駐在武官が滞在国の警察に干渉する妄想 (韓国人セットアップ)

ますます気狂いとしての本性を発揮しつつある寒汰である。韓国人観光客がマニラでセットアップにあった件に関して2012年2月22日に魔尼羅盗撮バージンのエントリをいれているが、これも妄想と勘違いに満ちていた。

まずは恒例の写真の評価から行いたい。

これまた、たとようもなく酷い写真である。一体何が写したいのか?

某ソーシャルサイトに寄せられたKさんのコメントをご覧頂きたい。

うわうわうわ…。ベビーカーの女性の思いっきり迷惑そうな顔がすごい…。今まで寒汰がブログに使った中で最も険悪な表情ですねえ。

この「思いっきり迷惑そうな顔」をしている女性の顔にフォーカスがあたっている(微妙に手ぶれしているが)ということは、これが主題なのだろう。

つまり、「自分が盗撮して、周囲の人々からおもいっきり迷惑がられている」というのが寒汰の言いたいことなのだろうか? わざわざ大きな写真をデカデカとはり、自分の恥を思いっきり晒のが目的なのだろうか?

自分の店の従業員にオナニーを毎日見せて喜んでいる寒汰の考えることは常人には理解できない。

そもそも、この写真が韓国人セットアップ事件と全く関係ないことも驚きである。(セットアップが起こったのはこの場所ではない)

かつての名サイト「あ・魔尼羅(マニラ)」(仮名)で、周囲から思いっきり嫌われているにも関わらず、本文と何の関係ないド下手写真を貼りまくっていた頃から全く進歩していない寒汰なのであった。

.

さて、韓国人セットアップの真相に関しては日本語の記事は相変わらず量が少なく信用もできないので英文記事を参照することにしたい。

いくつか記事があるが、筆者は下記のものを参照した。

http://www.abs-cbnnews.com/nation/metro-manila/02/20/12/lim-orders-arrest-10-cops-over-koreans-kidnap
http://english.yonhapnews.co.kr/national/2012/02/16/93/0302000000AEN20120216006100315F.HTML

寒汰は一切英語が読めないようだから、筆者が翻訳しておこう。

本事件の二人の韓国人容疑者、Choi Janeg Tae と Gil Il-Bang (通称トム)は、ツアーガイドとして働いていた。
被害者のKim Youn-ho, Nam Sang-jik, Do Wan-kuk, Lee Byung-Soup は家族とともに、訴状を韓国総領事 Jung Soon-chul に提出した。

被害者によれば、彼らは2月14日、ダイヤモンドホテルにおり、韓国に戻る準備をしていた。その時、 Choi が買い物に行こうと誘ってきた。

彼らはモールに向かって歩いていると、3人の男がバンから降りてきて話しかけてきた。一人の男は十を持っており、被害者たちにバンの中に入るよう命令した。

被害者が言うには、バンが約20分間走行した後、「マリファナの不法所持で逮捕される」と言い渡された。
そして、容疑者は韓国人被害者に「3万ドル」とひきかえに解放してもらおうと持ちかけた。

もう一人の韓国人、Gil は韓国 Hana Bank からの送金を手伝った。

もう一件の記事は事件後まもない頃に出たものである。

今回、逮捕された10人の中には事件に関与した警官もいた。
被害者の一人 Kim は言う「我々が監禁されて居たのは警察署の中だと思う」

火曜日の朝、33歳のツアーガイド(Choiのこと)と被害者はホテルの前で銃を持った、少なくとも5人の見知らぬ男たちに強制的に二台の車に分乗させられた。被害者たちは午後の便で帰るので最後のショッピングをしようとしていたところだった。

「ガイドが『出発まで2時間しかないけど、ショッピングに行きたい者はいないか』と言った」「誘拐犯人は我々のプランを知っていたことから思えば現地警察官を含むよく組織化されたギャングのようだった。」と被害者は警察に証言している。

誘拐犯人たちは、被害者の一人に(ホテルに残った)仲間のところに行って2千4百万ウォン(21,295ドル)、つまりガイドを除く一人あたり6百万ウォンを身代金として支払うように言ったと警察は語る。

被害者たちは全員、家族が身代金を支払った後、その日の夕方に解放された。家族からの連絡を受けた韓国警察は、家族が在マニラ韓国大使館とフィリピン警察に協力してもらうよう依頼した。

