ゴールデンウィークの魔尼羅(マニラ)にて

今年のゴールデンウィーク中、魔尼羅の居酒屋ターフー(仮名)は、いつものようにフィリピン在住の常連客で賑わっていた。自称フィリピン・ベテランのくせに、タガログ語も英語もしゃべれず、一人ではタクシーにすら乗れなかった「吾人」寒汰が皆の嘲笑の対象になり、大いに盛り上がっていたが、その中心にはTOSHIYA氏(仮名)が居た。

.

20131017110629.mp4_000030200

(写真と本文は全く関係ありません)

TOSHIYA氏(仮名)「あの、寒汰の爺さんな、ほんまクッサイねん。前にワシも一緒にターフーに来たやろ?なりゆきで一緒に座ってやったんやけどな、あんまり臭いんで鼻がひん曲がるかと思うたわ。ガッハッハッハ」

TAKASHI「凄い!凄い!TOSHIYAさんは世界一話が面白い! サンタは世界一臭い!」

.

TOSHIYA(仮名)「ええか? 寒汰の魔尼羅盗撮バージン(仮名)ってブログあるやろ?あれのネタ元は実はほとんどワシやねん。寒汰の爺さんなんか英語もタガログ語もしゃべられへん。ワシがおらなタクシーも一人で乗れへんアホやで。ネタがあるわけないやろ。ワシが教えててやったネタを書いてただけやねんで。」

MAKOTO(仮名)「そうなんですか? でも、魔尼羅盗撮バージン(仮名)って評判悪いですよね。間違いだらけのブログで有名だし。」

TOSHIYA(仮名)「それはな、寒汰が悪いねん。ワシは何も間違ったこと言うとらへんで。あの爺さんがワシの話を勝手に勘違いして妄想で話を変えとるねん。あの寒汰の爺さんな、頭これやろ。(クルクルパーの手つきをする)。おまけにな、自分を大きくみせるために話を勝手に変えて嘘ばっかりかきよるねん。だから間違いだらけなだけや。ワシが間違ってるわけやないで。(急に声色を変えて)何やワシが間違いを教えたみたいに思われて嫌やわあ。ワシは悪ない。あの寒汰の爺さんが悪いだけやで。」

KAZUYA(仮名)「そうそう、TOSHIYAさんはいつも正しいこと言うてるよ。寒汰に迷惑かけられてるだけや。」

TAKASHI(仮名)「凄い!凄い!TOSHIYAさんは博識だ!寒汰は世界一の勘違い野郎だ!」

.

KAZUYA(仮名)「そういえば、この前、寒汰がカンボジアのGDPは、もうフィリピンを抜いたと言ってましたけど、あれもTOSHIYAさんが教えたんですか?」

TOSHIYA(仮名)「ああ、あれな。あれも寒汰の勘違いや。ワシが言うたんは、『このままじゃフィリピンのGDPはカンボジアに抜かれるで』言うただけや。もう抜いたなんて一言も言うてへん。それを寒汰が勝手に勘違いしよったんや。ほんま頭おかしい爺さんやで。ガッハッハッハ」

MAKOTO「今、ネットで確認してみますね。カンボジアのGDPは、2012年で、142億ドル。フィリピンは 2500億ドル。その差17倍。一桁以上フィリピンの方が大きいですね。一人あたりのGDPでも、まだ3倍近い差がありますね。寒汰の勘違いも甚だしいですね。TOSHIYAさんは間違ってない。」

TOSHIYA(仮名)「そやろ? まだ17倍も差があるのに、もう抜かれたと勘違いする寒汰がおかしいねん。一事が万事そうやねん。ワシは正しいことを教えてやっとるのに、寒汰が勝手に勘違いしてブログに間違いを書きよるねん。ほんまええ迷惑やわ。」

MAKOTO「僕は寒汰は普通のおっさんかと思ってました。」

TOSHIYA(仮名)「アホか!あれが普通のわけあるかいや!見た目からしてきっしょいジジイやがな。だいたいキチガイやで。あの寒汰の爺さんは普通やない。普通言うんやったら、普通のキチガイ言うことやな。あの爺さん、他に友達がおらへんから、ワシが仕方なしにつきあってやってただけでな、もう懲り懲りやで。だいたい、サンタは臭うてたまらんしな。(思いっきり嫌そうに鼻をつまむ仕草) ガッハッハッハ」

TAKASHI(仮名)「凄い!凄い!TOSHIYAさんは博識だ!寒汰は世界一の勘違い野郎だ!」

.

MAKOTO「TOSHIYAさん、プロの格闘家って本当なんですか?」

TOSHIYA(仮名)「ん… それはな、まあ、それも言うたらなんや、寒汰が悪いんや。ワシは大学でボクシング部やったけどな、別にプロの格闘家言うわけやない。ワシは正直モンやからそういう嘘は言いたない。まあ、今でも見た目はごついから、よう怖がられるけどな。ガッハッハッハ」

MAKOTO「どういう経緯で、プロの格闘家ってことになったんですか?」

TOSHIYA(仮名)「寒汰のジジイはな、自分を大きく見せよう思うて嘘ばっかりつくんや。プロペラキッド(仮名)言う本物の格闘家がおるやろ。あいつはワシの仲間なんやが、ワシとプロペラキッド(仮名)と寒汰の三人で居るときな、格闘技の話しとってん。寒汰はなあんもわからんから押し黙っとっただけやけどな、勝手に妄想しよったんや。ワシのこともプロの格闘家やと勘違いしたんやろ。ワシはちゃんと大学でボクシングやってただけや、言うてんねんで。あの爺さんが勝手に妄想しただけや。ワシが嘘をついたわけやない。ほんでな、あの爺さん頭おかしいからな、何かあったら、ワシと jet が寒汰を守ってくれるー、思たんやろな。その上な、自分までプロの格闘家やと思い込んでな、自分は古武道の師範格の一歩手前や言い出すねんで。あのたるみきった体のどこが師範格やねん。一目見たら子供でもあいつがド素人やわかるやろ。ほんま、脳みそわいとるで、あの寒汰の爺さん。ガッハッハッハッハ!」

20131018104922_mp4_000065700_copy-2

(写真と本文は全く関係ありません)

MAKOTO「ちょっと検索してみますね。あ、本当だ。魔尼羅盗撮バージン(仮名)の2009年1月19日のエントリ『姫の虎バホ退時? 店舗の外照明がすべて消されていました。【マニラKTV事情】』に書いてますね。」

私の流派は、(中略)一応、抜刀術、棒術、杖術、短剣と体技で闘って、辺りにあるものを武器として、腕が斬られれば喉や舌に食らいつき吸いついて噛み切って相手を絶命せ!の日本古武術です。心得としてやっていますが、師範格までには二段足りないのです。そんなわけで、(私は)上級者のおこちゃまの先生

TOSHIYA(仮名)「どこが日本古武術で抜刀術、棒術、杖術、短剣と体技で戦うやねん。あいつは喧嘩なったら隠れてションベンちびっとる小心者やで。子供でもわかる嘘ばっかり書いとるな、寒汰の爺さん。だからあいつは馬鹿にされるんや。ほんまお笑いやで。ガッハッハッハッハ!」

(※ 寒汰リークスメンバーの調べで、寒汰には一切格闘技経験がないことが判明している。臭皇に一時つとめていた従業員が日本古武術の道場に通っていたのだが、寒汰はその話を聞いて、自分が道場に通って、さらに師範格同然になったと妄想したようである。)

TAKASHI「凄い!凄い!TOSHIYAさんは世界一の格闘家だ! サンタは世界一の嘘つきだ!」

.

