男の中の男の説教

2週間ほど前、都内某所で寒汰リークスメンバーのオフ会が開催された。

ざ・マニラ全盛時代(2002年から2003年)、エルミタクラブ全盛時代(2005年から2006年)、ここ数年の各年代で寒汰の被害にあった人たちが集まり、次々に2002年以降の寒汰のありとあらゆる悪事をおもしろおかしく披露した。多くのエピソードは既にこの寒汰物語で紹介したとおりだが、寒汰は昔から今に至るまで一貫して基地外であったのだと参加メンバーはしみじみと実感したのだった。

また、寒汰の実物を知らないメンバーの方々も寒汰物語の内容が本当で、寒汰が本当に基地外なのだと実感し、しきりに感心していたという。

今回は筆者でさえ知らなかったエピソードもいくつか紹介されたのだが、以下はその一つである。

.

寒汰はマニラのKTV(カラオケ)に通うのが大大大好きであった。ただし、寒汰は一人ではKTVでオーダーすらできないので、ネモトでガマガエルのように初心者が来るのを待ち伏せし、初心者が来ると粘着質にまとわりつき無理やりKTVに連れて行ってもらっていたのは既に紹介したとおりである。

エダモト(仮名)で獲物を狙うガマ蛙 I

エダモト(仮名)で獲物を狙うガマ蛙 II

初心者にKTVに連れてきてもらった寒汰は、以下の2つの行動をするのが常であった。

  • 店員が止めるのを一切無視してひたすらGROの下着を中心に盗撮しまくる
  • 周囲にいるGROや客の連れの女性の全身を舐め回すように視姦しまくる

しかし、この二つ以外にも寒汰がやっていた行動がある。それは30分間以上腕を組んでウンウンと唸りながらメニューを凝視したあげく、フィリピン人のウェイターとママを呼びつけ、日本語でひたすら説教することであった。

説教の内容は酒とフルーツの値段が原価より高いということであった。

.

賢明な読者の方々はよくよく理解していただいていると思うが、KTVは飯屋ではない。KTVは女とのコミュニケーションや破廉恥行為を楽しむ場所である。そのKTVが酒やフルーツを原価のまま出していたら店が潰れる。

酒やフルーツはサービスの良い女や店に対する報酬である。それが、どこの世界のホステスバーに酒やフルーツを原価のままで出す店があるのか。

そもそも釧路のラーメン屋臭皇が原価一杯当たり10円ほどの富士食品白豚湯スープをお湯で薄めて800円以上の暴利を貪っているのに比べれば、「女」のサービスがつくKTVの酒やフルーツの値段はむしろリーズナブルとさえいえる。

その暴利を貪っている臭皇の経営者寒汰がどの口で「酒やフルーツは原価で出せ」というのか。

.

寒汰はKTVに連れていってもらっては、そうやっていつも日本語でネチネチとウェイターやママに文句を垂れていたという。

読者の皆様は御存知のようにKTVのウェイターはほとんど日本語はわからない。ママでさえもこみいった日本語を理解するのは難しい。それに日本語でネチネチと説教して通じた気になっているのは、寒汰が言語以前に根本的にコミュニケーション能力が欠如している証拠である。

そもそも寒汰のあの不明瞭で非論理的な日本語は日本人にすら理解し難い。

筆者も最初に寒汰に会った時、寒汰が何を言っているのかほとんど理解できなかった。ボソボソと話し、文章には主語も述語もなく、さらに脈絡もない単語がポツポツならんでいるパロールは日本語だと判別するのに時間がかかったほどである。

さらに寒汰は筆者の質問に対して全く関係のない返事ばかりしていたので聴覚障害者ではないかと思ったほどである。やはり言語以前に根本的なコミュニケーションが決定的に欠如している寒汰なのである。

.

寒汰は根本的なコミュニケーション能力が欠如しているからKTVで女とどのように楽しむかも理解できず、ウェイターやママに通じてない説教を垂れて間違った方向の悦に浸るのであろう。

くり返し言うが、KTVはフルーツを食べに行くところではない。ウェイターやママに通じない説教をたれて悦に浸る場所でもない。女とのコミュニケーションや破廉恥行為を楽しむ場所である。

寒汰に延々と意味不明な説教を食らったママたちは口をそろえて「シャ、頭オカシイ」と寒汰を後ろから指さして笑っていたという。

.

