ステマ大魔王のレビュー文 2 – 謎の「バーセント」

釧路から臭皇の最新の売上情報が入ってきた。詳細は別エントリでご紹介させていただくが、臭皇の売上低下が止まらない。特に書き入れ時のはずの冬の売上低下が深刻である。しかし、寒汰にとっては蛙の面に水状態で、一切気にしていないそうである。

売上低下の最大の理由は、寒汰の異常な迷惑行為が釧路市民から嫌われまくっていることだと思われるが、犯罪行為、迷惑行為をやめる意思は一切ないようである。

寒汰の心境を代弁するとこういうことであろうか。

「ゲヒヒヒヒ。俺は臭皇の売り上げが落ちても気にしないんじゃよ。俺は他人に迷惑をかけ続けるほうが大事なんじゃよ。俺は絶対に絶対に絶対に迷惑行為をやめないんじゃよ。マニラでも釧路でも嘘を突き倒して世の中に迷惑をかけると快感なんじゃよ。臭皇の売上がゼロになっても、俺は絶対に絶対に迷惑行為をやめないんじゃよ。どうだ? 俺は偉いだろう?俺を尊敬しただろう?ゲヒーーーーーーーーーーッヒヒヒヒヒヒヒッヒヒヒ!」

20131017095924.mp4_000048200 copy

(写真と本文は全く関係ありません)

さすがは、他人に迷惑をかけるためだけにこの世に生まれてきたような物体である。このままで行くとあと数年しないうちに望み通り臭皇の売上がゼロになりそうである。なお、濡れ手に粟状態のフランチャイズからの収入であるが、旭店店主は既に臭皇からの離反をプランしていると聞く。自前の土地で堅実に営業している旭店は、そもそも臭皇の汚い看板など必要なかったということであろう。

.

ステマ大王寒汰が、eまちタウンで書きなぐっている文章に関して、whawa さんから頂いたコメントを引き続きご紹介したい。

(ステマ大王によるレビュー文)

釧路タウン > 食べる > 居酒屋・バー > ダイニング・居酒屋
居酒屋佐良
一人で気軽に 一人で気軽に  一人当たり予算 4,000円台
投稿日時 2006年10月30日
ホームグラウンドとしての一軒

開店間もない頃から時々訪れて、予約を入れて友だちと呑んだり、また一人でふらっと来たり、いろいろとお世話になっている。店を拡げ、メニューを増やし、順調なようで、とてもうれしい。ラパンがなくなってから、このあたりでちょうどいい店をさがしていたので、僕にとっては基準として、ホームグラウンドとして価値を置いている店だ。
宴会もできるが、まあ3~4人の少人数がいいだろう。無駄口を挟まない店主の雰囲気そのままに、しっとりとした店内だから。
旬のモノ、おすすめのものは、ほぼ\500に統一している。仕入れとその価格の見込みと、やりくりが大変なときもあるようだが、これは変えていないのはこだわりなのだろう。鯨刺しも生のものが入る。タチもうまい。
頑固な寿司屋のように、特にお勧め、なんてことはなかなか言わないが、やはりいいものが入ったときは聞き出しておこう。
カウンターで飲むのがおすすめだ。清潔で、気分がいい。たくさんある地酒を味わい、時々からっとおしゃべりしたり。
いい店ですよ。

(whawa さんのコメント)

>たくさんある地酒を味わい、時々からっとおしゃべりしたり。
地酒は、真露ですかね?

開店時間前から店におしかけ、一切金は払わないのに無料で飲食しようとする卑しい「吾人」の姿が思い浮かぶようである。

マニラのネモトに代表されるが、寒汰の脳内では「得意客」だが、現実には店にとってはただの営業妨害の塊であることがマニラでも釧路でも数多くある。この佐良もその一つであろう。

寒汰が言う「地酒」が何を指すかはわからないが、真露チャムスルがフィリピンの地酒だと妄想する自称食の達人のことであるから、殺菌用のメタノールを地酒と呼んでいても不思議ではない。

(ステマ大王によるレビュー文)

釧路タウン > 食べる > 居酒屋・バー > ダイニング・居酒屋
バーセント・アンドリュウス
お酒重視 お酒重視  一人当たり予算 7,000円台
投稿日時 2006年09月14日
ここに来るのが夢だった

モエのマグナムボトルが飾られる入口。路地へと誘う客引きを振り切って地下へともぐれば、ああ別世界。

若い頃は、この店で酒を飲むのがあこがれだった。おごりではなく、自分の金で飲みに来るのが。もちろんどんな客も受け入れてくれる度量がある。しかし、やはり年齢を多少重ね、うまい酒を飲みたい、という気持ちにならないと、この店の真価はわからないだろう。
きりっとドライなレシピのカクテル。オリジナルもすごい数だ。
何よりすごいのは、シングルモルトの数。「ウィスキー・コンパニオン」で見た幻のようなボトルが。舌が焦げるほど、とろける。1杯\2000程のグラスがどんどん空く。
もちろん、酒の蘊蓄などどうでもいい。うまい酒を、謙虚に求め、味わう大人に。

(whawa さんのコメント)

寒汰> バーセント・アンドリュウス
バー・セント アンドリュウスですかね?

寒汰>しかし、やはり年齢を多少重ね、うまい酒を飲みたい、という気持ちにならないと、この店の真価はわからないだろう。

真露を持ち込んで、水と氷を頼む人が、日本ではすごいですね

まず、謎のバーセント・アンドリュウスであるが、一体なんのことだか最初筆者にはわからなかった。whawa さんのコメントを見てようやく BAR ST. ANDREWS 釧路店 なのだと気づいた。

Bar St. Andrews

バーセントではなんのことだか全く意味不明である。いくら英語が苦手な寒汰でも、一度でも店の看板を見たことがあればこんな勘違いはしないだろう。寒汰がこの店に行ったことがなく、又聞きだけで適当なことを書いたのがもろバレである。行ったことがないのに常連客のふりをしている。またしても架空入店なのである。

Screen Shot 2014-05-25 at 3.13.43 PM

何が「若い頃はこの店で酒を飲むのがあこがれだった」であろうか? このバーセント・アンドリュースがオープンしたのは1988年、寒汰が34歳のオッサンの時である。一度も行ったことがない店なのに、適当なことを書いているのがモロバレである。

すぐにバレる嘘を書くのは、やはり生まれつきの嘘つきだからであろう。

また、寒汰がオールド・セント・アンドリュースを一度も飲んだこともないし、ボトルを見たことすらないのは言うまでもない。いくら背伸びをしても、すぐにバレて恥をさらす間抜けなインチキ田舎老人が寒汰なのである。

old-st.andrews_01

寒汰>舌が焦げるほど、とろける。

寒汰氏は、舌が焦げているから味が分からないのでしょうね

舌が焦げるほど、とろけるとは全く意味不明な奇っ怪な表現である。舌が焦げればとろけることも不可能なはずだが、人間を超えた珍獣である寒汰には超常現象が起こるのかもしれない。

そもそも絶望的なまでに味音痴の寒汰は、美味しい酒を飲むと舌が焦げるのかもしれない。それとも珍獣寒汰は酒の代わりに濃硫酸でも飲んでいるのかもしれない。

寒汰はオールドセントアンドリュースを飲んだことはないのに知ったかぶりで書いているのだろう。度数が高ければ舌が焦げるようなものだと勝手に妄想しているのだろうが、度数が高くても舌が焦げるような感はない。喉が熱くなるのである。それも、焦げるような感じではない。そして、酒自体の味はあくまでまろやかである。

実際に飲んだことは一度もないのに知ったかぶりして書いている妄想飲酒までバレてしまった寒汰である。

それにしても、この手の背伸びをしようとしてかえって学のなさ、教養の無さをさらけ出す寒汰の悪癖はとまらないとつくづく実感するのである。

なお、あらためて言うまでもないが、「「ウィスキー・コンパニオン」で見た幻のようなボトルが。舌が焦げるほど、とろける。」という文章は、主語や述語がない悪文である。寒汰の文章を読むと嘔吐感が止まらないのは、この日本語から逸脱した異常な文章構成のせいである。

まともな人間ならこう書くであろう。

『モルトウイスキー・コンパニオン』でしか見たことがないような幻のボトルがこの店にある。飲んでみると、舌がとろけるほどの絶品だと実感できる。」小学生でも書けそうな文章すら書けない無教養老人寒汰なのである。

なお、寒汰が言っている「ウイスキー・コンパニオン」とは、「モルトウイスキー・コンパニオン」のことであろう。一度でも読んだことがある人間ならモルトの箇所を忘れないだろう。つまり、これも又聞きした話なのに、さも自分が愛読者であるかのように嘘をついているのである。

架空友人に架空入店につづいて、架空読書までバレてしまったインチキ田舎老人・寒汰である。

51wUApUBJqL._SL500_AA300_

(ステマ大王によるレビュー文)

 

釧路タウン > 泊まる・遊ぶ > ホテル・宿泊・旅行 > ホテル

釧路プリンスホテル

投稿日時 2006年08月21日

バーが最高

 

ホテルマンが揃っているので、相談事にはすぐに応じてもらえるのが心強い。

駐車場が玄関からすぐというのもいい。が、これも痛し痒しかもしれない。結婚式や会合があると、ものすごい混みようだ。それに、カモメからの爆弾もあるしなあ。

ルームサービスとかはあっさりしすぎなんだが、ここの一番のウリは、最上階のラウンジ。

黄昏時の眺めがいいぞう。早い時間からここで軽く飲むのがいいんだ。酒のレシピはイマイチだが、季節によってはシャンパンを置くので、ちょっとゴージャス。そんなに高くないので、若い人でも安心。

(whawa さんのコメント)

〇釧路プリンスホテル
>ルームサービスとかはあっさりしすぎなんだが
???

