とんかつ屋に招かれざる客

引き続き、妄想大戦を行なっている寒汰が、マニラでとんかつ屋に行ったようである。

2012年2月29日の魔尼羅盗撮バージン(仮名)のエントリについて解説する。

まず、タイトルであるがこれが酷い。

「かの有名なとんかつ屋さんは、脂身までも、とても美味しいのです。【地図】」

小学生の作文よりも酷いタイトルである。タイトルとして体をなしていない。何度言っても寒汰は理解できないようだが、そもそもタイトルと文章の違いを理解していないようである。

タイトルに句点はいらないし、タイトルは完全な文章ではなくて体言止めが通例である。さらに最後の【地図】は意味不明である。普段の文章は述語も助詞も助動詞も省略していきなり名詞でおわるブッタ切りの文章になるくせに、本来体言止めするべきタイトルでは文章にするのはまったくあべこべである。寒汰はやはり日本語の基本が全くわかっていないのだろう。

この凄まじく酷いタイトルを添削するなら、こういうところだろうか。

脂身まで美味しい、あの有名なとんかつ屋 (地図付きエントリ)

元のタイトルが酷いので直し用がないが、これで凡人の作文程度のタイトルにはなる。

.

Â

更に写真も相変わらず酷い。トンカツがテーマなのにそのごく一部にしかピントがあってない。一部だけにピントをあわせる意味が無い。高いカメラを使いながら、その性能を全く生かせてないひどい写真である。

寒汰の家では汚臭にまみれたカメラが泣いていそうである。

寒汰> 日本料飲店「美味しくない」

寒汰> 最近は、現地に居住する知人は。外に食べに出なくなったといいます。

寒汰の唯一の知り合いは、最近寒汰にたかられて金がなくなっているので外食する余裕もない。

それを何の罪もない店のせいにするのは寒汰ならではの身勝手な責任転嫁である。

それにしても『 日本料飲店「美味しくない」』とは、マニラの飲食店に喧嘩を売るような言葉である。寒汰はマニラの日系KTV, 和食レストラン、旅行代理店に尽く喧嘩を売っているが、これだけ恨みを買えば、開店予定の焼き鳥屋も周囲からさぞ大歓迎されることであろう。

寒汰> 食材管理も大変なことでありましょう。

寒汰> 劣化した食品材料とは、よほど調理人の腕が冴えないと、安くても誰が食べても不味いものです。

食材管理など、市販のスープ(富士食品製の白豚湯スープ)と業者から仕入れた食品だけでラーメン屋を経営している寒汰には一切理解できない世界である。

寒汰> 極めつけはごはんの劣化。

寒汰> 廃棄物とすべきものまであって、不味いものです。

マニラの安い店で、食べ放題のクズ飯を喜んで食っている寒汰には米の味はわからないだろう。実際、このエントリでもおいしい米は味がどう違うか、味そのものに関して一切具体的な記述がないのである。

味音痴だから味について書きたくても何もかけない。仕方ないから値段と調理法だけ書くのである。世の中に山のようにある食に関する本やブログと、寒汰の魔尼羅盗撮バージン(仮名)の違いはそこである。食の話なのに、純粋な味の話が全くなく「安いの話」しかないのである。

寒汰> 『最近セットアップグループの人間が常時屯している』と、当ブログで指摘した日系料理店

またまた日系料理店に喧嘩をうる寒汰(さむた)である。ここまで喧嘩を売って、自分がその街で焼き鳥屋を始めるとは、いい根性なのか、一切何もわかっていないのかどちらかであろう。

ライバル店があると執拗な嫌がらせをする寒汰であるが、マニラで同じことをできると思っているところが浅知恵である。

なお、寒汰がライバル店にどんな嫌がらせをしてきたかは後日のエントリで詳しく書くこととしたい。釧路に出来たとんこつラーメン、F店にとんでもないいいがかりをつけていたのである。

寒汰> 「彼はいい青年。昔から知っている。たまたまセットアップグループの運転手をしていただけ、SANTAさんの思い違い」

いつでもどこでも勘違いと妄想しかしない寒汰(さむた)である。なお、その青年が運転手をしていた人物がどういう最期を迎えたかは寒汰は知らないようである。

寒汰> 同関連会社の社員言うところの「僕の友人」が、昨年12月26日に現地の友人を、マラテから地下の袋小路にあるマカティの同店まで尾行して、どこかに携帯で報告していたということがありまして

