50歳になって覚えたタバコ

寒汰はヘビースモーカーである。狂ったようにタバコを吸う。食事をしている最中でもガバガバ吸う。

気が狂っているのではないかと思えるほどタバコを吸う。

だから筆者は寒汰を異常なヘビースモーカーとして認識していたのだが、実は「あ・魔尼羅(マニラ)」(仮名)関係者の証言によると、2002年当時寒汰はタバコを吸っていなかったそうである。

さらに、1990年台、寒汰は店の客に対していつも偉そうに禁煙の効能を語っていたそうである。ベロリベロリと口の周りを舐めまわしながら気持ち悪く語るその様に、多くの客は辟易していたという。

しかし、ということは、なんと寒汰は50歳を過ぎてからタバコを覚えたのである。

.

20131017110629 (1)

(写真と本文は全く関係ありません)

.

寒汰といえば酒のみである。いつも安い真露チャムシルの瓶を店に持込み、店に水と氷を無料でださせては、ひたすら飲みまくっているのである。

男にも女にも一切相手にされない寒汰だから、店内ではひたすら飲むしか無いのである。

マニラでは朝から酔っ払ってる寒汰であるが、酔っ払うと数少ない知人のコンドミニアムまででかけ、その1階から電話するのである。

「ゲヒヒヒ。俺じゃよ。今から飲みに行くぞ。」

自分を何様と勘違いしているのか、寒汰はいつも一方的で高圧的な誘い方をする。基地害に逆恨みされても嫌なので、寒汰の知人は渋々でかけるのだが、寒汰と飲んでいても一切楽しくない。なにせ言葉のキャッチボールが一切できないのが寒汰だからだ。そして、寒汰の意味不明な自慢話が延々と続くのを聞くのはほとんど拷問に近い。

だから、知人は寒汰から電話がかかってきてもすぐに居留守を使うようになる。数少ない知人を失った寒汰は、またすごすごと日本語が通じる店に戻り、そこでまた新たな犠牲者を探し始めるのである。

寒汰のこの迷惑な酔っ払いぶりは、寒汰に接したことのあるマニラ在住者なら広く知れ渡っているようである。

しかし、これまた驚いたことに2002年当時は寒汰はほとんど酒をのまなかったし、酒の知識も全くなかったのである。

(もっとも寒汰は今でも正確な酒の知識はない。なにせ真露チャムシルがフィリピンの地酒だと言いはるほどである。)

臭皇の元従業員の証言でも、寒汰は1990年台は、ほとんど酒を飲んでいなかったそうである。

国鉄時代、転勤した青木先輩のボトルを勝手にあけて飲みまくっていた寒汰であるが、やはり一回あたりの量はさほどでもなかったそうである。

.

つまり、寒汰は酒もタバコも、50歳を過ぎてから覚えたのである。

ちなみに、筆者は今は酒は飲むがタバコは一切やらない。高校生の時まではタバコを吸っていたが、大学に入った途端にやめた。なぜなら、日本では大学生の喫煙は社会的に認められてしまっており、吸ってもなんのスリルもないからである。

かように、悪い行為を楽しむという幼稚な行為は高校生レベルである。中学生高校生ならば、学校の窓ガラスを割って回るのもカッコイイと思う面があるが、大人になってそんなことをしたらただの基地害、ただの犯罪者である。

しかし、50歳を過ぎてから酒とタバコを本格的に覚え、狂ったように酔いまくりタバコを吸い、そんな自分の「ワル」ぶりに酔ってるかのような寒汰は精神年齢がやはり中学生以下なのであろう。

「ゲヒーーーーッヒヒヒヒヒヒ。俺はワルなんじゃよ。俺はカッコイイんじゃよ。俺は酒を飲んでタバコを吸ってるからカッコイイんじゃよ。どうだ? 俺に惚れただろう?俺はスーパースターだろう?ゲヒーーーーッヒヒヒヒヒヒ。」

異常に臭くて気持ち悪い寒汰は、だらしなくタバコを吸うたびに、そういう子供じみたメッセージを発信した気分になっているのであろう。

何をするにしても吐き気のするほどの気持ち悪さを周囲に振りまく寒汰である。

.

