ゴールド氏逝く/ クイックチツミツ

寒汰物語でもおなじみのゴールド氏(仮称)が数ヶ月前逝去された。

過去に何度か説明したが、ゴールド氏はざ・マニラが寒汰の迷惑行為で崩壊した際、その罪を全部寒汰になすりつけられたのである。寒汰とゴールド氏の逸話については下記のエントリをご参照いただきたい。公開オナニーブログ男の言い訳

ゴールド氏と寒汰 I

「カオパ」とインディカ米、ジャポニカ米 II

スーパーイケメン9ウーマン氏の心 I

ゴールド氏は心の広い男の中の男であった。恩を仇で返す寒汰の悪辣な行為に心を痛めながらも、寒汰をかばい続けたのである。

寒汰の異常なまでに低い国語能力にもゴールド氏は優しく指摘していたようだ。

寒汰は、シュッテルのバス(シャトルバス)、iPot (iPod) 、ブルサマール(プルサーマル)のはるか以前から、数々のヒットを飛ばしていた。

ゴールド氏はよく寒汰に対してこう言っていたそうだ。「寒汰、それはクイックじゃない。クリックだ。なんど言ったらわかるんだ!」

寒汰は何十回ゴールド氏が指摘しても、クリックのことを「クイック」だと書いていたそうである。自称英語の達人、自称ITの天才なのに、最も基本的な単語であるクリックすらまともに覚えてなかったのである。

また、寒汰はよく「チツミツ」と口にしていたが、これは「チスミス」と言いたかったようである。何十回ゴールド氏が優しく指摘しても、寒汰は「チスミス」と覚えられなかったようである。根本的に言語能力が欠如しているのだろう。

あまりの寒汰の覚えの悪さには、あの我慢強いゴールド氏もとうとうさじを投げたようである。

.

我慢強いゴールド氏が最終的に寒汰に愛想をつかしてから数年がたつ。恩を仇で返す寒汰は未だにゴールド氏のことを逆恨みし、そこら中のネットで今もゴールド氏の悪口を書きまくっているようである。

恩を仇で返すのが寒汰、何年間も粘着するのが寒汰なのである。

寒汰のこの逆恨み体質粘着質は生前からゴールド氏が最も心配していた点である。ゴールド氏の死によって、寒汰はそれを悔い改めるどころか、ますますその異常な性癖に拍車がかかっているのを、ゴールド氏は天国からどのように見ているのだろうか。

.

.

「臭橋◯至、高橋◯至、臭橋◯至、高◯順至、臭橋順◯、◯橋順至、高橋◯至!臭橋順◯はネットオタクで凄い!」寒汰は今日も、釧路町木場にあるホーマックで千枚通しを買いながら奇っ怪な声をあげていた。

勾践(こうせん)氏(仮名)や周囲の人間はまゆをひそめながら、この狂人を嘲るように見下ろしていた。

.

.
.

寒汰の迷惑行為による被害者一覧

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

大虎の秘密の新メニュー、猫又ラーメンについてはこちらを御覧ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

電脳に弱い男の幻の Agoda アフィリエイト

寒汰研究を続けて数年になる我々であるが、見解の一致するところは初期の頃の寒汰ブログは今ほどキチガイの様相はなかったということである。

教養の決定的な欠如、知ったかぶりや異常なまでのドケチ、幼児性愛の傾向はあったものの(それだけでも十分異常ではあるが)、今のような完全な狂人とは違い、どことなく人間らしさがまだ見られた。

また自分の欠点を素直に事実を認めることもあった。(それでも他人の1/100くらいであるが)

(写真と本文は全く関係ありません)

たとえば、2005年1月12日の魔尼羅盗撮バージンでは、寒汰は自分のことを「電脳にうとい」と表現している。携帯電話に弱いことも自分で書いている。電脳という古びた時代遅れな言葉つかい自体、寒汰の時代錯誤ぶりを十分に感じさせてくれるが、それでも自分の欠点を認めるあたりはまだ好感がもてるのである。

その寒汰も2005年にざ・マニラを荒らしまわって、それがバレた挙句に「私がやったんじゃないんです。IPアドレスが改ざんされたんです。」「私は悪くないんです。全部ゴールド氏が悪いんです」と、子供でもつかないような見苦しい言い訳をした後は、この自分の欠点を素直に認めることすらなくなっていくのである。

2006年には320GBメモリ搭載の Mac を持っている自称コンピュータの達人と言い出す始末である。明らかにハードディスクとメモリを勘違いしている人間がコンピュータの達人と言ってもなんの説得力もないのだが、勘違いと狂人の度合いを増した寒汰は心の底から自分がコンピュータの達人だと思い込んでいるようであった。

.

あらゆるフィリピン系サイト、コミュニティでトラブルを起こし、誰からも相手にされない鼻つまみ者になる過程で、寒汰はそのかろうじて残っていた現実を認める能力すら失い、いつしか自分が世界最強のフィリピンベテランで全知全能だと思い込むようになったのだろう。

ありとあらゆる人間から嫌われた寒汰は、自分を全知全能のネ申に等しい存在とでも思わなければ、心のバランスがとれなかったのかもしれない。

.

