A gogo bar (ゴーゴーバー)の名前の由来

ゴーゴーバー (A gogo)が何語のどういう単語に由来するか、ご存知の方はいらっしゃるだろうか? 皆さんは、以下の3つのどれが答えだと思われるだろか?

  1. 女の子を連れだしてホテルに一緒に行く(英語の go)、それも何回も行くからgo+goでgogoだ。どうだ?俺は物知りだろう?ゲヒヒヒ。
  2. 英語の go なら二回繰り返すのも何か変だし、A が頭につくのもおかしい。英語ではないと思うが何語かわからない。
  3. A gogo は「大量の」という意味を表すフランス語 à gogo に由来する英語。ダンスや音楽のスタイルを表すのがバーのスタイルの意味にも広がった。
1. を選んだ方は死んだほうがいいかもしれない。寒汰並の知ったかぶりだからである。とんでもない知ったかぶりぶりでは、寒汰のように女の子から蛇蝎のように嫌われるのが落ちである。
2. を選んだ方は非常に正直である。筆者も最初はこの 2. であった、gogo が「行く行く」なのだとしたら、A がつく意味がわからない。単純に「行く行く」ではなさそうだと思っていた。
3. を選んだ方は非常に博識である。1.を選んだ自称知恵オタクと違って本当に博識である。仮にもフランス語を学んだ筆者も à gogo という熟語は知らなかった。

ところで、若いころ気ままに南仏、イタリアを旅してまわった(自称)はずの寒汰は、自称国際人、自称語学の達人のはずであるが、Moulin Rouge も読めないほど一切フランス語できなかった。

Shuttle (シャトル)をシュッテルと読む寒汰は Moulin Rouge もモウリンロウゲとでも読んでいそうである。

そもそも、パスポートも持っていない人間が南仏、イタリアを気ままに旅行してたということ自体、どう考えても嘘っぱちとしか思えないのだが、寒汰の語学能力、コミュニケーション能力は残酷なまでに、その話が嘘であることを物語っていた。
なお、せっかくなのでゴーゴーバーとは何か、Pブルゴスのバーを題材に hatoya さんがよいコメントをくださったのでご紹介したい。

>フランス語ですし

寒汰は `ゴーゴーも`元フランス語だと知らないでしょう。
パタヤビーチに行けばまだ原型を
表示した店名のバーがある筈です。

>Pブルゴスは値段あがってますね。BFのみで3900ですか。

多分この店(JOOLS BAR)だけ 高額なのかも知れません。

経済が順調なフィリピンは インフレ進んでどこでも料金値上げですね。

エドコンも一昨年から1600になりました。

店内でLDも奢ったことなさそうな寒汰は理解できないでしようけど。

異常なまでのドケチ、臭ケチ病に罹患している寒汰はLDなどおごってはいけないものだと考えていた。他人を楽しませ、自分も楽しむことが寒汰には一切理解できないのだ。

>2006年くらいはせいぜい3000くらいだった気がしますね。

そうです、大半を占めるDimples系列、
Shapoo Bar系列もBFは 3000ペソでした。
しかし Flamngoは 1500前後だったと思います。
同時期 セブ市のBF制度のバーは
500,600、650でした。

>寒汰がPブルゴスに殆ど来ないのは、この値段もあるのでしょうが、
>交渉ができないからでしょうね。

一例だけ某T氏のように
バーファインの意味知らず
料金交渉せずに連れ出したのは観察しました。

自ら売り込む子もいますし、
他じゃとても無理そうなビヤ樽おじちゃん
でも連れ出しできてることで推定すると
意外に 寒汰でも 連れ出しだけはできそうです。

筆者が知るかぎり、寒汰は Pブルゴスでは連れだしをしたことがない。いや、EDSAコンプレックスでも、アンヘレスでも寒汰が連れだしをした話は実は聞いたことがない。ことごとく女の子に嫌われ、毎回「生理」「私バージン」と嘘をつかれるので、さすがの寒汰もゴーゴーバーには寄り付かなくなり、置屋とLAカフェだけに通うようになったと筆者は昔に TOSHIYAさんから聞いたことがある。

