個人情報の漏洩とセキュリティ

2012年1月30日の魔尼羅盗撮バージンで寒汰はまたしても無知を晒している。寒汰はコンピュータに関しても、セキュリティに関しても全く無知蒙昧であった。

某旅行代理店の情報漏洩対策について寒汰はこう書いている。

数年前にあることがあり、それから数年経た今。パソコンやデーター管理はどうなったのでしょう?

数年前の「あること」とは、寒汰がホテルや旅行代理店に不法侵入し顧客データを盗み出したことであろう。それを他人のせいにするのは、寒汰らしい責任転嫁である。

自社にある顧客データーベースへのアクセスの記録は、個別に管理されているでしょうか。

個別に管理とは意味不明である。寒汰はデータベースとは顧客レコードごとにバラバラになっているとでも思い込んでいるのだろうか? PCごとにデータベースがバラバラになっているのだと思い込んでいるんだろうか。

コンピュータに全く無知な人間が知ったかぶりをしているのがこの一行だけでわかる。

誰がどのように、どの……もしくは外部のパソコンからデーターベースに侵入したか? 記録はとられているでしょうか?

これまた、無知を晒している。データベースへの侵入ではなくて、ネットワークへの侵入である。データベースは侵入するものではない。参照するものである。データベースがなんたるか、コンピュータのアーキテクチャがどういうものか、全く理解してない寒汰(さむた)である。

知らないなら素直に知らないと言えばいいのに、知ったかぶりをするから恥をかくのである。

USBなど記録媒体を接続した記録や、媒体を接続した場合データーベースに侵入出来なくなる処置。プリントアウト出来なくなる処置はとられたのでしょうか?

これまた、とんでもない勘違いである。そもそも寒汰はクラッキングと正常なアクセスの区別もついていない。「外部記録装置を接続した状態ではデータベースにアクセスできなくなるような処置」と言いたいのだろうが、そんなことは全く意味が無い

ローカルファイルにいったん保存すれば全く意味がないのである。

さすがは320GBのメモリを搭載した Mac を持つ寒汰(さむた)である(※ 詳細はこちらのエントリをご参照いただきたい。)。ハードディスクという存在を全く知らないのだろう。もっともこの場合、メモリに保存しても事足りるのだが。

また、プリントアウトを出来なくすることも全く意味が無い。一度別ファイルにしてしまえばいいからである。

寒汰がコンピュータのこともセキュリティも一切理解していなことが明らかである。さすがは「FC2はよく私のパソコンを覗きに来る」という迷言を吐く寒汰である。

もう一度言う。知らないなら知らないと素直に言えばいいのである。知らないのに知ったかぶりをするから恥をかくのである。

なお、最近はデータ保存をクラウドを用いて行うようになって来ているが、寒汰レベルではクラウドがなんたるかなど100万年たっても理解できなさそうである。

社の事務所のパソコン直上の天井にカメラを設置して、パソコンの操作や画像、補助記憶媒体の不法な設置など行われないようなセキュリティーは、果たされているのでしょうか?
防犯カメラを見えるように設置するのは抑止のためです。今時は針の穴ほどのカメラですからね。幾らでも解らないように施設管理が出来るのです。

これまたとんでもない妄想である。筆者の会社は世界的にもセキュリティ対策がしっかりした会社であるが、オフィス内に監視カメラなどない。そんなことは意味が無いからである。

オフィス内のカメラで見るだけではそれがクラッキングかどうかなど判別などつかない。それを判別したければ、カメラではなく別の手段を使う。カメラが必要なのはオフィスの出入口である。

目付きが異常者な、のそのそした男が口の周りをベロリべろりと舐め回しながらドアを無理やりあけて侵入したかどうかを見極めることが大事なのである。

更についでに言えば、「針の穴ほどの(監視)カメラ」など現代でもない。寒汰はピンホールカメラのことを考えているのかもしれないが、ピンホールカメラはカメラのレンズに当たる部分がピンホール(針の穴)というだけであって、カメラそのものはそれなりの大きさが必要である。

自称カメラの達人なのに寒汰はそんなカメラの基本構造さえ理解していなかった。

(写真と本文は全く関係ありません)

なお、寒汰ははからずもこの文章で自分が行った犯行を自供しているようである。行間を読むとこういうことであろう。

数年前、某社で事件が起こった。パソコン内の顧客データが流出したのである。

寒汰は某社のオフィスに不法侵入し、誰も咎めないのをいいコトにUSBメモリをPCにさし、データをコピーして持ちだしたのである。加えて、大胆不適なことに顧客情報のプリントアウトまで行ったのである。そのことを咎められた寒汰は開き直ってこう言い放った。