>酒のレシピはイマイチだが、季節によってはシャンパンを置くので、ちょっとゴージャス。

季節によってしかシャンパンは置かれないのかなー?

宿泊しなければ、ルームサービスを取ることは不可能であるが、釧路に住んでいる寒汰がいつ釧路プリンスホテルに泊まったのであろうか?寒汰はルームサービスという言葉の意味を全く理解していないのだろう。ルームサービスを食べ物の名前だと思っているのだろう。

シャンパンは whawa さんの仰るとおりである。なぜシャンパンが季節限定なのか? 寒汰はボージョレ・ヌーボーとシャンパンを混同しているのかもしれない。そんなミスはまともな知識のある人間ならしないが、なにせ真露チャムスルがフィリピンの地酒だと思いこむ寒汰であるから、それくらいの勘違いは平気でするだろう。

相変わらず、他人から又聞きした話を何もわからないまま劣化コピーばかりしているから、こういう間違いがあるのである。

そもそも、釧路プリンスホテルは、ビジネスホテル同然の安ホテルのようだが、架空入店しかしたことのない寒汰は超高級ホテルだと思い込んでいるのだろうか?

(GAGAさんのコメント)

>酒のレシピはイマイチだが、季節によってはシャンパンを置くので、

メニュー、品揃えがレシピだと勘違いしているのか?

GAGAさんの指摘されたとおり、寒汰は「レシピ」の意味がわかってないようである。レシピをメニューの意味だと思い込んでいるのであろう。

知りもしない単語を背伸びして書くからこういう恥をかくのである。さすがは自称知恵オタクの無知男である。

.

あと2つ、寒汰の悪文を引用させていただく。(読めば吐き気がとまらない悪文であるが、ご容赦いただきたい。)

(ステマ大王によるレビュー文)

釧路タウン > 食べる > 居酒屋・バー > ダイニング・居酒屋

カクテルバーJiZi

カップル・記念日 カップル・記念日  一人当たり予算 4,000円台

投稿日時 2006年08月21日

メニューがすごい

 .

若者むけ。酒の味はどうこう言わないこと。

気張らずに、楽しめるんだよなあ。ちょっと少人数で飲む時にいいだろう。

そして店内は割と暗いので、二人にも向いている。

なんだかいつもばくばく食べてしまうし飲んでしまうので、いい値段になってしまう。

釧路タウン > 食べる > ラーメン・中華・各国料理 > ラーメン
ラーメン大将
お酒重視 お酒重視  一人当たり予算 1,000円未満
投稿日時 2006年08月21日
不思議だ

すごくうまいかと言われると困るのだが、ちょっと酒が入って、体が炭水化物を求め始めていると、抜群の旨さ。夜の女王。コストパフォーマンス高い。汁までごくり。

この2つも含めてなのだが、寒汰のレビューに特徴的なのは、味についての具体的記述が一切ないことである。量が多い少ない、値段が高い安いの話しかない。架空入店しかないので味が語れないというのもあるだろうが、又聞きにしても、少しは味に関する情報が入りそうなものである。

しかし、一切寒汰は書いていない。つまり、寒汰は味を聞いても具体的イメージが一切わかないから記憶に残せないということであろう。

完全に味覚障害の男だから、味の話を聞いても一切なにもわからないのである。

寒汰はよく「食べものは腹に入ればそれでいい」と言っていたが、まさに寒汰にとっては腹に入ればウンコでもいいということであろう。しかし、あの異常に汚らしい寒汰の贓物内に入るかと思うと、ウンコですら可哀想になる筆者である。

ともあれ、書けば書くほど自分の異常な味覚障害ぶりが浮き彫りになる寒汰である。そもそも常人の感覚がわからない上に、コミュニケーション障害を抱える寒汰はそれが一切知覚できないのであろう。

.

「ゲヒヒヒ。俺のレビュー文はすごいじゃろう。俺は行ったこともない店のレビュー文を又聞きだけで書けんるんじゃよ。俺は味覚障害じゃないんじゃよ。俺は普通なんじゃよ。俺は普通にすごいじゃろう。俺は普通に偉いじゃろう。どうだ? 俺を普通に尊敬しただろう?ゲヒーーーーーーーーーーッヒヒヒヒヒヒヒッヒヒヒ!!」

(※ あまりの異常さが釧路でもマニラでもばれている寒汰は、最近他人から「普通」と呼ばれたくて仕方がないそうである。)

その寒汰の雄叫びを聞いて、takashi のあの素っ頓狂な声が釧路の空に響くようである。

「凄い!凄い!寒汰さんは普通に異常だ!普通に味覚障害だ!普通に嫌われ者だ!」

.

Slide1

20111106101509_01-4

20111106101509_03ex-9

20111106101509_04-3

20111106101509_05-5

(写真と本文は全く関係ありません)

「ゲヒヒヒ。俺は正義の味方じゃから、いくらでも他人に迷惑をかけてもいいんじゃよ。他人に迷惑をかけると俺は気分よくなるんじゃよ。俺が歩道を占領する形で駐車したせいで、子供が交通事故にあっても俺に責任じゃないんじゃよ。俺が無料で駐車できる方が大事なんじゃよ。俺は無料で他人のものを利用するのが好きだし、他人に迷惑をかけると、たまらなく気分がよくなるんんじゃよ。どうだ? 俺は賢いだろう?俺は偉いだろう?俺を尊敬しただろう?ゲヒーーーッヒッヒッヒヒ」

20120607160740-1

(写真と本文は全く関係ありません)

寒汰は今日も、マニラ・エルミタの援交カフェ、マニラベイカフェ(MBC あるいはLAカフェ)に居座りながら奇っ怪な声をあげていた。

勾践(こうせん)氏(仮名)や周囲の人間は眉をひそめながら、この狂人を嘲るように見下ろしていた。

22s

2011_10_15_1111-02

(写真と本文は全く関係ありません)

.

.
.

寒汰の迷惑行為による被害者一覧

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

寒汰と寒汰物語に関する疑問があれば、こちらを御覧ください。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

大虎の秘密の新メニュー、猫又ラーメンについてはこちらを御覧ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

ステマ大魔王のレビュー文 1

ゴールデンウィーク中、TOSHIYAさんと在比日本人の常連客たちは大虎で、寒汰の異常さ滑稽さに大いに笑っていた。

ゴールデンウィークの魔尼羅(マニラ)にて

寒汰はフィリピン関係者だけでなく、釧路の小学生にすら指さされてあざ笑われる男である。

小学生に馬鹿にされる経営者の小さくて大きな復讐

生まれてこの方、一切誰にも褒められないから、自分で自分を褒めてきた男が寒汰である。

自分で自分を褒めるうちに、生来の絶望的なコミュニケーション能力不足も相まって、勘違いが増幅されたのが寒汰である。

次第に、現実とは全くかけ離れた妄想が事実だと思いこむようになったのが寒汰である。 あの異常にまで気持ち悪い顔と外見で、「俺はキムタクよりかっこいいんじゃよ。俺はナンパの天才なんじゃよ。」と言い張るのはそれを象徴しているといえよう。

ナンパの達人

santa

(写真と本文は全く関係ありません)

そして、事実と相反する内容で自分で自分を60年間褒めてきた寒汰であるから、自分の店のステマをすることくらいは全くなんの心理的抵抗もなかった。

ステマ大王の大学生寮侵入の自白

ステマの証拠

ありもしない小麦の風味と寒汰のステマ

ともあれ、今日はそんなステマ大王寒汰が、eまちタウンで書きなぐっている文章に関して、whawa さんから頂いたコメントをご紹介したい。

.

