フランチャイズ詐欺 II

寒汰の経営するフランチャイズは、実質的にフランチャイズ詐欺を行なっているようなものだった。フランチャイズ店の売上を伸ばすことは一切考えず、フランチャイズ店の店長から徹底的に金を搾り取ることばかりをしていたのである。

異常なまでの改装費の強要、無休で無給の労働の強制、異常なまでの高額な仕入れ料金の上乗せなど、聞けば聞くほどあきれるような行為を行なっていた。さらに寒汰はフランチャイズ店に対して、凄まじい妨害行為を行なっていた。

妨害行為

店の営業がはじまると、本店から支援があるどころか、寒汰は様々な手段でフランチャイズ店の営業を妨害しはじめた。とにかく早く店長をやめさせ、新しい店長候補から「加盟金」を受け取る事がビジネスモデルだったからである。

確認されているだけで、以下のような妨害行為があった。

  • カビの生えた麺を意図的に送りつける

フランチャイズ店、特に遠方の店にはわざとカビの生えるように麺を送りつけていた。(従業員の証言あり)

フランチャイズ店が「今、届いたばかりの麺にカビが生えてますよ!」とクレームをつけると寒汰は「お前の管理の仕方が悪いんだ。お前のせいだ。麺が欲しければ金を倍払え」といつも言っていた。二倍の料金を取ることが目的だったようである。特に悲惨だったのが最も遠いフランチャイズ店である札幌琴似店である。毎回のようにカビの生えた麺を送りつけられた琴似店は麺の仕入れ価格が、実質二倍になっていたようなものである。

  • メンマ、箸などの消耗品を高額で提供

フランチャイズ店は、スープ、麺も含めてあらゆる消耗品を本店を通して購入していたが、かなり高額が上乗せされていた。

    • ゼラチン状にしたスープ(臭皇用語でチーズ)の金額は ¥35,000~¥38,000 つまり 一杯単価約¥40~¥50 である。原価は数円程度と思われるので、10倍近い値段で売りつけていたのである。
    • 麺の金額 一食¥7~¥10で出来上がるが、各店には¥70で卸していた。10倍近い値段で売りつけていたということである。
    • メンマは一袋に対し150円〜200円を上乗せして卸していた

これだけあらゆる価格を上乗せされると、フランチャイズ店は営業利益が全部食われてしまう。素人ながらそれに気づいたと札幌琴似店店長は、途中から本店からの提供を麺とスープ以外一切断って、独自に仕入れていたのである。店長が独自に仕入れ始めると、寒汰は露骨に機嫌が悪くなったという。

  • 営業時間の強制

「お前はダメなやつだからもっと働け」と、店員が3人しかいないにもかかわらず、寒汰は営業指導の名の下、無茶苦茶な深夜2時までの営業を札幌琴似店や他の店に強制した。もちろん本店からの人員のヘルプは一切なかった

店長の疲弊を狙ったものと思われる。

  • スパイ行為

スパイをたえず店舗に送り込み、その情報に基づき味や接客に注文をつける。的を得たアドバイスをするのではなくて、言うことが毎日コロコロ変わる単なる嫌がらせ行為であった。

  • 歯医者への通院の強制

琴似店店長候補(当時)に「お前は歯並びが悪い。その歯では人前に出すわけにはいかない。」と言い掛かりをつけ強制的に石本歯科(仮名)に通わされていた。(石本歯科の院長は臭皇の得意客でもある。) 高い矯正代はすべて店長候補が支払った。なお、そういう寒汰自身の歯並びは異常に汚らしく、現在歯槽膿漏の治療を受けているのは多くの人が知るところである。

(写真と本文は全く関係ありません)

過酷なノルマ

一ヶ月160万円の売上をノルマとして与え、三ヶ月連続で達成できない場合は、すぐに店舗をとりあげ、先の一千万円近い改装費を即座に返済させるというとんでもない契約内容だった。

一ヶ月160万円の売上は、臭皇本店でさえ達成したことがない数字である。達成が困難な数字をノルマとして与えたのは、少しでも早く店を店長からとりあげ、保証金を没収し、新たな店長候補から加盟金を徴収するためであった。

それでも、必死に経営努力した琴似店店長が二ヶ月目にこのノルマを達成すると、寒汰は怒り狂った。

「クソッ、クソッ、クソッ!あの数字は達成できるはずがないんだ。そういう数字にしたんだから。あいつは数字をごまかしているに違いない。クソッ、クソッ、クソッ!」

臭皇本店内で寒汰がそう怒鳴り散らしていたのは、複数の従業員が確認している。

.

そもそも、寒汰はフランチャイズ店を成功させることは念頭になく、妨害行為を行なって一日も早く店長を首にし、保証金を没収し、新しい店長候補から「加盟料」その他の名目で金を巻き上げることを考えていた。

寒汰が20年間の間に二億円もの貯金を溜め込んだのは、尋常ではない。ある種の才能を持っていたのは間違いない。ただし、それは人に尊敬されるような才能ではなく、平気で犯罪を犯し、平気で倫理に反する行為を行う才能なのだった。

なお、臭皇の契約書には他にもおどろくべきことが多く書かれている。琴似店元店長のプライバシーもあるので全ては明かせないが、可能な限り、今後も当ブログで公開させていただく。

.

.

「臭橋◯至、高橋◯至、臭橋◯至、高◯順至、臭橋順◯、◯橋順至、高橋◯至!臭橋順◯はネットオタクで凄い!」寒汰は今日も、釧路町木場にあるホーマックで千枚通しを買いながら奇っ怪な声をあげていた。

勾践(こうせん)氏(仮名)や周囲の人間はまゆをひそめながら、この狂人を嘲るように見下ろしていた。

.

.
.

寒汰の迷惑行為による被害者一覧

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

大虎の秘密の新メニュー、猫又ラーメンについてはこちらを御覧ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

About plastictakata
暗黒の国フィリピンやパッツン天国タイでばら撒き、自主パト、凸凹するのが趣味の57歳のオサーンです

4 Responses to フランチャイズ詐欺 II

  1. GAGA says:

    報道ブログですねw

  2. とおりすがりのおっさん says:

    「こんなフランチャイズ店は嫌だ!」
    って、ビートたけしのネタになりそうなことを
    リアルに全部実行してしまう男。
    それが寒汰なのですね。
    こんなのがこの世に存在しているのが不思議です。
    本当に珍獣以外の何者でもないですね。

    • 普通の人間ならためらってしまう犯罪行為を平気でするのが寒汰ですからねえ。
      まあ、ある意味才能なんだと思います。
      全く羨ましくない才能ですがww

      まさに珍獣です。いや、害獣と言った方が正確ですかねw

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。