ドンキホーテの屋台プラン

釧路の妄想大魔王、寒汰の考える驚愕のフィリピン屋台プランについて、様々なコメントを頂いたのでご紹介したい。

まずは、当ブログにもよくコメントくださる方の鋭い意見 (ブログの内容を全文引用させていただきました)。

ニュースみて汚なくて吐きそうになってる。パサイの屋台の衛生意識の低さを問題視。蚊や虫が調理中に鍋にはいっても気にせず売る。ドブ水で野菜を洗う。客がいなければ従業員がピッチャーに口をつけて水を飲む。皿を洗う水はもうゲロまみれに見えた(-_-;)

フィリピンのニュースがバイ菌の固まりだからあそこで飯食うなと警告し、実際食中毒が原因で身内がなくなった人も登場。飯を食うのも命懸け。

自称ベテランが日本の昔の屋台もこんな感じだったとか書いてたけど、バカじゃねあいつ(-_-;)

フィリピンでもまともな家庭では道端に売っているゴキブリ飯なんて食わさない。フィリピンナンバーワンチャンネルが警告しているぐらいだよ。

フィリピンでは屋台や道で売ってるものを食べないほうが良い。だから貧困フィリピン人は早く死ぬ。

フィリピンの飲食業なんていい加減。無責任。思い付きで店出す。従業員もやってられない給料で短期で辞めるから無責任。客よりオーナーや自分自身の気持ちを優先。

日本人や中華のやってる店には大きく劣るのが現地飲食業。有名なチェーンも中華がオーナーが多いのかな。

飯食うのも命懸けの国。

フィリピン人ですら避ける屋台の飯を推奨する寒汰の愚かさを鋭く指摘している。ゴキブリ飯とはうまい表現である。そのゴキブリ飯を収入ある日本人(自称年収3千4百万円)が、より好んで食うことがどれだけ滑稽か、読者の皆様にもよりよく分かるのではないだろうか。

.

暑汰さんのコメント

先日のキチガイブログではフィリピンの屋台について書いていましたね。
寒汰はフィリピンの屋台経営について興味があるようですが、普通の日本人でそんなことに興味を持つ人はまずいませんよね。
普通の人は定職について安定した収入を得ていますから不衛生なフィリピンの屋台で食事をすることすらもないわけです。
ましてや、フィリピンで屋台経営をしようとする人なんかほとんどいませんよね。
なので、そんな内容のエントリーに興味をもつ人なんかほとんどいないわけです。
そして、寒汰自身にフィリピンで屋台経営をした経験があるわけでもありません
自分がやったこともないくせに偉そうにフィリピン屋台経営のノウハウについて語るというのは本当におかしな話ですよね。
実際に自分で経営して嘘偽りのないフィリピン屋台奮闘記を書くというのならそれはそれで見る価値もあるかもですが、寒汰だと嘘しか書かないに決まっているので寒汰が書いた時点で無価値なブログになりますね。
だいたい月に4日しかフィリピンに滞在しないのに屋台経営なんかできるわけないですしね。
9年間フィリピンに無駄に通ってるだけで寒汰にはフィリピンで信頼できるビジネスパートナーがいるわけでもなんでもないのでしょう?

全くおっしゃるとおりである。異常にドケチな寒汰は屋台が最高のビジネスモデルと思っているのかもしれないが、外国人の日本人にとって屋台がどれだけ厳しい商売かは全く知らないのである。そもそも、英語もタガログ語も一切出来ず、言語以前のコミュニケーションさえ欠如しており、フィリピンに買春旅行に通っているだけの寒汰にわかるわけもないのだが。

寒汰は自分が経験したこともない、全くのど素人領域を偉そうに語るのが癖だった。そもそもラーメン修行もしたことがない、ただの国鉄職員、それも仕事を一切せずに労組活動しかしてなかった人間が、ひょんなことから名前だけラーメンチェーンの社長になったのが全ての間違いの元である。

それ以来、自分があらゆる分野でのプロだと勘違いをしはじめることとなってしまったのである。

なお、寒汰に信頼出来るビジネスパートナーなどいない。今回のフィリピン滞在中、ガイドとして雇われた勾践(こうせん)さん(仮名)が寒汰に同伴したが、それは逆恨みされるのが怖いからいやいや付き合っていただけである。

