上腕を組んでウンウンと唸りながらメニューを凝視したあげく、フィリピン人のウェイターとママを呼びつけ、日本語でひたすら説教することであった。

説教の内容は酒とフルーツの値段が原価より高いということであった。

.

賢明な読者の方々はよくよく理解していただいていると思うが、KTVは飯屋ではない。KTVは女とのコミュニケーションや破廉恥行為を楽しむ場所である。そのKTVが酒やフルーツを原価のまま出していたら店が潰れる。

酒やフルーツはサービスの良い女や店に対する報酬である。それが、どこの世界のホステスバーに酒やフルーツを原価のままで出す店があるのか。

そもそも釧路のラーメン屋臭皇が原価一杯当たり10円ほどの富士食品白豚湯スープをお湯で薄めて800円以上の暴利を貪っているのに比べれば、「女」のサービスがつくKTVの酒やフルーツの値段はむしろリーズナブルとさえいえる。

その暴利を貪っている臭皇の経営者寒汰がどの口で「酒やフルーツは原価で出せ」というのか。

.

寒汰はKTVに連れていってもらっては、そうやっていつも日本語でネチネチとウェイターやママに文句を垂れていたという。

読者の皆様は御存知のようにKTVのウェイターはほとんど日本語はわからない。ママでさえもこみいった日本語を理解するのは難しい。それに日本語でネチネチと説教して通じた気になっているのは、寒汰が言語以前に根本的にコミュニケーション能力が欠如している証拠である。

そもそも寒汰のあの不明瞭で非論理的な日本語は日本人にすら理解し難い。

筆者も最初に寒汰に会った時、寒汰が何を言っているのかほとんど理解できなかった。ボソボソと話し、文章には主語も述語もなく、さらに脈絡もない単語がポツポツならんでいるパロールは日本語だと判別するのに時間がかかったほどである。

さらに寒汰は筆者の質問に対して全く関係のない返事ばかりしていたので聴覚障害者ではないかと思ったほどである。やはり言語以前に根本的なコミュニケーションが決定的に欠如している寒汰なのである。

.

寒汰は根本的なコミュニケーション能力が欠如しているからKTVで女とどのように楽しむかも理解できず、ウェイターやママに通じてない説教を垂れて間違った方向の悦に浸るのであろう。

くり返し言うが、KTVはフルーツを食べに行くところではない。ウェイターやママに通じない説教をたれて悦に浸る場所でもない。女とのコミュニケーションや破廉恥行為を楽しむ場所である。

寒汰に延々と意味不明な説教を食らったママたちは口をそろえて「シャ、頭オカシイ」と寒汰を後ろから指さして笑っていたという。

.

そこまで原価でフルーツを食べたいなら、無理やりKTVになど連れて行ってもらわず、スーパーでフルーツを買って一人でホテルで食べてればいいと思うのは筆者たちだけだろうか。

KTVで日本語のわからないウェイターやママにねちねちと説教を垂れるのは「男の中の男」とは真逆の行為である。

もっとも、一切英語もタガログ語もできない上に極度にコミュニケーション能力が欠如している寒汰ではフィリピンのスーパーで一人で買い物をすることすら困難なのかもしれない。

(写真と本文は全く関係ありません)

.

.

「ゲヒヒヒ。俺は正義の味方じゃから他人の個人情報や写真をいくらでも晒していいんじゃよ。俺は一切反省しないんじゃよ。臭皇が潰れても俺は反省なんかしないんじゃよ。俺は何十年でも他人に迷惑をかけ続けるんじゃよ。俺は正義の味方だからいくらでも迷惑をかけていいんじゃよ。どうだ? 俺は凄いだろう? 俺は偉いだろう? 俺を尊敬しただろう?ゲヒーーーッヒッヒッヒヒ」寒汰は今日も、釧路町木場にあるホーマックで千枚通しを買いながら奇っ怪な声をあげていた。

勾践(こうせん)氏(仮名)や周囲の人間はまゆをひそめながら、この狂人を嘲るように見下ろしていた。

.

.
.

寒汰の迷惑行為による被害者一覧

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

大虎の秘密の新メニュー、猫又ラーメンについてはこちらを御覧ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

マラテのKTV、エンジェルバード(仮名)にて II

マビニにエンジェルバード(仮名)というKTVがあるが、ホンダ社長(仮名)が居た頃、寒汰はこの店に頻繁にやってきて迷惑をかけていた。ママ・アシックス(仮名)と従業員のヒトーさん(仮名)の証言を元に、寒汰がどのような迷惑をかけていたかを再現したい。

(写真と本文は全く関係ありません)

寒汰はブログ「魔尼羅盗撮バージン(仮名)」で、マニラにあるそこら中の店の悪口を散々に書きなぐっていた。ほとんどが根拠のない中傷、寒汰の妄想によるもので、各店舗にとっては本当にいい迷惑だった。

寒汰は社長(当時)のスズキさんは親友と思っていたせいか、エンジェルバードの悪口は書かなかったが、逆に異常なほどの持ち上げようは、不自然で店にとって却って迷惑だった。

寒汰がもちあげればもちあげるほど現実感がなく、エンジェルバードが逆に悪い店ではないかという噂になっていたのだ。さらに、あの寒汰と仲が良いと勘違いされたホンダ社長は客からも従業員からも白い目で見られるようになり、立場が悪くなっていったことは、後の悲劇さえ呼び起こすのである。

ともあれ、寒汰がエンジェルバードのことを異様なほどに褒めるのは、はっきり言って褒め殺しであり、マイナスにしかならなかったから止めて欲しかった、当時の従業員は証言する。

ただ、下手に言うと逆恨みをされて、どんな嫌がらせを受けるかわからないので、当時のホンダ社長も従業員たちも大変苦慮してたようである。

.