ところで、寒汰は魔尼羅盗撮バージンで Agora の宣伝を数ヶ月前から突然始めまたが、その理由の一つはエダモト(仮名)のマグロ子おばちゃん(仮称)おばちゃんに見捨てられたことである。10年近く寒汰の害にあってきたマグロ子おばちゃん(仮称)おばちゃんは、むしろ今までよく我慢したと思えるのだが、それを逆恨みして意趣返しをするのが寒汰の腐りきった人間性をよく表していた。

この Agoda のバナーであるが、少し妙なことにあるのに寒汰リークスプロジェクトのメンバーが気づいた。どうもこのバナーはアフィリではなさそうなのである。

Agoda のアフィリは登録や管理が英語ページになるので、英語が一切できない寒汰はどうやらアフィリのやり方すらわからないようである。

「クソックソックソッ!英語ばっかりでわからん!クソックソックソッ!俺はこんなに AGODA 研究してるのにわからん!キーーーーーー!」

数日間、PCと格闘しても、寒汰にはなにをどうしたらいいかさっぱりわからなかったのだろう。

英語が一切できず、コンピュータのことも広告のことも何一つ一切理解できない原人並の頭脳だから仕方がない。といえば、原人に失礼だろうか。

数日間格闘した Agoda サイト研究の成果が2011年12月12日の魔尼羅盗撮バージンに掲載されている。

フィリピンであれば、当ブログのサイドメニューのバナーを触れていただくか、agodaのホームページから、調べたい国名や都市名、宿泊日等入れて検索します。

都市名が解らない場合は、最下段の【フィリピンのすべての省】から選択します。

選択後【複数の都市や町の地名】が、次のページの最下段に表示されている場合は、都市や町を選択します。

 
その都市や町の、【大特価ホテルを全て見る】が表示されたら、宿泊予定日を確認して、【料金チェック!】
【絞り込み検索】で、立地、ホテルや客室の設備、地図、から絞り込んで行くという案配です。

数日間没頭しても、アフィリエイトの設定どころか、一番基本的なホテルの予約の初歩の初歩しか理解できなかったようである。さすがは10年間毎月フィリピンに通いながらいまだに入国カードの記入に四苦八苦する寒汰である。

.

寒汰(さむた)といえばアフィリエイト嫌いで有名である。アフィリエイトを行なっているサイトを徹底して攻撃し、嫌がらせコメントを一日に何十個も入れ、そのブログやサイトが閉鎖するまで決してやめなかった。

なぜそこまでアフィリエイトが嫌いなのか不思議だったのだが、今回その謎が解けた。寒汰はアフィリエイトを自分でやりたくても、自分で設定すらわからないのである。

自分がアフィリエイトの設定ができないから、小遣いを稼ぐ他人が羨ましくて怒ってただけである。

中田氏したくてしたくて仕方ないのに、させてもらえないから、中田氏している他人に怒るのと同じ理屈だったのである。

.

.
.

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

Apple社の新製品? iPot

寒汰はよく世紀の大発見をする。

320GBメモリ搭載の MacBook を発見したのは有名な話だが(寒汰は自称PC博士なのにハードディスクとメモリの区別がついていないのは秘密である)、2007年6月30日には、Apple社幹部でさえ知らない極秘の製品をマニラで発見したようだ。

まさに世紀の大発見である。

(写真と本文は全く関係ありません)

その極秘製品の名は iPot 

念の為に言うが、iPod ではない、iPot である。全世界どこの Apple ストアを探してもない製品である。マニラの Apple ストアのみ、そして寒汰が訪れている時だけ売っている極秘の製品である。

さすがは週刊ポストを史上最高のメディアだと言い切る男、寒汰である。

フィリピンへの買春旅行を買春旅行ではなく、取材だと偽るだけのことはある。

誰もが発見し得ない超珍品を見出したようである。

320GBメモリ搭載の Macbook と共に、寒汰博物館に陳列したいものである。

(情報提供いただいたKさん、ありがとうございました。)

.

これが普通の人間なら単なる綴り間違いや勘違いで軽く見逃されるが、なぜ寒汰の場合ここまで滑稽なのかといえば、その理由ははっきりしている。

普段背伸びして知ったかぶりばかりしているのに、実は何にも知らないのがこういう言葉の端々で明らかになるからである。

メモリとハードディスクの区別がつかないこと、iPod を iPot だと勘違いしていること自体は表層に過ぎない。その後ろに寒汰がとんでもなく背伸びして、知ったかぶりしているのが見え隠れするから嘲笑われるのである。

.

.

「臭橋◯至、高橋◯至、臭橋◯至、高◯順至、臭橋順◯、◯橋順至、高橋◯至!臭橋順◯はネットオタクで凄い!」寒汰は今日も、釧路町木場にあるホーマックで千枚通しを買いながら奇っ怪な声をあげていた。

勾践(こうせん)氏(仮名)や周囲の人間はまゆをひそめながら、この狂人を嘲るように見下ろしていた。

.

.
.

