道男とその愛人たち

当寒汰物語で茂雄という男を過去に何度か紹介してきた。詳細はこちらのエントリをご参照いただきたい。

女にモテる秘訣 I

女にモテる秘訣 II

茂雄の真実

茂雄は女心を平気で踏みにじる鬼畜である。SEXが終わった直後に女が「ねえ、私のこと愛してる?」と甘えて聞いてきた時も「愛してない」と、きっぱり答える男である。女と別れる時には「お前とSEXするより売春婦とSEXする方が気持ちいいし、気楽だから」と、とんでもないセリフを吐く男である。
釧路に住む女心の達人が聞いたら羨ましさのあまりブルブル肩を震わせて真っ赤な顔をして怒鳴り散らしながら怒るほどの所業を茂雄は重ねてきている。しかし、この茂雄は女にモテる。それも半端無くモテる。女達は泣きながらもこの茂雄にすりすり擦り寄って、決して離れようとしないのだ。

.

この茂雄の年上の従兄弟に道男という男がいる。この道男、もう若くもないし顔も凡庸だが、鬼畜の心だけは茂雄に通じるものがあった。
道男は過去に結婚を3度している。1度目は日本人、二度目はフィリピン人、三度目はタイ人である。
そして、いずれの結婚生活でも常に愛人がおり、妻と愛人と交互にSEXをしていた。その道男から聞いた話を少し紹介したい。

道男は愛人たちを「彼女」と呼ぶ。なぜ愛人ではなく「彼女」なのだろうか。道男は言う。「あたりまえじゃないっすか。愛人なんて重たいでしょ。いつの時代の話ですか? 俺はあいつらと普通に付き合ってるつもりなんだから『彼女』ですよ『彼女』。あの子らも俺のこと普通の彼氏だと思ってますよ。まあ、俺が結婚してるのは知ってますけどねw」

そう、道男は結婚していることを女たちに隠さない。女たちはそれで文句を言わないのか?

「いや、文句言われっぱなしですよ。『愛情がない結婚ならどうして奥さんと早く別れないの?』『いくら奥さんへの愛情がないって知ってても、道男ちゃんが毎日あの家に帰るだけで私気が重くなるんだよ。』『道男ちゃん、その変な女の人といつまで一緒にいるの?(涙)』『来週までに別れなかったら私、道男ちゃんの家に行ってその女の人と直談判するから!』とか、変なプレッシャーを毎回かけてきますよ。あいつら、俺が嫁と別れて結婚してくれると思い込んでるんですよ。本当、うざいっす。」

うざいも何も、自分が悪いことをしているという自覚は道男にはないらしい。許しがたいことである。

「え?SEXは生かどうかですか? 全部、生で中田氏に決まってるじゃないっすか。だってあいつら、俺が真剣につきあってると思ってるもん。外に出したりしたら怒られますよw」と鬼畜のごとく笑い飛ばす道男に茂雄の面影を見るのは筆者だけだろうか。

.

しかし、道男が茂雄と違うところは、やや小心者だということだろう。

「いやー、さすがに正直な気持ちは女には言えないですよ。『本当は嫁を愛してる』『女としての格はお前より嫁の方が遥かに上』『お前とは所詮遊び』『お前とのSEXは好きだけど、お前に愛情は一切ない』とか正直に言ったら殺されますよ。俺は茂雄とは違いますからw」

道男は実際、何度か危ない目にはあっている。とある日本人の愛人を何度も孕ませ、その度に中絶させたあげくに捨てた時には、その愛人の兄に殺されそうになったという。それでも懲りずに道男は次から次に愛人を作る。日本人、フィリピン人、中国人、タイ人。国籍を問わずに愛人を作る道男は今も24歳の日本人の愛人がいるという。

道男は語る。「でも、面白いことがあるのに気づいたんですよ。日本人の女は日本人の嫁には嫉妬するけど、フィリピン人やタイ人の嫁が居てもあまり気にしないんですよ。同様にフィリピン人やタイ人の彼女は同国人の嫁がいるのに敏感ですけど、日本人の嫁がいてもあまり気にしないんですよ。」

道男がフィリピン人の嫁とフィリピン人の愛人が同時に居た時、二人は互いの存在を知った瞬間いてもたってもいられなくなり、その日のうちに直接会って直談判したらしい。タイ人の嫁とタイ人の愛人の間でも同様のことがあったという。どうも同じ国の女と競わされるのは女としてのプライドが許さないものがあるらしい。考えてみれば、男も同じかもしれない。