TOSHIYA「まあ、ワシは寒汰の出生の秘密を知ってもうたからな。」

MAKOTO「なんですか?その出生の秘密って?」

TOSHIYA「あの爺さんな、アイヌ人ハーフやねん。それを知ったのはワシが最初や。黙っててやろうおもたんやけどな、あいつが恩を仇で返すようなことするから、ついしゃべってもうたわ。まあ、ええやろ。事実やねんから。ガッハッハッハッハ!」

MAKOTO「寒汰は気に入らない人間がいると、すぐに朝鮮人よばわりしますけど」

TOSHIYA「あれはコンプレックスの裏返しやろ。あの寒汰の爺さん、アイヌやから子供の頃よっぽど朝鮮人にいじめられたんちゃうか。近親憎悪いう奴やろ。朝鮮人にいじめられた腹いせに、気に入らん日本人を捕まえては朝鮮人よばわりしよるねん。それにな、寒汰の爺さん、ざ・マニラ時代からネチッコイので有名やからな。ワシのことも逆恨みして陰で朝鮮人呼んどるんちゃうか。あんなアイヌ人に朝鮮人言われたら、ワシの由緒正しいご先祖様があの世で泣きそでたまらんわ。」

TAKASHI(仮名)「凄い!凄い!TOSHIYAさんは正統な日本人だ!寒汰は世界一下等なアイヌ人だ!」

(※ 誤解がないように書いておきますが、アイヌ人は下等な民族ではありません。TAKASHIが言いたかったのは、アイヌ人の方は高貴だが、寒汰個人が下等だということでしょう。)

.

TOSHIYA(仮名)「ほんま、寒汰はきっしょいジジイやけどな、もう一つ秘密があるねん。」

MAKOTO「なんですか?」

TOSHIYA(仮名)「ええか? 寒汰はな、ホモやで。」

KAZUYA「それ、聞いたことありますわ。」

TOSHIYA(仮名)「いや前にな、セブかどこかに寒汰の爺さんを連れて行ってやった時な、いつものように飲んどってん。ワシもだいぶ酔うてたんやけどな、寒汰のおっさん、なんかワシの体にベトベト触ってくるねん。」

MAKOTO「穏やかじゃないですね。」

TOSHIYA(仮名)「ほいでな、目つきも気色悪うなっとるんや。いや、もとから獣みたいなきっしょい目つきやけどな、もっと気持ち悪うなっとうねん。納豆みたいにねばりつきそうな目でワシのこと見てきてな、体ベタベタ触ってくるやろ。とどめはオカマ言葉や。あの爺さん、元からカマ臭いおもとったんやけどな、あの時のカマ言葉は真性やで。『いやん、ワタシ酔っちゃったわ、ウフン』とか言うてんねん。あのきっしょい怪獣みたいな顔した爺さんが『ウフン』やろ。さぶうなって一瞬で酔いが覚めたわ。」

MAKOTO「それでどうしたんですか?」

TOSHIYA(仮名)「どうしたもこうしたもあらへん。あんなきっしょいジジイ置いてすぐに部屋に帰ったわ。あれな、寒汰の爺さん、自分がどんなけ気色悪いか自覚ないで。あれで自分のこと色気あるオカマやと妄想しとるんちゃうか? あの怪獣みたいなきっしょい顔でな。ほんま、お笑い草やで。ガッハッハッハッハ!」

TAKASHI「凄い!凄い!TOSHIYAさんは男前だ!寒汰さんは世界一の気持ち悪いオカマだ!」

.

TOSHIYA「ターフーの料理はうまいけどな、寒汰の爺さん、何もわからんねんで。この前来た時もな、味のこと聞いたけど、何もまともに答えられへんねん。ここだけの話やけどな、あの爺さん、味覚障害やで。なーんも、味のことがわからんねん。逆に言えばな、味覚障害やから、何も考えんと味の素ぶちこんだラーメン作れて、あたったんやろ。あんなもん、ど田舎の釧路でしかあたらんけどな。現にあの爺さん、札幌でも失敗しとるやろ。あんな味覚障害が作るラーメンがまともな土地であたるかいや!」

MAKOTO「でも、寒汰の前ではTOSHIYAさん、寒汰のこと褒めてたじゃないですか。」

TOSHIYA「何言うてんねん。あれは嫌味や、い・や・み。あの味音痴の爺さん、なんにもわかっとらへんから思いっきり嫌味言うといたるんや。嫌味やとわからんと天狗になっとるねん、あの爺さん。なーんもわかってへんわ。自分もあれが嫌味や言うてわからんと、寒汰と同じレベルやで。ガッハッッハッハ」

TAKASHI(仮名)「凄い!凄い!TOSHIYAさんは味のわかる男だ!寒汰は世界一の味覚音痴だ!」

.

TOSHIYA(仮名)「しっかし、KTVほどつまらないもんはないで。大体、GROと凸凹するなんて出来レースに乗っかるだけの話や。誰でも簡単に凸凹できるー。やのに、寒汰の爺さんは赤井さんがGROと凸凹したってありきたりの話に激怒してたやろ?出来レースにろくにコミュニケーション力もクソもいらんのにな、あの寒汰の爺さんにはそれすら無理なんや。男のワシから見ても寒汰の爺さんは気持ち悪いし、臭いからな。寒汰の席についたGROは、いつもワシのとこ逃げて来よるねん。可哀想やからワシがいつも相手したるんやけどな。」

MAKOTO「寒汰はマニラに来てもSEXできないって本当だったんですか?」

TOSHIYA(仮名)「あの爺さん、いっつもSEX相手おらんで、泣いとるー。カッコ悪いから、表向きは『病気』や『女が好きやない』言うて嘘こいとるねんけどな。んなわけあるか! 毎日キチガイみたいにLAカフェ通うてポクポク探しとる爺さんが、女に興味ない言うて、子供でも信じひんで。それでも、誰にも相手にされてへんのが寒汰の爺さんや。いい年こいた寒汰の爺さんがオナニーに夢中なのには理由があるんやで。ガッハッハッハッハ!」

MAKOTO「TOSHIYAさんは、寒汰が臭皇の店内で毎日従業員にみせびらかしながらオナニーしてるのを知ってたんですか?」

TOSHIYA(仮名)「いや、さすがに知らんかったわ。でも、あのキチガイの爺さんならやってるやろ。話聞いてすぐにピンときたで。ほんまやろなと、わかったわ。ほんま、頭おかしいで、あのキチガイの寒汰の爺さん。ガッハッハッハッハ!」

TAKASHI「凄い!凄い!TOSHIYAさんはSEXの達人だ!寒汰さんは世界一のオナニストだ!」

.

