訃報: 寝たきり男よ、永遠に

当ブログでも最も人気のあったシリーズは、赤井翔さんを描いた「寝たきり男」でした。

その赤井さんが一昨日、永眠されました。

.

赤井さんは、ネタではなく本物の4千人斬りの男でした。

その豪伝説と寒汰との関わりを描いた「寝たきり男」シリーズは、未だにアクセス数が最新エントリを除けばトップです。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

赤井さんと知り合ったのは2011年、当プロジェクトのメンバーも続々と増え、マニラでの寒汰の監視が始まった頃です。

寒汰の度重なる悪行と犯罪行為を聞いた赤井さんは「よーし、俺がどんな奴か見てやる」と、NAIAまで駆けつけ寒汰の到着を待ち構えてくれました。

その時は、寒汰がうまく逃れ、遭遇はなりませんでしたが、数日後MBCで赤井さんは寒汰と出会います。

しかし、赤井さんが声をかけると寒汰は返事すらせず、首をブンブン振りながら慌てふためいて逃げていきました。

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

その後、ネモトのおばちゃんに促され、赤井さんに電話を必ずかけると約束した寒汰ですが、約束を守らず一向に電話をかけません。

さすがにムッとした赤井さんが、たまたま寒汰を見かけたネモトで一喝すると、寒汰は震え上がりました。

約束を違えた非を周囲に責められた寒汰は、ようやく詫びの席を Angel Kiss に用意しますが、そこで寒汰は詫びどころか、非礼の限りを尽くします。

赤井翔と寒汰 (Angel Kiss 編) I

寒汰が嘘八百を並べて非礼の限りを尽くしても赤井さんは冷静でした。やはり本物の4千人斬りの男と、自称潮吹きの達人(現実は女から蛇蝎のように嫌われて逃げ出される)寒汰とは違うということでしょう。

寒汰は、この Angel Kiss での宴席の後、ブログ「魔尼羅盗撮バージン(仮名)」で赤井さんへの中傷を始めます。それを見ても赤井さんは冷静でした。

「寒汰はほんと、つまんねえ男だよ。」

と、繰り返し言うだけでした。

ブログ「魔尼羅盗撮バージン(仮名)」で、赤井さんへの中傷を続けた寒汰とは大違いです。

.

私がマニラに赴いた時も赤井さんは、あの大虎の旧店舗の前で待っていてくれました。

それまで赤井さんと直にお会いしたことがなかった私は、赤井さんは眼光鋭い着流しの方かと思っていたのですが、

現実は、布袋さんのようににこやかで、名前通り大きい人でした。(赤井さんの本名は皆さんご存知のとおり、「大」さんです。)

あの誰にでも愛されるキャラクターを見て、私も赤井さんがなぜ4000人斬りの男なのか、よくわかった気がします。

まさに、寒汰とは真逆の人間でした。

大虎では寒汰糾弾の集会や、寒汰自慢の臭色ラーメンを再現した試食会が何度か開かれますが、赤井さんはいつも参加してくださいました。

.

その赤井さんですが、寒汰の陰湿な呪いにでもかかったのか、病気で倒れてしまいます。有志の助けで日本に帰ったものの、その後は隔日の通院を余儀なくされるようになります。

赤井さんをお見舞い

「クララ」- 寝たきり男の復活

病気で倒れた後も赤井さんは、明るく振舞っていましたが、数カ月前に足をなくしてからはさすがに少し意気消沈していたと聞きます。

その後、お見舞いに行けなったことは私にとって大きな悔いが残ることになりました。

.

4千人斬りの英雄、赤井翔さん、

伝説の寝たきり男、赤井翔さん、

今はただ安らかにお眠りください。

寒汰の処罰は必ず私達が行います。

.

Slide1

20111106101509_01-4

20111106101509_03ex-9

20111106101509_04-3

20111106101509_05-5

(写真と本文は全く関係ありません)

「ゲヒヒヒ。俺は正義の味方じゃから、いくらでも他人に迷惑をかけてもいいんじゃよ。他人に迷惑をかけると俺は気分よくなるんじゃよ。俺が歩道を占領する形で駐車したせいで、子供が交通事故にあっても俺に責任じゃないんじゃよ。俺が無料で駐車できる方が大事なんじゃよ。俺は無料で他人のものを利用するのが好きだし、他人に迷惑をかけると、たまらなく気分がよくなるんんじゃよ。どうだ? 俺は賢いだろう?俺は偉いだろう?俺を尊敬しただろう?ゲヒーーーッヒッヒッヒヒ」

20120607160740-1

(写真と本文は全く関係ありません)

寒汰は今日も、マニラ・エルミタの援交カフェ、マニラベイカフェ(MBC 旧称LAカフェ)に居座りながら奇っ怪な声をあげていた。

勾践(こうせん)氏(仮名)や周囲の人間は眉をひそめながら、この狂人を嘲るように見下ろしていた。

22s

2011_10_15_1111-02

(写真と本文は全く関係ありません)

.