そこまで原価でフルーツを食べたいなら、無理やりKTVになど連れて行ってもらわず、スーパーでフルーツを買って一人でホテルで食べてればいいと思うのは筆者たちだけだろうか。

KTVで日本語のわからないウェイターやママにねちねちと説教を垂れるのは「男の中の男」とは真逆の行為である。

もっとも、一切英語もタガログ語もできない上に極度にコミュニケーション能力が欠如している寒汰ではフィリピンのスーパーで一人で買い物をすることすら困難なのかもしれない。

(写真と本文は全く関係ありません)

.

.

「ゲヒヒヒ。俺は正義の味方じゃから他人の個人情報や写真をいくらでも晒していいんじゃよ。俺は一切反省しないんじゃよ。臭皇が潰れても俺は反省なんかしないんじゃよ。俺は何十年でも他人に迷惑をかけ続けるんじゃよ。俺は正義の味方だからいくらでも迷惑をかけていいんじゃよ。どうだ? 俺は凄いだろう? 俺は偉いだろう? 俺を尊敬しただろう?ゲヒーーーッヒッヒッヒヒ」寒汰は今日も、釧路町木場にあるホーマックで千枚通しを買いながら奇っ怪な声をあげていた。

勾践(こうせん)氏(仮名)や周囲の人間はまゆをひそめながら、この狂人を嘲るように見下ろしていた。

.

.
.

寒汰の迷惑行為による被害者一覧

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

大虎の秘密の新メニュー、猫又ラーメンについてはこちらを御覧ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

『ひとりで食事をするのが恥ずかしくない』男

寒汰は国鉄勤務時代、仕事が全くできずかつ異常な性格だったため仲の良い同僚が全く居なかった。

毎日昼食を一緒にとる相手もおらず、パンとジュースを買って一人わびしく食事をしていた。

そんな寒汰の姿を同僚たちは指をさして大笑いしていた。

ちなみに、当時寒汰の夕食はスーパーの試食コーナーであった。

スーパーを三周すれば試食だけで腹がいっぱいになると、寒汰はその後繰り返し臭皇の従業員や客に自慢気に語っている。

帯広の極貧アイヌ家庭に生まれ、母親からも蔑まれて育った寒汰はろくに食事も与えられなかったせいで、異常なまでのドケチになっていた。そして食事代をケチることが人生の目的になっていた。

臭乞食病ともいえる、その異常なドケチぶりは衆人の蔑視するところであったが、寒汰自身はそれを真逆に勘違いし、ドケチになればなるほど他人に賞賛されてると思い込んでいた。

.

そんな寒汰は2010年6月12日の魔尼羅盗撮バージン(仮名)でこう書いている。

『ひとりで食事をするのが恥ずかしい』そんな学生が増えているのだそうであります。

その根拠は「友達が居ないと思われるのが恥ずかしい」ということだそうで、その数約40% 中には昼食をトイレでする学生も居るのだそうです。

何かが、日本の子供たちの中で、大きく狂いはじめていることだけは、確かなようです。

学校で一緒に食事をとる友達がいないことはやはり恥ずかしいと筆者は思う。トイレで食事をしなくても、普通の人間なら一緒に食事を取る程度の友達など学校にいくらでもいるはずだし、それを断られるというのはよほど人間性に問題があるとしか思えない。

一方、生まれてこの方誰からも親しくされたことがなく、国鉄でも毎日一人で昼食をとっていた寒汰は、食事を一人寂しくとることの恥ずかしさが一切わからないのであろう。

友達がいないこと、そして友達ができないほど異常に社会性がないことを自分で恥ずかしいと思わないのである。

日本だけでなくタイでも中国でもアメリカでも食事は連れ立って行く。中華料理は集団で食事をするのが前提の作りになっているし、フィリピンでも一つのものを家族や仲間でわけあって食べるのが伝統である。

職場で昼食時になれば、近くの席の同僚たちが声を掛けあって一緒に食事をするのが世界共通の文化である。また、同僚から「ランチ行く?」と誘われた時、先約があって誘いを断らなくてはいけない場合も「あなたのことが嫌いで断ってるのではないですよ」というサインを送ることはよくある。

ちなみに英語ならば “Can I take a rain check?” (また今度誘ってらもってもいい?) という便利な表現がある。

こういうさりげないサインの交換の積分がコミュニケーションスキルであり、ソーシャルスキルなのだろう。

行間を一切読むことができず、生まれてこの方一人も友人がいない寒汰には完全に欠落している能力である。

一人で食事する侘しさ、恥ずかしさがわからない寒汰は、アイヌ人ゆえの文化の違いというよりは、単に寒汰は羞恥心というものが欠如しているだけと言ってもいいかもしれない。

.