TOSHIYA「今はな、おねえちゃもネットで探す時代やで。デートインアジアなんか入れ食いや。時代についてこれへん寒汰は未だに LA カフェに妄想しとうけどな。だいたい、LA カフェに純情娘が来るかいや。あの爺さん、脳みそに蛆わいとうで。ガッハッハッハッハ!」

MAKOTO「TOSHIYAさんは、デートインアジアでも、いい子をいっぱいひっかけてますもんね。」

TOSHIYA「まあな。寒汰の爺さんがワシの真似してデートインアジアを使うても、あのキモい顔やろ。おまけにタガログ語も英語も全然できひんからな、お姉ちゃんひっかけるんなんて夢のまた夢やで。だいたいあの爺さんがマニラでお姉ちゃんと話す時は、ワシがいつも通訳してやってるんやで。そのうち、ワシにコレ(腰を動かしてSEXのふりをする)の通訳までやってくれ言うて、頼みにこられてもたまらんで。ガッハッハッハ」

MAKOTO「寒汰は英語やタガログ語はできないけど、コミュニケーション能力があるってブログで書いてましたけど」

TOSHIYA「それは、お・お・う・そ。真っ赤な嘘やで。あのな、語学と別のコミュニケーション能力があるのは、寒汰ちゃうで。ワシの事や。言うたら何やけどな、ワシはタガログ語も流暢やし、英語も結構できるー。でもな、それ以前のコミュニケーション能力がワシは高いねん。だから、デートインアジアでもええお姉ちゃんを捕まえれるんや。それはワシを見てたらわかるやろ。それをな、寒汰に話たったらな、あの爺さん勘違いしよるねん。コミュニケーション上手なんは自分なんやと妄想してブログに書きよるねん。あの爺さんは英語もタガログ語もできひんけど、人間として根本的なコミュニケーション能力がかけとるねん。フィリピンやタイを連れいってやって、ワシとの違いは嫌言うほどわかっとうはずやのにな。ほんま、勘違いの能力だけは一流やで、あのキチガイの寒汰の爺さん。ガッハッハッハ」

TAKASHI(仮名)「凄い!凄い!TOSHIYAさんはコミュニケーションの達人だ!寒汰は世界一の勘違い人間だ!」

.

TOSHIYAさんとフィリピン在住の常連客たちが、寒汰の異常で滑稽な様を嘲笑う楽しげな声は、夜更け過ぎまでターフーで絶えることなく、それが3晩続いたのであった。

.

Slide1

20111106101509_01-4

20111106101509_03ex-9

20111106101509_04-3

20111106101509_05-5

(写真と本文は全く関係ありません)

「ゲヒヒヒ。俺は正義の味方じゃから、いくらでも他人に迷惑をかけてもいいんじゃよ。他人に迷惑をかけると俺は気分よくなるんじゃよ。俺が歩道を占領する形で駐車したせいで、子供が交通事故にあっても俺に責任じゃないんじゃよ。俺が無料で駐車できる方が大事なんじゃよ。俺は無料で他人のものを利用するのが好きだし、他人に迷惑をかけると、たまらなく気分がよくなるんんじゃよ。どうだ? 俺は賢いだろう?俺は偉いだろう?俺を尊敬しただろう?ゲヒーーーッヒッヒッヒヒ」

20120607160740-1

(写真と本文は全く関係ありません)

寒汰は今日も、マニラ・エルミタの援交カフェ、マニラベイカフェ(MBC あるいはLAカフェ)に居座りながら奇っ怪な声をあげていた。

勾践(こうせん)氏(仮名)や周囲の人間は眉をひそめながら、この狂人を嘲るように見下ろしていた。

22s

2011_10_15_1111-02

(写真と本文は全く関係ありません)

.

.
.

寒汰の迷惑行為による被害者一覧

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

寒汰と寒汰物語に関する疑問があれば、こちらを御覧ください。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

大虎の秘密の新メニュー、猫又ラーメンについてはこちらを御覧ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

赤井さんの帰国

緊急入院していた赤井さんですが、連日の透析の結果自力歩行できるまでに回復し先週金曜日の便で日本に帰国しました。

大虎名物、寝たきり男、4000人切り、寒汰に唯一負けた男として数々の伝説を残してきた赤井さんですが今までの不摂生がたたったのか、汚い凹を食べ過ぎたのか、こういうことになってしまいました。

ただ無事に日本に帰って、今後日本できちんとした治療を受けられるのは何よりです。

寝たきり男のネ申技がマニラでもう見れないかと思うと残念ですが、また元気になっていつかマニラにまた戻ってくる日が来ることをMBCのポクポクたちと共に祈っています。

なお、赤井さんカンパにご協力いただいた皆様、大変ありがとうございました。全員が匿名希望だったので、お名前は明かせませんが、少なからぬ額のカンパが集まりました。

赤井さんに代わり、この場で御礼申し上げます。

.

.

「臭橋◯至、高橋◯至、臭橋◯至、高◯順至、臭橋順◯、◯橋順至、高橋◯至!臭橋順◯はネットオタクで凄い!」寒汰は今日も、釧路町木場にあるホーマックで千枚通しを買いながら奇っ怪な声をあげていた。

勾践(こうせん)氏(仮名)や周囲の人間はまゆをひそめながら、この狂人を嘲るように見下ろしていた。

.

.
.

寒汰の迷惑行為による被害者一覧

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

大虎の秘密の新メニュー、猫又ラーメンについてはこちらを御覧ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

臭色ラーメン試食会レポート

先日、大虎で行われた臭色ラーメン試食会の様子を参加者の方々がレポートくださったのでご紹介したい。

アンヘレスから駆けつけてくださった真中足長親父さんのレポート

いやー、行っちゃいました。シュッテルは面倒なので、ビクトリーでパサイに行き、加齢臭を消すためAirforce One併設のイロハ浴場で(中)汗を流してから、大虎に向かいました。

本当に久しぶりのマラテの夜、飲んだのは21年ぶり。現メイヤーであるフレッド・リムが男のオアシスを破壊する前に行ったのが最後ですから。浦島爺さんとなってしまいました。

猫又ラーメン、大将曰く発展途上という事ですが、十分にお金を取って食べれるマニラでも上位に行くラーメンだと思います。でも、探究心のある頭の切れる人は日夜味が進歩して行く事でしょう。猫又改め行こ又ラーメンではないでしょうか。

ただ、あの富士食品の白豚湯スープは(そのままでは)いただけません。大将がスープだけお湯で溶いて試飲させていただきました。九州風と書いてありましたが、あんなの全然九州風ではありません。化学調味料が効きすぎ、塩がきつい、色が異様に白いと凄いスープです。あの後、暗黒喫茶でコーラ飲んだら完全に味が変わってしまいました。舌が科学調味料で麻痺したんですね。

化学調味料が大量に使用されているという白豚湯スープだが、釧路臭皇では、そこに更に山盛りの味の素を加えるという。味は人の好みとは言うものの、そこまで化学調味料まみれにするのには常識を疑ってしまうのは筆者だけだろうか。なお、寒汰は味の素を常に持ち歩き、何にでも味の素を大量にぶっかけて食うと本人がブログで書いている。

きさんー、なんば言いよっとか!あげなもんは豚骨とは言わんバイ。なんがカナダ産かー。富士食品は安かカナダ産豚骨を買っとーかもしらんが、安かけんばい。珍豚獣風といわんかー!こんどあげなスープを飲ませたら、きさーん、くらっそう!

