10年間P.ブルゴスに行きたくても行けない男

10年間毎月フィリピンに買春旅行に通っている寒汰であるが、英語もタガログ語も一切できない上にそもそも語学以前のコミュニケーション能力が決定的に欠けているので、見知らぬ所にはほとんど行ったことがなかった。

Pブルゴスもその一つである。寒汰は誰かに連れて行ってもらう以外、Pブルゴスには行ったことがないのだ。

数回ほど人に連れられておっかなびっくり見るだけの寒汰は観察力もないので、Pブルゴスに関しても相当な勘違いをしていた。hatoya さんが寒汰の間違いを厳しく指摘してくださったのでご紹介したい。

.

寒汰> ブルゴス。新しい韓国人経営のバーを覗く目的で、ぶら~りぶらり2012/03/26(月)

寒汰>マカティ・ブルゴス

寒汰>GOGOバー密集の、メトロマニラのひとつの大人の遊園地。

(寒汰の日本語は)破壊された表現なので翻訳(が必要)

*P.Burgos Street, Makati City

`ゴーゴーバー`が20数店舗と*ゲイバー、キャバレーなどのある歓楽街。

知ったかぶりで `GOGO`と書くが 表記違います

寒汰>滅多に覗くこともなくなったGOGOではありますが、

寒汰はフィリピンに通いだした2002年頃はゴーゴーバーにも通っていたようであるが、バーガールにはことごとく無視され、持ち帰りしようとしても全員から「今日は生理」「私バージン(だから持ち帰りできない)」と激しく拒否され、デビル総統を始めとするざ・マニラメンバー全員から指をさされて嘲笑われて以来、ゴーゴーバーは嫌いになったのだ。持ち帰りを拒否されても「俺はコーヒーを飲みに来ただけなんじゃよ。ゲヒヒヒヒ」と言い訳できるマニラベイカフェ(旧LAカフェ)が好きになったのはその頃である。

アレ、アンヘレスに連れて行ってもらった時も入らなかったの?

寒汰が数カ月前にアンヘレスに行った際は、ガイド兼通訳の勾践(こうせん)氏(仮名)を激怒させてしまい、ゴーゴーバーには連れて行ってもらえなかったようである。

寒汰>良く行く食事処が、
寒汰>この『ブルゴス』沿いにあるので、
寒汰>タクシーを向かわす目標物として『ブルゴス』と口にします。

翻訳:
新宿ラーメン 、マカティ・アベニュー店に
連れってもらいましたが
閉店していたので P.Burgos Streetの角の店舗撮ってみました。
でも店舗名が読めません。

フランス語どころか英語が一切読めない寒汰なのである。

フランス語を習ったことがない人間でも、これくらいの単語なら知っているだろう。パリで同名の店は世界的に有名だからだ。

しかし、語学能力以前に教養が一切ない寒汰には Moulin Rouge をなんと発音するのか全く分かるわけがなかった。

寒汰のブログでは、どこの店か明らかなのに店名が書いていないことが多い。チェーン店以外ではほとんど店名が書いていない。

これは、寒汰が英語の店名が一切読めないからなのである。英語そのまま書こうとしても綴りすらわからないのである。

寒汰の写真をみていると、店名がぶったぎられているものが多いが、これも店名が一切読めないから文字を文字ではなく単なる模様として認識しているせいだろう。

寒汰>適当なところまで行くと「そこを左」とか「そこを右」などと言って、

あなたが 米語もフィリピノ語もできないこと皆知ってます。

寒汰はタクシーで目的地すら言えないので身振り手振りだけで目的地をあらわすのである。あまりに滑稽なその姿は、通行人からも丸見えで、多くの人は寒汰の乗ったタクシーを指をさして嘲笑っているのである。

寒汰>ブルゴスストリートを通過しないことさえあるのですが、

寒汰>この辺りには、私の使用する時間帯には、静かに利用できる料理店が散在します。

消し去った過去ログにも紹介なかったけど・・
それに 一方通行の道で 交通量も多いから
道沿い以外の店舗利用以外 P.Burgos Streetに乗り入れない。

もちろん、寒汰は大嘘を付いているのである。寒汰は10年間、マカティはほとんど来たことがない。一人では日本人が少ない地域には全く行けない寒汰なのである。

また、Pブルゴスの店に行こうとしても、タクシーで目的地すら言えない寒汰はたどり着けないのである。

寒汰>この時は、両替が目的でブルゴスの入り口で下車。

両替商は Makati Avenue側付近にはありません。
Kalayaan Avenue側です。

Burgos street, Makati, Manila
ミニストップの隣に 最初の両替商。
殆どは Kalayaan超えたところにある。

ここだけ筆者の記憶と違う。筆者の記憶では、Makati Avenue の P. Burgos と交差するすぐ手前に両替商があったと思う。ドラッグストアと併設で、隣が Quick Stomach だったと思う。

