清音と濁音

寒汰流の発音のいくつかを見てみると、ある特徴があるのに気がつく。

  • iPod の発音はアイポット
  • EDSA の発音はエッサ
  • EDZEN の発音はエッセン

これを聞いた読者の方はどんな感想を持つだろうか。

1) 凄い!凄い!ネイティブスピーカーのような完璧なリスニングだ!こう聞こえる人は世界一のフィリピンベテランだ!

2) よくわからないが、本当の発音と違う気がする。

3) 濁音が全く聞き取れない人間が書いたのだろう。リスニング能力が極端に低い人間の特徴だ。

1) と思った方は今すぐマニラのドブ川に身を投げて死んだ方がいいかもしれない。正確に聞き取りができないことは恥ではないが、知ったかぶりをするのは人間として恥ずかしいことだからである。

2) だと思った方は正常である。

3) という方は、よくわかっていらっしゃる。そう、どうもリスニング能力が苦手な人間は清音と濁音の区別がつかないらしい。全て清音にきこえるようなのである。人間は誰しも年を取るとリスニング能力が堕ちてくるが、実際お年寄りが書いている文章をみるとよく濁音が清音になっていることがある。これは、それを表しているのであろう。

(濁音の意味がわからない人は小学校にもう一度行って、前原裕子先生に指導してもらった方がいいかもしれない。濁音とは平たく言えば、日本語では「゛」が付く音である。ザジズゼゾ、バビブベボなどがそれに当たる。)

寒汰は年寄りとは言えない40台のころからこの清音と濁音の区別が一切できていなかった。

なお、「EDSAはエッサ」という珍妙な発音を主張していた寒汰は、間違いを指摘されるとTOSHIYAさんのせいにしていた。何か間違いを指摘されると、すぐに他人のせいにするのはいかにも寒汰である。

ざ・マニラを崩壊に導いたあの騒動の時も、主犯の寒汰は鬼山さんや重鎮メンバーにしめあげられると、コメツキバッタのようにペコペコとしながら泣きだし、「ゲヒーーー!全部ゴールド氏(仮名)が仕組んだことなんです。私は何も悪くないんです。私は善人なんです。ゲヒーーーー!」と、子供でもつかないような見え透いた嘘をついて一同を嘆息させたことは今でも語り継がれている。

.

なお、この寒汰のTOSHIYAさんへの責任転嫁であるが、一応TOSHIYAさんのために弁明をしておきたい。TOSHIYAさんは、「EDSA は E と Dの間に一呼吸あるように聞こえることもある。たとえていうなら、『エッザ』くらいの間隔があることもある」と言っていたのである。寒汰のように「EDSAはエッサ」だと言っていたわけではない。

「ワシは物のたとえを話しただけやで。寒汰が勝手に勘違いしよるねん。ワシは悪ないで。寒汰のせいでワシまで馬鹿と思われたええ迷惑やで。ほんま、あの基地外のオッサンは迷惑ばっかりかけよる。クルクルパーやで。ガッハッハッハ!」

ありとあらゆる人間に嫌われる寒汰だが、あまりに当然といえよう。

.

ところで、実は韓国語にも濁音の概念がないらしい。(濁音の発音はあるが意識して単語レベルでは区別しないらしい。)

アイヌ人の出自ゆえ近親憎悪で韓国人を激しく憎む寒汰だが、日本語の発音は韓国人に似てしまったようである。

.

.

「臭橋◯至、高橋◯至、臭橋◯至、高◯順至、臭橋順◯、◯橋順至、高橋◯至!臭橋順◯はネットオタクで凄い!」寒汰は今日も、釧路町木場にあるホーマックで千枚通しを買いながら奇っ怪な声をあげていた。

勾践(こうせん)氏(仮名)や周囲の人間はまゆをひそめながら、この狂人を嘲るように見下ろしていた。

.

.
.

赤井翔さん緊急入院 カンパのお願い

寒汰の迷惑行為による被害者一覧

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

大虎の秘密の新メニュー、猫又ラーメンについてはこちらを御覧ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

About plastictakata
暗黒の国フィリピンやパッツン天国タイでばら撒き、自主パト、凸凹するのが趣味の57歳のオサーンです

4 Responses to 清音と濁音

  1. スージー says:

    濁音と呼べるかは わかりませんが、「LIZA」 リサ、は多い名前ですね。

    • Liza はスペイン語ですね。スペイン語では、Z は清音として読みます。濁音ではありません。
      だから、「リサ」と読むのは正しい発音ですよ♪

  2. 愛人28号 says:

    寒汰とは面識もありませんが、かなりおかしいと思います。

    フィリピン自体が、スペイン語の発音を使った英語やオリジナルな使い方をするので難しく感じます。
    彼の場合、それを寒汰語に変換しているのでしょう。
    通常の人類の場合、寒汰語は理解、解読不能です。

    例えば、L.A.の発音などでもA.の部分をアンへレスと発音しますよね。
    これもスペイン発音です。
    あとフィリピンでしか使わない言葉と言えば、ロード(携帯のチャージに使う)ですが、ほとんどの国ではトップアップを使います。

    普通の人類にも難しいフィリピン英語を、さらにアレンジされるとどうしようもありません。

    • 確かにフィリピンでは英語の読み方、スペイン語の読み方がいりまじっていますね。
      でもまあ、寒汰の読み方はどちらでもないですね。おっしゃるとおり寒汰語としか言いようがありません。
      EDSAをエッサと読むのは、スペイン語でも英語でもありません。寒汰語ですね。

      携帯のロードってフィリピン独特でしたっけ。
      恥ずかしながらトップアップは初めて聞いた気がします。
      refill, recharge はよく聞きますね。

      ともあれ、独特のフィリピン英語をアレンジした寒汰語は世界で最高レベルに難解ですね。
      だいたい「いんぽーたんと、いんぽーたんと」と叫ばれても、それが「電話を貸してくれ」という意味だとは普通の人間には理解できませんww

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。