自称海外ベテランが語る「パタヤ」でない「パヤタ」

寒汰の日本語は異常である。いや、そもそも寒汰が書く文章は日本語に似た何かであり、日本語ですらない。(アイヌ語でもなさそうである。)

主語も述語もない文章に全体の構成がめちゃくちゃ。場違いに硬い言葉の直後に、どうしようもなく下品な表現があって、語調が全く統一がとれてない、継ぎ接ぎの文章。

さらに面妖な造語を次々に生み出すのは奇っ怪にほかならない。

20130424175035_01d copy

(上の写真と寒汰が自損したスバル・レガシィは一切関係がありません)

寒汰がこれまでに書いた奇怪な表現は、謎の「楽しい〜請け合い人」のエントリで取り上げているが、改めて紹介させていただきたい。

  • シュッテル ( shuttle つまり『シャトル』のこと)
  • ハンドフリーの恋 (『フリーハンド』と言いたいらしい)
  • 糞転がし (ホイール付きのスーツケースを言いたいらしい)
  • フェディックス (FedEx フェ『デ』ックスのことらしいが、全くもとの英語がわかってないカタカナである)
  • どうもどうもで手でこねる (意味不明)
  • サーモン(沼鱒) (『沼鱒』という奇っ怪な魚名は存在しない)
  • 150GBメモリ搭載の Mac (ハードディスクとメモリの区別がついていない)
  • ベットの四隅の柱風や上の横棒はどのように使うべきか?次回までの宿題です。 (天蓋ベッドを知らないらしい)
  • 牛丼は高い料理の代名詞 (まともな経済力の日本人には理解できない)
  • 水牛の肉に脂身を挿せば高級和牛の肉になる (和牛の定義がわかっていないし、そもそも水牛と牛は全く異なる動物だと知らないらしい)
  •  迷走パンツ (『迷彩パンツ』と言いたいらしい)
  • ピンポンダッシュ (『マッチポンプ』のことを言いたいらしい)
  • 有知無知五十歩 (『有知無知三十里』と『五十歩百歩』を混ぜこぜでつくった意味不明な造語)
  • 過程をギャロップする (「スキップ」と「ギャロップ」と勘違いしているらしい)
  • 一見は百文に勝つ (『一見は百聞に如かず』と言いたいらしい)
  • 経済的利用金額 (「金額」を難しく表現しようとして作った意味不明な言葉)
  • チェアリーダー (チアリーダーのこと。Chair 「椅子」と Cheer 「応援」の違いをしらないらしい)
  • 国の進路や政策の話を、猫じゃらし目くらましに翻弄されて (『猫じゃらし』ではなくて『猫騙し』と言いたいらしい)
  • 「面情」を通わせる (「情を通わせる」を難しく表現しようとして生み出した意味不明な言葉)
  • セブンイレブンでシシグ入りの「小包」が売っている (『小籠包』と『小包(こづつみ)』が同じだと思っているらしい)
  • iPot (「iPod」のことを言いたいらしい。英語が全くできず、Pot と Pod  の違いがわからない寒汰らしい間違いである。詳細は Apple社の新製品? iPot を参照されたい。)
  • 真空加水加工 (存在しない怪しげな加工方法の名前である。釧路には養豚業がある!しかし、臭皇には豚骨がない! を参照されたい)

間違いなら誰にでもある。しかし、寒汰の場合はあまりに間違いの数が多いし、そもそも背伸びをしようとして逆に自分の無知さを露呈している間違いばかりなので馬鹿にされるのである。

自称「名文家」なのに、これだけおかしな日本語を書きなぐっているから馬鹿にされるのである。

さらに、寒汰の場合は間違いを指摘されても一切認めようとしない。それも非難される一因である。

これに関して、ppjj さんからありがたいコメントをいただいたので紹介したい。

2年前くらいでしたか。
サムタ氏のブログにPATTAYAのことが書いてありまして。
その文章が全部「パヤタ」と書いてました。
さすがに見かねてコメントで指摘したところ
すぐに削除されました。

ppjj さんが紹介するこのエントリは、寒汰のうんこブログ(下品な表現だが、寒汰本人がそう呼んでいるのだから仕方が無い)、魔尼羅盗撮バージン(仮名)の2011年10月4日のエントリ「フィリピンの街に、賑わいは戻るのか?」である。

確かに見事なまでに全て「パヤタ」と書いてある。

タイ旅行に出かけられた人が居て、空港からバンコク市内への移動が高速鉄道(エアポート・リンク)が出来ていて、バンコク市内と15分で結ばれていること、パヤタの話などを聞いていたのです。
街の規模や国の経済的背景から、タイのパヤタとフィリピン・アンヘレスを、単純に比較することは意味がないかもしれません。

マニラとバンコク。それぞれの空港到着して市内から、それぞれの街に移動する時間は、アンヘレスもパヤタも2時間程度。1500バーツと2000ペソ。車での要する経費も似たようなものです。

(中略)

パヤタの賑わい。祭り気分にさせてくれるものが伝わって来ます。

再度いうが、単なる間違いなら誰にでもあるから責めるに値しない。ただし、寒汰の場合は、あまりに数が多い上に、自分が背伸びしようとして逆に知識のなさを露呈しているので馬鹿にされるのである。

寒汰はタイには一度だけ、3日間しか行ったことがない。それも TOSHIYAさんに連れられておっかなびっくりドギマギしていただけで、英語もタイ語も一切話せず現地のタイ人の誰ともほとんど会話できなかった。

だから、寒汰の唯一かつ最大の目的であった買春すらできず、TOSHIYA さんに何度も繰り返し馬鹿にされていたのである。

(なお、その TOSHIYA さんをタイに連れて行き案内したのは、恥ずかしながら筆者である。言うなれば、筆者は寒汰のタイ師匠の師匠になってしまうわけで、これは筆者にとって人生最大級の恥辱である。)

そもそも、タイに3日行った以外は、外国旅行をフィリピンにしか行ったことのない寒汰である。日本語しか話せずフィリピンでもフィリピン人に馬鹿にされている寒汰である。

そんな寒汰なのに、自称海外ベテランぶろうとして、うろ覚えの知識でブログを書くから、こういうありえない間違いを連発するのである。

.