「我々は解放された後、現地の警察署に行き、警察官の一人が容疑者であると指摘した。」と同じ被害者は語る。

警察によれば、今回のガイドはフリーランスのガイドであり、旅行代理店とは提携していない。

さて、英語が一切よめず、少ない日本語情報から妄想ばかりをふくらませた寒汰は以下のように書いている。

寒汰> 「マリファナ不法所持の容疑で逮捕」を告げ、手錠をかけワゴン車に無理矢理押し込んだ。

嘘である。バンに乗らされた後、さらに20分たってからマリファナ不法所持の話が出ている。手錠も起こったとすれば、その20分たった後だろう。

寒汰> コンテナボックス(警察施設?)に連れて行った先で、犯行者は韓国人旅行者のバッグに、白い袋をいれて「警察だ。麻薬所持容疑で逮捕する」と叫んだ。

こらも嘘である。「警察が使用していると思われる部屋」(別の英文記事)「警察署と思われる場所」とあるだけでコンテナボックスなど書いていない。コンテナボックスは寒汰の完全な創作だろう。

バッグに白い袋を入れたのも記述がない。これまた寒汰の妄想である。

寒汰> そこに通訳をかう現地在住の韓国人が登場。現地在住で飲食店を営むこの男の説明で「麻薬所持で逮捕されれば、数年監獄へ収監される」

これも寒汰の捏造だろう。英文記事にもそんな記述はない。金を払って解放してもらおうともちかけたのは、ガイドの Choi である。「トム」は韓国からの送金を手助けしただけである。

このように、これだけ短い内容の記事にもかかわらず、寒汰は妄想をふくらませ、事実を歪めまくって書くのである。どうせ誰も確認しないと思って殴り書きするのだろう。

こんな内容を鵜呑みにして「凄い!凄い!寒汰さんは博識だ!寒汰さんは世界一のフィリピンベテランだ!」と思い込むのは頭の弱い takashi くらいである。

なお、この事件の解説の後も寒汰の妄想はさらに膨らんでいく。

寒汰> 警察官(フィリピン人)が犯罪をでっち上げ逮捕 → 通訳(事情通)として日本人(韓国人)登場

これまた嘘である。今回はツアーガイドが被害者を連れだしている。通訳を行ったのもこのツアーガイドのようである。もう一人の韓国人の犯人は送金の手伝いをしただけである。

寒汰> アメリカも、イスラエルも、中国も同じ事態が発生すれば…これが現在の国際社会の認識と対応で、自国民救助救援の対応です。

寒汰は自分がフィリピンで警察に捕まった場合、日本国政府が助けてくれると思っているのだろうが、セットアップと違い、寒汰のような本物の犯罪者が捕まった場合は韓国政府だろうがアメリカ政府だろうが救出することはない。それが「国際社会の認識と対応」である。

寒汰> アメリカ大使館付近で、写真を撮影していた旅行者なら経験のかる方もいよう

まるで他人ごとのように書いているが、アメリカ大使館付近で盗撮写真をとりまくり、撮影禁止の日本大使館の中で盗撮しまくっているのは何より寒汰自身である。寒汰はフィリピンで逮捕される以前に日本で逮捕されそうである。

寒汰> 自国民を救うために対処するというのが国際的通常認識です。そのために大使館はありますし、武官も外交官として配置しているものです。」

筆者はこれには度肝を抜かれた。寒汰は「自国民を救うために武官を外交官として配置している」と言い放っている。これはとんでもない大嘘である。

駐在武官の仕事は軍事交流と合法的な軍事情報の収集である。別に自国民保護のためにいるわけではない。自国民の保護のためとはいえ、他国で軍事行動すれば、とんでもない内政干渉であり、もはや戦争である。