なお、寒汰の異常な量の飲酒とタバコは、クスリの禁断症状を緩和するためだという指摘が複数の方から寄せられている。寒汰のドラッグ使用は多くの情況証拠や MBC のポクポクの証言があるものの、まだ確定的な証拠は見つかっていないため、この説を取り上げることに関してはまだ保留させていただく。

.

Slide1

20111106101509_03

20111106101509_04

20111106101509_05

(写真と本文は全く関係ありません)

「ゲヒヒヒ。俺は正義の味方じゃから、いくらでも他人に迷惑をかけてもいいんじゃよ。他人に迷惑をかけると俺は気分よくなるんじゃよ。俺が歩道を占領する形で駐車したせいで、子供が交通事故にあっても俺に責任じゃないんじゃよ。俺が無料で駐車できる方が大事なんじゃよ。俺は無料で他人のものを利用するのが好きだし、他人に迷惑をかけると、たまらなく気分がよくなるんんじゃよ。どうだ? 俺は賢いだろう?俺は偉いだろう?俺を尊敬しただろう?ゲヒーーーッヒッヒッヒヒ」

20120607160740-1

(写真と本文は全く関係ありません)

寒汰は今日も、マニラ・エルミタの援交カフェ、マニラベイカフェ(MBC 旧称LAカフェ)に居座りながら奇っ怪な声をあげていた。

勾践(こうせん)氏(仮名)や周囲の人間は眉をひそめながら、この狂人を嘲るように見下ろしていた。

22s

2011_10_15_1111-02

(写真と本文は全く関係ありません)

.

.
.

寒汰の迷惑行為による被害者一覧

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

寒汰と寒汰物語に関する疑問があれば、こちらを御覧ください。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

大虎の秘密の新メニュー、猫又ラーメンについてはこちらを御覧ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

売上激減店の起死回生策

臭皇本店の売上が激減している。まずは下記のグラフを見ていただきたい。

aikoku_2013_11

春から夏にかけて一時回復していたが、夏以降は激減し、現在過去最低記録を更新中である。

この理由は釧路の景気が悪いからということではない。

現に同じ釧路市内にある旭店の売上は、ほぼ横ばい状態だからである。

asahi_2013_11

なお、2010年から2011年にかけて旭店の売上が大きいのは、近くに大きな工事現場があった関係で客の入りが多かったためである。

その工事現場バブルをのぞけば旭店の通常の売上のベースそのものはここ10年ほど変わってないのである。

なぜ臭皇本店だけ売上が激減しているのか?その理由は様々に考えられるが、最も大きな原因は経営者の汚橋逆至(仮名)自身にあると思われる。

読者の皆様もご存知のように汚橋逆至はとにかく汚らしい

  • 半年以上いつも同じ服を着ていて、そのまま寝ているので服が糸くずなどゴミだらけで汚らしい。
  • 洗濯もせず、服を裏返しに着ることで洗濯したことにするという不潔さ。
  • 風呂は全く入らず、シャワーもめったに浴びない。
  • 髪はフケだらけでギトギト、顔は脂まみれ。
  • エプロンが真っ黒。エプロンをつけたまま車に乗り込み自宅に帰る。エプロンを着たまま寝ている。
  • screen_shot_2013-02-13_at_9-02-d

screen-shot-2012-09-13-at-6-46-08-pm1

screen-shot-2012-11-05-1s

(写真と本文は全く関係ありません)

臭皇に行ったことのある釧路の方々も汚橋逆至(仮名)の汚らしさをこう語る。

  • 「体臭が臭い。本当に臭くてたまらない。」
  • 「顔や体つきが汚い。」
  • 「ふるまいが汚らしい。」
  • 「性格が汚らしい。」
  • 「存在が汚らしい。」
  • 「目つきが汚らしい。」