(ステマ大王によるレビュー文)

釧路タウン > 買う > ショップ > 書店・文具
ヴィレッジヴァンガード 釧路ジャスコ
投稿日時 2007年01月08日
もてあます自我とサブカルチャーの出会いはここ

若い頃は、何か先鋭的な感覚を求め始める時期がある。建前ではない、裏の実相を知りたい、とか。そんなつげ義春的な、そんなハシカにかかっちゃうと、たまに迷走しちゃったりもする。そんな多感なお年頃の一服の清涼剤に、こんなサブカルチャーの世界をどうぞ。
けれんみたっぷりの毒々しさに目を奪われるが、よくよく見れば、本やCDは、普通店は扱わない個性的なセレクトなのだ。美輪明宏のCDがあったのはうれしかったなあ。松本大洋もよくそろえてるし。
笑っちゃうものもあるし、鋭くなりすぎた感覚を和ませるのにもいいよ。
グローバリズムなんかにくくられてたまるかっ!という多様なカルチャーを知ると、心豊かになれるよね。

(whawa さんのコメント)

何言っているのか全然分からなかった

寒汰特有の異常な悪文であるから、whawa さんが全く理解できなくても仕方がない。パッと見ただけで、この文章には以下の欠点がある。

  • 不適切な句読点が打たれている。
  • 「もてあます自我」「裏の実相」「義春」など、意味不明な表現が多い。
  • 主語だけでなく述語が抜けている。(当たり前だが、述語がなければ文章は普通の日本語として成り立たない)
  • 述語があっても、主語とマッチしない。
  • 文章構成がめちゃくちゃで、話がまったくつながらない。
  • 「けれんみ」の意味を理解していないか、「が」という接続詞が逆説であることを理解していない 。 (背伸びして使い慣れない「けれんみ」言葉を使ったので、文章が壊れたのだと想像できる。)
  • 「建前」「和ませる」など、意味を取り違えた用法が多い。
  • 唐突に出てくる「グローバリズム」という単語は前後の文章とつながりが全くない。

いずれも頭が極端に悪く、ろくな教育を受けていない人間に典型的な特徴である。 この異様な文章をまともな日本語で書き直すとこういうことであろう。

「サブカルチャーな趣味を他人に理解してもらえなくても、慰められるのがこの店。

.

若い頃は、尖った趣味に走るものだ。それは、建前ではなくて真相を知りたいという若者特有の傾向があるからだ。 (※ 論理的に全くつながらないが、寒汰の150GBメモリ搭載の脳内ではつながるのだろう。)

そんな病気にかかると、時には迷走してしまったりするのだが、本人たちにその自覚はない。

もし、あなたがまだ多感な年頃で、そういう熱病にかかっている状態なら、サブカルチャーが好きでたまらないはずだ。

そして、この店はあなたにとって一服の清涼剤となる。

この店の内装は(※ 何がけれんみたっぷりなのか、全く説明がないので内装だと想像するしかない)けれんみたっぷりで目を引く。

そして、内装だけでなく本やCDのセレクトが個性的なのも良い。

私も、美輪明宏のCDを発見し、松本大洋の漫画が多くあったので癒やされた。 (※ この文章では、60歳の寒汰がまるで多感な年頃の青年ということになるが、その論理的矛盾に寒汰は気づいてないと思われる。また、美輪明宏はサブカルチャーとは思えないが、寒汰のアイヌ人的思考ではサブカルチャーなのだろう。寒汰はサブカルチャーがの意味を理解していない可能性も高い。)

店の内装や品揃えが個性的すぎて笑ってしまうことあるが、自分のとんがりすぎた趣味を戒める良い機会になるかもしれない。

グローバリズムは日本国外の商品を日本に導入することだが(※ 本来のグローバリズムの意味と全く違うが、寒汰はグローバリズムの意味を理解してないのだろう)、国産のサブカルチャーな趣味のものに触れると、多様なカルチャーが重要だと実感できて、心が豊かになった気がする。」

.

しかし、寒汰が松本大洋や美輪明宏のファンだというのは意外であった。今頃、両者がショックで自殺していないか、本気で心配になる筆者である。松本大洋はともかく、美輪明宏はオカマっぽいのがやはり寒汰の琴線に触れたのであろうか。

2012032500007_1

松本大洋は、このキャラが自分そっくりで気に入ったのだろうか。

007

.

(ステマ大王によるレビュー文)

釧路タウン > 食べる > ファミリーレストラン > 各種レストラン

株式会社レストラン泉屋 地下イタリアンポロネ

宴会・コンパ 宴会・コンパ  一人当たり予算 4,000円台

投稿日時 2007年01月08日

うまい酒、うまい食を楽しめる幸せ~ポロネ~

 

「スパゲティ食べながらビール飲むのが、いいんだよオマエ!」と先に就職した同期のヤツに教えられて以来、それを試してみたいと思っていたら、その後、結婚式の二次会などでここを使うことが数回あった。

地下に降りていくという雰囲気がいいよね。気ぜわしい感じがなくて、語らいを楽しみたいときなんかにいい。あまり大勢になると、奥の仕切られたスペースに入りきらないけど、少し声が大きくなっても、寛容な雰囲気がある。老若ゆったりと楽しめる。

焼きたてのピザに、きんきんに冷えたビール最高!

そう高くないボトルワインに、はっきりした味付けのパスタやチキンが合うこと!

学生でも手の届く値段のものばかりだから、若者もどんどん来店を。

 

*あまり大きな声で言えないけど、飲み放題のワインはやめた方がいいよ…。

(whawa さんのコメント)

>その後、結婚式の二次会などでここを使うことが数回あった。 友達が居たのですね(爆)

生まれてこの方寒汰に友人はいない。

国鉄でも同僚たちにとことん忌み嫌われて、毎日昼食を一人で食べていたことが判明しているほどである。

結婚式に呼ばれたという証言も一つもない。

たぶん、得意の盗み聞きで他人が話していた内容を、「友人が教えてくれた」と記憶操作したのだろう。

どう見ても、ごく普通の大衆的なパスタ屋にしかみえないが、「結婚式の二次会でなければ行く機会がない」というのは、やはり寒汰には食事を一緒にとる友人すらいないとうことであろう。

絶望的なまでに味音痴の寒汰にワインも全くわからない。赤と白の違いすらわからないのかもしれない。

日本がワインブームになって久しいというのに、「そう高くないボトルワイン」という、凄まじく貧弱な表現しかできないところが、寒汰の食知識の貧しさを象徴しているといえよう。

飲み放題のワインにケチをつけているのは、他人が少しでも安く食事をしたら、怒鳴り散らしながら怒る寒汰だからであろう。

普通なら、飲み放題のワインがどういう味だからよくないかという説明を書きそうなものだが、それを一切書いていない(書けない)のが、その証拠だろう。

.

(ステマ大王によるレビュー文)

釧路タウン > 食べる > 和食 > 和風料理

坤龍

接待・商談 接待・商談  一人当たり予算 6,000円台

投稿日時 2006年11月20日

ほっとあたたまる味、人

 

ちゃんこだよ。釧路でちゃんこは、ここ以外は思い浮かばない。友人がバイトしている時は行きましたね。

鍋の味は、濃いめ。でもしょっぱくはなく、とろっと独特の旨さ。人づてに聞いたところでは、決め手はザラメだとか。あのまろやかさは、そういうことか。勿論、知ったからといって真似できるものではない。

薄造りも、もちろん各種ある。

そんなに高くないのがこの店のいいところ。若い人も、気兼ねなく通って、いろいろ聞いてみるといい。懐に応じて、おいしいものを教えてもらえる。

店員さんたちは、笑顔がいいですね。寒い季節、店を出るときにあんな笑顔で見送られたら、ちょっと離れているけどまた来よう、という気になる。

(whawa さんのコメント)

>友人がバイトしている時は行きましたね。

友達が居たのですね(爆)

>鍋の味は、濃いめ。でもしょっぱくはなく、とろっと独特の旨さ。

どういう味かの説明になっていません

絶望的に味音痴で、濃いか薄いかしか味の区別がつかない寒汰の面目躍如と言えるレビー文である。

寒汰は一切味がわからず、味が濃ければ濃いほどいいと思っているので、寒汰としては味を最大限豊かに表現したつもりになっているのだろう。

もちろん、この「友人」も本当の友人ではなく架空友人である。寒汰は一方的に知っている人間を勝手に「友人」と呼ぶことはすでに何度となく指摘されている。

安い中華の惣菜屋とスペイン料理の達人

時空を超えたデザイナー – フィリピンJAPANESE CASUAL DINING「和民」開業 II

Lapu-Lapu と Pugapo II 【LAPU-LAPU,Pugapo】

魚は海人。やはり詳しい人が居ました。

コメントが入らないブログ

*書中*お見舞い申し上げます

SMBのサンミゲール社と違うサンミゲール社

バイクの脳内所有と幻のサンミゲール社

自己愛性人格障害

女を呼びたい。女が来ない。五里霧中 I

フィリピンでカルパッチョの不思議

マニラの幻のケバブ II

大虎での楽しい談笑

花屋が少ないのに10年間気づかなかった男

脳みそがイエローな男のイエローキャブ

架空メールで架空友人

架空友人とラーメンの架空挑戦

(続く)

.