「ゲヒヒヒ。どこに証拠があるんだ?悔しかったから俺が◯◯社のPCを操作しているカメラ画像でも出してみろ。監視カメラを設置してない◯◯社が悪いんじゃよ。俺は何にも悪いことなんかしてないんじゃよ。俺は正義の味方なんじゃよ。俺は何をやってもいいんじゃよ。ゲヒーーヒヒヒッヒヒヒヒヒ」

誰も何も聞いてないのに、ここまで犯行を自白してしまう男も他にはいないだろう。「あ・魔尼羅(マニラ)」(仮名)メンバーを中傷する酷い荒らし行為を行なっていた時も、寒汰は自分のドメイン名(IPアドレスと寒汰は勘違いしている)をさらけ出して自爆したが、寒汰はどうも自分の犯行を自ら暴露してしまう癖があるようである。

.

自称報道マンの寒汰は自分のブログ、魔尼羅盗撮バージンを「記事」と呼ぶ。エントリのことを記事と呼ぶ人は少なくないが、ブログそのものを「記事」と呼ぶ人間は寒汰くらいである。

以前も週刊ポストのような最高の報道を提供するのが夢と語っていた寒汰(さむた)である。週刊ポストが夢とはあまりにも低い志であるが、週刊ポストも寒汰のような一片の真実もないブログに勝手に目標にされてはいい迷惑だろう。

寒汰の魔尼羅盗撮バージンには真実のかけらもなく、その真逆のことばかり。寒汰の責任転嫁と子どもじみた言い訳で散りばめられているのである。特に魔尼羅の日本料理店や、旅行代理店関係者へのあまりに酷い責任転嫁に怒り狂っている人間は少なくないのである。

.

.

.

「臭橋◯至、高橋◯至、臭橋◯至、高◯順至、臭橋順◯、◯橋順至、高橋◯至!臭橋順◯はネットオタクで凄い!」寒汰は今日も、釧路町木場にあるホーマックで千枚通しを買いながら奇っ怪な声をあげていた。

勾践(こうせん)氏(仮名)や周囲の人間はまゆをひそめながら、この狂人を嘲るように見下ろしていた。

.

.
.

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

About plastictakata
暗黒の国フィリピンやパッツン天国タイでばら撒き、自主パト、凸凹するのが趣味の57歳のオサーンです

14 Responses to 個人情報の漏洩とセキュリティ

  1. joe says:

    そう言えば弊社がエダモト(仮)のHPを立ち上げた時に寒汰は顧客情報を盗んでると言いがかりを付けて来ましたね。

    全く基地外には常識が通用しないので困った事です。

    • はい、とんでもない言いがかりでしたね。
      でも、今となってはその理由もわかりましたね。

      寒汰自身がホテルや旅行代理店や会社に押し入って個人情報を盗みまくってるから、他人が同じ事をすると思って焦ってたんでしょうね。
      まあ、そんなキチガイに本格的な天罰がくだされる日も近いですよw

      • Kim Joen says:

        そういえば、去年の秋、パタヤ滞在中に暇だったので、寒汰さんブログにJALのキャンディーのコメントを書いたのですが、その返信に

        ——–
        そちらの国ではどうかわかりませんが? フィリピンでは、もらう方としては日本ブランドでも、フィリピンブランドでもあまり関係ない様子です。
        ——–
        とか、

        ——–
        「印象は?」

        ケースバイケースでしょう?
        タイの子供たちは、逆に日本のキャンディーだと、気がついていますかね?
        —–

        と書いてきたので、きたきたと思いました。
        そこで「どうやって私がいる場所を知っているのですか?」と返信したら、翌日からブログを閉鎖して、再構築に入っちゃいました。
        IPを見て、nslookupかwhoisで検索しているのはわかっているのですが、それを隠したいんでしょうかねぇ。よっぽどコメントした人の素性を知りたいのでしょう。

      • 寒汰はタイに過剰に反応しているようですねw
        外国というとフィリピンしか知らず、そのフィリピンだけで世界をわかった気になってるので、
        フィリピン以外の海外事情を知っている人を本能的に嫌うんですよw

        チョコレートの件、続きが是非知りたかったですね〜w
        でも、寒汰がブログ再開後コメント欄を全部非公開にしたのは Kim Joen さんに厳しく突っ込まれたからかもしれませんねw

        FC2はコメントを書いた人のドメイン名が管理者に通知されるようです。
        IPじゃないですw
        寒汰はドメイン名のことをIPアドレスだと思い込んでいるので、混乱させられますがw