.
.

寒汰の迷惑行為による被害者一覧

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

寒汰と寒汰物語に関する疑問があれば、こちらを御覧ください。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

大虎の秘密の新メニュー、猫又ラーメンについてはこちらを御覧ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

豚肉と牛肉を取り替えた食品偽装

2007年、日本を揺るがす食品偽装事件が発覚した。北海道の某都市を拠点とするミートホープ社による悪質な食品偽装である。

牛肉100パーセントの挽肉の中に豚肉、鶏肉、パンの切れ端などの異物を混入させて水増しを図ったほか、色味を調整するために動物の血液を混ぜたり、味を調整するためにうま味調味料を混ぜたりしたことなどが判明。その他にも、消費期限が切れたものをラベルを変えて出荷したり、腐りかけて悪臭を放っている肉を細切れにして少しずつ混ぜたりするなどの不正行為、牛肉以外にもブラジルから輸入した鶏肉を国産の鶏肉と偽って自衛隊などに販売していたことや、サルモネラ菌が検出されたソーセージのデータを改ざんした上で小中学校向け学校給食に納入していたことも明らかになっている。

Wikipedia より引用

小中学校の給食にサルモネラ菌の入ったソーセージを意図的に送りつけていたあたり、あまりに悪質である。

また、このミートホープ社の偽装に関してはテレビで放映されている。

(なお、本題と全く関係ないが、4分44秒11分19秒に出てくる事務員役の女の子が可愛い。)

.

非常に悪質なこの食品偽装では、豚肉と牛肉を偽った偽装さえ行っている。

ここで気になるのが、我らがスーパーヒーロー寒汰である。身の程知らずのライバル心を燃やす寒汰は、このミートホープ社の偽装に対抗心を燃やしたわけでもないだろうが、寒汰はこのミートホープ社ばりの偽装工作を度々口にしている。

水牛の肉に脂をさせば、和牛として販売できると寒汰は自分のブログに意気揚々と書いていたこともある。ご存じない方もいるだろうが、水牛と牛は全く別の種である。

日本産ではない「和」牛の謎

水牛の肉に脂身を混入して和牛だと言いはる男 I

水牛の肉に脂身を混入して和牛だと言いはる男 II

水牛の肉に脂身を混入して和牛だと言いはる男 III

.

20131017110629.mp4_000067200

(写真と本文は全く関係ありません)

しかも、ブログで書いていただけではない。寒汰は実際に食品偽装の指示をしていた。複数の元店長たちがそれを証言する。

ある日、寒汰は各店に怪しげな肉を持ってきた。そしてそれぞれの店長(当時)たちに向かってこういった。

「どうだ?この牛肉はな安いんだ。豚肉より安いんだ。これを豚肉だと言って角煮に使えばコストが浮くんじゃよ。明日からお前はこの安牛肉の角煮で出すんだ。どうだ? 俺は賢いじゃろう?ゲヒヒヒヒ」

しかし、星が浦店の店長(当時)の高浜さん(仮名)が少しそばに寄っただけで、その牛肉からは嫌な臭いがした。あの牛肉独特のミルク臭さから、嫌なところだけを抽出したような悪臭いだった。牛肉なのに豚肉より安いというのも納得がいく臭さである。

「こんなの使えるわけないじゃない。何考えてんの!」と、はっきり物をいう駅前店店長の女性、砂糖さん(仮名)も寒汰に怒った。

そもそも、角煮の豚肉に豚肉より安いクズ牛肉を使うなどとは、客を馬鹿にするにも程がある。筆者が接触した元店長たちはいずれも寒汰の要求をきっぱりとはねつけた。

ただし、筆者がまだ接触していない店長の店で、そのクズ牛肉を豚肉と偽って使用したかどうかは筆者が言及するところではない。

.