またまた妄想が始まった寒汰(さむた)である。昨日のエントリでは防犯カメラにうつってない人物を「写ってる!」と妄想して狂いだし、今日は自分がマニラで尾行されていると妄想しているのである。

どこの誰が、あの異常に気持ち悪くて臭い男を尾行するのであろうか。

どこまでも自意識過剰な男である。そんなことだから、道端で小学生に指をさして嘲笑われ、セイコーマートで買い物する度に、レジのおばちゃんに失笑を買うのである。

寒汰> たまたま、偶然目的地が同じで、食べもせずに何知らぬ顔で店の前を横切り、突き当たって行き場もなく、折り返して同店前を二度通過したということもありますまい。

2010年11月、寒汰はKTV内での盗撮をとがめられ強制的に退店させられた。しかし、それに懲りずに店の前でGROが出てくるまで数時間張り付いていていた。結局気持ち悪がったGROが警察に通報し、ストーカーとして警察に連行されたのである。そんな寒汰が「自分がストーカー」されていると騒いでいるのだが、もはや自分の影を「ストーカー」だと妄想していると思うのは筆者だけだろうか。

寒汰> さてうかがった『とんかつ屋さん』混んでましたね。満員盛況であります。
寒汰> 久しぶりの日本人経営店です。

店が日本人経営なのかどうか、寒汰は異常なほどに気にする。普通の人間はそんなことなど気にしない。日本人経営だろうがどうだろうが、店員とそつなく会話するコミュニケーション能力があるからである。

しかし、英語も現地語も一切話せない、日本語圏番長の寒汰にとって店が日本人経営なのかどうかは死活問題のようであった。日本人経営者の店にこだわるのは日本語しか話せない証拠なのである。

寒汰> 満員で入れない店の前の通路には、テーブルがありまして「ここでいいです」と伝えたのですが「どうぞ中へ」と言うことで、席を詰めていただきました。

おそらく事実は逆であろう。呼ばれてもないホラミタクラブのオフ会に突然押しかけてきて、無銭飲食しようとした寒汰である。押しかけるのが大大大好きなのである。「恥ずかしいがない」男なのである。この日も、店が「満員だから帰ってくれ」と店にあしらわれたにも関わらず、「細かいことは気にするな。ゲヒヒヒ」無理やりカウンター席に押し入ったのだろう。

無理やり押しのけられて窮屈な思いをした周囲の客の露骨に嫌そうな顔が目に浮かぶようである。

寒汰>酒を数人で飲もうということだったのです

嘘である。この日はインクリース師も勾践(こうせん)氏(仮名)もおらず、寒汰はたった一人で来ていたのである。

寒汰> 長居するつもりでいましたので
寒汰> 1cmぐらいある脂身だけを、衣をつけて揚げて『ポーク脂身カツレツキュー』で
寒汰> 「それじゃ金にならない」と言われるなら、爪楊枝での串揚げで形を整えた商品見合いの価格でも出して欲しい感じです。

タダ同然の値段で長時間店を占領することしか考えていない寒汰である。店にとって大迷惑な客である。

寒汰>脂は揚げることで脂っぽさは無く、実に旨味が拡がる脂身です。

やはり味音痴の寒汰は味そのものについての記述ができない。「うまい」と繰り返しているのだが、どううまいのか、一切記述がないのである。

味が濃いか薄いかしかわからない、脂っぽければなんでも旨いと思う寒汰なのである。工場廃液でも飲んでれば大満足なのだろう。

.