真中足長親父さんのコメント

この写真はかなりローアングル(少なくとも腰下)からの撮影ですね。朝方か夕方の斜光をを使っていますし、これをノーファインダー、ノートリミング撮影なら上手ですねーと言いたい所ですが、多分偶然でしょうか。(下手なデジコン数打ちゃ当たる)あるいは正々堂々としゃがんでファインダー覗いて撮ったのか。(でも女の子はカメラ見ていないから盗撮には変わりない

背景のお店から場末の雰囲気ですから、マカティのビジネス街からは遠く離れたLRT沿いですか。いつものようにGil Puyat近辺?こういう買い食いはビジネス街のオフィスで働く子はあまりしないでしょうが、無税特権付超過密集合住宅街にお住まいの契約社員なら、わりとやっているでしょうね。

スクウォッター(不法占拠者)で、安い給料で雇われている契約社員なら買い食いは好んでするだろうが、ドケチの寒汰にとってスクウォッターの契約社員は超高給取りなのかもしれない。

.

寒汰は日本では昔、ドリンクをビニールに移しかえて販売していたと主張する。

日本でも祭りの屋台で買ったモノを、買い食いする。楽しい思い出です。
そして瓶に入ったジュースを、ビニール袋に入れてストローを刺して渡してくれることは、日本でもありました。

甲子園のカチ割り氷なってのも、この頃のままですよね。

この点について何名かからコメントをいただいたので紹介したい。

くりっくりさんのコメント

>甲子園のカチ割り氷なってのも、この頃のままですよね

カチ割りを買う客は氷を体に当てて涼をとり、溶けた冷水を飲む。
よって喉を潤すのは二次作業、寒汰はレトロ調に書いてますが
温度を伝える為にビニール袋から進歩させようがないのです。
甲子園の暑さと一つのカチ割り氷を恋人同士で楽しむ醍醐味を
恋愛未経験の寒汰は解かっていないようです。

甲子園のカチ割りは冷ますのが主目的である。飲むことは主目的ではない。寒汰はそんなこともわかっていないのである。

なお、恋人と一つのカチ割りを共有したことは残念ながら筆者も経験がない。そんな「ありえない話」を語る、くりっくりさんは激烈に妬ましく思えるので、今度くりっくりさんの自宅をこっそりつきとめ、車のタイヤに穴をあけに行こうかと考える次第である。

なお、その犯行がバレた時には「あいつが俺の車のタイヤを穴を開けたんじゃよ。悪いのはあいつなんじゃよ。俺は被害者なんじゃよ。ゲヒヒヒ」と真逆の主張をしながら、気持ち悪い縦巻き髪をふりみだしながら、水掛ごはんを食べるつもりである。

子供の頃に見た光景?僕も相当な田舎に住んでいましたが、ビニル袋やストローなんてのは記憶に無いです。大抵、果汁0%のジュース、珈琲牛乳、ラムネと瓶入りで飲んだら、その場で返してましたし、そもそもビニル袋は普通に使う程普及していなかったです。40年以上前からビニル袋やストロー使ったのなら、釧路は進んでいたのですね。

確かに、寒汰の話をきいていると我々が生まれ育った日本とは全く別の国の話を聞いているようである。

20年以上前フィリピンに来て、始めてビニル袋にジュースを入れるのを見て驚いたくらいです。2日目にキアポで食ったハロハロに食中毒を起こし5日間フラフラになりました。今は大分衛生環境もよくなりましたが、屋台は汚いの代名詞には変わりありません。そういうトラウマがあるから絶対に今でも屋台では食べません。そんな屋台が衛生基準とか守るわけないし、やる設備もない。店を構えていると、役所の人間が廻ってくるので営業許可(ナンバープレートのような物で番号とメイヤーの顔写真が入っている、毎年更新)はとっているようですが、屋台など営業許可もないから当然納税もやりません。彼らが一番怖いのは市の強制撤去とタカリのポリスでしょう。