大将が苦労して作ってもろたらーめんは熊本ラーメンに近かような気がするばい。あぎゃんスープで800円もようとりんしゃーね。熊本でそぎゃんことしたら恐ろしかばい。客が金ば返せーちゅうて、石ば投げて来るバイ。釧路ん人はやさしかねー。

かっごまラーメンのごたーが、味がちがいもんそ。黒豚骨、カツオ節で出汁とらんとだいもくいもさん。おまんさーは人を馬鹿にしもはんか。釧路ん人はおごじょんよな人ばっかいじゃもんそ。あげんなラーメンスープを天文館でだしたら暴動がおきもんそ。

見事な九州弁の使い分けで、臭色ラーメンの評価をしていただいた。博多でも熊本でも鹿児島でも寒汰の自称トンコツ臭色ラーメンは受け入れられなさそうである。

最後に大虎デビューの私目は赤井師匠に紹介された時、名前がよく聞こえなくて普通のお客さんと思ってしまいました。今度大虎訪問の際にはまた挨拶をさせていただきます。

昨晩お会いした方々、そしてPlastictakataさん、楽しい時間ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

sarisari さんのブログエントリもご紹介しよう。

大虎試食会 その1

大虎試食会 その2 から一部抜粋

PL学園1年生の桑田、清原をはじめて甲子園で見た頃を思い出すような別格感で(なんのこっちゃ(^-^; ) 並み居る強豪を抑えて大活躍中の大虎です。

その大虎で北海道道東地区にあるとんこつの匂いが店からまったくしないしかしとんこつラーメンが売りの不思議な繁盛店の味が再現できそうなので来ませんかと某ソーシャルネットワーク経由でお誘いを受けまして、当然大虎に出かける猫好きであった。

大虎試食会 その3と頑張ろう釧路の基地外 から一部抜粋

大虎の店主がいまいち納得されなかったので味を改良です。寒汰研究班には東京や京都や福岡などでまっとうな会社で勤められている方なども参加されております。そういう方からみてもおいしいといいながら食べるような味でマニラで250ペソならこれで十分すぎますよと凡人の猫好きは思いますが、あさりから来る塩っぽさのようなのが若干気になったようで、まだこれでもだめだと。

日本のラーメン専門店でもこんな市販品を溶いて市販のトッピング入れて客も店主も満足して俺は食の専門家なんじゃよゲヒヒなどとやってるとこもあるようですし。それで800円

大虎のとんこつラーメンは220ペソです。上の新作ラーメンでも250ペソ。マニラの居酒屋というかいろいろメニューのある食堂になっておりますが、マニラのラーメン専門店でない大虎より高くて手の込んでいない日本にあるラーメン専門店ってなんなんだろ

大虎試食会 その4

なにやら怪しげな缶があいてます。これぞ学歴社会、企業社会、恋愛社会の負け組みで極貧家庭出身の田舎者。友達も誰も居ない寒汰を一時期フィリピン買春界のスーパースター、フィリピンブログ界のエースなどに格上げした奇跡の一物です。

(sarisari さんのレポートは他にも楽しい内容がたくさん書かれているが、上記以上の内容については直に sarisari さんのブログを御覧いただきたい。)

真中足長親父さん、sarisari さんのレポートにもあるように、現状の猫又ラーメンでも十分美味しいし、釧路の基地外ラーメンよりよほど美味しいと思われるのに、そこに満足せず、さらに味を改良する大虎のオヤジさんの心意気に職人魂を感じる。

大虎のオヤジさんの料理の腕の良さはもはや万人の認めるところだが、ラーメンを作らせてもうまい。寿司を握らせても寿司職人並。

しかし、こんな本物の食の達人に対して、偉そうに説教した男が一人だけ居る。

あまりに身の程知らずなその男の逸話を紹介して本エントリの締めとしたい。

.

2011年6月、その男は大虎に突然押しかけてきた。道案内を頼まれたパサイの有名日本料理屋のオーナーマグロ子おばちゃん(仮称)は露骨に嫌そうに、そして大虎店主に申し訳なさそうな顔をしながら入ってきた。

そんな周囲の冷ややかな空気も一切無視して、この男は言い放った。

「ゲヒヒヒ。俺は食の達人なんじゃよ。臭橋◯至、高橋◯至、臭橋◯至、高◯順至、臭橋順◯、◯橋順至、高橋◯至!臭橋順◯は食の達人で凄い!」

何度も何度も大声でガナリ立てる男であった。

そして、「おい!オヤジ、ラーメンを食わせろ。俺はな、ラーメンの達人なんじゃよ。ゲヒヒヒヒ」と偉そうに言い放った。

大虎店主はラーメンを用意しながら謙遜してこう言った。「うちは専門店ではありませんので、思うように行かない部分もありますが。」

すると男は汚らしくグッチャグッチャと下品な音をたてて食い散らかしながらこう言い放った。

「ゲヒヒヒヒ。ラーメンはな、うまければいいんじゃよ。うまければな! お前のラーメンは専門店でないくせにうまいなな。ゲヒーッッヒヒヒヒヒヒッヒヒヒ」

ラーメン専門店なのに富士食品製の白豚湯スープをそのまま使っているだけで、食のことは一切何も知らない上に、信じがたいほどの味覚障害の男に上から目線で『専門店でないくせに』うまいと言われて大虎店主は少しムッとしたようであったが、そこはさすがに大人。怒りをじっと堪えていたように見えた。

すると男は調子に乗って数時間、店内であの野太い声で怒鳴り散らした。

「俺は食の達人なんじゃよ。臭橋◯至、高橋◯至、臭橋◯至、高◯順至、臭橋順◯、◯橋順至、高橋◯至!臭橋順◯は食の達人で凄い!ゲヒーッッヒヒヒヒヒヒッヒヒヒ!」

そのあまりの基地外ぶりに店内にいた人々は皆青ざめたという。

.

読者の皆様も機会があればぜひ釧路臭皇の臭色ラーメンと、マニラマラテ大虎の猫又ラーメンを食べ比べていただきたい。

同じ富士食品製の白豚湯スープを使っていても味の差は明らかである。

店主の料理人としての腕の差があまりに違いすぎるからである。

それにしても、専門店なのに一般料理店に完敗するとは自称食の専門家なのにプライドも何もないようであるが、そこが寒汰の寒汰たる所以だろう。恥じらいもプライドも腕も何もないのである。

(注: 上記にあるように大虎の猫又ラーメンは店主様がいまだ改良中で、お客様にお出しするには店主のプライドが許さないレベルではないそうです。一般客にお出しできるにはもう少し時間がかかるようです。)

.

.

