自称経営の神様が語る摩訶不思議な経営論

寒汰は自称経営の神様である。

しかし、寒汰は株式と会社の関係すらよくわかってない。

IBM が PC 部門の ThinkPad を Lenovo に売却した時、寒汰は「大変だ!IBM が倒産した! IBM が中国企業に買収された!」と大騒ぎしていた。
2004年12月12日の魔尼羅嘘つきバージンのエントリでは「中国企業がIBMを買収した」と書いていたが、間違いを指摘されてこっそり修正した寒汰である。しかし、こっそり姑息に修正してもなお「中国企業がIBMアジアを買収した」となっている。

間違いを指摘されてもなお、PC 部門がIBMの全てだと寒汰は思い込んでいるのである。そもそも企業の M&A が理解できない吾人が寒汰なのである。

M&A に関して全く理解していないのに、わかったようなふりをしてるだけだから、こういう恥をかくのである。

なお、賢明な読者の方々はご存知のことだが、IBM な20年以上前から収益の柱はソフトウェアに移行しており、PC部門は単なる不採算部門にすぎなかった。目に見えるものしか理解できない類人猿並の寒汰は、コンピュータといえば、パソコンが全てだと思い込んでいるのだろう。

Screen Shot 2014-08-11 at 1.30.42 AM

(写真と本文は全く関係ありません)

これに関して、Jバスさんの指摘があったのでご紹介したい。

サンミゲル関連の続編です


フィリピン資本大手も着目する、屋台軒先販売。
2012/02/18(土) インチキ糞バージンのエントリーです。

寒汰>Hungry Juanです。
寒汰>サンミゲール社の展開するフランチャイズです。

サンミゲル・ピュア・フーズ社(PF)がFC展開元です。
サンミゲルがピュアフーズ社を買収したのが2001年です。
FC展開はサンミゲル本体がやっているわけではありません。
なお、サンミゲル・ピュア・フーズ社は買収される以前から上場されていたそうです。
手元の資料では1973年の上場になっています。

寒汰>読者がイメージされるサンミゲール社とは異なるサンミゲール。

知識の足りない寒汰と一緒にされたくありません。
寒汰が勝手にイメージしてきただけのことです、

寒汰>グループ企業として、それぞれがそれぞれとして上場を図って行きます。

寒汰は「上場」の意味が本質的に理解できていません。
フィリピンにおける財閥系のコングロマリットでは、それぞれ2~3社程度しか上場されていません。
「それぞれがそれぞれとして上場を図って行きます」
どうしてこんな出鱈目が書けるのでしょう。
フィリピン証券取引所は東証とは違い、上場企業数が260社程度しかありません。
元々巨万の富を持つ財閥が力を持っているフィリピンですから、安易に上場しても資金が集められるとは考えられません。
ちなみに東証の上場企業数は本日現在3427社となっています。
http://www.tse.or.jp/listing/companies/

寒汰>ビール飲料から、食材、小売り販売店。不動産から地域開発、国家プロジェクトまで。

寒汰>今では、大きな地域開発や国家プロジェクトに目が引きつけられがちですが、その一方で外食フランチャイズから、このような屋台まで提案し展開をしているのです。

寒汰の脳内はインチキ花が満開みたいですね。
具体的なことは一切書かず(書けない)まるで知識人のごとく嘘をついています。
自分勝手な解釈と妄想、まことにアッパレであります。

寒汰>ここで使われているチキンも同社の契約養鶏場のもの。
寒汰>豚も野菜も飼料や肥料まで拡がっていきます。
寒汰>そんな食肉や飼料、肥料が日本まで来ていますからご存知ですよね。

適当な、いい加減な、デタラメなことを書いています。
SMCおよびPFは食肉の内、鶏肉と豚肉について巨大なインテグレーションを構築しています。
雛鶏、飼料だけでなく、精肉、流通までが一貫されているのです。
知ったかぶりで「契約養鶏場」などと図々しく書いていますが、本質はまったく理解できていません。
好き勝手に書き放題書いて、最後に「ご存知ですよね」とは呆れ果てます。
SMC社およびPFは潤沢な資金を元に多角的経営しているのです。
「日本まで来ています」がフィリピン食材店だけみたいですから微々たるものです。
飼料、肥料は日本には輸出していないと思います。(要するに寒汰の嘘)
もう、この辺まで来ると資料がありません。
「どうせバレないから」と寒汰のインチキ説が書かれているんです。

.

Jバスさんの指摘の通り、寒汰はサンミゲール社のことも、フィリピンで上場する意味も、企業買収も全く理解していなかった。どこかで聞きかじったいい加減な話を妄想で膨らまして書いているだけなので、間違いだらけなのである。

しかし、寒汰は自分が無知なのと同様に他人も無知なのだと思い込んでいるので、適当な妄想を書いてもばれないと思い込んでいるのである。

寒汰の浅知恵と背伸びぶりには呆れるばかりである。そもそも自称「経営の神様」なのに、素人よりも経営知識がない神様に恐れいるのは筆者だけであろうか。

.

(動画と本文は全く関係ありません)

 

Slide1

20111106101509_01-4

20111106101509_03ex-9

20111106101509_04-3

20111106101509_05-5

(写真と本文は全く関係ありません)

臭皇の売上低下が止まらない。特に書き入れ時のはずの冬の売上低下が深刻である。

売上低下の最大の理由は、寒汰の異常な迷惑行為が釧路市民から嫌われまくっていることだと思われる。しかし、寒汰は犯罪行為、迷惑行為をやめる意思は一切ないようである。

寒汰の心境を代弁するとこういうことであろうか。

「ゲヒヒヒヒ。俺は臭皇の売り上げが落ちても気にしないんじゃよ。俺は他人に迷惑をかけ続けるほうが大事なんじゃよ。俺は絶対に絶対に絶対に犯罪も迷惑行為をやめないんじゃよ。マニラでも釧路でも嘘を突き倒して世の中に迷惑をかけると快感なんじゃよ。臭皇の売上がゼロになっても、俺は絶対に絶対に犯罪も迷惑行為をやめないんじゃよ。どうだ? 俺は偉いだろう?俺を尊敬しただろう?ゲヒーーーーーーーーーーッヒヒヒヒヒヒヒッヒヒヒ!」

ラーメンに富士食品の業務用スープをお湯で薄めただけのラーメンを客に出すのは問題ないだろうが、それを「カナダからわざわざ輸入した豚骨で煮込んだ」と嘘をつくから嫌われるのである。

そもそも既に釧路市民には、寒汰が白豚湯スープを搬入しているところがモロバレなのである。(写真と本文は全く関係ありません)

.