寒汰はわけのわからない衛生基準をマニラの屋台に押し付けようとしているが、現実は真中足長親父さんの言うとおりだろう。何より、食のド素人、しかもマニラで日本語の通じる範囲で買春しかしたことのない寒汰の言うことは全くもって信用できないが、本物の食のプロでフィリピン在住の真中足長親父足長さんの言うことは説得力があるのである。

GAGAさんのコメント

私もビニール袋入りのソフトドリンクを日本で見た事がありません。子どもの頃はビニール袋の質が悪かった気がするし、物心ついた時には街中自動販売機で溢れていた気がしますけどw2リッターのペットボトルのソフトドリンクを紙コップで安く売るのは意外とありかなと思えなくもないが、「日本人は少々安いだけで消費に動かない。」でしょう。

タイでビニール入りのコーラを見たときは冗談に思えた。

学生の頃、たまたま入ったスナックにピーナが居た。

「日本人はお金持ってる人も持ってない人も同じ物を食べてる。本当にびっくりしたよ。」

年収3400万円だぞ、ゲヒッwっと威張り散らしながらクズ飯を食べる月一でマニラに来る徘徊老人をフィリピン人がどのように思っているか想像が出来ますw

記憶改変術が得意の寒汰だが、フィリピンで見たものを無理やり日本の昭和三十年代にあったと記憶を操作しているのかもしれない。そもそも友人が一切おらず、誰からも相手にされなかった寒汰は子供の頃の記憶がないので記憶操作が容易なのかもしれない。

GAGAさんのもう一つのコメント

報道を語るのなら報道らしく、纏と大虎のオーナーに謝罪する、もしくは謝罪文を掲載するべきでは?

売春婦と思われる人間のコメントがソースの報道で関係ない第三者に風評被害を与える事は如何なものかな?

でわ。

寒汰は散々世話になったエダモトトラベルさえ後ろ足で砂をかけている。さらに、纏と大虎に対しても公然と挑戦状を叩きつけている。

まさに迷惑の塊のような男なのである。反省するのが普通であるが、凶悪犯罪者と同じ精神構造をしている寒汰は自分が他人に大迷惑をかけているという自覚は一切ないのであろう。

KJさんのコメント

最近はとてもうれしくないのですが、高田さんがご存じのように私北海道生まれです。
といっても東の最果てではなく政令制定都市でしたが。
記憶にある限り、ビニールに入れ替えるなんてことは体験したことがありません
牛乳でもコーラでもその場で飲んで瓶を返すのが当たり前?
もしや彼の地ではソ連(笑)伝来の習慣があるのでしょうか。

そういえばアンヘレスでBBQの屋台を始めた日本人の方が居ましたね。
orchid innの前の通り当たりで。
私が駐在中はもう日本に帰られて親族が引き継いで商売していましたが、他の日本人が屋台を始めた・・・と言う話はあまり聞かないですね。

北海道出身で、寒汰と同年代(失礼)のKJさんでさえ、ビニール袋入りのドリンクなど見たことがないのである。寒汰の生まれ育った土地は一体どこなのだろうか?

一応ロシア専門家の端くれだった者として言っておくと、ソ連でさえそんなことはしてなかった。

寒汰の妄想世界の出来事は誰にも理解不能である。

なお、日本人で屋台をされている方はやはりレアなようである。寒汰は最高のビジネスと考えているようだが、寒汰が屋台を始めたら一日で潰れる気がするのは筆者だけであろうか。

.

なお、別エントリの話題だが、くりっくりさんのコメントも紹介させていただきたい。

寒汰>背負っていると、気づかれずにファスナーを開けて、
寒汰>物品を失敬する人も居ますからね

これって子育てされたことのある方なら判ると思うんですが
子供をおんぶする時の為にリュックを前に掛けません?
盗難抑止効果もあるけど一石二鳥だから私は前にしてましたね。

恋が成就した事の無い寒汰にはわかるまい。

これまた鋭いコメントである。リュックを前にかけるのは、子供がいる人ならやったことがあるだろう。そもそも最近は、子供を抱っこする時、前側で抱っこすることも多い。

57年間一度も女性と付き合ったことがなく、子育てに一切関わったことがない寒汰は子育てのことがわかるわけもないのである。

なお、そんな寒汰は自称子育ての専門家である。

.

