経営の天才が語る新しいビール文化

ビールに氷を入れるのは、日本以外の国なら珍しくもなんともない。

 

参考までに回答者の多くがアメリカ人である Yahoo! Answers の下記の記事をご覧頂きたい。

Can ice cubes be put in beer?

英語が一切読めない寒汰には全くわからないだろうが、上記のページでもほぼ全員がビールに氷を入れる/入れるのを見たことがある、と回答している。

ただしビールの味を気にしない人たちのやることとして、周囲からは白い目で見られているようである。

しかし、寒汰はビールに氷を入れるのは世界中でフィリピンだけで、フィリピンを代表する文化であると思い込んでいるようである。

世界にはフィリピンと日本しか国がなく、フィリピンが先進国だと思い込んでいる寒汰ならではの勘違いであろう。

この件に関しても、またJバスさんのコメントを引用させていただきたい。

◆ ビールに氷を入れて飲む………これ【日本の新しいビールスタイル】です。

寒汰のインチキブログ 2011/06/29(水) のエントリーです。

寒汰>フィリピンに馴染みのある人ならば………なんてこと無く氷を入れるのが普通のスタイル。
寒汰>ローカルエリアじゃビールを瓶ごと冷やしている方が珍しいですからね。
寒汰>冷やしてあったとしても、それは中に入れる氷の消費を抑えるためであったりします。「氷の消費を抑える」とは珍妙なご見識でいらっしゃいますね(大爆)。
寒汰>ビールを瓶ごと冷やしている方が珍しい

もうそんな時代じゃないですよ、たとえフィリピンでも。
多くの場合、冷蔵庫が無い、冷蔵庫があっても十分に冷やすことが出来ない、停電が多く冷蔵庫が機能しない、電気代が払えなくて冷蔵庫の電源を入れない、等々が本当の理由だと思いますよ。
ビールに氷を入れて飲むのはフィリピンに限ったことではありません。
サンフランシスコ(米CA.)の中華街で食事をした時も氷入りでしたし、香港じゃ氷無しの方が珍しがられました。
世界的に見て、ビールに氷を入れるのは珍しいことではないそうです。
残念ながら統計的な数字は有りません。
フィリピンスタイルだとか氷の消費云々とか、聞いて呆れる「寒汰説」です。

フィリピンの日本語通じる買春場所で、たまたま見かけた光景が世界のすべてだと思い込んでいる寒汰ならではの勘違いである。

大大大大好きなフィリピンのことさえろくに知らずに恥を晒す寒汰なのである。

寒汰>2009年5月のSMB(サンミゲルビール)社の株式49%を取得の頃から『氷ビール』への興味は有ったのじゃありませんかね?
寒汰>ちなみに2009年のキリンビールによるSMB社の株式取得を「日本の力」のように考えている人がいますが、自社の株を売って資金を得るというのは、当たり前のこと。

何かの報道を寒汰流で解釈したのでしょうね、これは。
SMC(サンミゲルコーポレーション)から買取ったSMB株式は43.249%。
残りの51%はSMCが手放さなかったのです。経営権はしっかりと握ったままなのです。
「SMC社以外のSMB社株主からも別途公開買付けを実施し、買付けに応募された全ての株式をSMC社と同価格にて購入」となっています。(キリンのサイトより)
最終的にキリンは48%強の株式を保有することとなったのです。
49%と言う数字はSMCが51%を留保した残りの数字であり、あくまでも「最大」が49%なのです。
キリンは元々SMCの大株主であったわけです。いきなりSMBの大株主になったわけではありません。
寒汰はいつもながらの「思いつき」「思い込み」「妄想」そして【どうせバレないから嘘でいい】と考えたのです。

どうやら寒汰は資本提携の意味が全くわかっていないようである。寒汰のように極端に頭が悪い人間は極端な話しか理解できないことが多い。他社の株を取得して資本提携することが、「完全な敵対買収=会社乗っ取り=大変だ! 大事件だ! ゲヒーーーーーーー!」と思い込んでいるようである。