「ゲヒヒヒ。俺は正義の味方じゃから、いくらでも他人に迷惑をかけてもいいんじゃよ。他人に迷惑をかけると俺は気分よくなるんじゃよ。俺が歩道を占領する形で駐車したせいで、子供が交通事故にあっても俺に責任じゃないんじゃよ。俺が無料で駐車できる方が大事なんじゃよ。俺は無料で他人のものを利用するのが好きだし、他人に迷惑をかけると、たまらなく気分がよくなるんんじゃよ。どうだ? 俺は賢いだろう?俺は偉いだろう?俺を尊敬しただろう?ゲヒーーーッヒッヒッヒヒ」

Screen Shot 2013-02-13 at 9.11.08 PM

20120607160740-1

(写真と本文は全く関係ありません)

.

「ゲヒヒヒ。俺の犯罪は普通にすごいじゃろう。俺は普通に悪知恵がまわるじゃろう。俺は普通に男らしいじゃろう。俺は普通なんじゃよ。俺は普通にすごいじゃろう。俺は普通に偉いじゃろう。どうだ? 俺を普通に尊敬しただろう?ゲヒーーーーーーーーーーッヒヒヒヒヒヒヒッヒヒヒ!!」

(※ あまりの異常さが釧路でもマニラでもばれている寒汰は、最近他人から「普通」と呼ばれたくて仕方がないそうである。)

その寒汰の雄叫びを聞いて、takashi のあの素っ頓狂な声が釧路の空に響くようである。

「凄い!凄い!寒汰さんは普通に異常だ!普通に味覚障害だ!普通に嫌われ者だ!」

22s

2011_10_15_1111-02

(写真と本文は全く関係ありません)

なお、フィリピン・マニラで有名な援助交際カフェ・LAカフェ(旧称 MBC マニラベイカフェ)が人生の全てと言い切る寒汰が、マニラ周辺を徘徊する姿は大勢に目撃されており、写真もネットに流れているのであった。(写真と本文は全く関係ありません)

.

.
.

寒汰の迷惑行為による被害者一覧

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

寒汰と寒汰物語に関する疑問があれば、こちらを御覧ください。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

大虎の秘密の新メニュー、猫又ラーメンについてはこちらを御覧ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

「低層バス」を語る「吾人」とラムサール条約

今日は『三菱ふそう「エアロスター」』さんからのコメントをご紹介したい。

インチキ・ブログと言えば寒汰のマニラ糞バージンが有名です。 嘘、偽り、シッタカ、思い込み、勘違い、妄想、・・・・・ 悪い形容がオンパレードになります。

2008/06/24(火)のエントリーの中でインチキ老人寒汰は「どうせバレない」とでも思っていたのか、滅茶苦茶なことを書いています。
>この高速道路沿い。乗用車や低層バスではあまり良く見えないのですが、ラムサール条約の渡り鳥の湿原地帯でもあるのです。
滑稽なのは「低層バス」です。これは低床バスの誤りであると思われます。
低床を「ていしょう」と読めないことがわかります。語学力の低さは知れ渡っていますが、それにしても恥ずかしい水準です。
「低床バス」は山間部等の悪路では日本国内でも普及していません。
道路面の凸凹が多く、また、豪雨の際に冠水することが多いフィリピンでは、とても実用になりません。
日本からの中古バスの「低床バス」もありますが、空港内の「構内バス」などの特殊用途にだけ使われていると思われます。
実際に、NAIAのT3では日本から持ち込まれた中古の低床バスが使われております。私自身、昨年も数回乗ました。寒汰のような「又聞き話」ではありません。
日本国では国土交通省の方針もあり「低床バス」が過半数になったそうです。しかし、「低床バス」は構造上、価格が300万円以上高くなるとのことです。高価ものをフィリピンで使うということは考えにくいです。
安易な発想で、無責任な、デタラメな、イイカゲンなことを連発するインチキ老人の寒汰は、「如何ともし難い」「処置なし」の大馬鹿なんですね。
マニラからパンパンガ州のDAU方面に向かうビクトリーライナーのバスは、高速道路に入ってまもなくブラカン州に入ります。
そして水田が広がる地域を暫く走るのです。確かに低湿地的な地域であり、毎年のように河川の氾濫により一面が冠水するような地域です。
しかし、「湿原」と言うには無理があります。「湿原」とは主に、過湿な環境下で生育する草本や蘇苔類に覆われた場合を指すことが多い、とWikiに書かれています。
寒汰は「車窓からの穀倉地帯の眺め」と書いていますから、一面に広がる水田を認識した上で「湿原」としているのです。
つまり、アタマの悪い寒汰は「湿原」と「農耕地域である水田」の区別が出来ていないのです。
さらに続けますが、「ラムサール条約の渡り鳥の湿原地帯」としていますが、これもヒドイ「大嘘」です。
http://www.ramsar.org/cda/en/ramsar-documents-list-anno-philippines/main/ramsar/1-31-218%5E16085_4000_0__
ラムサールの公式HPを閲覧すればわかることですが、ブラカン州周辺には(ラムサール条約に)登録された湿原・湿地は存在しません
車窓からみた水田が、「臭麺工場」の向かいに広がる「釧路湿原」に見えたのでしょうか。
「嘘八百」の寒汰ブログ、探せばマダマダ「大嘘」が見つかるはずです。
じっくり時間をかけて探したいですね。
しかし、それにしても、あまりにもヒドイ悪文ですから、読み始めて数分で嘔吐反射が起きてしまい、我が家の医療費が増大することが心配です。

daefd663

以上は、寒汰の嘘ブログ「魔尼羅盗撮バージン」(仮名)の2008年6月24日のエントリに関するものである。

フィリピンで低層バスならぬ、低床バスが走っているというトンデモ発想がどこから生まれてきたのか筆者にもわからない。もしかすると寒汰はフィリピン渡航の際、一泊した蒲田の一泊2千円の宿の周辺で底床バスをみて大興奮して、それが世界の標準だと思い込んだのかもしれない。(寒汰はフィリピン渡航の際、半分の確率で蒲田の一泊2千円程度の超格安ビジネスホテルに宿泊すると古田マネージャーからの通報があった。)

さすがは1を見て10を勘違いし100の嘘をつく寒汰である。

.