一方、道男がフィリピン人の女と結婚していた時、道男の家に乗り込んできた日本人の彼女は、いざ相手がフィリピン人だと知ると怒るでもなく、ただ苦笑いをしていたという。

「フィリピン人の嫁が買い揃えたベッドのシーツを見てね。『うわぁ、変な色。やっぱり日本人じゃありえない趣味だぁ』『私が全部ちゃんと買い換えてあげるね』なんて言ってましたよ。嫁が自分の国と違う人間だと現実感が薄くて嫉妬心が湧ききにくいんでしょうね。日本人の男は最後は日本人の女を選ぶと思い込んでるのかもしれないっすね。他の国の女に比べたら自分の方が上だと思ってるところもあるみたいだし。そうそう、そのシーツの上でSEXしたら、その女、なんか意味なく勝ち誇ってましたよw 日本人の嫁がいると知った時は鬱になって落ち込んでたくせにね〜。」

「タイ人の嫁が居た時も、別の日本人の彼女が『今から家に行く。今日はどうしてもあなたの家でSEXしたい』と言ってきたんですが、その時は丁重に断りましたよ。だって、その時は嫁だけじゃなくて嫁の母親も家にいたんでw あっはっはっは。」

笑い飛ばす道男には、やはり元祖鬼畜・茂雄の面影があるのである。

.

2005年当時道男は日本人の女子大生の彼女A子、フィリピン人ホステス高子(仮名)と頻繁にSEXしていたが、毎晩のようにフィリピンパブに遊びに行っていた。

杉並区にある道男の家はフィリピンパブの密集地帯錦糸町から遠い。そこで、道男は錦糸町に住む日本人の元モデルB子に目をつけ彼女と深い関係になった。そして、毎晩寝るためだけにその日本人女B子の家に行っていたのである。フィリピンパブが閉まる2時頃になると道男はB子の家に行き、寝ていたB子を叩き起こし、夜食を作らせ、タバコやホステスの香水で臭くなった服を洗わせた上、フィリピンパブで散々ホステスたちに触らせたり舐めさせた凸を洗いもせずそのまま舐めさせながら寝るのが常だったという。

朝早い仕事についていたB子は、次第に深刻な睡眠不足に陥り体調に深刻な変調をきたすようになっていたが、道男は一切意に介する様子はなかった。健気なB子も道男には何一つ文句もいわずに、いつもむしろ嬉しそうに道男の服を洗い、夜食をつくり、そして道男の臭い凸をなめていたという。

このB子以外にも週末には日本人の女子大生A子、フィリピン人ホステス高子と交互に凸凹していたのが当時の道男であった。もちろん毎回生で中田氏である。毎日毎日中田氏してれば、当たることも多いわけで、それによって大事件がいくつも起きた。二人の女の中絶手術が東京と名古屋で同じ日にあった時、道男は悩んだあげく、どちらもすっぽかしたと言う話を聞いた時には、筆者はあまりに呆れて開いた口が塞がらなかった。

.

なお、生中出しといえば、元祖鬼畜・茂雄にはこんな逸話がある。

ある女は茂雄に惚れていた。彼女はどうしても茂雄の子供が欲しくて排卵日を厳密に計算し妊娠するように凸凹しまくった。数ヶ月後計画通り妊娠した女は茂雄にこう言った。

「貴方が私のことなんて愛してないのは分かってる。でも生まれる子供は貴方の子供じゃなくて私の子供だからね。私は貴方に似た顔の子供を育てるの。」

茂雄はにっこり微笑んで

「もちろんお前だけの子供だよ。だから俺は子供の養育費は一切払わない。しっかり育てろよw」

と優しく答えたそうだ。

.

腹立たしいことにこの茂雄にも道男にも寄ってくる女が未だに絶えないのである。

「クソッ、クソッ、クソッ!道男と茂雄の車のタイヤに千枚通しで穴を開けてパンクさせてやる!」

今日ばかりは寒汰に共感する筆者なのである。

.

.

「臭橋◯至、高橋◯至、臭橋◯至、高◯順至、臭橋順◯、◯橋順至、高橋◯至!臭橋順◯はネットオタクで凄い!」寒汰は今日も、釧路町木場にあるホーマックで千枚通しを買いながら奇っ怪な声をあげていた。

勾践(こうせん)氏(仮名)や周囲の人間はまゆをひそめながら、この狂人を嘲るように見下ろしていた。

.

.
.

寒汰の迷惑行為による被害者一覧

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

大虎の秘密の新メニュー、猫又ラーメンについてはこちらを御覧ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

About plastictakata
暗黒の国フィリピンやパッツン天国タイでばら撒き、自主パト、凸凹するのが趣味の57歳のオサーンです

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。