自称海外ベテランが語る「パタヤ」でない「パヤタ」

寒汰の日本語は異常である。いや、そもそも寒汰が書く文章は日本語に似た何かであり、日本語ですらない。(アイヌ語でもなさそうである。)

主語も述語もない文章に全体の構成がめちゃくちゃ。場違いに硬い言葉の直後に、どうしようもなく下品な表現があって、語調が全く統一がとれてない、継ぎ接ぎの文章。

さらに面妖な造語を次々に生み出すのは奇っ怪にほかならない。

20130424175035_01d copy

(上の写真と寒汰が自損したスバル・レガシィは一切関係がありません)

寒汰がこれまでに書いた奇怪な表現は、謎の「楽しい〜請け合い人」のエントリで取り上げているが、改めて紹介させていただきたい。

  • シュッテル ( shuttle つまり『シャトル』のこと)
  • ハンドフリーの恋 (『フリーハンド』と言いたいらしい)
  • 糞転がし (ホイール付きのスーツケースを言いたいらしい)
  • フェディックス (FedEx フェ『デ』ックスのことらしいが、全くもとの英語がわかってないカタカナである)
  • どうもどうもで手でこねる (意味不明)
  • サーモン(沼鱒) (『沼鱒』という奇っ怪な魚名は存在しない)
  • 150GBメモリ搭載の Mac (ハードディスクとメモリの区別がついていない)
  • ベットの四隅の柱風や上の横棒はどのように使うべきか?次回までの宿題です。 (天蓋ベッドを知らないらしい)
  • 牛丼は高い料理の代名詞 (まともな経済力の日本人には理解できない)
  • 水牛の肉に脂身を挿せば高級和牛の肉になる (和牛の定義がわかっていないし、そもそも水牛と牛は全く異なる動物だと知らないらしい)
  •  迷走パンツ (『迷彩パンツ』と言いたいらしい)
  • ピンポンダッシュ (『マッチポンプ』のことを言いたいらしい)
  • 有知無知五十歩 (『有知無知三十里』と『五十歩百歩』を混ぜこぜでつくった意味不明な造語)
  • 過程をギャロップする (「スキップ」と「ギャロップ」と勘違いしているらしい)
  • 一見は百文に勝つ (『一見は百聞に如かず』と言いたいらしい)
  • 経済的利用金額 (「金額」を難しく表現しようとして作った意味不明な言葉)
  • チェアリーダー (チアリーダーのこと。Chair 「椅子」と Cheer 「応援」の違いをしらないらしい)
  • 国の進路や政策の話を、猫じゃらし目くらましに翻弄されて (『猫じゃらし』ではなくて『猫騙し』と言いたいらしい)
  • 「面情」を通わせる (「情を通わせる」を難しく表現しようとして生み出した意味不明な言葉)
  • セブンイレブンでシシグ入りの「小包」が売っている (『小籠包』と『小包(こづつみ)』が同じだと思っているらしい)
  • iPot (「iPod」のことを言いたいらしい。英語が全くできず、Pot と Pod  の違いがわからない寒汰らしい間違いである。詳細は Apple社の新製品? iPot を参照されたい。)
  • 真空加水加工 (存在しない怪しげな加工方法の名前である。釧路には養豚業がある!しかし、臭皇には豚骨がない! を参照されたい)

間違いなら誰にでもある。しかし、寒汰の場合はあまりに間違いの数が多いし、そもそも背伸びをしようとして逆に自分の無知さを露呈している間違いばかりなので馬鹿にされるのである。

自称「名文家」なのに、これだけおかしな日本語を書きなぐっているから馬鹿にされるのである。

さらに、寒汰の場合は間違いを指摘されても一切認めようとしない。それも非難される一因である。

これに関して、ppjj さんからありがたいコメントをいただいたので紹介したい。

2年前くらいでしたか。
サムタ氏のブログにPATTAYAのことが書いてありまして。
その文章が全部「パヤタ」と書いてました。
さすがに見かねてコメントで指摘したところ
すぐに削除されました。

ppjj さんが紹介するこのエントリは、寒汰のうんこブログ(下品な表現だが、寒汰本人がそう呼んでいるのだから仕方が無い)、魔尼羅盗撮バージン(仮名)の2011年10月4日のエントリ「フィリピンの街に、賑わいは戻るのか?」である。