寒汰は国際法、いやそれ以前に常識を一切理解していないのである。

駐在武官の役割を全く勘違いしている。勘違いしているだけならともかく、その自分の勘違いが正しいと思って、自慢気にブログに書き込んでいるのである。

寒汰>そして帰国後被害届をもよりの警察に行います。そこから警察署 → 外交通商部 → フィリピン当局というルートで、対応と摘発がおこなわれました。

これまた大嘘である。上記の英文記事にあるように今回のケースは在フィリピン韓国総領事に届け出ている。

寒汰>【拉致】【身代金要求】としてとらえ、帰国後被害届を提出し、最寄りの警察に訴えてみる。

大間違いである。帰国してからでは遅い。今回のケースでも解放後すぐに地元(マニラ)の警察署に被害者たちは行っている。

寒汰> 韓国のフィリピン経済開発援助としては昨年11月21日、マラカニアンでの両国首脳会談で2年間で5億ドルですからね。」

一年で38.3億ドル援助(2007年)している日本はガン無視して一年あたり2.5億ドルぽっちの韓国に大興奮する寒汰である。寒汰は全く知らないだろうが、フィリピンが受け取る援助の4割近くを日本が出しているのである。実に韓国の15倍以上あるのだが、その日本の援助額を全く無視して、韓国の数字だけを「すごい!すごい!」というのはどういう理屈なのだろうか?

寒汰> 日本からの警察官の派遣は、2名でしたっけ。」

これは筆者も確認できなかったが、恐らく寒汰のいつもの妄想であろう。ソースも一切なしだろう。

寒汰> 市民、外国人からタカル、くすねる

まるで他人ごとのように書いているが、知人、レストラン、ホテル、ラウンジあらゆるところから何でもくすねる寒汰自身のことである。

知人がレストランに置いていったチップをくすね、レストラン、ホテル、ラウンジ、自動車学校、アパマンからおしぼり、チョコレート、ポケットティッシュを毎回大量にくすねるのが寒汰である。

焼肉食い放題に行けば、ビニール袋を持参して大量に肉を持ち帰るのである。

腹が減れば、スーパーにいき、試食だけでスーパー内を3周して腹を満たす寒汰である。

レストランでは、無料の付き出しを何十杯でもおかわりして、それで腹を満たす寒汰(さむた)である。

寒汰> 公然と現職警察官による日本人のパスポート強奪、金銭要求が行われたのです。

他人のパスポートのコピー、個人情報を旅行代理店から強奪する寒汰の行為と同じである。

そんな強奪行為、タカリ、くすねを日常的に行う寒汰に近いうちに天罰が下ると思うのは筆者だけだろうか。

.

.

「臭橋◯至、高橋◯至、臭橋◯至、高◯順至、臭橋順◯、◯橋順至、高橋◯至!臭橋順◯はネットオタクで凄い!」寒汰は今日も、釧路町木場にあるホーマックで千枚通しを買いながら奇っ怪な声をあげていた。

勾践(こうせん)氏(仮名)や周囲の人間はまゆをひそめながら、この狂人を嘲るように見下ろしていた。

.

.
.

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

About plastictakata
暗黒の国フィリピンやパッツン天国タイでばら撒き、自主パト、凸凹するのが趣味の57歳のオサーンです

12 Responses to 駐在武官が滞在国の警察に干渉する妄想 (韓国人セットアップ)

  1. GAGA says:

    マビニとアドリアティコの間のペドロヒル沿いに警察施設らしきコンテナの様な物があります。傍目には何の為の施設か不明。ダイアモンドホテルからロビンソンに行く際に通る場所になりますが、20分間バンに乗せられた事を無視してそこに連れて行かれたと「でっち上げ」て居るのでしょう。

    自分がパスポートコピーを不正入手して晒したから他人が自身のパスポートコピーを不正入手して晒したとブログで「でっち上げ」た事と同レベルですねw

    警察がペドロヒルで迷惑写真を撮り、被写体の女性から睨まれている変質者を徹底的に絞り上げる事を期待します。

    • なるほど、自分がよく通る場所に警察のものかどうかがわからない建物があったから、勝手にそこを犯行現場としてでっち上げたんですね。

      自分で自分のパスポートコピーを晒しておいて、それをエダモトトラベルから誰かが流出させたとでっちあげる寒汰だから、それくらいのことは平気でするでしょうねw

      フィリピン警察も、寒汰が相手ならセットアップではなくて、本当の犯罪者として厳しく取り締まるでしょうね。何千万ペリカを払っても解放してもらえないでしょうねw

  2. sarisari says:

    フィリピン人は日本からの援助なんぞろくに認識してないでしょう。東南アジアで最も日本人がリスペクトされてない国のような気がします。援助しても有効に使われる国なのかな(^_^;)
    寒たの今回の妄想にはびっくりです。フィリピンで日本語圏番長しながら俺いじめられてる警視庁は何やってるんだーとか吠えてそうです。

