利用したことない男の agoda 利用のススメ

寒汰は最近、agoda のアフィリエイトを始めたようである。落ちる一方の臭皇の売上をそれでカバーするつもりなのだろうか。

2011年12月12日のエントリで、寒汰は agoda の解説をしている。

ホテル予約だって、当日にチョイチョイと調べて、ホームページ上で予約出来る時代。

以前の電子紙芝居のようなホームページを見て「このホテル。いつからいつまで何泊予約できますか?」なんてことをMailでキャッチボールする時代から変わって来ました。

かっては、部屋のタイプと料金。大まかな場所から、ここは空いてるかな? とやっていたのが嘘のようです。

大手の旅行会社のインターネット予約サービスでも、地区と価格を全面に押し出した検索サイトを作っているものが少なくないのですが、価格は後で何軒かの旅行会社のサイトを比較するとして、私の場合は、地域、地区と立地、ホテル内設備の関係から検索できるものは便利です。

寒汰は自分でホテル予約するのにいかにも慣れたふうに書いているが、実は寒汰は自分でホテルを予約したことは一度もない

いつもエダモトトラベル(仮名)か、イスカバリー(仮名)に頼んでいるだけである。

寒汰がタイに2006年に行った時も、TOSHIYAさんにまるごとお願いしたのである。さらに言うならば、TOSHIYAさんのために、その4ヶ月前にタイ旅行のツアーの申し込みをしてあげたのは筆者である。

(フィリピンローカルの旅行代理店に申し込んだのだが、英語でのやりとりなので申し込みからバウチャーの受け取りまで筆者が全部やった。)

このパッケージツアーで、ホテル宿泊を捨てて航空券のみ利用するというのも筆者のアイデアである。

寒汰は、さも自分が考えだしたかのようにブログで偉そうに書いていたが、実はそれは筆者がTOSHIYAさんにやってあげて、かつ教えたものである。

他人から聞いただけの話をさも自分が以前から知っていたかのように偉そうに書く寒汰の性癖に筆者はその時気づき、呆れたのである。

ともあれ、寒汰自身は agoda の利用どころか、なんにもやってないのである。

.

なお、寒汰が今回、agoda をとりあげたのは寒汰が一方的に「友人」と思い込んでいる人物たちが Agoda を利用しているからだが、寒汰のいつもどおりのパクリぶりに呆れと嘲笑がマニラで沸き起こっていることには気づかない寒汰なのである。

.

1月3日のエントリで寒汰はまた書いている。

LCCが急激に進む国際社会とくにアジアでは、ネット上にLCCの空席が、他の大手の航空会社のように、行き先、年月日、時間で、瞬時に横並びで表示されるようになり予約出来るようになるまでは、まだシステム的要件が整わない様子です。

だからこそ、隙間有りですね。

お客様が便利で必要とするものを考える。考えたものでシステムを構築する。

やっぱ、ひとですね。 ひとの質が問われています。

相変わらずひどい日本語で解読が難しいが、ようは寒汰はこう言いたいらしい。

LCCの空席予約が瞬時にできるシステムは現在無い。それは人の発想力がないからだ。

寒汰の考えてる程度の発想など誰もができている。そういうシステムができないのは、システム開発費は無料ではないからである。

寒汰の脳内ではシステム開発費も、ソフトウェア代も無料らしい。食べ物の原価しか知らない寒汰は、LCCがなぜ安いか想像もつかないのである。機内食の原材料をけちれば航空券が大幅に安くなるとでも思っているのだろう。

紙の資料でも、それをコピーして採っておいてシステムに反映しようとするひとと、何も感じず見過ごすひとでは雲泥の差です。

「なぜシステムをつくるのにそんな紙の資料が必要なんだ?」ですか?

この紙を奇麗にタイプ打ち直しで、紙芝居のようなホームページをイメージするのでしょうね。

今時、マシンを使わずに資料を作ることなどほとんどありえないが、脳内が30年前のままで止まっている寒汰の脳内では、いまだに紙の資料をマシンに手で打ち込むようである。

寒汰の脳内では21世紀の現代でも会社内はどこでも紙の資料だらけのようである。

さすがは、時代から30年以上取り残された男なのである。

アナログな旅行者でもない限りは、旅行には利口電話やパソコンを携行しています。

他の誰よりも脳内がミクロでアナログな寒汰であった。本人にはその自覚はまったくないようであるが。

そもそも、毎回毎回エダモトトラベルで予約している寒汰には、上記の件は全く関係ない。自分で経験もしないことだから、とんでもない妄想をふくらませれるのだろう。

.