「ゲヒーーーーー!俺、一緒に飯を食う友達居なくても平気!そんな俺、偉い!俺、勇気ある!俺、男の中の男!俺、偉すぎる!ゲヒーーーーーーーー!」

そう雄叫びをあげる寒汰を、国鉄時代同様、今も周囲の人間は冷たい目で嘲るように見ていることに寒汰は一切気づいてないのであった。

.

.

「臭橋◯至、高橋◯至、臭橋◯至、高◯順至、臭橋順◯、◯橋順至、高橋◯至!臭橋順◯はネットオタクで凄い!」寒汰は今日も、釧路町木場にあるホーマックで千枚通しを買いながら奇っ怪な声をあげていた。

勾践(こうせん)氏(仮名)や周囲の人間はまゆをひそめながら、この狂人を嘲るように見下ろしていた。

.

.
.

寒汰の迷惑行為による被害者一覧

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

大虎の秘密の新メニュー、猫又ラーメンについてはこちらを御覧ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

新田店長の引退

寒汰のあまりの身勝手さと、営業妨害に心身ともに疲れきった新田店長は2001年頃、引退を決意した。

いくら臭皇の開業資金を出したとはいえ、あまりに臭くて気持ち悪く、一切仕事ができない寒汰と共に経営するのに新田店長は我慢ならなくなったのだ。

新田店長が引退して寒汰が店を仕切るようになると、途端に店の切り盛りや接客が疎かになった。そもそも寒汰に接客はできない。ラーメンを食っている客の後ろから仕切りに話かけ、「ラーメン屋は車を洗わなくていい」などという狂った持論を一方的にまくしたて、客に対して「お前は駄目なやつだ。ゲヒヒヒ。お前は本当に駄目なやつだ。ゲヒーッヒヒヒヒヒッッヒヒヒ」と侮辱するだけなのである。

女性の客が来れば、全身を視姦し、家やバイト先までつけていってストーカーするのである。

これでは客足が極端に落ちるのも当たり前であった。

また、寒汰が作るスープは異様に臭かった。富士食品の白豚湯スープをお湯で溶かすだけなのに、寒汰が作ると異様に臭いのだ。これには従業員たちもびっくりした。寒汰が触れるものが全て腐っていくかのようにスープまで臭くなり、店内に悪臭が立ち込め料になった。(冗談のようだが実話である。)

.

 

(写真と本文は全く関係ありません)

極端に客足が落ち、売上が激減した結果、さすがの寒汰もテコ入れを考えなければならなくなった。その寒汰が考えた案は、イカのゲソ販売であった。

夕方になると、臭皇の従業員は寒汰の指示で和商市場に買い出しに行かされた。鮮度が落ち、ほとんどゴミ同然となったゲソを二束三文で買うためである。何より安いのが話が好きな寒汰らしい仕入れである。そして仕入れてきたゲソを使って、従業員たちは塩辛を作らされた。

「ゲヒヒヒヒ。お前ら、気合を入れて作るんだ。俺が儲かるためにな。ゲヒヒヒ。お前らはダメな奴だから働くんだ。俺は偉いんじゃよ。俺は凄いんじゃよ。だから俺は働かなくてもいいんじゃよ。お前らが働いて、俺が儲けるんじゃよ。どうだ? 俺は賢いだろう? 俺は偉いだろう? 俺を尊敬しただろう?ゲヒーーーッヒヒヒヒッヒヒヒ!」

あまりに勝手な言い草に、従業員たちは殺意さえ覚えたという。

.

作られた塩辛はセルフサービスのおつまみとしておき、それによりライスの注文を増やそうとするのが寒汰の魂胆であった。そう、寒汰の店、臭皇ではライスが有料でそれが大きな収入源だった。

寒汰は魔尼羅盗撮バージン(仮名)で繰り返し「ライスのおかわりが無料の店が最高の店なんじゃよ。おかわりが有料な店はだめなんじゃよ。ゲヒヒヒヒ」と何度も何度も語っていたが、

実は自分の店が一番ダメな店なのだった。

言っていることとやっていることが相変わらず真逆の寒汰である。

この塩辛の他にも、辛味噌がセルフサービスのおつまみとして用意されていたが、寒汰は従業員たちにこう言わせていた。

「お客さん、辛味噌をラーメンの汁に入れると美味しいよ?米を頼むかい? 次に汁に米を入れたら猫マンマで美味しいよ?米頼むかい? 米だけ食べても美味しいよ。米頼むかい?米を頼むと新田店長自家製のたくわんが食べれるよ? 米頼むかい?」

あまりに押し付けがましいセリフだからだろう、ライスを注文する客などほぼ皆無だったという。

相変わらず商売のセンスがゼロであることを露呈した寒汰であった。

なお、寒汰の水ぶっかけご飯の原点はここにあるのかもしれないとは臭皇の現役従業員三好くんの弁である。

.

