水谷竹秀『日本を捨てた男たち』が開高健ノンフィクション賞を受賞

先々週、筆者は久々に日本に出張しており、何人かのフィリピン関係の方々とお会いさせていただいた。その一人が、あの有名な白野慎也さんである。

(その詳細についてはこちらをご参照いただきたい)

白野慎也さん、私と白野さんの共通の友人であるTさんの3人で様々な話で盛り上がったが、その一つがマニラ新聞の水谷さんが開高健賞を受賞したことであった。

マニラに多い困窮邦人たちをノンフィクションで描いた「日本を捨てた男たち」が賞をとった件でしばし盛り上がったのだが、Tさんがぽつりと言った。

「フィリピン関係者にとっては大きなニュースだけど、また寒汰(SA◯TA)が、さも水谷さんの知り合いのふりをしてブログに書きそうだな。はっはっはっは。」

果たして、その翌週、2011年12月15日の寒汰(S◯NTA)のブログ、魔尼羅盗撮バージン(仮名)ではこの水谷さんの開高健ノンフィクション賞受賞が書かれていた。

寒汰は水谷さんがさも元々の知り合いであるかのように偉そうに書いているのである。Tさんの予想が全くそのまま当たったのである。

あまりに予想通りである。寒汰はさも水谷さんと知り合いであるかのように語っているが、もちろん寒汰は水谷さんとは一切面識がないと思われる。

そもそも水谷さんと面識があるなら、開高健ノンフィクション賞受賞まで本の存在を知らないのがおかしいが、寒汰は全く知らなかったのである。

更に言うなら、受賞を教えてくれた友人も架空友人だろうし、開高健ファンであったという元恋人も架空であろう。寒汰は生まれてこの方、一切女と付き合ったことがないのは、臭皇本店店長、古田さんが証言している。

そもそも、寒汰がこの「日本を捨てた男たち」を読んだかどうかも怪しい。活字を読むことが異常に苦手で読解力が異常に低い寒汰が読書をするということは考えられないからだ。

寒汰は自分でも認めているが、読む活字は週刊ポストがせいぜいなのだ。釧路・臭皇の全従業員が証言するが、寒汰が本を読んでいるところなど見たことがない。せいぜい写真中心のFLASHだと言う。週刊ポストですらほとんど読まない寒汰が、普通の書籍を読むとは思えない。

その証拠に、寒汰はこの「日本を捨てた男たち」の本の中身についてほとんど何も書いていない。書いているのは某ブログ12月9日の内容、そのままなのである。

相変わらず、パクリと嘘しかかかない寒汰なのである。

.

さらに、寒汰がこの「日本を捨てた男たち」を買っていない証拠がある。

購入しにくい状態になっているようです。

店頭か、他の………………まにら新聞社に尋ねるといいかもしれませんね。

発売元は、まにら新聞社ではなくて集英社である。自分が本を買ったのなら間違えようがないだろう。

寒汰は読んでもない、買ってもない本の中身を偉そうに語っているのである。

他人のブログで水谷さんの受賞を知り、急いで買おうとしたが在庫切れだったので買えなかった。

仕方なく、いつものように他人のブログをそのまんまパクってブログエントリを仕立て上げたというところだろう。

.

なお、開高健賞の今回第9回の選考には崔洋一がいるのに『月はどっちに出ている』も出演したルビー・モレノのネタない。

寒汰が何も見てない、聞いていない証拠だろう。開高健賞自体、今回はじめて知ったのだろう。

なお、開高健の作品には 料理がテーマの「新しい天体」、「最後の晩餐」があるから `旨さ`の表現を学習して欲しいものだが、絶望的なまでに味音痴の寒汰には無理な注文かもしれない。

.

寒汰は全く知り合いでもない人間でも、有名人とみると「ゲヒヒヒ。あいつは俺の親友。俺が世話をしてやったんだ。ゲヒヒヒヒ」という癖がある。

白野さんに関しても、寒汰は「あいつは俺の親友。俺がタガログ語を教えてやったんだ。ゲヒヒヒヒ」と言っていた。

日本でも指折りのタガログ語スピーカーの白野さんを捕まえて、「タガログ語を教えてやった」とは俄に信じがたいことである。

なにせ、寒汰はタイ語がタガログ語に聞こえるのである。信じがたいことだが、寒汰自身がはっきり2005年10月22日の魔尼羅盗撮バージンのエントリで書いているのである。

ディウ エー エーム

JAL成田ーマニラ線 JALウェイズの機内の話です。

ネームプレート(を見ると)どうもフィリピーナです。

機内乗務員のフィリピーナの比率はチャイニーズ系が多く。スパニッシュなフィリピーナはお目にかかれなかったのですが、それはそれ接客でフィリピーナの顔が随所に見られます。