Slide1

20111106101509_01-4

20111106101509_03ex-9

20111106101509_04-3

20111106101509_05-5

(写真と本文は全く関係ありません)

「ゲヒヒヒ。俺は正義の味方じゃから、いくらでも他人に迷惑をかけてもいいんじゃよ。他人に迷惑をかけると俺は気分よくなるんじゃよ。俺が歩道を占領する形で駐車したせいで、子供が交通事故にあっても俺に責任じゃないんじゃよ。俺が無料で駐車できる方が大事なんじゃよ。俺は無料で他人のものを利用するのが好きだし、他人に迷惑をかけると、たまらなく気分がよくなるんんじゃよ。どうだ? 俺は賢いだろう?俺は偉いだろう?俺を尊敬しただろう?ゲヒーーーッヒッヒッヒヒ」

20120607160740-1

(写真と本文は全く関係ありません)

寒汰は今日も、マニラ・エルミタの援交カフェ、マニラベイカフェ(MBC あるいはLAカフェ)に居座りながら奇っ怪な声をあげていた。

勾践(こうせん)氏(仮名)や周囲の人間は眉をひそめながら、この狂人を嘲るように見下ろしていた。

22s

2011_10_15_1111-02

(写真と本文は全く関係ありません)

.

.
.

寒汰の迷惑行為による被害者一覧

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

寒汰と寒汰物語に関する疑問があれば、こちらを御覧ください。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

大虎の秘密の新メニュー、猫又ラーメンについてはこちらを御覧ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

ゴールデンウィークの魔尼羅(マニラ)にて

今年のゴールデンウィーク中、魔尼羅の居酒屋ターフー(仮名)は、いつものようにフィリピン在住の常連客で賑わっていた。自称フィリピン・ベテランのくせに、タガログ語も英語もしゃべれず、一人ではタクシーにすら乗れなかった「吾人」寒汰が皆の嘲笑の対象になり、大いに盛り上がっていたが、その中心にはTOSHIYA氏(仮名)が居た。

.

20131017110629.mp4_000030200

(写真と本文は全く関係ありません)

TOSHIYA氏(仮名)「あの、寒汰の爺さんな、ほんまクッサイねん。前にワシも一緒にターフーに来たやろ?なりゆきで一緒に座ってやったんやけどな、あんまり臭いんで鼻がひん曲がるかと思うたわ。ガッハッハッハ」

TAKASHI「凄い!凄い!TOSHIYAさんは世界一話が面白い! サンタは世界一臭い!」

.

TOSHIYA(仮名)「ええか? 寒汰の魔尼羅盗撮バージン(仮名)ってブログあるやろ?あれのネタ元は実はほとんどワシやねん。寒汰の爺さんなんか英語もタガログ語もしゃべられへん。ワシがおらなタクシーも一人で乗れへんアホやで。ネタがあるわけないやろ。ワシが教えててやったネタを書いてただけやねんで。」

MAKOTO(仮名)「そうなんですか? でも、魔尼羅盗撮バージン(仮名)って評判悪いですよね。間違いだらけのブログで有名だし。」

TOSHIYA(仮名)「それはな、寒汰が悪いねん。ワシは何も間違ったこと言うとらへんで。あの爺さんがワシの話を勝手に勘違いして妄想で話を変えとるねん。あの寒汰の爺さんな、頭これやろ。(クルクルパーの手つきをする)。おまけにな、自分を大きくみせるために話を勝手に変えて嘘ばっかりかきよるねん。だから間違いだらけなだけや。ワシが間違ってるわけやないで。(急に声色を変えて)何やワシが間違いを教えたみたいに思われて嫌やわあ。ワシは悪ない。あの寒汰の爺さんが悪いだけやで。」

KAZUYA(仮名)「そうそう、TOSHIYAさんはいつも正しいこと言うてるよ。寒汰に迷惑かけられてるだけや。」

TAKASHI(仮名)「凄い!凄い!TOSHIYAさんは博識だ!寒汰は世界一の勘違い野郎だ!」

.

KAZUYA(仮名)「そういえば、この前、寒汰がカンボジアのGDPは、もうフィリピンを抜いたと言ってましたけど、あれもTOSHIYAさんが教えたんですか?」

TOSHIYA(仮名)「ああ、あれな。あれも寒汰の勘違いや。ワシが言うたんは、『このままじゃフィリピンのGDPはカンボジアに抜かれるで』言うただけや。もう抜いたなんて一言も言うてへん。それを寒汰が勝手に勘違いしよったんや。ほんま頭おかしい爺さんやで。ガッハッハッハ」

MAKOTO「今、ネットで確認してみますね。カンボジアのGDPは、2012年で、142億ドル。フィリピンは 2500億ドル。その差17倍。一桁以上フィリピンの方が大きいですね。一人あたりのGDPでも、まだ3倍近い差がありますね。寒汰の勘違いも甚だしいですね。TOSHIYAさんは間違ってない。」

TOSHIYA(仮名)「そやろ? まだ17倍も差があるのに、もう抜かれたと勘違いする寒汰がおかしいねん。一事が万事そうやねん。ワシは正しいことを教えてやっとるのに、寒汰が勝手に勘違いしてブログに間違いを書きよるねん。ほんまええ迷惑やわ。」

MAKOTO「僕は寒汰は普通のおっさんかと思ってました。」

TOSHIYA(仮名)「アホか!あれが普通のわけあるかいや!見た目からしてきっしょいジジイやがな。だいたいキチガイやで。あの寒汰の爺さんは普通やない。普通言うんやったら、普通のキチガイ言うことやな。あの爺さん、他に友達がおらへんから、ワシが仕方なしにつきあってやってただけでな、もう懲り懲りやで。だいたい、サンタは臭うてたまらんしな。(思いっきり嫌そうに鼻をつまむ仕草) ガッハッハッハ」

TAKASHI(仮名)「凄い!凄い!TOSHIYAさんは博識だ!寒汰は世界一の勘違い野郎だ!」

.

MAKOTO「TOSHIYAさん、プロの格闘家って本当なんですか?」

TOSHIYA(仮名)「ん… それはな、まあ、それも言うたらなんや、寒汰が悪いんや。ワシは大学でボクシング部やったけどな、別にプロの格闘家言うわけやない。ワシは正直モンやからそういう嘘は言いたない。まあ、今でも見た目はごついから、よう怖がられるけどな。ガッハッハッハ」

MAKOTO「どういう経緯で、プロの格闘家ってことになったんですか?」

TOSHIYA(仮名)「寒汰のジジイはな、自分を大きく見せよう思うて嘘ばっかりつくんや。プロペラキッド(仮名)言う本物の格闘家がおるやろ。あいつはワシの仲間なんやが、ワシとプロペラキッド(仮名)と寒汰の三人で居るときな、格闘技の話しとってん。寒汰はなあんもわからんから押し黙っとっただけやけどな、勝手に妄想しよったんや。ワシのこともプロの格闘家やと勘違いしたんやろ。ワシはちゃんと大学でボクシングやってただけや、言うてんねんで。あの爺さんが勝手に妄想しただけや。ワシが嘘をついたわけやない。ほんでな、あの爺さん頭おかしいからな、何かあったら、ワシと jet が寒汰を守ってくれるー、思たんやろな。その上な、自分までプロの格闘家やと思い込んでな、自分は古武道の師範格の一歩手前や言い出すねんで。あのたるみきった体のどこが師範格やねん。一目見たら子供でもあいつがド素人やわかるやろ。ほんま、脳みそわいとるで、あの寒汰の爺さん。ガッハッハッハッハ!」

20131018104922_mp4_000065700_copy-2

(写真と本文は全く関係ありません)

MAKOTO「ちょっと検索してみますね。あ、本当だ。魔尼羅盗撮バージン(仮名)の2009年1月19日のエントリ『姫の虎バホ退時? 店舗の外照明がすべて消されていました。【マニラKTV事情】』に書いてますね。」

私の流派は、(中略)一応、抜刀術、棒術、杖術、短剣と体技で闘って、辺りにあるものを武器として、腕が斬られれば喉や舌に食らいつき吸いついて噛み切って相手を絶命せ!の日本古武術です。心得としてやっていますが、師範格までには二段足りないのです。そんなわけで、(私は)上級者のおこちゃまの先生

TOSHIYA(仮名)「どこが日本古武術で抜刀術、棒術、杖術、短剣と体技で戦うやねん。あいつは喧嘩なったら隠れてションベンちびっとる小心者やで。子供でもわかる嘘ばっかり書いとるな、寒汰の爺さん。だからあいつは馬鹿にされるんや。ほんまお笑いやで。ガッハッハッハッハ!」

(※ 寒汰リークスメンバーの調べで、寒汰には一切格闘技経験がないことが判明している。臭皇に一時つとめていた従業員が日本古武術の道場に通っていたのだが、寒汰はその話を聞いて、自分が道場に通って、さらに師範格同然になったと妄想したようである。)

TAKASHI「凄い!凄い!TOSHIYAさんは世界一の格闘家だ! サンタは世界一の嘘つきだ!」

.