見事までに売上が激減した結果、従業員が新田店長のもとに駆けつけ、あまりの惨状を報告した。

新田店長も、逡巡したが自分が作り上げた臭皇が侮辱的な悪評と共になくなるのは耐え難く、店に復帰することになった。

新田店長は復帰してから従業員にこう文句を言っていた。

「あの臭社長に任せたから売り上げも味付けもめちゃくちゃになっちゃったのさ〜。

だから私が復帰しなくちゃならなくなったのさ~。でも、臭社長と一緒に働くのはやだよ~。」

かくして新田店長は引退を撤回して店に復帰したが、その直後、臭社長寒汰が営業時間中の店に出入り禁止を新田店長に言い渡されることになるのである。

.

.
.

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

格安商品の魅力

10年間毎月フィリピンに買春旅行に通うスーパースター寒汰は言う。

「フィリピンは物価が安いんじゃよ。安いのが嬉しいんじゃよ。俺は安いものに目がないんじゃよ。安いの話が大好きなんじゃよ。ゲヒーーッヒヒヒッヒヒヒヒ」

ここで、筆者が大好きなブログ「マニラに住むとはおもわんかった」のエントリをまた引用させていただきたい。

自称ベテランの寒汰氏は自分より高い飯を食べるフィリピン人を見てショックを受けてブログで負け惜しみのように書きますからね。あまりに動揺して645ペソを1,600ペソだと勘違いするおまけつきです。飯だけでなく300ペソの乞食売春婦も金もらってもいりません。寒汰氏の持論は飯なんて腹に入れれば何でも同じ、女なんて裸にすればみんな同じらしいですが、そのキムタク似のルックスとあわせて歩く日本の恥ですね。

品質考慮しないで物価を考える。こんなことしてるのは世界中で寒汰ぐらいしかいないのではないでしょうか。(※ 寒汰は品質を見る目が一切ないから、安ければなんでも喜ぶ。)

40ペソの屑飯300ペソの汚らしい乞食のような女を買いにフィリピンですか。日本で100円のカップラーメン食べて100円でアダルトビデオレンタルして自家発電のほうがよっぽどマシかと思います。

.

釧路のスーパースター寒汰の哲学「安ければなんでもいい。安ければ安いほどいい。」が根本から吹っ飛びそうな爆弾発言である。

珍獣寒汰と、我々現生人類(ホモ・サピエンス)の間には、深くて長い川が流れている。絶対に渡ることが不可能な川である。なにせ珍獣寒汰は文化的な素養が一切ない。花は花、虫は虫。そこには一切の科学的な興味も詩的な感情も持ち合わせていない。食べ物を見ると腹がいっぱいになるかどうかしか考えられない。味も匂いも色彩も、食をとりまく環境も一切考えない。腹に入ればそれでいいのである。女は300ペソのゴミの臭いが漂う乞食エコ売春婦も、超絶美人のスーパーモデルも一緒に見えるのである。

人類が数十万年にわたって培ってきた文化を寒汰は一切理解しないのである。つまり物の価値がわからないのだ。物の価値がわからないから値段しか見えないのである。コストパフォーマンスという単語を100万年たっても理解できない生物なのだ。

.

「ゲヒーーーー!フィリピンの物価は安い!俺、嬉しい!安いものを買う俺、偉い!偉すぎる!げひ~~ーーー」今日も寒汰は叫ぶ。フィリピンの物価は言うほど安くない。下手をすると日本により高いと感じることも少なくない。

一見安く見えるのは、中身が値段以上にチープだからである。食一つとっても日本と同レベルの安全性を期待することなど不可能である。食べると不快になる屑飯だから8ペソでトロトロで売っているのである。

また、何より命の値段が安い。人が簡単に死んでいく国である。人を殺しても2万ペソだという。

そういう国で上辺の値段を見て「安い!凄い!」と大喜びするのは、その喜んでいる人間自体が安い証拠なのであると思うのは筆者だけだろうか。

.