まともな人間なら、間違いを指摘されれば詫びて修正するものである。なぜなら事実を伝えることが美徳であり、間違った情報を発信することは恥ずべきことだからである。

しかし、寒汰にとって事実などはどうでもよかった。寒汰には、自分がフィリピンベテラン、海外ベテランぶることが全てなのだ。

だから次々にでっち上げを事実のように書きなぐり、奇っ怪な造語を書き散らしても平気なのだ。

普通の日本人なら寒汰の文章のおかしさ、事実との大きな違いに気づくが、中には takashi のように頭が弱い人間もいる。takashi のように頭が弱い人間は、間違いに気づくどころか「凄い!凄い!寒汰さんは博識だ!寒汰さんは世界一のフィリピンベテランだ!」と勘違いしてくれる。

生まれてこの方、誰からも嫌われ見下され、小学生からもいつも指差して笑われる寒汰にとって、ごく一部とはいえ他人から賞賛されることはこの上のない快感であった。

だから、寒汰は自称海外ベテランの虚像が崩れかねない間違いを認めようとせず、今回の ppjj さんのようなまともな指摘のコメントはこっそり削除するのである。

どこまでも見下げた人間が寒汰というアイヌ人であった。

.

20120607160740-1

(写真と本文は全く関係ありません)

「ゲヒヒヒ。俺は正義の味方じゃから、いくらでも他人に迷惑をかけてもいいんじゃよ。他人に迷惑をかけると俺は気分よくなるんじゃよ。俺が歩道を占領する形で駐車したせいで、子供が交通事故にあっても俺に責任じゃないんじゃよ。俺が無料で駐車できる方が大事なんじゃよ。俺は無料で他人のものを利用するのが好きだし、他人に迷惑をかけると、たまらなく気分がよくなるんんじゃよ。どうだ? 俺は賢いだろう?俺は偉いだろう?俺を尊敬しただろう?ゲヒーーーッヒッヒッヒヒ」

 

22s

2011_10_15_1111-02

(写真と本文は全く関係ありません)

寒汰は今日も、マニラ・エルミタの援交カフェ、マニラベイカフェ(MBC 旧称LAカフェ)に居座りながら奇っ怪な声をあげていた。

勾践(こうせん)氏(仮名)や周囲の人間は眉をひそめながら、この狂人を嘲るように見下ろしていた。

.

.
.

寒汰の迷惑行為による被害者一覧

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

大虎の秘密の新メニュー、猫又ラーメンについてはこちらを御覧ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

謎のヘネサン

寒汰のブログが誤りだらけであるのは今にはじまったことではない。

周囲に叩かれ、馬鹿にされながら寒汰が殴り書きし続けてきたブログ「魔尼羅盗撮バージン」(仮名)は、誤情報の塊といっても差し支えないほどである。

まずは、2006/09/28(木) の魔尼羅盗撮バージン(仮名)のエントリ「昨日のマッサージ店の近くの置屋をご紹介しましょか?」にはこう書かれている。

寒汰> マニラからジェサン(ヘネサン General Santos)に行って、
寒汰> カガヤンに行きたいときは陸路バスというてもありますが、

この内容が大いに誤りであることをベイダーさんが指摘してくれたので紹介したい。

これに対して、ベイダーさんのコメントが以下のとおりである。

“こんにちは、いつも楽しく拝見させていただいております。

寒汰の以下の文章で、

> マニラからジェネサン(ヘネサン General Santos)に行って、
> カガヤンに行きたいときは陸路バスというてもありますが、

とありますが、General Santos は
“ジェネサン”でもなければ“ヘネサン”でもなく、
「ジェンサン」(Gensan)です、
嫁の従姉妹(ダバオ)に確認したので間違いありません。

また General Santos からバスで Cagayan De Oro に向かう場合、
とりあえず General Santos から Davao まで行き、
Davao から Davao-Buda National Highway 経由の
Cagayan De Oro 行きに乗り替えて
Sayre Highway に合流しないと、
General Santos 発で、途中の Digos から APO 山の西側を通る
Davao-Cotabato Road を通るルートだと
治安の良くない場所を通るため、
ここはトラックのドライバーも敬遠するルートで、
旅行者には非常にリスクが高い移動手段です。

自分で乗ったワケでもないのに
よくこんな無責任な事を偉そうに書けますね(笑)

お役に立ちましたら幸いです。 “

そう、ベイダーさんが指摘してくれたとおり、またしても魔尼羅盗撮バージンの記載内容は嘘八百である。

ミンダナオ島有数の都市、General Santos をフィリピン人はよく、GenSan (ジェンサン)と呼ぶ。

しかし、ジェサンとは呼ばない。

ましてや、ヘネサンなどと言う人間はいない。

なぜ、寒汰はこんな無責任なことを偉そうに書くのか?