寒汰の迷惑行為による被害者一覧

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

マグロ子おばちゃん(仮名)のブログとエンジェルバード(仮名)

パサイの日本料理屋、エダモト(仮名)の名物オーナー、マグロ子おばちゃん(仮称)は一年限定でブログを書いていたことがあった。本日のエントリはそのマグロ子おばちゃん(仮称)とブログに関してである。

某ソーシャルサイトのグループで行われた会話をご覧頂きたい。

Wさん> 赤井さんと一緒にエダモトで寒汰の事をマグロ子おばちゃんに聞いたら「いやな人だよ。」と言った。

その後の流れで寒汰のうんこブログの話になったが、「(寒汰ブログが嘘だらけかどうかは)各人が読んで判断する事でしょ。私がどうこういうことじゃないよ。」と言っていた。

あれは「寒汰の魔尼羅盗撮バージン(仮名)を読めば基地外だって分かるだろ。そんなこと私の口からは言えないよw立場って物があるからね。」という意味だったのでしょうwww

Aさん> レストランオーナーだと、うかつに他人の悪口は言えませんからね。特にああいう逆恨みばかりするキチガイの悪口はね。

Hさん> 本当のことだから余計に言えないw

Wさん> マグロ子おばちゃんはPCオンチを馬鹿にされたのがきっかけでPCを覚えてブログを1年限定で書いた。それがブログ村1位になった。PCの達人、かつ、フィリピンベテランはさぞかし面白くなかっただろうと想像。

Wさん> 寒汰にブログを教わったんでしょう?って聞いたらはっきり「違う」と言っていましたねw

そう、マグロ子おばちゃん(仮称)がブログは寒汰には一切関わりがない。というより、むしろマグロ子おばちゃん(仮称)は意図的に寒汰にそれを隠していた。

マグロ子おばちゃん(仮称)がブログを始めると知ったら、またどんな押し付けがましい嫌がらせや妨害を受けるかわからないからである。

エダモト(仮名)勃興時、日本から持ってきた壊れたウォッシュレットを無理矢理寒汰に売りつけられたり、とんでもない迷惑な客を大量に押し付けられたり、エダモト(仮名)に関係者面居座り、長時間に渡り他の客にひたすら絡んでいたことをマグロ子おばちゃん(仮称)は忘れていなかった。

寒汰の妨害がいかに嫌らしく、凄まじくダメージが大きいかは身にしみてわかっていたのだ。

.

寒汰はマグロ子おばちゃん(仮称)がブログを始めることはブログが始まって数週間も知らなかった。マグロ子おばちゃん(仮称)はもとより、ネモト関係者、エダモト(仮名)の常連客の誰もが、寒汰にだけは言わないようにしていたからである。寒汰がいかにエダモト(仮名)周辺の人間から嫌われているか、これだけでもよくわかるものだと言えよう。

数週間もたってからマグロ子おばちゃん(仮称)がブログを始めたのに気づいた寒汰はびっくり仰天した。そして怒り狂った。

「クソッ、クソッ、クソッ!よりによってブログを俺に黙ってはじめるなんてけしからん!クソッ、クソッ、クソッ!パソコンの天才、世界一のブロガーの俺に黙ってはじめるなんて許さん!クソッ、クソッ、クソッ!」

寒汰は怒り狂ったが、どうしようもなかった。そもそも寒汰はブログの知識もほとんどなかったし、HTMLのタグすら使えない、メモリとハードディスクの区別もつかない、どうしようもないほどのPCド音痴だったが、自称だけはコンピュータの天才だった。

仕方ないので、寒汰は努めて動揺を取り繕うとして、2009年11月10日、以下のようなエントリを書いた。

ということで、我が、パサイのエダモト(仮名)トラベル&エダモト(仮名)レルトランの、エダモト(仮名)タイコさんが、先月からブログをはじめられました。
タイトルは【エダモト(仮名)ママのひとり言】 先月25日からFC2を使ってUPされています。何故FC2なのかの推測は、後に譲るとして、この2週間で快調に記事がUPされ続けています。

それでFC2ブログを使た根拠を邪推したのです………FC2には『キティーのテンプレートが有ったのではないか?」と

あとできっとFC2を選択したことを「良かった」と思うことでしょう。
他のブログにもそれぞれ特徴と便利なところが有るのですが、FC2は自前の動画サイトも有るなどと、自由度が高いのです。

知らぬ間にマグロ子おばちゃん(仮称)がブログを始めていて、あわてふためいた寒汰であったが一つだけ安心した。それはマグロ子おばちゃん(仮称)が寒汰と同じFC2を使っていたからである。

「ゲヒヒヒ、マグロ子おばちゃん(仮称)は俺を尊敬しているから俺と同じFC2を使ったんじゃな。これで俺が師匠面できるんじゃよ。俺が偉いことをマグロ子おばちゃん(仮称)にとことんまで思い知らせてやるんじゃよ。ゲヒーーーッヒヒヒヒッヒヒヒヒ!」

しかし、マグロ子おばちゃん(仮称)がFC2を使ったのは寒汰とも一切関係がなかったし、寒汰が妄想したキティのテンプレートとも一切関係がなかった。マグロ子おばちゃん(仮称)に密かにブログを指導したとある人物がFC2を薦めただけである。

.

(写真と本文は全く関係ありません)

なお、この2009年11月10日のエントリで、寒汰はエンジェルバード(仮名)のママ・アシックス(仮名)について記述している。

エンジェルバード(仮名)のママ・アシックス(仮名)。

「私、ネックレスや装飾品で、高級なものが好きだと思われて,プレゼントしてくれる人がいるんですけど………本当はキティグッズが好きなんです」

と、照れながら先日コッソリ話をしてくれました。

まるであたかもママ・アシックス(仮名)と仲が良いかのような書きっぷりである。

実は筆者は以前エンジェルバード(仮名)を訪れ、ママ・アシックス(仮名)と寒汰について話をしたことがある。筆者はほとんど英語で話してしまったが、断片的に聞いた限り、ママ・アシックスは寒汰が書いているような「いるんですけど」「〜なんです」などとという言葉使いはせずにベタベタのじゃぱゆき日本語を話していた。これだけで、寒汰が妄想だけで勝手にママ・アシックスの言葉を捏造しているのはそれだけでもわかる。しかし、何より印象的だったのは、ママ・アシックスが寒汰の名前を聞いた時の表情である。

