ホテルオークラでは2千円で最高の和牛が食べられるという噂

嘘と知ったかぶりだらけの妄想ブログ、魔尼羅盗撮バージン(仮名)もますます異常になってきたようである。もはや投げやりに書いているとしか思えないが、間違いを指摘する我々としてはネタが大量に供給されて喜ばしい限りである。

最近、某ソーシャルサイトにある寒汰関連グループも大盛り上がりである。

さて、2月6日の寒汰のエントリについて書いていきたい。まず写真であるが、いつまでたっても全く上達しないひどいものである。

この写真も何が撮りたいのかさっぱり伝わってこない。文章から判断すれば、女性とその連れの男性を撮りたいのだと想像できるが、その割にピントがどこにもあっていない。

女性の肩にフォーカスがあたっているが、これはカメラがあわせたものであろう。

(カメラは明るい場所に焦点があたりやすい)

セミプロAさんはこう言う。

この写真はカメラがフォーカスをあわせてる (寒汰があわせたのではない)

せっかくのカメラの性能を寒汰が邪魔している

あいも変わらず毎日毎日ど下手な写真を見せびらかす寒汰である。

さすがは店で毎日オナニーを従業員に見せびらかしていた公開オナニー男である。

.

魔尼羅盗撮バージン(仮名)からの引用

暫しして、肉が到着。

口に入れて頬張るも、マニラでも食べれる程度のもの。
昔は、赤色白十字の店で食べていたのだが、その店とも価格、質、量とも大差はない。

良かったのは、焼き加減くらいか。

友人言うところの「2000円出したら日本じゃオークラレベルのホテルのレストランで、和牛を最高の状態で食べさせてくれますよ」であります。

これには筆者は仰天した。

ホテルオークラのどこで2千円で最高級の和牛が食べられるのだろう?2万円の間違いではないのか?

そもそも、水牛の肉に脂身をインジェクションしたら、高級和牛の肉になる(実際にそんなことをすれば明確に詐欺)と豪語する寒汰である。

水牛のくず肉を最高級の和牛と呼んでいるのかもしれない。

また、ホテルオークラクラスというのも怪しいが、ホテルオークラ近くのラブホテルを寒汰はホテルオークラクラスと呼んでいるのかもしれない。

いずれにせよ、ホテルオークラ関係者が聞いたら憤慨しそうな内容である。

また、寒汰は肉の味について記述しているが、中身が一切ない。

濃いか薄いかしか分からない男には肉の味の違いがわかるわけもないのだろう。

なにせ、最高級の和牛と水牛の肉が同じだと思える男である。道端の雑草と最高鮮度のレタスの違いもわからない男である。マニラとアンヘレスの安物ステーキの差などわかるわけもないのだろう。

これだけ味について具体的な内容が一切ないブログ内容で「記事」「取材」とよく呼べるものである。肉の味について一切記述がなく、値段しか書いていない。まさに「安いの話」しかない。

高い金を出して勾践(こうせん)氏を雇って「取材」した意味はどこにあるのだろうか。

だいたい、韓国料理や和牛を食べるのにガイドを雇ってフィリピンのそれもアンヘレスまで行く意味がどこにあるのか、全く理解不能である。恐らく全人類中で寒汰にしか理解出来ないだろう。

  • 「日本人の女は金を払っても生中出しさせてくれないから、一縷の望みをかけてフィリピンで買春したい
  • 幼児性愛の夢を叶えるために買春したい」
  • 「でも買春は恥ずかしいから食べ物の研究にアンヘレスに行ったことにする」
  • 「フィリピンベテランのふりをして周囲から『凄い!凄い!』と言われたい」

と、素直に言えばまだ可愛げがあるが、寒汰にはそんな潔さのかけらもなかった。男らしさのかけらもない生物だからである。

魔尼羅盗撮バージン(仮名)からの引用

ヤクと北朝鮮製偽札の運び屋だ。

嘘だぴょ~ん。

とうとう寒汰の脳内は破壊されてきたようである。元々壊れていたのも確かであるが。

マニラでも星の多きホテルにも居そうな中国人中年男性。

最初に居た男性の横では、彼の i Pad を自分の物のように使い慣れた手つきで楽しむ娘が居ました。

後から来た男性たちも、それぞれ娘をつれていて、これがこざっぱりとして衣服もごく普通の一団です。 これから一緒に昼食を食べようと集まったのです。

英語もタガログ語も中国語も一切できない寒汰が、どうやって iPad が男性の持ち物だとわかったのだろう。妄想以外にはありえないだろう。さらに、男性たちが集まった目的などがなぜわかるのだろう? これも妄想以外には考えられないのである。

