匠の技

匠という名の男がいる。彼は日々、マニラベイカフェに通い寒汰の調査を行なっている。

寒汰が「ゲヒヒヒ、お前、5千ペソでどうだ?」とオファーしても必死で断る売春婦も、この匠には「千ペソでいいから生で中田氏して!」とせがむ。そして、いったん匠になついたポクポクたちは匠から離れようとしない。手切れ金を渡しても匠からは離れて行かないのである。

念の為に言っておくが、匠は茂雄のような若いイケメンではない。男臭さのただよう「いい男」ではあるが、もう中年である。それでも、売春婦たちが生で中田氏をせがんでくるのである。

(茂雄の悪魔のような所業についてはこちらのエントリをご参照いただきたい。女にモテる秘訣 I  )

生で中田氏したくてしたくて仕方ないのに、誰も生で中田氏させれくれない寒汰が知ったら真っ赤な顔をして怒鳴り散らしながら怒りそうである。いや、寒汰はすでに知っているから匠のブログを荒らしたり、匠の店に嫌がらせをしているのかもしれない。

マニラベイカフェにいるポクポクもウェイトレスたちも、なぜ匠の生中出しを喜ぶのか? その理由はただ一つ、匠の技にあるのである。匠は経産婦殺しと呼ばれる巨根をもっているが、その巨根よりもその巨根を見事に使いこなす技が匠の匠たる所以なのである。

寒汰の架空潮吹きと違い、匠は巨根だけで本当に潮を吹かせることができる。その匠の技の一端とエピソードを紹介したい。

.

Â

ある日、匠の家にマニラ・ベイカフェのポクポク4人がやってきた。ポクポク4人は言った。「泊めてくれたらただでやってもいいわよ」

匠はまず、そのうちの一人と凸凹した。次に二人目としようとしたら2000ペソだと言われた。そこで仕方なく最初の一人と2回目をした。

これで無料のはずだが、約束が守られないのがフィリピンの素晴らしいところである。結局匠は一人500ペソを請求された。

ただ、凸凹した女まで500ペソ請求するのはおかしいと匠は憤った。

「お前は4回逝ったけど俺は一度しか逝っていないだろ!」と匠は主張すると女は4回逝ったのを認め500ペソの請求を取り下げた

持つべきものは匠の技である。

一般の男は凸凹すればするほど金がかかるが、匠の場合は、凸凹すればするほど金が浮くのである。

現在、彼の悩みはコンドの場所を知られてしまい、女がムラムラするといきなり来てしまうことである。

特に匠の技を覚えてしまったマニラベイカフェの J は毎晩のように匠のコンドを訪れていた。

 匠が相手をしなくなると、Jはシャブをとりあげられたシャブ中のように狂い、Facebook で匠のガールフレンドの Wall にキチガイじみたコメントを書き始めたのは知る人ぞ知る逸話である。

J はよく言っていた。「だって匠のSEXはめっちゃ気持ちいいんだもん」

マニラベイカフェの売春婦にさえ裸足で逃げ出される寒汰が聞いたら「そんな話が本当にあるわけがない」と怒鳴り散らしながら怒りそうである。

なお匠が数カ月前、引越しをしたのはJやその他の女が毎晩きてうざいから、というのは公然の秘密である。

.

筆者が匠氏から教えてもらった技を一つ紹介しよう。正常位で行うとき、女の腰の下に枕を1つ下2つほど入れ、脚を伸ばして開脚させ、その足首をもったまま動かすのである。

動かすときには凸のカリがGスポットをこすることを意識するように動かす。

筆者も匠氏に教わってから嫁で試してみたが、たしかにこれは反応が違う。嫁も大喜びである。

残念ながら匠氏のように凸だけで潮吹きさせるまでに至ってはないが、大洪水になるのは確かである。

読者の方もご興味があれば試してみるといい。最初は動きがいまいちわからないが、だんだんカリであそこをひっかく感じがわかってくるはずである。

なお、生身の女からはことごとく嫌われ、裸足で逃げ出される寒汰は匠の技を試す前に生まれ変わるほうが先決だと思える。

ともあれ、匠の技のお陰で筆者の家庭も平和が保たれている。匠氏には様々な面でお世話になっている筆者であるが、この匠の技を伝授いただいたことには特に深く感謝したいと思う。

.
.

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関してはを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ  にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
.

.

About plastictakata
暗黒の国フィリピンやパッツン天国タイでばら撒き、自主パト、凸凹するのが趣味の57歳のオサーンです

2 Responses to 匠の技

  1. GAGA says:

    肝っ玉の太い匠さんですが、J○○○yって言葉を聞くとうろたえていたのはそういう理由があったんですねw

    以前、匠さんと飲みました。赤井翔さんが送ってくれるというので車に乗り込むとポクポクまで乗り込んできました。ポクポクは2人だったんで赤井さんが寝たきり技でもするのかなと思っていたのですが、2人のポクポクは匠さんのコンド前で降りてしまいました。

    後日、匠さんはあれは赤井翔によるセットアップだったと主張していましたが、周囲の人間は「自分の撒いた種」だと聞く耳を持たなかったのは公然の秘密ですw

    • ポクポクでさえ虜にしてしまう経産婦殺しの凸と熟練の匠の技、うらやましいこと限りないです。
      しかし、ブログに書いてしまいましたから、釧路のキチガイは今頃「ありえない話だ。クソッ、クソッ、クソッ!」と怒り狂ってるかもしれませんね。
      匠さんには車のタイヤに穴をあけられないよう、注意するよう伝えておきますww

      匠さんと赤井さんは互いにプチセットアップをかけあっていて仲がいいですねw

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。