全身を舐めまわす

「ゲヒーーーーーヒヒヒッヒヒヒ!女は舐め回せばいいんじゃよ。処女でも舐め回せば痛がらないんじゃよ。俺は処女とするのが好きなんじゃよ。処女はな、いいんじゃよ。俺がな、フィリピンに来るのは処女とやるためなんじゃよ。処女とやるのが何よりの幸福なんじゃよ。ゲヒーーーーーヒヒヒッヒヒヒ!」

2011年8月23日、寒汰は赤井さんと Angel Kiss で飲んだ時、謝罪の席だったにもかかわらず、一切謝罪するどころか自分が以下に若い女が好きで、処女が好きかという話を延々としていた。

「俺はな、処女が大好きなんじゃよ。処女はいいんじゃよ。処女でも愛情をかけて前戯すると絶対に痛がらないんじゃよ。ゲヒヒヒ。SEXは処女とするのに限る。俺はね、処女が大好きなんじゃよ。ゲヒーーーヒヒヒッヒヒヒ。」

赤井さん及び周囲に居た人間は寒汰の異常な話しぶりに呆れ返っていたが、一切コミュニケーションがない寒汰は全くそれに気づく様子もなく、口角泡を飛ばしながら処女とSEXする話をわめきたてるように何度も何度も繰り返していたのである。

寒汰の通訳兼ガイドのラプ子も完全に呆れ返っており、時折赤井さんに救いを求めるような視線をおくってきていたという。

(写真と本文は全く関係ありません。釧路在住の臭いアイヌ人ハーフの男が2011年8月23日に Angel Kiss 内で飲んでいる写真では絶対にありません。)

.

この寒汰の Angel Kiss での異常な騒ぎ方の詳細については以下のエントリをご覧いただきたい。

赤井翔と寒汰 (Angel Kiss 編) I

赤井翔と寒汰 (Angel Kiss 編) II

赤井翔と寒汰 (Angel Kiss 編) III

.

ともあれ、寒汰は女を舐めまわすのが大好きだと言っていたが、それは確かに本当らしかった。

マニラベイカフェ(MBC)に屯する売春婦の中にオバ子(仮名)という女がいる。

オバ子は長い髪がなかなか綺麗な女だが、顔は10人並。そして何よりオバさんである。20メートル以上離れてみれば美人だが、近くでみればただのおばさんである。

だからオバ子を持って帰る男はほとんどいないという。

ある日、このオバ子は寒汰に声をかけられた。

「ゲヒヒヒヒ、俺は4千5百ペソ出すぞ。どうだ? すごいだろう? 嬉しいだろう?ゲヒーーーーーヒヒヒッヒヒヒ」

(※ 寒汰はMBCでいつも4千5百ペソで凸凹、5千ペソで生中出し凸凹、2千ペソで食事デートだけの条件で交渉する)

オバ子は寒汰の異常な臭さと異様な雰囲気に吐き気がしそうだったが、なにせ客がほとんどつかないオバ子である。決死の思いで承諾したのである。

しかし、それが間違いだったとオバ子が気づくにはそう時間がかからなかった。

.

寒汰はホテルに入るとオバ子を無我夢中で舐めまわし始めた。特に首周りを粘着質に舐め回した。オバ子の首はすぐに寒汰の異常な臭気のするツバでベトベトになった。

寒汰のツバは本当に臭いらしい。歯を一切磨かず歯がボロボロで、一切節制をせずに内臓もボロボロの寒汰のツバは異様な腐臭がする。オバ子は首まわりをその異様な腐臭のツバでベトベトにされたのである。

オバ子は糞尿をあたまからぶっかけるよりも臭い臭気をかがされることになって卒倒しそうになった。

しかし、そんなオバ子の嫌がり方を見て、寒汰は逆に勘違いして燃え上がったという。オバ子の全身を何十分も狂ったように舐めまわし、最後は日本語でわけのわからぬことをわめきちらしながら、オバ子のたるんだ体に挑みかかってきた。オバ子は苦々しく当時の状況を2012年6月に寒汰リークスメンバーに語ったのである。

それにしても、処女と未成年の若い女が大大大大好きで、Angel Kiss でも二時間延々と処女とのSEXについて1人でがなりたてていた寒汰であったが、実際には若い女にはろくに相手にされず、オバ子のような年老いた売春婦を舐め回して満足するのが寒汰のフィリピン旅行の実態なのである。

.

