異様な貞子(仮名)の葬式

1999年の半ば、寒汰の母親の高橋貞子(仮名)が死んだ。享年70歳。真性基地害の長男、汚橋逆至(きたなはしぎゃくじ)(仮名)に苦しめられ続けた一生だった。

キリスト教徒であった貞子(仮名)の葬式は、帯広のプロテスタント教会で行われたが、この葬式が異様なものであったことを出席者は語る。

まず出席者がほとんどいなかった。長男、逆至(仮名)の異常さ、基地害ぶりは逆至が中学を卒業した後に国鉄に就職して帯広を出て、根室そして釧路に移った後も帯広の住人はよく覚えていた。

貞子を哀れんでも、逆至との関わりを恐れて誰も出席しようとしなかったのだ。

貞子の夫の博(弘から改名。いずれも仮名)でさえ出席していなかったし、子供も出席しなかった。

つまり、父親や兄弟でさえ、基地害の汚橋逆至と関わりを極度に恐れていたのである。

逆至はそのことを聞かれると「俺は絶縁してるんだ。」と苦々しげに語っていたが、実際は逆至が絶縁された側なのは誰の目にも明らかだった。

.

しかし、このごく少人数で行われた葬式の異常な点は、何よりその逆至の行為にあった。

逆至は母親の貞子が死ぬ直前に吐いた言葉を録音し、それを会場でずっと流し続けていたのである。

テープで流される貞子の声は異様に苦しそうであったが、内容も異常であった。

Satan

「ひぃいい。私が苦しいのはサタンのせい…」

「ぅううう、私はクリスチャンなのに、こんなに不幸で苦しむのはぁ、サタンのせい….」

それこそ地獄の底から響いてくるような苦しげな声で、恨み節を語っているのである。

その震撼させられるような貞子の声を、汚橋逆至は文字通り何度も何度も繰り返し再生しては、しきりにニタリニタリと笑っていたのである。

仮にも自分の母親が死んだというのに、逆至は悲しそうなどころか、嬉しさを隠しきれないという表情なのである。

.

葬式の出席者は語る。

「葬式のあいだ中、気持ち悪くてしかたなかった。」

「もうその頃には汚橋逆至が異常な人間だとわかってましたが、あの葬式でそれを再認識させられた形です。」

「仮にも自分の母親の葬式だというのに、ああいう奇怪な行動を起こすのは、正常な人間ではありえません。」

「インパクトが強すぎた葬式というか、とにかく異様な雰囲気でした。」

汚橋逆至が異常な人間であることは、筆者も重々承知していたが、まさか母親の葬式で死んだ母親の恨みの声を参列者に延々ときかせるほど異常な人間だとはさすがに想像できなかった。

数年にわたり汚橋逆至の研究を続けてきた筆者であるが、知れば知るほど異常さが明らかになる汚橋逆至にはいまだに驚かされる。

.

なお、筆者は中学高校とカトリックの学校に通いミサにもよく出席していたが、少なくともそのカトリックの学校で、何か悪いことがおこったのを「サタンのせい」と教えられることはまずなかった。

中世時代ならともかく、科学技術の発達した現在ではキリスト教でも非科学的な存在はあまり語られない。

神とイエス・キリストによる超常現象は語るが、「苦しいのはサタンのせい」などという子供じみた教えなどしないのだ。

これは、カトリックに限らず、プロテスタントでも同じだろうと想像できる。

しかるに、貞子が「私が苦しいのはサタンのせい」と語ったのは、貞子のキリスト教理解が恐ろしく幼稚なものであったか、あるいは「サタン」はなにか別の言葉を参列者が聞き違えたかであろう。

そう、賢明な読者はお気づきであろう。

サタンではなく「サンタ」であれば、完全に誰もが納得できるのである。

Screen Shot 2013-02-13 at 9.11.08 PM

(写真と本文は全く関係ありません)

自分を苦しめ続けてきた異常な存在を、貞子が死の間際でも恨んでいるのは自然なことである。

なお、汚橋逆至があの三文字のハンドルネームを使い出すのは、その3年後のことであるが、死の間際の貞子が神の加護により未来を見透かしていたとしてもおかしくないと思える筆者である。

汚橋逆至に苦しめ続けられた後に天に召された貞子の魂が清められ、神のもとで安息の日々を送っていることを祈る。

.

.