それまで機嫌よく筆者と談笑していたまま・アシックス(仮名)だが、寒汰の名前が出た瞬間、

ゴキブリでも飲み込んでしまったような凄まじく嫌な顔をしながら「イーーー!(フィリピン人が嫌なものを見た時によく言う感嘆詞) Samuta!  Ugly guy! ウゲエエエエ」と

露骨に吐く真似をしたのである。

この予想以上の反応には筆者は驚いたが、同時に寒汰がいかにエンジェル・ハートでも嫌われいたかを実感したのだった。

その後、ママ・アシックス(仮名)はせきを切ったかのようにとうとうと、寒汰がいかに嫌な客だったかを語ってくれた。

寒汰はエンジェルバードでも有名なドケチで一切指名もせず、ドリンクは一切頼まず、店内で無断で盗撮ばかりしていた。一切何も頼まないくせに、オープンからラストまで居座り、いつもニタリニタリと気持ち悪い笑いを浮かべながら、一人で何やらウンウンとうなずき、ひたすら盗撮しまくっていたとママ・アシックスは語ってくれた。

寒汰のあまりのドケチぶり、悪臭、そして気持ち悪さはエンジェルバードの女の子たちでも有名で、一度でも寒汰の席に座った女の子は寒汰(さむた)の席にだけは座るのだけは激しく拒否したという。

20年前、釧路でスナック舞子に通い、キャバ嬢全員から蛇蝎のごとく嫌われ、とうとう誰も席に座らず毎日放置プレーをくらっていたその頃から、寒汰は全く変わっていないのだと筆者はこの時つくづく実感したのだった。

エンジェルバード(仮名)では、寒汰はいつも妙な冗談を言っていたが、英語もタガログ語も一切できない上に、根本的なコミュニケーション能力すらない寒汰が何を言っているか、女の子たちはいつも全く理解できず苦笑いしていた。すると、冗談が通じたと思った寒汰は一人で気持ち悪く笑い転げて不気味だったという。

また、寒汰は時々おみやげとして、汚く不味そうなピザを持ってきたが、スーパーで買った安物のピザをレンジでチーンした後、数日間ほったらかしにしたようなゴミ同然のもので、冷えている上に臭くてまずそうで、一度たりとも誰も手をつけようとしたなかった。

寒汰とエンジェルバード(仮名)の関わりの詳細については下記のエントリをご覧頂きたい。

マラテのKTV、エンジェルバード(仮名)にて I

マラテのKTV、エンジェルバード(仮名)にて II

.

その他ママ・アシックスから聞いた寒汰(さむた)の特徴は以下のとおりである。

  • 一日千ペソしか使わない
  • 絶対に指名しない
  • いつもオープンtoラストで居座る

寒汰はケチりまくって遊んで喜んでいるようであるが、はっきり言ってKTVにとって最悪な客である。

マグロ子おばちゃん(仮称)からもエダモト(仮名)のスタッフ、常連客の誰からも異常に嫌われ、エンジェルバード(仮名)のママ・アシックス(仮名)からも吐く真似をされるほど嫌われている寒汰。

そんな寒汰だが、自分が嫌われているという自覚は未だに一切なかった。自覚がないどころか、自分が人気者だと未だに真逆の勘違いをしていた。さすがは言語能力以前のコミュニケーション能力が欠如した男である。

.

「ゲヒヒヒ、俺はスーパースターなんじゃよ。俺は正義の味方なんじゃよ。俺は偉いんじゃよ。俺は人気者なんじゃよ。ゲヒーーーッヒヒヒヒッヒヒヒヒ!」

今日も釧路の街にキチガイの奇っ怪な声が響きわたっていた。

.

.
.

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

個人情報の漏洩とセキュリティ

2012年1月30日の魔尼羅盗撮バージンで寒汰はまたしても無知を晒している。寒汰はコンピュータに関しても、セキュリティに関しても全く無知蒙昧であった。

某旅行代理店の情報漏洩対策について寒汰はこう書いている。

数年前にあることがあり、それから数年経た今。パソコンやデーター管理はどうなったのでしょう?

数年前の「あること」とは、寒汰がホテルや旅行代理店に不法侵入し顧客データを盗み出したことであろう。それを他人のせいにするのは、寒汰らしい責任転嫁である。

自社にある顧客データーベースへのアクセスの記録は、個別に管理されているでしょうか。

個別に管理とは意味不明である。寒汰はデータベースとは顧客レコードごとにバラバラになっているとでも思い込んでいるのだろうか? PCごとにデータベースがバラバラになっているのだと思い込んでいるんだろうか。

コンピュータに全く無知な人間が知ったかぶりをしているのがこの一行だけでわかる。

誰がどのように、どの……もしくは外部のパソコンからデーターベースに侵入したか? 記録はとられているでしょうか?

これまた、無知を晒している。データベースへの侵入ではなくて、ネットワークへの侵入である。データベースは侵入するものではない。参照するものである。データベースがなんたるか、コンピュータのアーキテクチャがどういうものか、全く理解してない寒汰(さむた)である。

知らないなら素直に知らないと言えばいいのに、知ったかぶりをするから恥をかくのである。

USBなど記録媒体を接続した記録や、媒体を接続した場合データーベースに侵入出来なくなる処置。プリントアウト出来なくなる処置はとられたのでしょうか?

