ネットオタクの英雄

今から遡ること数ヶ月前、マニラはマラテの日本料理店、大虎で寒汰は叫んでいた。

「俺はネットオタクなんじゃよ。高◯順至は、ネットの天才なんじゃよ」

寒汰はネットの天才どころか、IPアドレスとドメイン名の区別さえついていなかった。また、コンピュータのアーキテクチャもネットの仕組みも全く理解していなかった。

(寒汰のネット音痴ぶりについては、フィリピンサイト「あ・魔尼羅(マニラ)」(仮称) の崩壊 I 及び

フィリピンサイト「あ・魔尼羅(マニラ)」(仮称) の崩壊 II を参照いただきたい。)

「FC2が俺のPCの中身を覗きに来ている!だからPCが遅いんだ!」と、わけのわからないことを口走る(詳細は「PCの達人」を参照されたい。)ほどなのだ。

寒汰が知っていることといえば、ゴールド氏(仮名)にお情けで教えてもらったネットの荒らし方が関の山だった。

荒らし方は覚えたが、コンピュータの知識そのものはゼロに等しい寒汰はざ・まにら、「パライソ」(仮名)双方の掲示板をさんざん荒らしまわるようになっていた。

しかし、コンピュータの知識がゼロに等しい寒汰は寒汰はお粗末にも自分のドメイン名(IPアドレスと寒汰が呼称しているがIPアドレスではなくて、ドメイン名の間違い)をしっかり残していた。

当時の記録を公開しよう。

  • ざ・マニラでの荒らしが残したドメイン名: 48.82.229.210.airh.alpha-net.ne.jp
  • 「パライソ」での荒らし書き込みで残されたドメイン名: 48.82.229.210.airh.alpha-net.ne.jp
  • 寒汰が自分の名前で書き込んだ際のドメイン名: 48.82.229.210.airh.alpha-net.ne.jp

この三つが一致するということは、ざマニラ、「パライソ」の両方のサイトを荒らしていたのは寒汰という動かぬ証拠である。

ここまではっきりした証拠を付きつけられた寒汰は焦りに焦った。パニックになったと言ってもいいだろう。頭が破裂しそうになった寒汰は、2005年6月29日に「[ ざ・マニラ ]で、今何がおきているのか?ー6・27アラシの真相」と題したブログエントリで支離滅裂なことを書いている。

寒汰が焦りまくっていることだけは伝わってくるのだが、あまりに長文で意味不明なので、引用は最後の部分だけにさせていただく。

「パライソ」会員板でアラシ特定情報募集の書込みに、「あ・魔尼羅画像板にも同じようなのが書かれている」ことを、早速[ 48.82.229.210.airh.alpha-net.ne.jp ] のIPアドレスを含めて連絡。IPアドレスからアラシの特定作業が進められました。

「でも、airh[エアーH 現在はWILLCOM] alpha-net.ne.jp[アルファー総合研究所(株)]
MACと来ると、これはまるで俺だね」と友人と話ながらも、そのIPからは残念ながら特定はすすまなかったのです。

(解説)

荒らし行為を行なっているのは寒汰であるとの指摘があった。その理由として荒らしが使用したドメイン名があげられていた。また、ドメイン名だけでなくマシンが Mac であることも明らかになった。

「寒汰がやったという動かぬ証拠だ」

と、ざ・マニラメンバーが口にし始めた。寒汰はドメイン名の末尾についている数字の意味がわからなかったので(実はこれがIPアドレス)、それをなんとかけむにまく材料につかえないかと数時間、考えまくった。(けむにまく材料になるはずもないのだが、ネットワークが一切分からない寒汰(さむた)は自分が理解できない何かにすがりたかったようである。)

数時間後、CGIに詳しい方から連絡が入ります。「CGIによってはIPは、逆に表示することもできるよ。」というもの [210.229.82.48]で調べると、アルファーネットが表示されたのです。

(解説)