「臭橋◯至、高橋◯至、臭橋◯至、高◯順至、臭橋順◯、◯橋順至、高橋◯至!臭橋順◯はネットオタクで凄い!」寒汰は今日も、釧路町木場にあるホーマックで千枚通しを買いながら奇っ怪な声をあげていた。

勾践(こうせん)氏(仮名)や周囲の人間はまゆをひそめながら、この狂人を嘲るように見下ろしていた。

.

.
.

寒汰の迷惑行為による被害者一覧

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

大虎の秘密の新メニュー、猫又ラーメンについてはこちらを御覧ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

海外旅行者に関する雑談 (バックパッカー、出入国書類記入)

海外旅行をすると、自分で出入国書類さえ書けない人間が居ることに気づく。また、バックパッカーの妙な文化に影響されているいい大人も少なくないことがわかる。

その両方の悪いところだけを寄せ集めて煮詰めたような男が、本寒汰物語が愛してやまない寒汰である。

本エントリでは、この二つに関して某ソーシャルサイトで行われた議論をご紹介したい。

Dさん> バックパッカーってさ、自分探しの旅をしてるけど、今の自分の中に自分を見つけられなかったら、どこへ行っても無理。現地の言葉も英語もろくに話せないならば、サービスは全てお金で購入するべき。他人に迷惑をかけるべからず、って親にならってこなかったのかしら、といつも不思議に思っちゃいます。

私もケチるところはケチりますが、空港からホテルまでのタクシーと、宿泊場所の安全性にはきっちりお金を払うようにしています。安全は支払う額に比例します。

お金のない男性は、安全面でもう少しケチってもいいけどさ(ホテル飛び込みとか流しのタクシーとか)、自分で入国カードも書けないアホなオッサンは、きちんとツアーで買春旅行をしてもらいたいものだわ、プンプン。何回書いてあげたことだかorz…

Fさん> そういうオサーンって記入してもらっても礼すらまともに言わない気がしますね。若い綺麗な女はオサーンに尽くして当然だと思ってそう。若い綺麗なお姉ちゃんとはキャバクラでしか話ししたことなさそうだからw

Wさん> バックパッカーを一括りにするのは無理があります。インドあたりだと日程の問題から会社を辞めて転職する間の息抜きの人が多かった。インドだとボロ宿も楽しかったりして、というかマトモな宿が少ない。長期になると交通費、宿代は節約せざるを得ない部分は正直あります。自分の場合、不潔ではない個室でシャワー、トイレ付きでコスパの高い宿でした。学生は猿岩石の影響か安いドミトリーを自慢していたりしましたね。人と触れ合いたくてドミトリーという若者もいました。しかしリピーターのバックパッカー、フリーターのバックパッカーはたちが悪い連中が多かった。露骨にケチる連中はバックパッカーの中でも異色です。

Yさん> 露骨にケチるのはバックパッカーの中でも異色なんですね!

Jさん> 一部の少数のどうしようも無い連中が全体の印象を悪くしてるのはどこの世界でも同じなんですね^^;

Mさん> 格好や装備はバックパッカーですが天下の◯◯のエンジニアですからねw 日本だと伊豆当たりで2ビーチダイブで12,000円位取られますが(レンタル機材除く)ボラカイだと同じ値段、機材込みでボート4、5ダイブは行けますから。ドミトリーに泊まっている若い欧米人でも、Cカードだけ持っていて1、2本位潜っていく連中も居ました。

Mさん> Dさんが入国カードを代筆した件は本当だったのですね!

うちのお袋が60歳の時に1人で記入例を見ながら必死に書いていたことを憶えていますが、できないというか、横着なのか人の手を煩わせるって信じられないです。

Tさん> そういえば、バリでホテル付属のサービス(申し込み等は英語)でダイブした時、一本千円くらいで潜れた気がします。(値段うろ覚えですが、無料同然だと思いました)。バリでは日本のダイビングショップでも潜ったのですが、その時は2ボートダイブで1万円くらいとられた気がします。すごい差です。英語ができるかどうかで節約できるかどうかが全然違うと実感しました。ドミトリーに泊まってる欧米人でも1,2本潜ってくんですね。まあ、彼らはウェットもなしのハーネスだけで潜りますしねw

Fさん> 他人にイミグレカードを書かせておいて、現地では「あんなのは適当にその辺の姉ちゃんに書かせればいいんだよ。俺はモテモテ男だから隣の席の綺麗な姉ちゃんが、嬉しそうに記入してたんだよ。ゲヒヒヒ」と周囲に言い放っていそうですw