確かに見事なまでに全て「パヤタ」と書いてある。

タイ旅行に出かけられた人が居て、空港からバンコク市内への移動が高速鉄道(エアポート・リンク)が出来ていて、バンコク市内と15分で結ばれていること、パヤタの話などを聞いていたのです。
街の規模や国の経済的背景から、タイのパヤタとフィリピン・アンヘレスを、単純に比較することは意味がないかもしれません。

マニラとバンコク。それぞれの空港到着して市内から、それぞれの街に移動する時間は、アンヘレスもパヤタも2時間程度。1500バーツと2000ペソ。車での要する経費も似たようなものです。

(中略)

パヤタの賑わい。祭り気分にさせてくれるものが伝わって来ます。

再度いうが、単なる間違いなら誰にでもあるから責めるに値しない。ただし、寒汰の場合は、あまりに数が多い上に、自分が背伸びしようとして逆に知識のなさを露呈しているので馬鹿にされるのである。

寒汰はタイには一度だけ、3日間しか行ったことがない。それも TOSHIYAさんに連れられておっかなびっくりドギマギしていただけで、英語もタイ語も一切話せず現地のタイ人の誰ともほとんど会話できなかった。

だから、寒汰の唯一かつ最大の目的であった買春すらできず、TOSHIYA さんに何度も繰り返し馬鹿にされていたのである。

(なお、その TOSHIYA さんをタイに連れて行き案内したのは、恥ずかしながら筆者である。言うなれば、筆者は寒汰のタイ師匠の師匠になってしまうわけで、これは筆者にとって人生最大級の恥辱である。)

そもそも、タイに3日行った以外は、外国旅行をフィリピンにしか行ったことのない寒汰である。日本語しか話せずフィリピンでもフィリピン人に馬鹿にされている寒汰である。

そんな寒汰なのに、自称海外ベテランぶろうとして、うろ覚えの知識でブログを書くから、こういうありえない間違いを連発するのである。

.

まともな人間なら、間違いを指摘されれば詫びて修正するものである。なぜなら事実を伝えることが美徳であり、間違った情報を発信することは恥ずべきことだからである。

しかし、寒汰にとって事実などはどうでもよかった。寒汰には、自分がフィリピンベテラン、海外ベテランぶることが全てなのだ。

だから次々にでっち上げを事実のように書きなぐり、奇っ怪な造語を書き散らしても平気なのだ。

普通の日本人なら寒汰の文章のおかしさ、事実との大きな違いに気づくが、中には takashi のように頭が弱い人間もいる。takashi のように頭が弱い人間は、間違いに気づくどころか「凄い!凄い!寒汰さんは博識だ!寒汰さんは世界一のフィリピンベテランだ!」と勘違いしてくれる。

生まれてこの方、誰からも嫌われ見下され、小学生からもいつも指差して笑われる寒汰にとって、ごく一部とはいえ他人から賞賛されることはこの上のない快感であった。

だから、寒汰は自称海外ベテランの虚像が崩れかねない間違いを認めようとせず、今回の ppjj さんのようなまともな指摘のコメントはこっそり削除するのである。

どこまでも見下げた人間が寒汰というアイヌ人であった。

.

20120607160740-1

(写真と本文は全く関係ありません)

「ゲヒヒヒ。俺は正義の味方じゃから、いくらでも他人に迷惑をかけてもいいんじゃよ。他人に迷惑をかけると俺は気分よくなるんじゃよ。俺が歩道を占領する形で駐車したせいで、子供が交通事故にあっても俺に責任じゃないんじゃよ。俺が無料で駐車できる方が大事なんじゃよ。俺は無料で他人のものを利用するのが好きだし、他人に迷惑をかけると、たまらなく気分がよくなるんんじゃよ。どうだ? 俺は賢いだろう?俺は偉いだろう?俺を尊敬しただろう?ゲヒーーーッヒッヒッヒヒ」

 

22s

2011_10_15_1111-02

(写真と本文は全く関係ありません)

寒汰は今日も、マニラ・エルミタの援交カフェ、マニラベイカフェ(MBC 旧称LAカフェ)に居座りながら奇っ怪な声をあげていた。

勾践(こうせん)氏(仮名)や周囲の人間は眉をひそめながら、この狂人を嘲るように見下ろしていた。

.

.
.