寒汰が、別のKTVで騒ぎを起こして警察署に連行された件も、有名であった。撮影禁止の店なのにひたすら写真をとりまくり、注意されると「俺は特別な客だから特別に撮影を認めろ」と怒鳴り散らしながら暴れて店を追い出されたのである。

さらに、その後寒汰は店の外で数時間もの間、女の子が出てくるのを待ち構えていたのである。ストーカー同然の行為に女の子が怯えてしまい、最後は店長が警察を呼び、寒汰は連行されていったのは、マニラの日本式KTVでは密かな伝説となっていたのである。

異常に気持ち悪く臭い上に、とんでもない迷惑をかけまくる寒汰は、マニラのKTVでは、もはや指名手配犯扱いなのである。

(写真と本文は全く関係ありません)

.

.
.

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ  にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
.

.

マラテのKTV、エンジェルバード(仮名)にて I

マラテにエンジェルバード(仮名)というKTVがある。ホンダ社長(仮名。ホンダさんは現在別の店で働いている)のがんばりで有名になった店である。

そのエンジェルバードに寒汰は度々やってきて散々迷惑をかけていた。

ホンダ社長の必死の努力を無にするような嫌がらせ行為でもあった。

寒汰はこのホンダ社長がダバオでビジネスを起こそうとした時も、出資するようなことを散々匂わせて、いざとなると一銭も金を出さなかったのである。

これはホンダ社長にとって大迷惑以外の何者でもなかった。

金が惜しいなら最初から出資することを匂わせなければいいのである。

何も中身がないのに、人から注目を浴びるために嘘ばっかりついている寒汰特有の迷惑行為であった。

ともあれ、本エントリでは、そんな寒汰がエンジェルバード(仮名)で、どれほど嫌われていたかをママ・アシックス(仮名)と、日本人従業員ヒトーさん(仮名)の証言を元に書いてみたい。

(写真と本文は一切関係がありません)

寒汰はエンジェルバードにいつも一人でやってくる。友達は一切いない。

マニラの誰にも相手にされていないのである。寒汰はホンダ社長が親友だと思っていたが、ホンダ社長は金のために嫌々相手にしているだけである。金のことがなければ寒汰のような異常に臭くて気持ち悪い男など一瞬たりともそばにいたくない。

それは他の人間も同じである。だから寒汰はいつも一人なのである。

そして、寒汰はエンジェルバードにやってきても、ほとんど何も話さない。話をしようにも寒汰は英語が全くできなかった。さらにタガログ語もほんの数単語しか知らない。ママ・アシックス(仮名)はいつも寒汰と日本語で話をしていた。

寒汰は何やら冗談らしいことをよく言おうとしていたが、言葉がはっきりしない上に何が面白いのか全くわからず、ママ・アシックスは、いつも苦笑いしていた。

それを見て、寒汰は自分の冗談が受けているのだと勘違いして、ますます意味不明な言葉を叫びながら笑い転げているのであった。

(写真と本文は一切関係がありません)

寒汰は席に座ると、いつも周囲をキョロキョロと見渡しながらニタニタと笑い、ウンウンと一人でうなずいていた。そしてカメラを構え、バシャバシャと写真を撮りまくるのだ。

自称フォトグラファーだそうだが、本当の写真家とは誰も信じてなかった。寒汰は見るからに嘘くさい顔をしているのだ。言葉が通じなくても、寒汰が信用出来ない人間だとはママ・アシックスも女の子たちも分かっていた。

寒汰は異常にドケチだった。一切何のオーダーもしなかった。女の子の指名は絶対にしなかった。そもそも指名しようにも女の子たちは寒汰を徹底的に嫌っていた。なにせあの気持ち悪い容貌の上に、臭くて話が通じないのである。

英語もタガログ語も一切話せないし、身振り手振りだけで話されても何のことか分からない。

冗談らしきことを言って本人一人が満足そうに笑っているが、女の子たちは全く理解出来ないので仕方なく苦笑いするばかりである。

.

寒汰はとにかく異常に気持ち悪かった。いつもシャブ中の人間のようにキョロキョロしており、体が異常に臭かった。自称「男の中の男」「俺はキムタクよりいい男」の寒汰であるが、ママ・アシックスに聞いてみたところ、こんな返事がかえってきた。

イーーー!(フィリピン人が嫌なものを見た時によく言う感嘆詞) パンゲット!臭いし嫌だよ。(寒汰とは)ビジネスだから話すだけ。ビジネスじゃなければ話したくもないよ!」

なお、寒汰は店に来る時、よくピザをお土産として持ってきたそうであるが、このピザはスーパーで買った安物のピザをレンジでチーンした後、数日間ほったらかしにしたようなゴミ同然のもので、冷えている上に臭くてまずそうで、一度たりとも誰も手をつけようとしたなかった。

しかし、言語以前のコミュニケーション能力が根本的に欠如している寒汰はピザのおみやげが喜ばれていると真逆の勘違いをして、一人悦に浸ってニタリニタリと笑っていたそうである。

(続く)

.

.
.

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ  にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
.

.