謎のおつまみと貧待

2012年2月、寒汰はマニラの安っぽい汚い店に居た。

自称年収3千4百万円(実際は雇われ社長で年収は約500万円)の寒汰だが異常なまでにドケチの上に、超絶レベルの味音痴な寒汰は品の良い店には一切行かなかった。味が一切わからない寒汰(さむた)にとって、値段が安いことだけが全てだからである。まあ、寒汰(さむた)に来られたら店の方も大迷惑だろうが。

.

この日も寒汰(さむた)はガイド兼通訳の勾践(こうせん)氏(仮名)に連れてこられた安っぽい店でいかにもまずそうに飯を食っていた。今日どれくらいケチるかを勾践(こうせん)氏(仮名)に説明していた。「いいか? 勾践、今日この後行くKTVでは指名はしないし、レディースドリンクも一切飲ませない。そんなのは金が勿体無いだけだからな。さらに今日は両替前だから金がないと言って支払いを逃れるか?ゲヒヒヒ」呆れるほどにドケチ根性むき出しの寒汰(さむた)だが、ケチることが生きがいの男だからしたかないのだろう。

.

その時、このレストランの主人がなにやらたっぱを持ってきた。中には試作品らしき食品が入っている。この主人はおもむろにその中の食品を店の客たちにすすめた。

「マサラップ!」

と客たちは口々に言い、タッパをまわし皆が口にする。そのうち、タッパは外に店の外に居た子供たちにもまわりはじめた。

しかし、誰も寒汰(さむた)には一切見向きもしない。寒汰(さむた)は怒り始めた。なにせ無料で飯を食う事に命をかけている男なのだ。他人が無料の飯を食べ、自分だけがもらえないことに異常なまでに怒りを感じるのである。

「クソックソックソッ!めし!めし!俺にも、めし!よこせ!クソックソックソッ!」

寒汰(さむた)はぶんぶんと手を回しながら日本語で怒鳴り始めたが、誰も日本語などわからない。皆、滑稽な怒鳴り方をしている寒汰(さむた)を指をさして嘲笑うだけである。勾践(こうせん)氏(仮名)も冷たく寒汰(さむた)を嘲るように眺めていた。

.

やがて子供たちが店内に招き入れられた。寒汰(さむた)はそれを見てニタリニタリと笑い、子供たちの全身を舐め回すように眺めた。幼児性愛者寒汰の本領発揮である。

その寒汰の気持ち悪い視線を感じて、子供たちは店に入るのを躊躇した。店に入るのを嫌がってるのを見た寒汰はまた妄想した。

少年や少女(略)拒みます。

(略)

そこは大人の世界。
そして普段から、入店販売には厳しい指導と体罰が行われているのでしょう?

自分が異常に気持ち悪がられているだけなのに、子供が店に入ってはいけない規則のせいだと大勘違いしている寒汰なのである。

(子供たちは)『貧待』しています。

ごはんが運ばれて来ました。

店から、レモネードが無料で差し入れられた

「貧待」という怪しげな造語を使っている寒汰であるが、子供たちをあまりにも馬鹿にした言葉である。時に怪しげなヒューマニズムを振りかざす寒汰であるが、心の底では貧乏人を小馬鹿にしていることがこういう言葉使いでひしひしとわかるのである。

「クソックソックソッ!俺も食べれないのにあいつらだけ無料で飯を食いやがって!レモネードまで無料で飲みやがって。クソックソックソッ!」

寒汰は毒づいた。無料で食事をすることに異常なまでに執念を燃やす寒汰は、たとえ子供であろうと自分以外の人間が無料で食事をすることが我慢ならなかった。異常に嫉妬深く自分勝手な男なのである。

.

一方、ノリのいい勾践(こうせん)氏(仮名)は「店も粋な計らいをしてるから俺も乗るよ。子供にもっと食べさせてやってよ。俺が払うから」と気前よくオーダーしていた。

それに気づいた寒汰は「クソックソックソッ、俺以外の人間におごりやがって。クソックソックソッ、金がもったいないだろう!クソックソックソッ!」

寒汰は自分以外の人間がおごられることに異常なまでに嫉妬するのだった。

馬鹿な親父。

店の、この簡単なレモネードに喜び『今日は両替前だから金がない。』
女の子も呼ばずに、レディースドリンクも無しで行きましょうと心誓って居たのに………。

嗚呼ーあ。この無料のレモネードが、一杯1000ペソの経済効果をこの店にもたらしました。

寒汰は勾践氏が支払ったことが悔しくてたまらないようである。自分以外の人間が奢られることに対して異常なまでの怒りを燃やす寒汰なのである。

だいたい粋な計らいをした自分の連れ(勾践(こうせん)氏(仮名))に対して「馬鹿なオヤジ」とはあまりに失礼な言葉である。そんなことを言うから友人が一切できない寒汰なのである。

「クソックソックソッ、今日は昼から気分が悪い。クソックソックソッ!」

楽しかった。 
楽しいからはじまる、マニラの夜の始まりです。

言葉と裏腹に、寒汰が全く楽しめてない様子が伝わってくるのである。

そんな寒汰を勾践(こうせん)氏(仮名)は嘲るように冷たく見下ろしていた。

.