「臭橋◯至、高橋◯至、臭橋◯至、高◯順至、臭橋順◯、◯橋順至、高橋◯至、臭橋順◯は凄い!臭橋順至は現代のドンキホーテだ!俺の妄想力は世界一だ!ゲヒーーーー!」

今日も牡の山羊以上に臭い寒汰はシティガーデン206号室でがなり立てていた。

そんな寒汰を勾践さん(仮名)は呆れたように見ていた。

.

.
.

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

About plastictakata
暗黒の国フィリピンやパッツン天国タイでばら撒き、自主パト、凸凹するのが趣味の57歳のオサーンです

6 Responses to ドンキホーテの屋台プラン

  1. joe says:

    僕も北海道で生まれ小学生まで過しましたがビニール入りジュースなんて記憶に無いですね。
    例えば町の商店なんかでは紙袋が主体で新聞紙で作った袋にコロッケを入れてくれたりそんな時代でした。

    ビニール袋にジュース?ピンとこないなぁ~。しかも北海道は寒いし!(笑)

    フィリピンでご飯を食べる時にはやっぱり気を使いますよね。R氏は2回アメーバー赤痢に感染していますし、リトル東京のM崎では料理の中に人間の【歯】が入ってました。

    隣の席にいたのですがこれには衝撃を受けました!【歯】ですよ!【歯】

    当然、客も切れてウェイトレスに文句を言いましたがウェイトレスの返事が爆笑!
    Is this yours? 下手な漫才より笑いました!っても隣なので心の中でですが。

    • やはり北海道生まれの人でもビニール入りジュースなんて記憶にないんですね。
      寒汰の妄想世界はますます現実世界から乖離しているようですね。

      Rさんは二回もアメーバ赤痢に感染してるんですか。
      寒汰の場合、アメーバ赤痢の方が逃げ出しそうですがw

      歯の話は驚きですが、それで爆笑させてくれるウェイトレスもいかにもフィリピンですね〜。
      暗黒の国と言われても仕方がないとつくづく思います。

    • 真中足長親父 says:

      もう10年以上前ですが、僕が食べたマニラの某ラーメン屋ではBulbolが入ってました。ウエイトレスのオネーチャンに見せて指差したら、含み笑いしながらも首を横に振りました。なんであんな縮れ毛がラーメンに入るのか、調理は男だから余計気色悪い。当然交換してもらいました。

      20年前には、友人はご飯に混入していた石で歯を欠かしたし、嫁は固い牛肉で顎を外して病院に行ったこともあります。医者が結構顎を外す女性が多いと言ったのが印象に残っています。それに比べると多少改善されてきましたね。

      • 不勉強ですいません、Bulbol ってなんですか?
        文脈から判断すると陰毛ですか?w

        ご飯に石は時々入ってますよねww
        私は歯が頑丈なので欠けることがなかったですが、普通の人なら欠けててもおかしくない経験が何度がありました。

        顎を外すほどの牛肉ってwww
        まあ、フィリピン人(マレー系)は、元々肉食用に体ができていないのでしょうね。

  2. くりっくり says:

    記事に私のコメントを使って頂いて光栄です、が
    保身の為に言いますとカチ割の廻し飲みはしませんよ、冷やすだけw
    寒汰の様にねぶり回した物を廻し飲みはしてませんw

    ところで、寒汰が壊れてきましたね?
    非常識ではあってももう少し賢い男かと思っていましたが
    単なるバカ野郎だったみたいです。
    寒汰には釧路から出さない様な法律制定が急務と思われます。

    • 廻し飲みはしてないのですか。だったら車のタイヤにパンクは勘弁してもらえるかもしれないですね。
      ただ、路上に立って詫び状は読めと言われるくらいのことはあるかもしれません。

      寒汰の場合、ニタリニタリと気持ち悪く笑いながらねぶり回したカチ割りを見知らぬ女性につきつけそうですね。

      寒汰の最近の壊れ具合は凄いですね。何が起こっているのか詳細は今一わからないのですが、寒汰物語でいじりまわしているで大喜びしているのかもしれません。
      寒汰の期待にこたえて、もっといじってやらないといけないですねw

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。