これまた、とんでもない勘違いである。そもそも寒汰はクラッキングと正常なアクセスの区別もついていない。「外部記録装置を接続した状態ではデータベースにアクセスできなくなるような処置」と言いたいのだろうが、そんなことは全く意味が無い

ローカルファイルにいったん保存すれば全く意味がないのである。

さすがは320GBのメモリを搭載した Mac を持つ寒汰(さむた)である(※ 詳細はこちらのエントリをご参照いただきたい。)。ハードディスクという存在を全く知らないのだろう。もっともこの場合、メモリに保存しても事足りるのだが。

また、プリントアウトを出来なくすることも全く意味が無い。一度別ファイルにしてしまえばいいからである。

寒汰がコンピュータのこともセキュリティも一切理解していなことが明らかである。さすがは「FC2はよく私のパソコンを覗きに来る」という迷言を吐く寒汰である。

もう一度言う。知らないなら知らないと素直に言えばいいのである。知らないのに知ったかぶりをするから恥をかくのである。

なお、最近はデータ保存をクラウドを用いて行うようになって来ているが、寒汰レベルではクラウドがなんたるかなど100万年たっても理解できなさそうである。

社の事務所のパソコン直上の天井にカメラを設置して、パソコンの操作や画像、補助記憶媒体の不法な設置など行われないようなセキュリティーは、果たされているのでしょうか?
防犯カメラを見えるように設置するのは抑止のためです。今時は針の穴ほどのカメラですからね。幾らでも解らないように施設管理が出来るのです。

これまたとんでもない妄想である。筆者の会社は世界的にもセキュリティ対策がしっかりした会社であるが、オフィス内に監視カメラなどない。そんなことは意味が無いからである。

オフィス内のカメラで見るだけではそれがクラッキングかどうかなど判別などつかない。それを判別したければ、カメラではなく別の手段を使う。カメラが必要なのはオフィスの出入口である。

目付きが異常者な、のそのそした男が口の周りをベロリべろりと舐め回しながらドアを無理やりあけて侵入したかどうかを見極めることが大事なのである。

更についでに言えば、「針の穴ほどの(監視)カメラ」など現代でもない。寒汰はピンホールカメラのことを考えているのかもしれないが、ピンホールカメラはカメラのレンズに当たる部分がピンホール(針の穴)というだけであって、カメラそのものはそれなりの大きさが必要である。

自称カメラの達人なのに寒汰はそんなカメラの基本構造さえ理解していなかった。

(写真と本文は全く関係ありません)

なお、寒汰ははからずもこの文章で自分が行った犯行を自供しているようである。行間を読むとこういうことであろう。

数年前、某社で事件が起こった。パソコン内の顧客データが流出したのである。

寒汰は某社のオフィスに不法侵入し、誰も咎めないのをいいコトにUSBメモリをPCにさし、データをコピーして持ちだしたのである。加えて、大胆不適なことに顧客情報のプリントアウトまで行ったのである。そのことを咎められた寒汰は開き直ってこう言い放った。

「ゲヒヒヒ。どこに証拠があるんだ?悔しかったから俺が◯◯社のPCを操作しているカメラ画像でも出してみろ。監視カメラを設置してない◯◯社が悪いんじゃよ。俺は何にも悪いことなんかしてないんじゃよ。俺は正義の味方なんじゃよ。俺は何をやってもいいんじゃよ。ゲヒーーヒヒヒッヒヒヒヒヒ」

誰も何も聞いてないのに、ここまで犯行を自白してしまう男も他にはいないだろう。「あ・魔尼羅(マニラ)」(仮名)メンバーを中傷する酷い荒らし行為を行なっていた時も、寒汰は自分のドメイン名(IPアドレスと寒汰は勘違いしている)をさらけ出して自爆したが、寒汰はどうも自分の犯行を自ら暴露してしまう癖があるようである。

.

自称報道マンの寒汰は自分のブログ、魔尼羅盗撮バージンを「記事」と呼ぶ。エントリのことを記事と呼ぶ人は少なくないが、ブログそのものを「記事」と呼ぶ人間は寒汰くらいである。

以前も週刊ポストのような最高の報道を提供するのが夢と語っていた寒汰(さむた)である。週刊ポストが夢とはあまりにも低い志であるが、週刊ポストも寒汰のような一片の真実もないブログに勝手に目標にされてはいい迷惑だろう。

寒汰の魔尼羅盗撮バージンには真実のかけらもなく、その真逆のことばかり。寒汰の責任転嫁と子どもじみた言い訳で散りばめられているのである。特に魔尼羅の日本料理店や、旅行代理店関係者へのあまりに酷い責任転嫁に怒り狂っている人間は少なくないのである。

.

.

.

「臭橋◯至、高橋◯至、臭橋◯至、高◯順至、臭橋順◯、◯橋順至、高橋◯至!臭橋順◯はネットオタクで凄い!」寒汰は今日も、釧路町木場にあるホーマックで千枚通しを買いながら奇っ怪な声をあげていた。

勾践(こうせん)氏(仮名)や周囲の人間はまゆをひそめながら、この狂人を嘲るように見下ろしていた。

.

.
.