なお、寒汰自身の本店では元従業員の「噛んだ」さん(仮名)の旦那さんが勤める生協の高級肉を安く仕入れて使っていたが、寒汰はフランチャイズ店には絶対にその肉はまわさなかった。フランチャイズ店には他の業者から仕入れた普通の肉に暴利を乗せて転売していたのである。

.

また、寒汰はわざとカビの生えた麺をフランチャイズ店に送りつけていたことは、前にもとりあげた通りである。

悪魔の契約 – カビた麺と経営の天才

この時のことを思い出して、砂糖さん(仮名)は独特の甲高い声でこう語ってくれた。

「あたしはね、びっくりしたわよ。届いたばかりの麺を開けたらピンク色になってんのよ。わかるでしょ?あのカビのピンク色よ。そりゃ寒汰に文句言ったわよ。そんなものね、お客さんに出せないでしょ。」

(砂糖さんは話が少々長い人なので内容を一部割愛させていただく。)

すると翌日「メーカー」と称する人間から砂糖さんに、おかしな電話がかかってきた。

「メーカーの者です。うちが出している材料ではカビが生えません。」

カビがはえるかどうかにメーカーは関係ないし、そもそもどこかで聞いた声だし、会話の内容がしどろもどろでおかしいので、気の強い砂糖さんが問い詰めると、その自称メーカーの男はあっさりと自供した。

「すいません、そうです。櫻亞通商(仮称)の◯◯です。おたくの社長の高橋さんに『メーカーのふりをして電話して誤魔化せ』と言われたもので。」

そう梅ラ井通商(仮称)の男は答えたのである。

つまり、寒汰はカビの生えた古い麺をわざとフランチャイズ店に送りつけただけでなく、それをフランチャイズ店のせいにしようとして、咲来通商(仮称)の営業に偽装の電話工作までさせたのである。あまりに悪質である。

上記のミートホープ社の偽装と共通する悪質さを感じるのは筆者だけであろうか?

.

なお、寒汰はフランチャイズ店から何千万円もだまし取っていたが、あの気の強い砂糖さんも経験のなさを突かれてかなりの損害を被っていた。

駅前店は、最大で二百杯売っていた超優良店である。しかし、本店からまわされる原材料や備品はとにかく金額が大幅に水増しされており、また初期の怪しげな工事費や備品購入費の2千万円近く(!)を本店に支払わなければならず、利益は殆ど出なかった。

(ある元店長が閉店後、初期の備品リストを確認したところ、実際には納入されてない備品があったり、ほとんどの備品には通常の価格の数倍もの値段がついていた。店長たちが経験がなく判断できないのを見越して、寒汰はこのような水増し請求をしていたのである。)

また、上記のカビの生えた麺で本店から料金を二重に請求されたり、ほんとど営業妨害といえる寒汰の行為に砂糖さんは悩みに悩んでいた。(砂糖さんは語りたがらないが、セクハラもあったようである。)

結局、砂糖さんは泣く泣く店を手放すことになった。寒汰に2千万円近く払って手に入れた駅前店は、寒汰にわずか150万円で買い叩かれた。

毎日身を粉にして数年間働いたにも関わらず、砂糖さんにはお金は一銭も残らなかった。むしろ借金が60万円残ったのである。

この寒汰に背負わされた借金を、砂糖さんは生命保険を解約し、愛する息子のための学資保険も解約して払うことになった。

これにより息子さんは大学に行けなくなった。そのため、砂糖さんは少なからず寒汰を恨んでいるという。

.

臭皇のフランチャイズ店で儲かっている店は少ない。過去に10店舗ほどあったフランチャイズ店だが、筆者が確認するかぎり以下の3店舗のみがなんとか食っていける状態なだけである。

  • 旭店 (自前のビルなので家賃が発生)
  • 高浜さんの星が浦店 (寒汰がまだ詐欺経営に慣れておらず、初期費用が450万円しか請求されなかった(それでも十分高いが)。なお、この星が浦店は既に閉店になっている)
  • 山本さんの帯広店 (非常に立地に恵まれている)

中標津店に至っては、寒汰の詐欺行為に追い詰められ、店長は寒汰と最後の直談判をした帰り道に身を投げて自殺してしまったほどである。

倫理観のかけらもなく、消費者を騙し、フランチャイズ店店長を追い詰める寒汰はミートホープ社の社長並に悪質だと思うのは筆者だけだろうか?

