ピーナッツバターとカレーを勘違いする男 IV

引き続きいもさんからのコメントを紹介したい。

寒汰のマルヤ(MARUYA)の記事は ここからのパクリだったんですね。

マルヤ(MARUYA)
フィリピン情報ポータルサイト – philippine.me
http://www.philippine.me/food/20

saba種を `調理用バナナ`とそのまま使ってます。

確かにこの調理用バナナという日本語訳はおかしい

primarily a cooking banana though it can also be eaten raw.
(主に調理用だが生でも食べられる)

Saba banana
http://en.wikipedia.org/wiki/Saba_banana
サバ種バナナって フィリピンで最もポピュラーなものだと思います。

フィリピンに関わっている人間なら、このバナナが調理専用と思う人はまずいないだろう。ごく普通に食べるバナナである。

しかし、フィリピンに毎月行っても何一つ見聞きしてない、見ても何も学ばない寒汰はそんなことも知らないようだった。

そもそも、そこに正解の英語が書いているにも書かわらず、英語が一切できないから間違った日本語訳をコピペしているのである。情けないほどに知識も教養もない男なのだ。

マルヤって 僕にとって バナナQに比べ 珍しいおやつで
僕自身名称を 知りませんでした。

http://en.wikipedia.org/wiki/Maruya_(Filipino_cuisine)

はっきりいって、いもさんは寒汰の数十倍の知識がある。そんないもさんでも、いや、そんな人だからこそ知らないものは知らなかったと素直に言う。

一方、何も物を知らない無教養極まりない寒汰のような人間に限って「俺、博識。俺、知恵オタク。ゲヒヒヒ」と真逆のこと言って知ったかぶりするのだ。

博識ないもさんは謙虚さゆえにますます知識が増え、無学無教養の寒汰は知ったかぶりばかりするからさらに無知になっていくのである。

Eddyさんのコメント

http://www.philippine.me/food/beef/14

ここを見ると、味付けはピーナッツバターとバゴオンだけですね。

いもさんのコメント

このphilippine.meのレシピにはパゴーンの記載ありますが
セブ市内のレストランでは パゴーンは テーブルに置かれました。
またメニューの説明に`ピーナッツ・バター入オックス・テール・シチュー`とありました。

他のレシピを読むと牛の尾のブロスに塩、ニンニクだけが多いですね。
入れても魚醤のパティス位みたいです。
郷土料理になっているらしいパンパンガ州のレシピにもなかったです。

Pampanga Cuisine:Top Kapampangan/Pampanga Recipes
http://eksite.com/pampanga_cuisine.html

カレカレって 薄味なので 多分、愛媛県の人とか
京都の仕出し屋が好きな人には 不味くはないでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

フィリピン情報ポータルサイト – philippine.meも
フィリピンサイトのレシピのパクリで
(参照先のURLなどない)
翻訳の間違いが あります。

==間違い==
>500グラムのサローイン
>伝統的なカレカレは蜂の巣を使用
(ハチノスなら honeycomb and pocket tripeで 原文はただtripe)
>ココナッツ油( 無理矢理の翻訳)
>サヤインゲン(市場で現物みれば インゲンだと思いません)

寒汰がこっそりコピペしたサイト、philippine.me からしてそもそも間違いだらけのようである。

tripe が蜂の巣では全く意味が違う。tripe は牛の胃である。白くて網目状になっているので蜂の巣に見た目は似ているが、味も中身も全く違う。

(筆者はベトナム料理が好きで、ほぼ毎週 tripe 入りのフォーを食べるのでよくわかる)

辞書を適当に見て「蜂の巣」と訳したのだろう philippine.me も酷いがそんな間違いだらけのサイトだと全く気づかずにコピペするのはやはり寒汰の寒汰たる所以だろう。

基礎的な知識がないので、大間違い情報だと見分けられないのである。

何回も言っていることだが、寒汰は基本知識がないので検索しても間違ったことしか見つけられないのだ。

基本的な教養がない人間はネット検索すら有効に活かせないことを図らずも寒汰は証明してしまったのである。

.

.
.

この世に生を受けたばかりの赤ん坊や、死んだ方を冒涜する寒汰の非人道的行為については下記のエントリを御覧ください。

死者への冒涜

人の誕生と人間としての矜持

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関しては以下のエントリを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ  にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
.

.