 でも バーファインの意味知らない寒汰は
某T氏みたいに トラブル起こして
怖いオニーサン呼ばれるでしょう。

>私はPブルゴスで無料で何回か凸凹したことありますが、寒汰には無理でしょうね〜。

plastictakatさん位でしょう。
僕もこのエリアだけは タダマン旅行の体験ないです。

 仮に寒汰が連れ出せたなら 請求される料金は
僕の3倍以上かな?それも 一回だけのフェラ無しゴム姦で。

寒汰の場合、1万ペソ以上要求されてもおかしくないだろう。なお、寒汰を知る売春婦は「あいつだけは絶対に嫌。何万ペソ出されても嫌。金の問題じゃない」と証言する。女性から蛇蝎のように嫌われる寒汰は行く行くバーでも凸凹への道はけわしそうである。

>そもそも Pブルゴスにたどり着くこと自体、寒汰には難関なようですしw

料金は高いけど 某氏に手数料払っても
Shapoo Bar系列店は 行くべきですね。
当たりの時期なら 大半がA級の子になったり
(ほぼ3ヶ月で 8割は換わる)
時折 とんでもない美形のロリちゃんが
入店したりしてます。

寒汰でも1000ペソ札を10枚
テーブルに広げれば 連れ出せるかも?

10分もたたずに1000ペソを全部盗まれて、泣く泣くバーから出てくる寒汰の姿が想像できるようである。

.

.

「臭橋◯至、高橋◯至、臭橋◯至、高◯順至、臭橋順◯、◯橋順至、高橋◯至!臭橋順◯はネットオタクで凄い!」寒汰は今日も、釧路町木場にあるホーマックで千枚通しを買いながら奇っ怪な声をあげていた。

勾践(こうせん)氏(仮名)や周囲の人間はまゆをひそめながら、この狂人を嘲るように見下ろしていた。

.

.
.

寒汰の迷惑行為による被害者一覧

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

About plastictakata
暗黒の国フィリピンやパッツン天国タイでばら撒き、自主パト、凸凹するのが趣味の57歳のオサーンです

14 Responses to A gogo bar (ゴーゴーバー)の名前の由来

  1. けんと says:

    一応、36歳なんですがGoGoというのは、日本でもはやった(って、今でもやることがありますが)モンキーダンスの頃(70年代前半?)のころのダンスクラブがそういう言われ方をしていた記憶が妙に残っていたので、ダンスをする場所をそういうのかと思ってました。
    今でいうクラブ、80年代のディスコみたいな。
    その後の目的はありえど、そういうアトラクション(?)から始まるのがそういう名称なんじゃない華名という感じですか。
    どうも、GoGoっていうとそんなダンスが頭に浮かんでしまいますw。

    • 芋洗坂係長 says:

      そうそう、僕もゴーゴー(いまのディスコ/クラブ)が語源だと思ってました。
      少なくとも1はありえないけどwww

      • ゴーゴーダンスは60年代のアメリカで始まり(米製仏語が語源)、日本にも輸入されて大流行しましたね。
        だから元をただせばゴーゴーバーと一緒ですよ。

    • ゴーゴーダンスはアメリカからの輸入ですね。
      ダンスクラブもゴーゴーと呼んだかどうかはわかりませんが。

  2. GAGA says:

    ゴーゴーバーの原型でしょうか?

  3. ひめん says:

    A gogoがフランス語由来だとは知りませんでした。勉強になりました。

  4. ひめん says:

    A gogo→gogo→ゴーゴーダンス、だから英語という感じで勝手に理解してました(笑)。

    • 米製仏語なので、英語といっても間違いじゃないですけど、「行く」の go とは明らかに違いますね。
      60年代のゴーゴーダンスも現在のタイやフィリピンのゴーゴーバーもどちらも由来は同じですね。

  5. ひめん says:

    語源はともかく、そこそこのおっさんだったら「ゴーゴー」と聞いたら普通は踊りを連想するもんだと思ってました。「女の子を連れだしてホテルに一緒に行く(英語の go)、それも何回も行くからgo+goでgogoだ」という斜め上っぷりには恐れ入りました。私もそれほど英語は得意ではないですが、少なくとも英語話者の発想ではないですよね。ほとんどダジャレ。

    • そうか、普通の日本人だとゴーゴーというと60年代? に流行ったゴーゴーダンスを思い浮かべるんですね。
      まあ、そのゴーゴーとゴーゴーバーの言葉は同じ由来だってことです。

      >「それも何回も行くからgo+goでgogoだ」

      この斜め上な勘違いぶりがさすがのフィリピンベテランというところでしょうかww

      • 芋洗坂係長 says:

        はい、そのとおりです。
        「あしたのジョー」や「巨人の星」にゴーゴーが出てきましたからw

      • へー、あしたのジョーや巨人の星にもゴーゴーが出てたんですね。それは気づきませんでした!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。