なお、汚橋逆至のあの異常な臭さの原因について、釧路の方々はこう語ってくれた。

  • 風呂に入らず、シャワーすらほとんど浴びないから
  • 服を何ヶ月も洗わず、寝るときも着たままだから
  • 肉ばっかり食っているから
  • アイヌ人の体質だから
  • シャブで内蔵が壊れているから

我々の調査結果とほぼ一致する。

なお、魔尼羅盗撮バージン(仮名)でもシャブへの欲求を何度もひたすら語りまくっていた汚橋逆至(仮名)はシャブ使用疑惑がつきまとう。

マニラベイカフェ(MBC)の売春婦ジェニーは汚橋逆至にシャブをしつこく強要されたと言っている。

フィリピン関係者だけでなく、釧路にお住いの方々も汚橋逆至がシャブをやっているのではないかと疑っているようである。

.

ちなみに、汚橋逆至の自宅に行ったことのある本店の古田店長は、汚橋の家の内部の様子を呆れながらこう語った。

「臭社長の部屋はテレビで見るような見事なゴミ屋敷さあ。食べ物のゴミのほか大量のエロビデオやエロ本が転がっていて足の踏み場もない。思い出しただけで鳥肌が立つよ。臭社長はゴミ溜めに住んでるゴミ人間だね(苦笑)」

釧路の方々はこうも語る。

「臭皇の客の中には、余りの汚橋逆至の不潔さに嫌悪感を抱いている方も多数いて、わざと汚橋逆至の出勤していない時間に食べに来て汚橋逆至の文句を言っていく人が結構いましたね。」

飲食店の社長なのに、客にここまでの不快感を抱かせる人間も珍しいのではないかと思われる。

.

さて、臭社長・汚橋逆至(仮名)のあまりの汚らしさで売上激減の臭皇本店であるが、自称「頭がいい」臭橋逆至は起死回生の案を生み出したようである。

(動画と本文は全く関係ありません)

なんと、臭皇はとうとう人間以外を客にしだしたようである。

確かに、ゴミ溜めに住んでいるゴミ人間の客としては、人間より生ごみが大好きなカラスの方が似合っている。

そもそも汚橋逆至はホモ・サピエンスとは思われない化物である。体臭と目つきは現生人類のそれではない。

この動画を見た釧路の協力者はこう語った。

「汚橋逆至はついに人との商売を辞めて、獣との商売に移行したのですね(笑)」

化物の臭橋逆至にはカラスとの商売がお似合いである。

.

Slide1

20111106101509_03

20111106101509_04

20111106101509_05

(写真と本文は全く関係ありません)

「ゲヒヒヒ。俺は正義の味方じゃから、いくらでも他人に迷惑をかけてもいいんじゃよ。他人に迷惑をかけると俺は気分よくなるんじゃよ。俺が歩道を占領する形で駐車したせいで、子供が交通事故にあっても俺に責任じゃないんじゃよ。俺が無料で駐車できる方が大事なんじゃよ。俺は無料で他人のものを利用するのが好きだし、他人に迷惑をかけると、たまらなく気分がよくなるんんじゃよ。どうだ? 俺は賢いだろう?俺は偉いだろう?俺を尊敬しただろう?ゲヒーーーッヒッヒッヒヒ」

20120607160740-1

(写真と本文は全く関係ありません)

寒汰は今日も、マニラ・エルミタの援交カフェ、マニラベイカフェ(MBC 旧称LAカフェ)に居座りながら奇っ怪な声をあげていた。

勾践(こうせん)氏(仮名)や周囲の人間は眉をひそめながら、この狂人を嘲るように見下ろしていた。

22s

2011_10_15_1111-02

(写真と本文は全く関係ありません)

.

.
.