「臭橋◯至、高橋◯至、臭橋◯至、高◯順至、臭橋順◯、◯橋順至、高橋◯至!臭橋順◯はネットオタクで凄い!」寒汰は今日も、釧路町木場にあるホーマックで千枚通しを買いながら奇っ怪な声をあげていた。

勾践(こうせん)氏(仮名)や周囲の人間はまゆをひそめながら、この狂人を嘲るように見下ろしていた。

.

.
.

寒汰の迷惑行為による被害者一覧

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

大虎の秘密の新メニュー、猫又ラーメンについてはこちらを御覧ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

大虎で伝説のラーメンをついに再現

マラテの有名日本料理屋、大虎に本日ついにあのメニューが加わる。

あの伝説的なラーメンを大虎店主が工夫に工夫を凝らして再現したものである。

そう、釧路の鼻つまみ者、寒汰(仮名)が経営する臭皇(仮名)の臭色ラーメン(仮名)の再現である。

カナダ産の豚を特別に輸入したと偽り、実は富士食品の白豚湯スープをそのまま使っているだけのラーメンであるが、意外にも釧路での評判は悪くない。

富士食品が科学の粋を尽くして作っただけあって、豚骨の臭さが全くないトンコツスープは万人に受け入れられやすい味である。

臭色ラーメンは異常なまでの経費節約のため、井戸水を使ったり、寒汰(さむた)自身が臭い汗をかきながら麺を打っているのだが、大虎では衛生面を考慮してきちんとした麺を用意している。

このラーメン、大虎でのメニュー上での名前は猫又ラーメンである。

.

Â

全人類の女性から一切相手にされず、猫の股で性欲を解消しようとしている釧路のキチガイ、寒汰(さむた)に敬意を評しての命名である。

この伝説の猫又ラーメンを作るにあたって最も苦労した点を店主に聞いたところ「どう頑張っても、釧路の臭色ラーメンより美味しくなってしまう」ことだったそうだ。

富士食品製の白豚湯スープをそのまま使っているのにどうやっても味に差が出るのは、店主の腕の違いと言ってしまえば身も蓋もないだろうか。

そもそも、食のド素人もド素人、何一つ知らない寒汰と、マニラの中でも指折りの腕を持つ大虎店主では天と地ほどに開きがある。同じ富士食品の白豚湯スープを使っても、大虎の猫又ラーメンの方がはるかにうまいのも当然すぎることだろう。

なお、釧路の臭色ラーメンは800円という、釧路の物価を無視したとんでもない価格だが、大虎の猫又ラーメンは250ペソと良心的な価格設定である。このあたりの値段の違いにも店主の人間性が如実に現れている。

(プロのイラストレーター林静一先生の和装美人画という素晴らしいイラスト)

大虎では、プロのイラストラーター林静一先生の和装美人画という素晴らしいイラストを無断使用することはないし、ココリコの黄金伝説を勝手にパクったポスターも使わないそうだ。またJALのラウンジからくすねてきたおしぼりや、地元のKDS自動車学校のティッシュを勝手に使うこともないそうである。

.

富士食品の科学力と大虎店主の腕により、オリジナルの釧路・臭色ラーメンよりはるかにうまく出来上がってしまった猫又ラーメン、本日5月4日より大虎にてデビューである。

猫又ラーメン」あるいは「臭色ラーメン」「キチガイラーメン」「SANT◯ラーメン」と言っていただければ通じるようになっている。

なお、現在まだ味の調整中であるので、お出しできない場合もあるがその場合はご容赦いただきたい。

.

.

.

「臭橋◯至、高橋◯至、臭橋◯至、高◯順至、臭橋順◯、◯橋順至、高橋◯至!臭橋順◯はネットオタクで凄い!」寒汰は今日も、釧路町木場にあるホーマックで千枚通しを買いながら奇っ怪な声をあげていた。

勾践(こうせん)氏(仮名)や周囲の人間はまゆをひそめながら、この狂人を嘲るように見下ろしていた。

.

.
.

寒汰の迷惑行為による被害者一覧

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

匠の技

匠という名の男がいる。彼は日々、マニラベイカフェに通い寒汰の調査を行なっている。

寒汰が「ゲヒヒヒ、お前、5千ペソでどうだ?」とオファーしても必死で断る売春婦も、この匠には「千ペソでいいから生で中田氏して!」とせがむ。そして、いったん匠になついたポクポクたちは匠から離れようとしない。手切れ金を渡しても匠からは離れて行かないのである。

念の為に言っておくが、匠は茂雄のような若いイケメンではない。男臭さのただよう「いい男」ではあるが、もう中年である。それでも、売春婦たちが生で中田氏をせがんでくるのである。

(茂雄の悪魔のような所業についてはこちらのエントリをご参照いただきたい。女にモテる秘訣 I  )

生で中田氏したくてしたくて仕方ないのに、誰も生で中田氏させれくれない寒汰が知ったら真っ赤な顔をして怒鳴り散らしながら怒りそうである。いや、寒汰はすでに知っているから匠のブログを荒らしたり、匠の店に嫌がらせをしているのかもしれない。

マニラベイカフェにいるポクポクもウェイトレスたちも、なぜ匠の生中出しを喜ぶのか? その理由はただ一つ、匠の技にあるのである。匠は経産婦殺しと呼ばれる巨根をもっているが、その巨根よりもその巨根を見事に使いこなす技が匠の匠たる所以なのである。

寒汰の架空潮吹きと違い、匠は巨根だけで本当に潮を吹かせることができる。その匠の技の一端とエピソードを紹介したい。

.

Â

ある日、匠の家にマニラ・ベイカフェのポクポク4人がやってきた。ポクポク4人は言った。「泊めてくれたらただでやってもいいわよ」

匠はまず、そのうちの一人と凸凹した。次に二人目としようとしたら2000ペソだと言われた。そこで仕方なく最初の一人と2回目をした。

これで無料のはずだが、約束が守られないのがフィリピンの素晴らしいところである。結局匠は一人500ペソを請求された。

ただ、凸凹した女まで500ペソ請求するのはおかしいと匠は憤った。

「お前は4回逝ったけど俺は一度しか逝っていないだろ!」と匠は主張すると女は4回逝ったのを認め500ペソの請求を取り下げた

持つべきものは匠の技である。

一般の男は凸凹すればするほど金がかかるが、匠の場合は、凸凹すればするほど金が浮くのである。

現在、彼の悩みはコンドの場所を知られてしまい、女がムラムラするといきなり来てしまうことである。

特に匠の技を覚えてしまったマニラベイカフェの J は毎晩のように匠のコンドを訪れていた。

 匠が相手をしなくなると、Jはシャブをとりあげられたシャブ中のように狂い、Facebook で匠のガールフレンドの Wall にキチガイじみたコメントを書き始めたのは知る人ぞ知る逸話である。

J はよく言っていた。「だって匠のSEXはめっちゃ気持ちいいんだもん」

マニラベイカフェの売春婦にさえ裸足で逃げ出される寒汰が聞いたら「そんな話が本当にあるわけがない」と怒鳴り散らしながら怒りそうである。

なお匠が数カ月前、引越しをしたのはJやその他の女が毎晩きてうざいから、というのは公然の秘密である。

.