(別の席にいた欧米人の連れていた女は不機嫌そうだった)

アンヘレスでも経済格差を感じますね。

世界は経済的に悪い方向に、滝壺に落ちる水がごとくでありますが、中国・台湾、韓国の経済発展。
それぞれの国からクラークに乗り付け遊ぶ旅行者。富裕を感じさせる一団です。

欧米人は特にアンヘレスでは比較的ラフな格好をすることが多いが、寒汰はその貧富の違いがわかるというのだろうか?英語もそれ以外の外国語も一切出来ず、何を見ても勘違いする寒汰がどうやって見分けることができるというのだろうか?

寒汰が単なる思い込みと妄想だけで書いていると思うのは筆者だけだろうか?

かっての、フィリピンに遊びに来た日本人はカネを持っていたと聞きます。

ホステスのみならず、レストランのウエイトレスにも、500ペソ、1000ペソをポンとチップでやることを苦にしない人たち。

数日の旅行で、数十万数百万円を使い果たして行く人たちが、多く出入りして居ました。

「フィリピンで日本旅行者と言えば、バッパーみたいな人が増えましたね」

日本からのフィリピン旅行者が、今後横ばい、もしくは万が一、増えることに成ったとしても、かっての渡航者のように星の多きホテルに泊まり、日系のサービス業にカネを落としていることには、成らないことが見えて来ます。

日本人旅行者の増加に期待するむきもありますが、安い航空券が手に入る機会に渡航してみようと考える旅行者とは、滞在旅行生活的にも、合理的に金を使い、目的外の無駄な散在はしないことでしょう。 

寒汰はまたしても、フィリピンへの旅行客は買春客だけだと思い込んでいるのである。9年間、自分が日本語が通じる買春場所にしか通わず、最近ではガイド役に雇った勾践氏以外は誰も口を聞いてくれないから、フィリピンに来る日本人は全て買春目的で、自分と同様の凄まじいドケチだと思い込んでいるのである。

寒汰にはフィリピンに来るビジネス客も、ダイバーも、観光客も一切考えることができないのである。

自分がドケチの買春マニアだから、世の中の他人も全て同じだと思い込んでいるのである。

西成の亀さんが、マニラのレストランに行った時に「フィリピンじゃチップを置かんといかんのやろう。幾らや? これでいいか?」と言って1000ペソを、テーブルの上に置いて行こうとしたのを思い出します。

その知人のチップを根こそぎくすねていたのが寒汰であるのは、有名な話しである。

ところで、先日のエントリで書き忘れたことだが、寒汰は2月4日のエントリで、下記のように書いている

(フィリピンは豚料理が盛んだから)食べ物だって、豚の血を使った料理。フィリピンではディノグアン。

コリアでは、豚の血、ニンニク、そば粉、唐辛子を混ぜて腸詰めの『スエ』のほか、血を使ったスープもあります。

これには驚いた。寒汰はつい3ヶ月前、「フィリピンにはモツ料理はない」と豪語していたのである。

(詳細は ホルモンの店 I ホルモンの店 II をご覧いただきたい)

たった3ヶ月で突然フィリピン料理は大変革してモツ料理ができたのだろうか? 凄まじい大変化である。

寒汰は、豚料理がフィリピンと韓国にしかないと豪語しているが、別に豚の血はタイでも食べるし、中国にも猪紅と言う料理がある。ヨーロッパにもブラッドソーセージがある。世界中で豚の血は食べるが、一切海外のことを知らないのに世界を語るのが大好きな寒汰は、そんなことを知るよしもないのだ。

なお、寒汰は韓国には一度も行ったことがない。フィリピンと釧路の韓国料理屋に行っただけで韓国の全てを知り尽くした気になっているのである。

(真中足長親父さん、ご指摘ありがとうございました。)

 .