なお、このエントリに関して某ソーシャルサイトのコミュニティに寄せられたコメントをご覧いただきたい。

Kさん 「たまたまセットアップグループの運転手をしていただけの青年」-> エダモトで見かけただけで脳内で自分の「持ち駒」にしたパターンですかね?w

Wさん>「当ブログで指摘した日系料理店の店主」って、完全に大虎に喧嘩を売ってますね。虎の尾を踏みまくってますねw

Fさん> 寒汰は虎の尾も踏んでるけど、竜の逆鱗もふれてるし、熊の神経も逆なでしてるし、ありとあらゆる猛獣に喧嘩ふっかけてますねw

Aさん> さすが自称格闘技の達人www

Yさん> 格闘技だけで生き抜けれればいいけどねw

Bさん> なんでそんなにセットアップ話が好きなのかなぁ。なんだか厨2病って感じですねぇ。

Sさん>  日々妄想のセットアップと戦っている戦士サムタなのですよw

Tさん> 寒汰がセットアップが好きなのは、
1) セットアップされる心当たりがあるので異常に警戒している
2) セットアップした経験があるから、その報復を恐れている
の二つでしょうね。

.

セットアップが大大大大好きな寒汰。自分自身がセットアップしてことがあるから異常に恐れ、警戒するのだろう。そんな寒汰(さむた)に対して、今やフィリピン関連の日本人の多数が怒りが炸裂しようとしていた。

.

.

「臭橋◯至、高橋◯至、臭橋◯至、高◯順至、臭橋順◯、◯橋順至、高橋◯至!臭橋順◯はネットオタクで凄い!」寒汰は今日も、釧路町木場にあるホーマックで千枚通しを買いながら奇っ怪な声をあげていた。

勾践(こうせん)氏(仮名)や周囲の人間はまゆをひそめながら、この狂人を嘲るように見下ろしていた。

.

.
.

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

About plastictakata
暗黒の国フィリピンやパッツン天国タイでばら撒き、自主パト、凸凹するのが趣味の57歳のオサーンです

40 Responses to とんかつ屋に招かれざる客

  1. joe says:

    僕はこの店に1回行った事がありますが車が止められなくて豚カツは食べませんでした。よく寒汰が一人でここの店へ行けましたね。ちょっと疑問です。

    • なるほど。この日は寒汰一人で行動していたはずなのですが、もしかしたら勾践氏がすべて案内したのかもしれませんねw
      よいお店なのかもしれませんが、寒汰が来ると知れ渡ったら、客足が減るでしょうね。
      とりあえず、店主に通報しておきましょうかw

  2. けんと says:

    脂身だけカツにして揚げてもそんなにうまいと思わないですけどね。
    肉の端についているからこそうまいものであって、脂身だけを食うと普通の人なら気持ち悪くなるでしょうね。
    ちなみに、食品問屋で背脂だけかうと、1kgで200円くらいだったかな・・・。
    そのまま火を入れればラードと油かす(肉かすに相当する)に分かれて、肉かすを入れたやきそばもあるそうですが、あくまでアクセントですからねえ。
    ※油かすというと、小腸から油を取り出した残りを関西ではさすそうですが、食べたことがないです。

    • 脂身だけカツにして食うってどんなけ重たいのか。
      まあ、味が濃ければ濃いほどうまいと思う寒汰は脂身だけでいいんでしょうねw

      背脂は1Kgで200円ですか。意外と安いですねw
      まあ、寒汰なら喜んで丸ごとかじりつきそうですねw

  3. GAGA says:

    気持ち悪いピントのずれですね。

    酷い殺人現場の映像などがこんな感じですよねw

    • わざと肝心なものに焦点をあわせず飛ばしますよねw
      寒汰の場合は、大口径レンズを持ってるのを自慢したいだけですからね。
      そこに写真として、何の意味も無いですねw

  4. Eddy says:

    寒汰> 日本料飲店「美味しくない」
    寒汰> 最近は、現地に居住する知人は。外に食べに出なくなったといいます。

    それは寒汰氏に「今度一緒にメシを食いに行こう。ゲヒヒヒ…。今晩はどうだ?明日の晩は?」と誘われて、断る口実として、「このところ、外食していないから…」と言っただけだと思いますよ。^_^;

    きっと寒汰氏に見つからないように、外食はしているのでしょう。^_^;

    寒汰> 劣化した食品材料とは、よほど調理人の腕が冴えないと、安くても
    寒汰>誰が食べても不味いものです。

    いえいえ…。(笑)
    「腕が冴えている調理人」は、「劣化した食材」なんか使うわけないじゃないですか。(笑)