ラムサール条約については、寒汰らしい真っ赤な大嘘である。とってつけた大嘘を平気で書き散らかし、それがバレないと思っている悪質さも寒汰らしい。

筆者もラムサール条約に登録された湿地帯のリスト(英文)を見てみたが、フィリピンで登録されているのは、以下の6つの湿地だけである。パンパンガの登録などどこにもない。

  • 1994年7月1日登録 656 Philippines Olango Island Wildlife Sanctuary (セブ近辺の小島)
  • 1999年11月12日登録 Philippines Naujan Lake National Park  (ミンドロ島)
  • 1999年11月12日登録 Philippines Agusan Marsh Wildlife Sanctuary (ミンダナオ島)
  • 1999年11月12日登録 Philippines Tubbataha Reefs National Marine Park  (ボホール島沖の小島)
  • 2012年6月30日登録 Philippines Puerto Princesa Subterranean River National Park  (パラワン島)
  • 2013年3月15日登録 Philippines Las Piñas Parañaque Critical Habitat and Ecotourism Area (LPPCHEA)  (マニラ南郊)

 

North Luzon Expressway (NLEX) 沿いには雨季のみ沼になる地区があるが、常時水があるわけではないので湿地ではない。

(なお興味深いので数えてみたが、総登録数は2181でありそのうち日本の湿原は37である。)

寒汰は釧路に住んでいるにも関わらず、湿地帯という日本語の意味を理解していないのだろう。

寒汰は以前、日本全国の土が泥炭層だと大嘘をついていたが、釧路湿原は日本中全て、そして世界中全てに拡がっていると思い込んでいるのかもしれない。さすがは自称知恵オタク(実体は凄まじいまでの無知)男である。

フィリピンの歴史・地理 – 誰でもスーパーマンになれる IV

雇われ社長 – 臭皇最後の謎 II

また寒汰は、世界中のありとあらゆる湿原はラムサール条約に登録されていると思ってるようだが、この寒汰の理屈では、家の前のただの水たまりでもラムサール条約に登録されている貴重な湿原になるのだろう。

.

寒汰の嘘だらけのブログ、「魔尼羅盗撮バージン」(仮名)の嘘を見つけ出し、事実を明らかにしてくれた三菱ふそうさんには深く感謝したい。

最後におっしゃっている通り、寒汰の悪文は吐き気がするレベルなので(あれを名文だと思うのは、頭が極端に弱いTAKASHIくらいであろう)、読むだけで相当疲労されたに違いない。三菱ふそうさんの脳にダメージがないか、本気で心配になる筆者である。

当ブログでは、寒汰の大嘘を数多く暴いてきたが、これはまだまだ氷山の一角である。根っからの嘘つきである寒汰は呼吸するように嘘を吐き、ブログに悪文とともに嘘を書き散らかしている。

善良な一般市民の方が寒汰の大嘘にだまされないためにも、引き続き読者の皆様には寒汰の大嘘を見つけ次第、通報いただくようにお願いしたい。

.

Slide1

20111106101509_01-4

20111106101509_03ex-9

20111106101509_04-3

20111106101509_05-5

(写真と本文は全く関係ありません)

「ゲヒヒヒ。俺は正義の味方じゃから、いくらでも他人に迷惑をかけてもいいんじゃよ。他人に迷惑をかけると俺は気分よくなるんじゃよ。俺が歩道を占領する形で駐車したせいで、子供が交通事故にあっても俺に責任じゃないんじゃよ。俺が無料で駐車できる方が大事なんじゃよ。俺は無料で他人のものを利用するのが好きだし、他人に迷惑をかけると、たまらなく気分がよくなるんんじゃよ。どうだ? 俺は賢いだろう?俺は偉いだろう?俺を尊敬しただろう?ゲヒーーーッヒッヒッヒヒ」

20120607160740-1

(写真と本文は全く関係ありません)

寒汰は今日も、マニラ・エルミタの援交カフェ、マニラベイカフェ(MBC あるいはLAカフェ)に居座りながら奇っ怪な声をあげていた。

勾践(こうせん)氏(仮名)や周囲の人間は眉をひそめながら、この狂人を嘲るように見下ろしていた。

22s

2011_10_15_1111-02

(写真と本文は全く関係ありません)

.

.
.

寒汰の迷惑行為による被害者一覧

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

寒汰と寒汰物語に関する疑問があれば、こちらを御覧ください。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

大虎の秘密の新メニュー、猫又ラーメンについてはこちらを御覧ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

ビジネスの秘訣は残飯食い

自称経営の天才の寒汰だが、実際に寒汰は経営の素人以下である。

2010年7月20日の魔尼羅盗撮バージン(仮名)のエントリ「LA娘が5000ペソで身を立てれたことを、日本人が出来ないはずがない?」で、寒汰はまたキチガイじみた経営理論もどきを展開している。

寒汰の日本語があまりに酷い上に内容がおかしいので、寒汰が何を言いたいのか理解できない方が多いかと思うが、一言でまとめるとこういうことである。

寒汰「俺が売春婦に渡した金、無駄に使われた。元は俺の金だから悔しい!クソッ、クソッ、クソッ!

商売を始めるというLAの売春婦の安っぽい嘘にころっと騙されて5千ペソを渡した寒汰だが、後でその売春婦の話がまるっきり嘘だったのに気づいて悔しがってるのである。

そして、自分が騙されたのを認めたくないので、キチガイじみた経営理屈(理論ではなくて理屈)をとってつけているのである。

なお、この寒汰のエントリに頭の弱い takashi (仮名)がコメントしているが、こちらも何が言いたいのかさっぱりわからない人が多いと思うので「翻訳」しておく。

takashi (仮名) 「金貸しといえば、金融業。金融業に勤めてる俺に、みんな注目してヨー!」

寒汰の話とさっぱりかみあっていないが、コミュニケーション障害どうしの「会話」とはこういうものなのだろう。

一見会話のように見えて、話は全くかみあってなく、オナニーモノローグを交互に放っているだけなのである。

.