IBM の PC部門売却と聞いて、IBMが倒産したと思い込んでいるのも同じ発想であろう。

そういうあまりにレベルが低い勘違い=妄想を他人もしていると思い込んでいるのが寒汰なのである。

キリンビールが、サンミゲール社の株式の一部を取得したからといって、経営権を乗っ取った敵対買収だと妄想する人間は、寒汰や takashi のように極端に頭が悪い人間だけなのであるが。

 

≪以下にキリンのニュースリリースを抜粋しておきます≫

http://www.kirinholdings.co.jp/news/2009/0220b_01.html
キリンホールディングス株式会社は、保有するサンミゲル社(以下SMC社)の全株式売却契約を、キューテック アライアンス ホールディングス社(以下キューテック社)との間で、2009年2月20日締結しました。
当社は、保有する全SMC社株式628,666,675株(発行済株式総数の19.91%)を、キューテック社に相対取引で売却し、売却価格は1株につき63ペソ、売却合計金額は、約396.1億ペソです。
売却完了時期は5月末を予定しています。
なお、当社は、SMC社の国内ビール事業会社であるサンミゲルビール株式会社(以下SMB社)の株式6,665,023,690株(発行済株式総数の43.249%)を、SMC社保有分から相対取引で取得する予定で、今回のSMC株式売却により得られる全金額を、その購入資金の一部に当てます。
≪抜粋おわり≫

寒汰>電力会社マニラ・エレクトリックの株式27%取得。
寒汰>石油元売りペトロンの50.1%の取得………を見て行くと観えますよね。

一体何が「観える」んでしょうね??
釧路湿原が観えるんでしょうか(爆)

 

寒汰は自分が一切理解できないことがあると、主語もない奇っ怪な文章で「観えますよね」「観えてくるのです」と、さもわかったふりをしたがる。

実際は何もわかってないから、何が「観える」のかは一切書けない。

寒汰が何も理解していないのは、賢明な読者にはバレバレなのであ。

 

寒汰>2008年、フィリピンの大手電力会社であるマニラ・エレクトリックの株式27%を取得する一方、石油元売り会社であるペトロンの株式50.1%を取得した。

マニラ電力(以下メラルコ)のサンミゲル社保有株は昨年他社に売却されています。
売却益は莫大な金額になったと言われています。僅か5年の保有で大儲けをしたことになります。
株式市場の原理がまったくわからない寒汰がコングロマリットのサンミゲルを語るのはあまりに滑稽です。
「メラルコ」の名前さえ知らなかったようですから知識不足も深刻です。
もちろんM&Aについての知識もまったく無いのですから、「にわか解説者」はしないでほしいですね。

寒汰はサンミゲール社がエネルギー会社の株を買ったのはエネルギー会社に転換したからだと思い込んでいたようだが、現実はただの資産運用だったようである。

資産運用がなんたるかは、原価以外のコストが理解できない寒汰には理解できるはずもないのだろう。

自称経営の天才なのに、資産運用という概念すら理解できない寒汰なのである。

また、Jバスさんが仰るとおり、自分以外の人間もどうせ馬鹿だから適当なことを書いてもバレないと思い込んでいるのである。寒汰の場合、異常なほどに頭が悪いので、他人が自分より遥かに頭がよいということが理解できないのである。

寒汰にダマされるのは、頭が弱い takashi くらいである。

「凄い!凄い!寒汰さんは博識だ!寒汰さんは世界一のフィリピンベテランだ!」

今日も釧路の街に takashi の素っ頓狂な声が響く。

それを聞きながら、ニタリニタリと不気味に笑いながら、寒汰はカラスと一緒に生肉を貪り食っているのである。

.

(動画と本文は全く関係ありません)

.

