アメリカ人の若いお姉ちゃんと遊ぶ

寒汰は日本人の女性と一切つきあったことはない。詐欺同然の手口で、自分の店の社員やアルバイトにセクハラ行為は日常的に行なっていたが、まともにつきあったことは一切ない。

自称「ナンパの達人」だが、寒汰の顔を見ると、女性たちはダッシュで逃げていくのを臭皇(くさおう)の従業員たちは目撃している。

(詳細はこちらのエントリをご参照いただきたい。ナンパの達人)

ナンパどころか金を出しても女性には一切相手にされないのが寒汰である。釧路のスナック舞子ではママにもキャバ嬢にも嫌われ、しまいには放置プレーにさえあっていたのである。言語以前にコミュニケーション能力がない寒汰は自分が嫌われ抜いているのもわからず、放置プレーされるようになってからも、何度も店に通ってきていたという。

(詳細はこちらのエントリをご参照いただきたい。寒汰の驚愕のキャバクラ通い )

そんな寒汰の日本人女性との関わりは、店の二階の休憩室で美人アルバイトの今井さんに見せびらかすようにオナニーするくらいのものだった。

.

フィリピンに来ても、寒汰は一切女性に一切相手にされなかった。風呂に入らずシャワーも浴びず、歯も磨かないことを美徳と思い込み、ドケチであることを何よりも尊いことだと思い込んでいる寒汰は、蛇蝎のごとく女性に嫌われていた。

売春婦の掃き溜めとも言えるマニラベイカフェ(MBC、旧LA Cafe)では、500ペソで売春婦が買えるのだが、寒汰は4500ペソ出しても断られ、5000ペソでようやく劣化したおばさん売春婦のオバ子が買えるような有様だった。

(そのオバ子も寒汰に買われたのは屈辱だったとこぼしている。)

ゴーゴーバーでも尽く持ち帰りを断れた挙句「ゴーゴーバーは嫌いだ」と酸っぱいブドウなセリフを吐く寒汰なのである。

そんな寒汰には全く想像できない世界があるのを本エントリで紹介したい。

.

寒汰物語にもよくコメントをくださっている hatoya さんという方が居る。

hatoya さんは筆者もよくお世話になっているフィリピン関係者である。

寒汰と同年代の方だが、寒汰と大きく違う点がある。それは非常に頭がよいということである。

当然、英語は筆者以上にできる。

hatoyaさんがどれだけ博識かは寒汰物語のエントリ本文で引用してきたコメントの数々をご覧になっていただければわかるだろう。

数ヶ月前、筆者が日本に出張に行った際、その hatoya さん、筆者そして、メコトさんの三人で六本木のある秘密バーに遊びに行った。

その秘密バーは素晴らしいところで、筆者も日本にこんな楽しいところがあるのかと感動したものだったが、hatoya さんはそこで23歳のアメリカ人女性と知り合い、その後楽しい体験をするのである。

以下、hatoya さんから頂いたメールと写真を紹介したい。

.

六本木の秘密バーの Charlotte に昨日オイデコール受け、また出かけました。

原宿に 服の返品サイズ交換後

友人の23歳巨乳ちゃん Adelina と コットン・クラブ。

catherline_02

.

その23歳からの`おいでコール`で翌日沖縄に飛び 2泊。

偶然 帰りの便が一緒で 帰国便のデルタ航空への送りまで一緒。

添付 画像は ぱやお栄町店
http://www.urizn.gr.jp/menu/payao

ビックエコー国際通り店 10号室
http://big-echo.jp/index.php?option=com_bgsearch&view=search&Itemid=63&shopcode=BF0203110030

catherline_01

catherline_03

catherline_04

.

今回は 「寒汰と同世代の日本人のおじさんが カタコトの日本語もできない
フランス系アメリカ人23歳と25歳の二人に鴨になったお話」

あいつら タクシー運転手達から
「モデルさん?」 、「美人コンテストの候補者?」 と言われて喜んでいた。

国際通りでも 修学旅行の男子高校生や
地元のおじさんの視線浴びて 誇らしげ。
(二度同じ道通らせるじゃやないそ!)

>おいでコール後の宿泊先確認メール<

Hello Lovely hatoya,
Below is ALL our hotel information:

XXX Oyado (Monkey`s Inn), X-XX-XX,
XXX, Naha City, Okinawa, Japan

Telephone: +81-98-9XX-XXXX

Come visit us in Okinawa. We miss you so much! So excited to see you here.
Bai bai.
xoxo love,
Charlotte and Adelina

金さえ出せばなんでもやらせてくれるフィリピン人にさえ、法外な金額を提示しても何もさせてもらえない寒汰。

一方、寒汰と同年代でありながら、フランス系アメリカ人の、それもモデルのような美女を侍らせて遊ぶ hatoya さん。

これだけ違いが出るのはなぜなのか?

もちろん、hatoya さんが英語が堪能で、寒汰は英語もタガログ語もほとんど話すことが出来ないのは大きいだろう。

しかし、そういった言語以前の根本的なコミュニケーション能力、そして古今東西を問わず女性の心をうまくつかめるかどうかの能力が全く正反対なのだと思える。

筆者は寒汰とも hatoya さんとも直接会ったことがある。寒汰は一緒にいて底知れぬ不快感というか、人語も理屈も通じない気持ち悪さのようなものをひたすら感じて吐き気すらしたのだが、hatoya さんは何か一緒に居て楽しくなる。言葉を交わすたびに自分のステージがあがっていくような、そういう快感を与えてくれる。

そういう人間として最も重要な部分で二人は真逆の存在なのだろうと感じる。

いずれにせよ、フランス系アメリカ人のモデルのように綺麗な美女を侍らせて遊ぶのは、自称フィリピンベテラン、自称外国女ベテランの寒汰には想像もつかない世界なのである。

.

なお、このエントリを読んで妬んだ寒汰が hatoya さんの家をつきとめ、こっそり自動車のタイヤに千枚通しをつきさしてパンクさせないか、少し心配になる筆者である。

.

「ゲヒヒヒ。俺は正義の味方じゃから他人の個人情報や写真をいくらでも晒していいんじゃよ。俺は一切反省しないんじゃよ。臭皇が潰れても俺は反省なんかしないんじゃよ。俺は何十年でも他人に迷惑をかけ続けるんじゃよ。俺は正義の味方だからいくらでも迷惑をかけていいんじゃよ。どうだ? 俺は凄いだろう? 俺は偉いだろう? 俺を尊敬しただろう?ゲヒーーーッヒッヒッヒヒ」

寒汰は今日も、釧路町木場にあるホーマックで千枚通しを買いながら奇っ怪な声をあげていた。

勾践(こうせん)氏(仮名)や周囲の人間はまゆをひそめながら、この狂人を嘲るように見下ろしていた。

.

.
.

寒汰の迷惑行為による被害者一覧

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

大虎の秘密の新メニュー、猫又ラーメンについてはこちらを御覧ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

About plastictakata
暗黒の国フィリピンやパッツン天国タイでばら撒き、自主パト、凸凹するのが趣味の57歳のオサーンです

2 Responses to アメリカ人の若いお姉ちゃんと遊ぶ

  1. ken1 says:

    こんばんは。更新滞ってますが?どーなさいました?
    楽しみにしているだけに、心配です・・・・・。

    • 申し訳ありません。家の購入など私用でバタバタしており、つい滞ってしまってました。
      ボチボチ再開して行きたいと思います。
      現在、下書きのストックが20ほどありますので、それを順次しあげていきたいと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。