盛り下げ男へのコメント

場を盛り下げることには天才的な才能を発揮する寒汰(さむた)に対するコメントがたまってきたのでまとめてご紹介したい。

joeさんのコメント

勾践(こうせん)氏(仮名)の様なお金の使い方はいいですよね。GOGOでのピンポンや鐘も同じだと思います。

自分も楽しいし他の人にも楽しんでもらえるようお金を使うのはいいことじゃないかなぁ~?

まぁ、チョコを盗み、屋台で飯を食べ、チップをケチり、恐る恐るジープニーに乗ってマニラを満喫してる人には一生理解出来ないでしょうが。

そう、勾践(こうせん)氏(仮名)のお金の使い方は粋である。

勾践(こうせん)氏(仮名)の数倍の年収(自称)がありながら、万引き、盗作、ドケチで、粋な存在とは真逆の寒汰には勾践(こうせん)氏(仮名)がなぜ他人から好かれるかは一切理解できないだろう。

GAGAさんのコメント

見栄

「俺が奢ってやるから腹いっぱい食え。」と言う勾践氏。

虚栄心

「俺は年収3400万円だ。凄いだろ。でもお前らに奢ってやる金は1ペソも無いんだよ、ゲヒッw」と言う基地外。

写真にはピッチャーに入った水らしき物が写っていますけどw

「水で充分だ、ミネラルじゃないぞ、トゥビックだ、只だからな。」と寒汰が言った事に対する嫌味で店がレモネードを出したか、隣のテーブルにレモネードを運ぶウエイターの写真を撮って「あれは盛り上げ上手の俺のテーブルへの店からの差し入れだよ、人気者だろ、ゲヒッw」という可能性もありますね。

子供の写真を撮ろうとしたのにウエイターが主題になる写真になるのは写真の達人の寒汰のいつもの事ですw

GAGAさんの仰るとおり、このエントリでは勾践(こうせん)氏(仮名)の「粋」と、その真逆の寒汰のドケチっぷり、腐った人間性が見事なまでに対照的になっている。

レモネードが運ばれる前にテーブルの上に水の入ったピッチャーがすでにあるのは、寒汰の説明と矛盾するが、GAGAさんの仰るとおり、寒汰がさらに腐りきった人間性を発揮した証なのだろう。

写真に関しても、GAGAさんの仰るとおり、ある意味天才的なほどに下手くそな寒汰である。

joeさんのコメント

おどおどして盗撮してるのがバレバレ、バトラーの目が物語っています。
人様の服装にケチ付ける前にフリース洗濯しろ!(爆)

寒汰はドレスコードに引っかかったかな?あまりにも臭いので!がははははっ。

パンパシには知り合いが何人か勤めていますが正直かなり痛い(服装や振る舞い)日本人の人多いようですね。

仰るとおり、他人の服装に因縁つけている暇があったら、寒汰はあのド汚いフリースを洗うべきである。

そもそも、「洗濯代をケチるために服を裏返しに着ている寒汰(さむた)にだけは言われたくない」と、写真に写った男性も思っていることだろう。

(写真と本文は全く関係ありません)

(写真と本文は全く関係ありません)

真中足長親父さんのコメント

ドアボーイの目線、女性の方へは半笑顔だけどカメラマンを睨んでますよ。こら!勝手に撮るなと訴えているように見えます。

且つて欧米で中国人やインド人が受けたホテルや店舗への立ち入り禁止、現在各地で顰蹙かっているのは韓国人のようです。日本人マニラ徘徊オッサンのマナー向上を図らないと、ドレスコードではなくオッサンコードがでるかもしれません。

Bawal pumasok ang matandang hapones ng lalakiという張り紙が近い将来出されそうです。杞憂ならいいですけど。

盗撮キチガイ、寒汰の迷惑行為のおかげで魔尼羅の高級ホテルでは日本人高齢者立ち入り禁止例が出そうな勢いである。

Eddy さんのコメント

>読者がイメージされるサンミゲール社とは異なるサンミゲール。

これは、「寒太がイメージしていたサンミゲル社」のことを、このブログで「そんな小さい規模ではない」と指摘されたのを受けて、「げひひひ。俺様はもっとデカいことまで知っているのだ。」と言いたいだけなのではないでしょうか。