    • ははは、フィリピン人は援助なんてまったく気にしてないでしょうね。
      もらって当然と思ってるならまだましで、貰ってる事実すら殆ど知らないでしょうね。

      ま、ただ、だからと言って、フィリピン人ではない日本人(アイヌ人)が
      「韓国の援助額は凄い凄い!とんでもない大金だ!」と騒ぐのはあまりに的外れですね。
      自分の国が15倍以上援助していることも知らずに言うのは恥以外の何物でもありません。

      寒汰は警察が助けてくれると思ってるようですが、警察は基本的に犯罪者を捕まるのですから、
      日本の警察もフィリピンの警察も、真っ先に寒汰を捕まえに来るということを理解してないようですねw

      フィリピンで寒汰が気に入らないことがあったら、日本の警察が駐在武官としてやってきてw
      フィリピン人の警官を撃ち殺してでも寒汰を救ってくれると妄想してるんじゃないでしょうか。

  3. 芋洗坂係長 says:

    駐在武官の干渉・・・って関東軍かよっwww

    • 関東軍、はい、そのレベルですね。
      駐在武官が駐在国で警察行為なんてしたらとんでもない外交問題になりますよ。
      ま、寒汰にはそれが全く理解できないんでしょうね〜w

  4. 真中足長親父 says:

    まだ、本家のブログには撮影禁止の領事館敷地の写真がありますね。携帯やカメラは入り口で預けるのに、どうやって持込んだのでしょうか。

    この写真の左側にプラスチックコップの束がありますから、手前に屋台があります。背景のボケ方と画角の狭さから判断すると、屋台の隙間から望遠でお姉さんを撮撮している感じです。堂々と写真を撮っても大抵笑ってくれるか恥ずかしそうな顔をするくらいですが、女性の不快感たっぷりの表情はフィリピンでは珍しいですよ。

    多分睨まれているのを、俺に気があるから見つめていると勘違いしたのでしょうか。撮影禁止場所や平気で嫌がる人を撮る、ずば抜けた厚かましさには脱帽します。

    • はい、魔尼羅盗撮バージン(仮名)には領事館敷地内の写真を載せていますね。
      自分の犯罪を誇示する神経が理解できません。

      > 睨まれているのを、俺に気があるから見つめていると勘違いしたのでしょうか。撮影禁止場所や平気で嫌がる人を撮る、ずば抜けた厚かましさには脱帽します。

      鋭いですねw
      勘違いと妄想だらけの寒汰は厚かましさも人一倍、いや人百倍くらいありますねw

  5. joe says:

    しかし、このお姉さんからは凄まじい殺気を感じます。これほどまでに被写体に嫌われる理由はズバリ!盗撮がバレタからでしょうね。

    • はい、写真をとって、ここまで人に嫌われる人間は寒汰以外にはいないでしょうね。
      また、これだけはっきり睨まれていても、自分が嫌がられていることを一切理解しない図太さには寒気がします。

  6. 真中足長親父 says:

    在フィリピン日本国大使館に併設する形で,主に旅券,査証,証明,戸籍・国籍,邦人保護等の領事業務を行ってきました在マニラ日本国総領事館は,平成23年12月31日をもって廃止されました。と、大使館から連絡が来ているのを忘れていました。現在は大使館領事部です。

    お姉さんの表情に対する印象は、皆さん共通のようですね。どうせならアフガニスタン辺りで女性の盗撮をすればいいのに。周りの男達に吊るし上げを食らう、拉致、射殺されるかもしれないスリル感を味わえると思います。

    • 総領事館がなくなって領事部になったんですか。
      フィリピン大使館にはもう総領事がいないんですかね。
      だとすれば外交官削減の影響なのか、単にフィリピンとの関連が薄くなってきているかですね。

      アフガニスタンで女性の盗撮をすればそんなに恐ろしいことになるんですね。
      寒汰の場合、男たちに囲まれても「ゲヒヒヒ、俺は正義の味方なんじゃよ。俺は何をやってもいいんじゃよ。どうだ?俺は偉いだろう?俺を尊敬しただろう?ゲヒヒヒ」と言い放ちそうですね。

      日本語なので相手に通じなさそうなのが残念です。
      いずれにせよ数秒後にはパライソ行きでしょうがw

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。