マニラの幻のケバブ II

引き続き、寒汰の嘘だらけの文章を紹介したい。

フィリピンのヤギ。

ジンギスカンの羊肉でも、旨いのは海辺の潮が飛んで来る辺りの塩分を適当に含んだ草を餌として育った綿羊の肉。

地形的にも周囲を海に囲まれた島で育ったヤギ肉は、フィリピン・ケソンで育ったヤギよりも、これに近い環境にあった海の潮が届く草を餌としたヤギ。

炭火の上に金網をはり、その上で焼かれたヤギ肉。フィリピンでも美味かったのでしょう?

キツネ…………天敵の少ない島で育った、潮のあたった草を餌としたヤギ。
天敵になるのは野犬ぐらいですかね。

ヤギは乳も採れるしね。 牛よりも扱いは簡易。

その乳から造った、チーズはちょい癖が有るけどね。

また何も知らないくせに、経験もしたことがないのに勝手に偉そうに語る寒汰である。フィリピンの山羊のことなど寒汰が何も知らないことは真中足長親父さんが看破している。

真中足長親父さんのコメント

脂っこいヤギ肉?フィリピンで飼っているヤギは小型で、肉が少なく骨ばかりの感じですし、ヤギ肉に脂等ほとんど付いていません。最近交雑種になって多少肉はついている物もありますが、脂は目で見えるほど付いていません。ひょっとして氏の得意なinjectionでしょうか。

水牛の肉に脂を injection すれば高級和牛になるという珍説を唱える寒汰である。山羊の肉にも脂を injection するつもりなのだろうか。

くりっくりさんのコメント

>フィリピンで屋台を始める

寒汰の為に動いてくれる人物も居るはずなくどうせ妄想なのだから
もっとレストランとかデカい妄想話を聞きたいもんです。
まぁ、いつも「安いの話」しか出来ないケツの穴の小さい男ですから
お似合いですけどねw

全くそのとおりである。どうせ妄想なのだから、でかい夢を描けばいいのに、寒汰は「安いの話」しかできないケツの穴の小さな男なのである。

なお、もし寒汰が本当に魔尼羅で屋台ビジネスを始めたら、開店初日に全備品を盗難されて廃業となる気がするのは筆者だけだろうか。

暑汰さんのコメントをもう一つご覧いただきたい。

>注文しようとすると、羊肉がありません。

何語でどうやって注文したのでしょうか
「注文しようとしたけど語学能力がないので全く言葉が通じなかった」が正解ではないでしょうか?
「ヒッツジのニク!モーニングセット!バイキングだよ!」
「ヒッツジ!ヒッツジ!」
って、シュッテルみたいに言っても全く通じないと思いますが。
「ジンギスカンだよ!ジンギスカン!」
って言ってもフィリピンでは通じないと思いますが。
ちゃんと通訳ガイド兼徘徊老人介護役のアドボ子を介して聞いてもらったのかな?

これは大変鋭いコメントである。英語が一切出来ず、shuttle (シャトル)をシュッテルといい、魔尼羅のカフェで大声で「モーニングセット(和製英語)、バイキング(和製英語)」と叫ぶ寒汰なのである。

どうやって羊の肉を注文するというのだろうか。羊の肉が英語で何か知ってるのだろうか?マトンとラムの違いはわかっているのだろか?

どう考えても、寒汰に注文はできない。また、元じゃぱゆきの通訳兼ガイドのラプ子も羊という日本語を知っているかどうかは怪しい。おそらく、通訳のラプ子にさえ話が通じず断念したというところだろう。

あるいは寒汰が雇ったガイドの勾践(こうせん)氏が面倒くさがって通訳しなかったのかもしれない。

宗教的理由からか? ビールがないのです。

真中足長親父さんの指摘があったが、ビールがないのは宗教的理由ではなく、Shawarma はファーストフードだからビールが置いてないだけである。なんでも自分の浅知恵に結びつけて妄想するところが寒汰の寒汰たる所以だろう。

なお、寒汰が今回ケバブの話を唐突に書きだしたのは、大方テレビでケバブの特集でもやっていたのだと思われる。

.

再び寒汰の魔尼羅盗撮バージン(仮名)からの引用

彼の言うフィリピンの島に、小旅行を想う一方で、『明日はH2Oホテルだな』と翌日計画を思い描いていました。

また架空友人を登場させている寒汰である。ここのところ寒汰に友人扱いされている勾践さん(仮名)にはいい迷惑だろう。逆恨みされるのが嫌で、いやいや付き合っているのに、もはや親友扱いのようである。そのうち寒汰は「勾践は俺の弟子、俺の奴隷なんじゃよ。俺を尊敬してるから俺の言うことなら何でも聞くんじゃよ。ゲヒヒヒ」とでも言い出しそうである。

さらに、寒汰はH2O ホテルに泊まるとミスリードしたいようだが、H2O ホテルは禁煙のホテルである。ヘビースモーカーの寒汰は泊まることができないのだが、どうするつもりなのだろう。

Sさん> オサレなホテル(笑)に泊まっているんだぜ(&俺は最近ここだぜ)というミスリードでしょうね。

寒汰の浅知恵には呆れるばかりである。

.