なお、このオバ子の友達にシャブ子という女がいる。マニラベイカフェにデビューした当初は可愛らしかったそうだが、シャブのやり過ぎですぐに異様な顔つきになってしまった。

シャブが大大大大好きな寒汰はこのシャブ子にも必死でアプローチしていたようであるが、このシャブ子にもプライドがあるのか、シャブ子は寒汰をきっぱり断ったという。

舐め大好き寒汰であるが、その異常な気持ち悪い舐め技を披露する機会はなかなか訪れないようである。

.

.

「ゲヒヒヒ。俺は正義の味方じゃから他人の個人情報や写真をいくらでも晒していいんじゃよ。俺は一切反省しないんじゃよ。臭皇が潰れても俺は反省なんかしないんじゃよ。俺は何十年でも他人に迷惑をかけ続けるんじゃよ。俺は正義の味方だからいくらでも迷惑をかけていいんじゃよ。どうだ? 俺は凄いだろう? 俺は偉いだろう? 俺を尊敬しただろう?ゲヒーーーッヒッヒッヒヒ」

寒汰は今日も、釧路町木場にあるホーマックで千枚通しを買いながら奇っ怪な声をあげていた。

勾践(こうせん)氏(仮名)や周囲の人間はまゆをひそめながら、この狂人を嘲るように見下ろしていた。

.

.
.

寒汰の迷惑行為による被害者一覧

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

大虎の秘密の新メニュー、猫又ラーメンについてはこちらを御覧ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

初めてのフィリピン渡航

 

 

「ゲヒヒヒヒヒ!俺はフィリピンベテランなんじゃよ。俺は偉いんじゃよ。俺は最初からフィリピンのことを知り尽くしてたんじゃよ。どうだ? 俺は偉いだろう?俺を尊敬しただろう?ゲヒーーーーーーッヒッヒッヒヒヒヒ」

自称フィリピンベテランの寒汰はよくこのような嘘だらけの自慢話をたらたらとパサイの日本食レストランエダモト(仮名)で繰り広げていた。

「ゲヒヒヒヒヒ!俺は凄いんじゃよ。俺はカッコイイんじゃよ。俺はキムタクより男前なんじゃよ。俺はフィリピンではモテモテなんじゃよ。ゲヒーーーーーーッヒッヒッヒヒヒヒ!」

寒汰が釧路のラーメン店、臭皇(仮名)の従業員に繰り返し繰り返し語っていたことを臭皇の従業員たちははっきりと覚えている。

しかし、現実はそれとは大きく違った。寒汰は釧路でも気持ち悪いインチキ田舎老人だが、フィリピンにおいても気持ち悪い幼児性愛徘徊老人だった。

(写真はフィリピンで撮影されたものですが本文とは全く関係ありません)

異常な悪臭をふりまきながらマニラを昼夜徘徊し、半開きのシャッターがあれば、すかさず潜り込んで中を伺う変態行為も目撃されているのである。

(写真はフィリピンで撮影されたものですが本文とは全く関係ありません)

そんな寒汰がフィリピンに初めて来たのは2002年3月のことであった。もちろん海外旅行初体験の寒汰が一人で来れるはずもない。

寒汰を釧路のフィリピンパブに連れて行ってくれた N.Y. さんという人がいたのだが、寒汰はこのN.Y.さんにしがみつき、米つきバッタのように拝み倒してフィリピンに連れてきてもらったのだった。

(寒汰にフィリピンパブ、フィリピン現地遊びを教えたのはこのN.Y.さんと言っても過言ではないが、寒汰は後にこのN.Y.さんの一族に恩を仇で返すとんでもないことをしでかすことになる。

現在、N.Y. さんは、寒汰にこの裏切り行為、そして犯罪行為に対して怒り狂っているが、それについてはまた後日改めて書くことととしたい。)

寒汰は「フィリピンに行けば、幼児と○○できる」と聞き、居てもたっても居られなくなったらしい。元々フィリピンパブでは一切女に相手にされてなかった男である。

「話をしなくても幼児と確実にSEXできる」という噂を聞きつけて、寒汰は極度に興奮してしまったのである。

N.Y. さんは、寒汰の異常な欲望むき出しに辟易したが、逆恨みされてはかなわないと、一行に加えることにしたのである。

(写真はフィリピンで撮影されたものですがと本文とは全く関係ありません)

