臭い男と鼻つまみ者

インチキ田舎老人寒汰は2002年3月、世話になっている人につられてマニラにやってきた。

初めての海外旅行である。英語もタガログ語も一切できず、そもそも人間としての常識すら欠如していた寒汰だが、付き添いの人に連れられておっかなびっくり、マニラにやってきたのである。

寒汰は「俺が若い頃はフランス、イタリアを気ままに旅行してたんじゃよ。ゲヒヒヒヒヒ」と言っているが、もちろんこれは大嘘である。フランス・イタリアどころか、寒汰はフィリピンに来るまでパスポートすら持っていなかったのだ。

ともあれ、釧路のインチキ田舎老人メンヘラー寒汰は海外デビューした。

.

男は筆おろしをした直後、大変な高揚感を味わう。

同様に、初めて海外を経験した男、それも年をとってからはじめて海外を経験し、そして素人童貞を捨てた男は凄まじいまでの興奮を味わうようである。

しかも、コンプレックスの強い男にその傾向が強い。その典型が寒汰であった。

57歳を過ぎても毎日店の休憩室で公開オナニーをするほどの異常な性欲の持ち主寒汰。その寒汰は素人とのSEXが一生の大願であった。

その大願を初海外で果たしたのだった。寒汰の喜びようは尋常ではなかった。

「ゲヒーーーーーーーーーーー!俺、GIRLと面情を通じてSEXした!凄い!俺、偉い!俺、万能!俺、神!俺、凄すぎる!ゲヒーーーーーーー!」

寒汰は異常に気持ち悪い声でわめきながら、転げまわって喜んだ。

そう、異常なまでにコンプレックスが強い寒汰は、素人童貞を捨てた今、自分が全知全能の神にでもなったかのような気分を味わったのである。しかし、これが寒汰がさらに嫌われる端緒となるのであった。

.

マニラに嵌った寒汰は、ざ・マニラをはじめ多くのフィリピン系サイトに押しかけ、そこで偉そうに振舞った。インチキ田舎老人メンヘラーが威張り散らしながら、凄まじくつまらない情報をサイトに殴り書きしていくのである。これには誰もが閉口した。

さらにオフ会では寒汰は意味不明の自慢話を延々と続けるのである。明らかな大嘘の連発は1分と聞いてられない。メンバーたちは寒汰がそばにくるだけでまゆをひそめて逃げ出した。

そもそも、寒汰は臭いのである。なんとも言えない異様な臭気が体から漂ってくる。この悪臭だけでも十分嫌われる。寒汰に一度でも会った人間は二度と寒汰をオフ会に呼ぼうとしなかった。

.

(写真と本文は全く関係ありません)

そんなある時、寒汰がホラミタクラブに入会を希望した。しかし、ホラミタクラブのメンバーは即座に断った。当然である。

当時寒汰は既にざ・マニラ崩壊の原因を作ったトラブルメーカーとして有名であり、頭が悪いのにぐにもつかぬ自慢話を延々とし、サイト内でのマナーも最悪であることをホラミタクラブの面々は皆知っていたからである。

すると、寒汰は呼ばれてもないのに突如ホラミタクラブのオフ会に押しかけてきた。汚らしい白髪に、趣味の悪い茶色のサングラスが特徴的であった。寒汰はベロリベロリと口の周りを舐め回しながら、会員が連れてきている女性を片っ端から視姦したのである。

挙句のはてに「俺はホラミタクラブに大歓迎されたんじゃよ。あいつらの妻は俺に惚れたんじゃよ。俺は人妻キラーなんじゃよ。俺は偉いんじゃよ。ゲヒーーーー!」と言いまわっていたという。これでは、メンバーに嫌われて当然である。

48歳で素人童貞を捨てた男の勘違いはここまで凄まじかったのだ。

なお、ホラミタクラブに固く入会を断られた寒汰は、ホラミタクラブとそのメンバーを逆恨みし、その一年後、ホラミタクラブを崩壊に追い込むとんでもない騒動を起こすのである。

(写真と本文は全く関係ありません)

.

さらに、寒汰は多くのフィリピン系サイトに顔をだし、相手にされないと徹底して攻撃して回った。サイトもブログも閉鎖するまで荒らしコメントを入れ続けるのだ。不正に手に入れた他人のパスポートのコピーをそこら中に貼りまくることもおこなった。

寒汰に潰されたサイト、ブログは数え切れない。寒汰はありとあらゆるサイトで忌み嫌われた。しかし、嫌われれば嫌われるほど寒汰はますますそれらのサイトやブログを荒らし、さらに嫌われた。嫌われの悪循環である。

他人に嫌われることが宿命付けられた人間のように寒汰は加速度的に嫌われた。

.

鼻つまみ者」という言葉がある。嫌われ者、厄介者という意味があるが、臭い嫌われ者という意味から派生したのだろう。まさに寒汰は二重の意味で鼻つまみ者であった。

寒汰の悪臭はマニラでも有名で、ネモト、大虎でもいつも寒汰が来ると「臭い臭い」と客が言い合っていた。さらに、マニラベイカフェ(MBC)の売春婦、ウェイトレスにも寒汰の悪臭は有名で、寒汰が来る度に「mabaho siya!」と、女たちは大声で叫び逃げ出した。

もっともタガログ語が未だにほとんどわからない寒汰は、自分が鼻つまみ者としてそこまで嫌わているとは全く理解していなかった

それどころか、さらに妄想をふくらませ「ゲヒヒヒヒヒ。俺はマニラベイカフェで好かれてるんじゃよ。だから俺もマニラベイカフェが大好きなんじゃよ。フィリピンにはマニラベイカフェさえあればいいんじゃよ。ゲヒヒヒヒヒ」と繰り返し繰り返し語っていた。(魔尼羅盗撮バージン(仮名)にもその旨の記載がある。)

ここまで徹底して嫌われている鼻つまみ者が、ここまで真逆の勘違いをする例は世界でもそう多くはないと思える筆者なのである。

.

.

「臭橋◯至、高橋◯至、臭橋◯至、高◯順至、臭橋順◯、◯橋順至、高橋◯至!臭橋順◯はネットオタクで凄い!」寒汰は今日も、釧路町木場にあるホーマックで千枚通しを買いながら奇っ怪な声をあげていた。

勾践(こうせん)氏(仮名)や周囲の人間はまゆをひそめながら、この狂人を嘲るように見下ろしていた。

.

.
.

寒汰の迷惑行為による被害者一覧

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

大虎の秘密の新メニュー、猫又ラーメンについてはこちらを御覧ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

About plastictakata
暗黒の国フィリピンやパッツン天国タイでばら撒き、自主パト、凸凹するのが趣味の57歳のオサーンです

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。