96fc1dea

(何が写したいのかさっぱりわからない悲惨なほどに下手な写真であるが、本文とは一切関係がない。写真が異常に下手なくせに自称「報道マン」の釧路の「吾人」とも一切関係がない。)

このエントリに関して某ソーシャルネットでコメントがあったのでご紹介したい。

寒汰> たかが5000ペソ。それでもフィリピンじゃ使用実感日本円で5万円。

Hさん> どこかのバカが書いたフィリピンの物価は日本の5分の1を真に受けて書いたとしか思えない。品質を考えたら日本とマニラの物価は変わらない。

Tさん> マニラの物価なんてある意味東京より高いですよ。商売をまともにやろうとしたら日本以上に制約が多いし。まともなものをそろえようとしたら東京より高くつくことが少なくない。日本ではありえないような安物を買うなら安いですけどね。安かろう悪かろうですね。まあ、品質を一切気にしない「吾人」ならマニラの物価も安く思えるのかもしれませんねw 彼は食べ物も味や安全性は一切関係なく、口に入ればなんでもいいと言う「吾人」ですからねw

Fさん> フィリピンにある食べると不幸を感じる魔法の飯と、日本にあるいくらでも食べれてしまう健康で美味しいご飯に違いを感じないと、物価も5倍違うと思えるんでしょうかw

寒汰> 客の残した残飯を食しても、カネを貯める楽しみを覚えてくれればいいのですが………。

Oさん> 客の残飯を食ってるんだねw

Sさん> 寒汰の経営の秘訣はそれか!www

Fさん> さすが、残飯を食うためにラーメン屋を始めた男の中の男ですねwww

Hさん> 残飯食って金貯めろって浅ましさしか感じないんですけど、本人は最高のエールだと思ってるんでしょうねw
残飯なんて食わなくて済むように知恵と汗を出す方が遥かに大切なことですがw

Oさん> 生まれてこの方、地道な努力をしたことがない男だからね。

Fさん> ホモ・サピエンス並みの知性がない「吾人」だしw

Hさん> この類の妄想記事って吐き気がしませんか?

Fさん> 寒汰は人道的て美しい記事を書いてるつもりなのが吐き気がします。実際は自分の乞食根性と妄想を押し付けているだけなのに。
7月18日 0:19 · いいね!を取り消す · 3

Oさん> 読んだ人に「サンタさんはいい人だw」と言われたいのがミエミエ。実際は逆にこいつ頭おかしいと思われるのに、それは欠片も思わないのでしょう。

Tさん> このエントリを読めば、世の中の99%の人は「サンタはキチガイだ」と思うでしょうね。例の頭の弱いタカシ(仮名)でさえ、「サンタさんは頭がいい」とは書いてないですもんね。まあ、彼のコメントも意味不明ですがw

Hさん> 1日350ペソの利益だなんてどこから出てきたのでしょうかね?連中は原価とか経費の感覚がないから売上の事を利益だと言うはずですがw

Tさん> 寒汰の英語力で、利益と売上の区別ができるわけないですしねw

Fさん> 釧路の自称「天才経営者」で、食料原価以外のコストが無料だと思いこんでるアイヌ人が居ましたw

Oさん>  残飯を食べて金を貯める奴が居たとしたら詐欺や泥棒は朝飯前でしょうね。あっ、寒汰本人の事かw

.

自称「経営の天才」寒汰のビジネスの秘訣とは、残飯を食べて節約することのようである。

もっとも、売春婦の安っぽい嘘にひっかかって5千ペソぽっちの金が無駄になったのに寒汰はヒステリーを起こしてるだけで、腹いせに売春婦に「残飯でも食ってろ」とブログで吠えてるだけにも思えるのは筆者だけだろうか。

いずれにしても、人間性も経営の知識も最低な寒汰なのである。

20120607160740-1

(写真と本文は全く関係ありません)

「ゲヒヒヒ。俺は正義の味方じゃから、いくらでも他人に迷惑をかけてもいいんじゃよ。他人に迷惑をかけると俺は気分よくなるんじゃよ。俺が歩道を占領する形で駐車したせいで、子供が交通事故にあっても俺に責任じゃないんじゃよ。俺が無料で駐車できる方が大事なんじゃよ。俺は無料で他人のものを利用するのが好きだし、他人に迷惑をかけると、たまらなく気分がよくなるんんじゃよ。どうだ? 俺は賢いだろう?俺は偉いだろう?俺を尊敬しただろう?ゲヒーーーッヒッヒッヒヒ」

 

22s

2011_10_15_1111-02

(写真と本文は全く関係ありません)

寒汰は今日も、マニラ・エルミタの援交カフェ、マニラベイカフェ(MBC 旧称LAカフェ)に居座りながら奇っ怪な声をあげていた。

勾践(こうせん)氏(仮名)や周囲の人間は眉をひそめながら、この狂人を嘲るように見下ろしていた。

.

.
.

寒汰の迷惑行為による被害者一覧

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

大虎の秘密の新メニュー、猫又ラーメンについてはこちらを御覧ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

苦手な分野を得意な分野だと勘違いする「吾人」

寒汰もそうだが、 自称フィリピンベテランたちは、自分が最も苦手な分野を得意だと勘違いするケースが多い。

下記のような自慢をする人をフィリピン関係の日本人で見かけた人も多いのではないかと思う。

  • 英語自慢する人 (実際の英語力は、中学1年生以下。「通じればいいんだよ」が口癖だが、全く通じてないので周囲のフィリピン人にも馬鹿にされている。)
  • 海外体験自慢する人 (実際は、フィリピン以外の国に行ったことはない。フィリピンでも日本語が通じる場所以外にいったことはない。フィリピンで待ち合わせしても、一人でタクシーすら乗れないので、待ち合わせ場所にすらたどりつけない。)
  • 学歴自慢する人 (実際は、常人が聞いたこともないようなレベルの低い大学卒や高卒w)
  • 仕事ができると自慢する人 (実際は、ただ犯罪をやってるだけw)
  • 食体験の自慢をする人 (実際は、C級の豚に食わせるようなまずい食事しかしたことがない。)
  • 知識自慢をする人 (実際の知識は間違いだらけで、小学生以下の教養しかない。)
  • モテ自慢をする人 (実際は、水商売以外の若いお姉ちゃんと話すらできず、ホステスにも露骨に眉を寄せて嫌そうにされている。)
  • コネを自慢する人 (「大物の◯◯は俺のマブダチだから」と自慢するのが癖。その◯◯氏に会った時に直に英語で聞くと、「そんな人、友達どころか聞いたこともないw」と言う答えが返ってくる。)
  • 貧乏自慢、ドケチ自慢をする人 (恥をさらしているだけというのに気づかないw)