もっとも、人をだますこと、他人が嫌がることをするのが生き甲斐の寒汰はミートホープ社の社長を同輩として高く尊敬しており、同列に並べて語れることに手を叩いて大喜びするかもしれない。

いずれにせよ、寒汰に対する怒りは釧路でも大きくなるばかりなのである。

.

Slide1

20111106101509_01-4

20111106101509_03ex-9

20111106101509_04-3

20111106101509_05-5

(写真と本文は全く関係ありません)

「ゲヒヒヒ。俺は正義の味方じゃから、いくらでも他人に迷惑をかけてもいいんじゃよ。他人に迷惑をかけると俺は気分よくなるんじゃよ。俺が歩道を占領する形で駐車したせいで、子供が交通事故にあっても俺に責任じゃないんじゃよ。俺が無料で駐車できる方が大事なんじゃよ。俺は無料で他人のものを利用するのが好きだし、他人に迷惑をかけると、たまらなく気分がよくなるんんじゃよ。どうだ? 俺は賢いだろう?俺は偉いだろう?俺を尊敬しただろう?ゲヒーーーッヒッヒッヒヒ」

20120607160740-1

(写真と本文は全く関係ありません)

寒汰は今日も、マニラ・エルミタの援交カフェ、マニラベイカフェ(MBC 旧称LAカフェ)に居座りながら奇っ怪な声をあげていた。

勾践(こうせん)氏(仮名)や周囲の人間は眉をひそめながら、この狂人を嘲るように見下ろしていた。

22s

2011_10_15_1111-02

(写真と本文は全く関係ありません)

.

.
.

寒汰の迷惑行為による被害者一覧

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

寒汰と寒汰物語に関する疑問があれば、こちらを御覧ください。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

大虎の秘密の新メニュー、猫又ラーメンについてはこちらを御覧ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

祝還暦・寒汰河内(さむたごうち)氏の嘘つき人生

本日は2月17日。我らがスーパーヒーロー、寒汰の誕生日である。

生まれてこの方、息を吐くように嘘をつき続け、自分を大きくみせるために嘘に嘘を重ねて、それがすぐにばれて小学生にまで指をさされてあざ笑われてきた寒汰の人生も半周ということである。

恐らく、普通の人間の1万倍、いやそれを遥かに上回る嘘をつきつづけてきたのが寒汰というアイヌ人(ハーフ)である。

.

20131017105328

(写真は本日還暦の人間と一切関係がありません。)

日本では、佐村河内氏が話題になっている。筆者はこの佐村河内氏の騒動にはひとかたならぬ興味を抱いているが、それは筆者がいっぱしの現代(クラシック)音楽好きということだけではない。佐村河内氏の言動があまりに寒汰にそっくりだからである。

寒汰と直に会ったことのある筆者は、佐村河内氏の表情や話し方に寒汰との共通点を多く見出した。

言語化することは難しいが、嘘つき特有の話し方というものがある。それを寒汰も佐村河内氏も持っている。

また、話の内容が自分に酔っているというか、都合がよすぎる事が多い。今だから言える部分もあるが、寒汰と佐村河内氏には非常には共通するスタイルがある。あの麻原彰晃もほとんど同じと言っていいだろう。

これが虚言癖人間共通の特徴と言ってもよい。(今だから言える部分もあるが、3人を比べて見てみると確かに共通の特徴があるのは多くの人がわかるだろう。)

  • ありえない程の大嘘をつく
  • 嘘は大きければ大きいほどバレないという信条を持っている
  • 発言内容の端から端まで大嘘である
  • 嘘をつき続けなければ気が済まないというほど嘘をつき続ける
  • 子供の頃から大嘘つき
  • 嘘に嘘を重ねて言い訳する
  • 病気や障害があると偽り、わざと自分を弱く見せて「アコかわいそうディバ」戦略をとる
  • 小学生以下の女児に異様な興味をしめし、接触を試みる
  • 自分より明らかに弱い相手、特に子供相手に極端に威張り散らし「絶対服従」を強いる

佐村河内氏はピアノもろくにひけないし、楽譜すらかけなかったが、新垣隆さんという非常に優秀なゴーストライターが居た。

寒汰は食の知識がろくにないどころか、絶望的な味音痴だったが、富士食品の白豚湯スープという非常に優秀なゴーストコックが居た。

富士食品の白豚湯スープの搬入 )

さらに店の看板の絵は寒汰が自分で描いたと言い張っていたが、実際は有名なイラストレーター林静一さんのイラストを無断で使用しているだけだった。つまり、日本を代表するイラストレーターをゴースト・イラストレーターにしていた。

林静一先生のイラスト )

寒汰が一切食のことがわからなくても、白豚湯スープの缶を使えば、一般人が十分に美味しいと思えるラーメンスープができるのである。

一切美味しいラーメンを作ることができなくても、この優れたゴーストコック、白豚湯スープのおかげで「俺はラーメンの神様」「うちのスープはカナダの豚を輸入」「トンコツラーメンは釧路が発祥地」「釧路は江戸前文化の継承地」などと、とんでもない嘘をつきつづけることが可能だったのだ。

.