「自分」のことを、勝手に「読者」に置き換えているのだと思います。
ま、「投影が人生の基本」である寒太氏なら、それが当然なのかも知れませんね。^_^;

>そんな食肉や飼料、肥料が日本まで来ていますからご存知ですよね。

この「ご存知ですよね」も、気持ちの上では、「お前ら知ってるか?知らないだろう?げひひひ。」と言いたいのだと思いますが、その「知識」自体がデマなのですから、知っている人などいるわけもありません

「自己愛性人格障害者」達は、このように、「自分が作ったデマを誰も知らない」(デマなのですから、誰も知らないのが当たり前なのですが…笑)ことを、「自分は偉い!自分は物知り!自分は最高!」と思いたがるものです。(笑)

たぶん専門の精神科医ならば、寒太氏のブログだけで診断書が書けてしまうのでしょうね。^_^;

おっしゃるとおりである。寒汰はサンミゲル社がビールだけの会社だと思い込んでいた。当ブログでその誤りを指摘された寒汰はあわてふためいた。そして自己愛性人格障害者が得意な「投影」(自分の心を傷つけないために、自分が行ったやましい行為を他人がやったと思い込む行為)を行ったのだ。

サンミゲル社のビジネスを知らないのは、何より寒汰自身なのである。

また、寒汰は「(この情報)、ご存知ですよね」とよく書くが、Eddy さんの仰るとおり、情報自体寒汰が捏造したデマであるから誰も知るわけがないのである。

他人に対する優越感を感じるためだけに、そういう自分しか知らない情報(単なるデマ)を捏造するのが寒汰の性癖のようである。

あまりに幼稚な性癖だと感じるのは筆者だけだろうか。

くりっくりさんのコメント

寒汰のおっさんへ

いくらフィリピンでも看板のキャラクターデザインを業者に発注すると
どこかのラーメン屋と違って費用が掛かるんですよ
釧路で噂になってる事を御存じかな?
おっさん、顔を上げて歩けないんですよ!

くりっくりさんの仰るとおり、いくらフィリピンでも著作権があるものを使用すると費用が発生する。しかし、生まれてこの方、万引きと無断盗用ばかりしてきた寒汰はそれすら知らないようである。

釧路では寒汰の悪事が知れ渡っているようであるが、臭皇の支店がある帯広、北見、中標津でも噂が広まるのは時間の問題だろう。

.

.

「臭橋◯至、高橋◯至、臭橋◯至、高◯順至、臭橋順◯、◯橋順至、高橋◯至!臭橋順◯はネットオタクで凄い!」寒汰は今日も、釧路町木場にあるホーマックで千枚通しを買いながら奇っ怪な声をあげていた。

勾践(こうせん)氏(仮名)や周囲の人間はまゆをひそめながら、この狂人を嘲るように見下ろしていた。

.

.
.

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

About plastictakata
暗黒の国フィリピンやパッツン天国タイでばら撒き、自主パト、凸凹するのが趣味の57歳のオサーンです

4 Responses to 盛り下げ男へのコメント

  1. Jバス says:

    ◆ ビールに氷を入れて飲む………これ【日本の新しいビールスタイル】です。
    寒汰のインチキブログ 2011/06/29(水) のエントリーです。

    >フィリピンに馴染みのある人ならば………なんてこと無く氷を入れるのが普通のスタイル。
    >ローカルエリアじゃビールを瓶ごと冷やしている方が珍しいですからね。
    >冷やしてあったとしても、それは中に入れる氷の消費を抑えるためであったりします。「氷の消費を抑える」とは珍妙なご見識でいらっしゃいますね(大爆)。
    >ビールを瓶ごと冷やしている方が珍しい