About plastictakata
暗黒の国フィリピンやパッツン天国タイでばら撒き、自主パト、凸凹するのが趣味の57歳のオサーンです

9 Responses to ピーナッツバターとカレーを勘違いする男 IV

  1. GAGA says:

    カレカレを知らない事は日本人にとって全く恥ずかしい事ではないと思います。

    殆どの人が興味すらない事だと思います。

    うんこブログからは、

    「どうせ皆知らないだろう。だから適当に嘘を書く。皆、興味がないから調べもしない。皆、俺の事博識だと思う。俺、頭いい。」

    というメッセージが聞こえてきそうです。

    寒汰は「好奇心が」とか「少年のように心が小躍りしている。」との表現を使います。まぁ最低レベルの好奇心なのでしょうが、いもさん、Eddyさん、真中足長おじさんのようなどのような些細な事でも多角的に真実を追究する「知的好奇心」とは地球10周分くらいかけ離れているように思います。

    まぁスペインのフィリピン統治を200年とか300年とかブログエントリーによって気分で違う事を書く基地外には理解できない事でしょうがw

    いい加減スペイン統治くらい覚えろよ。

    • おっしゃるとおりですね。
      「どうせ誰も正確なことなんて知らない。いい加減なことを書いておいても誰も分からないから逆に博識と勘違いしてもらえる。俺、偉い!」
      と考えているのが透けて見えるのが読者に不快感を与えるんですよ。

      いもさん、Eddyさん、真中足長親父さんは確かに本物の博識ですね。
      三方ともある「プロ」ですから当然と言えば当然かもしれませんが、寒汰のような「自称博識実際は無知蒙昧」男と比べるのもおこがましいほどですね。

      寒汰は本物を知らない、知ろうとしないから自分が博識だと勘違いできるんでしょうね。

  2. Chang Mi says:

    寒汰さんのブログには超フィリピン初心者しか見ないんでしょうか?

    だって、カレカレは、観光客が必ず行くという『Kamayan』のメニューにもあるし、HPにはバッチリ真ん中あたりに写ってたりする料理なんですもの。・・・・→http://www.kamayan.com.ph/index.html

    フィリピンに一度でも行ったことない人は当然知らないでしょうが、数日滞在してたら、知ってそうなレベルだと思いませんか?

  3. KJ says:

    Kamayan高いですからw
    一食500ペソが限度の氏では許せる値段ではないのでは。
    日本いうところのファミレス的なMaxもすぐ一人500ペソ超えてしまいます。

    氏の予算ではマクド、ジョリビー、トロトロが良いところでしょうねw

    • 寒汰は奮発するときの上限が500ペソです。
      普段はその1/4の250円が上限ですww

      釧路の伊予製麺で250円の素うどんん100円の割引券を利用して150円で食べてるのが何よりの自慢ですw
      完全に病気レベルのドケチですねw

      寒汰にとったら、ジョリビーが超高級フィリピン料理なんでしょうねw
      どんなけ偏ったフィリピン体験なのかw

  4. 真中足長親父 says:

    あっはっはー、お褒めにあずかり光栄です。単に”痴的好奇心”が旺盛なだけのスケベ親父です。どうせ遊ぶなら、食べるなら楽しまなきゃ損という阿波踊り的精神が強いのでしょう。

    この前風邪気味だったアンヘレスの奨楽性子ちゃんとデートして、見事に感染し熱を出してしまいました。おかげで自主パト謹慎中です。飛沫感染するウイルスは唾液感染では数十倍強いということを身を持って経験しました。そんなこと常識なのに、知性は痴性に勝てないという自分の弱さも痛感する阿呆なのです。

    寒太さん、エダモトに頼らず自分であちこち出かけたら、結構面白い発見があります。この前久しぶりにGrennbeltで友人と食事をしました。真ん中の庭園のコーヒーショップが建ち並ぶあたりにモデル風金髪オネーチャンやピーナが屯してました。周りとは明らかに異質な超セクシーな格好でした。ファッションに疎いので服を何と言って表現していいかわかりませんが、要はタチンボさんの雰囲気です。試しに彼女達の間を通ってみたら”Hi,sir!” .
    友人によれば言値7000pesoでしたので、ピーナはもう少し安くなるでしょうが、さて金髪ネーチャンはいくらなのか?そんな突撃レポートをしてくれると参考になります。もちろん、架空でなく実録ですよ。僕は間違ってOKAMAを出して喧嘩したことがあるので、タチンボお断りなので、最近の事情がわからないのです。教えて、寒太さん!