20111106101509_01-4

20111106101509_03ex-9

20111106101509_04-3

20111106101509_05-5

寒汰の本性を部外者の人に話すとよく言われることがある。

「そんな大嘘に大勢の人が騙されるわけがない。」

否、現実は大勢の人は大嘘に騙されるのである。「ここまで言うんだから100%全部ではないにせよ、10%くらいは本当だろう」という人間心理を利用して、100%のでっちあげ話すのが、この手の大嘘つき、虚言癖人間の特徴なのである。

今思えば、どう見ても全聾ではなく、「10歳でピアノ教師が教えることがなくなるほどピアノを弾きこなした(そんなにピアノの才能があれば今まで無名なはずがない)」「独学で交響曲をかけるようになった(クラシックファンなら誰でもわかるが、これは絶対にあり得ない。そんな作曲家は史上一人も居ないからである。)」などという大嘘をつきつづけてきたのに、大勢の人が彼が本物の全聾の作曲家だと信じてきたのである。

同様に、食のことをろくに知らず、味覚障害も甚だしいインチキ田舎老人が一時は支店を10近く構えるフランチャイズ店を持っていたのである。

そう、大嘘つきの嘘には、意外と大勢の人が長年騙されるものなのである。今回の佐村河内氏事件は、それを明らかにしてくれたとも言えよう。

.

本物の芸術家にはゼロから1を作り出す能力が求められる。

佐村河内氏や寒汰にはゼロの真実から100の嘘を作り出す能力がる。ある意味、本物の芸術家にも匹敵する、希代の大嘘つきの才能があると言ってもいいだろう。

そんな嘘つきの天才、寒汰には寒汰河内(さむたごうち)氏の尊称を送りたい。

これが、還暦を迎えた嘘つきインチキ老人寒汰への我々のささやかなプレゼントである。

なお、寒汰特有のスタイルについては、某ソーシャルサイトで以下のような特徴もあると言及いただいたので、ご紹介したい。

自分より弱い(と思ってる)相手に対して

  • 地獄の底から聞こえてくるような低い声で話す
  • 威張り散らす
  • 自慢話が止まらない

自分より強い相手に対して

  • 甲高い細い声
  • コメツキバッタのようにペコペコする
  • 「絶対に絶対に◯◯しますから」などと、頼まれてもないことを勝手に約束し始める(そして全て反故にする)
  • カニ走りで壁伝いに逃げていく
  • 陰で誹謗中傷するが、頭が極端に悪いので、寒汰のしわざとバレる

佐村河内氏の大嘘は49年目で世の中に大きく知られるに至った。

寒汰の大嘘は、4年前、当プロジェクトができてから、釧路やフィリピン夜遊び界ではそれなりに知られるようになった。4年前というと、寒汰が56歳の時である。

つまり、希代の大嘘つきでも50年ほども生きていれば正体が世の中にバレてしまうということなのであろう。

.

祝還暦、希代の大嘘つき、寒汰河内(さむたごうち)氏!!

氏が人生の後半でこれからもさらにつきつづけるであろう、大嘘の数々を当プロジェクトでは明らかにしていく予定である。

.

Slide1

20111106101509_03

20111106101509_04

20111106101509_05

(写真と本文は全く関係ありません)

「ゲヒヒヒ。俺は正義の味方じゃから、いくらでも他人に迷惑をかけてもいいんじゃよ。他人に迷惑をかけると俺は気分よくなるんじゃよ。俺が歩道を占領する形で駐車したせいで、子供が交通事故にあっても俺に責任じゃないんじゃよ。俺が無料で駐車できる方が大事なんじゃよ。俺は無料で他人のものを利用するのが好きだし、他人に迷惑をかけると、たまらなく気分がよくなるんんじゃよ。どうだ? 俺は賢いだろう?俺は偉いだろう?俺を尊敬しただろう?ゲヒーーーッヒッヒッヒヒ」

20120607160740-1

(写真と本文は全く関係ありません)

寒汰は今日も、マニラ・エルミタの援交カフェ、マニラベイカフェ(MBC 旧称LAカフェ)に居座りながら奇っ怪な声をあげていた。

勾践(こうせん)氏(仮名)や周囲の人間は眉をひそめながら、この狂人を嘲るように見下ろしていた。

22s

2011_10_15_1111-02

(写真と本文は全く関係ありません)

.