gensan

その理由は3つある。それは、寒汰が英語をローマ字読みしかできないことと、勘違い(早とちり)マシンであること、そして自慢願望が異常なまでに強いことである。

寒汰は General Santos が、GenSan (ジェンサン)と呼ばれることを同行した TOSHIYAさんから聞いたのだ。しかし、絶望的なまでにリスニング能力がなく、なおかつローマ字読みしかできない寒汰はジェンサンがジェサンにしか聞こえないのだ。

小さな間違いのようでこれは大きい。寒汰は英単語が読めないことを端的に表しているからだ。

寒汰の大爆笑間違い英語の代表格であるシュッテルバスも、shuttle bus をシャトルバスと読めずにローマ字読み風に読んだことに原因がある。

シュッテルのバスに乗ってアンヘレスに行こう

もう一度いう。寒汰は英語が一切読めない。ローマ字読みしかできない男なのだ。だから、尽く英単語の読みを間違うのである。

もちろん、そんな寒汰であるが、自称だけは英語の達人である。

.

さらに滑稽なのがヘネサンである。これは、G をスペイン語風に H の発音で読んだのであることは、誰でもわかる。

しかし、現実にフィリピン人はヘネサンとは言わない。ヘサンどころか、ヘサンとも呼ばない。

General Santos をスペイン風にヘネラルサントスと呼ぶことは可能だが、現実にそう読む人は殆ど居ない。

さらに、それを省略してヘンサン、ましてやローマ字風にヘネサンなどと言う人間はいない。

筆者も急いで周囲に居るフィリピン人3人(一人はミンダナオ島出身)に聞いたが、3人とも即座に「へネサンと呼ぶ人間はいない」(No, nobody calls “Hene-san” Heneral santos is feasible though.) と言い切った。

寒汰が、そのありえない発音を、さも真実であるかのごとくブログに書いたのは TOSHIYA さんが下記のように寒汰に教えたことによる。

TOSHIYA「おい!アホの寒汰のおっさん! おっさんはな、教養もなーんもないから教えたるわ。スペイン語ではな、G は Hと発音するんや。ミンダナオはスペインの影響がまだ強いさかいな、General Santos もヘネラスサントスと呼ぶ人もいるくらいや。Genral Santos をジェンサンと呼ぶことも知らん、おっさんには新鮮な情報やろ。これでちょっとは賢なったやろ。俺に感謝せえや。ガッハッハッハッハ!」

TOSHIYAさんの名誉のために言えば、TOSHIYAさんは何一つ間違ったことを言っていない。

しかし、絶望的なまでにリスニング能力がなく、ローマ字読みしか出来ない寒汰は勝手に勘違いしたのだ。

「ゲヒーーーーー!俺は今日、凄い秘密を知った! General Santos をフィリピン人は皆、ジェネサンかヘンサンと呼ぶんだ!これは世紀の発見だ!こんな秘密を知った俺は凄い!凄い!凄い!俺は世界一のフィリピンベテランだ!ゲヒーーーーー!」

読者の皆さんもお分かりのように、寒汰は二重三重に勘違いしたのである。

かくして、誰も言わない「ヘネサン」が寒汰の妄想内では General Santos の通称名となったのである。

TOSHIYAさんは言う。

「わしは何一つ間違ったこと言ってないで。あの知ったかぶりのアホのサンタが勝手に勘違いしよっただけや。あのオッサン、ほんまクルクルパーやさかいな。ガッハッハッハッハ!」

寒汰は以前、「あ・魔尼羅」(仮名)サイトから情報を盗みだして自分のブログに盗用していた時も、無知から数多くの間違いを混入させ、デビル総統(仮名)はじめ「あ・魔尼羅」メンバーから失笑を買っていた。

.

また、寒汰がカガヤン・デ・オロを「カガヤン」と呼ぶと勘違いしているのは、以前のエントリでお知らせした通りである。

フィリピンで「カガヤン」といえば、カガヤン州を指す。カガヤン・デ・オロはそのままカガヤン・デ・オロと呼ぶか、CDO と呼ばれるのだ。

カガヤン・デ・オロ市での楽しい性交 II

ちなみに、なぜか日本人だけが寒汰同様に「カガヤンといえばカガヤン・デ・オロ」だと大きな勘違いをしている。

これはフィリピンにいる日本人の多くは語学力がなく、現地の人間とほとんどコミュニケーションできず、間違った知識を何年たっても訂正できないことを表しているのだろう。同様に日本人だけが地名を勘違いしているケースは少なくない。以前に紹介したプリメタ(正しいのはペリメータ)もその一例である。

アンヘレスの嘘

.

寒汰はカガヤン・デ・オロからジェネラル・サントスに陸路バスで行く方法を、まるで自分が乗って行ったことがあるかのように書いているが、これはベイダーさんが指摘してくれたとおり、非現実的な方法のようである。

そもそも、多くの日本人が頻繁に利用するマニラ-アンヘレス間のバスにすら一人で乗れず、オロオロしている寒汰にミンダナオのバスに乗ることなど不可能であった。

オタオタドギマギ・アンヘレスからマニラへのバス移動

全く経験もなく、直接フィリピン人から話を聞くこともできない寒汰(寒汰はタクシー運転手に道順を伝えることすら困難)である。そんな寒汰が、まるであたかも、経験したかのようにバスについて書くのは、全てフィリピン・ベテランぶるためである。

国鉄時代から一切誰にも相手にされず、金を払って行ったキャバクラ舞子やフィリピンのKTVでさえ、ママや女の子に総スカンを食らって、席で放置プレーを食らう寒汰が、唯一自己実現できるのは、ブログでフィリピンベテランぶる時だけなのだ。

産まれた頃から嘘ばかりついてきた寒汰にとって、事実などどうでもよかった。その場限りであっても、フィリピンベテランぶり、それを頭の弱い人間が「凄い凄い!」と褒めてくれることが寒汰にとって人生最大の幸福なのだ。

.

