本質を見ぬく言葉

筆者がまだ珍獣寒汰を知る前の2006年3月某掲示板で、既に寒汰の本質を見抜いていた方の文章を紹介したい。

.

(寒汰は)マニラ通を自認をしているが、その偏った目線は本質を見抜くにはあまりにもズレ過ぎている。
ローアングルから撮影された街並みや子供たちの写真を振りかざして、あたかも本髄を極めた如くに「記事」を書くが、真のマニラ通には評価されないものばかり。
単なるマスターベーションなのだが、そのことを指摘されると烈火の如く怒り出すと言う。

(写真と本文は全く関係ありません)

寒汰は自分の店で従業員にオナニーを見せびらかす公開オナニーが大好きだが、ネットでも自己満足な文章を殴り書きして垂れ流すネット公開オナニーが大好きなのである。今から6年以上前から寒汰が大のオナニー好きであったのは世間にばれていたということである。

人間関係と言う一番デリケートなことに安易に首を突っ込むから「大きなお世話」、「余計なおせっかい」と思われてしまう。
他人の問題やトラブルにも何かとちょっかいを出したがる。
そして問題を沈静化するよりも煽りが得意で、他人を感情的にさせるようなことを平気でブログに書き綴る。

世の中には他人の感情を逆なでることが大好きな人間がいる。純粋日本人ではないので日本語が苦手なこと、そもそも言語以前のコミュニケーション能力が欠如しているのも理由だろうが、それ以上に他人を怒らせることでしか、他人に相手にしてもらえない、ということがあるのだろう。

いじめられっ子が、いじめられながらも喜んでいるのと同じである。寒汰はいじめられたくて、他人の感情を逆なですることを繰り返してきたため、それが癖になっているのだろう。

なお、寒汰は当寒汰物語でとりあげてもらうのが大変うれしいようで、マニラでもしきりに寒汰物語に出ていることを嬉しそうに話しているという。

真偽の確認がされていない様々な情報(と言うか「噂」)を自分の推測や憶測だけでコメントにしブログに掲載、また様々な掲示板等に投稿する。

一を聞いて百を勘違いするのが寒汰であるが、精神異常者特有の症状だろう。現実と妄想の区別がつかないらしい。普通の人間は夢は寝ている間の仮初の出来事で、現実世界が主なのであるが、寒汰にとっては現実世界はかりそめの出来事で、妄想が生活の主体になっているのだろう。

自ブログのアクセスアップには手段を選ばない。
ネット上の最低限の約束事を守れないから、何度もトラブルを起こしている。
誹謗・中傷のためにそれと分かる伏字や思わせぶりな記事を書くことは得意中の得意だ。

寒汰がトラブルをここかしこのそこら中で起こすのも、何も知らないのにわざともったいぶったことを書くのも、能力のない人間がせいいっぱい他人から注目されたくてやっている行為なのである。

SANTAがいるかもしれないからと、ネモトレストランから遠ざかる客も多いと言う。
SANTAがいないことをわざわざ電話で確認する人も増えているようだ。

あのブログでの執拗なネモト宣伝は、ありがた迷惑なのは明白。
でも本人には死ぬまでわからないだろう、と言うのが関係者の意見だ。

.

昔から寒汰を知る人間が書いたこの言葉は寒汰の本質を見事に見ぬいていた。

10年以上前から寒汰はそこら中でトラブルを起こし、あらゆるフィリピン系サイトで忌み嫌われていた。寒汰の異常な性格は当時から見ぬかれていた。それだからこそ、寒汰は嫌われていたのである。

ただ、何年たっても寒汰は自分が異常に嫌われていることの自覚がなかった。虐められているのを可愛がられていると勘違いしている風でさえあるのだ。

「ゲヒーーーーー!俺、人気者!俺、好かれてる!俺凄い!凄すぎる!ゲヒーーーーーーーー!」

事実と真逆の思い込みをするのが寒汰の本質でもあったのだ。

.

.

「臭橋◯至、高橋◯至、臭橋◯至、高◯順至、臭橋順◯、◯橋順至、高橋◯至!臭橋順◯はネットオタクで凄い!」寒汰は今日も、釧路町木場にあるホーマックで千枚通しを買いながら奇っ怪な声をあげていた。

勾践(こうせん)氏(仮名)や周囲の人間はまゆをひそめながら、この狂人を嘲るように見下ろしていた。

.

.
.

寒汰の迷惑行為による被害者一覧

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

大虎の秘密の新メニュー、猫又ラーメンについてはこちらを御覧ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

About plastictakata
暗黒の国フィリピンやパッツン天国タイでばら撒き、自主パト、凸凹するのが趣味の57歳のオサーンです

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。