寒汰の人生 I

最近、寒汰の消息が数日わからないことがある。さらに、臭皇が従業員にも無断で臨時休業となることがある。従業員にもその理由は明らかにされない。

この状況に対する、某ソーシャルサイトでのコメントをご紹介したい。

Jさん> 吾人の身になにかあれば良いのですがw
10月22日 1:01 · いいね!を取り消す · 5

Fさん> 核爆弾が直撃しても死ななそうな男なので、胃癌が逃げ出していなければいいのですがw
10月22日 1:03 · いいね! · 4

Kさん> 癌細胞ですら栄養にしちゃいそうな生物ですからねぇ…
10月22日 1:11 · いいね!を取り消す · 5

Gさん> 存在自体が社会の癌ですもんね….
10月22日 1:18 · いいね! · 5

Tさん> 日本も目覚めてきた証拠ですな。
10月22日 1:21 · いいね!を取り消す · 4

Aさん> いよいよ、害獣が追い詰められてきましたねw
10月22日 1:23 · いいね! · 4

Gさん> 釧路からの情報では、寒汰は顔も痩せて出目金のように気持ち悪いそうです。

Jさん>  醜く太っていた人間が努力以外で痩せると更に醜くなってるでしょうねw

他人の死を散々バカにしてきたあげく、犯罪行為を重ねてきた寒汰に対しては、むしろ温かい言葉だと思うのは筆者だけだろうか。

さて、天罰のように醜く死にゆく寒汰の人生を本エントリでは振り返りたい。

(動画と本文は全く関係ありません)

.

寒汰は 1954年に帯広で生まれた。父親・弘(仮名)はアイヌ人である。母親・貞子(仮名)は日本人と寒汰は主張するが在日朝鮮人の可能性が高い。父親はアイヌ特権を利用することが生きがいだったようで、それを「商売」と称していた。(多くのアイヌ人の方は特権など関係なく地道に生きていらっしゃると筆者は信じている)。なお、父親は名前を「弘」から「博」に変更しているが、これは在日朝鮮人における通名の変更と同様だと考えられる。父親が犯罪者であったかどうかについては、確証がないので本エントリでは言及を避けたい。

母親の貞子は「雑魚寝」と称して在日朝鮮人の男と一緒に寝ることを常としていた(それについては寒汰自身が魔尼羅盗撮バージン(仮)に書いている)。 母親が在日朝鮮人と日々寝ることが、寒汰には我慢ならなかったようだが、貞子は全く意に介していなかった。そもそも、貞子は寒汰を忌み嫌っていた。

我が子ながら、非常に醜く、そして何より異常極まりない性格の寒汰は、母親からも徹底して嫌われていたのである。貞子は死の病にある時、「私が苦しいのはサンタサタンのせい」と何度も何度も叫んでいたが、それはサンタ息子への激しい嫌悪の念の表れであったのかもしれない。

寒汰は在日朝鮮人を激しく憎むようになったのは、そんな汚らわしい出生のゆえである。(アイヌ人が汚らわしいわけではない。寒汰が汚らわしいだけである。)そもそも、アイヌ協会の幹部の大半が在日朝鮮人であることからわかるように、(一部の)在日朝鮮人と(一部の)アイヌ人は非常に親しい関係にあり、両者は協力して特権の利益を貪っていると言われている。(そんなアイヌ人・在日朝鮮人はごくごく一部であると筆者は信じている)。一方で、アイヌ人と在日朝鮮人は互いに激しい近親憎悪を感じているようでもある。その近親憎悪は寒汰にも埋め込まれていた。

寒汰は子供の頃から周囲に徹底して嫌われていた。なぜなら異常に臭いし気持ち悪いからである。おまけに性格が異常なので、寒汰はすぐに誰からも嫌われた。自分より幼い子供にまで指をさされ、あざ笑われる事が多かった。寒汰はそれは自分がアイヌ人であるからだと思い込んでいたが、人種は関係なかった。寒汰個人に問題があったのである。

やがて、気に入らない人間がいると寒汰はすぐにコンプレックスをむき出しにし、「あいつは在日朝鮮人だ」と言って回るようになった。純粋な日本人を在日朝鮮人よばわりすることで、寒汰は自分が勝った気になり、気分がよかったのである。もちろん、そういう異常な行動はますます寒汰が嫌われる理由となった。

なお、この頃から「俺を馬鹿にしたやつを見返してやる」としきりに言っていた。毎日ブツクサとつぶやく寒汰の異常な姿は周囲からさらにバカにされ、指をさされて笑われていた。

学校でも誰にも相手にされず、成績も悪かった寒汰だが、アイヌ枠で国鉄に入社することができた。寒汰を昔から知る人間は言う。

「あいつは、異常に頭が悪いし性格も悪いし、見た目も気持ち悪い。何もかも最低のステータスだが、その分、運だけはマックスに設定されて生まれてきた生物なんだよ。」

.