    この「腕が冴えている調理人」っていうのは、きっと臭皇のスタッフのことなんでしょうね。

    「ウチの店は、調理人の腕が冴えているから、劣化した食材を使っているけど美味いぞ。ゲヒヒヒ…。」と言いたいのでしょう。(笑)

    誰も何も言っていない、関心すら持っていないのに、わざわざ言い訳する。
    「自己愛性人格障害」の人って、こういう変なところが、妙に正直なんですよね。
    自分から言わなきゃバレないのに…。(笑)

    • > 断る口実として、「このところ、外食していないから…」と言っただけだと思いますよ。^_^;
      > きっと寒汰氏に見つからないように、外食はしているのでしょう。^_^;

      あっはっはっはっは!確かにそうですねw

      > 「腕が冴えている調理人」は、「劣化した食材」なんか使うわけないじゃないですか。(笑)

      仰るとおりです。腕が冴えている調理人は食材を劣化させませんw

      > 「ウチの店は、調理人の腕が冴えているから、劣化した食材を使っているけど美味いぞ。ゲヒヒヒ…。」と言いたいのでしょう。

      富士食品の白豚湯スープをそのまま使ってるだけですけどねww
      白豚湯スープのいいところは、かなり長期間保存がきくことだそうです。
      市販品は劣化の心配がなくていいですよね〜w

  5. Kim Joen says:

    「被写界深度」って知らないのかなぁ、と思います。
    実際の風景なのに被写界深度をわざと浅くして、まるでミニチュアのように写した写真にするというのは流行ってますね。UNIQLOカレンダーの動画画像なんかはそんな感じです。

    • 被写界深度はさすがに知っていましたが、今被写界深度をわざと浅くして撮るのが流行りとはしりませんでした。

      寒汰の写真はセミプロの方に評価していただいているのですが、その方曰く
      「寒汰のように被写界深度を思いっきり浅く撮るのは、大口径レンズを買ったばかりのド素人がはまりがちな こと。寒汰の写真は、それもかなり極端。肝心なものまで焦点があってない。写真がなんたるか全く分かってないひどさ」と仰ってます。

      被写界深度を浅くして撮るのが流行りというのは、寒汰は全く意識してないと思いますよ。
      大口径のレンズで絞りを思いっきり開くと被写界深度が浅くできるのを思いっきりみせつけだいだけなんでしょう。
      大口径レンズを持っているのを自慢したいだけのバカだと思います。

      このトンカツの写真をみても被写界深度をここまで浅くする(トンカツの一部にしかフォーカスがあってない)理由は全く無くないですか?
      ミニチュアっぽくする意味もないですし。

  6. 芋洗坂係長 says:

    もしかしたら、こういうピントの合い方の写真を「かっこいい」と思っている可能性がありますね。
    どっかでこの手の写真(もちろんオリジナルは意図があってのこと)を見て、ナントカの一つ覚えで撮影しているのかも。

    • sergeant_soksok says:

      ロバート・キャパ以来、戦場写真は臨場感が評価されるようになり、ピントなどお構いなしにその瞬間を捕らえることが最優先になった。寒汰にとってブログは戦場で己は戦場カメラマンになった気分なのか?もしかしてフィッシングジャケットも仮想防弾チョッキだったのであろうか?
      ならば平和な街中でcivilianの婦女子を盗撮してないで、現実の戦場で臨場感をとことん追求して欲しいものだ。戦場なら1~2週間身体を洗わず着替えをしなくとも違和感は無いぞ。

      • そうですね、寒汰に芸術写真は無理ですが、何かをとるだけならできるかもしれません。
        (それにしても、撮りたいものが全くどこにも写ってないひどい写真ばかりになりそうですがw)

        寒汰に戦場カメラマンはやらせてみたいですね。
        あまりの悪臭に生物兵器が使用されたと敵兵が勘違いして撤退していくかもしれませんw

    • Kim Joen さんが言われてますが、被写界深度を浅くするのは最近のプロのカメラマンで流行りらしいですね。
      ただ、寒汰がそれを知っていたとは思えません。

      大口径レンズで絞りをおもいっきり開けば被写界深度がかなり浅くなります。
      大口径レンズならではの写真なんですが、それを自慢したいだけでしょう。
      寒汰は何か撮りたいものがあって写真をとってるんじゃないんですよ
      自分が大口径レンズを持っているのを自慢したいだけなんですよ。写真の中身はどうでもいいw

      これのどこが写真の達人なのか理解に苦しみますw

      • Kim Joen says:

        大口径の明るいレンズは、ピント優先で絞り込んでも大丈夫、という使い方しか知りませんでした。ぼかすだけだったら明るいレンズ要らないんじゃないかしらん?

