不法侵入の男 (リフィルカードとタクシー)

寒汰は自称フィリピンベテランである。フィリピンのことならなんでも知り尽くしているのである。

伊達に10年間毎月買春のためだけにフィリピンに通っていないのだ。

本エントリでは、そんな寒汰の自称フィリピンに相応しい行動をご紹介しよう。

.

自称フィリピンベテランは糞暑いマニラでいつも大きな黒いカバンを持って歩く。中に入っているのはもちろん大大大好きな盗撮用カメラである。「マニラでは旅なれたベテランは荷物を持つべきではない!」と繰り返し語っている自称フィリピンベテランだが、言ってることとやっていることが全然違うのはいつものことである。

自称フィリピンベテランは正義の味方でスーパースターである。だから何をやってもいいのである。盗難も営業妨害も不法侵入も、普通の人間がやれば犯罪だが、自称フィリピンベテランは特別な人間だから犯罪にはならないのである。

知らない店のシャッターが半開きになっていれば、そこに勝手に入り込んで中を物色するのも、他の人間がやれば不法侵入で警察を呼ばれても仕方無いが、自称フィリピンベテランがやるのは正義の行為だから問題ないのである。

店主に発見されて怒られても、タガログ語も英語も一切わからないので問題なしである。いざとなれば隣のエダモトに駆け込めばマグロ子おばちゃん(仮称)がかばってくれるはずである。

そもそも、そのエダモトも自称フィリピンベテランが大きくしてやったようなものである。

自称フィリピンベテランは壊れたウォッシュレットを日本から持ってきて恩着せがましく売りつけたり、とんでもない迷惑客を紹介したり、自分自身大騒動を起こしてアトリウムホテルを出入り禁止になっているが、それも正義の行為だから迷惑をかけたわけではないのである。むしろエダモトに大貢献しているのだ。

エダモトのものは俺のものなのである。だからエダモトの隣の店(現在はエダモトの店舗になっている)も自称フィリピンベテランのものも同然なのだ。

(写真と本文は全く関係ありません)

(写真と本文は全く関係ありません)

なお、この二枚の写真は、自称フィリピンベテランとは一切関係がない。異常に臭そうだし、頭に気持ち悪いとぐろが巻いている気持ち悪い男が侵入を試みている店の隣はパサイの有名日本料理屋エダモト(仮称)だが、この写真は自称フィリピンベテランの寒汰とは一切関係がない

.

自称フィリピンベテランの寒汰は2011年7月11日、マラテの某セブンイレブンで怒鳴り散らしていた。

本人は英語を話しているつもりだが、あまりに酷いカタカナ発音なのと、文法がめちゃくちゃすぎて、店員には一切伝わっていない。あまりの騒ぎように周囲の客たちは何事かと寒汰を見たが、あまりに気持ち悪いので、そこにたまたま居合わせた日本人の誰もが寒汰のことを助けようとはしなかった。

どうやら、寒汰は携帯電話の Call Card を買ったのだが、そのロードの仕方すらわからなかったらしい。

自称フィリピンベテランなのに Call Card の使い方すらわからないのは情けないが、そこには自称フィリピンベテランらしい深い事情があるのだろう。

言葉が全く通じないのを店員のせいにしてぷんぷん怒りながらセブンイレブンを出ていった寒汰は今度はホテルに戻った。

そして、ホテルのフロントで「いんぽーたんと、いんぽーたんと」と怒鳴りちらし始めた。

Call Card の使い方がわからないので、ホテルの電話を無料で使おうとしたのだ。

“Can I use the phone? I have to make an urgent call.” くらい、中学を卒業した人間なら誰でも言えると思うのだが、自称フィリピンベテランの寒汰は凄まじいカタカナ発音で「いんぽーたんと、いんぽーたんと」としかいえないのだ。