「臭橋◯至、高橋◯至、臭橋◯至、高◯順至、臭橋順◯、◯橋順至、高橋◯至!臭橋順◯はネットオタクで凄い!」

今日も寒汰の奇っ怪な自画自賛の声がシティガーデン206号室で響いていた。

そんな寒汰をガイド役に雇われた勾践氏が冷たく蔑むように見下ろしていた。

.

.
.

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

他人のパスポートや個人情報を晒して喜ぶ寒汰の悪質な行為についてはこちらのエントリをご覧下さい。

パスポートや個人情報をさらす行為

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

About plastictakata
暗黒の国フィリピンやパッツン天国タイでばら撒き、自主パト、凸凹するのが趣味の57歳のオサーンです

16 Responses to ホテルオークラでは2千円で最高の和牛が食べられるという噂

  1. GAGA says:

    ホテルオークラは私ごときには敷居が高いのですが、サービスのレベルが伝説になっていますね。

    最近、知人から聞いたのですが、海外に3年ほど赴任して帰国した際にホテルオークラのバーに行ったそうです。黙って席に着いたら「○○様、お帰りなさいませ。」と3年前のボトルが出て来たそうです。名前もボトルも覚えていたんですね。誰もが「凄い」と思える伝説のサプライズかと思います。

    釧路のラーメン屋のカウンターでラーメンを食べていると背後から「50代にもなってお前はうだつの上がらないダメな男なんだよ、ゲヒッw」とつぶやく社長も「信じられない、こいつ人間か?」と思えるほどのネガティブサプライズですね。ある意味伝説ですw

    でもホテルオークラってコーヒー一杯の価格が高級の代名詞牛丼5~6杯分の価格のはずなんですけどねw不思議とオークラのコーヒーを高いという人を見かけた事がありませんw釧路の市販スープのラーメンはやはり東京都民から見ても高いと思います。東京は値ごろ感のある美味しいラーメン屋さんが多いですからねw

    • けんと says:

      ほかの釧路のかたがたには失礼を承知でコメントしますが、試食した限りあの市販スープで満足されては困りますね。
      化調そのものは自分もドバドバ入ったのを食べたりしますが、それ以前の問題だと思います。
      実は某オフ会のスープの素は冷凍されて今も残ってますが、”とんこつっぽい味”だけしかしないので、そのうち鶏肉でも入れて煮込んでだしを足してみようと思います。
      あ、ヘットもあるんだw。

      • けんと says:

        で、釧路にもご当地ラーメンがありました。
        http://kushiro-ramen.com/jp/
        無論、かのお店は含まれてません。

      • あっはっはっは! 臭皇はご当地ラーメンには入らないのですねw
        まあ、市販のスープそのままでは厳しいですねw

      • 真中足長親父 says:

        けんとさん、

        フィリピンでもラーメンは市販スープで十分と豪語されるレストラン店主もおりました。でも、所詮市販品は平均的な味です。ちょっと工夫してタマネギ、ネギ、キャベツ、ニンニクなど野菜と鶏ガラを一緒に煮込んでスープを取り、それに例の市販スープを混ぜると劇的に変わると思います。

      • 臭皇ラーメンレシピを今、プロの方に作ってもらっています。
        私のところに届き次第、公表しますねw

        しかし、真中足長親父さんはラーメン作りでも玄人はだしのようですね。

      • やはり、あの程度の味で満足されてる釧路の方々の舌を疑ってしまいますねw
        さすがに最近では釧路の方々もあの店にはだんだん行かなくなっているようですがw

        あのスープ、まだ残ってるならいろいろ試してみてください。
        プロが作ったレシピがもうすぐ出てきますから、出てきたら寒汰物語に掲載しますよ。

    • ホテルオークラ、内装とか正直全然大したことがないのですが、そういうサービスが素晴らしいんでしょうね。
      超一流ホテルとはサービスがあらわすものだと感じますね。

      ホテルオークラのコーヒー、高いという人はいないでしょうね〜。
      釧路の喫茶サンサンの300円のコーヒーを高いと文句いい、一杯分のコーヒー豆で何杯でも入れさせるキチガイはいるみたいですけどw