恐らくこの写真のところである。

寒汰>見ると工事中であったフラミンゴの跡が改修を終えて、営業をはじめていました。
寒汰>ああ、新しく出来た店については、JETさんのブログに
寒汰>複数記事が掲載されていますので、ご覧くださいませ。

向かいのPussycats、移転し再開したpapillonにも気がつかず。
寒汰が撮った店舗は *今年3月19日に開店したMoulin Rouge。
このエリアのゴーゴーバーは 痛いおじさんが
買春しずらい オネーちゃんと直接交渉のBF制度のお店。
しかも BF料金自体が EWRほどの高額。
寒汰には *ナポレオンしか無理。

翻訳:
JETさんのブログで フラミンゴという店舗名知りました。
でも このエリアの`ゴーゴー・バー`に入ったことないので判りません。

「ゴーゴーバーでは女の子と話す必要が一切ない。」と言い放つ寒汰である。

英語もタガログ語も一切できず、そもそも語学以前のコミュニケーション能力が決定的に欠如していて、さらに女性から蛇蝎のように嫌われる気持ち悪い寒汰には、バーガールといろんな駆け引きや交渉自体が楽しいことがわかるわけもなかった。

寒汰>が、ガードマン君に聞くと、この日は午後9時から営業とのこと。
寒汰>時間をここで潰すこともできず、結局は別な料飲店に入ることになり、
寒汰>しっかり飲んでしまいました。

Tickle’sなど数店舗は 午後2時から開けている。
`ガードマン君`とは 警備員security guardのこと。
寒汰の場合 入店しようとすれば 臭いので
お店のSecurity Bouncer 達に つまみだされるかも?

以前のエントリでも書いたのだが、写真には Security が寒汰を指さして怒っている様子がはっきりと写っている。

また、写真をみれば、店には Happy Hour のネオンがはっきりと写っている。

店はやっているのに、臭くて気持ち悪い寒汰は体よく追い返されただけなのだろう。英語もタガログ語も一切できない寒汰はそれすら理解できなかったようである。

*P.Burgos Street, Makati City
P.Burgosは いたるところで通りの名や町の名称で使われている。
パサイ市にもP. Burgos Streetはある。
Padre Burgos Driveは マニラ市にある。

目標物として『ブルゴス』`と口にしても
運転手は困るし、行けない

筆者もマニラに通いだした頃、これを知らなくてタクシーの運転手に「どこの Burgos か」と確認されたことがあった。

寒汰の行った カガヤン・デ・オロにもあり
ここにも 全裸ストリップのお店が 数軒あった。

Pasay City General Hospital
P. Burgos Street, Pasay City

The National Art Gallery of the Philippines
Padre Burgos Drive, City of Manila, Philippines
http://nationalmuseum.gov.ph

[HD] Manila Street Scenes (22) – Padre Burgos Avenue (2/2)

TS MAP! 2011年8月12日時点のP. Burgos Street地図
http://tomrich.sakura.ne.jp/burgos.html

P. Burgos St in Makati, Metro Manila, Philippines
(Flamingo Night Club, Bourbon St, Oxford Suites)
2009/08/08

evancortez2さんが 米語で店名読み上げ。
寒汰、聞き取れる?
Makati Avenue Strip – January 2010

今はなきDivino
2010 Divino International Pole Competition – Okamoto

Ringside Bar

*ゲイバー、キャバレー
貸切したことのある
Shapoo Barの二階(Shapoo Barもゲイバーになったらしい)。
キャバレーは Jools cabaret。
痛いおじさんは `ショー・クラブ`とか
`ディスコシアター`とか書く。
http://www.jools.ph/

Kalayaan Avenue沿いのStardustも
ゴーゴーバーでなく韓国系KTVバー。

Brazilian dancers’ sexy show in Manila, November 2003 (Part 1)

JOOLS BAR


*今年3月19日に開店した

ブログMongering on Burgos St Manila March 2012 に拠る。
BFのみで 3900だそうです。
ロング交渉で総額 多分8000前後で妥結。

*ナポレオン

日式KTV、 つまりフィリピンにあるフィリピン・パブ。
2F Dona Pacita Bldg., Makati Ave. cor. P.Burgos St., Makati City
http://napoleon.sblo.jp/

誰かに連れて行ってもわなければ Pブルゴスに辿りつけない寒汰。そして、誰かに連れて行ってもらっても、セキュリティに追い払われる寒汰、そして追い払われてもどうして追い払われたか一切理解できない寒汰。

そんな寒汰がPブルゴスのベテランになる日は1万年たってもやってこなさそうである。

.