      • 私、誤解してるかもしれないのですが教えてください。
        – 開放絞り5.6のレンズで絞り5.6で撮る
        – 開放絞り1.4のレンズで絞り5.6で撮る
        レンズの口径、焦点距離が同じであれば、被写界深度は同じになると思ってるのですが、間違っていますか?

      • 芋洗坂係長 says:

        写真(というかカメラ)のことはとんとわからないのですが、大口径レンズを持っているってそんなに自慢なことなんですか?

      • 大口径レンズは、まあカメラ好きな人なら欲しがりますね。レンズの性能って物凄く極端なことを言えばレンズの口径で決まるんですよ。こればっかりはどんなに電子技術が発達しても変わらない。物理的な大きさで決まってしまいます。
        (まあ、レンズの材質の進化で寸胴型が円錐状になる可能性はありますが、材質技術の革新もゆっくりですし、いずれにせよ最大口径は変えられません)
        で、レンズの口径が大きいとそれだけ値段も高くなります。

        しかし、自称カメラベテランにとって何より大きいポイントは、大口径レンズを持っていると、カメラのベテランに見える(と彼らは思い込んでいる)ことでしょうね。
        意味もなくフィッシングジャケット(実はカメラ用のジャケット)を着たり、意味なく縦取りしたり、意味なく被写界深度の浅い写真を撮りたがるのと同じように、大口径レンズを持ってカメラベテランのような格好をしている自分に酔っているんですよw

      • 真中足長親父 says:

        ネット環境の悪い田舎出張で投稿もできませんでした。。

        Kim Joenさんが言われた背景をぼかして撮るミニチュア風に撮るのはその道の人達は、昔からやってます。逆に鉄道模型などのジオラマを実物のように撮ることもあります。ただ、高価なティルトレンズや大口径広角レンズを必要とするので結構大変でした。でも、それは目的があって開放にして撮っているのであって、プロのカメラマンが皆やっているという訳でもないでしょうが。

        はっきり言えるのは高田さんのお知り合いのセミプロの方のコメントのように寒汰氏のように何でもかんでも開放にすれば良いというものでもありません。

        今ではPhotoshopなど使えば、別に高価な大口径レンズ買わなくても作る事ができます。だから皆さん気軽に撮れるようになって、ちょっとしたブームになっているのかもしれません。

        食材や料理だと見た目がわかるように全体像をいれる(あるいはそれに近い状態)、焦点は手前の輪郭、ある程度被写界深度を深く、妙な影を付けない、そして絶対に美味しく見せることが基本だと思います。寒汰氏の写真の料理のクローズアップ、浅い深度で日の丸焦点(構図ではありません)というのは、さてどうでしょうか。せめてトンカツの手前の一切れに焦点を合わせ、そのままフォーカスロックしていればまだ見れると思いますが、これまでの写真でもフォーカスロックを使ったような写真は見てません。

        大口径使うならもう少しハイアングルで撮れば焦点の合う範囲も広くなりますが、盗撮趣味の方はどうしてもローアングルにこだわるのでしょう。

        寒汰氏の盗撮ではないポートレート写真を見てみたいですね。鼻の穴に焦点があって目や唇はボケボケの日の丸焦点で、笑顔ではなくて引きつった顔になりそうです。わざわざボカシやモザイク入れなくてもいいので手抜き投稿写真には最高の技法かもしれません。

      • なるほど、レタッチすれば、深度の浅い写真を作ることは簡単にできますね。
        日の丸焦点とはいい言葉ですねw 早速今日のエントリで使わせていただきましたw