Cさん> 英語が出来なくても、地球の歩き方とか見れば、懇切丁寧に書いてあるじゃん>入国カード

Wさん> 多分乗り慣れない飛行機に乗った事で身分を勘違いしてしまったのだと思います。

Fさん> ドケチがなけなしの金を払って飛行機にのると、自分が王様にでもなった気なんでしょうねw エコノミー席で

Aさん> プノンペンにだるまさんと呼ばれている人が居ました。部屋、飯、凹で1日5ドルで生活していました。朝飯は食堂でライスだけ頼み、マーケットで買ってきた卵をかけて食べていました。ひと月経たずに出入り禁止になりました。その後、毎日欠かさず1ドルの凹を買っていたせいか激やせし、帰国してしまいました。お星様になったらしいです。最期まで好きな事をしてお星様になったのですが、不思議と誰も羨みませんでした。

Tさん> 寒汰(さむた)には理想のウルトラスターでしょうけどねw

Cさん> そんな食生活でよく、毎日凸凹出来ましたね

Aさん> 部屋2ドル、凸凹1ドル(値切っていたという話もあります)、ジム50セントだったのでお茶代含めて1日1ドル50セントが食費ですね。妙に引き締まった体をした初老でした。

Dさん> 入国カードを記入してあげるのは、彼らがCAのお姉さん達に非常に悪い態度を取るので、大好きな日本の品位が下がるのが嫌ななんです。私一人が犠牲になれば…。2回に1回は書いてるなorz…マカオから香港への高速艇でも4人分書いたわorz… 日本以外の人だと嬉しそうにお菓子や果物くれるのに。買春オヤジのお礼はまったくもって、キモイっす。無理無理。

Sさん> ↑ そういう輩を初めて見た時には絶句しました。

Sさん> それから話は飛びますが、Fさん紹介の日記での南朝鮮人についてはかなり言いえていますね。

Fさん> 南朝鮮人も寒汰のキモさに比べたら可愛く思えますけどねw

Jさん> 先日 NAIAでDeparture cardを記入するのに「地球の歩き方」を見ながら20分近くかかってたオサーン集団がいましたが、彼らは自分で記入して多分だけマシだったんですね。

その後の喫煙所で大声で喋りまくる態度にかなりムカつきましたがもっと優しい気持ちで見てあげるべきでした^^
Fさん> Departure Card を書くのに20分かかる理由が全く理解できないです。アルファベットの書き方を知らないのでしょうか?w それでも、Jさんが仰るとおり、フィリピンではまだましなんですよね。恥を垂れ流している集団はもう日本には帰ってこず、そのままマニラ湾の底で一生泳いでいればいいのにw ま、寒汰は今回帰ってこれないかもしれないですねw

Jさん> 私も未だに理解できません。

でも私が空港使用料を払うのに並んでた時間とイミグレで並んでた時間ずっと書いてたからそれ位かかってたはずです。もしかしたら数人分を一人のおサーんが書いてあげてたのかな?

Tさん> 数人分を書いていたのはありそうですね。ただ、本当に自分の分だけの可能性もある気もします。
育ちの悪いタイ人とかフィリピン人に書類を記入させるとA4の紙一枚の簡単なものでも30分以上かかります。うんうん唸って、一向に記入が終わりません。日本人の臭い汚いオサーンも同じかな。基本的な事務処理能力が格段に劣るんでしょうねw

Tさん> 寒汰もブログを書くのに恐ろしく時間がかかってるみたいですね〜。一つの記事を書くのに数時間かかってるみたいです。それでいて間違いだらけw 私はだいたい一つの記事が30分です。寒汰は、文章をひとつ書くにも凄まじく無駄な作業をしてるんでしょうねw

寒汰は毎日ブログを書いている人間を見て「あいつらは仕事をしてない!会社をクビになってるはずだ!」と叫んでましたが、自分だけが事務処理能力が格段に低いことを理解できないんでしょうね。

筆者はバックパッカー文化はよくわからないが、フィリピンによく居る、異常なまでのドケチ根性の人間はバックパッカー文化を引きずっていると聞いたことがあった。

しかし、いろんな方の意見を聞くとバックパッカーでもドケチ至上主義の人間はむしろ少数派であるようだ。

また、自分で出入国書類も書けない、普通の文章を書くのも異常に遅い人間も世の中にはいるようだが、彼らはいったい小学校で何の勉強をしてきたのだろうかと思う。普通の小学生でも出入国書類やブログくらいさっさと書きそうなものだが。

臭い汚い寒汰のような深海魚の摩訶不思議な世界は海面近くの人間には本当にわからないものだとつくづく思う筆者であった。

.

.