TOSHIYA「まあ、ワシは寒汰の出生の秘密を知ってもうたからな。」

MAKOTO「なんですか?その出生の秘密って?」

TOSHIYA「あの爺さんな、アイヌ人ハーフやねん。それを知ったのはワシが最初や。黙っててやろうおもたんやけどな、あいつが恩を仇で返すようなことするから、ついしゃべってもうたわ。まあ、ええやろ。事実やねんから。ガッハッハッハッハ!」

MAKOTO「寒汰は気に入らない人間がいると、すぐに朝鮮人よばわりしますけど」

TOSHIYA「あれはコンプレックスの裏返しやろ。あの寒汰の爺さん、アイヌやから子供の頃よっぽど朝鮮人にいじめられたんちゃうか。近親憎悪いう奴やろ。朝鮮人にいじめられた腹いせに、気に入らん日本人を捕まえては朝鮮人よばわりしよるねん。それにな、寒汰の爺さん、ざ・マニラ時代からネチッコイので有名やからな。ワシのことも逆恨みして陰で朝鮮人呼んどるんちゃうか。あんなアイヌ人に朝鮮人言われたら、ワシの由緒正しいご先祖様があの世で泣きそでたまらんわ。」

TAKASHI(仮名)「凄い!凄い!TOSHIYAさんは正統な日本人だ!寒汰は世界一下等なアイヌ人だ!」

(※ 誤解がないように書いておきますが、アイヌ人は下等な民族ではありません。TAKASHIが言いたかったのは、アイヌ人の方は高貴だが、寒汰個人が下等だということでしょう。)

.

TOSHIYA(仮名)「ほんま、寒汰はきっしょいジジイやけどな、もう一つ秘密があるねん。」

MAKOTO「なんですか?」

TOSHIYA(仮名)「ええか? 寒汰はな、ホモやで。」

KAZUYA「それ、聞いたことありますわ。」

TOSHIYA(仮名)「いや前にな、セブかどこかに寒汰の爺さんを連れて行ってやった時な、いつものように飲んどってん。ワシもだいぶ酔うてたんやけどな、寒汰のおっさん、なんかワシの体にベトベト触ってくるねん。」

MAKOTO「穏やかじゃないですね。」

TOSHIYA(仮名)「ほいでな、目つきも気色悪うなっとるんや。いや、もとから獣みたいなきっしょい目つきやけどな、もっと気持ち悪うなっとうねん。納豆みたいにねばりつきそうな目でワシのこと見てきてな、体ベタベタ触ってくるやろ。とどめはオカマ言葉や。あの爺さん、元からカマ臭いおもとったんやけどな、あの時のカマ言葉は真性やで。『いやん、ワタシ酔っちゃったわ、ウフン』とか言うてんねん。あのきっしょい怪獣みたいな顔した爺さんが『ウフン』やろ。さぶうなって一瞬で酔いが覚めたわ。」

MAKOTO「それでどうしたんですか?」

TOSHIYA(仮名)「どうしたもこうしたもあらへん。あんなきっしょいジジイ置いてすぐに部屋に帰ったわ。あれな、寒汰の爺さん、自分がどんなけ気色悪いか自覚ないで。あれで自分のこと色気あるオカマやと妄想しとるんちゃうか? あの怪獣みたいなきっしょい顔でな。ほんま、お笑い草やで。ガッハッハッハッハ!」

TAKASHI「凄い!凄い!TOSHIYAさんは男前だ!寒汰さんは世界一の気持ち悪いオカマだ!」

.

TOSHIYA「ターフーの料理はうまいけどな、寒汰の爺さん、何もわからんねんで。この前来た時もな、味のこと聞いたけど、何もまともに答えられへんねん。ここだけの話やけどな、あの爺さん、味覚障害やで。なーんも、味のことがわからんねん。逆に言えばな、味覚障害やから、何も考えんと味の素ぶちこんだラーメン作れて、あたったんやろ。あんなもん、ど田舎の釧路でしかあたらんけどな。現にあの爺さん、札幌でも失敗しとるやろ。あんな味覚障害が作るラーメンがまともな土地であたるかいや!」

MAKOTO「でも、寒汰の前ではTOSHIYAさん、寒汰のこと褒めてたじゃないですか。」

TOSHIYA「何言うてんねん。あれは嫌味や、い・や・み。あの味音痴の爺さん、なんにもわかっとらへんから思いっきり嫌味言うといたるんや。嫌味やとわからんと天狗になっとるねん、あの爺さん。なーんもわかってへんわ。自分もあれが嫌味や言うてわからんと、寒汰と同じレベルやで。ガッハッッハッハ」

TAKASHI(仮名)「凄い!凄い!TOSHIYAさんは味のわかる男だ!寒汰は世界一の味覚音痴だ!」

.

TOSHIYA(仮名)「しっかし、KTVほどつまらないもんはないで。大体、GROと凸凹するなんて出来レースに乗っかるだけの話や。誰でも簡単に凸凹できるー。やのに、寒汰の爺さんは赤井さんがGROと凸凹したってありきたりの話に激怒してたやろ?出来レースにろくにコミュニケーション力もクソもいらんのにな、あの寒汰の爺さんにはそれすら無理なんや。男のワシから見ても寒汰の爺さんは気持ち悪いし、臭いからな。寒汰の席についたGROは、いつもワシのとこ逃げて来よるねん。可哀想やからワシがいつも相手したるんやけどな。」

MAKOTO「寒汰はマニラに来てもSEXできないって本当だったんですか?」

TOSHIYA(仮名)「あの爺さん、いっつもSEX相手おらんで、泣いとるー。カッコ悪いから、表向きは『病気』や『女が好きやない』言うて嘘こいとるねんけどな。んなわけあるか! 毎日キチガイみたいにLAカフェ通うてポクポク探しとる爺さんが、女に興味ない言うて、子供でも信じひんで。それでも、誰にも相手にされてへんのが寒汰の爺さんや。いい年こいた寒汰の爺さんがオナニーに夢中なのには理由があるんやで。ガッハッハッハッハ!」

MAKOTO「TOSHIYAさんは、寒汰が臭皇の店内で毎日従業員にみせびらかしながらオナニーしてるのを知ってたんですか?」

TOSHIYA(仮名)「いや、さすがに知らんかったわ。でも、あのキチガイの爺さんならやってるやろ。話聞いてすぐにピンときたで。ほんまやろなと、わかったわ。ほんま、頭おかしいで、あのキチガイの寒汰の爺さん。ガッハッハッハッハ!」

TAKASHI「凄い!凄い!TOSHIYAさんはSEXの達人だ!寒汰さんは世界一のオナニストだ!」

.

TOSHIYA「今はな、おねえちゃもネットで探す時代やで。デートインアジアなんか入れ食いや。時代についてこれへん寒汰は未だに LA カフェに妄想しとうけどな。だいたい、LA カフェに純情娘が来るかいや。あの爺さん、脳みそに蛆わいとうで。ガッハッハッハッハ!」

MAKOTO「TOSHIYAさんは、デートインアジアでも、いい子をいっぱいひっかけてますもんね。」

TOSHIYA「まあな。寒汰の爺さんがワシの真似してデートインアジアを使うても、あのキモい顔やろ。おまけにタガログ語も英語も全然できひんからな、お姉ちゃんひっかけるんなんて夢のまた夢やで。だいたいあの爺さんがマニラでお姉ちゃんと話す時は、ワシがいつも通訳してやってるんやで。そのうち、ワシにコレ(腰を動かしてSEXのふりをする)の通訳までやってくれ言うて、頼みにこられてもたまらんで。ガッハッハッハ」

MAKOTO「寒汰は英語やタガログ語はできないけど、コミュニケーション能力があるってブログで書いてましたけど」

TOSHIYA「それは、お・お・う・そ。真っ赤な嘘やで。あのな、語学と別のコミュニケーション能力があるのは、寒汰ちゃうで。ワシの事や。言うたら何やけどな、ワシはタガログ語も流暢やし、英語も結構できるー。でもな、それ以前のコミュニケーション能力がワシは高いねん。だから、デートインアジアでもええお姉ちゃんを捕まえれるんや。それはワシを見てたらわかるやろ。それをな、寒汰に話たったらな、あの爺さん勘違いしよるねん。コミュニケーション上手なんは自分なんやと妄想してブログに書きよるねん。あの爺さんは英語もタガログ語もできひんけど、人間として根本的なコミュニケーション能力がかけとるねん。フィリピンやタイを連れいってやって、ワシとの違いは嫌言うほどわかっとうはずやのにな。ほんま、勘違いの能力だけは一流やで、あのキチガイの寒汰の爺さん。ガッハッハッハ」

TAKASHI(仮名)「凄い!凄い!TOSHIYAさんはコミュニケーションの達人だ!寒汰は世界一の勘違い人間だ!」

.

TOSHIYAさんとフィリピン在住の常連客たちが、寒汰の異常で滑稽な様を嘲笑う楽しげな声は、夜更け過ぎまでターフーで絶えることなく、それが3晩続いたのであった。

.