「ゲヒーーーーーーーーー! ヘネサンを知ってる俺、フィリピンベテラン!カガヤン・デ・オロからヘネサンにバスで行ったことあるふりしてる俺、フィリピンベテラン!俺、凄い!ゲヒーーーーーーー!」

誰でも乗れるバスにすら乗れず、英語がローマ字読みしか出来ない寒汰がベテランのわけがなかったが、そんな寒汰を本物のベテランだと思い込む頭の弱い人間がいるところがフィリピンのフィリピンたる所以だった。

筆者は思い出す。あの当時、頭が弱い takashi (仮名)は寒汰のこの寒汰のカガヤン・デ・オロに関するエントリを見てしきりに感心していた。

「凄い!凄い!寒汰さんは博識だ!寒汰さんは世界一のフィリピンベテランだ!」

それを聞いて、ニタリニタリと気持ち悪い笑いを浮かべながら、ベロリベロリと口の周りを舐め回す寒汰であった。

snt_kushiro_09_17

.

20120607160740-1

(写真と本文は全く関係ありません)

「ゲヒヒヒ。俺は正義の味方じゃから、いくらでも他人に迷惑をかけてもいいんじゃよ。他人に迷惑をかけると俺は気分よくなるんじゃよ。俺が歩道を占領する形で駐車したせいで、子供が交通事故にあっても俺に責任じゃないんじゃよ。俺が無料で駐車できる方が大事なんじゃよ。俺は無料で他人のものを利用するのが好きだし、他人に迷惑をかけると、たまらなく気分がよくなるんんじゃよ。どうだ? 俺は賢いだろう?俺は偉いだろう?俺を尊敬しただろう?ゲヒーーーッヒッヒッヒヒ」

 

22s

2011_10_15_1111-02

(写真と本文は全く関係ありません)

寒汰は今日も、マニラ・エルミタの援交カフェ、マニラベイカフェ(MBC 旧称LAカフェ)に居座りながら奇っ怪な声をあげていた。

勾践(こうせん)氏(仮名)や周囲の人間は眉をひそめながら、この狂人を嘲るように見下ろしていた。

.

.
.

寒汰の迷惑行為による被害者一覧

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

大虎の秘密の新メニュー、猫又ラーメンについてはこちらを御覧ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

カガヤン・デ・オロ市での楽しい性交 II

寒汰のブログ魔尼羅盗撮バージン(仮名)は嘘で塗り固めた内容であるが、カガヤン・デ・オロ市に関する嘘は特にひどい。

上記に引用したブログで書かれている買春の価格も全くのでたらめである。

夜、タクシーに乗っている際、TOSHIYAさんは道歩く女を見て

「あんな女、200ペソで買えるんちゃうか!ガッハッハッッハ!」

冗談で言った。それを聞いた寒汰は

「ゲヒーーーーーーー!カガヤン・デ・オロ市では女が200ペソで買い放題だ!俺、凄い!俺、大発見をした!ゲヒーーーー」

と勘違いしてブログに書いたのである。この寒汰の勘違いと妄想のひどさについては、ガイド兼通訳兼ボディガードとして寒汰に同行したTOSHIYAさんが証言している。

そもそも、買春情報を知ることなど道徳的にどうかと思われるが、そういう情報さえ自分が他人にほめられるために嘘をでっちあげるのが寒汰なのである。

二重の意味で最低の人間なのである。

.

寒汰はカガヤン・デ・オロ市のことなど何もわかってないのである。それはこの2006年9月12日のエントリのタイトルからしてわかる。

寒汰は「Cagayan」と書いているが、フィリピンで Cagayan と言えば、ルソン島北端のカガヤン州である。

一方、カガヤン・デ・オロ市 はフィリピン南端のミンダナオの市である。北の端と南の端、さらに州と市。全然違うのである。いわば広島・岡山などの中国地方と中華人民共和国が同じだというようなものである。

フィリピンでは常識とも言える、こんな違いすら寒汰はわかってないのである。

Wikipedia にもはっきり書いてある。

 Cagayan province is distinct from the city in Mindanao named Cagayan de Oro,

(カガヤン州はミンダナオ島にある市、カガヤン・デ・オロとは明確に違う)

もちろん英語が一切読めないシュッテル寒汰はこんな基本的なことすら知るわけがなかった。フィリピンに毎月通い続けて10年間、いまだにカガヤン州とカガヤン・デ・オロ市の違いも知らないのである。

.

なお、今回引用した魔尼羅盗撮バージン(仮名)の2006年9月12日のエントリだが、興味深いことが書かれている。

○  自分の既に書いた記述の誤謬を弥縫するために、他人のサイトを観て転記するお方。嘘はいけませんよ!