「臭橋◯至、高橋◯至、臭橋◯至、高◯順至、臭橋順◯、◯橋順至、高橋◯至!臭橋順◯はネットオタクで凄い!」寒汰は今日も、釧路町木場にあるホーマックで千枚通しを買いながら奇っ怪な声をあげていた。

勾践(こうせん)氏(仮名)や周囲の人間はまゆをひそめながら、この狂人を嘲るように見下ろしていた。

.

.
.

寒汰の迷惑行為による被害者一覧

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

アダルトビデオに全てを費やす男

何を隠そう、寒汰はアダルトビデオマニアである。

そんじょそこらのアダルトビデオマニアが束になってかかっても全くかなわないほどアダルトビデオが大大大大大好きである。

国籍を問わず、女性から蛇蝎のように忌み嫌われる寒汰は自分を拒否しないフィギュアも大好きだったが、アダルトビデオも大大大大好きだった。

(ちなみに幼女は大人の女性より抵抗が弱いので寒汰は幼女も大大大大好きである。)

58年間、一度も生身の女性とつきあったことがないが異常なまでに性欲が強い寒汰はアダルトDVDを利用して性欲の解消をしているところが大きい。

寒汰が毎日仕事もろくにせず、家に閉じこもって何をしているのか疑問に思われる方が多いが、寒汰は家に閉じこもってひたすらエロDVDを見てオナニーしているのである。

(それ以外の時間はネット荒らしかテレビのワイドショーを見て博識人間になったつもりに浸るのが寒汰の日課である。)

.

生身の女性と一切つきあったことがない、どころか話をすることさえ拒否される寒汰にとって女性=エロビデオの中のAV女優である。

ほんの少しでも女性経験のある男なら誰でもわかることだが、生身の女性はAV女優とは全然違う。そもそもAV女優も日常生活ではそんな男の都合のいい女性たちではない。

筆者は若いころ二度だけ、そうとは知らずにAV女優と凸凹したことがある。二人共確かに可愛かったし、普通の女性よりはエロかったがビデオの中のように男の言うことをなんでも聞いてくれるわけではない。むしろごく普通の女性に近い。

汚い臭いオサーンが「ゲヒヒヒ。俺はお前に生中出しするぞ」と近寄って行ったら飛んで逃げ出すだろう。

しかし、女性経験が一切ない寒汰は、そんなことすらわからなかった。すべての女性はエロビデオの中のAV女優のように汚いオサーンにも簡単に凸凹させてくれて、どんな変態プレーでもやらせてくれると思い込んでいた。

寒汰は女性経験がないから妄想ばかりが膨らむ。すると、現実の女性からは気持ち悪がられてますます相手にされない。相手にされないから、ますます妄想ばかりが膨らむ。寒汰は58年間、この負のスパイラルを繰り返してきたのだ。

.

寒汰のうんこブログ(下品な表現だが、寒汰本人がそう呼んでいるのだから仕方が無い)、魔尼羅盗撮バージン(仮名)では度々エロビデオが話題になる。

フィリピンのどこで無修正のエロDVDが買えるか、無修正のエロビデオを見たら、擬似ナマ出しだったなど、が延々を書かれている。筆者は当時、魔尼羅盗撮バージンを見て、なぜ寒汰がそこまでエロDVDにこだわるのか全く理解できなかったが、今ならわかる。

寒汰の人生の多くはエロDVDに捧げられており、どうしてもエロDVDにばかり関心が向くのだろう。

なお、寒汰の異常な文章にはエロDVDの紹介文に非常によく似た部分が見受けられる。文体が似てくるというのは異常なほどにエロDVDの紹介文ばかりを読んでいるということである。

寒汰は年から年中エロDVDのことばかり考えているのだろう。

.

寒汰はエロビデオの中でも本番、生中出しに異常にこだわっている。フィリピンで買った無修正DVDを見たら、生中出しのはずがコンドームをしていたので、寒汰が怒り狂っていたことがある。(2009年11月9日の魔尼羅盗撮バージン「フィリピンで、猥褻アダルト無修正DVDを見ていて想うことあり。」をご参照いただきたい。)

エロビデオが擬似生中出しだっただけで、なぜそこまで怒り狂うのか、筆者にはさっぱりわからないのだが、寒汰は58年間生きてきて、途上国の売春婦にさえ生中出しを激しく拒否されてきた寒汰は生中出しへの思い入れが異常なまでに強いようである。

.