寒汰の迷惑行為による被害者一覧

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

大虎の秘密の新メニュー、猫又ラーメンについてはこちらを御覧ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

About plastictakata
暗黒の国フィリピンやパッツン天国タイでばら撒き、自主パト、凸凹するのが趣味の57歳のオサーンです

9 Responses to 自称海外ベテランが語る「パタヤ」でない「パヤタ」

  1. GAGA says:

    ベテランぶりたいなら正確さにこだわって「パッタヤ」と書けばいいのにw

  2. けんと says:

    「どうもどうもで手でこねる」
    記述のblogを見ているわけではないですが、どうもどうもといって手をもむ行為ってありますね。
    よく、悪徳商人とかが時代劇で使うあれです。
    ゴマスリに近いような感じでお上に使う行為。

    そういれば、アヌサワリーチャイを日本語で書いているのにアサヌワリーチャイと読み、タイ人を困らせたことがあるけんとでしたwww

    • 意味不明の「どうもどうもで手でこねる」については、Eddy さんの解説が的を得ている気がします。
      こちらをご覧ください。

      悪徳商人が手をこねるようにするというのもあたってるかもしれませんね。寒汰も深層心理では自分が悪徳商人だとわかってるのでしょうw
      まあ、ハエが前足をこするようなもんですねw

      綴りや読み違いは、誰にでもありますよ。たまにやってしまうくらいは普通だと思います。
      ただし、自分が知ったかぶりをしているのに、間違えるようでは、背伸び丸出しなので恥ずかしいですね。
      たとえば、寒汰は原発に詳しいと偉そうに言いながら「『ブ』ルサ『マー』ル」と言ってました。
      原発に詳しいと自称するくせに、プルトニウムすら知らないのがもろバレの恥ずかしい間違いです。

      • けんと says:

        そのエントリーに自分もコメントしているの忘れてましたw。
        圧延のことでしたか・・・。
        自分が漫画で見た圧延という工程は2つの麺帯を一つに合わせて腰を出す工程のように思ってましたが、それを手でやるのは困難だとは思いますね。
        このエントリで見た際にはまさに「ハエが手をこする」方に思ってました。
        その表現をみて、森高千里の「ハエ男」と当時勝手にダンスをしていた内村光良を思い出してしまいましたwww。
        「ウッチャンナンチャンのやるならやらねば」だったですかね。
        しかも、氏が自分よりも偉いと思っている人にやってそうな想像が今ならできてしまうようなw

      • 寒汰は相手が自分より強いかどうかでころっと態度がかわります。

        自分より弱い(と思ってる)相手
        – 地獄の底から聞こえてくるような低い声
        – 威張り散らす
        – 自慢話が止まらない

        自分より強い相手
        – 甲高い細い声
        – コメツキバッタのようにペコペコする
        – 「絶対に絶対に◯◯しますから」などと、頼まれてもないことを勝手に約束し始める(そして全て反故にする)
        – カニ走りで壁伝いに逃げていく
        – 陰で誹謗中傷するが、頭が極端に悪いので、寒汰のしわざとバレる

        上記は全て私や寒汰リークスプロジェクトメンバーが直に確かめてることですが、寒汰の場合、ハエが手をこするのももしかしたら本当にやってるかもしれませんねw

  3. くりっくり says:

    USBでお湯が沸く「 iPot 」もお忘れなくw

  4. WHAWA says:

    空港のタクシーに乗って
    チュアイ・ノイ・パイ・パヤタと言うと、何処に行くのでしょうかね?
    パタヤのbar beerで遊ぶのが大好きでした
    バンコクでタイ語学校に行っていた頃、週末の休みを利用して金曜の午後から毎週行っていました
    懐かしいですね
    日本で知り合った元カノの弟がパタヤに住んでいます
    連れて行ってもらった、ウォーキングストリート手前の桟橋(日本人1人では行かない方が良いでしょう)から見るビーチロードの車のライトがとても綺麗でした

    • スワンナプームから「パヤタ」だとどこに連れて行かれるんでしょうね。
      飛沫が目に入ったら失明すると言われるほど汚いセンセーブ運河まで連れて行って突き落としてほしいものですw
      まあ、寒汰の場合、センセーブ運河の水も大喜びでがぶがぶ飲んでそうですがw

      私はパタヤは行ったことがないのですが、噂はよく聞きます。
      店も客も値段も急激に変わっているようですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。