      臭皇の800円のラーメンはどう考えても法外ですね。
      そもそも市販のスープをそのまま使ってるだけなのに。
      製麺に使う水も井戸水ですしねw

      寒汰の理屈で言えば、臭皇ラーメンは一杯8円くらいが適正価格ですねw

  2. とおりすぎゃり says:

    遥か昔、仕事で取引先だったのでオークラや帝国に行きましたが、
    とりあえず厨房は汚いですね。汚くてもうまい料理が出ればいいのですが、
    客室ばかり、リノベートして料理のレベルはどうなのかわかりません。
    でも、帝国ホテルで天皇陛下御一行にお目にかかったことがあり、
    近くを通り過ぎて頂いただけですが、いい思い出です。

    • オークラや帝国ホテルは仕事でよく使いました。
      (東京国際フォーラムも使いましたが、ここも料理は帝国ホテルです)
      私の場合、イベント会場として使うので食事はあまりとらなかったですが、まあそうですね。
      ケータリングだと、まあ味はいいほうですね。ただ、値段が高かったですww

      天皇陛下を見ることができたのはよかったですね。
      極左の寒汰は天皇陛下をみたら、どういう反応をするんでしょうね。
      恐れ多くも危害を加えそうな気がしますね。

  3. くりっくり says:

    記事に関係ないコメントをお許し下さい。

    私にはアホ寒汰の最新記事の文章が本当に理解出来ない。
    “大虎ではシャブ中に絡まれ、ネモトには個人情報を横流しされるよ”と書いてますよね?
    (私はそう読み取りました、違いますか?)

    “店名出すけど新規の客を紹介するから大目に見てね、根拠は無いけどリピーターにさせるから”って、これ私だったら許しません、店の入り口に「寒汰お断り!」って張り紙しますよ。
    パスポート流出犯にだけ響けばよいと思って記事を書いているのか知りませんが
    一般人が読んだら訳が判らず私も含めてもう何処の店も怖くて行けません。
    記事の結びには「全ての日系はもうダメです」まで...

    現地SIDEは掻き回してる寒汰をどう思ってるのでしょう?

    • 大虎で話しかけられたシャブ中というのは寒汰の妄想でしょうね〜。
      寒汰の場合、シャブが大大大大大好きで、年から年中シャブのことばかり考えているからそういう妄想を見るのでしょうね。
      仮に現実だとしても、寒汰がビビりまくってる様子がひしひしと伝わってきますね。

      友人のいない寒汰が客を送り込めるはずがないし、送り込んだとしても、過去の例からいくととんでもない迷惑客、客と言うよりむしろ破壊工作員ですw

      現地のお店としては土下座してでも寒汰には店に近寄ってもらいたくないでしょうね。

      現地の店の反応ですが、エダモトは寒汰(さむた)と縁を切りつつあります。寒汰は既にエダモトに数ヶ月来ていません。
      大虎は泰然自若としていますが、赤井さんを恐れて寒汰は昨年8月以降、近寄ってこないですね。

  4. 真中足長親父 says:

    ホテルオークラは20年前に珈琲飲んだくらいなのでコメントできるほどの知識がありません。

    イスラム,ユダヤ、エホバなど宗教的理由で食べない国や集団がありますが、日本のようにほ乳類の血料理がない国の方が少数でしょう。日本でもスッポンやヘビなど生き血を飲みますが、強壮剤としてがメインですし料理といえるかどうか。沖縄にヤギの血を炒めた料理があるとは聞いていますが、これは沖縄と東南アジア、中国との距離が近いこともあると思います。

    タイで血を固めた豆腐は市場で普通に売っていますし、牛の生き血と生肉を混ぜた料理を出された事があります。当然ながら遠慮しました。日本でこういうのを食べようと思っても屠殺してすぐ血を抜き畜産生成物として処理されるため、食べようと思っても食べる事はできません。もし、牛や豚の血が出されたら非合法物と断定できます。

  5. hatoya says:

    >ホテルオークラのどこで2千円で最高級の和牛が食べられるのだろう?