Slide1

20111106101509_01-4

20111106101509_03ex-9

20111106101509_04-3

20111106101509_05-5

(写真と本文は全く関係ありません)

臭皇の売上低下が止まらない。特に書き入れ時のはずの冬の売上低下が深刻である。

売上低下の最大の理由は、寒汰の異常な迷惑行為が釧路市民から嫌われまくっていることだと思われる。しかし、寒汰は犯罪行為、迷惑行為をやめる意思は一切ないようである。

寒汰の心境を代弁するとこういうことであろうか。

「ゲヒヒヒヒ。俺は臭皇の売り上げが落ちても気にしないんじゃよ。俺は他人に迷惑をかけ続けるほうが大事なんじゃよ。俺は絶対に絶対に絶対に犯罪も迷惑行為をやめないんじゃよ。マニラでも釧路でも嘘を突き倒して世の中に迷惑をかけると快感なんじゃよ。臭皇の売上がゼロになっても、俺は絶対に絶対に犯罪も迷惑行為をやめないんじゃよ。どうだ? 俺は偉いだろう?俺を尊敬しただろう?ゲヒーーーーーーーーーーッヒヒヒヒヒヒヒッヒヒヒ!」

ラーメンに富士食品の業務用スープをお湯で薄めただけのラーメンを客に出すのは問題ないだろうが、それを「カナダからわざわざ輸入した豚骨で煮込んだ」と嘘をつくから嫌われるのである。

そもそも既に釧路市民には、寒汰が白豚湯スープを搬入しているところがモロバレなのである。(写真と本文は全く関係ありません)

.

「ゲヒヒヒ。俺は正義の味方じゃから、いくらでも他人に迷惑をかけてもいいんじゃよ。他人に迷惑をかけると俺は気分よくなるんじゃよ。俺が歩道を占領する形で駐車したせいで、子供が交通事故にあっても俺に責任じゃないんじゃよ。俺が無料で駐車できる方が大事なんじゃよ。俺は無料で他人のものを利用するのが好きだし、他人に迷惑をかけると、たまらなく気分がよくなるんんじゃよ。どうだ? 俺は賢いだろう?俺は偉いだろう?俺を尊敬しただろう?ゲヒーーーッヒッヒッヒヒ」

Screen Shot 2013-02-13 at 9.11.08 PM

20120607160740-1

(写真と本文は全く関係ありません)

.

「ゲヒヒヒ。俺の犯罪は普通にすごいじゃろう。俺は普通に悪知恵がまわるじゃろう。俺は普通に男らしいじゃろう。俺は普通なんじゃよ。俺は普通にすごいじゃろう。俺は普通に偉いじゃろう。どうだ? 俺を普通に尊敬しただろう?ゲヒーーーーーーーーーーッヒヒヒヒヒヒヒッヒヒヒ!!」

(※ あまりの異常さが釧路でもマニラでもばれている寒汰は、最近他人から「普通」と呼ばれたくて仕方がないそうである。)

その寒汰の雄叫びを聞いて、takashi のあの素っ頓狂な声が釧路の空に響くようである。

「凄い!凄い!寒汰さんは普通に異常だ!普通に味覚障害だ!普通に嫌われ者だ!」

22s

2011_10_15_1111-02

(写真と本文は全く関係ありません)

なお、フィリピン・マニラで有名な援助交際カフェ・LAカフェ(旧称 MBC マニラベイカフェ)が人生の全てと言い切る寒汰が、マニラ周辺を徘徊する姿は大勢に目撃されており、写真もネットに流れているのであった。(写真と本文は全く関係ありません)

.

.
.

寒汰の迷惑行為による被害者一覧

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

寒汰と寒汰物語に関する疑問があれば、こちらを御覧ください。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

大虎の秘密の新メニュー、猫又ラーメンについてはこちらを御覧ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

About plastictakata
暗黒の国フィリピンやパッツン天国タイでばら撒き、自主パト、凸凹するのが趣味の57歳のオサーンです

4 Responses to 経営の天才が語る新しいビール文化

  1. Jバス says:

    高田さま、地震の被害はありませんでしたか?
    少しですが、心配しております。
    さて、また一つ寒汰の大嘘を発見しましたのでこちらに書かせていただきます。

    *************************************************************
    ・寒汰のインチキブログの記述です

    ◆ フィリピンの電圧とコンセントと変圧器  2007/11/30(金)

    寒汰>パソコンは、自動切り替えで240Vまで大丈夫なので、そのままでも問題無し。

    デスクトップパソコンの場合、電源電圧の切替スイッチが本体後背部の電源ユニットにあるのが普通です。
    (スイッチ部分が目隠ししてあるものもあります)
    自動で切り替わるものは一般的には無いと思います。