○ プロのライターさんや取材陣には過分の取材料を払ってあげてくださいな。そうしないとメディア自体と企業としての信用と、こけんに傷がつくというものです。

どちらも、そのまま寒汰自身のことである。自分が書いたとんでもない嘘をごまかし、間違いを取り繕うために寒汰は他人のサイトをさも自分が最初から書いていたことのように無断転載する。そして嘘に嘘を重ねる。

さらにプロのライターが書いた記事を自分が書いたかのように無断転載する。

自分がやっている悪事をさも他人がやっているかのように思いこむのは心理学で言うプロジェクション(投射)である。生まれてこの方58年間、毎日軽犯罪を重ねてきた寒汰は潜在意識では自分の悪どさがわかっているのである。

自分の悪どさがわかっているからこそ、悪事や犯罪を行なっているのは他人であるかのように思いこむことで自分の心を守っているのである。

寒汰がやってきた詐欺、痴漢、盗電・盗水、著作権違反などに比べれば、他人の文章をパクることなど軽いことであるが、プロジェクションの癖がついている寒汰はそれも自分ではなくあたかも他人がやった行為として認識しているのである。

どこまでも最低な人間、それが寒汰なのである。

.

.

「ゲヒヒヒ。俺は正義の味方じゃから他人の個人情報や写真をいくらでも晒していいんじゃよ。俺は一切反省しないんじゃよ。臭皇が潰れても俺は反省なんかしないんじゃよ。俺は何十年でも他人に迷惑をかけ続けるんじゃよ。俺は正義の味方だからいくらでも迷惑をかけていいんじゃよ。どうだ? 俺は凄いだろう? 俺は偉いだろう? 俺を尊敬しただろう?ゲヒーーーッヒッヒッヒヒ」寒汰は今日も、釧路町木場にあるホーマックで千枚通しを買いながら奇っ怪な声をあげていた。

勾践(こうせん)氏(仮名)や周囲の人間はまゆをひそめながら、この狂人を嘲るように見下ろしていた。

.

.
.

寒汰の迷惑行為による被害者一覧

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

大虎の秘密の新メニュー、猫又ラーメンについてはこちらを御覧ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

重慶爆撃と厨二メルヘン I

アイヌ人とのハーフとして生まれ、在日朝鮮人に妙な連帯感と、それと裏合わせの近親憎悪を持ってきた寒汰は、元来中国に対して異常なまでに憧れが強かった。

国鉄時代、共産党系の労組に入り、仕事は一切せずに労働組合活動だけしたことにより、この中国びいきに拍車がかかったようだ。(もっとも労働組合活動といっても当時盛んだったデモがあると、寒汰はまっさきに逃げ出し、同僚たちから指をさされて嘲笑われていたと青木先輩が語っていた。)

寒汰が経営する店の名前の臭皇(仮名)の読みも、「クサオウ」ではなくて「チョウファン」にしたのはその中国びいきのあわられなのだろう。

(もっとも、そこまで中国が大大大大大好きな割には、中国の通貨記号すら知らないのである。)

.

もとより日本人としての意識は希薄な寒汰である。子供の頃から自分をいじめ抜いた日本人と日本社会に、寒汰は憧れとともに激しい憎悪を持っていた。日本人の女性から全く相手にされなかったことも、この憧れと憎悪を加速させたようである。

日本人としての責任を果たすことより、いかにして日本社会や日本政府から無料で恩恵だけをかすめ取るかしか考えていなくなった寒汰は、とにかく日本の国益を損ねることばかりを夢想するようになっていた。

その寒汰の異常な意識があらわになったのが、2010年の尖閣諸島中国漁船衝突事件である。寒汰はあろうことか、「尖閣諸島周辺の海域は中国領海である。領海侵犯をしたのは日本の巡視船である。」と言い始めたのである。

筆者はこれに度肝を抜かれた。いくら中国びいきでも、日本人でここまで中国に媚びを売るような発言をする人間はいない。寒汰の売国奴ぶりをはっきり実感したのがこの時であった。

さらに、寒汰が過去に作ったサイトをみると、重慶爆撃についての転載があった。

重慶爆撃―「ヒロシマに先行するヒロシマ」 (略)

日本軍による中国・重慶に対する戦略爆撃の特徴
� 「都市そのもの」を攻撃対象とする明白な意図の下、持続的な攻撃だったこと。ゲルニカ爆撃と違って一回限りでなく、2年半、218回にわたって続き、1万1885人が犠牲となる。
� 「空軍力のみ」による攻撃であったこと。南京や上海への侵攻作戦と異なり、地上部隊とまったく連携しない、空からの攻撃のみに終始した。
� 「戦争継続意志の破壊」が作戦目的に掲げられ、「戦略爆撃」の名称が初めて用いられたこと。したがって市街地と市民が目標であり、対人殺傷用の焼夷弾が多用された。また使用されなかったものの、化学爆弾と細菌爆弾も準備されていた。

photo : 『日本軍の爆撃により家畜のように屠殺された中国人』 浅卑新聞より

何のコメントもなくただ、転載をしているだけなので、寒汰もこの書籍の内容と全く同じ意見なのだろうと推察される。どうやら寒汰は日本軍の重慶爆撃が非人道的なものでならないと気がすまないようである。

筆者はこれまで日本にいるマイノリティに対してネガティブな印象は持ってなかった。しかし、アイヌ人ハーフの寒汰の傍若無人なふるまいと、売国奴ぶりを見るにつけ、少なくとも一部のマイノリティは日本人として許しがたい性質を持つのではないかという疑問を抱きつつある。

(続く)

.

.
.

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

.

にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ  にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

.

.

イロイロの美味しい場所

赤井翔さん緊急入院 カンパのお願い

.