皆さんの周囲にもこういう恥ずかしい自慢をする人は少なくないかと思うが、自分自身にもいくつ当てはまるか冷静に考えてもらいたい。

Screen Shot 2012-10-31 4

(写真と本文は全く関係ありません)

1〜2個があてはまる方

極めて正常である。人間誰しも、恥ずかしい自慢癖の1つや2つはあるものだからである。

3〜5個があてはまる方

あなたは普通の人からは、ずれている。陰で指をさされて笑われてる可能性が高いが、無神経ならこのまま世の中で生きていくのも可能である。

6個〜8個があてはまる方

かなり危ない人間である。周囲から基地外扱いされないためには、今後尋常ならざる努力をすることが必要である。

9個すべてがあてはまる方

あなたは真性の基地外に間違いないが、まだ救いはある

どんなに客観的に考えても、1つも当てはまらないと思う方

あなたが最悪である。寒汰クラスの大勘違い人間だからである。

.

彼らはなぜ、他人から指をさされて馬鹿にされるほど劣っている能力を自慢するのだろうか。黙っていればばれないかもしれないのに、それをわざわざ自分で話すのはどうしてなのか?

彼らが自分の恐ろしく苦手な分野、他人に比べて恐ろしく劣っている分野を得意分野だと勘違いするのは、やはり能力がなさすぎることに原因があるのだろう。

野球で言えば、キャッチボールすらままならない人間は、世の中に150kmの豪速球を投げる人間がいることなど想像もつかない。いや、話を聞いても信じることができないのである。

150kmの豪速球を投げる人間の話を聞いても「そんな事実があるわけがない」と思い込み、事実から目をそむけるのである。

実例を紹介しよう。4千人切りの男、赤井翔さんは KTV の GRO と店内でよく SEX をしていた。ステージの前の席でも平気で SEX をしているのである。さすがは赤井さんである。

しかし、その話を聞いた寒汰は慌てふためいてブログにこう書いた。

現地在住の高齢者…釣りや反応を見るためなのか? ご自身が、開店営業開始から半年も経っていないマラテの某日系KTVのステージの前で、GROと交尾されたという話も出てきましたが、鵜呑みに出来る話でない

フィリピンの在住者からは、日本では到底考えられないような話が出てきます。

アリもしない話やお下劣な話

(2011年8月31日の寒汰のブログ、魔尼羅盗撮バージン(仮名)「現地在住者の釣りと引っ掛け。「あしなが」は、裏も表もなく「偽善」がいいのです。」のエントリ)

フィリピンパブや、現地のKTVで GRO とイチャついた人間からすれば、赤井さんの話は驚くほどのことではない。

自分自身にそういう経験がなくても近い経験があるから、「ああ、そういう人も居るだろうな」と容易に想像がつく。

しかし、GRO といちゃつくどころか、釧路のスナック舞子でキャバ嬢にもママにも忌み嫌われて席に誰もつけてもらえず、店内放置プレーを食らっていた寒汰にとっては、店内で SEX をするなど想像を絶する世界なのだ。

(この件の詳細に関しては、「赤井翔と寒汰 (Angel Kiss 編) III 」をご覧頂きたい。)

一方、あまりにレベルが低い人間は、自分の恐ろしくレベルの低い行為を偉業だと勘違いする。

さきの野球のたとえで言えば、恐ろしく野球に不向きな人間は、一度でもピッチャーマウンドからホームベースまで届くボールをなげられたら、それだけで自分は野球の達人だと思い込んでしまうのである。

これは決して誇張でなくて現実に起こりうるのである。平均水準より遥かに能力が劣る人間は、平均水準の人の話を聞いても信じることができないからである。

苦手な分野であればあるほど、自分の得意分野だと思い込むこのパラドックスを、寒汰式ベテラン・パラドックスと名付けよう。

なお、先の自慢項目で言えば、もちろん寒汰は9個全てにあてはまる。しかし、本人の自覚ではゼロなのである。

これもまた、寒汰式ベテラン・パラドックスの一面なのであろう。

上記の自慢で1つも該当しなかった方は、寒汰式ベテランパラドックスの罠に陥っている可能性が高いので注意されたい。(もっとも、このクラスになると注意したところで無駄であるだろうが。)

.

Slide1

20111106101509_03

20111106101509_04

20111106101509_05

(写真と本文は全く関係ありません)

「ゲヒヒヒ。俺は正義の味方じゃから、いくらでも他人に迷惑をかけてもいいんじゃよ。他人に迷惑をかけると俺は気分よくなるんじゃよ。俺が歩道を占領する形で駐車したせいで、子供が交通事故にあっても俺に責任じゃないんじゃよ。俺が無料で駐車できる方が大事なんじゃよ。俺は無料で他人のものを利用するのが好きだし、他人に迷惑をかけると、たまらなく気分がよくなるんんじゃよ。どうだ? 俺は賢いだろう?俺は偉いだろう?俺を尊敬しただろう?ゲヒーーーッヒッヒッヒヒ」

20120607160740-1

(写真と本文は全く関係ありません)

寒汰は今日も、マニラ・エルミタの援交カフェ、マニラベイカフェ(MBC 旧称LAカフェ)に居座りながら奇っ怪な声をあげていた。

勾践(こうせん)氏(仮名)や周囲の人間は眉をひそめながら、この狂人を嘲るように見下ろしていた。

22s

2011_10_15_1111-02

(写真と本文は全く関係ありません)

.

.
.