.
.

寒汰の迷惑行為による被害者一覧

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

寒汰と寒汰物語に関する疑問があれば、こちらを御覧ください。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

大虎の秘密の新メニュー、猫又ラーメンについてはこちらを御覧ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

妖怪とゴミ屋敷

寒汰の異常な行動に関する逸話は山のように出てくるが、何を隠そう今では本店店長の新田マネージャー(仮名)がその最大の情報源である。本日のエントリも、その新田マネージャーから聞いた話である。

.

寒汰が異常なまでに不潔なのは読者の皆様もご存知のとおりである

一切服は洗わない。半年以上同じ服を着たままでいる。寝る時もそのまま同じ服を着たままでである。服を一切洗わない代わりに裏返しに着て洗った代わりにする。

寒汰がネモトに来ると、あまりの悪臭に大勢の客が苦情を言ったものである。

2011年に大虎に寒汰が初めて現れた時は、そのあまりの臭さに多くの客が驚いたそうである「まさかと思っていたが、寒汰が異常に臭いのは本当だったのか。」と。

寒汰が毎日のように機械で麺を作る麺工場は食べ物を扱う場所なのに、ホコリだらけ、蜘蛛の巣だらけである。そればかりか、トイレさえないのである。

周囲に民家しかない麺工場にいつも数時間放置される三好君(仮名)が、「せめてトイレくらい作ってくれ」と訴えると、寒汰はニタリニタリと笑いながら「トイレなんかその辺でやっとけばいいだろう」と言い放ったのである。清潔に対する意識が一切ないのが寒汰であった。

そんな寒汰の自宅の部屋の中は、案の定異常なまでに汚い。

ゴミだらけ、AVだらけで足の踏み場もない。

もちろん、筆者は寒汰の部屋を直に見たわけではない。あくまで新田マネージャーから聞いた話である。

繰り返して言うが、決して決して筆者は寒汰の部屋を見たわけではない。新田マネージャーがそう言っていただけである。

「テレビでゴミ屋敷とか言ってるけどさあ、あれが本当のゴミ屋敷だと思ったよ。あの臭社長はダメさあ。」

c-gomi

(この写真は本当に本文とは関係ありません。ネットからの拾い物です。寒汰の自宅のゴミの半分はAVなので、この写真とは少し違います。)

新田マネージャーは深い溜息をつきながら話してくれた。

さすがは、カラスをペットにする臭戦士寒汰の自宅である。職場である臭皇本店では残飯でカラスの飼育に余念がないが、自宅ではゴキブリの飼育に励んでいるのだろう。

いや、そのゴキブリでさえ、毎日欠かさない寒汰のオナニーによる毒液を嫌がり逃げ出しそうだと思うのは筆者だけだろうか。

.

寒汰は自分のブログ、魔尼羅盗撮バージン(仮名)で口癖のように「清潔さが大事」と書いていたが、やってることはその真逆である。麻原彰晃も驚く不潔さが寒汰の実態なのである。言っていることとやってることが真逆なのも寒汰の本質である。

自分のやってる迷惑行為を誤魔化すために、わざと真逆のことを言う癖がついているのだろう。

.

20131017095924.mp4_000048200 copy

(写真と本文は全く関係ありません)

新田マネージャーは、他にも次々と面白い話を聞かせてくれる。

「お客さんが言うのよ。20年、味が変わりないねって。そりゃそうよ、あの臭社長が何も考えずに(富士食品の白豚湯)スープの缶(の中身)を薄めて使ってるだけだもの。工場でできた味だから変わらないわよ。臭社長は努力なんてしないからさあ。お客さんが喜んでくれるのはありがたいけど、ねえ。本当のことは言えないさあ。」

なお、このお客さんが「20年、味が変わりないね」と言った時、三好くん(仮名)は店にいたのだが、あまりのおかしさに吹き出しそうになり、それを必死で我慢して悶絶死しそうになったそうである。

.