なお、寒汰はマニラの纏に関して挑戦的なことを書いているが、それに関して某ソーシャルサイトに寄せられたJさんのコメントを紹介したい。

J◯◯立ち上げの前は、美鈴に行くと必ずと言って良いほどO氏とそのお仲間が集まっていたのを思い出します。
その後纏の上に移りましたね。

纏には行ったことはありませんが、マスターとは今の大虎の場所に鳥新があった頃からの顔見知りで、会社で馴染みのKTVの子達が数名転職(FBにもいるのですが、その子達から行動がばれるので纏に行けない・・・)していることもあり、氏のうんこ記事に名前が載ることは凄く不快です。

まあマスターは相手にもしないとは思いますが?

以前うんこブログで祭囃子をベタ褒めしている際に、「うちはラーメン屋じゃないから」と軽くあしらわれた旨を書いていたと思います。

きっとラーメンの能書をきたれたのでしょうね。

自称食の専門家の寒汰だが、食についての知識、経験はド素人以下である。それは大虎の常連客たちもすぐに看破している。見破られていることもわからず、寒汰は偉そうに本当の食の専門家である飲食店のオーナーたちに説教するのだが、完全に馬鹿にされているのが明らかである。

さらにいえば、寒汰の本分であるラーメンでさえ、ド素人以下なのである。市販のスープをそのまま使っているのでは仕方無いかもしれない。

.

山羊に関して、真中足長親父さんのコメント のコメントが非常に興味深いので三度紹介させていただきたい。

ヤギ肉と言えば臭いがかなりきついです。とりわけ成熟した雄の臭いは半端なく強く体臭(ワキガ)の強いアラビアやインド人が1週間以上シャワーを浴びずに汗かいた状態と表現すればよいでしょうか。

この臭いを発するヤギを屠殺して食おうとしても半端ない臭いで、フィリピン人もバホ〜と言うくらいです。少々の臭い消しでは消えないですね。でも、この臭いが雌を引き寄せる性フェロモン、誘引剤となるわけですから、インド人やアラビア人の体臭は、先祖帰りというかホモサピエンス原型のナンパ手法かもしれません。

釧路のドンキ・ホーテさんが羊牧場に行くと雌にモテまくってやりたい放題と思いますよ。昔英国海軍が性処理のために雌羊を船に乗せたということですし、十分使えるのでは?(ScapegoatならぬSexgoatですね)

该名男子叫唐吉诃德在钏路。这家伙有一个强烈的气味和偏执。有一天,他去到绵羊牧场,和他母羊,因为他的气味所包围。他告诉我们,他是年轻女孩包围。因为他是妄想,当然,没有人相信。

scapegoat ならぬ sexgoat とは面白い表現である。雌羊が人間の性欲処理に使われていたとは筆者も知らなかった。釧路のソープランドでは女に裸足で逃げ出されてしまう寒汰には丁度いい相手ではないだろうか。値段も人間より安くなりそうであるし、北海道の地の利をいかせそうである。何より寒汰の悪臭を嫌わないのは寒汰にとって最高に魅了的だろう。

なお、最後の現代中国語の文章を日本語に翻訳したのでご覧いただきたい。(私の翻訳に間違いがあればご容赦いただきたい。現代中国語を書ける、真中足長親父さんの教養には脱帽である。)

ドンキホーテという名の男が釧路に居た。強烈に臭い偏執狂であった。ある日男は綿羊牧場に出かけた。すると雌羊たちが彼に寄ってきた。その強烈な臭気ゆえにである。その男は言った。「ゲヒヒヒ。俺は若い女に囲まれたんじゃよ。ゲヒヒヒ。」これは彼の妄想であるから、当然、誰も信じる者は居なかった。

.

「凄い!凄い!寒汰さんは臭くて羊にモテモテだ!寒汰さんは世界一のモテ男だ!」

頭の弱い takashi にそう褒められて、寒汰はニタリニタリと嬉しそうに笑うのだった。

.

.
.

寒汰物語の過去の人気エントリのリストはこちらをご覧下さい。

寒汰が過去に行なってきたストーカー行為については下記のエントリをご覧下さい。

女子高生ストーカー事件(実話)

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

寝たきり男 I

寝たきり男 II

無敵の男 II – マニラベイカフェ(MBC)

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

.

  
blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

.

.

About plastictakata
暗黒の国フィリピンやパッツン天国タイでばら撒き、自主パト、凸凹するのが趣味の57歳のオサーンです

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。