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

被害妄想 II

2011年12月3日、JALの午前便で寒汰は魔尼羅に到着した。空港を出る手前、税関のところで寒汰の視線は釘付けになった。税関職員が若い女だったからだ。

「ゲヒーーーーーー!税関職員が若い!俺、視姦する!俺、無料で視姦!俺、得をする!俺、賢い!俺、偉い!偉すぎる!ゲヒーーーーー!」

寒汰はマニラベイカフェのストリートチルドレン同然の女でも持ち帰るし、婆さんのような皺くちゃの女にまで4500ペソ出して持ち帰りしてSEXするのだ。

それくらい女に飢えている寒汰は若い女がいれば視姦せずには気が済まないのだ。なにせ呼ばれてもないし、知り合いすらいないのに無理やり押しかけてきたホラミタクラブのオフ会では、参加者の奥さん彼女を片っ端から舐め回すように眺めて異常に気持ち悪がられていた男なのである。

「ゲヒーーーーー!俺、スカートの中の写真もとる!俺、税関職員も無料で利用する!俺、偉い!偉すぎる!ゲヒーーーーーー!」

寒汰は女のスカートの中を盗撮するのが何よりも好きだった。

この日も周囲の人間が呆然と立ち尽くすのもかまわずにひたすら税関職員のスカートの中をとりまくっていた。

周囲の人間は呆れ返っていたが、そもそも語学力以前に根本的なコミュニケーション能力が決定的に欠如している寒汰である。

ホラミタクラブのオフ会に押しかけて、参加者の連れの女性を視姦しまくっておもいっきり嫌がられていたのに「暖かく迎えていただいた」と失笑を誘うことを言い出す男なのである。

.

「ゲヒーーーーーー!この女、20代後半、若くて綺麗な税関職員。笑ってる!俺にスマイルしてるに違いない!俺に惚れたに違いない!俺、興奮する!ゲヒ!ゲヒ!ゲヒーーーー!」

相変わらずとんでもない勘違いと妄想を繰り広げる寒汰であった。

.

果たして、寒汰の順番になったが、さっきから露骨にスカートの中を盗撮している寒汰に対して税関職員の女性は怒りを隠せなかった。

「ゲヒ?あれ?この女、笑わない?おかしいな?ゲヒ?照れてるのかな?俺に惚れきったな!ゲヒゲヒ!」

寒汰は勘違いをさらに暴走させていた。

.

税関職員は、せめてもの仕返しにと思ったのか、寒汰の汚く臭いシルバーのスーツケースをあけさせた。

寒汰があの臭いシルバーの大きなスーツケースをあけると、周囲に異様な臭気が漂った。凄まじい悪臭である。なにせ、あの異常なまでに臭い寒汰の物が毎月毎月入っているのである。テロリストの破壊工作かと思えるほどにあの汚らしいシルバーのスーツケースの中身は臭かった。

PCの一台が新品だったので税関職員が「贈答用か?」と聞いた。すると英語が一切できない寒汰は「二台あるのは WIN と MAC なんだ。どうだ?俺は凄いだろう?凄すぎるだろう?俺を好きになっただろう?ゲヒヒヒヒ」と、全く見当はずれの答えをした。

英語が一切できないのもあるのだが、それ以上に寒汰は相手の立場になって考えることが一切できない男なのである。ホラミタクラブのオフ会に押しかけて、さんざん不評を買ったのに「歓迎された。ゲヒヒヒ」と真逆の勘違いをする男なのだ。他人の気持ちも立場も一切理解出来ないのである。

.

寒汰の返事は全く理解できなかった税関職員だったが、今度はカメラをチェックしはじめた。スカートの中の盗撮をした意趣返しの意味合いもあるだろう。

しかし、それを見て寒汰はまた勘違いをした。

.

「ゲヒーーーー!税関職員のチェックが厳しくなった!大変だ!フィリピンの税関が激変した!これは世紀の大変化だ!ゲヒーーーーーー!」

寒汰は自分の住む凄まじく狭い世界が宇宙の全てと同じだと思う癖があった。実際のところ税関は何も変わったわけではない。寒汰の行動があまりに怪しいのが問題なだけである。

しかし、根っからの被害妄想の寒汰は、路上に自転車がいれば「大変だ!当たり屋だ!世の中当たり屋ばかりになった!ゲヒーーーー!」と大騒ぎするような男なのだ。

.

そんな寒汰は今日も新くしろクリニックで叫んでいた。

「ゲヒーーーーー! Windows 7 は立ち上げるのが時間がかかる!大事件だ!ゲヒーーー!」

実際のところ、寒汰は  Windows 7 など持っていなかった。Windows 7 は立ち上がりが速いこととインストールの速さで有名あるが、Windows 7 を実際に使ったこともないのに知ったかぶりをする寒汰は真逆の勘違いをしていた。

コンピュータのことは一切知らないのに、バレバレの知ったかぶりをして恥をかく寒汰なのである。

.

なお、PC無知丸出しの寒汰が言う「立ち上げ」がインストールを意味するのか、OS の起動時間を意味するのかは不明である。ただいずれにせよ、Windows 7 のインストールも起動時間も速く、寒汰の言っていることは間違いである。

ついでに言えば「インターネットの表示」というのも無知丸出しの言葉である。この一言だけで寒汰がPCに無知であることがわかる。

さすがはIPアドレスの書き換えがされたなどという荒唐無稽な言い訳をする寒汰である。寒汰の妄想世界の中のPCは、我々が知る現実世界のPCとは真逆の要素を持っているのだろう。

.

.
.

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ  にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
.

.