    最近のラップトップパソコンやタブレット等は、電源部分が内蔵されていることはほとんど無いです。大体は外部電源であるACアダプターが付属しています。
    ACアダプターは、小型で軽量化が出来るスイッチング式のものが主流となっています。
    昨今は、安定化回路のIC化により、きわめてコンパクトになっています。入力電圧が100~240Vとワイドなものが一般的です。
    入力が許容される電圧の『幅』が広いのであって、寒汰の言うような『自動切替』ではありません。

    寒汰>電気シェイバーは………安全剃刀でいいでしょうし、日本のホテルで使わない貯まったものはあるでしょう?
    寒汰>まぁ?フィリピンのコンビニで購入しても日本程度の価格です。

    電気シェーバーは、最近のものはほとんどが充電式であり、充電するために外部電源としてACアダプターが付属しています。
    これもまたスイッチング・レギュレータによるものがほとんどで、100~240Vで使えるものばかりです。
    ※ 2007年当時と現在で、ほぼ同様です。

    寒汰>ドライヤーもそれなりのホテルであれば、備え付け。
    寒汰>これもトラベル用であれば自動切り替え問題無し。

    ドライヤーの「電源電圧『自動切替』」は、現在でも無いと思います。
    厳密に言えば、交流のまま電気を使うものに安定化された直流電源は不要だということです。
    一応NETで検索をしましたが、HITしたものはすべて「手動電圧切替」でした。
    ドライヤーと同様に、「発熱」を伴う電気製品は、交流のままで動作しますので、電子制御の伴わないものは直流化(整流)する必要がありません。
    したがって、切替スイッチを付けるだけで入力電圧への対応が出来るのです。

    寒汰>電動マッサージャー(電マ)は………そんなもの何に使う? ですね

    変態性欲の激しい寒汰は、当然『変態性行為』に使うんでしょうね。

    寒汰>今まで行った先では、ほとんどのホテルが230Vでした。
    寒汰>中にはホテルの調電室で変換して100V設備があるところもあったりして、230V対応の変圧器を準備されればいいでしょう。

    この『調電室』って言葉、違和感がありますね。どう考えても『変電室』もしくは『変電設備』、あるいは『配電室』といった表現にするべきです。
    ここでも寒汰のアタマの悪さと無教養が顕著に出ています。

    寒汰>この変圧器、使用する電気器具で形態が変わります。
    寒汰>トランス式トラベルコンバータと電子式トラベルコンバータです。
    寒汰>A トランス式トラベルコンバータは、本体に表示されている出力容量以下であれば、ほとんどの電気製品が使用できます。
    寒汰>B 電子式トラベルコンバータは、ドライヤー・電気コンロ・アイロンなどの熱器具専用です。
    寒汰>但し、マイコン内臓電気製品、電子コントロールにより温度調整するものなどは使用できません。(ジャーポット・IH炊飯ジャー・ヘアーアイロンなど)

    日章工業株式会社のHPを引用していますね。http://www.nissyo-ind.co.jp/
    寒汰自身は何も知識が無いのに、引用によって知識人のフリをしているのです。
    でも所詮はアタマの悪いマヌケ爺ですから、墓穴を掘るのです。
    「マイコン内臓電気製品、電子コントロールにより温度調整するものなど」には使えないと書いていますが、その理由はまったく理解していません。
    スイッチングレギュレータは「ノイズ」と言われる電磁波を発するため、電子機器に障害を与える可能性があるのです。
    そのことに触れることなく、メーカーのHPのコピーを貼り付けて専門家のフリをするインチキ老人は、有害そのものです。

    寒汰>「それじゃトランス式でいいじゃないか」と思われましょうが、トランス式は、電子式に比べて重いのです。
    寒汰>そして1000Wや2000Wとなると、さらに形状も大きくなります。
    寒汰>それでも転居や移住でどうしても日本で使っていた高性能極うま炊飯器等を使いたい場合は、フィリピンでトランス式の変圧器をお買い求めください。
    寒汰>フィリピンで買った方が安いです。
    寒汰>(売っている場所などについては、バナーのネモトトラベルで尋ねてみてください。)