寒汰の迷惑行為による被害者一覧

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

寒汰と寒汰物語に関する疑問があれば、こちらを御覧ください。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

大虎の秘密の新メニュー、猫又ラーメンについてはこちらを御覧ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

自称海外ベテランが語る「パタヤ」でない「パヤタ」

寒汰の日本語は異常である。いや、そもそも寒汰が書く文章は日本語に似た何かであり、日本語ですらない。(アイヌ語でもなさそうである。)

主語も述語もない文章に全体の構成がめちゃくちゃ。場違いに硬い言葉の直後に、どうしようもなく下品な表現があって、語調が全く統一がとれてない、継ぎ接ぎの文章。

さらに面妖な造語を次々に生み出すのは奇っ怪にほかならない。

20130424175035_01d copy

(上の写真と寒汰が自損したスバル・レガシィは一切関係がありません)

寒汰がこれまでに書いた奇怪な表現は、謎の「楽しい〜請け合い人」のエントリで取り上げているが、改めて紹介させていただきたい。

  • シュッテル ( shuttle つまり『シャトル』のこと)
  • ハンドフリーの恋 (『フリーハンド』と言いたいらしい)
  • 糞転がし (ホイール付きのスーツケースを言いたいらしい)
  • フェディックス (FedEx フェ『デ』ックスのことらしいが、全くもとの英語がわかってないカタカナである)
  • どうもどうもで手でこねる (意味不明)
  • サーモン(沼鱒) (『沼鱒』という奇っ怪な魚名は存在しない)
  • 150GBメモリ搭載の Mac (ハードディスクとメモリの区別がついていない)
  • ベットの四隅の柱風や上の横棒はどのように使うべきか?次回までの宿題です。 (天蓋ベッドを知らないらしい)
  • 牛丼は高い料理の代名詞 (まともな経済力の日本人には理解できない)
  • 水牛の肉に脂身を挿せば高級和牛の肉になる (和牛の定義がわかっていないし、そもそも水牛と牛は全く異なる動物だと知らないらしい)
  •  迷走パンツ (『迷彩パンツ』と言いたいらしい)
  • ピンポンダッシュ (『マッチポンプ』のことを言いたいらしい)
  • 有知無知五十歩 (『有知無知三十里』と『五十歩百歩』を混ぜこぜでつくった意味不明な造語)
  • 過程をギャロップする (「スキップ」と「ギャロップ」と勘違いしているらしい)
  • 一見は百文に勝つ (『一見は百聞に如かず』と言いたいらしい)
  • 経済的利用金額 (「金額」を難しく表現しようとして作った意味不明な言葉)
  • チェアリーダー (チアリーダーのこと。Chair 「椅子」と Cheer 「応援」の違いをしらないらしい)
  • 国の進路や政策の話を、猫じゃらし目くらましに翻弄されて (『猫じゃらし』ではなくて『猫騙し』と言いたいらしい)
  • 「面情」を通わせる (「情を通わせる」を難しく表現しようとして生み出した意味不明な言葉)
  • セブンイレブンでシシグ入りの「小包」が売っている (『小籠包』と『小包(こづつみ)』が同じだと思っているらしい)
  • iPot (「iPod」のことを言いたいらしい。英語が全くできず、Pot と Pod  の違いがわからない寒汰らしい間違いである。詳細は Apple社の新製品? iPot を参照されたい。)
  • 真空加水加工 (存在しない怪しげな加工方法の名前である。釧路には養豚業がある!しかし、臭皇には豚骨がない! を参照されたい)

間違いなら誰にでもある。しかし、寒汰の場合はあまりに間違いの数が多いし、そもそも背伸びをしようとして逆に自分の無知さを露呈している間違いばかりなので馬鹿にされるのである。

自称「名文家」なのに、これだけおかしな日本語を書きなぐっているから馬鹿にされるのである。

さらに、寒汰の場合は間違いを指摘されても一切認めようとしない。それも非難される一因である。

これに関して、ppjj さんからありがたいコメントをいただいたので紹介したい。

2年前くらいでしたか。
サムタ氏のブログにPATTAYAのことが書いてありまして。
その文章が全部「パヤタ」と書いてました。
さすがに見かねてコメントで指摘したところ
すぐに削除されました。

ppjj さんが紹介するこのエントリは、寒汰のうんこブログ(下品な表現だが、寒汰本人がそう呼んでいるのだから仕方が無い)、魔尼羅盗撮バージン(仮名)の2011年10月4日のエントリ「フィリピンの街に、賑わいは戻るのか?」である。

確かに見事なまでに全て「パヤタ」と書いてある。

タイ旅行に出かけられた人が居て、空港からバンコク市内への移動が高速鉄道(エアポート・リンク)が出来ていて、バンコク市内と15分で結ばれていること、パヤタの話などを聞いていたのです。
街の規模や国の経済的背景から、タイのパヤタとフィリピン・アンヘレスを、単純に比較することは意味がないかもしれません。

マニラとバンコク。それぞれの空港到着して市内から、それぞれの街に移動する時間は、アンヘレスもパヤタも2時間程度。1500バーツと2000ペソ。車での要する経費も似たようなものです。

(中略)

パヤタの賑わい。祭り気分にさせてくれるものが伝わって来ます。

再度いうが、単なる間違いなら誰にでもあるから責めるに値しない。ただし、寒汰の場合は、あまりに数が多い上に、自分が背伸びしようとして逆に知識のなさを露呈しているので馬鹿にされるのである。

寒汰はタイには一度だけ、3日間しか行ったことがない。それも TOSHIYAさんに連れられておっかなびっくりドギマギしていただけで、英語もタイ語も一切話せず現地のタイ人の誰ともほとんど会話できなかった。

だから、寒汰の唯一かつ最大の目的であった買春すらできず、TOSHIYA さんに何度も繰り返し馬鹿にされていたのである。

(なお、その TOSHIYA さんをタイに連れて行き案内したのは、恥ずかしながら筆者である。言うなれば、筆者は寒汰のタイ師匠の師匠になってしまうわけで、これは筆者にとって人生最大級の恥辱である。)

そもそも、タイに3日行った以外は、外国旅行をフィリピンにしか行ったことのない寒汰である。日本語しか話せずフィリピンでもフィリピン人に馬鹿にされている寒汰である。

そんな寒汰なのに、自称海外ベテランぶろうとして、うろ覚えの知識でブログを書くから、こういうありえない間違いを連発するのである。

.