「ゲヒーーーーーーッヒッヒッヒヒヒヒ!俺は凄いんじゃよ!俺は偉いんじゃよ!俺はフィリピンでSEXしまくるんじゃよ。ゲヒーーーーーーッヒッヒッヒヒヒヒ!」

寒汰の機内でのはしゃぎようは異常だった。札幌のオカマバー Lala to (現存する)に行った時以上のはしゃぎぶりに、N.Y.さんたちは寒汰の狂気に満ちた表情に寒気がしたという。

.

しかし、現地についた途端、寒汰は黙りこくってしまった。寒汰のように一切コミュニケーション能力がない人間が初海外だと緊張して何も話せなくなってしまうらしい。

買春場所でも一切口を開かず、ひたすら女の股間をギラギラした目で凝視する寒汰には周囲は完全にドン引きだった。

あまりの異常さに見かねた周囲の人間が、気の弱そうな女の子を寒汰が持ち帰れるようにお膳立てしてやると、寒汰は一言も口をきかず、ウンウンとうなずくだけであったという。

同じ団体であれば、ほんのちょっとしたことでも、荷物を持ち合ったり助け合うものだが、寒汰は一切そういう行為をしなかった。旅行のあいだ中ふんぞり返っていて、N.Y.さんたちが寒汰の下僕で寒汰の身の回りの世話を全てして当然といわんばかりの態度を取っていた。

寒汰より遥かに年配のN.Y.さんは苦々しく思ったが、やはり相応の規模の会社を長年率いてきた人間だけに器は大きかった。寒汰のこの自分勝手な行動を受け入れていたのである。

もっとも、これが寒汰をさらに増長させることになったと、N.Y.さんは今では深く後悔しているのである。

ともあれ、寒汰は自分では一切何もせず、周囲にただ迷惑をかけるだけで第一回のフィリピン買春渡航は終わったのである。2002年3月のことであった。

.

この当時から、寒汰は周囲に大きな迷惑をかけており、その怒りが積もり積もって今爆発しようとしているのである。

.

.

「臭橋◯至、高橋◯至、臭橋◯至、高◯順至、臭橋順◯、◯橋順至、高橋◯至!臭橋順◯はネットオタクで凄い!」寒汰は今日も、釧路町木場にあるホーマックで千枚通しを買いながら奇っ怪な声をあげていた。

勾践(こうせん)氏(仮名)や周囲の人間はまゆをひそめながら、この狂人を嘲るように見下ろしていた。

.

.
.

寒汰の迷惑行為による被害者一覧

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

大虎の秘密の新メニュー、猫又ラーメンについてはこちらを御覧ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

男らしい店の客席

臭皇での席の座らせ方にはやはり特色がある。

これは、2002年頃の話であるが、当時は臭皇本店も今のように鄙びておらず、満員になることが多かった。(といっても、客席が数席しかない小さい店であるが)

.

(写真と本文は全く関係ありません)

店が混んできて待ってる客が出ている状態で、席があくと待っていた客を席に座らせるのは普通である。

しかし、寒汰が特殊なのは客がカップルであっても、一緒に座ることを絶対に許さなかったことである。

必ず離れた席にバラバラに座らせるのである。

カップルが「並んだ席があくまで待ちますから」と言っても寒汰は絶対に聞き入れず、必ずバラバラの席に座らせた。

これには驚くカップルが多かった。

さすがに見かねた店員が寒汰にこう言った。

「男同士の場合はともかく、カップルの場合は並んだ席があくまで待ってもらうのを許してはどうですか?」

すると寒汰はこう答えた。

ラーメン店で客はグチャグチャしゃべるな。バラバラに座ればいいんだ。

呆然とする店員に寒汰はさらにこう言ったそうです。

ラーメン屋は回転が大事なんだ。客に配慮なんかしなくていい。客がバラバラに座ろうが俺の知ったことか。

これが男の中の男の経営方針というものだろうか。

さすがは「ラーメン屋は車を洗わなくていい。髪も洗わなくていい。洗濯もしなくていい。」という独自の哲学を語る寒汰である。

寒汰が意固地なまでにカップルをバラバラに座らせたのは、

「回転率を重視するというのもあるでしょうが、カップルに対する寒汰の僻みも少なからずあったのだと思います」

と当時の店員Kさんは語る。

現に、寒汰は空いている時に若い女の客が来ると大喜びでそばに座り、延々とセクハラトークを繰り広げるのが常だった。

しまいには、とうとう女子高生ストーカー事件(実話)まで起こしている。

女子高生ストーカー事件(実話)