筆者が匠氏から教えてもらった技を一つ紹介しよう。正常位で行うとき、女の腰の下に枕を1つ下2つほど入れ、脚を伸ばして開脚させ、その足首をもったまま動かすのである。

動かすときには凸のカリがGスポットをこすることを意識するように動かす。

筆者も匠氏に教わってから嫁で試してみたが、たしかにこれは反応が違う。嫁も大喜びである。

残念ながら匠氏のように凸だけで潮吹きさせるまでに至ってはないが、大洪水になるのは確かである。

読者の方もご興味があれば試してみるといい。最初は動きがいまいちわからないが、だんだんカリであそこをひっかく感じがわかってくるはずである。

なお、生身の女からはことごとく嫌われ、裸足で逃げ出される寒汰は匠の技を試す前に生まれ変わるほうが先決だと思える。

ともあれ、匠の技のお陰で筆者の家庭も平和が保たれている。匠氏には様々な面でお世話になっている筆者であるが、この匠の技を伝授いただいたことには特に深く感謝したいと思う。

.
.

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関してはを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ  にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
.

.

臭皇スープのレシピ

寒汰は信じがたいほどに味音痴である。カレーとピーナッツの味の違いすら区別がつかず、フィリピンでとれる魚は全部ラプラプと言う一種類の魚と思っており、水牛の肉に脂をさせば高級和牛の肉になると思ってるほどなのだ。

味が濃ければなんでも旨いと思い、薄ければなんでもまずいと思う寒汰は味覚がほとんどなかった。帯広の極貧の卑しいアイヌ人家庭に生まれ(アイヌ人が卑しいという意味ではなく、寒汰の家が卑しいという意味)、母親の貞子からさえ忌み嫌われてろくに食べ物も与えられなかった寒汰は味音痴というより味覚障害と言うべきかもしれない。

しかし、疑問がわく。そんな味音痴の寒汰がなぜ成功したラーメンチェーンのオーナーなどやっていられるのだろうか。いくら本店店長の新田さん(仮名)が全て仕切っているとはいえ、味覚障害の男が飲食店チェーンを成功させることが可能なのだろうか。

さらに、寒汰は異常なまでのドケチである。臭皇ラーメンは800円という地方都市にしては法外な値段設定であるが、ドケチの寒汰が800円の値段にふさわしい味を実現できるのだろうか。

その答えは、単純極まりなかった。

臭皇は、自前でスープを作ってないのである。富士食品の白豚湯スープという市販製品を薄めて使っているだけなのだ。

これなら時間もかからない、手間もかからない、金額も安くつく、さらに何より味が安定しているのだ。臭皇ラーメンのスープはトンコツ味なのに豚骨臭が全くない。当たり前である。工業製品である白豚湯スープを使っているからである。

実はこの白豚湯スープを使うようになった理由は味ではない。節約だった。ラーメン屋の経費の中でバカにならないのがスープを作る際のガス代である。大量の水を長時間にわたり温めつづけないといけないラーメン屋はガス代が非常に高く付くのだ。

水代さえ惜しんで井戸水を使い、従業員が店で携帯を充電する(値段にして数円程度であろう)だけで「電気代を払え」と怒り狂う寒汰(さむた)である。ガス代もまともに払う気はなかった。

そこで、白豚湯スープなのである。味のことは一切考えず、安くするためだけに白豚湯スープの導入を決めたのである。

.

ところで、意外としられていないことだが近年の市販製品の味の進化は凄まじい。科学の粋を尽くして作られる食製品は、万人が食べて美味しいと思うようにできているのだ。手作りにこだわっていた店が、市販製品をそのまま出すように切り替えたら「うまくなった」「劇的に美味しくなった」と評判があがった話はそこら中にあるようである。

今や、シェフが腕を凝らしてつくる食べ物と遜色ないレベルの味が工場で作られるようになってきているのだ。

もちろん万人向けの味付けに調整されるため、とんがった味はできないし、味覚の鋭い人には味の凡庸さ、MSG の多用は見ぬかれてしまうが、現実のところ、そこまで味覚の鋭い人はほとんどおらず、大抵の人は工業製品の方をうまいと思うようになっているのだ。

一方、店の方はそれとわかっていても、なかなか工業製品をそのまま使うのはためらうようである。特にプライドのある店主ほどそうである。たとえ工業製品を使うとしてもそこに自分なりのオリジナリティを加えなくては我慢ならないのだ。そこが各店の創意工夫のしどころであり、プライドのみせどころである。

しかし、一切プライドというものが存在しない寒汰はどこの店もやっていない、市販製品をそのまま使うという暴挙を平気で敢行したのだった。そして幸運にもそれが味の面でも大成功だった。市販製品はそのまま使う方が普通の人はうまいと思うのだ。

とんこつラーメンなのに豚骨臭が一切しないのも、かえっていいと思うのが普通の人なのである。

結果、寒汰の経営する臭皇は大成功を収めた。

.

そしてその臭皇名物、臭色ラーメンのスープのレシピを入手したので、それを公開したい。

臭色ラーメンのスープのレシピ

  1. 野菜スープを作る (これはラーメンのスープの基本)
  2. 別のナベに白豚湯を1/3位と野菜スープを入れる。
  3. どんぶりに醤油ダレ、グルソー 小さじ1杯 、 ラード適量 、塩少々を入れスープを注ぐ。
  4. 麺を入れ、トッピングをして出来上がり。

たったこれだけである。

(協力者が作って下さった臭皇の臭色ラーメンのコピー)

普通の店なら野菜スープが出来た後、独自のスープを作るのにトンコツを煮込んで最低でも半日はかけてつくるのだが、臭色ラーメンの場合は2,3分で終了である。

しかもガス代はほとんどかからない。早い、安い、うまい(味覚が凡庸な人には)、言う事なしである。さらに自家製のスープと違って、白豚湯スープは冷蔵庫にいれておけば、相当長期間日持ちがする。偶然とはいえ、これをなしとげたところが寒汰のえらいところであろう。

さらに、臭皇では臭色ラーメンのトッピングもほぼすべて市販品をそのまま買っている。その方が安いからである。

なお、上の写真は当ターヘルサムタピアプロジェクトの協力者の方が上記のレシピに基づいて作った臭色ラーメンのコピーである。

下の臭皇のオリジナルの臭色ラーメンの写真と比べていただきたい。そっくりだと思うのは筆者だけだろうか。

(寒汰の店、臭皇の臭色ラーメン)

なお、この協力者の方に試算してもらったが、通常800円程度のラーメンであれば、原材料費は150円から200円ほどになる。それがこの臭色ラーメンなら50円は確実に切れるそうである。

800円のラーメンで原材料費が50円。通常の1/3以下。これでは儲からないほうがおかしい。経営の概念が一切わかっていない寒汰だが、この利益率では儲かるはずである。

ドケチで味が一切わからないのが功を奏した幸運とはいえ、寒汰の生涯最大のホームランはこの市販製品スープをそのまま使う臭色ラーメンであることには間違いないだろう。

なお、富士食品の白豚湯スープは富士食品から直接買うことができる。450g缶が4缶がミニマムオーダーで3400円である。(この白豚湯スープをフィリピンに送って、寒汰からの酷い攻撃に晒されているマラテの大虎でも臭色ラーメンを作って提供してもらうよう現在、交渉中である。)

.