Slide1

20111106101509_03

20111106101509_04

20111106101509_05

(写真と本文は全く関係ありません)

「ゲヒヒヒ。俺は正義の味方じゃから、いくらでも他人に迷惑をかけてもいいんじゃよ。他人に迷惑をかけると俺は気分よくなるんじゃよ。俺が歩道を占領する形で駐車したせいで、子供が交通事故にあっても俺に責任じゃないんじゃよ。俺が無料で駐車できる方が大事なんじゃよ。俺は無料で他人のものを利用するのが好きだし、他人に迷惑をかけると、たまらなく気分がよくなるんんじゃよ。どうだ? 俺は賢いだろう?俺は偉いだろう?俺を尊敬しただろう?ゲヒーーーッヒッヒッヒヒ」

20120607160740-1

(写真と本文は全く関係ありません)

寒汰は今日も、マニラ・エルミタの援交カフェ、マニラベイカフェ(MBC 旧称LAカフェ)に居座りながら奇っ怪な声をあげていた。

勾践(こうせん)氏(仮名)や周囲の人間は眉をひそめながら、この狂人を嘲るように見下ろしていた。

22s

2011_10_15_1111-02

(写真と本文は全く関係ありません)

.

.
.

寒汰の迷惑行為による被害者一覧

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

寒汰と寒汰物語に関する疑問があれば、こちらを御覧ください。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

大虎の秘密の新メニュー、猫又ラーメンについてはこちらを御覧ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

自称達人のタイ旅行・武勇伝

寒汰はろくに知りもしないことを、さも知り尽くしたかのように自慢する。

しかし、そんなホラや嘘はすぐに見抜かれて大恥をかくのだが、根っからの嘘つきである寒汰は何度見ぬかれても嘘をつきまくる癖が抜けない。

whawa さんが、自称ベテランの寒汰のほら話を発掘してくださったのでご紹介したい。

寒太氏は、やっぱりすごい

http://asia100raku.blog88.fc2.com/page-0.html

ご自身のブログにて書かれていますが

寒汰> テーメーカフェやソイカーボーイ、ナナプラザなどの
寒汰> 日本人御用達の店を含む風俗店や55バー
寒汰> 援助交際を装った個人直売売春婦。
寒汰> 街角にはストリート系の女性たちが立ならびます。

テルメは、MBCと同様のお店
ソイカウボーイは、フィールズ同様、道路の名前
ナナプラザは、エドコン同様、建物にバーの集合体
ナナプラザの周辺には、お店が終わった後、立ちんぼになる子や、お店に勤めることが出来ない子がいる

寒汰の記述を見れば、どこからどうみてもタイの夜遊びがわかってないのがまるわかりである。

タイ語も英語も一切できず、通訳兼ガイドのTOSHIYAさん(TOSHIYAさんもあまり英語はできないし、タイ語は全くできないのだが)におんぶにだっこでついて回ってるだけの寒汰は、テルメがどういう場所で、ソイカウボーイや、ナナ・プラザがどういうところかも一切わかってなかった。

そもそも風俗店といえば、マッサージ店であるが、寒汰にはマッサージ店とゴーゴーの区別すらついていなかった。ましてや、テルメが援交カフェであることなど、さっぱりわかるわけもなかった。

英語もタイ語も一切できない上に、極度のコミュニケーション不足の寒汰には、何を見ても何が何だかさっぱりわからないのである。

店名と、通りの名前と、ビルの名前を全部ごっちゃにしている無茶苦茶さはその象徴であろう。

誤解のないようにいっておくが、夜遊び場所を知っているのがえらいと言っているわけではない。

ろくに知りもしないことをさも知ったかのように偉そうに書くのは恥ずかしい行為だと言っているのである。

なお、寒汰はソイカウボーイをソイカーボーイと書いているが、Cow () と Car (自動車) が一緒だと思っているのは、さすが英語の達人シュッテル寒汰の面目躍如である。

寒汰> とあるバーに入ります。酒を飲むでもなく様子伺い。
寒汰> 笑顔でこちらを見ていた娘に声をかけてみました。

バーは、お酒を飲むところ、飲まない客は、客ではないので女の子が話してくれないと思う

寒汰は「バー」には入れない。タイ語はもちろん、英語でもオーダーすらできないからである。

TOSHIYAさんが、寒汰を連れて行ってくれたのは、バーではなくて、深夜も開いているスクンビット・ソイ3/1の食堂である。寒汰は食堂とバーの区別もつかないようである。