Slide1

20111106101509_01-4

20111106101509_03ex-9

20111106101509_04-3

20111106101509_05-5

(写真と本文は全く関係ありません)

「ゲヒヒヒ。俺は正義の味方じゃから、いくらでも他人に迷惑をかけてもいいんじゃよ。他人に迷惑をかけると俺は気分よくなるんじゃよ。俺が歩道を占領する形で駐車したせいで、子供が交通事故にあっても俺に責任じゃないんじゃよ。俺が無料で駐車できる方が大事なんじゃよ。俺は無料で他人のものを利用するのが好きだし、他人に迷惑をかけると、たまらなく気分がよくなるんんじゃよ。どうだ? 俺は賢いだろう?俺は偉いだろう?俺を尊敬しただろう?ゲヒーーーッヒッヒッヒヒ」

20120607160740-1

(写真と本文は全く関係ありません)

寒汰は今日も、マニラ・エルミタの援交カフェ、マニラベイカフェ(MBC あるいはLAカフェ)に居座りながら奇っ怪な声をあげていた。

勾践(こうせん)氏(仮名)や周囲の人間は眉をひそめながら、この狂人を嘲るように見下ろしていた。

22s

2011_10_15_1111-02

(写真と本文は全く関係ありません)

.

.
.

寒汰の迷惑行為による被害者一覧

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

寒汰と寒汰物語に関する疑問があれば、こちらを御覧ください。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

大虎の秘密の新メニュー、猫又ラーメンについてはこちらを御覧ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

廃品利用コムラサキラーメン

根っからのうそつき人間の特徴は、必要もないのに嘘をつく、嘘をつかなくてはいられないということである。

寒汰は生まれた時から母親からも蔑まれ、汚い臭いアイヌ人だと(※)馬鹿にされて育った寒汰は自分の精神を守るために嘘をつきまくってきたのであろう。

(※ アイヌ人の方々の名誉のために言うが、アイヌ人の方々が汚く臭いということではない。寒汰が臭いのである。)

そういう異常な生い立ちと育ち方をしている寒汰は、嘘をついていれば自分が守られているような気になっているのかもしれない。

汚らしい害虫が、自分の身を守るために毒液を身体中から絶え間なく噴出するのと同じようなものであろうか。

嘘を身にまとっていれば身を守れる、偉くなれると勘違いしている害虫寒汰なのである。

本エントリでは、その汚らしい害虫寒汰の嘘をまた紹介させていただく。

20131018104922_mp4_000065700_copy-2

 (写真と本文は全く関係ありません)


Screen Shot 2014-04-20 at 3.20.42 PM

 

(写真と本文は全く関係ありません)

釧路の新聞に無料でついてくる情報誌 fuck (仮名)がある。その情報誌 fuck (仮名)に2012年11月に臭皇の記事が掲載されている。

貝柱を煮出した「白湯スープ

臭皇で使っている白豚湯スープは、富士食品製の白豚湯スープの缶と白湯ラーメンスープである。貝柱どころか豚骨さえ煮込まないのである。

(臭皇ラーメンの詳細なレシピについてはこちらをご覧いただきたい。「臭皇ラーメンスープ(濃縮チーズ)のレシピ」)

貝柱も煮込んでいない。上記エントリのレシピにあるように、ホタテエキスをぶちこんでいるだけである。

市販のホタテエキスをぶちこんでいるだけのどこが「貝柱を煮だしている」のであろうか?

根っからの嘘つき生物である寒汰の面目躍如というところであろうか。

しかし、本エントリの主題はそこではない。記事の下で紹介されている「こむらさき」という怪しげなラーメンについてがメインなのである。

Screen Shot 2014-04-20 at 3.18.05 PM

(写真と本文は全く関係ありません)

このこむらさきについて、某ソーシャルサイトに寄せられたコメントをご覧いただきたい。ごく最近まで臭皇の従業員だったMくんの証言はあまりに実感がこもっている。

Mくん(臭皇元従業員)> 相変わらず嘘ばかりですね。

コムラサキなんて、角煮を作る際の豚バラブロックを茹でた茹で汁に業務用の醤油ラーメンスープと削り節を片手鍋に入れて沸かしただけの、インチキインスタントなのですから。笑

Gさん> 他のラーメンより値段が安いのはそういう理由だったのですねwww さすが寒汰。客やフランチャイズ店を廃品利用にすることしか考えてませんねw

Mくん(臭皇元従業員)> 勿論仕上げは魔法の粉グルソーを大さじ1杯はいります。原価なんて、50円にも満たないのではないでしょうか?

fitの記事に白湯スープには貝柱を煮だしていると書いてありましたが、そう言えば以前業者からホタテエキスとスルメエキスなるものを取り寄せており、味見させられました

『どうだ?科学の力はすごいだろ!』とゲヒゲヒブヒブヒ言ってるのを思い出しました。ホタテエキスは臭色ラーメンでも使ってますしね。煮だしてるなんて大嘘ですよ。

G さん> 「科学の力はすごいだろ!」って本当に寒汰が言ったんですか?

Mくん(臭皇元従業員)>  今は工場でこれだけの旨みエキスが抽出出来る技術があるんだよ。科学の力は… うんたらかんたらとニヤニヤしてました。
詳細な言い回しの正確さには欠けますが、内容はこんな感じです。

Gさん> おお、本当に寒汰が言ってましたか。

Sさん> 化学調味料しか使ってないのに、寒汰は確信犯で嘘をついてるんですね、やっぱり。

Mくん(臭皇元従業員)> 以前会話の流れで科学調味料には断固賛成する。と言っていましたしね。科学調味料を使うことに余念は無いですよね。笑

Tさん> 超絶な味音痴の寒汰だから、化学調味料しか頼るものがないんでしょうねw

Cさん> 化学調味料さえぶちこんでおけばうまくなると思ってるw

中橋くん(臭皇元従業員)>  漫画の美味しんぼか、クッキングパパの話の中に、スーパーで無添加の漬物と科学調味料の漬物を並べて販売したら、科学調味料の漬物が圧倒的に売れてしまうと言う話が載っていて、寒汰はそれを引き合いに出して嬉しそうに語ってました。

Wさん> 臭皇が掲載されている号の fuck (仮称)のタイトルがぐる麺になっていますが、これはきっとグルソーラーメンの略なんですね。笑

.

なお、週刊ポストが最も高級な本だと信じているほど、まともな本が読めない寒汰にとって、食の情報源は漫画の「美味しんぼ」と「クッキングパパ」だったとMくんは証言する。

美味しんぼを熟読していれば、もう少しまともな食の知識がありそうなものだし、そもそも化学調味料は使わないはずであるが、1を見て10を勘違いする寒汰なので、美味しんぼを読んでも全く正しい知識は身につかず、勘違いが増えるだけのようだった。

.

「ゲヒヒヒ。化学調味料さえぶちこんでおけば、何でもうまくなるんじゃよ。美味しんぼで研究した俺の知識は完璧なんじゃよ。貝柱を煮出したと嘘を書いてもばれないんじゃよ。俺を味音痴だと馬鹿にした奴らへの復讐なんじゃよ。廃品利用のラーメンを客に食わせるたびに俺は気持ちよくなるんじゃよ。どうだ? 俺は賢いだろう?俺は偉いだろう? 俺を尊敬したじゃろう?ゲヒーーーーッヒッヒヒヒヒヒヒッヒヒヒヒ!」

寒汰が奇っ怪な雄叫びをあげるたびに、Mくんが現在勤務する自衛隊の中ですら寒汰に対する激しい怒りが充満することに寒汰は一切気づいていないのであった。

Slide1

20111106101509_01-4

20111106101509_03ex-9

20111106101509_04-3

20111106101509_05-5

(写真と本文は全く関係ありません)

「ゲヒヒヒ。俺は正義の味方じゃから、いくらでも他人に迷惑をかけてもいいんじゃよ。他人に迷惑をかけると俺は気分よくなるんじゃよ。俺が歩道を占領する形で駐車したせいで、子供が交通事故にあっても俺に責任じゃないんじゃよ。俺が無料で駐車できる方が大事なんじゃよ。俺は無料で他人のものを利用するのが好きだし、他人に迷惑をかけると、たまらなく気分がよくなるんんじゃよ。どうだ? 俺は賢いだろう?俺は偉いだろう?俺を尊敬しただろう?ゲヒーーーッヒッヒッヒヒ」

20120607160740-1

(写真と本文は全く関係ありません)

寒汰は今日も、マニラ・エルミタの援交カフェ、マニラベイカフェ(MBC 旧称LAカフェ)に居座りながら奇っ怪な声をあげていた。

勾践(こうせん)氏(仮名)や周囲の人間は眉をひそめながら、この狂人を嘲るように見下ろしていた。

22s

2011_10_15_1111-02

(写真と本文は全く関係ありません)

.

.
.