寒汰が怪しげな癌治療の低周波機を数十万円で神田さん(仮名)のお姉さんに売りつけていたのは以前少し書いた。「劇的に癌が治る」という如何わしい宣伝文句を寒汰は言っていたが、寒汰自身はもちろん買ったことも試したこともなかった。

どこぞの怪しい業者と組み、ごっそり中抜きしていただけである。

まんまと寒汰の罠にはまって、神田さんのお姉さんは数十万円を寒汰に払ってしまった。しかし、迷惑行為はまだ続きがあった。

連日連夜、何十回となく神田さんのお姉さんの職場に寒汰が電話してきたのである。

「癌の低周波治療機はまだ届かないのか?」

と、何度も同じことを聞く。まだだと、神田さんのお姉さんが答えると、寒汰はそのたびに、いまいましそうに電話を切るのである。私用で他人の職場に何十回も電話してくる事自体、甚だしく迷惑である。それに、そもそも、寒汰は金を受け取った側である。それなのに、お金を払った人にこれだけの迷惑をかけるというのは通常ならありえない。

しかし、他人の気持ちや迷惑を一切考えることができない寒汰は、神田さんのお姉さんの迷惑など微塵も理解していなかった。

当時、神田さんに激しく抗議された新田マネージャーも弱り果てたという。

.

なお、この怪しげな癌の低周波治療器は当然のことながら一切きかなかったが、寒汰は当時アルバイトをしていた三好くん(仮名)にこう言い放ったという。

「ゲヒヒヒヒ。低周波治療器はお前の姉が販売してたことにしろ。文句が出ても俺は無関係なんじゃよ。」

詐欺同然で金をまきあげたあげく、その罪を見知らぬ他人にかぶせようとする寒汰の悪どさには、三好くん(仮名)も呆れ返ったと言う。

信じがたい話だが、これは神田さんも新田マネージャーも同じ証言をしていたので事実で間違いないだろう。

まさに事実は小説より奇なりを地で行くのが、寒汰という臭い妖怪なのである。

.

この種類の小ネタが20ほど入手できたので、また順次ご紹介していきたい。

.

Slide1

20111106101509_01-4

20111106101509_03ex-9

20111106101509_04-3

20111106101509_05-5

(写真と本文は全く関係ありません)

「ゲヒヒヒ。俺は正義の味方じゃから、いくらでも他人に迷惑をかけてもいいんじゃよ。他人に迷惑をかけると俺は気分よくなるんじゃよ。俺が歩道を占領する形で駐車したせいで、子供が交通事故にあっても俺に責任じゃないんじゃよ。俺が無料で駐車できる方が大事なんじゃよ。俺は無料で他人のものを利用するのが好きだし、他人に迷惑をかけると、たまらなく気分がよくなるんんじゃよ。どうだ? 俺は賢いだろう?俺は偉いだろう?俺を尊敬しただろう?ゲヒーーーッヒッヒッヒヒ」

20120607160740-1

(写真と本文は全く関係ありません)

寒汰は今日も、マニラ・エルミタの援交カフェ、マニラベイカフェ(MBC 旧称LAカフェ)に居座りながら奇っ怪な声をあげていた。

勾践(こうせん)氏(仮名)や周囲の人間は眉をひそめながら、この狂人を嘲るように見下ろしていた。

22s

2011_10_15_1111-02

(写真と本文は全く関係ありません)

.

.
.

寒汰の迷惑行為による被害者一覧

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

寒汰と寒汰物語に関する疑問があれば、こちらを御覧ください。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

大虎の秘密の新メニュー、猫又ラーメンについてはこちらを御覧ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

1を聞いて1万回のオナニーを繰り返す男

寒汰と接した人は誰もが、その異常な気持ち悪さと臭さに驚く。

毎日、臭皇の前にのそっと出てきて、ベロリべろりと口の周りをなめまわしながら、ニタリニタリとしている様は、人間のものとは思えない。

冗談抜きで、臭皇の近所の方々は「リアル妖怪のようで気持ち悪い」とこぼしている。

写真で見る以上に実際の寒汰の周囲には異様な妖気がたちこめているのである。

20131018104922_mp4_000065700_copy-2

(写真と本文は全く関係ありません)