        寒汰は深度を浅くしてますが、それも意味ある浅さではなくて、レンズを自慢したいだけ、そしてレンズの特性を一切考えずに日の丸焦点してるだけですね。
        猿でも撮れそうですねw

        寒汰がいつも異常にローアングルにこだわるのはやはり盗撮が趣味だからでしょうね〜。

        > 鼻の穴に焦点があって目や唇はボケボケの日の丸焦点で、笑顔ではなくて引きつった顔になりそうです。わざわざボカシやモザイク入れなくてもいいので手抜き投稿写真には最高の技法かもしれません。

        大爆笑ですw

        カメラ関係のエントリもそろそろ入れないといけないですねw

      • Kim Joen says:

        ごめんなさい。とんでもない勘違いしていました。
        一眼レフ小僧だったのに・・・。

        皆様ご教示ありがとうございました。

      • いえいえ、私もうろ覚えだったので、確認できてよかったです。
        知ったかぶり大魔王の寒汰と違って、我々は自分の知識の何が間違ってるか、正しいのが何かを学んでいけるから、最終的に知識の量が全く違ってくるんでしょね。

    • hapya says:

      >開放絞り5.6のレンズで絞り5.6で撮る
      > – 開放絞り1.4のレンズで絞り5.6で撮る
      > レンズの口径、焦点距離が同じであれば、
      >被写界深度は同じになると思ってるのですが、間違っていますか?

       合ってます。 
      レンズの被写界深度目盛はメーカーも 計算で出してました。

      被写界深度に関する計算式
      http://www.asahi-net.or.jp/~kv5y-aon/DOF/dof.html

      >被写界深度を浅くするのは最近のプロのカメラマンで流行りらしいですね

       ファション・グラビアでは 80年代に流行りました。
      ブレボケ写真は 森山大道が70年代流行らせました。

      >大口径レンズを持っているってそんなに自慢なことなんですか?

       はい。 
      高いので自慢できます。
      アイドル撮影会に群がるカメラ小僧の時期、
      彼らの自慢は 実売30万円以上の
      サンニッパ 300mm f2.8でした。

      AF-S VR Nikkor 300mm f/2.8G IF-ED
      最安価格(税込):¥514,000
      http://bbs.kakaku.com/bbs/10503511347/

      >実際の風景なのに被写界深度をわざと浅くして、
      >まるでミニチュアのように写した写真にするというのは流行ってますね。

      デジタルカメラ本体で 効果を 簡単に出せるからです。
      また搭載してない機種でも 
      フリーのアプリで簡単にジオラマ風加工できます。

      レンズだけで行う場合 ビューカメラや キャノンTSレンズで
      ティルト (傾け)アオリ(の逆アオリ)で 撮らないとできません。

      OLYMPUS PEN E-P3 ジオラマ
      http://olympus-imaging.jp/product/dslr/ep3/feature/index5.html#anc01

      フリーのアプリ TiltShift Generator
      http://www.forest.impress.co.jp/lib/pic/piccam/paintptclr/tiltshiftgen.html

      キャノンTSレンズ
      http://web.canon.jp/Camera-muse/tech/room/ts-e.html
      作例
      http://karapaia.livedoor.biz/archives/51493999.html

      ビューカメラ
      http://www.komamura.co.jp/horseman/L45.html
      http://www.komamura.co.jp/horseman/45FA/index.html

      • 被写界深度の件、確認ありがとうございます。
        あっていてよかったです。

        300mm f2.8,懐かしいですね。
        カメラ小僧たちはあれを持つことがステータスだったんですねw

        深度が浅く見える写真ですが、今はカメラ本体でできるんですね。
        なるほど、昔は大口径レンズでなければ撮れなかったものが、カメラ内での効果で同じ(に見える)ことができるようになったので、使っている人が増えたということですね。

        私も次の週末、時間があったらやってみますw

  7. くりっくり says:

    私は外国の日本食屋が美味い、不味いっていう評価は何なのよって正直思っています。
    そりゃ、美味いに越したことはないと思うし美味い店が流行るのは当然です、でも彼らのいう美味いというのは日本の店の味に近いっていうレベルでしょ?
    無理やりの出張や駐在で滞在させられてる訳じゃ無く自ら異国の地へ旅しに来てるくせに日本と同じ味、クオリティを低価格で出せなんてバカじゃないの? どの国へ日本のシャンプーや石鹸を持って行っても同じ洗い上がりにならない、もっと色んな国で長期滞在してみなよ、日本食屋の有難みが判るから。

