一人でわびしい大人の遠足

2012年2月7日の魔尼羅盗撮バージン(仮名)のエントリは従来をさらに上回る悪文で、解読は超難解だった。

しかし、ターヘルサムタピアプロジェクトメンバーの協力を得て、解釈することができた。

要は寒汰はホテルである日本人とその日本人が連れている女を見かけ、無視されているのもかかわらず、妄想の中で自分の親友だと思い込んでいたようである。

寒汰が実際に体験したことを小説風に書きなおしてみた。

.

寒汰がマニラベイカフェ(MBC, かつての LA Cafe)に出入りできなくなって久しい。

MBCにいるウェイトレス、スーパーバイザー、売春婦の多くは筆者や筆者の仲間に競うように寒汰出現の情報を連絡するからである。

寒汰は異常に気持ち悪く臭いので売春婦から一切相手にされず、それどころかウェイトレスに注文もとってもらえず、一人でわびしく入り口付近のテーブルに座っている様子を逐一レポートされるのである。

たまたまオーダーをとってもらえた場合、寒汰は凄まじくひどい発音でインスタントコーヒーだけをオーダーし、コーヒーのカップをひたすら撮りまくっている様子が逐一レポートされるのである。

なお、マニラベイカフェには Brewed Coffee がしっかりメニューにあるが、英語が一切読めない寒汰はマニラベイカフェにはインスタントコーヒーしかないと思い込んでいた。

日本語が少し話せる売春婦、MJに無理やり話しかけても、MJに異常に気持ち悪がられて嫌われていたり、売春婦 Charlene に対して「SEXはしないから。一緒に食事するだけでお金をあげるから。お願い。なっ、なっ、なっ」と米ツキバッタのようにペコペコしながら頼み込んでおきながら、Charlene に様々な嫌がらせをして異常なまでに気持ち悪がられる様子が全てレポートされるのである。

寒汰が異常に気持ち悪くて臭く、そして行いが悪いのが理由である。そうでなければ、彼女たちも先を争うようにレポートしてくることなどありえない。

ともあれ、寒汰はMBCにもはや出入りできなくなってしまった。

「クソッ、クソッ、クソッ! マニラベイカフェはもう面白くないから行かないだけなんだ。クソッ、クソッ、クソッ、あの売春婦らめ。俺のことを高田に全部チクリやがって。クソッ、クソッ、クソッ。あいつらなんかネットで客を見つけられないクズ女ばっかりに違いない。クソッ、クソッ、クソッ!ネットでの出会いがもっと増えて、あいつら全員客がいなくなって干上がってしまえ!クソッ、クソッ、クソッ!」

.

寒汰は魔尼羅のホテルのレストランで悪態をついていた。今日はガイドとして雇った勾践氏は来ない。ガイドがいなければ寒汰は一人で外食することはできない。だから、ホテルで朝食をとるのである。寒汰はいつものように二人分食べていた。クーポンが二人分ある時は意地でも二人分食べないと気が済まない寒汰だった。食い意地が異常なまでに張っているのである。

寒汰はホテルで食事をする時もいつも一人だった。SANTAはラプ子や勾践氏に何度も「金を出すから一緒に飯を食ってくれよお。ゲヒヒヒ」しかし、ラプ子も勾践氏もそっけなく断った。また、寒汰がホテルに連れてかえる売春婦も、SEXが終わるとそそくさとホテルから逃げ帰るのが常であった。

いくら金がもらえるからといって、寒汰のように気持ち悪い臭い男、しかも話が全く面白くない男と食事をしたら精神が病んでしまいそうだからである。だから寒汰はいつもホテルで一人で食事をしていたのである。金を払っても誰も一緒に食事をしてもらえない寂しい男なのである。

.

この日、寒汰はある日本人が朝食会場にいるのを見かけた。この日本人の名前は野田という。泥鰌のような顔が特徴の男だった。野田は一人の女を連れていた。日系KTVで仲良くなった女を昨晩ホテルに呼んでSEXしていたのだ。野田と女が二人で楽しく食事をしているのを見て、寒汰は妄想した。

「あの男は俺の親友。俺のことが好きだから俺と同じホテルに泊まってるんだ。俺と一緒に朝食をとる予定だったのにあの女がいるので、俺は気をつかって一人で食事してるだけなんだ。俺は本当は一人で食事するはずがないんだ。そして、あの女はあの男がネットで引っ掛けた女だ。そうに違いない!ゲヒヒヒ。」