寒汰の迷惑行為による被害者一覧

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

寒汰と寒汰物語に関する疑問があれば、こちらを御覧ください。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

大虎の秘密の新メニュー、猫又ラーメンについてはこちらを御覧ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

犯罪者の心得

逮捕されずに犯罪を次々に重ねる者は、捕まらないためのコツを知っている。

釧路、マニラで犯罪行為や悪質行為を重ねてきた寒汰もその例外ではなかった。

これに関して、釧路での寒汰のフランチャイズ詐欺の被害者、旅人じろーさんからコメントを頂いたので紹介したい。

私の拙いコメントを取り上げて頂きましてありがとうございます。

当初はここにコメントを載せることに随分悩みました。
と言うのは、全てを拝見した訳ではありませんが、ここに記載されている内容があまりにも内部に精通されており、また私を含めたごく少数しか知らないであろうことも正確に描写されていたからです。
また、フィリピンでの事やその他私の 知らない事柄に対する記事を拝見していても、あいつなら言いかねない、あいつならやりかねないと思う事柄があまりにも多く、私の知っているあいつの言動、行動と一致しすぎている事が懸念材料でした。

何故なら、何かを意図があってあいつ本人の自作自演、もしくはそれに順至る側近の罠かもしれないと恐怖を感じていたからです。

あいつなら、それくらいはやりかねない・・・

そんな恐怖を15年以上たった今でも感じてしまう程の常軌を逸するモンスターなんだと改めて実感しています。

突然の長文失礼いたしました。

追伸、私は現在釧路に戻ってきましたが、この心の呪縛が解かれる事はないのかもしれません。でも、辛い思いをしていたのが、私だけではないと知り、強い憤りと共に共感して頂ける仲間なのかな?と少しだけ楽になれた気がします。

.

20131017110629 (1)

(写真と本文は全く関係ありません)

筆者も含め、寒汰の被害者である我々には悩みがある。

それは、寒汰の悪質行為、犯罪行為に関して事実を書けば書くほど、他人は信じてくれないということだ。

自分の店で営業時間中に公開オナニーを繰り返し行なっていたり、フランチャイズ詐欺を行っている上、加盟店にカビの生えた麺を売りつけた上にさらに二重請求したり、あげくに加盟店から備品を根こそぎ泥棒したり、消防法違反や道路交通法違反を日常的に行っていたり、店の看板が完全な盗作であったり、半年間一度も洗濯しない服を文字通り毎日着ていたり、洗濯する代わりに服を裏表に着たり、

釧路の店にやってきた可愛い女子高生をつけまわしてストーカー行為で通報されかかったり、キャバクラでは女の子に総スカンをくらい誰にも相手にされず放置プレーを食らっていたり、

マニラのカラオケでも同様の状況で盗撮、ストーカー行為でとうとう通報され警察に連行されたり、ネットでは他人の個人情報やパスポートを晒しまわっていたり、

いずれもはっきりと証拠や証人がいるのだが、寒汰を知らない人はまさかそれが事実とは思いもよらないのだ。

(これらの寒汰の犯罪行為、迷惑行為にご興味のある方は、ぜひ下記のエントリをお読みいただきたい。信じがたいほど異常な寒汰の犯罪、迷惑行為は判明しているだけで星の数ほどある。)

寒汰の迷惑行為による被害者一覧

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

フランチャイズ詐欺 I

フランチャイズ詐欺 II

フランチャイズ詐欺の被害者が語る寒汰の犯罪

悪魔の契約 – カビた麺と経営の天才

女子高生ストーカー事件(実話)

パスポートや個人情報をさらす行為

縦巻き髪の男

ありえないほどの素晴らしいファッション II

ありえないほどの素晴らしいファッション III

警察署への連行 – カラオケ(KTV)編 XV

しかし、寒汰と面識がない方が、これらの犯罪が事実であるとは、すぐに信じられないのも当然かもしれない。

一般の人が生きていく上で、ここまで異常な人間にはまず出会わないからだ。

だから、寒汰の異常さを聞いても、現実感がまるでわかないのだ。

ここには、寒汰の悪人なりの知恵が介在していると筆者は考えている。幼少の頃より爪弾き者で、実の母親の貞子(仮名)にまで疎まれ、死の直前には「サタン」呼ばわりされた寒汰は、他人に迷惑をかけつづけるうちに、迷惑をかけても咎められにくい方法を経験的に学んだのだ。