    • 仰るとおりですね。海外での和食って意味が全然違いますね。
      私も米国に住みだして一年以上たちますが、和食レストランって貴重ですよ。
      日本のレベルなんて求めたらいけません。そんなものはない物ねだりですからw
      健康的な食べ物、「和食に似た何か」wを食べれること自体が貴重ですね。

      ま、海外に一度も住んだことがなく、フィリピンに買春に10年間毎月通っているだけでフィリピンに住んだつもりになっているショートレッグな臭戦士にはそんなことも分からないんでしょうね。

      水も違う、食材も違う、空気も環境も人も違う。日本と同じ物を再現するなんて不可能なのに、なんでそれを求めるのか。ま、日本語圏から離れて生きられない人間ならではの発想なんでしょうねw

      そんなに日本語圏でしか生きられないなら、わざわざ10年間毎月フィリピンに買春に行かずにススキノで買春してればいいのにw

  8. 暑汰 says:

    寒汰は友達が一人もいないから自分の持っているカメラがバカチョンじゃないということを見ず知らずの不特定多数の人に自慢したいだけなのでは?
    せっかく高級なカメラを使用していても本人はただのバカでアイヌ出身のストーカー老人なのでカメラの機能を全く使いこなせないままにひたすら無駄に盗撮を繰り返し、今日もどこかで他人に多大な迷惑をかけています。

    • その通りですね。大口径レンズを持ってるのが自慢で自慢で仕方ないんでしょうねw
      でも、それを自慢できる人間が一人もいないから、必死で写真でアピールしてるんでしょうw

      臭戦士はカメラの機能を冒涜するようなど下手な写真を撮ることで、敵の幻魔にダメージを与えることができるんですよ、きっとw

  9. ブラックサンタ says:

    独りではなかったようですね・・・・お仲間がいたようですよ。

    こちらに【とんかつ屋】に行かれた方の画像がありますが、寒汰が撮った画像と同じとんかつの構図です・・・

    因みに【とんかつ屋】さんはたまに行きますが、このようにとんかつを縦置きにはしません。
    わざと脂身を撮る為にあのように一部を縦置きにしていますね。

    http://philippinestonakai.blog.fc2.com/blog-entry-60.html#comment

    • なるほど、あの時は連れがいたんですね。やはり勾践(こうせん)氏(仮名)ですかね〜w

      トンカツ屋はあの変な縦置きをしてるわけじゃないんですね。
      脂身だけを強調したい寒汰がわざと配置を変えたんですねw
      アホ丸出しな寒汰ですねw

      • joe says:

        やっぱり予想的中ですね。寒汰が一人であの店までたどり着ける訳がありません。

      • そうですね、一人ではなかったようですね。勾践(こうせん)氏(仮名)も金で雇われているとはいえ、大変ですねw
        これも夢の焼き鳥屋のためなら仕方ないのかもしれませんw

    • ブラックサンタさんは、寒汰とは別人ですよ!
      最初の頃から寒汰の悪行を通報をしてくれてる方です。

      あと、このブログの方も寒汰ではないと思います。
      http://philippinestonakai.blog.fc2.com/
      寒汰(さむた)と似ている部分もありますが、寒汰が勝手にネタ元にしているからかもしれません。

      この場だと説明しにくい部分もありますからメールさせていただきたいです。
      捨てアドからでいいので、私にメールいただけないでしょうか。
      plastic.takata@gmail.com です。

    • ブラックサンタさん、不快な思いをさせて申し訳ないです。
      「サンタが好きな曲、パンク」さんもブラックサンタさん同様、寒汰物語の最初の頃からご協力いただいている方なんですけど、どうも誤解されてしまったようです。

      いけませんね、どうも寒汰という邪悪な存在を研究していると我々にもあの頭の悪さや勘の悪さが乗り移るのかもしれません。
      やはり全ての根源は寒汰なのですが、今回は誤解したコメントをうっかり承認してしまった私にも責任があります。
      どうかこの私の加齢臭に免じて許していただけないでしょうか。

      「サンタが好きな曲、パンク」さんには別途私からもちゃんと説明しておきます。

  10. 高山ウコン says:

    >マニラ市方面からの『とんかつ屋』さんへの順路

    これを説明するのに例のJAL地図が使われています。
    それはそれで許しましょう。
    でも、どうしてビトクルス駅前から誘導する必要があるんでしょうか?