寒汰はその安食堂の片隅にすわって、おっかなびっくり挙動不審者のように周囲を見渡していただけである。

なお、筆者は寒汰をゴーゴーバー「バカラ」に居るのを見かけた。寒汰は例によって、恐ろしく不機嫌な顔でブスーーーーーーーーーーーっとしたまま、踊っている女の子の凹を凝視していたが、女の子からは露骨に嫌な顔をされていた。

また、フィリピンと同様、タイのゴーゴーバー・バカラでも、寒汰に話しかけるどころか近寄る女さえいなかった

なお、女の子に露骨に無視されている寒汰の肩をたたいて、筆者が「ご・ぶ・さ・た」と言うと、寒汰は震え上がって「ん・あ・ぁ」というような声にならない声をあげていた。

自分が威張り散らせる日本語環境でないところでは、とことん弱い寒汰なのだと筆者はこの時つくづく感じた。

なお、その後筆者はトイレで死ぬほど必死で手を洗ったことは言うまでもない。異常に臭くて汚い寒汰に触れてしまった手が腐るからである。

Screen Shot 2013-02-13 at 9.06-d

(写真と本文は全く関係ありません)

>言い値は300バーツ。

テーメーカフェでは、1500バーツを譲りませんでしたから
バンコクでも、日本人相手と欧米人相手と地元などの
国別標準小売価格があるのでしょうね。

バーファイン(タイではペイバー)と実際のお手当を混同していますね

実際かかるお金は、自分の飲み代+女の子の飲み代+ペイバー代(お店によって異なる300~500)+やり代(交渉によって異なるが1000~1500くらいであろう)

そもそも、タイ語も英語も一切出来ない寒汰は自分でも「我、聾唖者なり」と言っているくらいである。そんな寒汰がどうやって女の子と話したのか?

自分で矛盾に気づかないあたりが、寒汰の異常なまでの頭の悪さを物語っていると言えよう。

>私が今回使用したのは、3泊4日のタイ国際航空の『バンコクツアーチケット』です。
BANGKOK THAI BLOCKINGS? From US$ 279 4Days3Nites

さすが、英語の達人ですね、3Nites、ですか?

Night をわざと Nites と書くことは確かにあるが、この場合寒汰自身が Night の綴りを知らずに間違えている可能性も少なくはない。

Shuttle をシュッテルと読む寒汰の凄まじい英語力では、この低レベルな間違いも十分ありるうだろう。

なお、フィリピンからタイに旅行するには、ローカルのパックが安くていいと TOSHIYA さんに教えてあげ、実際に予約してあげたのは、恥ずかしながら筆者である。

その4カ月後、寒汰はその TOSHIYAさんに手配を全て任せていただけで、何にもしていない。そもそも英語もタガログ語も一切できない寒汰に予約など無理であった。

さも自分で手配したかのように書いているが、またすぐに嘘がばれる寒汰なのである。

>ホテルは指定の中から選択できます。
私はソイ22 『リージェンシーパークホテル』を選択しました。

ソイの意味が解っていないようですね?
スクンビットソイ22ですよね?

さすがです、寒太氏

whawa さんの仰る通り、寒汰はソイ22が固有名詞だと思っているのである。

日本のホテルでたとえるなら「私は2丁目10番4号『ホテルオークラ』を選択しました。」と言っているようなものである。

寒汰の浅はかな考えは透けて見える。

「ゲヒヒヒヒ。『ソイ』という単語をホテル名につけておけば、タイ・ベテランの言葉に聞こえるじゃろう? どうせフィリピンしか知らない takashi のように頭が悪い人間は、俺のことをタイベテランだと思って尊敬してくれるんじゃよ。どうだ? 俺は頭がいいだろう? 俺は世界一のフィリピンベテランの上にタイベテランじゃろう? 俺を尊敬しただろう?ゲヒーーーーーッヒヒヒヒッッヒヒヒ」

なお、寒汰がリージェンシーパークホテルに泊まったというのは嘘である。

寒汰が泊まったのは、TOSHIYAさんに薦められたままのホテル、そうテルメの上の安ホテルである。

どうでもいいことでも、どこまでも嘘をつき倒すのが寒汰らしさである。

そして、それがすぐに見破られることに気づかない浅はかさも寒汰らしさなのであろう。

.

.