    もうそんな時代じゃないですよ、たとえフィリピンでも。
    多くの場合、冷蔵庫が無い、冷蔵庫があっても十分に冷やすことが出来ない、停電が多く冷蔵庫が機能しない、電気代が払えなくて冷蔵庫の電源を入れない、等々が本当の理由だと思いますよ。
    ビールに氷を入れて飲むのはフィリピンに限ったことではありません。
    サンフランシスコ(米CA.)の中華街で食事をした時も氷入りでしたし、香港じゃ氷無しの方が珍しがられました。
    世界的に見て、ビールに氷を入れるのは珍しいことではないそうです。
    残念ながら統計的な数字は有りません。
    フィリピンスタイルだとか氷の消費云々とか、聞いて呆れる「寒汰説」です。

    >2009年5月のSMB(サンミゲルビール)社の株式49%を取得の頃から『氷ビール』への興味は有ったのじゃありませんかね?
    >ちなみに2009年のキリンビールによるSMB社の株式取得を「日本の力」のように考えている人がいますが、自社の株を売って資金を得るというのは、当たり前のこと。

    何かの報道を寒汰流で解釈したのでしょうね、これは。
    SMC(サンミゲルコーポレーション)から買取ったSMB株式は43.249%。
    残りの51%はSMCが手放さなかったのです。経営権はしっかりと握ったままなのです。
    「SMC社以外のSMB社株主からも別途公開買付けを実施し、買付けに応募された全ての株式をSMC社と同価格にて購入」となっています。(キリンのサイトより)
    最終的にキリンは48%強の株式を保有することとなったのです。
    49%と言う数字はSMCが51%を留保した残りの数字であり、あくまでも「最大」が49%なのです。
    キリンは元々SMCの大株主であったわけです。いきなりSMBの大株主になったわけではありません。
    寒汰はいつもながらの「思いつき」「思い込み」「妄想」そして【どうせバレないから嘘でいい】と考えたのです。

    ≪以下にキリンのニュースリリースを抜粋しておきます≫
    http://www.kirinholdings.co.jp/news/2009/0220b_01.html
    キリンホールディングス株式会社は、保有するサンミゲル社(以下SMC社)の全株式売却契約を、キューテック アライアンス ホールディングス社(以下キューテック社)との間で、2009年2月20日締結しました。
    当社は、保有する全SMC社株式628,666,675株(発行済株式総数の19.91%)を、キューテック社に相対取引で売却し、売却価格は1株につき63ペソ、売却合計金額は、約396.1億ペソです。
    売却完了時期は5月末を予定しています。
    なお、当社は、SMC社の国内ビール事業会社であるサンミゲルビール株式会社(以下SMB社)の株式6,665,023,690株(発行済株式総数の43.249%)を、SMC社保有分から相対取引で取得する予定で、今回のSMC株式売却により得られる全金額を、その購入資金の一部に当てます。
    ≪抜粋おわり≫

    >電力会社マニラ・エレクトリックの株式27%取得。
    >石油元売りペトロンの50.1%の取得………を見て行くと観えますよね。

    一体何が「観える」んでしょうね??
    釧路湿原が観えるんでしょうか(爆)
    ≪出所はWikiでした≫(Wikiから引用します)
    >2008年、フィリピンの大手電力会社であるマニラ・エレクトリックの株式27%を取得する一方、石油元売り会社であるペトロンの株式50.1%を取得した。

    マニラ電力(以下メラルコ)のサンミゲル社保有株は昨年他社に売却されています。
    売却益は莫大な金額になったと言われています。僅か5年の保有で大儲けをしたことになります。
    株式市場の原理がまったくわからない寒汰がコングロマリットのサンミゲルを語るのはあまりに滑稽です。
    「メラルコ」の名前さえ知らなかったようですから知識不足も深刻です。
    もちろんM&Aについての知識もまったく無いのですから、「にわか解説者」はしないでほしいですね。
    ※サンミゲル関連は、続編も書きますのでよろしくお願いいたします。

    • ビールに氷を入れるのは、別にフィリピンでなくてもやりますね。
      https://answers.yahoo.com/question/index?qid=20070812135230AA3Rs0k