ただ、就職したと言っても、頭が異常に悪い寒汰にできる仕事はほとんどなかった。国鉄なのに電車に関わる仕事は一切させてもらえず、20代にして文字通りに窓際の席で放置されていたのが寒汰である。昼食時も誰からも誘われず、いつも250円でパンとジュースで済ませていた寒汰は自分で「俺は馬鹿にされていた」と認めている。

あの異常なまでに自分に都合のいい妄想キチガイの寒汰が「俺は国鉄でバカにされていた」と認めるのだから、国鉄でいかに寒汰がバカにされていたかは想像に難くない。やがて、正規の職場を追い出されるように労働組合へとお払い箱になった。(一部の会社では、労働組合専従で働く社員もいる。旧国鉄もそういう会社である。)

当時労使紛争が盛んだった時代であるが、寒汰はデモでも全く役に立たなかった。味方の準備を散々じゃましたあげく、いざ機動隊があらわれると、真っ先に味方を突き飛ばして機動隊と反対方向に走って逃げていったのである。この件で、寒汰はますます同僚・上司から指をさされて笑われるようになる。

当時、寒汰の先輩だった青木さんは、キャバクラ(スナック舞子)に遊びに行く際、人数合わせのために何度か寒汰を誘った。しかし、寒汰はキャバクラ内で黙りこくってチビチビと飲み、キャバクラ嬢を陰湿に視姦しては、ベロリベロリと口の周りを舐めまわすだけだった。たまに口を開いたかと思えば、ドケチ自慢と、明らかなホラ話の自慢ばかりで、キャバ嬢たちの体を遠慮なしに触りまくった。おまけに支払いはいつも先輩たちにさせ、自分では一切金は払わなかった。それどころか、キャバ嬢がドリンクをお願いすると寒汰は「飲みたければ自分で金を出して飲め」とまで言い放ち、それで勝ち誇ったような顔をしていた。そんな寒汰をキャバ嬢たちはトコトン忌み嫌った。やがて、寒汰がスナック舞子に行っても、誰も席に座ってくれず、放置プレーを食らうようになったのは有名な話である。

なお、この頃転勤していった青木先輩のボトルを勝手に飲み干しキャバ嬢たちから、さらに嫌われてバカにされたのは既報のとおりである。(寒汰物語でこの件が暴露された後、寒汰はブログ・魔尼羅盗撮バージンで慌てて青木先輩に謝罪の言葉を書いたが、むしろ青木先輩をコケにしたかのような書き方は逆に青木先輩の怒りを誘った。)

.

やがて国鉄民営化の際、当然寒汰はJRに移ることはできなかった。ただ、幸運なことに全く仕事をしてなかった寒汰でもかなりの額の退職金を得ることが出来た。

全てのステータスが最低の寒汰だが、やはり運だけはマックスで生まれてきたのである。

(続く)

.

10686930_686195394805618_4423386474758703684_n

(写真と本文は全く関係ありません)

「ゲヒヒヒヒ。俺は死んだ人間や、死にそうな病気になってる人間を事実無根の噂で辱めるのが好きなんじゃよ。死んだ人間や死にそうな人間は反論しないからな。どうだ? 俺は偉いじゃろう?俺を尊敬しただろう?ゲヒーッヒヒヒヒッヒヒヒヒ!!」

口答えできない死人や、不治の病にある人間を徹底して誹謗中傷してきた寒汰である。しかし、因果応報、とうとう自分がやり返される番が来たようである。

もっとも、寒汰は他人を事実無根の誹謗中傷で貶めたが、寒汰が非難されるのは現実の違法行為や迷惑行為である。寒汰と違い寒汰を非難する方々は、やはり良識的と言える。

寒汰はスキルス性胃癌になり、既に20Kg痩せたと聞く。死期が近いと聞く。正直言って残念な気持ちもする我々である。なぜなら、寒汰には、己のしでかしてきた罪を少しでも長く苦しみながら反省してもらいたいからである。