インチキ田舎老人寒汰のブログの中身は嘘だらけである。嘘以外の部分を探す方が大変な程である。

特に、通訳兼ガイドの知識が限定的な地方都市でそれが酷い。カガヤン・デ・オロもアンヘレスも寒汰はとんでもない嘘ばっかり書いている。事実と全く反することを平気で書きなぐっているのである。

それもあまりに自信たっぷりに書いているので、その情報を信じる人が後を絶たないのである。

イロイロに関しても嘘八百の内容である。ご興味のある方は以下のエントリをご覧頂きたい。

イロイロ市夜遊びの真実 I

イロイロ市夜遊びの真実 II

英語もタガログ語も一切話せず、フィリピンの国内線すら一人で乗れない寒汰がドキマギオタオタしながらたどり着いたイロイロ市で妄想しまくったのが寒汰のブログの内容である。

そんな嘘八百な内容ではなく、本当のイロイロ市情報をご覧頂きたい。イロイロに行った方の生の情報である。

寒汰はイロイロまで着てBBQスタンドとは・・あきれますね。

(イロイロなら)シーフド食べなくちゃ。

City Proper から車で東に20分にBreakthroughという海辺のレストランがありますがゆで牡蠣が山盛り一皿100ペソ以下、かにミソのフライドライスも最高です(アリギライスと言えば出てきます)

一人頭500ペソも出せば身動き出来ないくらい食べられるのに。
大臣クラスが来てもここで昼食を取るような店です。
そこまで行かなくても City に Ocean city があるのに。

BatchoyはLapaz Batchoyと言われるだけあって川向こうのLapaz がオリジナルです。
Deco’sとTed’sがしのぎを削っていますが、地元民曰くDeco’sが本家らしいです。
味的にはDeco’sの方がスープにこくがあって好きかな。
本店とフランチャイズではメニューも味も全く違います。
本店はただの小汚いローカルレストランw
写真見つからず・・・・

英語もタガログ語も、イロンゴ語も一切できない寒汰は、わざわざイロイロ市に行っても、バーベキュースタンドで侘しく食事をするしかないのだが、普通の旅行者なら、イロイロ市ならではの食事をこうやって食べられるのである。

これこそ本当に意味のあるイロイロ市情報である。

.

.

「臭橋◯至、高橋◯至、臭橋◯至、高◯順至、臭橋順◯、◯橋順至、高橋◯至!臭橋順◯はネットオタクで凄い!」寒汰は今日も、釧路町木場にあるホーマックで千枚通しを買いながら奇っ怪な声をあげていた。

勾践(こうせん)氏(仮名)や周囲の人間はまゆをひそめながら、この狂人を嘲るように見下ろしていた。

.

.
.

赤井翔さん緊急入院 カンパのお願い

寒汰の迷惑行為による被害者一覧

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

憧れのオロンガポ

オロンガポ市について hatoyaさんのコメントをご紹介したい。

超美形娘の情報もあるので必見である。

発見 寒汰の書き込み。

ショートボディサバの天婦羅」なんて書くのは
寒汰しかいないから断定しちゃう。

ショートボディ鯖というありもしない魚の名前を書くのは世界広しといえど寒汰だけである。

寒汰にはこういう見え透いた行為が多い。

*スービック湾で 「ラプラプの刺身」を
頼むと妄想するのも寒汰位かな?
*「バリバレ」の表記も寒汰位。

色々と日本語情報集めて
文章をつぎはぎしていることから
よっぽど連れて行ってもらいたかったらしい。

HNが `ドングリ魔王`って 鬼山さんの次は
栗魔王さんに ケンカ売るつもり?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
危ない海外@2ch掲示板
復活 中田氏がデフォ フィリピン スービック
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/21oversea/1323584907/l50

597 :ドングリ魔王:2012/03/13(火) 01:27:07.64 ID:+RFlg9Ao
「遊膳」スービックのパブリックマーケットの近く。

バリバレから青いジープニーでスービック行(シップヤード行)に乗って
カラパンダヤンのBAR街を過ぎて、少し先のマーケットで降りるとすぐだ。
ジョリビーの看板があるから目標にするといい。

ココナッツ・ゲートと言うビルに入っている。
スペイン風のビルだ。

ブービック湾で取れた新鮮な魚介類が食べられる。
お勧めは「ラプラプの刺身」と「ショートボディサバの天婦羅」。
飲み物は韓国焼酎の眞露と鏡月がある。

アンヘのウッドベルよりはマトモだな。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

*「遊膳」 Yuzen Japanese Restaurant

新しいので 知らなかったが 検索すると
場所は スービック町の公設市場近くでなく
オロンガポ市の SBFZ= Subic Bay Freeport Zone 内。
ジプニーでは入れないので徒歩かヴァンを交渉で借りる。

このエリアを痛いおじさん達は
ここを管理するSBMAと書く。
SBMA Subic Bay Metropolitan Authority
http://www.sbma.com/#

寒汰が見たら発狂しそうなほどの
美形が多いBS(店名)とか高級KTVバーもある。
(次の日の昼間まで 一緒にいて
中出しした子の画像見せてやりたい)

寒汰はもともと発狂しているとも言えるが、オロンガポにそんなに美形が多いとは知らなかった。後で hatoya さんに確認したところ、韓国人向けの店だからだそうだ。

寒汰>ココナッツ・ゲートと言うビルに入っている。
寒汰>スペイン風のビルだ。

下記からの妄想らしい。

>現在移転工事中の旧スパニッシュゲート新店名「遊膳」<

ーー悪妻、恐妻!フィリピン妻Ⅱーー
http://blog.goo.ne.jp/ungoi_1961/e/22ea4e1e7247f30374363357d0fac946