「凄い!凄い!寒汰さんはアナログでエダモトトラベルに申し込む天才アナログ人間だ!寒汰さんは世界一のフィリピンベテランだ!」

今日も takashi の素っ頓狂な声が新くしろクリニックの待合室にこだましていた。

.

.
.

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

.

にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ  にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

.

.

About plastictakata
暗黒の国フィリピンやパッツン天国タイでばら撒き、自主パト、凸凹するのが趣味の57歳のオサーンです

16 Responses to 利用したことない男の agoda 利用のススメ

  1. joe says:

    昔、脳内妄想でエダモトトラベルの邪魔をする云々で弊社に因縁を付けてきた寒汰が自らアフィリエイトってのも筋が違いますね。

    LCCの件ですが意味がわからないです、HPからチケットを購入出来るなら空席有り!じゃないのかな?

    彼の言いたい事を理解すのは難しいですね。どう言うことなんだろ。

    • 寒汰がアフィリエイトをやり始めた理由は、寒汰の大親友プロペラキッドさん(仮名)が、最近タイ行きで agoda を利用しているのをみて、勝手に触発されたのじゃないですかね。
      あるいは、臭皇の売り上げが異常に下がってきたので、焦っているのかもしれません。

      いずれにせよ、寒汰がアフィリエイトするなんて筋違いというのには100%同意です。
      だいたいあのとんでもない因縁をつけてきたのだった謝ってないんですよね。
      寒汰のようなゴミクズは、大好きなフィリピンのモンテンルパの別荘で一生暮らして欲しいものですw

      LCCの件は、席をどの席にするか予約時に指定したい、ということではないかと想像しています。
      いずれにせよ、寒汰の文章を解釈するのは私でさえ難儀します。

  2. joe says:

    あ~っ、やっぱりシートの事でしたか。 英語が出来ない彼じゃ無理ですね。

    • LCCってほとんど使ったことないのですが、席って大手と一緒でチェックイン時に希望を言うだけですよね?
      寒汰の英語だとそれすら難しいですかねw

      • joe says:

        大手はHPから予めシートの予約を出来ますがLCCの場合はHPから出来ない事も多いですね。おっしゃる様にカウンターで希望を言うだけです。

        また、HPからシートの予約出来る場合は有料の場合がほとんどで非常口席はまず有料です。

        あと、荷物の重さに応じて金額も違ってきますがHPから手続きは出来ます。

        毛布は必要か?食事は?なんて会社もありますよ!でも寒汰には分からないでしょうね。(笑)

      • exit row は有料なんですかw さすがLCC なんでも金をとりますねw

        荷物の重さ、毛布、食事も Web から指定できるなら、大手とかわらないですね。
        ま、寒汰には英語は読めないでしょうね〜。

        ちなみに、お話を聞いていると今やアメリカの大手の国内線もそれとあまりかわらないです。
        LCCと大手と区別して偉そうに語る寒汰が無知なのかもしれませんねw

  3. noboru says:

    席の指定ですが、セブパシフィックの場合、事前に座席指定購入可能です。しかし、そこをケチった場合、空港で席を選択出来ないと思います。

    • なるほど、セブパシだと座席指定購入可能ですか。

      大昔にセブパシ国内線に乗ったのですが、すっかり忘れてしまいました。
      3人分席をとって、並んで座れた記憶だけがありますが。

  4. 火縄爺 says:

    年を取るにつれ、湿気た火縄銃になってきました親爺です。

    LCCは短時間のフライトならまだしも、年を取るときついです。荷物重量制限は厳しい、座席はやや狭い感じだし、飲み物や食事は買わなければいけない。やはり、LCCは時間はかけても金はかけないバックパッカーや若者向けな気がします。青春18エアー切符ですね。

    • LCCは青春18エアーですかw うまいことを言いますね。
      そのLCCに一度も乗ったことがないのに、ひたすら憧れている寒汰は、なんでしょうね。
      彼の価値基準は本当に安いこと、それが全てなんでしょうね。
      寒汰の場合、値段が安ければ飛行機が立ち席でも大喜びしてそうですw

  5. GAGA says:

    外国のマイナーなサイトで初めてホテルの予約をしたのが7年前でした。もともとITに疎いので「こんな便利な物があったんだ。俺って時代に遅れてるな。」と思っていましたが、寒汰は今頃気づいたんですねw