     ぼくも疑問で ホテル・オークラ・東京
    直営の`オーキッドルーム`調べたら

    牛ヒレ肉ステーキ胡椒焼 ワゴンサービス(100g)¥7,455
    えーと あくまでも100グラム当たりです。
    http://www.hotelokura.co.jp/tokyo/restaurant/list/orchidroom/recommend/

    ついでに `鉄板焼き さざんか`

    特選米沢牛フィレ(150g)または 特選米沢牛サーロイン(200g)
    お一人様 ¥21,000
    特選米沢牛フェア
    http://www.hotelokura.co.jp/tokyo/restaurant/list/sazanka/recommend/

    寒汰>今では、やれ「鴨オヤジだ」なんだかんだと言う人が居るけれど、
    寒汰>鴨でもなんでもなく、普段日本でも銀座やミナミ、中州やすすき野で
    寒汰>同じように金を使い遊んでいる人なれば、池の魚に餌やるごとく、
    寒汰>可愛い子供に駄賃を与えるがごとくです。
    寒汰>鴨なのでも、フィリピンに無知なのでもなく、
    寒汰>普段自分が日本でしているようにしているだけです。

     日本ではチップの慣習ないので
    寒汰が フィリピンで高い金支払いをし 
    連れて行ってもらってる言い訳かな?
    高級バーで 札ビラばら撒くのは 犯罪者位でしょ?

     因みに 銀座のバーは僕が接待していた時 
    ウィスキー一杯 1万から2万円。
    (大手企業の新卒初任給11万代前半の頃)
     

    >女性とその連れの男性を撮りたいのだと想像できるが

    この男性 某氏とそっくりで驚きました。

    >米人は特にアンヘレスでは比較的ラフな格好をすることが多いが

    *在住のじっちゃん達も オーストラリア人の青年もそうですね。

    *在住のじっちゃん達
    もう10数年住んでいるハリーさんの服装は 彼のブログで 見れます。

     
    >サービスのレベルが伝説になっていますね。

     ウン10年前から 噂聞いてました。
    一度訪れた客(宿泊)の個人名を覚えてると。

    学生時代に 唯一、ダンパの会場を断られたのが ここの東京店です。
    (帝国ホテルは 取れました)

    それとここドアマンも結構うるさくて 寒汰だと拒否されるでしょう。

     披露宴で ここを取れて 喜んでいたのは聖心の御姉様。
    彼女の評価では 東京一でした。
    当時でも 設備は古いし、暗いのですが 旅行業界での評価もダントツですね。
    未だに 団体は受け付けてないのでしょうね。

    >ホテルオークラってコーヒー一杯の価格が
    >高級の代名詞牛丼5~6杯分の価格のはずなんですけどね

     20数年前の記憶では ポットでのサービスで 1600円前後でした。

    • オークラでのステーキ、やはり2000円じゃありえないですよねw
      2000円じゃあ、肉の値段くらいにしかならないでしょうしね。
      まあ、原材料費以外のコストが一切かからないと思い込んでいる寒汰の世界では2000円で高級和牛ステーキを出すことも可能なんでしょうけどw

      > (日本の)高級バーで 札ビラばら撒くのは 犯罪者位でしょ?

      ですね〜。寒汰は銀座の店なんて一度も行ったことがないから、そんなのもわからないんでしょうね。

      > それとここドアマンも結構うるさくて 寒汰だと拒否されるでしょう。

      > 披露宴で ここを取れて 喜んでいたのは聖心の御姉様。
      > 彼女の評価では 東京一でした。
      > 当時でも 設備は古いし、暗いのですが 旅行業界での評価もダントツですね。

      なるほど。
      良いホテルとは設備だけではないことをひしひしと感じさせますね。

      > >ホテルオークラってコーヒー一杯の価格が
      > >高級の代名詞牛丼5~6杯分の価格のはずなんですけどね

      > 20数年前の記憶では ポットでのサービスで 1600円前後でした。

      数年前にオークラでコーヒーを頼んだ時は、一杯2000円くらいだった気がします。
      別に高いとは思わないですね。
      場所と雰囲気に料金を払っているのですから。

      原価しか考えない寒汰には一生分からない世界でしょうねw

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。