蘭州ラーメン II

寒汰の「食」に関する無知は凄まじかったが、特に麺類に関しては目を覆うほど間違いだらけだった。

寒汰はどうも自分が得意だと思っている分野ほど知識がなかったり間違っているようである。

また、少し調べればわかることでも基礎的な知識すらない寒汰は調べることすらできないのである。

このエントリでも引き続き寒汰の9月1日付けのエントリ「MOAで台湾湯麺を蘭州拉麺で食す。 【Mey Lin POT & NOODLE HOUSE】」の間違いを指摘していきたい。

.

寒汰> 店舗や什器機器を考えなければ………屋台なら40ペソ売りでも、利益率70%です

寒汰の凄まじい経営理論の中では人件費も、広告宣伝費も在庫廃棄損も一切考えていない。

極度に頭の悪い寒汰には食材費以外に費用がかかるということが理解出来ないのだった。

(最近、当ブログに散々指摘されようやく店舗の賃借料、各種機器が無料ではないと理解したところである。)

経営のド素人なら何も知らないと素直に書けばいいのだが、背伸びして知ったかぶりをするから恥を晒す寒汰なのである。

寒汰> 日本のラーメンには、レンゲやスプーンは要らないのです。
寒汰> ラーメンも丼ごと持って、啜り、掻き混むものだ

フィリピンで中華料理を食べているのに、寒汰は突然日本のラーメンの食べ方を押し付ける。

自分の身勝手な価値観を他人に押し付ける典型であった。

寒汰はラーメンはフィリピン料理とでも思っているのであろうか。

ちなみに、麺類を音を出して食べるのは日本では問題ないが、フィリピンを始め海外ではマナー違反である。

海外の飲食店で、麺類をズルズルと音を出して食べていると白い目で見られる

また、丼や皿を持って食べるのも明確にマナー違反である。

日本以外の国では、皿を持って食べるのは乞食並に卑しい行動だとみなされるのである。

スープを飲む時でも反対側に軽く傾けてスプーンですくうのがテーブルマナーなのだ。

極貧階級に生まれ、乞食並みのマナー環境で育った寒汰はそんな世界のマナーを知るわけもなかった。

知らないだけならともかく、下品なことがよいことだと勘違いしているのはもはや犯罪的ですらあるのだ。

もちろん、中華料理でも皿を手で持って食べるのは明確にマナー違反である。

それなのに海外の中華料理屋に、手で持って食べるという乞食マナーを押し付けるのが寒汰の寒汰たる所以だった。

寒汰> 啜るとは、器に口をつけて、隙間をつくって空気と一緒に冷却して、汁を口中に運ぶ
寒汰> 熱々の味噌汁を..啜る
寒汰> 若い娘たちには”啜る”が出来ないのです。惜しいですね。
寒汰> 牛丼や天丼などの丼ものも、ラーメンも丼ごと持って、啜り、掻き混むものだ

乞食レベルのマナーしか持たない寒汰は世界のマナーはもちろん日本のマナーさえ知らないようである。

日本でも麺類以外を音を出して啜るのはマナー違反なのである。

世界にも日本にも自分の乞食並のマナー違反を押し付けるのが寒汰なのであった。

いや、その表現はさすがに失礼だろうか。

寒汰と同列に扱われてはさすがに乞食に対して失礼である。

ともあれ、自分の凄まじいばかりの非常識を他人に押し付ける寒汰である。

.

寒汰は得意のはずの麺料理のスープについても凄まじい無知と無理解をさらけ出していた。

寒汰> チャイナタウンのそれは、わざわざ脂を取り除いたような牛湯麺..なんとも淡白

寒汰> キアポでは..脂っぽい…いい感じ

この文章から判断すると、脂分がなければ淡白で良くない、脂分が多ければ「いい感じ」と寒汰は感じるようである。

さらに寒汰にとっては脂分は味の濃さと同義のようである。

つまり、やはり寒汰はスープの味を濃いか薄いかでしか判定できてないようである。

コクも脂分も全て「濃さ」と同じにしか感じないのである。

そして脂分が多ければ(スープが濃ければ)うまい、脂分がなければ(スープが薄ければ)淡白でまずい、という考えを持っているのである。

濃い味だけを美味いと感じ、薄い味を全部不味いと感じるのは味音痴の典型である。

何度も確認してきたことであるが、やはり寒汰は極度の味音痴のようである。

.