なお、この店が出したおつまみを寒汰は「うまかった」と妄想表現しているが、嘘であることは明白である。なぜならどううまかったかについて一切言及がないからである。異常なまでに味音痴の寒汰は何を食べても味がわかるわけがなかたし、そもそも今回は食べさせてさえもらってないのである。

だから「安っぽそうな材質」などと、遠くから眺めて分かる程度のことしかかけなかったのである。

いつまでたっても「安いの話」しかできない寒汰であった。

.

なお、このエントリに関して某ソーシャルサイトに寄せられたコメントを紹介しておきたい。

Eさん> 店のはからいに対して、1000ペソを払って「意気に応えた」「友人」に対して、「馬鹿な親父」はないでしょう。(笑)人を馬鹿呼ばわりしておきながら、「楽しかった」というのもあまりにも身勝手な言い分ですね。こりゃ友達ができないわけだ。(笑)

Sさん> 「貧待」って造語をまた使っていますが、食事をおごった(?)子たちを徹底的に馬鹿にした用語ですよね。

KZさん> うまいといいながら貶す。訳わかんないです。うまいのならどんなつまみか紹介しますよね? 大虎のレバ焼きを不自然なくらいに描写居ていたいのに。
もしかして架空?

レモネード1杯1,000ペソX6杯=6,000ペソ使ったと威張りたいのでしょうか。
俺はケチではないと。
絶対自分で払っていないですよねw
たかが6,000ペソ、年収自称3,500万のくせにww
マカティで良いワインとイタリアン食べて二人で6,000ペソ。
まともな人間は汚い店よりそちらを選びます。

Tさん> 「うまい」と書いているのに味について一切書いてないのは、味音痴だから書けないという可能性もありますが、今回はそもそも食べさせてもらえなかったんでしょうw 6000ペソは「友達」(実際はただの通訳兼ガイド)が払ったんでしょうけど、ドケチの寒汰はそれが許せなかったんでしょうねw

Fさん> 幼児性愛の爺に舐め回すように全身をみられた子供たちに深く同情します。

.

.
.

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

About plastictakata
暗黒の国フィリピンやパッツン天国タイでばら撒き、自主パト、凸凹するのが趣味の57歳のオサーンです

8 Responses to 謎のおつまみと貧待

  1. Eddy says:

    なるほど!!
    真相はこういうことだったのですね。
    こういうことなら、すべての辻褄が合いますね。
    さすがTakata さん。見事な解読です。

  2. junya says:

    貧待=hintay 待つというタガログをもじってるんですね~(笑

    • なるほど! タガログ語の hintay と引っ掛けていたとは気づきませんでした。
      いや…. 寒汰(さむた)がそこまで理解して書いたかどうかは怪しいですがw

  3. joe says:

    勾践(こうせん)氏(仮名)の様なお金の使い方はいいですよね。GOGOでのピンポンや鐘も同じだと思います。

    自分も楽しいし他の人にも楽しんでもらえるようお金を使うのはいいことじゃないかなぁ~?

    まぁ、チョコを盗み、屋台で飯を食べ、チップをケチり、恐る恐るジープニーに乗ってマニラを満喫してる人には一生理解出来ないでしょうが。

    • 勾践(こうせん)氏(仮名)は賛否両論ある人ですが、盛り上げ上手なのは確かだと思います。
      しかし、寒汰が勾践(こうせん)氏(仮名)のうまいお金の使い方を学ぶことは一生なさそうですね〜w

  4. GAGA says:

    見栄

    「俺が奢ってやるから腹いっぱい食え。」と言う勾践氏。

    虚栄心

    「俺は年収3400万円だ。凄いだろ。でもお前らに奢ってやる金は1ペソも無いんだよ、ゲヒッw」と言う基地外。

    写真にはピッチャーに入った水らしき物が写っていますけどw

    「水で充分だ、ミネラルじゃないぞ、トゥビックだ、只だからな。」と寒汰が言った事に対する嫌味で店がレモネードを出したか、隣のテーブルにレモネードを運ぶウエイターの写真を撮って「あれは盛り上げ上手の俺のテーブルへの店からの差し入れだよ、人気者だろ、ゲヒッw」という可能性もありますね。

    子供の写真を撮ろうとしてウエイターが主題になる写真になるのは写真の達人の寒汰のいつもの事ですw

    • 寒汰(さむた)より遥かに年収が低い勾践(こうせん)氏(仮名)は気前よくおごるのに、寒汰(さむた)はびた一文だそうとしませんねw

      > 子供の写真を撮ろうとしてウエイターが主題になる写真になるのは写真の達人の寒汰のいつもの事ですw

      いつものことですね〜。あの写真の異常な下手さはなんとかならないんですかね。
      ま、ならないかw

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。