    水加減等、「炊き方」がまったく異なる地「フィリピン」で日本製の高性能炊飯器が必要でしょうか?
    日本とは米の種類も水も、すべてが異なるのです。寒汰の発想が理解できません。

    「フィリピンでトランス式の変圧器をお買い求めください」と安易に書いていますね。
    確かにフィリピンで売られている変圧器は廉価です。しかし、品質と言う点からすると非常に問題があります。
    ある知人が、フィリピンの取引先の事務所の電源(コンセント)からの出力を、波形アナライザーで調査した時の話を聞いたことがあります。
    「電圧の変動が大きい」「波形がきたない」との話でした。
    そして、「電子機器にダメージを与えるレベル」と言い、「故障が多い原因にもなっている」とも言っていました。
    電子制御による各種家電製品ですが、日本製の高価なものには廉価な変圧器は向いていません。
    一次側がキタナイ波形の交流を、二次側で更にキタナイ波形にして、一体どうなるんでしょうか? 電圧の変動も許容範囲を超えているのです。

    寒汰>したがって変圧器は、入力電圧、入力周波数、出力容量、使用する電気器具をお確かめの上お買い求めください。

    それだけ立派なことを言いたいなら、もう少し勉強するべきです。
    でも還暦のフヌケ老人では、「もはや無理」だと思います。

    寒汰>ネモトトラベルで尋ねてみてください

    まったくもって「大迷惑」なインチキ老人ですね。
    一体どこまで迷惑をかけ続けるつもりなのでしょうか?
    すでにネモトへの出入りが禁止になっているそうですし、寒汰自身、金欠で渡比すら出来ないのですから、イイカゲンなことは言ってほしくないですね。

    • ご心配ありがとうございます。うちの方もそれなりに揺れましたが、大きな問題はありませんでした。
      ただ、ナパなどではワインが大量に割れたりして大変だったみたいですね。
      なにせ耐震性のない建物ばかりの地域ですので。

      本題の方、ご指摘ありがとうございます。ろくに何も知らないくせに、妄想とデタラメ、そして適当な丸写しだけで知ったかぶりをする釧路の「知恵オタク」には呆れますね。

      この件も、エントリ本文で引用させていただきます。ありがとうございました。

  2. Jバス says:

    パソコンの電圧切替について、かなりの「嘘」を書いてしまいましたので、お詫びして訂正します。どうやら私も「寒汰インチキ病」に感染したみたいです(爆)

    PCの電源電圧ですが、アップル社製品には自動切替を謳っているものが多くあることがわかりました。
    私の場合、マッキントッシュには全く縁が無いので知りませんでした。
    詳しい方から指摘されましたので訂正します。

    なお、自動切替式のヘアドライヤーは、現在では無い思われますが、かつてアジア製のものが存在したようです。
    全く売れずにボツとなったみたいです。
    そもそも整流しなくていいもの、つまり交流のまま使えるものは負荷を2分割して「直列」「並列」の切替スイッチを設けるだけで用が足ります。
    自動切替で大きな電力消費の器具を使うと、電圧感知部分が誤動作した場合に、大きな被害が起こる危険性が高いとのことです。

    • 追加のご報告ありがとうございます。
      こちらの寒汰被害の会でも、電圧について調べてみました。エントリとして書かせていただきます。

      しかし、間違った内容を書いてしまった時、素直にそれを認め修正の情報を書かれるところが寒汰と真逆ですね。
      これには理由があります。
      寒汰にとっては、自分をフィリピンベテランと勘違いさせ、周囲から褒められることが目的だから、真実はどうでもいいのです。また、間違っていたことを認めるのは、自称フィリピンベテランの化けの皮がはがれるので、頑として認めません。

      一方、Jバスさんのような知的な方は、自分の知識を高め、周囲の方の知識を高めるのが目的なので、間違った情報を修正することにためらいがないのでしょうね。

      人間としての尊敬のされ方も、寒汰と真逆でしょうね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。