機内からの猛ダッシュ

5月23日夜、羽田発釧路行きに搭乗したY氏は、凄まじく臭い男がすぐ前の席にいるのに気づいた。

あまりに臭いこの男、まさに「鼻つまみ者」といった風情でCAからも露骨に嫌われていた。

飛行機が釧路空港に着くと、この男はシートベルトサインが消える前に立ち上がって荷物をとり出し始めた。そして猛然と出口に向かった。

CAが機内放送で繰り返し注意してもこの「鼻つまみ者」は一切気にする様子がなかった。

だいたい、日本人でシートベルトサインが消える前に立ち上がる人間は珍しい。機内放送を一切理解する様子がないこと、そして異常なまでに臭くて汚いことあわせて考えると日本人ではないかもしれない、とY氏は考えた。

余談だが、フィリピン嵌りの日本人の一部は飛行機のシートベルトサインが消える前に立つのは日本人だけだと思っているらしい。筆者が知るかぎり、現実はほとんどその真逆である。筆者が今まで乗ってきたほとんどの航空機では日本人はシートベルトサインが消えるまでおとなしく席に座っている。

マニラ便を除いては。

なぜかマニラ便に乗る日本人は異常にマナーが悪く、シートベルトサインが消える前に猛然と出口にダッシュするのだが、フィリピン嵌りの一部の人間はマニラ便が全世界の航空便の全てだと思っているらしく、ごく一部の例外的な日本人が日本人の全てだと思っているらしかった。

ともあれ、釧路空港に話を戻そう。Y氏はこの奇っ怪な男が気持ち悪くて仕方なかったが、後日ある偶然から当日の釧路空港のカメラを見る機会があった。

.

その日、釧路空港で撮影されたカメラには、異常な男の姿が映し出されていた。この男、到着ゲートから凄まじい勢いで飛び出してきて、進行方向に居た老婆を突き飛ばし2歳ぐらいの子供を蹴飛ばし、老婆と子供が怒る以前に呆然としているのにも一切気を使わず、そそくさと空港から出ていき、夜の闇に消えている様子がはっきりと映し出されていた。

この男、夜なのに趣味の悪い気持ち悪いサングラスをしており、肩幅から10センチははみ出ている変な形のバックを背負っていた。

両肩にかかるベルトを掴んで猛突進する際、他の通行人にカバンがぶちあたったが、男は一切気にしなかった。もとより他人に一切気を使うことがない男なのだろう。

マナーが最悪のこの男をカメラで確認した後、Y氏はこの男が釧路では悪名高い人間だということを知らされたという。

.

寒汰がなぜ機内のマナーを完全に無視し、老婆を突き飛ばし、子供を蹴りあげてまで急いでいたかは不明である。ただ、この男には人間として大事な何かが完全に欠如していることだけはよくわかる。

老婆を突き飛ばし、子供を蹴りあげたこの男のポリシーは「弱いものにはとことん強く、強いものにはとことん弱い」である。

かつてネット荒らしがバレて鬼山さんを初めとするざ・マニラ重鎮メンバーに一喝された時はコメツキバッタのようにペコペコして「ひぃぃいいっ、すいません、すいません、すいません」と謝った男である。(ただし、「悪いのは全部ゴールド氏なんです。私は騙されただけなんです。」と、責任転嫁した。)

また、赤井さんに一喝された時には、またしてもコメツキバッタのようにペコペコとしながら、赤井さんが聞きもしないのに「今度来る時は絶対に絶対に絶対に連絡しますから。アンヘレスでもどこでも絶対に絶対に絶対にお伴しますから」と、上ずった声で繰り返していた男である。(「絶対に絶対に」と言ったにもかかわらず、この男はその後、赤井さんには一切連絡していない。自分で勝手に約束して、自分で勝手に約束を破るようである。)

自分よりも強い人間には凄まじく卑屈だが、いったん自分より弱いと思えば、あるいは自分の正体がばれないと思えば、とんでもない悪事を平気でする男なのである。

この男は人間として最低の存在だと思うのは筆者だけだろうか。

なお、この男の名前であるが、釧路どころかフィリピンでも悪名高い臭橋逆至(仮名)、あるいは寒汰(さむた)(仮名)というそうだ。

釧路の住民の噂では、この男は頭に立っている謎のアンテナから怪しげな電波を受けているという。

(写真と本文は全く関係ありません)

.

.

「臭橋◯至、高橋◯至、臭橋◯至、高◯順至、臭橋順◯、◯橋順至、高橋◯至!臭橋順◯はネットオタクで凄い!」寒汰は今日も、釧路町木場にあるホーマックで千枚通しを買いながら奇っ怪な声をあげていた。

勾践(こうせん)氏(仮名)や周囲の人間はまゆをひそめながら、この狂人を嘲るように見下ろしていた。

.

.
.

寒汰の迷惑行為による被害者一覧

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

大虎の秘密の新メニュー、猫又ラーメンについてはこちらを御覧ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

About plastictakata
暗黒の国フィリピンやパッツン天国タイでばら撒き、自主パト、凸凹するのが趣味の57歳のオサーンです

6 Responses to 機内からの猛ダッシュ

  1. 暑汰 says:

    頭から2本出ているあれは触覚なのです。
    ゴキブリという昆虫にはそのような2本の触覚があるのです。

    ・・・と言ったらゴキブリに失礼というものですね。

  2. joe says:

    妖怪アンテナを持ってるなんてさすが寒汰ですね!(笑)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。