「ゲヒヒヒ。俺は正義の味方じゃから他人の個人情報や写真をいくらでも晒していいんじゃよ。俺は一切反省しないんじゃよ。臭皇が潰れても俺は反省なんかしないんじゃよ。俺は何十年でも他人に迷惑をかけ続けるんじゃよ。俺は正義の味方だからいくらでも迷惑をかけていいんじゃよ。どうだ? 俺は凄いだろう? 俺は偉いだろう? 俺を尊敬しただろう?ゲヒーーーッヒッヒッヒヒ」

寒汰は今日も、釧路町木場にあるホーマックで千枚通しを買いながら奇っ怪な声をあげていた。

勾践(こうせん)氏(仮名)や周囲の人間はまゆをひそめながら、この狂人を嘲るように見下ろしていた。

.

.
.

寒汰の迷惑行為による被害者一覧

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

大虎の秘密の新メニュー、猫又ラーメンについてはこちらを御覧ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

フランチャイズ詐欺の被害者が語る寒汰の犯罪

寒汰のフランチャイズ詐欺の被害者である旅人じろー さんから、大変興味深いコメントをいただいたので、ご紹介したい。

1990年後半僕も彼に騙され、フランチャイズ詐欺にあったものですが、今振り返れば当時からいろんな大ボラを吹いていましたね。

豚骨ラーメンの発祥は釧路。
劇的に癌が治るという低周波治療器を数十万でパートの神〇さんに売却。(販売はお前の姉が販売していることにしろ!との命令付き)
・豚肉ではなく外国産の低価格牛肉で角煮を作り客は絶対気がつかないと豪語。
・ドサンコワイド(※ 北海道では有名なテレビ番組)に出た際は、寸胴1杯で500杯のスープが作れると豪語し木村洋二(※アナウンサー)に作れるわけがないと突っ込まれる。(実際にはチーズを使ったインスタントなので水さえあればいくらでも作れる。)

等など思い出せばきりがないですね。

(※ 部分は注として筆者が挿入させていただいた)

勇気を出して、寒汰の悪事を告発してくれた旅人じろーさんには深く感謝すると共に、この悪質極まりないアイヌ人の被害にあったことを深く同情する次第である。

この旅人じろーさんの告発内容が本当かどうか、もちろん筆者は可能な限り裏をとるつもりであるが、裏をとらなくてもこれが事実であることは容易に想像できる。

読者の方も同じ気持であろう。なぜなら、これらの内容は、筆者自身、そして筆者の仲間が見てきた寒汰の行動パターンと完全に一致するからだ。

「あの寒汰なら、ここまでの大嘘や犯罪をするだろう」というのが正直な気持ちである。

それにしても、である。寒汰の犯罪行為と大嘘は筆者たちの予想さえ、やや上回るものであった。常に他人の予想を上回る悪質行為を行うのが寒汰なのだと再度実感した次第である。

.

Screen Shot 2013-02-13 at 9.04-d

 

(写真と本文は全く関係ありません)

豚骨ラーメンの発祥の地が釧路」などと言う大嘘は、誰が聞いても大嘘だとわかる。ラーメン店の経営者なのに食に関して全く無知の寒汰は、こんな大嘘がばれないとでも思っているのだろうか。

パスポートも持ってないのに「気ままにフランス・イタリア・ドイツを旅行して回った」と言い張ったり、アイヌ人の祖先がスペイン人だとか、黒潮は季節によって逆流するだとか、レコンキスタを行ったのはローマ帝国だったという信じがたい大嘘を並べる寒汰ならではの大嘘である。

「劇的に癌が治る」という低周波治療器を数十万円でパートの神◯さんに売りつけるのは、完全に犯罪行為である。「お前の姉が販売していることにしろ」と命令したのは、自分で犯罪だと認識しているからに間違いない。低周波治療器が全く役に立たないとばれても、自分が周囲にゆびさされないために「お前の姉が販売していることにしろ」と言ったのだろう。

責任転嫁が大大大大大好きな「吾人」らしい悪質な行為である。

角煮を豚肉ではなく、外国産の格安牛肉で作っていたのも驚きである。これまた犯罪である。しかもそれが「客には絶対にばれない」と豪語していたのにはさすがの筆者も驚いた。