    LCCは何度も利用しています。日本発のセブパシには乗る気になりませんが、マニラからどこか近隣国に気まぐれで飛ぶには安くていいですね。

    ホテルもLCCも当たり前に予約してきた私には寒汰が何を言いたいのか全く分かりませんでした。実際に予約した事がない人間が知ったかぶるとあのような文章になるのですね。

    • ホテルの予約って相当昔から Web でできますよね。
      寒汰の言う「紙芝居」が何を意味するのかいまいち不明ですが、HTML も HTTP も理解していない寒汰が妄想で適当なことを言っているのだけは理解できます。
      (Flash, AJAX 以前の昔の Web でも、インタラクティブ性はあったのですが、寒汰がそれに気づいてないだけでしょう)

      > 寒汰が何を言いたいのか全く分かりませんでした。実際に予約した事がない人間が知ったかぶるとあのような文章になるのですね。

      これにつきると思いますww

  6. kJ says:

    氏がagodaをあまりに褒め称えるので、今回のBKKの宿はwebから直接頼みました。
    逆宣伝効果w
    expediaも使っていたのですが、同じく褒め称えているのでもう使うことはないと思います。

    • 確かに、寒汰が褒めていると思うと、途端に使う気がなくなりますね。
      これ以上、逆の意味で効果のあるブログもないでしょうね。
      とりあえず、寒汰のアフィリエイトは不正の疑いがあることを報告しておきますw

  7. 火縄爺 says:

    LCCの長所を一つ上げると、CAが若い!老舗の大手航空会社は定年まで続けるから、年齢が高いですよね。特に欧米系はひどい。この前乗ったNWのビジネスは65歳越えたような婆さんばかりで、熟女ラウンジかと勘違いする程でした。PALもひどいですね。年齢とプライドは高い、サービスは最も低い省エネタイプ、LCCとの違いは食事が出るくらい。SQ, CX、MH, TGと近隣諸国の看板会社とは雲泥の差があります。こんなBAL(Babaa Always LIne up)では潰れるのも当たり前です。

    クラークに始めて国際線が飛んだのは7年前くらいでしたか。その当時クラークーコタキナバルージャカルターバリを飛ぶLCCフライトを友人のため予約したことがありました。電話をかけても絶対にでない、しびれを切らして空港の事務所に行くと, 黒山の人だかりにフィリピン人の怒号、中を覗くとなんと1人で事務処理をしてました。なんか見てるとカワイそうな気がしたくらいです。

    Agodaはホテルのレートチェック、場所確認に利用しますが、予約する時は直接ホテルにする事が多いです。この前香港かシンガポールに家族旅行することになり、Cebu Pacific、PAL, Cathay Pcific, Singaporeとホテル込みでいろいろな組み合わせで調べましたが、意外に価格差は小さかったですよ。はっきり覚えていませんが、シンガポールとセブパシフィックとの差は50US$くらいでした。(同じホテル利用4泊)その程度ならシンガポールの方が断然いいですが、家族で200ドルを節約して別の方に使うかは個々の判断ですね。

    結局、知人の元CAに聞いてみたらオプションのツアーと送迎込みで価格はほぼ一緒だったので、そちらに頼みました。1週間近くネット検索は無駄になりましたが、いろいろと勉強にはなりました。

    ところで、フィリピンのタクシーが一番安いとは本当ですか?一番ぼったくりが多いとは思いますが。

    • LCCのお話、ありがとうございます。
      安いには安いだけのことがありますよね。
      安いのに、サービスが大手と全く一緒だったら大手は一社残らず潰れてますよw
      ただ、CAが若いのはいいことですねw

      私も Agoda はほとんど利用した事無いですね。一度だけかな。
      ホテルに直に予約します。
      予定に変更が出た時、間に別の会社が入っていると非常に面倒ですから。
      ま、Agoda を使ったこともなく、いつも日本語の通じるネモトトラベルにしか頼まない寒汰には理解出来ない話です。

      フィリピンのタクシーが世界一安いなんて大嘘ですよ。
      絶対的な値段で言えば他の途上国でもっと安いところはいくらでもありますし、
      物価を考えれば、少なくもタイのタクシーの方が安いです。
      寒汰は適当なことを書いてもどうせばれないと思っていつも嘘ばっかり書いていますが、今回もそれです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。