この場合、一番重要な単語は phone あるいは call だろう。しかし、寒汰は一番肝心なその単語をいわずに形容詞だけ言う。

形容詞があっても、肝心の名詞が抜けているのは自称フィリピンベテランの日本語と同じである。

言語以前の根本的なコミュニケーション能力が欠如している自称フィリピンベテランの文章にはいつも一番重要な単語がぬけているのだ。

この寒汰の異常な騒ぎようには、先程セブンイレブンで寒汰をみかけた日本人客もあきれ果てた。

この日本人客は後で、これが例の寒汰だとわかって「あれならフィリピン人にも日本人にも嫌われるのは当たり前だね」と仕切りに納得していたのである。

なお、この日本人客によれば、ホテルのレセプショニストも寒汰のことを

もう二度と来てもらいたくない嫌な客」と言っているそうである。

仮にも客商売をしているホテルの人間にそこまで言われるのはある才能があるのかもしれない。それが自称フィリピンベテランとしての売りなのであろうか。

.

「いんぽーたんと」な電話が終わった寒汰は今度はタクシーに乗ってどこかに出かけようとしたが、これが路上の人たちの失笑を買った。

寒汰は英語もタガログ語も一切できないので、行き先を身振り手振りだけで伝えるのだ。この身振り手振りが凄まじく大きく、路上の人からもはっきり見える。路上を歩いている子供たちは腹を抱えたり、指をさしてタクシーの中で必死で身振り手振りしている寒汰を嘲笑い始める始末である。

そもそも、EDSA をエッサ、EDSEN をエッセン、Shuttle をシュッテル、breakfast set をモーニングと言っているようでは行き先すら伝えられなくても仕方がない。

10年間毎月フィリピンに通っている自称フィリピンベテランが、なぜジープが好きかといえば、ジープは目的地を運転手に伝えなくてもいいからである。また目的地と全く違うところで降りても恥をかかないからである。

寒汰が未だにマニラの土地勘が全くないことは最近のエントリでも明らかになっている。

.

自称フィリピンベテランなのに、凄まじいばかりの能力の低さを露呈する寒汰だが、寒汰の酷い発音に対してTOSHIYAさんがこうこぼしていた。

「わしは正しい発音を教えてやってるのに、寒汰のオッサンが一々全部誤解してるだけやで。

ワシが間違ってるみたいで恥かくから止めてほしいわ。

あのオッサンはな、一を聞いて十を勘違いするんや。

言ってることは片っ端から勘違いやで。

ほんまお笑い種やであの寒汰のおっさん。ガッハッハッハッハ」

そんな暖かい言葉に励まされて、自称フィリピンベテランは今日もオナニー旅行に励むのである。

.

.
.

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

.

にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ  にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

.

.

About plastictakata
暗黒の国フィリピンやパッツン天国タイでばら撒き、自主パト、凸凹するのが趣味の57歳のオサーンです

2 Responses to 不法侵入の男 (リフィルカードとタクシー)

  1. 真中足長親父 says:

    電話借りるならてれほーんとか言いそうな物ですが、何故いんぽーたんとなんでしょうか。

    ひょっとして中学時代にインポ(インポテンス)の用語を先に覚えてそれだけが頭に残っていたとか考えられませんか?僕が通った中学のクラスで、出来の悪いスケベな奴が、英語の女教師の発音するimportantにヘラヘラと笑って興奮していたのを覚えています。そいつはそのスペルだけしっかりと書けました。

    • 寒汰は日本語でも、一番肝心な単語を省略する癖がありますから、英語でもそうなのでしょう。
      自分勝手な「エレナさんのお嬢さん」言語なんですよ。
      話の聞き手のことを一切考えない自分勝手な一方的な言葉だから他人とうまくコミュニケーションできるわけもないですね。
      まあ、「いんぽーたんと」だけで寒汰が何をしたいかわかったホテルのレセプショニストはえらいですね。

      真中足長親父さんが指摘されるように、寒汰の脳内のエロ志向が強すぎて「インポテンツ」を意識しすぎていたという理由ももちろんありそうではありますがw

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。