*スービック湾で
ここの目玉の海産物は Alimasagだと思う。
他地域より巨大。メスは ラプラプ(本物)より高い。
アメリカ東海岸でSoft shell crabとして供される種と同じ。
学名 Callinectes sapidus
http://www.sms.si.edu/irlspec/callin_sapidu.htm

バリトの有名料理は 巨大Taco。
寒汰の頭は タコ

確かに寒汰の頭はタコだが、そう言っては世界中のタコが自殺するかもしれない。

(ホントにジプニーに乗っていれば判る)

*「バリバレ」 痛いおじさん表記のバリオ・バレットのこと
ホントは オロンガポ市 バランガイ バレトBarangay Barrettoで
国道沿いに ゴーゴーバーが20軒ほど(増加中)あるバランガイ。

Barrioは ここをネットで紹介した
元海兵隊員の若き駐留時代の行政名。
寒汰をはじめとする米語のできない
おじさん達が調べられないから踏襲中。

痛いオサーンたちは数十年前の呼称を未だに保存しているのである。文化の辺境保存はよく起こるが、同じオロンガポ市という空間にいながら、数十年前の呼称を保存し続ける痛いオサーンたちは、彼らの存在自体が貴重文化物かもしれない。

一切英語(米語)ができず、数十年間コミュニケーションを遮断されている証拠である。

バリオ・バレトBarrio Barretto と
呼ばれた頃のバー、1960年代。
http://www.subicbaypi.com/sub_girls60_030.jpg

Bonita Club 1970年代。確かゴードン通り。
http://www.subicbaypi.com/sub_girls70_007.htm

バレトのCasa Boom Boom 1980年代。
http://www.subicbaypi.com/sub_girls80_071.jpg
http://www.subicbaypi.com/sub_girls80_072.jpg

1980年代のダンサー。
マグサイサイ・ドライブと
ゴードン通り沿いのバーと思われる。

http://www.subicbaypi.com/sub_girls80_022.jpg 生演奏に注目。
http://www.subicbaypi.com/sub_girls80_020.jpg
http://www.subicbaypi.com/sub_girls80_025.jpg
http://www.subicbaypi.com/sub_girls80_034.jpg
http://www.subicbaypi.com/sub_girls80_083.htm

168 Club マグサイサイ・ドライブ1980年代。
http://www.subicbaypi.com/sub_girls80_066.jpg
Casa Blanca Club  バリト1980年代
http://www.subicbaypi.com/sub_girls80_065.jpg

T’s Tavern1980年代。 多分マグサイサイ・ドライブ。
http://www.subicbaypi.com/sub_girls80_056.jpg
http://www.subicbaypi.com/sub_girls80_057.jpg

初代ミッドナイトランバー店内。バリト1991年。
元米海軍93Corvetteさんの投稿。
http://i24.tinypic.com/73dnnt.jpg

Hard Rock マグサイサイ・ドライブ。1990年。
http://www.subicbaypi.com/sub_girls90_015.jpg

それとここへ`臭い寒汰`が行っても 中出し無理。

日本語しかできない寒汰は
他の痛いおじさん達の情報で
オロンガポ市内では バリトしか
風俗店がないと思ってるが
実際は バリト以外の方が 多く
僕が入店した店だけでも
その数は約50店舗に達する。

その内の10店舗余りはオネーちゃんの
レベルが高く いつも迷うほど。
つまり、できるだけ安い料金で
美形の子に中出ししたい誰かさんには理想の場所

イメージ Subic: Alleys of Heavenの表紙。
著者は SEALの元隊員。

http://ec2.images-amazon.com/images/I/51WuvMOuoBL._SS500_.jpg

>青いジープニーでスービック行(シップヤード行)

スービックSubicの意味は `鋤の頭`。
寒汰の頭は `かぼちゃ`

うまい表現だが、世界中のかぼちゃがショックのあまり枯れないか心配である。

スービック町のシップヤードは
韓国の会社所有で 国道からも町の中心からも遠い。

Hanjin Heavy Industries and Construction
http://www.hhic-phil.com/images/aboutus/sub1_s4_p1.jpg
http://www.hhic-phil.com/images/aboutus/map.jpg

`Blue- jeepneys`の行き先は
San Marcelino行き、スービック町中心から更に12km北上する。
http://distancebetween.info/san_marcelino/subic

寒汰>カラパンダヤンのBAR街を過ぎて、少し先のマーケットで降りるとすぐだ。

バリトに一番近いスービック町の公設市場は
バー街の手前で この先は 町の中心部の市場。
ここでも 大文字でBARだと書く寒汰。

寒汰>ジョリビーの看板があるから目標にするといい。

ジョリビーのスービック町店は バランガイBaracaで
バランガイ・カラパンダヤンではない。
バランガイBaracaが町の中心で銀行や公設市場などがある。

Jollibee Subic Town 住所

National Road, Brgy. Baraca, Subic Town, Zambales
http://www.jollibee.com.ph/areas/northern-luzon/subic-town

Brgy. BaracaのSubic Central Market画像
http://www.fotothing.com/photos/d96/d96ae09dc7fd50b055e254dd41a61145.jpg

Jollibee Subic Town 2nd year anniversary

どうやら、寒汰は全く地理感覚がわかってないらしかった。10年間毎月通っているマニラでさえ地理感覚がないのだから、一度も言ったことがないオロンガポ市では地理感覚があるわけもなかった。

 行ったこともない場所に、さも知ったふうな顔をして偉そうに書くのはいつもの寒汰のスタイルであった。

.

.