        寒汰は nslookup どころか whois が何かも分からないでしょうねw

      • Kim Joen says:

        Takataさん、ダブったコメントを削除していただくお手間を取らせて恐縮です。ありがとうございました。
         日本のお菓子をパタヤのバービヤに持って行くと、Connect4やJACKPOTをやらずとも時間がつぶせるので重宝しています(苦笑)。ちょっとしたことで喜んでくれるので、こちらとしてもお土産の持って行き甲斐がありますね。友人など、行きの荷物のほうが帰りより重いらしいです。
         寒汰さんのブログの一時閉鎖は私のコメントとはあまり関係ないんじゃないですかねぇ。私ごときがコメントしたからと行ってなにも痛くもないでしょうし。所詮、フィリピンは上空を飛んだのと、なぜか某所のタイパブにいたクォーターの子と話しただけですので。

      • いえいえ、黙って消すのはどうかと思ったのですが明らかに重複してましたし、片方の方がより詳しく書かれていたので、そちらで上書きしたいのだろうと想像して、片方を削除させていただきました。
        soft-delete ですので、戻そうと思えば戻せますし。

        タイでもフィリピンでもお菓子を持って行くと喜ばれますね。まあ、私自身はあまりしないんですが。

        寒汰のブログの一時閉鎖は Kim Joen さんのコメントと関係ないと思いますが、再開後、コメント禁止にしたのは Kim Joen さんのコメントが決定打になったかもしれないですよw

  2. けんと says:

    うちの会社、一部エリアでは監視カメラありますね。
    その前に、アクセスログ取られてますからね。
    どこのDBをさしているのか知りませんが、基本イントラ環境で管理はされるべきでしょう。
    ネット予約をしたとしてSSL保護されるでしょうしね。
    つまり、基本的に情報漏洩の原因はそのセキュリティ対策をしていないケースよりは、内部の人間が恣意的に持ち出すほうが多いように思うのですが・・・。
    カメラの設置は、アクセスログと連動しないと無意味ではありますね。

    • マシンの操作なんて、監視カメラではわかりませんからね〜。
      監視カメラが役に立つのは不審な人物の侵入対策ですね。
      オフィスへの入り口は、社員のバッジと監視カメラが連動してるので誰が tale gating を許したかもわかるので意味があります。

      SSLで暗号化するのは、セキュリティのほんのごく一部のことに過ぎませんが
      セキュリティとはそういう努力の積み重ねですね。
      ま、寒汰の妄想するシステムとは全然違いますね。

      • けんと says:

        ですね。
        なので、カメラ撮影+入退室記録+システム操作ログなどをセットでやらないと無意味ですね。
        自分で、入退室管理の一部の仕事もしてますが、カメラはあまり役に立ってないですw。
        ある仕事場のエリアでは、そこに虹彩認証と体重測定もありますw。
        うちの仕事場にはありませんけどwww

      • 虹彩認証、そちらの会社もありますか!
        うちの会社にも去年導入されていて、ちょっと感動してました。

        体重測定は面白いですね。意外と有効なのかもしれませんね。

        ま、いずれにせよ、原始的なカメラでの監視しか思いつかない寒汰は21世紀の現代の人間とは思えませんねw

  3. Kim Joen says:

    今日もなんだか変なエントリですね。
    「放り出しもの」だそうです。
    あははは。

  4. 真中足長親父 says:

    キアポのカメラ屋の集まったところ、(街というほどではない)にはひどいジャンク物も結構あります。それこそ使い物にならないので放り出しものです。

    20年以上前EOS750(だったかな?)をMayor’s Photoという名前(多分)の場所で買いました。その頃は日本価格より1割程度高いくらいでした。20年前バンコクでキャノンがNew F-1の在庫払いした時は新品が日本より2割近く安かったので即買いました。

    でも、こういう逆転現象は起こりにくくなっているので、フィリピンで日本より安いことはありえないでしょう。

    • なるほど、このカメラ屋が集まったところは、まさに放り出しものばかりでしたかw
      日本からわざわざそんなところに行く寒汰はやはり放り出し者だからでしょうねww

      キャノンの New F-1 が2割引とはすごいですね。
      ただ、フィリピンの話でなくて、タイの話ですもんねw

      今はどの製品でも、国によって値段の差はでにくいですね。国境の障壁が少なくなってるから経済学的に当たり前のことなんですけど、寒汰には到底理解できないんでしょうねw
      彼の頭の中は半世紀前のままで止まっているようですw

      こちらのコメント、本日のエントリで引用させて頂きました。
      ありがとうございました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。