ドケチで味がわからないがゆえにかえって成功した寒汰。もっとも一切努力せずに成功したため、自分の中身のなさに自信が持てず、寒汰の精神が不安定になり性格がより異常になったのだが、それについてはまた別の機会に詳しく説明したい。

ともあれ、この白豚湯スープをそのまま使った臭色ラーメンのことを考える度に、筆者は寒汰に妙に感心してしまうのである。

.

なお、上記のレシピでラーメンスープの基本、野菜スープの作り方を省略したが、野菜スープの作り方の例は以下のようなものである。(臭皇ではこの手順もかなり簡略化している)

材料 ニンジン1本 玉ネギ 大1個 生姜 10g キャベツ 半個 長ネギ3~4本 ニンニク半個こんぶ10g

花かつお 10g 背油 150g

*水(3L)から各野菜を入れる ニンジン1本 そのまま入れ、玉ネギ1個、皮をむいて入れる

キャベツ半個、生姜はスライスしたものを10g、ニンニク半個を1/2にして入れる。

長ネギを適当な長さにして入れ、こんぶ10g、背油150gを入れ、火をつけ強火で

沸騰してから中火、弱火にする。(水はアク取りしながら常に足す)

2時30分位煮込む こんぶは数分で取り出す。

*花かつおは沸騰してから10gを入れ数分で取り出す。

*背油はヤワヤワになる位まで

*背油は金アミでこす。(スープの中で)

*野菜を全て取り出す。

富士食品の白豚湯(ばいとんたん)スープの注文の仕方については、GAGAさんのコメントをご覧いただきたい。

臭ラーメンを自作したい方へw

ホームページには白豚湯は出ていません。ホームページに出ている電話番号に直接電話をかけてご注文ください。

http://www.fuji-foods.co.jp/product_home/index.html

450グラム缶×4で3400円(送料込み)でした。けんとさんの話だと冷凍によって長期保存が可能みたいです。只みたいなコストで釧路の有名店よりずっと美味しい味が簡単に出来るはずですよw

.

.

「臭橋◯至、高橋◯至、臭橋◯至、高◯順至、臭橋順◯、◯橋順至、高橋◯至!臭橋順◯はネットオタクで凄い!」寒汰は今日も、釧路町木場にあるホーマックで千枚通しを買いながら奇っ怪な声をあげていた。

勾践(こうせん)氏(仮名)や周囲の人間はまゆをひそめながら、この狂人を嘲るように見下ろしていた。

.

.
.

寒汰の迷惑行為による被害者一覧

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

ネットオタクの英雄

今から遡ること数ヶ月前、マニラはマラテの日本料理店、大虎で寒汰は叫んでいた。

「俺はネットオタクなんじゃよ。高◯順至は、ネットの天才なんじゃよ」

寒汰はネットの天才どころか、IPアドレスとドメイン名の区別さえついていなかった。また、コンピュータのアーキテクチャもネットの仕組みも全く理解していなかった。

(寒汰のネット音痴ぶりについては、フィリピンサイト「あ・魔尼羅(マニラ)」(仮称) の崩壊 I 及び

フィリピンサイト「あ・魔尼羅(マニラ)」(仮称) の崩壊 II を参照いただきたい。)

「FC2が俺のPCの中身を覗きに来ている!だからPCが遅いんだ!」と、わけのわからないことを口走る(詳細は「PCの達人」を参照されたい。)ほどなのだ。

寒汰が知っていることといえば、ゴールド氏(仮名)にお情けで教えてもらったネットの荒らし方が関の山だった。

荒らし方は覚えたが、コンピュータの知識そのものはゼロに等しい寒汰はざ・まにら、「パライソ」(仮名)双方の掲示板をさんざん荒らしまわるようになっていた。

しかし、コンピュータの知識がゼロに等しい寒汰は寒汰はお粗末にも自分のドメイン名(IPアドレスと寒汰が呼称しているがIPアドレスではなくて、ドメイン名の間違い)をしっかり残していた。

当時の記録を公開しよう。

  • ざ・マニラでの荒らしが残したドメイン名: 48.82.229.210.airh.alpha-net.ne.jp
  • 「パライソ」での荒らし書き込みで残されたドメイン名: 48.82.229.210.airh.alpha-net.ne.jp
  • 寒汰が自分の名前で書き込んだ際のドメイン名: 48.82.229.210.airh.alpha-net.ne.jp

この三つが一致するということは、ざマニラ、「パライソ」の両方のサイトを荒らしていたのは寒汰という動かぬ証拠である。

ここまではっきりした証拠を付きつけられた寒汰は焦りに焦った。パニックになったと言ってもいいだろう。頭が破裂しそうになった寒汰は、2005年6月29日に「[ ざ・マニラ ]で、今何がおきているのか?ー6・27アラシの真相」と題したブログエントリで支離滅裂なことを書いている。

寒汰が焦りまくっていることだけは伝わってくるのだが、あまりに長文で意味不明なので、引用は最後の部分だけにさせていただく。

「パライソ」会員板でアラシ特定情報募集の書込みに、「あ・魔尼羅画像板にも同じようなのが書かれている」ことを、早速[ 48.82.229.210.airh.alpha-net.ne.jp ] のIPアドレスを含めて連絡。IPアドレスからアラシの特定作業が進められました。

「でも、airh[エアーH 現在はWILLCOM] alpha-net.ne.jp[アルファー総合研究所(株)]
MACと来ると、これはまるで俺だね」と友人と話ながらも、そのIPからは残念ながら特定はすすまなかったのです。

(解説)

荒らし行為を行なっているのは寒汰であるとの指摘があった。その理由として荒らしが使用したドメイン名があげられていた。また、ドメイン名だけでなくマシンが Mac であることも明らかになった。

「寒汰がやったという動かぬ証拠だ」

と、ざ・マニラメンバーが口にし始めた。寒汰はドメイン名の末尾についている数字の意味がわからなかったので(実はこれがIPアドレス)、それをなんとかけむにまく材料につかえないかと数時間、考えまくった。(けむにまく材料になるはずもないのだが、ネットワークが一切分からない寒汰(さむた)は自分が理解できない何かにすがりたかったようである。)

数時間後、CGIに詳しい方から連絡が入ります。「CGIによってはIPは、逆に表示することもできるよ。」というもの [210.229.82.48]で調べると、アルファーネットが表示されたのです。

(解説)

数時間後、数字がIPアドレスを逆に並べたものなのだとわかったようだが、IPアドレスからドメイン名を出しても結局上記のドメイン名が出てくるだけであった。(当たり前のことなのだが、寒汰はそれを理解するのに数時間を費やした。)

「ざマニラ画像板」は、公開されること無く、その後「ざマニラBBS」上でアラシのSA◯TAに類する表記が踊ります。
「なんで俺がアラシなの?」と首をひねりました。

(解説)

