フィリピンでの正しい食事の仕方

当寒汰物語にもよくコメントをくださっている sarisari さんのブログ「マニラに住むとは思わなかった」はフィリピンの真実が鋭く描かれており、筆者はいつも感心しながら読ませていただいている。

何も知らない男が妄想と勘違いだけで偉そうに知ったかぶりして書いている「魔尼羅盗撮バージン」とは真逆のブログである。

そんな「マニラに住むとは思わなかった」の内容を一部紹介させていただきたい。

.

カメラ片手の徘徊老人だか知らぬが、税金もはらわず道路を利用して50ペソ単位の金(タクシー料金)であわてふためくのは、ダメだと思うな(^-^; お金持ちの振る舞いではない。よくいそうなベテランだが、地球の歩き方以上には何も踏み込めてないね。」

http://blogs.yahoo.co.jp/nekosuki200/archive/2012/01/28

自称年収3千4百万円(実際はたかだか500万円)の寒汰は、タクシー代が50ペソ(約100円)違うだけで大慌てでパニックになる。自称年収3千4百万円なのに、そのけつの穴の小ささはおどろくべきだが、そもそも自分は税金すら払っていないただの買春客のくせに、道路を無料で使っておいてこの態度には恐れ入る。

寒汰より何十倍も年収が少ないフィリピン人たちでさえ、フィリピンに税金を収めているというのに、だ。

そもそも他人に感謝するという人間の根本的な美徳がない寒汰だから、こういう態度をとるのだろうと思われる。

.

(写真と本文は全く関係ありません)

sarisari さんのブログエントリをもう一つ紹介しよう。

「昨日のお支払は炒飯、タンタンメン、飲茶2品でチップ合わせて900ペソぐらい。フィリピン人庶民の3日分の賃金相当。味は本物。客も立派な身なり。腹がふくれるほど食べた。飯ってのはこういう店で食わないとね。自称ベテランのスーパースターは決して選ばないだろう。
あるスーパースターは中華料理ではチップを払わないと豪語してるようだが、チョウキンは中華じゃないから(^-^; ジャンル ゴキブリ料理かな。なんで日本人があそこで飯食うんだろf(^^; チョウキンと日本のスーパーの弁当のゴキブリ同士の比較で物価やチップ云々語られてもさすがベテランはあんなものでも食えるんだなと思うだけ(^-^;
チップは基本会計の10パーセント。あとは気分や懐具合で微調整。やや多めに頼んだり、ドリンクを頼むのも心付け。
チョウキンではチップいらないけどf(^^;」

http://blogs.yahoo.co.jp/nekosuki200/archive/2012/01/28

寒汰はチップを払わないことを誇りに思っているようだが、その思考回路が信じられない。自称年収3千4百万円ある男が月に一度しか来ないフィリピンで、なぜそこまでケチるのか。金を使うのが嫌ならフィリピンに来なければいいのに。航空券代の方がはるかに高いのだが、まっとうな人間の思考は寒汰には通用しないらしい。

さらに、寒汰は貧乏フィリピン人が死なないために食べるクズ飯を「安いからうまい」と大喜びでがっつき、フィリピン料理=チョウキン、日本の高級料理=牛丼と豪語する。死なないために食べるようなクズ飯やチョウキン、牛丼でそれぞれの国の食文化の何がわかるのだろうか。sarisari さんの「ゴキブリ料理」の表現は大変面白くて筆者も気に入っているのだが、あえて一言言わせてもらおう。

絶望的なほどの味覚障害で、腹に入ればなんでもうまいと思う寒汰よりゴキブリの方がまだ味覚がまともだろう。

.

食事というものは、そもそも腹に入れば何でもいいというものではない。食事は舌で楽しみ、鼻で楽しみ、目で楽しみ、そして雰囲気や会話も楽しむものである。それらすべてを総合するのが食文化になっていくのだ。

また、フィリピンのような社会である程度金持ちになれば、何を食べるかが周囲に見られている。金持ちは貧相な食事を食べるわけにはいかない。貧相な食事を食べることが周囲に伝われば、それがトラブルになりかねないからだ。

「何を食べるか」は一つの社会的メッセージになるのである。

そんなことも一切知らず、「腹に入ればなんでもいい」「安ければなんでもいい」と思い込んでいる寒汰には食文化は到底りかいできないだろう。

sarisari さんは本当に筆が鋭く、真実と時に辛辣に描いてくれるので筆者は大好きである。

キチガイ寒汰がの何が間違っているのかをよく理解するためのみならず、フィリピンの真実を理解したい方にも、ぜひおすすめしたいのである。

.

( sarisari さんへの伝言。今回、当寒汰物語でそちらのブログをご紹介しましたので、今後釧路のキチガイから嫌がらせコメントが大量に入ることが予想されます。ご注意ください。また車のタイヤに千枚通しで穴をあけられないよう、こちらもくれぐれもお気をつけ下さい。怪しい臭い気持ち悪い人間が家の周囲をウロウロしていたら、躊躇なく警官に連絡して即座に射殺してもらうことをおすすめします。)

.
.

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

About plastictakata
暗黒の国フィリピンやパッツン天国タイでばら撒き、自主パト、凸凹するのが趣味の57歳のオサーンです

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。