口に入れば何でも同じと考える、信じがたいほどの味覚音痴の寒汰だから、他人も同様に味音痴だと思ったのだろうか。

さすがは水牛の肉に脂をさせば高級和牛になると豪語する男である。

日本産ではない「和」牛の謎

水牛の肉に脂身を混入して和牛だと言いはる男 I

水牛の肉に脂身を混入して和牛だと言いはる男 II

水牛の肉に脂身を混入して和牛だと言いはる男 III

寸胴1杯で500杯のスープが作れるのは、ある意味事実だろう。なにせ、豚骨スープを自作せずに、富士食品の業務用濃縮スープである白豚湯スープをお湯で薄めるだけなのだから、旅人じろーさんが仰るとおり、水さえあれば、何百杯でもスープが作れるのである。

自分の姑息なスープ調理方法をテレビの前でうっかり漏らし、それをすぐに突っ込まれて大恥をかく寒汰なのである。

「どさんこワイド」は北海道ではかなり有名な番組のようであるが、あの自慢したがりの寒汰が出演した事実を一切言わないのは、その時にかかされた恥がよほど悔しかったのだろうと思われる。しかし、どうせばれないと思って、テレビ番組や雑誌の前でも平気で大嘘をつきつづける寒汰なのである。

.

Slide1

20111106101509_03

20111106101509_04

20111106101509_05

(写真と本文は全く関係ありません)

「ゲヒヒヒ。俺は正義の味方じゃから、いくらでも他人に迷惑をかけてもいいんじゃよ。他人に迷惑をかけると俺は気分よくなるんじゃよ。俺が歩道を占領する形で駐車したせいで、子供が交通事故にあっても俺に責任じゃないんじゃよ。俺が無料で駐車できる方が大事なんじゃよ。俺は無料で他人のものを利用するのが好きだし、他人に迷惑をかけると、たまらなく気分がよくなるんんじゃよ。どうだ? 俺は賢いだろう?俺は偉いだろう?俺を尊敬しただろう?ゲヒーーーッヒッヒッヒヒ」

20120607160740-1

(写真と本文は全く関係ありません)

寒汰は今日も、マニラ・エルミタの援交カフェ、マニラベイカフェ(MBC 旧称LAカフェ)に居座りながら奇っ怪な声をあげていた。

勾践(こうせん)氏(仮名)や周囲の人間は眉をひそめながら、この狂人を嘲るように見下ろしていた。

22s

2011_10_15_1111-02

(写真と本文は全く関係ありません)

.

.
.

寒汰の迷惑行為による被害者一覧

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

寒汰と寒汰物語に関する疑問があれば、こちらを御覧ください。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

大虎の秘密の新メニュー、猫又ラーメンについてはこちらを御覧ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

賞賛されたいから、誰も真相を知らなそうな大嘘ばかり書く男

読者の方から有用なコメントをいただいたので紹介したい。

サムターン回しさんのコメント

食べログを見ると臭色ラーメンはインスタントみたいな味とか、インスタント以下とか書いてありますね。客が少ないとも書いてありますけど。

かつて釧路では評判のよかった臭色ラーメンが「インスタントみたいな味」と誰からも酷評されるようになったのは、やはり釧路の人たちの食のレベルがあがったということが大きいだろう。

1990年初頭の釧路では、一般の方の舌はレベルが低く、業務用スープをお湯で薄めて化学調味料をぶちこむだけの臭色ラーメンで「トンコツスープなのにトンコツ臭がしない!すごい!」と騙される人も多かった。しかし、2000年ごろになると、釧路でも本物の味を知る人は増え、化学調味料で舌がしびれるほどの臭色ラーメンを敬遠する人が増えたのだ。

また、1990年代でも食文化がすすんだ札幌では臭皇は成功しなかった。もちろん、その理由としては経営者の寒汰自身がフランチャイズ店の営業を妨害したことも少なくなかっただろうが、化学調味料漬けの臭色ラーメンでは、釧路よりも舌が肥えた人が多い札幌では通用しなかったということでもあろう。

卑しいアイヌ人家庭で生まれ育ち(※アイヌ人が卑しいというわけではなく、寒汰の実家が卑しいという意味である)、母親からも徹底的に嫌われろくに食べ物を与えられなかった寒汰は「ケチればケチるだけ褒められる」「味は濃ければ濃いほどうまい」「食べものは不健康であればあるだけうまい」と、世の中と真逆の考えをしていた。

地方都市の釧路だったからこそ、そんな時代を50年ほど勘違いしたような考え方も一時は通用したのだろうが、21世紀の今は全く通用しなくなったということであろう。

食べログだけでなく、釧路の一般市民からも臭皇ラーメンの味とサービス内容を酷評する声は筆者たちのところにもぞくぞくと届けられるのである。

そもそも経営者が女子高生の盗撮を日常的にやっていたり女子高生をストーカー行為をしている時点で、味以前の問題とも言われているのだが。

Screen Shot 2013-02-13 at 9.10.46 PM

(写真と本文は全く関係ありません)

.