PC の達人へのコメント

寒汰は何も知らないのに、知ったかぶりばかりする。

食についてもそう、旅行についてもそう、女遊びに関してもそう、ファッションについてもそう、経営についてもそう、カメラについてもそう、何もかもろくに知らない。

知らないどころか勘違いしまくり、大間違いだらけである。

ただ、寒汰は自分でも分かってないことを意味不明に書き連ねるので、門外漢の人間には「へー、よく分からないけど、この人は専門家なのかな」と勘違いする人もたまにいるのだ。

それこそが寒汰の狙いなのである。

ただし、専門家が見れば寒汰の書いていることはとんでもない知ったかぶりで、滑稽なほどに背伸びをしているのがよくわかる。

以前のエントリで書いたとおり、コンピュータについての寒汰の知ったかぶりも相当酷いレベルである。

PCについての正しい知識を少しでも持っている人間なら寒汰が書いているのがとんでもないホラ話というのがよくわかるだろう。

現に以下のようなコメントが寄せられているのでご紹介したい。

.

釧路在住者さんのコメント

ブログ記事の件、そうなんですよね。

いつものことなのですが、あの記事も全く意味不明でした。
だけど、あの記事に寒汰という人間の特徴のすべてが反映されていますね。
あれは自分がシッタカで嘘つきでPCの知識が全く無いアホであるということを暴露しているだけの記事ですね。

あのようなブログを頻繁に更新しても、自分の醜態を世間にさらし続けるだけですね。
これはまさにネット公開オナニー以外のなにものでもないです。

話は変わって寒汰ブログのコメントの件なのですが、通常、寒汰ブログにコメントがつくことはほとんどないですよね。
ですから、寒汰は釣りのコメントが1個ついただけでも大喜びしてこのような記事を書きます。
「コメントに返事ができなくてすみません。」
この一言が言いたいだけなんです。

つまり、これはどうゆうことなのかというと、

「いつもたくさんのコメントをもらっているが、俺、忙しくてコメントに返事できない。(俺、とても人気者、俺、スーパースター、俺、キムタクよりカッコイイ)」
「でも、俺、フィリピン旅行でとても忙しい。おまえらに返事するほど俺、暇じゃない。人気者の俺、とても辛い。」
「だけど、これ、フィリピンのネット環境のせい。だから俺、全然悪くない。でも、俺、たくさんの俺のファンに迷惑かけた。この件、俺のせいじゃないけど、俺、謝る。こんな俺、とてもカッコイイ」

…と、こんな意味になりますね。

全くその通りである。釧路在住者さんもお気づきの通り、寒汰はコメントが一つ入るとそれが釣りでも大喜びである。なぜなら自演のコメント以外は殆ど入らないからだ。

自演以外のコメントだと嬉しくて嬉しくて仕方ないのだろう。ついでに言えば、釣りが釣りだとわかる頭も無いようで、多くの場合、釣りコメントを入れてくれた人が私のところに苦笑じみた連絡をくれる。(寒汰と違って架空友人からの架空連絡ではないw)

こんな記事を書いて自己満足したかっただけなんでしょうね。
孤独な老人寒汰はコメントがつくとものすごく喜ぶようです。
例えそれが釣りやあらしやスパムコメントだったとしてもとても喜ぶようです。
だけど、そもそも釣りのコメントなんかに返事なんか必要ないわけですし公開の必要もないんですけどねぇ。
スパムコメントにたいして「返事ができなくてすみません。」って謝る必要はないのです。

「返事ができなくてすいません」には、もう一つ意味があると思われる。コメントが入らないことの言い訳なのだ。コメント承認制なのを逆手にとって「俺のブログ、コメントが入らないのと違う!俺が忙しくて承認する暇がないだけ!」と言い訳したいのだ。

自演コメントがバレバレでいつもバカにされるので、最近は自演もできず、コメントが激減してしまった寒汰の苦しい苦しい言い訳なのである。

あなたには、ほかに謝るべきことがたくさんあるはずなのです。
コメントの内容を見れば明らかに釣りでしかないのに彼にとっては貴重なコメントなのでそんなものまで大切にして公開するわけです。
そしてもうひとつ言えば、寒汰は最近、ほとんどの記事を削除しましたが過去のコメントは削除せずに大切に残していますね。

寒汰ブログには全くコメントが付きませんから、過去のコメントを全部消してしまうとコメントゼロのブログになってしまうので寒汰はそれを恐れているのです。

これは鋭い。自演と釣り以外、ここまで誰もコメントしないブログというのも珍しい。さすがは自ら「うんこブログ」(下品な表現だが、寒汰本人がそう呼んでいるのだから仕方が無い)と名乗るだけのことはある。

ただし、その「うんこブログ」にコメントが一切つかないのを明らかにするのが恥ずかしいのだろうw

なお、寒汰は過去のエントリを一旦全て非公開にしたようだが、文章をこっそり変更して徐々に公開設定に戻していっているようである。当寒汰リークスプロジェクトでは、寒汰がどのようにエントリを戻して行っているか、文章のどこを改変したかをきっちりモニターしていきたい。

57歳で本人もブログも世間の誰にも相手にされていないという現実。
それを直視するのが怖いんでしょうね。
2000件以上の記事を全部非公開にするというのはかなりたいへんな作業だったかもしれませんが、ちょっとだけしかない過去のコメントを消す作業は数分で可能なはずなんですけどね。
元になる記事がないのにコメントだけがしつこく残っているということに違和感を覚えるのは私だけでしょうか?

全くおっしゃるとおりである。寒汰の歪んだ人間性が露わになっている。

.