数時間後、数字がIPアドレスを逆に並べたものなのだとわかったようだが、IPアドレスからドメイン名を出しても結局上記のドメイン名が出てくるだけであった。(当たり前のことなのだが、寒汰はそれを理解するのに数時間を費やした。)

「ざマニラ画像板」は、公開されること無く、その後「ざマニラBBS」上でアラシのSA◯TAに類する表記が踊ります。
「なんで俺がアラシなの?」と首をひねりました。

(解説)

もはや誰の目にも荒らしを行ったのは明らかで、寒汰はざ・マニラ画像掲示板へのアクセスは禁止された。そしてざマニラBBSでは、寒汰(SA◯TA)に対する徹底的な糾弾が始まり、寒汰はさらに焦った。

のちに先ほどの「ざマニラ画像板」をダウンしたものをよく観ると、6月4日に私が投稿した「ざマニラ鬼山様へのお願い。」の記事。そこにはあの[ 48.82.229.210.airh.alpha-net.ne.jp ] が表示されていたのです。

(解説)

寒汰はようやく、自分の名前で書きこんだ時のドメイン名と、荒らし行為に使用した時のドメイン名が完全に一致していたことに気づいた。

自分のIPなど滅多にお目にかかることが無く、これが私のIPなのだと実感。
そうすると偶然IPが同じであることは?の疑問が出てきます。

(解説)

正確にはIPアドレスではなくて、ドメイン名なのだが、寒汰はようやくもう言い逃れすることの出来ない明白な証拠が掴まれているのに気づいた。

そこで先ほどの、アルファーネット総合研究所に連絡。技術スッタフに電話をし質問するも、「そんなことはありえません。4つの複数の数字の組み合わせが同じ確率なんて……確率以前の情報セキュリティーの関係上ありえないことです」の返答。

寒汰はドメインを所有しているアルファーネット総合研究所に連絡した。「IPアドレス(ドメイン名)が偶然一致することはないのか」、と一縷の望みをかけて聞いた寒たであったが、答えは「確率的にありえない」というものだった。当然である。全くの別人のIPアドレスが偶然一致することはまずない。

頭を抱えてしまいました

(解説)

言い訳できないことに気づいた寒汰は頭を抱えてしまった。

時がくれば明らかにしましょう。

(※ 寒汰が困窮した時の定番の言い逃れの文句)

以下追記して行きます。が、この問題について新たな表題で書込むことは終了します。

(※ 都合が悪くなると一方的に話題を中止するのも寒汰の特徴)

この問題については「あ・魔尼羅」の数ヶ月前からの資料の編集をもって終了します。今後は、MANILAの散策記事を新たな気持ちでUPして行きます。

(※ 都合が悪くなると一方的に話題を中止するのも寒汰の特徴)

今回のアラシ解析に各社・各サイト・関係技術者の皆様に、ご協力とご尽力をいただいたこと、心よりお礼申し上げますとともに、今後ともご発展ご活躍いただけますよう、ご祈念申し上げます。

今日は、疲れましたのでこのへんで   

要はわけのわからないことを長々と書いてけむに巻きたいようである。

興味のある方は「[ ざ・マニラ ]で、今何がおきているのか?ー6・27アラシの真相」でググっていただきたい。寒汰の意味不明の弁解文が見つかるだろう。

寒汰はこの後「IPアドレスが書きかえられた!」とさらに苦しい言い訳をしているが、これまたあり得ないことである。

寒汰が荒らしに使用したドメイン名はざ・マニラ、パライソ(仮称)の両方に残っているのである。ドメイン名が一致するには、両方の管理者の書き換えが必要。

当時激しく対立していた両サイトの管理者がドメイン名の書き換えだけ、協力して行うことはありえない。

言い訳すればするほど、無知と自分の犯行を自白してしまう寒汰なのである。

(写真と本文は全く関係ありません)

そんな寒汰(さむた)だが、自分の妄想世界の中ではコンピュータの知識の天才(実際はメモリとハードディスクの区別もついていない)、ネット知識の天才だと思い込んでいた。

.