寒汰は麺には非常に強いこだわりを持っている。なぜなら臭皇の食材は麺以外はすべて外注品だからだ。スープは市販品をそのまま使っているし、トッピングも全て業者から仕入れたものをそのまま使っている。

ただ麺だけは寒汰が製麺している。寒汰が麺に異常にこだわるのはそれが理由だった。寒汰には麺しかないのである。

しかし、その麺でさえも寒汰の無知は凄まじかった。

寒汰> シコシコ?よりも………モチモチ、ツルツル、プツンに近いものです。

こんな擬音でしか寒汰は麺を表せない。

寒汰は唯一の砦の麺ですら知識がないようである。

さらに、寒汰は製麺の基本的知識さえないのを佐無田 光さんのコメントで指摘していただいたのでご紹介したい。

手打ちと手延べの違いについてです。

手打ちの場合、平たく延ばした生地を切る作業で麺を細くしますが、手延べの場合、何度も何度も延ばして麺を細くしていきます。

手打ちというのは製麺機を使わずに生地を人が包丁で切って作るということです。
手打ち=人が包丁で生地を切る という意味です。
うどんやそばなどの場合は、手打ちうどん、手打ちそばとなります。

しかし、拉麺の場合は手で引っ張って作りますから、この場合、手打ちではなくて手延べと呼ぶべきです。
そもそも、この「拉」という文字には引くという意味があり、引っ張って作る麺なので拉麺と言います。
拉麺を手で作る場合は、ちょうど良い太さになるまで何度も引っ張って作りますから、それをあえて日本語で言うなら「手延べ拉麺」となります。
そうめんやひやむぎなども手で延ばして細くして作るものですから手作りのものは手延べと呼ぶはずです。

寒汰氏はラーメン屋のくせに手延べと手打ちの違いすらも区別できないようです。

そもそも名古屋を名小屋、大阪を大坂、暑中を書中と書いていても気づかないような奇特な方のようですからこの程度の認識不足は仕方ないのかもしれませんが。

.

製麺しかやってない寒汰であったが、その製麺に関しても凄まじく無知をさらけ出している寒汰なのである。

味音痴と無知の塊が飲食店経営者、それが寒汰の本質であった。

.

寒汰のブログ「魔尼羅盗撮バージン」(仮名)は嘘と勘違いの塊であるが、こと食に関してはそれが一段とひどかった。書けば書くほど無知と勘違いをさらけ出す寒汰。

そんな寒汰がさらに勘違いをさらけ出し我々の一層の笑いのネタを提供してくれることを筆者は強く願っている。

(蘭州ラーメン 完)

.

.
.

絶句レベルの寒汰の公開オナニーの詳細に関してはを御覧ください。

絶句!釧路臭皇・公開オナニー事件

伝説の寝たきり男と寒汰の対決は下記のエントリを御覧ください。

にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ  にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
.

.

About plastictakata
暗黒の国フィリピンやパッツン天国タイでばら撒き、自主パト、凸凹するのが趣味の57歳のオサーンです

8 Responses to 蘭州ラーメン II

  1. 特派員66 says:

    >>カレカレのカレー

    ターメリック煮込み?確かピーナッツソースでなかったかな???

    • ご指摘ありがとうございます!

      カレカレはターメリックではなくて、ピーナッツソースのようですねww
      http://onigiri-web.com/ppinfo.html

      また、寒汰はとんでもない間違いをしてますね〜w
      書けば書くほどボロが出る馬鹿ですw

      • GAGA says:

        カレカレは超群にもJolibeeにもないのでは?

        食べたことが無いのか?ピーナッツソースの味が分からなかったのか?

        殆どフィリピン料理を口にしない私ですが、ピーナッツソースだと言うことは知っていました。自称ベテランを超えることが出来たのに不思議と全くうれしくありません。

      • なるほどw カレカレは超群や Jolibee にないから寒汰は食べたことがなかったんですねw
        食べたことがないものも偉そうに語るのは寒汰の凄いところですね。

        しかも、ド素人でも分かることが分からないとはw
        食に関してもやはりド素人以下ですねw

  2. Eddy says:

    Wikipediaの「蘭州拉麺」の項目
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%98%AD%E5%B7%9E%E6%8B%89%E9%BA%BA

    ここを見ると、「麺はかん水を使用したコシのある麺を使用し、コシのない柔らかい麺を使用することが多い中国の他の麺とは一線を画している」と、はっきりと書かれているのですけど…。(笑)

    麺に関しては博識をもって自認する方が、「中国全土で蘭州拉麵を出す店を見ることができる。」と言われるほど有名な麺をご存じないとは想像できないのですが、まあ知らないんでしょうね。(笑)

    • 知らないんでしょうね〜。
      何も知らないくせに知ったかぶりして書いてるんですねww

      余計なことを書かなければバレないのに、わざわざ自ら恥を晒す馬鹿な寒汰ですねw

  3. KJ says:

    あ、カレカレの件、先に書かれてしまった。
    見た目は似ていますが、一度食すれば誰もあれをカレーだとは思わないですよね?
    ましてやターメリックだけで煮込んだらちょっと食べられないかも…
    カレーは様々Spiceの調合が特徴ですから。

    一度食べてからはもう2度と食べていませんw(好きな方御免なさい)

    • カレカレをターメリックだと思い込んでいる寒汰、食の専門家どころかド素人以下ですねw
      書けば書くほど寒汰の無知が明らかになっていきますねw

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。