寒汰はニタリニタリと笑いながら、野田に話しかけた。女性と楽しい会話をしながら朝食をとっているところに、いきなり気持ち悪い臭い男に話しかけられて野田は不快な気持ちになったが、野田は紳士だった。

ひと通り自己紹介した後、野田は立ち去ろうとした。

すると、寒汰はこう言った。

「ゲヒヒヒ。お前は今日の午前中、何をするんだ?ゲヒヒヒ。俺は偉いからお前にずっとつきあってやってもいいんだぞ?ゲヒヒヒ」

それに対して野田はきっぱり断った。

「遠慮しておきます。私はこの子と昨晩初めて会ったばかりなんで、朝食の後もゆっくり話をしたいんです。ここでは変な人間に話しかけられて気分が悪いですから、もう部屋に戻ります。じゃ!」

すると寒汰は悪態をついた。

「クソッ、クソッ、クソッ!午前中はこの男と一緒にいようと思ったのに、俺の予定が狂ってしまった。クソッ、クソッ、クソッ。俺はまた一人ぼっちだ。クソッ、クソッ、クソッ!」

あまりの寒汰の激しように野田は怖くなった。このままにしておけばとんだ逆恨みをされそうだ。この手の男は逆恨みをすると何をするかわからない。日本の自宅の住所を突き止められて車のタイヤをパンクさせられたらたまらない。

野田は言った。

「じゃあ、寒汰さんとやら、私の予定があいたらご連絡しますよ。私の携帯番号にはかけてもらいたくないので、あなたの携帯番号を聞いておきましょう。用があればこちらからかけます。」

.

はたして昼食時、寒汰の携帯がなった。

「寒汰さんとやら、お昼いかがですか?15分だけだったら、食事に付き合いますよ。15分立ったら私、きっかり帰りますけど。あなたの逆恨みが怖いから嫌々お付き合いするだけですから、ご承知くださいね。」

これを聞いて寒汰は飛び跳ねて喜んだ

「ゲヒーーー!俺、友だちから昼食の誘いが来た!俺、凄い!凄すぎる!俺、人気者!俺、偉い!ゲヒーーーーー!はいはい。で待ち合わせの場所へ行く。ゲヒヒヒ。」

待ち合わせ場所といっても、朝食と同じホテルのレストランなのだが。

.

その後、野田は寒汰を誘うことは一切なかったが、寒汰はレストランに朝から晩まで居座るようになった。

そして、野田をみかけるたびにニタリニタリと笑い、ぶつくさと一人ごとを言うのであった。

「野田が連れてるのは朝の女と違うな。今度は別の女か。ゲヒヒヒ。俺は親友の女は全部観察することにしてるんだ。俺は偉いだろう?ゲヒヒヒ」

寒汰は他人が連れている女を自分に惚れてると思い込む癖があったが、今回もその性癖が最大限発揮されていたようだ。(寒汰のこの性癖の詳細は 後家殺し I 後家殺し II  を参照いただきたい。)

.

寒汰は野田に話しかけることもあった。

「ゲヒヒヒ。野田、俺はお前と一緒に食事をしてやるぞ。ゲヒヒヒ」

「あ、いえ、寒汰さん、それには及びません。私、この子を見送りにいかないといけないですから。じゃ!」

素っ気なく野田は交わしていた。寒汰と一緒に食事をすると、寒汰が野田の連れの女を視姦するようにジロジロと眺めるので、女が気持ち悪がるのだ。

.

「ゲヒヒヒ。俺と一緒にいないとは野田はけしからん奴だな。でもまあいい。夕暮れになると俺と一緒に飲みたくなるだろう。『寒汰さん、飲みに行きますか?』と誘ってくるだろう。ゲヒ!俺、親友と飲む!俺、凄い!これって良いよね」

そして、寒汰は魔尼羅盗撮バージンにこう書いた。

私にも都合がいい。

一緒にメシを喰らい。コーヒーを飲む。
そののちカメラを手に、私は徘徊を始めます。

そして昼はアルコールが入って、昼寝と写真の整理。

そののち夕暮れが迫る頃「飲みに行きますか?」

それぞれが、自分のしたいように時間を使い、彼との歓談の時を得て、快適健康的な就眠につきます。

結局のところ、野田は二度寒汰に食事を付き合っただけなのだが、寒汰の脳内では大親友という認識になっていた。そして野田は寒汰の誘いは全てきっぱり断っていたのだが、寒汰の脳内では「自分のしたいように時間を使」ってる素敵な間柄に勝手に変換されたいた。