さらに、KTVでは、店のオネーチャンどころか、他人の嫁の隣にだって座りたがる寒汰なのである。

そんな寒汰がどの口で「ラーメン屋ではグチャグチャしゃべるな」と言うのか。

どこまでも自分勝手で、どこまでも客に失礼なのが寒汰なのである。

.

臭皇の売上は今激減しているが、その理由の一つは、寒汰がこれまで20年間にわたり客に失礼な行為を行なってきたことがあるだろう。

釧路の街で今、臭皇と寒汰に対する怒りが渦巻いているのであるのは自業自得である。

.

.

「ゲヒヒヒ。俺は正義の味方じゃから他人の個人情報や写真をいくらでも晒していいんじゃよ。俺は一切反省しないんじゃよ。臭皇が潰れても俺は反省なんかしないんじゃよ。俺は何十年でも他人に迷惑をかけ続けるんじゃよ。俺は正義の味方だからいくらでも迷惑をかけていいんじゃよ。どうだ? 俺は凄いだろう? 俺は偉いだろう? 俺を尊敬しただろう?ゲヒーーーッヒッヒッヒヒ」寒汰は今日も、釧路町木場にあるホーマックで千枚通しを買いながら奇っ怪な声をあげていた。

勾践(こうせん)氏(仮名)や周囲の人間はまゆをひそめながら、この狂人を嘲るように見下ろしていた。

.

.
.

寒汰の迷惑行為による被害者一覧

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

大虎の秘密の新メニュー、猫又ラーメンについてはこちらを御覧ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

子供の個人情報晒しの終焉

臭皇と言えば、子供の個人情報晒しである。

(写真と本文は全く関係ありません)

店内の壁一杯に汚らしく貼りだされたそれは、来店した子供たちの住所、生年月日、学校名、担任の名前が記載されたものである。

寒汰は子供が来店すると、粘着質に絡み、子供が大食いチャレンジの「学生特盛りラーメン」に挑戦するようしむけ、子供が食べきれないと、上記の個人情報を含む詫び状を書かせたあげく、路上で何度でもその詫び状の文章を大声で叫ばせるのである。

子供が路上で朗読させられる可哀想な様を見ると、寒汰は心の底から嬉しそうに笑い転げながら、何度も何度もやり直しをさせるのである。

そもそも寒汰がこのとんでもない「学生特盛りラーメン」を始めたきっかけは、小学生に指を指されて笑われたことが原因だそうだ。

誰がどう見ても異常な姿のインチキ田舎老人寒汰を笑うのは、人間として自然なことである。ましてや子供であるから、それだけで恨まれるのは子どもに同情を禁じ得ない。

そもそも、子供に指さされてあざ笑われただけで底意地の悪い仕返しを考え実行するあたりが寒汰の異常性をあらわしているといえよう。

この異常な詫び状の詳細については下記のエントリを参照していただきたい。

臭皇の詫び状

小学生に馬鹿にされる経営者の小さくて大きな復讐

(写真と本文は全く関係ありません)

.

寒汰は何よりも他人のパスポートや個人情報を晒すのが何よりも大好きであった。臭皇では子供たちの個人情報を貼りだして悦にひたっているが、自分のブログ魔尼羅盗撮バージン(仮名)でも他人のパスポートや個人情報を散々晒して喜んでいた。

詳細はこちらのエントリをご参照いただきたい。

パスポートや個人情報をさらす行為

いわれなく個人情報を晒された人間は当然怒ったが、寒汰は一切気にする様子はなかった。

「ゲヒヒヒヒ、俺は他人が慌てふためくのを見るのが何よりうれしいんじゃよ。ゲヒーーーーヒッヒヒヒヒ」

この言葉は筆者が寒汰に二度目に会った、マカティの hap chan で聞いた言葉である。

最初、あまりに異常な言葉に筆者は耳を疑ったが、当時は寒汰の異常性にそこまで気づいていなかったので、大して気に留めることもなかったのが悔やまれる。

.