釧路のバカさんのコメント

寒汰爺は、フィリピンに10年間毎月通って買春していたことが釧路で噂になってきているから、「フィリピンに通っていたのは、食文化ベテランとしての視察なのであります」と言い繕いたいんだろう。
食文化に詳しいと言いたいなら本気で食の勉強をすればいいのにw
誰も知らない事を書いて賞賛されたいから誰も知るはずの無い事実とはかけ離れた事を書くのか? 単に怠け者だから真面目に勉強できないのか?

このコメントは非常に鋭い。寒汰が他人と違うことを書く最大の理由は、「誰も知らないことなら、嘘を書いてもばれない」と思っているからなのだ。

根っからの嘘つきである寒汰は、嘘をつくことに何の罪悪感も感じない。生まれてこの方誰からも馬鹿にされ、指をさされて笑われてきた自分が賞賛されるためならば、とんでもない嘘をつくことも平気なのだ。

ただ、寒汰の誤算は自分の知識があまりに狭いことであった。わかりやすいよう図を用いて説明しよう。

Slide1

寒汰は他人が知っている範囲を超えた嘘をつけば、見抜かれないと思っている。実際、寒汰の周囲に多くいる takashi レベルのオサーンであれば寒汰が大法螺をついていても知識がなさすぎて確かめようがない。

「アイヌ人の祖先はスペイン人だ」「真露はフィリピンの地酒だ」「黒潮は季節によって逆流する」「スペインからイスラム教徒を追い出したのはローマ帝国だった」などという嘘を聞いても、それが嘘だとわからず「凄い!凄い!寒汰さんは博識だ!寒汰さんは世界一のフィリピンベテランだ!」と、takashi レベルの人間なら簡単に騙されて感激してしまう。

ところが、実際には世間の大半の人はそこまで馬鹿ではない。まともに知識のある人なら寒汰の知識どころか、寒汰の嘘の範囲も軽く凌駕した知識を持っているのだ。

Slide2

かくして寒汰の嘘は簡単に見破られてしまうことになるのである。

.

残念ながら、この世で嘘をつくことが有効に働くことは少なくない。嘘であってもそれを確かめる手段が乏しいことが多いからだ。しかし、多くの人は寒汰のようにとんでもない大ぼらを吹き続けることはない。

なぜなら、いったん嘘がばれれば周囲の信用を一気になくしてしまうからだ。そんな大きなリスクを普通の人はとれない。

寒汰が他人の迷惑もかえりみず大嘘をつき続けるのは、もともと誰からも信用されていないということもあるのかもしれない。

.

Slide1

20111106101509_03

20111106101509_04

20111106101509_05

(写真と本文は全く関係ありません)

「ゲヒヒヒ。俺は正義の味方じゃから、いくらでも他人に迷惑をかけてもいいんじゃよ。他人に迷惑をかけると俺は気分よくなるんじゃよ。俺が歩道を占領する形で駐車したせいで、子供が交通事故にあっても俺に責任じゃないんじゃよ。俺が無料で駐車できる方が大事なんじゃよ。俺は無料で他人のものを利用するのが好きだし、他人に迷惑をかけると、たまらなく気分がよくなるんんじゃよ。どうだ? 俺は賢いだろう?俺は偉いだろう?俺を尊敬しただろう?ゲヒーーーッヒッヒッヒヒ」

20120607160740-1

(写真と本文は全く関係ありません)

寒汰は今日も、マニラ・エルミタの援交カフェ、マニラベイカフェ(MBC 旧称LAカフェ)に居座りながら奇っ怪な声をあげていた。

勾践(こうせん)氏(仮名)や周囲の人間は眉をひそめながら、この狂人を嘲るように見下ろしていた。

22s

2011_10_15_1111-02

(写真と本文は全く関係ありません)

.

.
.

寒汰の迷惑行為による被害者一覧

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

寒汰と寒汰物語に関する疑問があれば、こちらを御覧ください。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

大虎の秘密の新メニュー、猫又ラーメンについてはこちらを御覧ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.