Slide1

20111106101509_01-4

20111106101509_03ex-9

20111106101509_04-3

20111106101509_05-5

(写真と本文は全く関係ありません)

臭皇の売上低下が止まらない。特に書き入れ時のはずの冬の売上低下が深刻である。

売上低下の最大の理由は、寒汰の異常な迷惑行為が釧路市民から嫌われまくっていることだと思われる。しかし、寒汰は犯罪行為、迷惑行為をやめる意思は一切ないようである。

寒汰の心境を代弁するとこういうことであろうか。

「ゲヒヒヒヒ。俺は臭皇の売り上げが落ちても気にしないんじゃよ。俺は他人に迷惑をかけ続けるほうが大事なんじゃよ。俺は絶対に絶対に絶対に犯罪も迷惑行為をやめないんじゃよ。マニラでも釧路でも嘘を突き倒して世の中に迷惑をかけると快感なんじゃよ。臭皇の売上がゼロになっても、俺は絶対に絶対に犯罪も迷惑行為をやめないんじゃよ。どうだ? 俺は偉いだろう?俺を尊敬しただろう?ゲヒーーーーーーーーーーッヒヒヒヒヒヒヒッヒヒヒ!」

ラーメンに富士食品の業務用スープをお湯で薄めただけのラーメンを客に出すのは問題ないだろうが、それを「カナダからわざわざ輸入した豚骨で煮込んだ」と嘘をつくから嫌われるのである。

そもそも既に釧路市民には、寒汰が白豚湯スープを搬入しているところがモロバレなのである。(写真と本文は全く関係ありません)

.

「ゲヒヒヒ。俺は正義の味方じゃから、いくらでも他人に迷惑をかけてもいいんじゃよ。他人に迷惑をかけると俺は気分よくなるんじゃよ。俺が歩道を占領する形で駐車したせいで、子供が交通事故にあっても俺に責任じゃないんじゃよ。俺が無料で駐車できる方が大事なんじゃよ。俺は無料で他人のものを利用するのが好きだし、他人に迷惑をかけると、たまらなく気分がよくなるんんじゃよ。どうだ? 俺は賢いだろう?俺は偉いだろう?俺を尊敬しただろう?ゲヒーーーッヒッヒッヒヒ」

Screen Shot 2013-02-13 at 9.11.08 PM

20120607160740-1

(写真と本文は全く関係ありません)

.

「ゲヒヒヒ。俺の犯罪は普通にすごいじゃろう。俺は普通に悪知恵がまわるじゃろう。俺は普通に男らしいじゃろう。俺は普通なんじゃよ。俺は普通にすごいじゃろう。俺は普通に偉いじゃろう。どうだ? 俺を普通に尊敬しただろう?ゲヒーーーーーーーーーーッヒヒヒヒヒヒヒッヒヒヒ!!」

(※ あまりの異常さが釧路でもマニラでもばれている寒汰は、最近他人から「普通」と呼ばれたくて仕方がないそうである。)

その寒汰の雄叫びを聞いて、takashi のあの素っ頓狂な声が釧路の空に響くようである。

「凄い!凄い!寒汰さんは普通に異常だ!普通に味覚障害だ!普通に嫌われ者だ!」

22s

2011_10_15_1111-02

(写真と本文は全く関係ありません)

なお、フィリピン・マニラで有名な援助交際カフェ・LAカフェ(旧称 MBC マニラベイカフェ)が人生の全てと言い切る寒汰が、マニラ周辺を徘徊する姿は大勢に目撃されており、写真もネットに流れているのであった。(写真と本文は全く関係ありません)

.

.
.

寒汰の迷惑行為による被害者一覧

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

寒汰と寒汰物語に関する疑問があれば、こちらを御覧ください。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

大虎の秘密の新メニュー、猫又ラーメンについてはこちらを御覧ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

About plastictakata
暗黒の国フィリピンやパッツン天国タイでばら撒き、自主パト、凸凹するのが趣味の57歳のオサーンです

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。