カガヤン・デ・オロ市での楽しい性交 II

寒汰のブログ魔尼羅盗撮バージン(仮名)は嘘で塗り固めた内容であるが、カガヤン・デ・オロ市に関する嘘は特にひどい。

上記に引用したブログで書かれている買春の価格も全くのでたらめである。

夜、タクシーに乗っている際、TOSHIYAさんは道歩く女を見て

「あんな女、200ペソで買えるんちゃうか!ガッハッハッッハ!」

冗談で言った。それを聞いた寒汰は

「ゲヒーーーーーーー!カガヤン・デ・オロ市では女が200ペソで買い放題だ!俺、凄い!俺、大発見をした!ゲヒーーーー」

と勘違いしてブログに書いたのである。この寒汰の勘違いと妄想のひどさについては、ガイド兼通訳兼ボディガードとして寒汰に同行したTOSHIYAさんが証言している。

そもそも、買春情報を知ることなど道徳的にどうかと思われるが、そういう情報さえ自分が他人にほめられるために嘘をでっちあげるのが寒汰なのである。

二重の意味で最低の人間なのである。

.

寒汰はカガヤン・デ・オロ市のことなど何もわかってないのである。それはこの2006年9月12日のエントリのタイトルからしてわかる。

寒汰は「Cagayan」と書いているが、フィリピンで Cagayan と言えば、ルソン島北端のカガヤン州である。

一方、カガヤン・デ・オロ市 はフィリピン南端のミンダナオの市である。北の端と南の端、さらに州と市。全然違うのである。いわば広島・岡山などの中国地方と中華人民共和国が同じだというようなものである。

フィリピンでは常識とも言える、こんな違いすら寒汰はわかってないのである。

Wikipedia にもはっきり書いてある。

 Cagayan province is distinct from the city in Mindanao named Cagayan de Oro,

(カガヤン州はミンダナオ島にある市、カガヤン・デ・オロとは明確に違う)

もちろん英語が一切読めないシュッテル寒汰はこんな基本的なことすら知るわけがなかった。フィリピンに毎月通い続けて10年間、いまだにカガヤン州とカガヤン・デ・オロ市の違いも知らないのである。

.

なお、今回引用した魔尼羅盗撮バージン(仮名)の2006年9月12日のエントリだが、興味深いことが書かれている。

○  自分の既に書いた記述の誤謬を弥縫するために、他人のサイトを観て転記するお方。嘘はいけませんよ!

○ プロのライターさんや取材陣には過分の取材料を払ってあげてくださいな。そうしないとメディア自体と企業としての信用と、こけんに傷がつくというものです。

どちらも、そのまま寒汰自身のことである。自分が書いたとんでもない嘘をごまかし、間違いを取り繕うために寒汰は他人のサイトをさも自分が最初から書いていたことのように無断転載する。そして嘘に嘘を重ねる。

さらにプロのライターが書いた記事を自分が書いたかのように無断転載する。

自分がやっている悪事をさも他人がやっているかのように思いこむのは心理学で言うプロジェクション(投射)である。生まれてこの方58年間、毎日軽犯罪を重ねてきた寒汰は潜在意識では自分の悪どさがわかっているのである。

自分の悪どさがわかっているからこそ、悪事や犯罪を行なっているのは他人であるかのように思いこむことで自分の心を守っているのである。

寒汰がやってきた詐欺、痴漢、盗電・盗水、著作権違反などに比べれば、他人の文章をパクることなど軽いことであるが、プロジェクションの癖がついている寒汰はそれも自分ではなくあたかも他人がやった行為として認識しているのである。

どこまでも最低な人間、それが寒汰なのである。

.

.

「ゲヒヒヒ。俺は正義の味方じゃから他人の個人情報や写真をいくらでも晒していいんじゃよ。俺は一切反省しないんじゃよ。臭皇が潰れても俺は反省なんかしないんじゃよ。俺は何十年でも他人に迷惑をかけ続けるんじゃよ。俺は正義の味方だからいくらでも迷惑をかけていいんじゃよ。どうだ? 俺は凄いだろう? 俺は偉いだろう? 俺を尊敬しただろう?ゲヒーーーッヒッヒッヒヒ」寒汰は今日も、釧路町木場にあるホーマックで千枚通しを買いながら奇っ怪な声をあげていた。

勾践(こうせん)氏(仮名)や周囲の人間はまゆをひそめながら、この狂人を嘲るように見下ろしていた。

.

.
.

寒汰の迷惑行為による被害者一覧

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

大虎の秘密の新メニュー、猫又ラーメンについてはこちらを御覧ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

About plastictakata
暗黒の国フィリピンやパッツン天国タイでばら撒き、自主パト、凸凹するのが趣味の57歳のオサーンです

4 Responses to カガヤン・デ・オロ市での楽しい性交 II

  1. くりっくり says:

    カガヤン州とカガヤン・デ・オロを混同してるとは...
    寒汰は自分が地図上の何処に居るか解らぬままフィリピンを追い出されたんですね?

    • はい、カガヤン州とカガヤン・デ・オロの区別もつかない寒汰です。
      彼は10年間毎月通ったマニラにいても、自分がどこにいるのかわかっていなかったですからねw

  2. 芋洗坂係長 says:

    ライターだけでなく、イラストレーターにもお金を払いましょうwww

    • 寒汰は究極のフリーライダーというか、他人のものを無料で勝手に利用することが大大大好きですよねw
      イラストレーターの方にはそろそろ訴えられると思いますw

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。