業務はマニュアル通りきっちり行われていますが、これまでと違うのは日本語、英語のほかにお客様との会話に、タガログ語が頻繁に使われてること。
機内からフィリピンが始まっていることです。

フィリピンからの労働力の雇用の試みが、日本の顔JALから民間主導ですすんでいることはいいことです。
この試みが成果をあげてフィリピーナ雇用の多方面拡大がすすむことを期待したいものです。

ディウ エー エームという、どっからどう見てもタイ人に典型的なシューレン(あだ名)であって、フィリピン人ではありえない名札を見て「フィリピン人だ!」と大騒ぎし、彼女らが話すタイ語をタガログ語と勘違いしているのである。

寒汰はสวัสดีคค่ะ(サワディーカー)が magandang hapon po に聞こえるのである。

สวัสดีคค่ะ と magandang hapon po は、全く違う。どう聞いても全然違う。演歌とロックミュージックくらい違う。全く違うのだが、もう一度言う。寒汰はタイ語がタガログ語に聞こえるのである。そして、そのことを自分自身ではっきりブログで書いているのである。

そんな絶望的なまでにタガログ語ができない寒汰が、どこでどうやったら白野さんにタガログ語を教えられるというのだろう?

筆者は長年、疑問に思っていたので、今回白野さんに思い切って聞いてみた。

「白野さん、寒汰(SAN◯A)と知り合いなんですか?」

すると、白野さんは物凄く嫌そうな顔をしながらこう答えた。

「あー、◯ANTAね、名前は聞いたことありますけどね。直接話したことは一度もありませんよ。」

白野さんが汚いものでも見てしまったかのように吐き捨てるような言い方をしたのが印象的であった。しかし、それ以上に驚いたのが、そもそも白野さんは寒汰(SANT◯)と一度も話をしたことがない点だった。

寒汰は全く面識すらない白野さんを親友呼ばわりするどころかタガログ語の弟子扱いしているのだが、実は口を聞いてもらったことすらなかったのである。

.

水谷さんの件といい、白野さんの件といい、寒汰はフィリピン関係の日本人で有名な人がいると片っ端から架空親友、架空弟子にしたてあげるようである。

「凄い!凄い!フィリピン関係者は全員寒汰さんの弟子だ!寒汰さんは世界一のフィリピンベテランだ!」

今日も takashi の素っ頓狂な声が新くしろクリニックの待合室で響いていた。

(本エントリの水谷さん関連の部分は、hatoyaさん及び浪速のおっさんさんのコメントも活用させていただきました。お二人には大変感謝いたします。)

.

.
.

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

マニラでも指折りの美味しい料理が味わえるレストラン、大虎の情報はこちらをご参照ください。

.

にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ  にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

.

.

About plastictakata
暗黒の国フィリピンやパッツン天国タイでばら撒き、自主パト、凸凹するのが趣味の57歳のオサーンです

6 Responses to 水谷竹秀『日本を捨てた男たち』が開高健ノンフィクション賞を受賞

  1. joe says:

    はっはっはっ!弟子の身分で師匠を馬鹿にした!キィ~!白野さんに攻撃の矛先が向かなければ良いですね。(笑) 

    • ははは、寒汰が白野さんを攻撃したら、それ以上に手痛い目にあうでしょうねw
      ちなみに、私は寒汰と違って白野さんに「白野さんとお会いしてお話させていただいたことをブログに書いてもよいですか?」と確認をとりました。

      異常に臭い気持ち悪い寒汰が頼んだら白野さんも即刻拒否したでしょうけど、私は加齢臭がまだ薄かったのか快諾いただけましたw

  2. 寒汰出没注意 says:

    妄想家の寒汰は、死ぬまで風車を巨人と勘違いして突撃しつづけることでしょう。

    • そうですね〜。ドン・キホーテのたとえは勿体無いですね。
      寒汰の場合は、その辺の肥溜めを巨人と勘違いして突撃してそうですwww

      あるいは、小学生が終生のライバルなのかもしれませんww

  3. くりっくり says:

    私もgooかniftyのポータルサイトで受賞を知ったのですが
    寒汰はプレイボーイポータルから紹介していたのには笑ってしまいました。
    普通、そんな場合は上品ポータルのリンク貼りませんか?
    検索すら出来ない無能さと、もうひとつ先を読まない知恵の無さ。
    どんなに物知りなフリをしようがお郷がしれていますね。

    • なんかエロい広告がやたらあるページだと思ったら、プレイボーイでしたかwww
      寒汰は週刊ポストがジャーナリズムの最高峰だと思ってる男なので、プレイボーイも超高級文芸誌だと思ってるのかもしれませんねwww

      寒汰は検索する能力すら全く無いですねwww
      教養も学も全く無いです。いくら背伸びしても、こういうところでモロバレですねw

      お里が知れるというのは、まさに仰るとおりです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。