まともな人間なら、間違いを指摘されれば詫びて修正するものである。なぜなら事実を伝えることが美徳であり、間違った情報を発信することは恥ずべきことだからである。

しかし、寒汰にとって事実などはどうでもよかった。寒汰には、自分がフィリピンベテラン、海外ベテランぶることが全てなのだ。

だから次々にでっち上げを事実のように書きなぐり、奇っ怪な造語を書き散らしても平気なのだ。

普通の日本人なら寒汰の文章のおかしさ、事実との大きな違いに気づくが、中には takashi のように頭が弱い人間もいる。takashi のように頭が弱い人間は、間違いに気づくどころか「凄い!凄い!寒汰さんは博識だ!寒汰さんは世界一のフィリピンベテランだ!」と勘違いしてくれる。

生まれてこの方、誰からも嫌われ見下され、小学生からもいつも指差して笑われる寒汰にとって、ごく一部とはいえ他人から賞賛されることはこの上のない快感であった。

だから、寒汰は自称海外ベテランの虚像が崩れかねない間違いを認めようとせず、今回の ppjj さんのようなまともな指摘のコメントはこっそり削除するのである。

どこまでも見下げた人間が寒汰というアイヌ人であった。

.

20120607160740-1

(写真と本文は全く関係ありません)

「ゲヒヒヒ。俺は正義の味方じゃから、いくらでも他人に迷惑をかけてもいいんじゃよ。他人に迷惑をかけると俺は気分よくなるんじゃよ。俺が歩道を占領する形で駐車したせいで、子供が交通事故にあっても俺に責任じゃないんじゃよ。俺が無料で駐車できる方が大事なんじゃよ。俺は無料で他人のものを利用するのが好きだし、他人に迷惑をかけると、たまらなく気分がよくなるんんじゃよ。どうだ? 俺は賢いだろう?俺は偉いだろう?俺を尊敬しただろう?ゲヒーーーッヒッヒッヒヒ」

 

22s

2011_10_15_1111-02

(写真と本文は全く関係ありません)

寒汰は今日も、マニラ・エルミタの援交カフェ、マニラベイカフェ(MBC 旧称LAカフェ)に居座りながら奇っ怪な声をあげていた。

勾践(こうせん)氏(仮名)や周囲の人間は眉をひそめながら、この狂人を嘲るように見下ろしていた。

.

.
.

寒汰の迷惑行為による被害者一覧

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

大虎の秘密の新メニュー、猫又ラーメンについてはこちらを御覧ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

謎のヘネサン

寒汰のブログが誤りだらけであるのは今にはじまったことではない。

周囲に叩かれ、馬鹿にされながら寒汰が殴り書きし続けてきたブログ「魔尼羅盗撮バージン」(仮名)は、誤情報の塊といっても差し支えないほどである。

まずは、2006/09/28(木) の魔尼羅盗撮バージン(仮名)のエントリ「昨日のマッサージ店の近くの置屋をご紹介しましょか?」にはこう書かれている。

寒汰> マニラからジェサン(ヘネサン General Santos)に行って、
寒汰> カガヤンに行きたいときは陸路バスというてもありますが、

この内容が大いに誤りであることをベイダーさんが指摘してくれたので紹介したい。

これに対して、ベイダーさんのコメントが以下のとおりである。

“こんにちは、いつも楽しく拝見させていただいております。

寒汰の以下の文章で、

> マニラからジェネサン(ヘネサン General Santos)に行って、
> カガヤンに行きたいときは陸路バスというてもありますが、

とありますが、General Santos は
“ジェネサン”でもなければ“ヘネサン”でもなく、
「ジェンサン」(Gensan)です、
嫁の従姉妹(ダバオ)に確認したので間違いありません。

また General Santos からバスで Cagayan De Oro に向かう場合、
とりあえず General Santos から Davao まで行き、
Davao から Davao-Buda National Highway 経由の
Cagayan De Oro 行きに乗り替えて
Sayre Highway に合流しないと、
General Santos 発で、途中の Digos から APO 山の西側を通る
Davao-Cotabato Road を通るルートだと
治安の良くない場所を通るため、
ここはトラックのドライバーも敬遠するルートで、
旅行者には非常にリスクが高い移動手段です。

自分で乗ったワケでもないのに
よくこんな無責任な事を偉そうに書けますね(笑)

お役に立ちましたら幸いです。 “

そう、ベイダーさんが指摘してくれたとおり、またしても魔尼羅盗撮バージンの記載内容は嘘八百である。

ミンダナオ島有数の都市、General Santos をフィリピン人はよく、GenSan (ジェンサン)と呼ぶ。

しかし、ジェサンとは呼ばない。

ましてや、ヘネサンなどと言う人間はいない。

なぜ、寒汰はこんな無責任なことを偉そうに書くのか?

gensan

その理由は3つある。それは、寒汰が英語をローマ字読みしかできないことと、勘違い(早とちり)マシンであること、そして自慢願望が異常なまでに強いことである。

寒汰は General Santos が、GenSan (ジェンサン)と呼ばれることを同行した TOSHIYAさんから聞いたのだ。しかし、絶望的なまでにリスニング能力がなく、なおかつローマ字読みしかできない寒汰はジェンサンがジェサンにしか聞こえないのだ。

小さな間違いのようでこれは大きい。寒汰は英単語が読めないことを端的に表しているからだ。

寒汰の大爆笑間違い英語の代表格であるシュッテルバスも、shuttle bus をシャトルバスと読めずにローマ字読み風に読んだことに原因がある。

シュッテルのバスに乗ってアンヘレスに行こう

もう一度いう。寒汰は英語が一切読めない。ローマ字読みしかできない男なのだ。だから、尽く英単語の読みを間違うのである。

もちろん、そんな寒汰であるが、自称だけは英語の達人である。

.