なお、寒汰はアダルトビデオはレンタルや購入はしない。すべてネットの無料ダウンドーロですませる。異常なまでにドケチの上に、表面上のコストしか考えられない寒汰は、どれだけ時間を無駄に使用が、どれだけ労力を無駄にしようが、無料で手に入れることを全てに優先しているからだ。

寒汰が毎日家にずっと閉じこもっているのも、この無料エロ動画のダウンロードに忙しいからとも言える。また、寒汰のPCが凄まじいまでにウイルスだらけなのも、この無料エロ動画をダウンロードするために怪しげなサイトでウイルス感染しまくっているからである。

PCがウイルス感染して壊れたりデータが消えるのは、エロDVDをレンタルするより遥かにコストが高く付いていると思うのだが、表面上のコストしか考えられない寒汰にはそんな小学生でもわかることすら理解できるわけがなかった。

.

.

「臭橋◯至、高橋◯至、臭橋◯至、高◯順至、臭橋順◯、◯橋順至、高橋◯至!臭橋順◯はネットオタクで凄い!」寒汰は今日も、釧路町木場にあるホーマックで千枚通しを買いながら奇っ怪な声をあげていた。

勾践(こうせん)氏(仮名)や周囲の人間はまゆをひそめながら、この狂人を嘲るように見下ろしていた。

.

.
.

寒汰の迷惑行為による被害者一覧

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

盗み癖が治らない男

寒汰のドケチさや、犯罪の数々は異常である。少なくとも日本の美徳である「恥じらい」を一切感じない。寒汰は恥知らずそのものである。

これは、寒汰が日本語を常用語とする「日本人」であり、本当の日本人ではないのだから仕方ないのだろうが、寒汰の異常さはどうも似非日本人だからだとかそういうレベルを超えている。

 寒汰は他人のものは自分のものだと思い込んでいる節がある。
  • 友人が店に残していったチップを平気でくすねていく
  • 自分は絶対におごらないが、他人のおごりだと際限なく飲み食いする
  • 知人が店に入れているボトルは、一人でその店に行って残らず飲み干す
  • プロのイラストレーターのイラストを無断で盗用して店の看板に使い、自分が書いたと言い張る
  • JALのラウンジやホテルに行くと、おしぼり、キャンディ、アメニティグッズなどを根こそぎ持って帰る
  • 食い放題の店にはビニール袋を何枚も持って行き、食べ物を根こそぎそれに入れて持って帰る
  • 呼ばれてもいないオフ会に無理やりおしかけていき、そこに居る女性を自分の所有物であるかのように、何時間にもわたって視姦する

寒汰は本当の基地外と普通の人間の中間であり、自己愛性人格障害者なので、これらの盗み行為を罪の意識なくやっているのではないかと筆者は長年考えてきた。 あれだけの犯罪をおかしながら、自分が「正義の味方」だと言いはる寒汰だから、盗みも「正義の行い」だと思い込んでいておかしくないのだ。

そんな、寒汰が自分の盗み行為をどう考えているかについて、興味ある文章を発見したので紹介したい。

2009年5月1日の魔尼羅盗撮バージン(仮名)で、寒汰はこう書いている。

私としては、ウエットティッシュは、JALのラウンジから「使い捨て紙おしぼり」を、数枚拝借、常時携行の習慣がありますし、石鹸はホテルでも手に入ります

寒汰は自分のティッシュは JAL ラウンジのものをくすねてきて使うのが当たり前と思っているようである。また、石鹸もホテルのものをくすねてきて使うのが当たり前と思っているようである。

ドケチさも異常だが、盗みにまで走るのは常軌を逸しているし、むしろ盗み行為を自慢するふうであるのは、もはやホモ・サピエンスの所業とは思えない。動物でさえ、盗みが悪いことだと知っているのに、寒汰はその動物レベルの道徳さえないのである。

寒汰のことをこれまで「珍獣」と呼んできた筆者たちであるが、もしかすると珍獣という呼称は動物に対して失礼なのではないかとさえ思える今日この頃である。

.

.

「臭橋◯至、高橋◯至、臭橋◯至、高◯順至、臭橋順◯、◯橋順至、高橋◯至!臭橋順◯はネットオタクで凄い!」寒汰は今日も、釧路町木場にあるホーマックで千枚通しを買いながら奇っ怪な声をあげていた。 勾践(こうせん)氏(仮名)や周囲の人間はまゆをひそめながら、この狂人を嘲るように見下ろしていた。 . . .

寒汰の迷惑行為による被害者一覧

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話) この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜 人の誕生と人間としての矜持 絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件 伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I 寝たきり男 II 無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

.

   blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.