「臭橋◯至、高橋◯至、臭橋◯至、高◯順至、臭橋順◯、◯橋順至、高橋◯至!臭橋順◯はネットオタクで凄い!」寒汰は今日も、釧路町木場にあるホーマックで千枚通しを買いながら奇っ怪な声をあげていた。

勾践(こうせん)氏(仮名)や周囲の人間はまゆをひそめながら、この狂人を嘲るように見下ろしていた。

.

.
.

寒汰の迷惑行為による被害者一覧

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

カメラド素人の背伸び

寒汰は自称食の専門家だが、実態はありえないほどの味覚障害の上に食のことは一切知らず、自称フィリピンベテランだが、実態はガイド兼通訳なしでは日帰り旅行すら行けない。

さらに、自称カメラの達人だが、カメラ情報もド素人以下であることが明らかになってきた。

本エントリでは寒汰が主張するカメラ情報がいかに嘘であるかを明らかにしたい。

hatoya さんのコメントをご覧頂きたい。

寒汰>CanonのカメラにNikonのレンズをつける。

ニコンGタイプのレンズが使用できるアダプターは一部製品のみ。
それに Ai時代のレンズなんか 使いたい人いないでしょ。

カメラが少しでも分かる人は、寒汰が言っていることがいかにむちゃくちゃかがよく分かるはずである。

カメラド素人の筆者でさえ、寒汰が現実を無視したとんでもないでまかせを言っているのは理解できる。

寒汰>フィルム用のレンズをデジタルカメラに着けるとかです。

*マウントアダプター遊びは 無理だと思う。
先ず一眼ボディと交換レンズ持ってないもん!

一眼レフを持っていないのに、持っているふりだけはしたがる寒汰なのである。

キャノンEFマウント機は 銀塩時代から
OMレンズとコンタックスで遊んでいて
その後Aマウント、Kマウント
フォーサーズ、マイクロフォーサズ用と
マウントアダプター購入してるが
当然どのメーカーでもマニュアルフォーカス。
AEも 絞り優先しかも絞り込測光。
露出計なしでも 露出が判らないと無理。
当然 *手ぶれ補正なし。
*マウントアダプター遊びは
使用時の不便さから 遊びと称す。

女性向けに出したG1が 僕らおっさんが買った
事情が判ってるパナソ二ックは純正アダプターを出した。
不便なく使えるのは ライカなどの距離計連動カメラだけ。

ライカカメラ社製レンズ用アダプター
http://panasonic.jp/dc/lens/lens_accessory.html#ma2m

*手ぶれ補正
オリンパスとペンタックスの一部機種は
手動入力で 使えた。

>この地図が怪しいと、鬼山一族の方から指摘がありました。

一部、珍しく 合ってます。

囲まれたR. Hidalgo通り周辺にカメラ店が集中してます。
カメラ店は*新品の扱いで
日本メーカー品が主流。
ここが 有名なのは
掘り出し物がある訳でなく
モール内店より多少安いのと
プロ用機材を扱う店があるから。

僕の掘り出し物は
韓国製の日本未発売品位。
それで *ポルノDVD買うだけですけど。

カメラ街地図(載ってるショップは一部)

Hidalgo St. Quiapo – cheap camera shops in the Philippines

Ambot ah! Travel Blog
http://www.ambot-ah.com/hidalgo-st-quiapo-the-place-to-buy-cheap-dslr-cameras-in-the-philippines/

Hidalgo-Quiapo, A Camera Haven
(R. Hidalgo St以外のカメラ店がある3通りを
含む地域の通称でHidalgo-Quiapoと表記しているみたい)
http://www.pinoylakwatsero.com/hidalgo-quiapo-a-camera-haven/

R. Hidalgo  通りの画像 philippines-travel-guideから。
http://www.philippines-travel-guide.com/images/hidalgo-street-quiapo.jpg
http://www.philippines-travel-guide.com/images/hidalgo-street.jpg

もしかしたら僕のコメントで検索?

*カメラ屋が密集する通り
ここでもデジカメで撮ったヌードをプリントできる。
Hidalgo Stores – Where to buy your Cameras
http://www.photo.net.ph/thumbnails-3321.html
サンパギータの香り漂うNAIA I (妄想小説)
2012年1月6日

*新品の扱いで

Avenue Photo Supply
(プロ用機材の扱いもある)
Avenue Photo Inc. 712 R. Hidalgo Street, Quiapo, Manila
http://avphotoinc.com/

Henry’s Photo Supply
Quiapo Branch (LRTの駅からだとここが一番近い)
310 P. Gomez Street Quiapo, Manila
http://www.henryscameraphoto.com/

*ポルノDVD
殆どカリフォルニアで制作した
日本の無修正版のコピーか正規品。

カメラのスペックについても現実を無視したでまかせばかり。そして、カメラ屋についても実際にはろくに知らずに適当なことを書いているのである。

何も知らない、何も調べられないくせに、自分が何かのベテランだと一瞬でも勘違いしてもらいたくて、ひたすら嘘を書きなぐっている男、それが寒汰なのである。

.

.

「臭橋◯至、高橋◯至、臭橋◯至、高◯順至、臭橋順◯、◯橋順至、高橋◯至!臭橋順◯はネットオタクで凄い!」寒汰は今日も、釧路町木場にあるホーマックで千枚通しを買いながら奇っ怪な声をあげていた。

勾践(こうせん)氏(仮名)や周囲の人間はまゆをひそめながら、この狂人を嘲るように見下ろしていた。

.

.
.

寒汰の迷惑行為による被害者一覧

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.