さらに滑稽なのがヘネサンである。これは、G をスペイン語風に H の発音で読んだのであることは、誰でもわかる。

しかし、現実にフィリピン人はヘネサンとは言わない。ヘサンどころか、ヘサンとも呼ばない。

General Santos をスペイン風にヘネラルサントスと呼ぶことは可能だが、現実にそう読む人は殆ど居ない。

さらに、それを省略してヘンサン、ましてやローマ字風にヘネサンなどと言う人間はいない。

筆者も急いで周囲に居るフィリピン人3人(一人はミンダナオ島出身)に聞いたが、3人とも即座に「へネサンと呼ぶ人間はいない」(No, nobody calls “Hene-san” Heneral santos is feasible though.) と言い切った。

寒汰が、そのありえない発音を、さも真実であるかのごとくブログに書いたのは TOSHIYA さんが下記のように寒汰に教えたことによる。

TOSHIYA「おい!アホの寒汰のおっさん! おっさんはな、教養もなーんもないから教えたるわ。スペイン語ではな、G は Hと発音するんや。ミンダナオはスペインの影響がまだ強いさかいな、General Santos もヘネラスサントスと呼ぶ人もいるくらいや。Genral Santos をジェンサンと呼ぶことも知らん、おっさんには新鮮な情報やろ。これでちょっとは賢なったやろ。俺に感謝せえや。ガッハッハッハッハ!」

TOSHIYAさんの名誉のために言えば、TOSHIYAさんは何一つ間違ったことを言っていない。

しかし、絶望的なまでにリスニング能力がなく、ローマ字読みしか出来ない寒汰は勝手に勘違いしたのだ。

「ゲヒーーーーー!俺は今日、凄い秘密を知った! General Santos をフィリピン人は皆、ジェネサンかヘンサンと呼ぶんだ!これは世紀の発見だ!こんな秘密を知った俺は凄い!凄い!凄い!俺は世界一のフィリピンベテランだ!ゲヒーーーーー!」

読者の皆さんもお分かりのように、寒汰は二重三重に勘違いしたのである。

かくして、誰も言わない「ヘネサン」が寒汰の妄想内では General Santos の通称名となったのである。

TOSHIYAさんは言う。

「わしは何一つ間違ったこと言ってないで。あの知ったかぶりのアホのサンタが勝手に勘違いしよっただけや。あのオッサン、ほんまクルクルパーやさかいな。ガッハッハッハッハ!」

寒汰は以前、「あ・魔尼羅」(仮名)サイトから情報を盗みだして自分のブログに盗用していた時も、無知から数多くの間違いを混入させ、デビル総統(仮名)はじめ「あ・魔尼羅」メンバーから失笑を買っていた。

.

また、寒汰がカガヤン・デ・オロを「カガヤン」と呼ぶと勘違いしているのは、以前のエントリでお知らせした通りである。

フィリピンで「カガヤン」といえば、カガヤン州を指す。カガヤン・デ・オロはそのままカガヤン・デ・オロと呼ぶか、CDO と呼ばれるのだ。

カガヤン・デ・オロ市での楽しい性交 II

ちなみに、なぜか日本人だけが寒汰同様に「カガヤンといえばカガヤン・デ・オロ」だと大きな勘違いをしている。

これはフィリピンにいる日本人の多くは語学力がなく、現地の人間とほとんどコミュニケーションできず、間違った知識を何年たっても訂正できないことを表しているのだろう。同様に日本人だけが地名を勘違いしているケースは少なくない。以前に紹介したプリメタ(正しいのはペリメータ)もその一例である。

アンヘレスの嘘

.

寒汰はカガヤン・デ・オロからジェネラル・サントスに陸路バスで行く方法を、まるで自分が乗って行ったことがあるかのように書いているが、これはベイダーさんが指摘してくれたとおり、非現実的な方法のようである。

そもそも、多くの日本人が頻繁に利用するマニラ-アンヘレス間のバスにすら一人で乗れず、オロオロしている寒汰にミンダナオのバスに乗ることなど不可能であった。

オタオタドギマギ・アンヘレスからマニラへのバス移動

全く経験もなく、直接フィリピン人から話を聞くこともできない寒汰(寒汰はタクシー運転手に道順を伝えることすら困難)である。そんな寒汰が、まるであたかも、経験したかのようにバスについて書くのは、全てフィリピン・ベテランぶるためである。

国鉄時代から一切誰にも相手にされず、金を払って行ったキャバクラ舞子やフィリピンのKTVでさえ、ママや女の子に総スカンを食らって、席で放置プレーを食らう寒汰が、唯一自己実現できるのは、ブログでフィリピンベテランぶる時だけなのだ。

産まれた頃から嘘ばかりついてきた寒汰にとって、事実などどうでもよかった。その場限りであっても、フィリピンベテランぶり、それを頭の弱い人間が「凄い凄い!」と褒めてくれることが寒汰にとって人生最大の幸福なのだ。

.

「ゲヒーーーーーーーーー! ヘネサンを知ってる俺、フィリピンベテラン!カガヤン・デ・オロからヘネサンにバスで行ったことあるふりしてる俺、フィリピンベテラン!俺、凄い!ゲヒーーーーーーー!」

誰でも乗れるバスにすら乗れず、英語がローマ字読みしか出来ない寒汰がベテランのわけがなかったが、そんな寒汰を本物のベテランだと思い込む頭の弱い人間がいるところがフィリピンのフィリピンたる所以だった。

筆者は思い出す。あの当時、頭が弱い takashi (仮名)は寒汰のこの寒汰のカガヤン・デ・オロに関するエントリを見てしきりに感心していた。

「凄い!凄い!寒汰さんは博識だ!寒汰さんは世界一のフィリピンベテランだ!」

それを聞いて、ニタリニタリと気持ち悪い笑いを浮かべながら、ベロリベロリと口の周りを舐め回す寒汰であった。

snt_kushiro_09_17

.

20120607160740-1

(写真と本文は全く関係ありません)

「ゲヒヒヒ。俺は正義の味方じゃから、いくらでも他人に迷惑をかけてもいいんじゃよ。他人に迷惑をかけると俺は気分よくなるんじゃよ。俺が歩道を占領する形で駐車したせいで、子供が交通事故にあっても俺に責任じゃないんじゃよ。俺が無料で駐車できる方が大事なんじゃよ。俺は無料で他人のものを利用するのが好きだし、他人に迷惑をかけると、たまらなく気分がよくなるんんじゃよ。どうだ? 俺は賢いだろう?俺は偉いだろう?俺を尊敬しただろう?ゲヒーーーッヒッヒッヒヒ」

 

22s

2011_10_15_1111-02

(写真と本文は全く関係ありません)

寒汰は今日も、マニラ・エルミタの援交カフェ、マニラベイカフェ(MBC 旧称LAカフェ)に居座りながら奇っ怪な声をあげていた。

勾践(こうせん)氏(仮名)や周囲の人間は眉をひそめながら、この狂人を嘲るように見下ろしていた。

.

.
.

寒汰の迷惑行為による被害者一覧

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

大虎の秘密の新メニュー、猫又ラーメンについてはこちらを御覧ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.