    • ははは、真中足長親父さんは正直ですよね。かつ謙虚。
      でも、行間から高い知性をひしひしと感じますよ。
      痴的好奇心と言いながら、本当の知的好奇心もふんだんにお持ちなのがよくわかります。

      奨楽性娘に風邪をうつされたのは災難ですねw でもそれでも真中足長活動はやめられないのはよくわかります。

      Greenbelt でモデル風金髪のお姉ちゃんが客をとってるねすね。7千ペソははっきり言ってかなり安いですね。
      日本で金髪系モデルを買おうとしたら、その倍じゃ済まないですから。
      まあ、費用対効果など一切考えたことがなく、ただ費用が安いことだけを求める寒汰には理解出来ない話でしょうねw
      まあ、彼は生中出しできるならその辺の鶏の穴にでも突っ込んで喜んでそうですw

      あ、そもそもそれ以前に、彼は英語が全くできないから、買うこともできないですねw

  5. Jバス says:

    寒汰のインチキ出鱈目ブログ 2012/02/04(土)のエントリーです。
    ■普通の容器に取り分けてくれた、一つの冷麺から考えるフィリピン。■
    >キムチ造に使う、アミの塩辛はバゴオン。
    >魚醤たるハソンジョンはパティス。
    >フィリピンの人々が、キムチを抵抗無く食す背景には、共通する食材、調味料、味、味覚があると考えています。
    もっともらしく、あたかも「食の専門家」の如く書いていますが、途方もない大嘘が書き連ねてあります。
    ハソンジョンは韓国の魚醤で、鰯(イワシ)のエキスだそうです。
    フィリピンのバティスとは似て非なるものなのです。
    パティスは鰯を原料としたものだけではありません。
    ロリンズは鯵(アジ)が原料であり、テンタイは鯖(サバ)が原料です。
    「フィリピンの人々が、キムチを抵抗無く食す」となっていますが、日本人の客に連れられて焼肉屋に頻繁に行ったことのあるP嬢様ならば抵抗は無いと思います。
    しかし、一般的なフィリピン人が最初から抵抗無く食べることは出来ないはずです。
    寒汰の論調ですと、フィリピンと韓国では食文化が類似していると言うことになります。
    まったく馬鹿げた話です。
    日本でも一般的になりつつあるタイのナンプラーや、ベトナムのニュクマムは鰯(イワシ)が原料です。
    また、日本国内にも多種多様な魚醤が存在します。
    原材料としては鰯のみならず、秋田県の「しょっつる」はハタハタで、能登の「いしる」はいわし(鰯)やイカで作るそうです。
    カタクチイワシを材料とするものは全国各地にあるそうです。
    魚醤は、東南アジア各地で多様なものが作られ、使われています。
    もちろん中国、朝鮮半島、日本でも然りです。
    鰯を原材料としたものは大変多いですね。
    アジアだけではなく、欧米にも魚醤製品は数多くあるそうです。
    寒汰は「共通する食材、調味料、味、味覚」と書いています。
    これに対して、普通の感覚の日本人であれば違和感を感じるはずです。
    寒汰の妄想によるデタラメに接してきた方々は、すぐにわかると思います。
    >フィリピンとコリアに共通することは幾らでもあります。
    >キリスト教信者が多いという宗教上のこと。
    >同一民族間での内戦や対立状態にあること。貧富の差と階級対立など………………多くの共通、類似環境があります。
    寒汰は前段でこのように書いています。
    しかし、韓国のキリスト教徒は「多数」であり、フィリピンでは「絶対的大多数」なのです。
    韓国と北朝鮮は戦争状態です。しかし、フィリピンにおける内戦は異なる宗教による国内紛争なのです。
    同一民族と寒汰は言いますが、考え方にもよりますが、同一人種の異なる民族とも言われています。
    寒汰は僅かな知識で不適当な見識をバラ撒く迷惑爺なのです。
    頭が悪い上に性格はネジ曲がっており、誰からも嫌われているんです。
    高田様のご指摘の通り、寒汰は「基本的な教養がない人間」であり、ネット検索すら有効に活かせない耄碌爺なのです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。