再び大虎に舞台は戻る。

「臭橋◯至、高橋◯至、臭橋◯至、高◯順至、臭橋順◯、◯橋順至、高橋◯至、臭橋順◯はネットオタクで凄い!」

選挙の候補者が選挙前日にがなりたてるように、寒汰は狂ったように自分の名前を連呼していた。

自分がすごいと自分自身に言い聞かせているのであろうか。いずれにせよ、異常な光景だった。

TOSHIYAさん初め、大虎の常連客は皆、寒汰の異常な言動にドン引きしていた。

「俺は魚博士なんじゃよ。魚のことならなんでもわかるんじゃよ。俺は凄いんじゃよ。俺は偉いんじゃよ。」

「臭橋◯至、高橋◯至、臭橋◯至、高◯順至、臭橋順◯、◯橋順至、高橋◯至、臭橋順◯は凄い!」

また寒汰は名前をひたすら大声で連呼した。周囲の人間には、あまりの異様さに一気に酔いが覚めはじめた。

なお、魚に関して言えば、寒汰は小学生並みの知識しかなかった。そもそも魚の分類が、種、属、科、目にわかれることすら知らないのだ。

また、フィリピンに9年間通っているのに、フィリピンの魚はラプラプしか知らなかった。フィリピンで取れる魚は全部ラプラプと呼ぶと思い込んでいたのだ。

さらに、釧路に住んでいるのに、サンマの旬がいつかすら知らなかった。

メカジキ(身はかなり白い)を見て、マグロ(ご存知のように身は真っ赤)だと思い込むほどなのだ。(詳細は「Ph.D. を超えた男」を参照いただきたい。)

そんな男だが、自称魚の達人だった。ただし、魚談義になると、自分のボロが出るのを恐れて、そそくさと脱走するのが常であった。

.

「俺には怖いものなんて何もないんじゃよ。なんと言っても、俺の親友はボクサーとプロの格闘家なんじゃよ。何があってもあいつらが俺を全力で守るんじゃよ。俺は凄いんじゃよ。おい!誰でもいつでも俺にかかってこいってんだ!ゲヒーー!」

「臭橋◯至、高橋◯至、臭橋◯至、高◯順至、臭橋順◯、◯橋順至、高橋◯至、臭橋順◯は凄い!」

また何十回となく名前を連呼していた。

(赤井さんのイメージ画像)

寒汰の異常な騒ぎようを見て、店の外に居た赤井さんが外から寒汰を睨みつけた。すると寒汰は「ひいっ」と、すごすごと店の奥の方に退き、身を縮めてブルブル震えた。

「誰でもかかってこい」と言った後わずか数秒後にみせた、この寒汰の意気地なさには店内にいた全員がどっと笑った。そして皆が寒汰を指さして笑い続けた。

.

なお、学生時代のボクサー、TOSHIYAさん はこの後、寒汰が店から出ていった後、こう語っていた。

「あんなキチガイ、守るわけありますかいな!なんかあったらキチガイの寒汰のおっさんを後ろから殴りたおして警察につきだしてやりますわ。プロペラキッド(仮名)も同じ事考えてますやろ。寒汰のおっさんみたいなキチガイ、おらん方が世のためでっからな。がっはっはっはっは!」

行く先々で人々に指をさして嘲笑われているのにもかかかわらず、今日も寒汰は自称ネットの達人、魚の達人、喧嘩の達人と自称して、自分の名前を連呼しているのである。

.

.
.

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

.

にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ  にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

.

.

About plastictakata
暗黒の国フィリピンやパッツン天国タイでばら撒き、自主パト、凸凹するのが趣味の57歳のオサーンです

14 Responses to ネットオタクの英雄

  1. joe says:

    当時、私も「あ・魔尼羅(マニラ)」の会員でしたが寒汰の書き込みは一人だけ空気感が違っていましたね。誰でも知ってる事を分かり難い文章で偉そうに書き綴っていました。(当時から自慰行為)

    あの心地悪さは寒汰のホームレス全裸少年(?)の写真を見たときの様な何とも言えない嫌な気持ちと同様でした!

