自分単独で考えることができない=2ch出身者

とても鋭いことを言っている人が居る。


自分では何らの独自的展開や思考ができないのに、他人の作品や書き込みをとやかく言う奴がいるものです。

人の意見が無いと自分単独で考えることができない2ch出身者に多いタイプです。

こういう人は機会あるごとに自分の知識を披瀝したがる
この場合の知識とは、インターネットの検索上手以上ではありません。

他人の知識や知的制作物に、ほかの知識を自分の考えであるように装って貼付ける
他人のノッタ女の書き込みを見て、初めて勃起衝動が起き乗りたくなるタイプ。

クソ食らえ!です。

ま〜気にせず「汝の道を行け。そして人には語るにまかせよ」です。」

内容は非常によいのだがこの筆者には大きな問題があった。それは、自分自身がそのパクリ大魔王であることに気づいていないことである。

そう、このブログを書いているのは寒汰。2005年1月9日の魔尼羅盗撮バージンのエントリ内容である。

以前、ご紹介したように、寒汰は自己愛性人格障害というキチガイ一歩手前の病気である。この病気では自分がやったことをさも他人がやったかのように思い込む投影が行われる。

当時寒汰は、「あ・魔尼羅(マニラ)」(仮名)で他の人が書いた内容をそのまんまコピペしているくせに、さも自分が調べてきたかのように言い張り、他人の作った地図をまるで自分が作ったかのようにペタペタ貼りまくり、さらに他人の経験談をいつの間にか自分の経験談だと言いはった挙句「パクったのはアイツの方だ」と事実とは真逆の主張を繰り返していた。

英語もタガログ語も一切出来ず、フィリピンに嵌るまで一切外国経験がなかった寒汰である。当時はタクシーにもジープにも一人で乗れず、今以上に何もできない男であった。

そんな男が自称フィリピンベテランを名乗り、他人の文章、地図、写真を平気でパクるくせに、他人の批判だけは人一倍なのである。

「あ・魔尼羅(マニラ)」(仮名)から鼻つまみ者になっていたのは当時の「あ・魔尼羅(マニラ)」(仮名)メンバーのデビル総裁はじめ全員が証言する。

.

「ゲヒーーーーー!俺、偉い!俺、凄い!俺は取材の天才!俺はフィリピン中の取材をして記事を書いている!俺、凄すぎる!ゲヒーーーーー!」

英語もタガログ語も一切出来ず、当時写真すら他人のものをそのまんま盗用していた寒汰、パクリ大魔王・寒汰はある意味自己分析は正確にできているようである。

.

.
.

この世に生を受けたばかりの赤ん坊を侮辱し、死んだ方をパスポートをネットで晒し冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ  にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
.

.

About plastictakata
暗黒の国フィリピンやパッツン天国タイでばら撒き、自主パト、凸凹するのが趣味の57歳のオサーンです

12 Responses to 自分単独で考えることができない=2ch出身者

  1. とおりすぎゃり says:

    自分単独で考えることができない=2ch出身者に多いタイプです。
    これは真実はViceversa(スペル忘れました。)でないでしょうか?

    • vice versa 綴りあってますよ♪

      自分で考えることができないから 2ch に嵌る。2ch に嵌ってるから自分で考えることができない。
      どちらも真実だと思いますw

      そして、寒汰が 2chキチガイというのも真実ですねw

      • とおりすぎゃり says:

        日本の情報源の良心が2chというのが現実だと思います。
        それ以外でどこで、必要な情報を日本語で見つけられますか。
        私は苦心しましたが、2ch以上の情報ソースは未だに発見できずにいます。

      • あー、なるほど。そういうことでしたら、vice versa の意味とは違いますね。

        ともあれ、
        > 日本の情報源の良心が2chというのが現実だと思います。
        とのことですが、2ch には他にはない正しい情報がある場合があるのた間違いないですね。

        私の会社はいろいろマスコミにとりあげられることも多く、憶測記事がよくありますが、
        一般の記事の内容はほとんど間違っていて、2ch に正しい情報がある場合も珍しく無いです。

        ただ、注意しないといけないのは2chの書込の大半はノイズだということでしょうか。S/N 比はかなり悪いですねw
        あと、2ch 以外にも正しい情報があることはありますよ。
        個人のブログだったり、オンラインフォーラムだったり、何かのドキュメントだったりしますが、2chにもない正しい情報が、それ以外のところにある場合もあります。
        ま、分野ごとにそれを一々探すのは大変なので、自分の専門領域でないところなら2chを見る方が効率的な場合は少なくないかもしれません。

        話がそれましたが、寒汰が大好きなのは2chの中でも誹謗と中傷だらけの板で、上記のような一片の真実すらないところですねw

      • とおりすぎゃり says:

        はい、おっしゃる通りです。個人的にもいくつかお気に入りブログはあります。
        ただ、私はサムタさんと利害関係ないし、知らないので、
        サムタさん批判はしませんよ。(笑)

      • あー、なるほど。寒汰と直接関わりがないのでお名前が「とおりすぎゃり」さんなんですね。
        そういう方も歓迎ですよ。

        このブログは何故か知的な方がコメントをくださっていて、そういう方の知識を拝見するだけでも楽しいですし。

  2. ライス無料食べ放題 says:

    人のイラストが無いと自分単独で店の看板を考えることすらできないアイヌ出身者。
    それが寒汰です。

    • うまい!!
      爆笑させていただきました!

      そう、人のイラストがないと自分単独で店の看板を考えることすらできないのが寒汰ですね〜w

  3. 浪速のおっさん says:

    15日のエントリー。
    これもパクリでしょう?
    某ブログにエントリーされてありました。
    得意のパクリかな?

    【日本を捨てて欲しい男 9年間毎月買春の為に渡比する臭邦人】
    執筆活動しようかなww
    早く自分がどの様に見られているか気づいてほしいですね。

    • > 【日本を捨てて欲しい男 9年間毎月買春の為に渡比する臭邦人】

      大爆笑ですwwwww
      執筆されたら、第一回高田亨ノンフィクション賞を差し上げますww

      寒汰は自分が他人にどう見られているか、真逆に勘違いしてるんでしょうね〜ww

      なお、このコメント、エントリ本文で流用させていただきました。
      ありがとうございました。

  4. hatoya says:

    >これもパクリでしょう?
    >某ブログにエントリーされてありました。

    パクリでしょう。

    寒汰>2011/12/15(木)
    パクリ先>2011-12-09

    いつものパクッタ際のコメント。
    寒汰>「まにら新聞の水谷氏が、開高健賞をとったよ。」そんな知らせが届いてました。

    寒汰>店頭か、他の………………まにら新聞社に尋ねるといいかもしれませんね。

    発売元 集英社ですから 買ってもいないかも?
    http://gakugei.shueisha.co.jp/kikan/978-4-08-781485-9.html

    >私としての興味は、開高健ノンフィクション賞受賞作品であることでした。

    第9回の選考に 崔洋一がいるのに 
    『月はどっちに出ている』も 出演したルビー・モレノのネタなし。

     ついでに また買春できなくて 食べ物ネタとこれ。
    開高健の作品には 料理がテーマの
    「新しい天体」、「最後の晩餐」があるから `旨さ`の表現を学習して下さい。

    • 順序が逆になりましたが、こちらのコメント、エントリ本文で活用させていただきました。
      どうもありがとうございます。

      寒汰はいつもいつもパクリですね。
      この本も買ってないのは間違いないでしょうねw

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。