自分のしたいように時間を使ってるのではなく、寒汰と一緒にいるのが嫌だから他の用事を口実に避けられているだけなのだが、寒汰は自分が嫌われていることを感じるセンサーが完全に欠如している男だった。

なお、寒汰はスカイプが流行り始めた頃、知人のグループビデオチャットに呼ばれてもないのに無理やり押しかけた。さすがは呼ばれてもないオフ会に勝手に押しかける寒汰である。

呼んでもいない寒汰が勝手に入ってきたので、知人たちは一斉に寒汰を無視して別なことをし始めた。それを寒汰は2007年5月29日の魔尼羅盗撮バージンでこう書いている。

「くつろいで寝そべっていたり」「別の娘とチャット」と、同時進行であったり………くつろぎ空間をネットで接続している感じですね。

回線がつながっているのにそっぽを向いて寝そべっていたり、別の女の子とチャットされているのに無視されていることが理解出来ない寒汰なのである。

今も昔も、ネットでもリアルでもいつでもどこでも一人ぼっちな寒汰なのである。

.

「ゲヒヒヒ!マニラベイカフェでは、俺が一人ぼっちだとばれてしまった!でも、ホテルなら監視する人間がいないから、俺は親友がいると言い張れる!俺、偉い!偉すぎる!ゲヒヒヒ。マニラベイカフェの売春婦は全員食いっぱぐれろ!ゲヒーーーー!」

魔尼羅の某ホテルで寒汰は奇っ怪な声で叫んでいた。それを野田は蔑んだ目付きで眺めるのであった。

(Sさん、情報提供大変ありがとうございました。)

.

.

.
.

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

About plastictakata
暗黒の国フィリピンやパッツン天国タイでばら撒き、自主パト、凸凹するのが趣味の57歳のオサーンです

6 Responses to 一人でわびしい大人の遠足

  1. けんと says:

    一度話した人間はみんな友達、一度でもセックスしたらもう彼氏っていう頭がおかしい女に引っかかったことがあります。
    そいつは臭くはないのですが、脳に傷があるらしく、ほかにもいろんな痛いものを抱えてます。
    もうかかわりたくない女ですが、変な能力があるらしくいろんな人が監視しているようです。
    まさに、ターヘルサムタピアPJのごとく。
    今回のエントリでそれを思い出してしまいましたw

    • sergeant_soksok says:

      兵隊時代の同期がバリ島で同胞の女人が困ってるのを助けたら、
      それ以後勝手に脳内恋人にされて大変な目に遭った。
      前回知り合ったビーチボーイを追いかけて一人でバリまで来たが、
      その男には相手されず言葉も出来ずに往生していたらしい。
      同期の泊まるホテルで待ち伏せされ付きまとわれ、
      あげくに「アタシのフィアンセなの」と言いふらされる始末。
      同期は急遽予定を変更し隠密にロンボク島へと移動した。
      かなり特殊なケースと思ってたが、そうか、寒汰とやらも同類だな。
      桑原、桑原。

      • なるほど、人助けも考えものですね。
        まあ、寒汰を助けたら100%逆恨みされるでしょうから、それよりはましかもしれませんが。

        寒汰の妄想力は凄まじい物がありますが、女性でもそういう人がいるんですね。
        あ、ちょっと思い出したことがありますw

    • けんとさん、その女性の苗字は臭橋とか高恥ではなかったですか?
      お兄さんの名前が逆至とか順痔ではなかったですか?ww

      いろんな人に監視されるなんて、本当に人気者ですねwww

      • けんと says:

        とりあえず血のつながりはない様ですが、都下民なんで。
        ただ、親も頭がおかしい部分があり、姉弟で手帳持ちです。
        普通にはそんなことありえないと思うのですが・・・
        弟のほうが、重いので扶養してますが、対象者は放置されたようで、別のところで生活保護&障害年金で生活しているそうです。
        あ、パソコンの考え方が氏と真逆で、HDDが8GBとか言ってます。
        CDからのエンコも「ネットで落としている」とかいっていますw。

      • なるほど、家族みんな精神異常なんですね、それはとても大変そうですね。
        パソコンの考え方が寒汰(さむた)と真逆なのは面白いですねww

        そのうち「私のパソコンがセキュリティ会社を覗きに行く」とか言い出すかもしれないですねw

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。