    • 私もパライソ(仮名)に入ったばかりの頃、変な人に一度絡まれた記憶があるんですよ。
      英語の話を皆でしていたら「◯◯さん(他のメンバーのこと)は、昔アメリカに住んでたんだよ!どうだ!俺の英語力に参ったか!ゲヒヒヒ」というような意味不明な内容でした。
      ◯◯さんがアメリカに住んでいたことと、その変な人間が英語ができることが何の関係があるのか未だに理解できません。

      まあ、ナインウーマン氏がスペインに新婚旅行に行ったと聞いたら「俺が若い頃はヨーロッパを気ままに旅して回ったんだ」と妄想するのと同じですかね。

      ともあれ、当時はパライソ(仮名)に入ったばかりだったのでよく分からなかったのですが、誰もその意味不明な発言の人間とは一切かかわってないようでした。何より◯◯さんは、その人間が出てくるとパタリと発言をやめました。

      あまりちゃんと覚えてないのが残念なのですが、あれが寒汰だった気がします。

      ホームレス全裸少年の写真はえぐいですよね。
      これを撮って公開する人間の異常な静止状態を表していますね。
      まあ、別荘で心ゆくまで反省してもらいましょうw

  2. hatoya says:

    寒汰>MACと来ると、これはまるで俺だね」と
    寒汰>友人と話ながらも、そのIPからは残念ながら特定はすすまなかったのです。

    寒汰、MAC addressのこと知らないんだ。
    漢字トークやウォンドウズ9X時代に
    LANのセットアップする度 必要だったし
    今でも LANでのインターネット接続では 意識しないでも使われているのに・・・

    MAC address
    http://en.wikipedia.org/wiki/MAC_address#Address_details

    寒汰>自分のIPなど滅多にお目にかかることが無く、これが私のIPなのだと実感。

    そんなもん いつでも確認できるのよ!
    マックメニューから でもできるけど 寒汰はこれかな?

    ほれ、自分の確認しな!

      確認くん(串の有効性の確認にも重宝)
    http://www.ugtop.com/spill.shtml

    Mac OS XのMACアドレス/IPアドレスの調べ方
    http://www2.e.u-tokyo.ac.jp/croom/ipaddr/macaddr-macosx.html

    寒汰>そうすると偶然IPが同じであることは?の疑問が出てきます。

     それ自分自身が ` 踏み台`使わずアラシやってたから。
    既に あんたののパソコンはワームで乗っ取られ 踏み台にされているかも?

     日本のドメインが弾かれるUSAのポルノサイトに行く時
    多分誰でも 毎時間 最速の串調べては  *US串さしてた筈。

    >この三つが一致するということは

     寒汰が ほぼ一日中 パソコンの前で
    オナニーしながら
    ネットに接続してアラしてた証拠。
    DHCPサーバ、動的割り当てでのIPアドレスの専有。

    *US
    ISO-3166準拠の2文字カントリーコードで アメリカ合衆国。
    ドメイン名がアメリカでも サーバーが国内だと弾かれるので
    ここで 確認。
    http://www.nic.us
    寒汰のブログに書き込む時も Anonymousで使える。

    • 以前も少し話題に出たのですが、寒汰にはMACアドレスはわからないでしょうね。
      MACとバカの大文字使いで書くと、MACアドレスに見えて仕方ないんですが、寒汰には永遠に理解できないでしょう。
      MacBook の届け先ぐらいに思ってるかもしれません。

      IPアドレスどころか、HTTPヘッダ全部拾えることすら寒汰は知らないんでしょうね。
      串を食べ物だと思ってるかもしれませんw

      Mac OS X でのIPアドレス、MACアドレスの調べ方ですが、寒汰のようなド素人は GUI を使いますが、我々はやはりターミナルで ifconfig -a でしょうね。これなら2秒で調べられますから。
      でも、寒汰にはなんのことか分からないでしょうw