寒汰の迷惑行為による被害者一覧

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

寒汰と寒汰物語に関する疑問があれば、こちらを御覧ください。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

大虎の秘密の新メニュー、猫又ラーメンについてはこちらを御覧ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

ケチ大魔王とジャーキー

異常に臭くて気持ち悪い男が釧路に住んでいる。その男の特徴は必ず他人の真逆を行くことである。

フィリピンで数多くの人間に犯罪を行い、さんざん迷惑をかけて総スカンをくらった挙句に「俺は正義の味方なんじゃよ」と言い張り、

半年以上毎日同じ服を着続けて(寝る時も同じ服)「俺はオシャレだ」と言い張り、風呂どころかシャワーも浴びずにガス水道代をケチった俺は偉いと自慢し、

日本人の女性どころか、フィリピンの売春婦にさえも蛇蝎の如く嫌われているのに「俺はキムタクよりいい男!俺はモテる!」と言い張る。

常人の真逆を行くことを誇りに思っているかのようである。

今日はそんな男の新たな真逆道を紹介したい。
1546422_420584561408199_1609503338_n

 

(写真と本文は全く関係ありません)

食べログなどの評判を見る限り、臭皇のラーメンは決して評判がよくない。寒汰自ら打つ、やたら固いのにコシが全くない麺は酷評されているし、富士食品の業務用スープ白豚湯スープをお湯で薄めただけのスープも、もはや舌の超えた釧路市民には飽きられているようである。

そんな中、角煮だけはそれなりに評判がよい。臭皇ラーメンの中で角煮だけは価値ある味なのである。

しかし、常人の予想の斜め下を絶えず行く寒汰は、そんな角煮を使わないことを自慢し始めたのであった。

なんと、その唯一まともな角煮を外して、その代わりに安物のジャーキーをのせた麺を売り始めたのである。

最近、ますます妖怪じみた気持ち悪い風貌の男がこう言ったかどうかは不明である。

Screen Shot 2014-04-06 at 12.46.02 PM

 

(写真と本文は全く関係ありません)

「ゲヒヒヒヒヒ。俺は経営の天才なんじゃよ。ケチればケチるほどいいんじゃよ。客は味なんかどうせわからないんじゃよ。牛肉と豚肉の違いも客にはわからないんじゃよ。( 豚肉と牛肉を取り替えた食品偽装 ) 角煮の代わりにジャーキーを使えば客は喜ぶんじゃよ。どうだ? 俺は頭がいいだろう? 俺は偉いだろう? 俺を尊敬しただろう?ゲヒーーーーッヒヒヒヒッヒヒヒヒヒヒ!」

.

この真逆の新メニューについて、某ソーシャルサイトで行われたやりとりをご覧頂きたい。

SHさん> とうとうあのドケチ大魔王はラーメンにジャーキーをいれちゃいましたよ!

SHさん> 俺凄い、賢いって言ってそうですね!

SHさん>このメニューはスーパーぼったくりメニューに認定したいです。

Fさん> 霧色ラーメンで1番コストがかかるであろう角煮がなくなり、いかにもな感じでまずそうなジャーキーが乗ってます。

Gさん> ジャーキーって、犬用のジャーキーでもラーメンにぶっこんだんでしょうかw

Cさん> ジャンキーの間違いでは?

Hさん> 駄菓子のサラミじゃないかな?

SHさん> 角煮を抜いてジャーキーを乗せると四川になるらしいです。笑

Hさん> はぁ?

Tさん> これは酷い…

Fさん> とにかくケチりたい根性が丸出しですねw しかもビーフージャーキーでなくて、ポークジャーキーですか。

Tさん> 本当にペット用のジャーキーかもしれませんね。

なお、誰が見てもひどそうなこのメニューであるが、3月には臭皇のメニューからは消え去っていた。

さすがに誰もオーダーしなかったと思うのは筆者だけであろうか。

.

Slide1

20111106101509_01-4

20111106101509_03ex-9

20111106101509_04-3

20111106101509_05-5

(写真と本文は全く関係ありません)

「ゲヒヒヒ。俺は正義の味方じゃから、いくらでも他人に迷惑をかけてもいいんじゃよ。他人に迷惑をかけると俺は気分よくなるんじゃよ。俺が歩道を占領する形で駐車したせいで、子供が交通事故にあっても俺に責任じゃないんじゃよ。俺が無料で駐車できる方が大事なんじゃよ。俺は無料で他人のものを利用するのが好きだし、他人に迷惑をかけると、たまらなく気分がよくなるんんじゃよ。どうだ? 俺は賢いだろう?俺は偉いだろう?俺を尊敬しただろう?ゲヒーーーッヒッヒッヒヒ」

20120607160740-1

(写真と本文は全く関係ありません)

寒汰は今日も、マニラ・エルミタの援交カフェ、マニラベイカフェ(MBC 旧称LAカフェ)に居座りながら奇っ怪な声をあげていた。

勾践(こうせん)氏(仮名)や周囲の人間は眉をひそめながら、この狂人を嘲るように見下ろしていた。

22s

2011_10_15_1111-02

(写真と本文は全く関係ありません)

.

.
.

寒汰の迷惑行為による被害者一覧

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

寒汰と寒汰物語に関する疑問があれば、こちらを御覧ください。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

大虎の秘密の新メニュー、猫又ラーメンについてはこちらを御覧ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

ステマの証拠

寒汰は「あ・マニラ」(仮称)でも、見え見えの自作自演の荒らし行為を行っていた。自分のブログ「魔尼羅盗撮バージン(仮名)」でも、だがどう見ても寒汰だとわかるコメントをいれており、周囲の失笑を買っていた。

もちろん、本業の方でも自作自演のマッチポンプは止まらないの寒汰である。レビューサイトで自作自演のステマを入れまくっているのも周知の事実である。

.

さて、そんな寒汰が経営する臭皇に新ポスターが登場した。

1012402_588976031194222_67718085_n

 

(写真と本文は全く関係ありません)

麺を咀嚼する

麺の旨さは、小麦の美味さ。

啜るだけでは解らない、味の違いが

あります。

以前より誤字や送り仮名の間違いが減ったが、おかしな日本語ということに変わりはない。

そして、何よりも、小麦の風味がラーメンのスープに使った麺からすると奇妙な主張をしているところが、例のステマそっくりである。

麺は細く、小麦の風味が残っており

自らステマの証拠を示している寒汰河内(さむたごうち)なのである。

「あ・魔尼羅(仮称)」のデビル総裁(仮称)も度々おっしゃっているが、寒汰は極端に頭が悪いので、自分の嘘がばれてることにすら気づかないのである。

今回も、わざわざ自分でステマの状況証拠を晒しているのである。

.

それにしても、そもそも、豚骨の臭いが全くしない業務用スープをそのまま使っている寒汰が、どの口で麺は小麦の香りがするというのだろうか。

ラーメンのスープに入っている麺に小麦の香りを感じることはまずないし、たとえそれがあるほど鼻がよい人間がいたとしても、その人間は、あるかどうかもわからない小麦の香りをかぐ前に、寒汰の悪臭で悶絶していると思うのは筆者だけだろうか。

「ゲヒヒヒヒ。俺は、経営の神様なんじゃよ。俺のステマは絶対に絶対に絶対に誰にもばれないんじゃよ。どうだ? 俺は賢いだろう?俺を尊敬しただろう? ゲヒーーーーーヒヒッッヒヒヒヒ」

元従業員で現在自衛隊に勤務する三好くん(仮名)に自慢する寒汰の奇っ怪な声が今日も釧路にこだますのであった。

.

Slide1

20111106101509_01-4

20111106101509_03ex-9

20111106101509_04-3

20111106101509_05-5

(写真と本文は全く関係ありません)

「ゲヒヒヒ。俺は正義の味方じゃから、いくらでも他人に迷惑をかけてもいいんじゃよ。他人に迷惑をかけると俺は気分よくなるんじゃよ。俺が歩道を占領する形で駐車したせいで、子供が交通事故にあっても俺に責任じゃないんじゃよ。俺が無料で駐車できる方が大事なんじゃよ。俺は無料で他人のものを利用するのが好きだし、他人に迷惑をかけると、たまらなく気分がよくなるんんじゃよ。どうだ? 俺は賢いだろう?俺は偉いだろう?俺を尊敬しただろう?ゲヒーーーッヒッヒッヒヒ」

20120607160740-1

(写真と本文は全く関係ありません)

寒汰は今日も、マニラ・エルミタの援交カフェ、マニラベイカフェ(MBC 旧称LAカフェ)に居座りながら奇っ怪な声をあげていた。

勾践(こうせん)氏(仮名)や周囲の人間は眉をひそめながら、この狂人を嘲るように見下ろしていた。

22s

2011_10_15_1111-02

(写真と本文は全く関係ありません)

.

.
.