      ビールの味を気にしない人たちのやることとして、周囲からは白い目で見られているようですが。

      世界にはフィリピンと日本しか国がなく、フィリピンが先進国だと思い込んでいる寒汰にはそういう世界の常識は理解できないのでしょう。

      株に関して全く無知な寒汰が背伸びして書いた解説は思わず失笑してしまいますね。Jバスさんの鋭い指摘を引き続きお待ちしております。

  2. Jバス says:

    サンミゲル関連の続編です

    フィリピン資本大手も着目する、屋台軒先販売。
    2012/02/18(土) インチキ糞バージンのエントリーです。

    >Hungry Juanです。
    >サンミゲール社の展開するフランチャイズです。
    サンミゲル・ピュア・フーズ社(PF)がFC展開元です。
    サンミゲルがピュアフーズ社を買収したのが2001年です。
    FC展開はサンミゲル本体がやっているわけではありません。
    なお、サンミゲル・ピュア・フーズ社は買収される以前から上場されていたそうです。
    手元の資料では1973年の上場になっています。

    >読者がイメージされるサンミゲール社とは異なるサンミゲール。

    知識の足りない寒汰と一緒にされたくありません。
    寒汰が勝手にイメージしてきただけのことです、

    >グループ企業として、それぞれがそれぞれとして上場を図って行きます。

    寒汰は「上場」の意味が本質的に理解できていません。
    フィリピンにおける財閥系のコングロマリットでは、それぞれ2~3社程度しか上場されていません。
    「それぞれがそれぞれとして上場を図って行きます」
    どうしてこんな出鱈目が書けるのでしょう。
    フィリピン証券取引所は東証とは違い、上場企業数が260社程度しかありません。
    元々巨万の富を持つ財閥が力を持っているフィリピンですから、安易に上場しても資金が集められるとは考えられません。
    ちなみに東証の上場企業数は本日現在3427社となっています。
    http://www.tse.or.jp/listing/companies/

    >ビール飲料から、食材、小売り販売店。不動産から地域開発、国家プロジェクトまで。>今では、大きな地域開発や国家プロジェクトに目が引きつけられがちですが、その一方で外食フランチャイズから、このような屋台まで提案し展開をしているのです。

    寒汰の脳内はインチキ花が満開みたいですね。
    具体的なことは一切書かず(書けない)まるで知識人のごとく嘘をついています。
    自分勝手な解釈と妄想、まことにアッパレであります。

    >ここで使われているチキンも同社の契約養鶏場のもの。
    >豚も野菜も飼料や肥料まで拡がっていきます。
    >そんな食肉や飼料、肥料が日本まで来ていますからご存知ですよね。

    適当な、いい加減な、デタラメなことを書いています。
    SMCおよびPFは食肉の内、鶏肉と豚肉について巨大なインテグレーションを構築しています。
    雛鶏、飼料だけでなく、精肉、流通までが一貫されているのです。
    知ったかぶりで「契約養鶏場」などと図々しく書いていますが、本質はまったく理解できていません。
    好き勝手に書き放題書いて、最後に「ご存知ですよね」とは呆れ果てます。
    SMC社およびPFは潤沢な資金を元に多角的経営しているのです。
    「日本まで来ています」がフィリピン食材店だけみたいですから微々たるものです。
    飼料、肥料は日本には輸出していないと思います。(要するに寒汰の嘘)
    もう、この辺まで来ると資料がありません。
    「どうせバレないから」と寒汰のインチキ説が書かれているんです。

    • またしても有用な指摘をありがとうございます。
      寒汰の浅知恵と背伸びぶりには呆れるばかりですね。
      そういえば、そもそも寒汰は株式と会社の関係すらよくわかってないようです。

      IBM が PC 部門の Thinkpad を Lenovo に売却した時、寒汰は「大変だ!IBM が倒産した! IBM が中国企業に買収された!」と大騒ぎしてました。
      (2004年12月12日の魔尼羅嘘つきバージンのエントリです。今見ると、姑息に修正していますが、まだ「中国企業がIBMアジアを買収した」と書いています。)
      M&A に関して全く理解していないのに、わかったようなふりをしてるだけだから、こういう恥をかくんですね。
      自称「経営の神様」だそうですが、素人よりも経営知識がない神様とは恐れいりましたw

      こちらのコメントもエントリ本文で引用させていただきます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。