(写真と本文は全く関係ありません)

ともあれ、寒汰の個人情報晒しの行動も動機も異常であったが、個人情報を入手する方法も異常であった。

寒汰は旅行代理店の事務所にづかづかと入り込み、そのPCを触って、その顧客情報を全部抜き出していたのである。そのやり口が判明したのは、寒汰自身がブログで自白に近い形で記述していたからである。

個人情報の漏洩とセキュリティ

かくして、寒汰は多数の人間の個人情報を晒して大きな怒りと深い恨みを買ってきたのである。

.

ところが、最近、釧路・臭皇で変化が起こった。

悪名高かった学生特盛りラーメンが廃止になって学生拉麺に変更になり、店中に汚らしく貼りまくっていた詫び状が外されたのである。

「ゲヒヒヒヒ。子どもに頭を下げさしたら俺は気分良くなるじゃろう? それに個人情報を晒せば俺は嬉しいんじゃよ。学生特盛ラーメンは何が何でも続けるんじゃよ。俺は何年でも何十年でも子供の個人情報を店で晒し続けたいんじゃよ。ゲヒーーーーヒッヒヒヒヒ。」

寒汰はこう言っていたが、店内外で強まる怒りを察知した「古狸よ」店長が決断したのだった。

「このままでは店の信用問題に関わります。個人情報を晒すなんて酷いことに、これ以上私は協力できません。どうしても子供の個人情報を晒したいというなら、私が店をやめます。」

意を決した古狸よ店長に威圧されて、寒汰も渋々学生特盛ラーメンを中止し、店内一面に貼ってあった異常な詫び状を全て外すことに同意したらしい。

なお、外しはした詫び状は全て寒汰が自宅に持ち帰り、何やらまた悪いことに使おうとしているという噂もあるが事実は未確認である。

.

古狸よ店長の英断は褒め称えられるべきだが、寒汰の異常な行動を長年放置してきたツケは大きすぎたかもしれない。

釧路では現在、臭皇の異常性に関してうわさが広まっているとの報告が入ってきた。

長年、子どもに対して異常な行動をしてきたこともあり、客足がめっきり落ち込んでいるのだ。

筆者は臭皇の売上の推移を入手したのでここに公開させていただく。

臭皇の売上のピークは2000年頃であるが、その後落ち込みを続けている。

さらにここ二年間の落ち込みは以前よりさらに激しい。

子供への異常な対応など、臭皇の異常性が釧路市民にも広く認知されてきたせいだといえよう。

もはや帯広店などのフランチャイズ店も寒汰の異常性に嫌気がさし、店をたたむことを検討しているそうだ。

寒汰は言う。

「ゲヒヒヒヒ。臭皇の売上はすぐにまた元に戻るんじゃよ。俺は偉いからすぐに客は戻ってくるんじゃよ。俺は凄いんじゃよ。俺は経営の天才なんじゃよ。ゲヒーーーーヒッヒヒヒヒ!」

しかし、実際には逆のことが起きるだろう。

今の売上低下はまだ序の口。これからは今以上に臭皇の売上が激減していくだろうと筆者は想像するのである。

.

.

「ゲヒヒヒ。俺は正義の味方じゃから他人の個人情報や写真をいくらでも晒していいんじゃよ。俺は一切反省しないんじゃよ。臭皇が潰れても俺は反省なんかしないんじゃよ。俺は何十年でも他人に迷惑をかけ続けるんじゃよ。俺は正義の味方だからいくらでも迷惑をかけていいんじゃよ。どうだ? 俺は凄いだろう? 俺は偉いだろう? 俺を尊敬しただろう?ゲヒーーーッヒッヒッヒヒ」寒汰は今日も、釧路町木場にあるホーマックで千枚通しを買いながら奇っ怪な声をあげていた。

勾践(こうせん)氏(仮名)や周囲の人間はまゆをひそめながら、この狂人を嘲るように見下ろしていた。

.

.
.

寒汰の迷惑行為による被害者一覧

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

大虎の秘密の新メニュー、猫又ラーメンについてはこちらを御覧ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.