寒汰の迷惑行為による被害者一覧

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

寒汰と寒汰物語に関する疑問があれば、こちらを御覧ください。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

大虎の秘密の新メニュー、猫又ラーメンについてはこちらを御覧ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

麺がまずいのを客のせいにする「ラーメンの神様」

寒汰は自分を異常なまでに大きく見せたがる。特に、自分が最も苦手な分野をさも得意であるかのように話す。

まともな人ならすぐに寒汰の話はおかしいと思い相手にしないのだが、残念ながら世の中には takashi のように頭が弱い人間も少なくない。

そこまで自信満々に言うのだから 100のうち10くらいは本当に違いないと思って、寒汰の全くのでっち上げ話を一部でも信じてしまうことはよくあるのだ。

そんな寒汰の口癖は「俺はラーメンの神様、商売の神様だから安心しろ!」というものである。

臭皇のフランチャイズ店店長たちが、フランチャイズ詐欺行為に不安を覚え、寒汰の行動に不信感を持つたびに寒汰はこう言ってごまかしていたのである。

これを聞いた当ブロジェクトのメンバーのコメントを紹介させていただく。

「寒汰は経営能力は皆無ですが、悪質行為や違法行為の能力だけは人並み外れて高いですからねw」

「まあ、1割はあたってると思いますよ。寒汰はラーメンの疫病神ですからww」

なるほど、神様は神様でも、疫病神なら寒汰にぴったりである。確かにあの不潔さ、汚らしさ、嫌われ方、他人を不幸にする絶大な能力は疫病神そのものだからだ。

.

1455055_552847664807059_2112745765_n

(写真と本文は全く関係ありません)

その自称ラーメンの神様が書いた文章を紹介したい。

「替玉は、お客様と茹手の呼吸の賜物

① 湯が沸いている ② 他の麺が茹でられてない ③ 食事の速度が安定していて、茹で上げの頃合いを容易に見定めることができる・・・・・・そんな条件が揃って、替玉は丁度良く丼に運ばれます。

替玉ご注文のタイミングは、美味くラーメンを食べるコツです。」

この文章を読んでどういう感想を持たれただろうか。

A. この文章を書いた人はラーメンに精通した名人だ!素晴らしい。感動した!

B. この文章は意味がよくわからないが、何かが根本的に間違っている。

C. 日本語としても酷いが、経営姿勢としても間違っているし、ラーメン屋のあり方としても間違っている。

.

Screen Shot 2014-01-26 at 11.13.52 PM

A の方は takashi 並みの頭の弱さである。日本語の能力をもう少し身につけるとともに、食文化を含め教養をみにつけることをお勧めする。

B の方はとても正直である。普通の方はこういう感想になるだろう。

C の方は、日本語の能力もちゃんとしており、何がおかしいか理路整然と説明できる人だろう。

この奇天烈な自称「神様」の文章に関して、某ソーシャルサイトに寄せられたコメントをご覧いただきたい。

Tさん> ちょっと目を通しただけで、コメカミがキリキリと痛む文章です。突っ込みどころ満載どころか、突っ込みどころしかありません。

Sさん> そもそも客に気を遣わせようというのが間違ってる。

Hさん>  不味い麺は茹で方を変えても不味いままだと思う。

Fさん> 不潔な麺は茹で方を変えても不潔な麺のままだと思うw

.

Jさん> 「替え玉のタイミングが気に入らない時はお前らの責任だ。」と言いたいのかな。責任転嫁する気満々の逃げ道作りまくりの文字の集合体ですね。文章とは言えません。読めば読むほど性格の悪さがにじみ出て腹が立ってきますw

Hさん> 味にこだわるならスープが水っぽくなる替え玉はしないと思う。単に売りたい、上から目線になりたいだけでしょう。

Cさん> 「麺がまずいのは、お前ら客が悪いんじゃよ。俺はなんにも悪くないんじゃよ。だからお前らは黙ってまずい麺に金を払うんじゃよ。どうだ?俺は偉いだろう?ゲヒヒヒヒ」

.

Kさん> 「茹手」という造語(?)に激しい違和感を感じて検索しましたが、臭皇以外で使われてる形跡は見つかりませんでした。

Tさん> 私が真っ先に気になったのが、「茹出」という寒汰用語でしたw 脱字がかっこいいと勘違いしている寒汰らしい言葉ですねw

Fさん> あえて言うなら「茹で手」なんでしょうけど、それでも妙な日本語です。自然な日本語なら「茹でる人」でしょうね。ひらがなを一字でも省略したら中国語を使いこなしてる気分になって気持ちいいんですかね? w

Tさん> 「茹で手」でもヒットしませんでしたww。

.

Kさん> 「① 湯が沸いている」とか「 ② 他の麺が茹でられてない」なんて、お客様には全く関係ない話で、そういう店の都合を押し付けられる気分になるこの文章は客を不快にさせるために置いてるんですかね?w

Kさん> とことん自分の都合しか考えない寒汰らしい文章といえばそれまでですけどw

Kさん> 「③ 食事の速度が安定していて、茹で上げの頃合いを容易に見定めることができる」というのは、さらに腹が立ちますね。食べる速度まで店の都合にあわせたくないわ!ww

.

Kさん> 「替玉ご注文のタイミングは、美味くラーメンを食べるコツです。」これは、形式上主語と述語がありますが、実は主語と述語が対応していませんwwww

Kさん> 「タイミングはコツです」っておかしいでしょう?「適切なタイミングで注文すること」がコツなんですよ。寒汰は主語と述語も理解してませんが、文章の何が主題かも全く理解してませんね。まさに知ってる単語を適当に並べてるだけ

Fさん> アイヌ語って文法がないのでしょうか?w

Kさん> 「そんな条件が揃って、替玉は丁度良く丼に運ばれます。」相変わらず主語のない日本語です。寒汰の文章って主語があることがまれですね。述語すらない場合が多いですしw

.

Tさん> 凄いことを思いついた!寒汰は『茹士(ゆでし)』という資格を捏造し、講習料と受験料をボッタクり、さらに『一級茹士』『上級茹士』と昇級を強要して、荒稼ぎを狙っているのでは!?www

Kさん> 成績優秀者にはボイリーネームを授け、自身を尊師と呼ばせるのでは!?wwwwww

Fさん> 寒汰は生まれながらの最上級茹士なんですねw でも不射之射と同じで、茹士なのに、麺のコシが何か全く理解してませんがw

Kさん> 古田マネージャーも、「臭社長は麺が固いのとコシがあるのを勘違いしていて困る」とこぼしてましたね。

Hさん> 知恵袋でラーメン屋さんに写真添付で質問してみたら?w

.

Kさん> 「美味く」って「うまく」と読ませたいんですかね?自称格調高い文章が好きなわりに、粗野な「うまく」なんて読みを使うから底が割れるんですよねw あるいは、単にお得意の脱字かもしれませんがw 綺麗な日本語を使いたいなら「美味しく(おいしく)」であるべきでしょうねえ。

Kさん> 1は湯(人物ではない)が主語しかも湯は客に直接関係ない、2と3は主語がないのですが、暗示されてる主語は店の人間だというところもポイントですね。客に読ませる文章なのに、客の視線が一切入ってないのが寒汰らしすぎますねw

本当のラーメンの神様なら、言い訳せずに美味しい麺を客に食べさせるものであるが、寒汰は麺がまずいのを客のせいにするだけであった。

寒汰のあらゆる能力は神様どころか一般的な人間と比べても遥かに低かったが、他人に迷惑をかける能力と誰よりも偉そうにする態度だけは神様クラスであった。

自らを「ラーメンの貧乏神様」と呼ぶ寒汰は、そんな自分の並外れた下等ぶりをよく理解しているのかもしれない。

 

.

Slide1

20111106101509_03

20111106101509_04

20111106101509_05

(写真と本文は全く関係ありません)

「ゲヒヒヒ。俺は正義の味方じゃから、いくらでも他人に迷惑をかけてもいいんじゃよ。他人に迷惑をかけると俺は気分よくなるんじゃよ。俺が歩道を占領する形で駐車したせいで、子供が交通事故にあっても俺に責任じゃないんじゃよ。俺が無料で駐車できる方が大事なんじゃよ。俺は無料で他人のものを利用するのが好きだし、他人に迷惑をかけると、たまらなく気分がよくなるんんじゃよ。どうだ? 俺は賢いだろう?俺は偉いだろう?俺を尊敬しただろう?ゲヒーーーッヒッヒッヒヒ」

20120607160740-1

(写真と本文は全く関係ありません)

寒汰は今日も、マニラ・エルミタの援交カフェ、マニラベイカフェ(MBC 旧称LAカフェ)に居座りながら奇っ怪な声をあげていた。

勾践(こうせん)氏(仮名)や周囲の人間は眉をひそめながら、この狂人を嘲るように見下ろしていた。

22s

2011_10_15_1111-02

(写真と本文は全く関係ありません)

.

.
.

寒汰の迷惑行為による被害者一覧

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

寒汰と寒汰物語に関する疑問があれば、こちらを御覧ください。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

大虎の秘密の新メニュー、猫又ラーメンについてはこちらを御覧ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.