      IPアドレスが偶然一致することは普通はないですが、ウイルスを大量に飼って踏み台にされている寒汰ならありうるかもしれませんね。
      ま、ざマニラの荒らしは寒汰で間違いないですけどw

      >  寒汰が ほぼ一日中 パソコンの前で
      > オナニーしながら
      > ネットに接続してアラしてた証拠。

      確かに。これは気づかなかったです。常時接続がまだそれほど当たり前ではなかった時代に3つが一致するというのはよほど長時間つなぎっぱなしで荒らしてたんでしょうね。

      今も昔もシティガーデン206号室に閉じこもってオナニーしながらネット荒らしするだけの毎日。
      進歩が一切ない寒汰ですw

  3. くりっくり says:

    寒汰の汚さと姑息さとアホさが露呈された良い記事ですね?

    きっとあの毒林檎事件も寒汰の仕業なのでしょう。

    • 毒林檎事件は、寒汰が「俺、正義の味方!ゲヒヒヒ」と勘違いする最大の理由になりましたが、
      あれもどうも寒汰が怪しいですね。
      少なくとも大問題になった責任の半分以上は寒汰のせいではないでしょうか。

  4. 高山ウコン says:

    頭隠して尻隠さずを、地でいく愚かさが寒汰の特徴です。
    また今日も馬鹿ぶりがバレました。

    http://noynoy.web.fc2.com/soksok/kichigai-55.html

    2012/02/28(火) の記事に宿泊先に関することが出ています。
    必死に『オーキッドガーデン』を隠そうとしています。
    でも、部屋のテレビの写真で、すべてバレてしまっています。

    • 真中足長親父 says:

      高山ウコン様ご紹介のサイト見させていただきました。あのアンヘレスから帰って来たバスを曖昧な記述から特定される捜査能力には敬服いたします。

      出て来たバス会社がCandon Bus Line(CBL)とは驚きました。このバス、僕が初めて見た80年後半頃は、組み立て工場で作ったおんぼろバス数台でイロコス・スール州カンドンからマニラに向かってました。当然エアコン無し。

      90年頃に初めてエアコンバスが導入され、それに乗った事があります。うっかり寝てしまいカマチリで降り損ねました。イロコス行きバス会社のターミナルはサンパロック近辺なのですが、CBLは場所が違うので、ターミナルに着いてしばらく場所が特定できなかったことがありました。なんか誰かさんと同じ経験しているとは悲しいような。。

      バス会社の浮き沈みは激しく、昔は人気のTimes TransitはDominionに買収、小さいMartinesはVictory傘下、Farinas, Maria de Leonも昔程台数がないようです。Philippine Rabbitはなぜかフィリピン人には人気がなく、事故が多いから乗るな!と良く言われました。今一番走っているPartasはまだそのころ走ってなかったです。

      そんな中しぶとく生き残ってバスもグレードアップしているCBLには感心します。

      • 高山ウコンさんの調査能力はすごいですね。
        何を見ても勘違いする寒汰とは真逆です。

        しかし、真中足長親父さんもバスに詳しいですね。
        バス会社の栄枯盛衰もご存知とはすごいです。
        寒汰にしたら「鵜呑みにはできないあり得ない話、クソッ、クソッ、クソッ! 」でしょうねw
        自宅の車もタイヤを釧路から来たホモ・エレクトス バー ナカダセズに穴をあけてパンクさせられないようにお気をつけ下さい。

    • 寒汰の宿泊先ホテルについてはお伝えしたいことがあるのですが、メールを一度いただけないでしょうか。

  5. 真中足長親父 says:

    PC-8801を買ったのが30年前とPC歴だけは長いのですが、授業でやらされたFORTRANでつまずいたのがトラウマか、今でもPC関連技術は苦手です。ただ、わからないなりに調べる、人に聞く、うかつに手を出さないことで何とか使っています。