その見た目の気持ち悪さと同時に、寒汰は異常なまでの勘違いと嘘を繰り広げる。これに呆れ、閉口する人も少なくない。

テレビのワイドショーで見た話、誰かに聞いた胡散臭い話を勘違いと妄想と嘘で膨らませて、真実とは全く違う話にしたてあげて、寒汰は偉そうに語るのだ。

「アイヌ人の祖先はスペイン人だ」「真露はフィリピンの地酒だ」「黒潮は季節によって逆流する」「スペインからイスラム教徒を追い出したのはローマ帝国だった」などと、バレないと思っているのか、ブログにさえ偉そうに書く。

世の中には takashi のように頭が弱い人間も居て、寒汰の荒唐無稽な嘘にころっと騙されることもあるが、大抵の人間は「この寒汰という人間はおかしい」と思って無視する。

しかし、言語以前にコミュニケーション能力が異常なまでにない寒汰は、無視されているのを「俺は賞賛されている!俺の知識がすごすぎて、誰も文句が言えない。俺は凄い!凄すぎるゲヒーーーーーーーーーー!」と気持ち悪い快哉を叫び、ますます荒唐無稽な嘘をつくようになるのである。

.

1546422_420584561408199_1609503338_n

ともかく、寒汰は何かを見ても聞いても学ぶということはない。それを元に勘違いするだけなのだ。

何かの熟語やことわざを聞いても、まともに覚えることすら出来ず、すぐに奇っ怪な言葉に変換してしまう。

  • 迷走パンツ(「迷彩パンツ」の言い間違え)
  • ピンポンダッシュ(「マッチポンプ」を「ピンポンダッシュ」と勘違い)
  • 有知無知五十歩(「有知無知三十里」と「五十歩百歩」を勘違いして合成してしまった単語)
  • 過程をギャロップする。(スキップの間違え)
  • 一見は百文に勝つ(「百聞は一見に如かず」が言いたかったのだろう)
  • 経済的利用金額(「金額」をこ難しく言いたかったのだろう
  • チェアリーダー(チアリーダーのことらしい)
  • 賞金稼ぎバウンティハンター(馬から落ちて落馬するのと同じ)

自分で「知恵オタク」と名乗るくらいだから、寒汰は教養のあるふりをしたいのだろう。しかし、底の抜けたバケツ、というよりも核廃棄物が大量に詰まった水道管のような寒汰の脳みそでは、いくら知識を与えても、出てくるのは、とんでもなく有害な汚染水だけである。

毎日とんでもない勘違いと嘘をぶちまけ、ありとあらゆる他人を騙し、数々の犯罪で迷惑をかけている寒汰の前ではどんなありがたい知識も教養も腐りきったものに変わり果てるのだ。

そんな寒汰に、当プロジェクトのメンバーがこの言葉を送ってくれた。ポークジャーキーをラーメンに入れて喜んでる寒汰本人には心して読んでもらいたい。

「普通の人は1を聞いて1を知る。

出来る人は1を聞いて10を知る。

寒汰は1を聞いて10の勘違いをし、

100の嘘をつき千の人を騙し

1万回オナニーを繰り返す。」

.

Slide1

20111106101509_01-4

20111106101509_03ex-9

20111106101509_04-3

20111106101509_05-5

(写真と本文は全く関係ありません)

「ゲヒヒヒ。俺は正義の味方じゃから、いくらでも他人に迷惑をかけてもいいんじゃよ。他人に迷惑をかけると俺は気分よくなるんじゃよ。俺が歩道を占領する形で駐車したせいで、子供が交通事故にあっても俺に責任じゃないんじゃよ。俺が無料で駐車できる方が大事なんじゃよ。俺は無料で他人のものを利用するのが好きだし、他人に迷惑をかけると、たまらなく気分がよくなるんんじゃよ。どうだ? 俺は賢いだろう?俺は偉いだろう?俺を尊敬しただろう?ゲヒーーーッヒッヒッヒヒ」

20120607160740-1

(写真と本文は全く関係ありません)

寒汰は今日も、マニラ・エルミタの援交カフェ、マニラベイカフェ(MBC 旧称LAカフェ)に居座りながら奇っ怪な声をあげていた。

勾践(こうせん)氏(仮名)や周囲の人間は眉をひそめながら、この狂人を嘲るように見下ろしていた。

22s

2011_10_15_1111-02

(写真と本文は全く関係ありません)

.

.
.

寒汰の迷惑行為による被害者一覧

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

寒汰と寒汰物語に関する疑問があれば、こちらを御覧ください。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

大虎の秘密の新メニュー、猫又ラーメンについてはこちらを御覧ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.