もはや誰の目にも荒らしを行ったのは明らかで、寒汰はざ・マニラ画像掲示板へのアクセスは禁止された。そしてざマニラBBSでは、寒汰(SA◯TA)に対する徹底的な糾弾が始まり、寒汰はさらに焦った。

のちに先ほどの「ざマニラ画像板」をダウンしたものをよく観ると、6月4日に私が投稿した「ざマニラ鬼山様へのお願い。」の記事。そこにはあの[ 48.82.229.210.airh.alpha-net.ne.jp ] が表示されていたのです。

(解説)

寒汰はようやく、自分の名前で書きこんだ時のドメイン名と、荒らし行為に使用した時のドメイン名が完全に一致していたことに気づいた。

自分のIPなど滅多にお目にかかることが無く、これが私のIPなのだと実感。
そうすると偶然IPが同じであることは?の疑問が出てきます。

(解説)

正確にはIPアドレスではなくて、ドメイン名なのだが、寒汰はようやくもう言い逃れすることの出来ない明白な証拠が掴まれているのに気づいた。

そこで先ほどの、アルファーネット総合研究所に連絡。技術スッタフに電話をし質問するも、「そんなことはありえません。4つの複数の数字の組み合わせが同じ確率なんて……確率以前の情報セキュリティーの関係上ありえないことです」の返答。

寒汰はドメインを所有しているアルファーネット総合研究所に連絡した。「IPアドレス(ドメイン名)が偶然一致することはないのか」、と一縷の望みをかけて聞いた寒たであったが、答えは「確率的にありえない」というものだった。当然である。全くの別人のIPアドレスが偶然一致することはまずない。

頭を抱えてしまいました

(解説)

言い訳できないことに気づいた寒汰は頭を抱えてしまった。

時がくれば明らかにしましょう。

(※ 寒汰が困窮した時の定番の言い逃れの文句)

以下追記して行きます。が、この問題について新たな表題で書込むことは終了します。

(※ 都合が悪くなると一方的に話題を中止するのも寒汰の特徴)

この問題については「あ・魔尼羅」の数ヶ月前からの資料の編集をもって終了します。今後は、MANILAの散策記事を新たな気持ちでUPして行きます。

(※ 都合が悪くなると一方的に話題を中止するのも寒汰の特徴)

今回のアラシ解析に各社・各サイト・関係技術者の皆様に、ご協力とご尽力をいただいたこと、心よりお礼申し上げますとともに、今後ともご発展ご活躍いただけますよう、ご祈念申し上げます。

今日は、疲れましたのでこのへんで   

要はわけのわからないことを長々と書いてけむに巻きたいようである。

興味のある方は「[ ざ・マニラ ]で、今何がおきているのか?ー6・27アラシの真相」でググっていただきたい。寒汰の意味不明の弁解文が見つかるだろう。

寒汰はこの後「IPアドレスが書きかえられた!」とさらに苦しい言い訳をしているが、これまたあり得ないことである。

寒汰が荒らしに使用したドメイン名はざ・マニラ、パライソ(仮称)の両方に残っているのである。ドメイン名が一致するには、両方の管理者の書き換えが必要。

当時激しく対立していた両サイトの管理者がドメイン名の書き換えだけ、協力して行うことはありえない。

言い訳すればするほど、無知と自分の犯行を自白してしまう寒汰なのである。

(写真と本文は全く関係ありません)

そんな寒汰(さむた)だが、自分の妄想世界の中ではコンピュータの知識の天才(実際はメモリとハードディスクの区別もついていない)、ネット知識の天才だと思い込んでいた。

.

再び大虎に舞台は戻る。

「臭橋◯至、高橋◯至、臭橋◯至、高◯順至、臭橋順◯、◯橋順至、高橋◯至、臭橋順◯はネットオタクで凄い!」

選挙の候補者が選挙前日にがなりたてるように、寒汰は狂ったように自分の名前を連呼していた。

自分がすごいと自分自身に言い聞かせているのであろうか。いずれにせよ、異常な光景だった。

TOSHIYAさん初め、大虎の常連客は皆、寒汰の異常な言動にドン引きしていた。

「俺は魚博士なんじゃよ。魚のことならなんでもわかるんじゃよ。俺は凄いんじゃよ。俺は偉いんじゃよ。」

「臭橋◯至、高橋◯至、臭橋◯至、高◯順至、臭橋順◯、◯橋順至、高橋◯至、臭橋順◯は凄い!」

また寒汰は名前をひたすら大声で連呼した。周囲の人間には、あまりの異様さに一気に酔いが覚めはじめた。

なお、魚に関して言えば、寒汰は小学生並みの知識しかなかった。そもそも魚の分類が、種、属、科、目にわかれることすら知らないのだ。

また、フィリピンに9年間通っているのに、フィリピンの魚はラプラプしか知らなかった。フィリピンで取れる魚は全部ラプラプと呼ぶと思い込んでいたのだ。

さらに、釧路に住んでいるのに、サンマの旬がいつかすら知らなかった。

メカジキ(身はかなり白い)を見て、マグロ(ご存知のように身は真っ赤)だと思い込むほどなのだ。(詳細は「Ph.D. を超えた男」を参照いただきたい。)

そんな男だが、自称魚の達人だった。ただし、魚談義になると、自分のボロが出るのを恐れて、そそくさと脱走するのが常であった。

.

「俺には怖いものなんて何もないんじゃよ。なんと言っても、俺の親友はボクサーとプロの格闘家なんじゃよ。何があってもあいつらが俺を全力で守るんじゃよ。俺は凄いんじゃよ。おい!誰でもいつでも俺にかかってこいってんだ!ゲヒーー!」

「臭橋◯至、高橋◯至、臭橋◯至、高◯順至、臭橋順◯、◯橋順至、高橋◯至、臭橋順◯は凄い!」

また何十回となく名前を連呼していた。

(赤井さんのイメージ画像)

寒汰の異常な騒ぎようを見て、店の外に居た赤井さんが外から寒汰を睨みつけた。すると寒汰は「ひいっ」と、すごすごと店の奥の方に退き、身を縮めてブルブル震えた。

「誰でもかかってこい」と言った後わずか数秒後にみせた、この寒汰の意気地なさには店内にいた全員がどっと笑った。そして皆が寒汰を指さして笑い続けた。

.

なお、学生時代のボクサー、TOSHIYAさん はこの後、寒汰が店から出ていった後、こう語っていた。

「あんなキチガイ、守るわけありますかいな!なんかあったらキチガイの寒汰のおっさんを後ろから殴りたおして警察につきだしてやりますわ。プロペラキッド(仮名)も同じ事考えてますやろ。寒汰のおっさんみたいなキチガイ、おらん方が世のためでっからな。がっはっはっはっは!」

行く先々で人々に指をさして嘲笑われているのにもかかかわらず、今日も寒汰は自称ネットの達人、魚の達人、喧嘩の達人と自称して、自分の名前を連呼しているのである。

.

.
.

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

.

にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ  にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

.

.