    ド素人の講釈、恥の上塗り、顔に泥を塗る行為をしても平気な寒汰スタイルは日本人が持っていない相手を蹴落として這い上がる反社会的サバイバル、そして何を食べても動じない味覚とお腹はどんな環境でも残る生物の本能的サバイバルに長けているようです。反面、進歩がない生活はまさに原人なみなのかも。

    これからの現代社会を生き残るには必須のDNAかもしれません。是非後世に優秀なDNAを残せるよう頑張っていただきたいものです。いつまでも珍獣では可哀想なので、Homo electus var. nakadasezuと学名を考えてみました。

    • PC-8801 に FORTRAN とは懐かしいw

      PC関連は、結構ゴテゴテしたテクノロジーなので、理解し尽くすのは誰でも無理ですよ。
      詳しそうな人だって、その一部しか知りません。
      まだ未熟な技術なので、全体構造が固まってないし、日々知識が陳腐化するので要領よく習得するのは難しいんですよ。
      うちの会社のエンジニアなんてソフトウェアの業界では、世界最高峰の人材を集めているはずですが、以外に素人でも知ってるようなことを知らなかったりします。
      だから、何も知らなくても全然恥ずかしくありません。
      恥ずかしいのは、寒汰のような知ったかぶりですね。

      > 日本人が持っていない相手を蹴落として這い上がる反社会的サバイバル、そして何を食べても動じない味覚とお腹はどんな環境でも残る生物の本能的サバイバルに長けているようです。

      仰るとおりですね〜。

      > 反面、進歩がない生活はまさに原人なみなのかも。

      はい、彼はホモサピエンスではない何かである臭いが強烈に漂っていますねw

      > 是非後世に優秀なDNAを残せるよう頑張っていただきたいものです。

      うーむ、彼のDNAを残すのに協力する雌はいるのでしょうか。
      山羊どころかゴキブリの雌でも激しく拒否しそうですがw

      > いつまでも珍獣では可哀想なので、Homo electus var. nakadasezuと学名を考えてみました。

      えー? homo erectus って言ったら、ape ではなくて一応人類じゃないですか。そんなの失礼ですよ。homo erectus にwww
      nakadasezu は最高ですねww
      var. というのは何を意味するんでしょう?

      ともあれ、homo erectus var. nakadasezu 今後、使わせて頂きますw

      • 真中足長親父 says:

        今はジャワ原人(Homo erectus erectus)は且つてPithecanthropus erectusと呼ばれてましたが、現在ではホモ属に変わったので、分類的にはHomoにしました。

        北京原人(ぺきんげんじん、Homo erectus pekinensis)と同じように命名すれば(Homo erectus inensisまたはkushironennsis)となります。erectusは直立した事の意味だったと思いますが、Homo erectus var. nakadasezuのerectusは当然(of the penis, clitoris, or nipples) enlarged and rigid, esp. in sexual excitement.)したのに拒まれたという意味です。

        Var. は変種の意味で使いますが、この場合変種の人間の省略と見なしてます。長くなりますが、Homo erectus inensis var. nakadasezuがふさわしい学名と思います。

      • はい、旧来のピテカントロプスが今はヒト属に入るようになったのは知っています。
        私の質問は寒汰をヒト属として扱うのが妥当かということです。
        まあ、直立歩行していますし、カメラのような道具も扱いますし、日本語に似た何かを話すのでヒト属にいれるのが妥当かもしれないですね。

        var. は変種のことだったんですね!

        erectus は直立したという意味ですね。
        ペニスの直立と引っ掛けていたとは!うまいです。
        ベニスを直立させて55バー(日本語では b と v は区別しない)に行ったけど、中田氏させてもらえない類人猿、それが寒汰なわけですねw

        確かに Homo erectus inensis var. nakadasezu は寒汰にふさわしい学名ですね。
        今後使用させて頂きますw

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。