    お店のHPにアクセスMAPがあるんですから、読み手にとって淘汰の案内地図は混乱を起こす原因になりますね。
    マカティのパソンタモとブエンディアの交差点から案内すれば十分ですし、絶対に必要なポイントなんですけどね。
    交差点の角にあるペトロンのGSや、そのハス向かいのマクドナルドくらいは必要でしょ?
    あとは概ねの距離くらいは書いてほしいですよ。

    それにしてもJALの地図は寒汰並みにヘンなんです。

    ロハス・ブルバードにあるトレーダーズ・ホテルの傍にあるインターナショナル・フードコンプレックスですが、こんなもの15年前には既に無かったですよ。
    エルミタの浄化で閉店したGOGOバーが、エドコンに行く前に一時期ここで営業していました。
    ファイアハウス、オーストラリアン・クラブ(現コットンクラブ)、ビジョンズ等が入っていましたね。

    寒汰は、こんな地図に不適切なマークつけて、何が面白いんでしょうかね?

    • ブラックサンタ says:

      確かに誘導する順がおかしいですよね・・・・なんで大通りの分かりやすいブエンディアからパソンタモ経由にせず、
      道も狭い分かりにくいビトクルス駅から誘導するのか???

      きっと知り合いに教えてもらった経由(地元経由)をそのまま掲載したとしか言えませんね。
      大体、ビトクルス経由ならパソンタモと言う以前にスベルロハス通りやカマゴン通りの前振りが無いと初めての人は確実に迷いますよ(笑)

      いかに知ったかぶりかがココでも思い切り自爆しています。

      • 全ての人間が自分と同じように行動すると思い込んでいる寒汰は、フィリピンに来る日本人は皆オーキッドガーデンスイートに泊まり、朝から晩まで監視カメラの画像を凝視し、たまに出かける時はジープとLRTだけで移動すると思い込んでるんでしょうね。

        私、マニラの地理はもうわからなくなってきてますが、寒汰の地図では一番肝心な、目的地の通り名がないんですよね。
        その直前のパソンタモも、どれがパソンタモなのかこの地図では非常に分かりにくいしw
        そもそもパソンタモって別名があるわけだし。

        読み手のことをなーんにも考えてないオナニーマップ、「エレナさんのお嬢さん」状態のマップですね。
        寒汰の情報はいつもこうですw

        こちらのコメントもエントリ本文で引用させて頂きます。

    • joe says:

      まぁ、確かにブェンディア⇒パソンタモ経由だと一番分かりやすいですね。ただ左折出来ないのでその先を右折してグルって迂回する必要がありますが。

      寒汰は適当にJALの地図に道順をバレバレ。(笑)

      • 役に立たない大嘘情報ばかりを書く寒汰は本当にクズですね。
        まあ、マニラ湾のヘドロを食いながら、じっくり反省してもらいましょうw (謎笑)

    • JALの地図を使っているのは、寒汰が日本語しか読めないからでしょうねw
      ビトクルズ駅前からなのは、寒汰の普段の移動経路の問題ですかね。

      寒汰はごく最近までオーキッドガーデンスイートに宿泊していたと自白していますが、
      そのオーキッドガーデンスイートを中心に LRT とジープでばかり移動していたので、ビトクルズ駅が彼にとって移動の出発点のように感じているのかもしれません。

      読者が地図を利用することなど寒汰は一切考えていないでしょうねw
      *それらしい*情報を出して、自分がフィリピンベテランぶることが彼にとって全てでしょうからw

      英語情報が一切読めない寒汰は日本語情報に残っているものは全て「現存する」と思い込んでるんでしょうね〜w

      こちらのコメント、エントリ本文で引用させて頂きます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。