寒汰の信条はこうだろう。

「基地害行為も度が過ぎれば咎められない」

「基地害になったもの勝ち」

上記に書いたように、寒汰がどんな異常な犯罪や異常な行為を行っても、当事者でなければ「そんな異常な人間がいるわけがない」と思い込んでしまう。つまり、悪質行為であればあるほど、社会からの制裁はうけにくいのだ。

さらに、たとえ第三者が寒汰の異常さを知ったとしても、異常な人間には誰も関わり合いたくない。自分が被害者でない限り、避けて通るのが賢明である。いや、被害者であっても二次被害を恐れて泣き寝入りする人が大半である。だから、寒汰の長年の悪質行為は釧路でもマニラでも表面化しないで済んできたのだ。

異常すぎる方が咎められないのは、モラルハザードを引き起こすことになるわけだが、まさに寒汰はそのモラルハザードの象徴として59年間生きてきたと言えよう。

寒汰は頭は極端に悪いが、犯罪IQだけは妙に高いのである。

図らずも、新たに判明した被害者、旅人じろーさんのおかげで当ブログで指摘している寒汰の犯罪、迷惑行為が事実であることがまた証言された。

旅人じろーさんが立ち上がってくだあったおかげで、これまで寒汰の逆恨みを恐れて口を開かなかった被害者の方が新たな証言をしてくれそうな様子もある。

当ブログでは、今後ますます寒汰の悪質行為の糾弾に力を入れていく予定である。

.

なお、余談であるが、寒汰のもう一つの信条をご紹介しておこう。

嘘でもブログに書けば事実になる。

これは、魔尼羅で寒汰本人がNAC(仮名)の小櫛代表(仮名)はじめ、多くの方に誇らしげに語っていた言葉である。

寒汰の魔尼羅盗撮バージン(仮名)は嘘とでまかせだらけのブログであるが、それを信じていた人は少なくない。

「まさかいくらなんでも根拠が全くないことを、誰でも見れるブログであそこまで自信たっぷりに書くわけがないだろう」という常識人の思い込みにつけこんで、寒汰は嘘をついてついてつきまくってきたのである。

寒汰が嘘を書けば書くほど信じる人が出てくる。そして、我々が事実を書けば書くほど人々は懐疑的になる。

この切ない問題に関する我々の悩みも、旅人じろーさんやその他の被害者の証言が出てくることで徐々に解決されんことを願う。

.

最後に、最近の臭皇に訪れている珍客を動画でご紹介して本エントリの締めとしたい。

この動画に関しては、後日のエントリでまた取り上げさせて頂く予定である。

.

Slide1

20111106101509_01-4

20111106101509_03ex-9

20111106101509_04-3

20111106101509_05-5

(写真と本文は全く関係ありません)

「ゲヒヒヒ。俺は正義の味方じゃから、いくらでも他人に迷惑をかけてもいいんじゃよ。他人に迷惑をかけると俺は気分よくなるんじゃよ。俺が歩道を占領する形で駐車したせいで、子供が交通事故にあっても俺に責任じゃないんじゃよ。俺が無料で駐車できる方が大事なんじゃよ。俺は無料で他人のものを利用するのが好きだし、他人に迷惑をかけると、たまらなく気分がよくなるんんじゃよ。どうだ? 俺は賢いだろう?俺は偉いだろう?俺を尊敬しただろう?ゲヒーーーッヒッヒッヒヒ」

20120607160740-1

(写真と本文は全く関係ありません)

寒汰は今日も、マニラ・エルミタの援交カフェ、マニラベイカフェ(MBC 旧称LAカフェ)に居座りながら奇っ怪な声をあげていた。

勾践(こうせん)氏(仮名)や周囲の人間は眉をひそめながら、この狂人を嘲るように見下ろしていた。

22s

2011_10_15_1111-02

(写真と本文は全く関係ありません)

.

.
.

寒汰の迷惑行為による被害者一覧

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

寒汰と寒汰物語に関する疑問があれば、こちらを御覧ください。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

大虎の秘密の新メニュー、猫又ラーメンについてはこちらを御覧ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.