.

「臭橋◯至、高橋◯至、臭橋◯至、高◯順至、臭橋順◯、◯橋順至、高橋◯至!臭橋順◯はネットオタクで凄い!」寒汰は今日も、釧路町木場にあるホーマックで千枚通しを買いながら奇っ怪な声をあげていた。

勾践(こうせん)氏(仮名)や周囲の人間はまゆをひそめながら、この狂人を嘲るように見下ろしていた。

.

.
.

寒汰の迷惑行為による被害者一覧

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

About plastictakata
暗黒の国フィリピンやパッツン天国タイでばら撒き、自主パト、凸凹するのが趣味の57歳のオサーンです

6 Responses to 10年間P.ブルゴスに行きたくても行けない男

  1. 芋洗坂係長 says:

    ゴーゴーバーの女の子が嫌う客のパターンのひとつは、(ほぼ)一切店内での会話をせず、置屋やマッサージパーラーのように指名して連れ出すだけの親父です。
    他にはケチ、臭い、傲岸、レディ扱いしない・・・など、ことごとく寒汰に当てはまりますねwww

    • 「ゴーゴーバーで話するのはおかしい」と言い放っていた男ですからねw
      さすが自称女心の達人w 女に嫌われるフラグは完璧なまでに全て踏んでますねw
      寒汰と真逆の行動をすればモテモテなのは間違い無いと思いますw

      • 芋洗坂係長 says:

        そういうオヤジ共の真似をすると、女の子にめっちゃ受けますwww

      • 女の子たちも寒汰のような気持ち悪いオヤジに普段からよほど嫌気がさしているんでしょうねw

  2. hatoya says:

     アンヘレス市やセブ市のママさんが
    ポン引きみたいに斡旋する店でも
    連れだしできない寒汰が
    Pブルゴス沿いのバーでは 無理です。

     込み込みでなく タイと同じくBF制度ですので
    直接交渉できる米語会話力ないからです。
    あ、それ以前に 問題あるか・・・

     Pブルゴスにも旧LAカフェみたいな
    夜間に売春婦が集まる
    Filling Station Bar and Restaurantがあるけど
    ここでも寒汰無理でしょうね。
    だって 自分から 席に行って交渉しないならないから。

    http://www.ourawesomeplanet.com/awesome/2007/08/filling-station.html

     寒汰がMPを一度も書かないのは
    フィリピンのMPだとタイと違い
    やはり 直接交渉しないとダメで
     日本語記事がほとんどないからでしょう。
    (Flight 168除く)

    斡旋する店
    アンヘレス市 ドールハウス。(元ジャパユキさんをママさんに採用)
    セブ市 ラブ・シティとBG’s他多数
          入店するなりママさんがぽん引き。
         セブ市だと寒汰のように 全く米語できなくても 
         買春できるので 日本のおじいちゃん達に人気が高い。

    >筆者の記憶では、Makati Avenue の P. Burgos と交差するすぐ手前に両替商があったと思う。
    >ドラッグストアと併設で、隣が Quick Stomach だったと思う。

     全く、記憶にないのです。 角にあった Flamingo Bar位です。
               (現在Moulin Rouge)

    >ゴーゴーバーの女の子が嫌う客のパターン

    フィリピンの場合
    (多分、寒汰もやってる筈)

     入り口で 店内を覗いただけで 立ち去る。
    (オネーちゃんの顔だけ見て 好みがいないと着席しない)

     着席させて 触りまくるが LD奢らない。
    ( 当たり前だけど LD奢っても初回だと
     触りまくる客は 連れ出しの拒否率高い)

     入るなり いきなり単語だけ並べて 連れ出そうとする。
    (これやった韓国のおっさんが 無視されて
     出ていった後 店内でブーイング)

    • 寒汰は「ゴーゴーバーで女の子としゃべるのはけしからん!」と怒り狂ってましたからね。
      ゴーゴーバーなんて楽しみの半分は女の子と話すことなのに。
      まあ、英語もタガログ語も一切できず、そもそも言語以前のコミュニケーション能力が決定的にかけている寒汰にはゴーゴーバーでの会話すら果てしない難題なんでしょうねw

      こちらのコメントもエントリ本文で紹介させていただきます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。