Eddy さんのコメント

【添削】 寒太くんへ

寒汰>ブログ記事は更新されているのに「コメントは確認していないのか?」というと、回線事情。

このような「意味が分からない体言止め」は、書いてはいけません。

「回線事情」が「どうなのか」を書かないと、何が言いたいのか分かりません

語尾をにごすのは、一般的に「自信がない人の特徴」だと言われています。

そして、多くの場合、いじめられっ子」の特徴でもあります。

気を付けましょう。

過去に何度か Eddy さんが指摘してくれているが、寒汰の気持ち悪い日本語には妙な自信のなさ、いじめられっ子の虚勢という特徴が随所にあらわれているのである。

寒汰>見れていても操作が完了できないこともあれば、

50代後半の人が、「ら抜き言葉」を使うのは、珍しいですね…。

こういうところに「知性が表れる」と言われますから、気を付けましょう。

いくら寒汰が背伸びをしても、明らかに知性がないのが文章の端々から伝わってくるのである。

そのアンバランスさゆえに人は寒汰に嫌悪感を持つのである。まあ、寒汰がそれを自覚できるならここまで他人に嫌われなかったであろうが。

寒汰> FC2版に関して言えば、FC2はよくパソコンを覗きにくるのです。

「FC2」が無駄に重複していますね。

この「FC2版に関して言えば」という一言は、無用です。

横文字を多用することによって、何となく自分の文章を権威付けしたい」という動機ならば、意図が分からないこともありませんが、国語の点は下がりますよ。

寒汰>「またかいな!?」です。
寒汰>「遠路、アメリカも経由して来ているのかい?」です。

この「セリフ+です。」という文体は、あなたの文章の特徴の1つですが、これも「述語抜きの体言止め」と同様に、間違った表現です。

「です」だけじゃ、何が「です」なのか分かりませんね。

「またかいな?」という気持ちになります。

これには爆笑w

「遠路、アメリカも経由して来ているのかい?」と、あきれてしまいます。

という風に、「きちんと述語を書く」ことが大切で、そうしないと「何も言っていないのと同じ」になってしまいますよ。

文章を書くときは、「言いたいことをきちんと決めてから書く」ことが大切です。

また、「わざと言いたいことを濁すことによって、自分の頭の悪さをごまかそう」などということを考えても、頭の良い人たちはごまかせません。
却ってあなたが恥をかくだけですよ。

この一文は見事に寒汰の特徴を言い表していると思う。そう、寒汰は文章を不明瞭にすることによって自分の頭が悪いのをごまかそうとしているのである。

ただ、国語力のある人間から見れば、寒汰が頭が悪いことも、必死でごまかそうとしていることもバレバレなのである。

素直に「自分の身の丈」で文章を書いた方が、好感度はずっと上がりますよ。

その結果、あなたにお友達ができるかどうかまでは、先生は保証できませんけれども…。

Chang Mi さん

私は大笑いしてしまいましたw
一番のポイントは、やっぱり「覗きに来る」ですね~
今時、中学生でもそんな発想ないと思うw中国共産党かっ!

しかも、通ぶって

寒汰>「またかいな!?」です。
寒汰> 「遠路、アメリカも経由して来ているのかい?」です。

だなんてwwww

笑いすぎてお腹痛いです。
FC2を何だと思ってるんでしょうね???

あと、「その場所での自分のIPアドレスと、コメント投稿者のIPアドレスから、その経路などを辿って行くと・・・」のところもすごく変!なんだそりゃ??

寒汰さんは自分でメールのアドレスの設定とか(フリーメールじゃない方)、できるんでしょうか?
この調子だと、POP3とか、SMTPの知識さえ怪しいです。

さすがは Chang Mi さんである。コンピュータ業界の人間ではないが、正確な知識を持っている。だから、寒汰がいかにおかしいことを書いているかよくわかるのである。

.

ひささんのコメント

小生は一応セキュリティベンダーで働いています。

最低限の基礎ぐらいは、お勉強して欲しい。
彼のPCなんか、きっとボット感染していても気がつかないし、関係無いのかも知れません。
一度仕込んでやろーーかな あはは。

本当に彼の言っている事は意味不明ですねwww
高校生以下です。

当方の商売的には、「ある意味嬉しい方」なのですが・・・。

寒汰のPCは、恐らく既にかなりウイルス感染しているようだ。寒汰が「PCが重い」というのは、寒汰が妄想するようにFC2が覗きに来るからでもなく(原理的にそんなことはありえない)、セキュリティソフトが働いているからでもなく、ウイルスが大量にマシンリソースを食っているから、という可能性が高い。

北朝鮮や中国のハッカーに踏み台にされている可能性すらあるだろう。

実は筆者は寒汰のPC の環境について少し調べたことがあるのだが、ウイルスが置いていあるサイトを寒汰が比較的よく開いていることがわかった。上記は仮説に過ぎないが、あたっている可能性は高いといえよう。

そんな寒汰のような無知な人間がいるからウイルスが繁殖する余地があり、セキュリティ会社に貢献していると思えば、寒汰にも少しは存在価値があるというところか。

.

最後に Eddy さんから寒汰への痛烈なコメントを再掲して本エントリの締めとしたい。

「わざと言いたいことを濁すことによって、自分の頭の悪さをごまかそう」などということを考えても、頭の良い人たちはごまかせません。

却ってあなたが恥をかくだけですよ。

.

.

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関してはを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ  にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
.

.