普遍的な常識 II

寒汰の口癖はこうである。

日本もフィリピンも同じだ。日本に居る時と全く同じ感覚でフィリピンでも過ごせる

これはどう考えても甚だおかしい。日本ではタクシーの運転手が料金をごまかすことはめったにないし、空港で職員が「キムチキムチ」と声をかけてくることもない。

食べ物も全く違う、移動手段や様々な手続きも違う。

ホテルでサービスの質が悪くて不快な思いも少ないし、人と知り合ったその日のうちに借金を申し込まれることもない。

そもそもフィリピンでは一般人は日本語を話さない。

一体これのどこがフィリピンと日本は同じなのか?

.

さらに寒汰は面白い事を言う。

「俺は(普遍的な価値観の持ち主だから)日本とフィリピンしか知らなくても世界中の事柄に精通している」

日本とフィリピンしか知らない人間、それも釧路の片田舎とフィリピンのマニラ、それも日本語の通じる圏内しか知らない人間がなぜ世界中の事柄に通じているとまで豪語できるのだろうか?

フィリピンを知っただけ(それも日本語の通じる買春場所)を知っただけでここまで豪語できるのは普通ではない。

これはどういうことなのか?

答えはこうである。

寒汰は普遍的な常識を身につけているのではない。

全地球レベルでの普遍的な非常識を身につけているのだ。

だから、どこに居ても(本人は)変わらぬ感覚で過ごせるのだろう。

日本でも臭いし汚くて、嫌われ者。日本人と日本語で話をしてもろくに会話が通じない。

そんな寒汰はフィリピンだろうが、どこに行こうが臭いし汚いし、やはり嫌われ者なのだ。

英語もタガログ語も全くできないが、どうせ日本人と日本語での会話でもろくに意思疎通ができてなかったので問題を感じないのだろう。

日本に居てもフィリピンに居ても非常識な人間だから国の違いを感じない。

さらに生来凄まじいまでに鈍感だからフィリピンと日本の違いすら感じることができないのだろう。

.

寒汰は「寒汰さんは日本人に見えなかったです」と言われると小躍りして喜ぶ。

なにせ自ら「俺はハーフなんだよ。ジェームスという名前なんだよ。ゲヒヒ」と言うくらいである。

日本人に見えないと言われるのが何より嬉しいらしい。

寒汰はどこからどう見てもベタベタの日本人である(もっと正確にはア◯ヌ人だが)。

しかも、英語もタガログ語もどの言語も一切できないので、日本語圏から離れて生きて行くこともできない日本語圏番長である。

一体どこがハーフなのか?ハーフと自称する神経は理解しがたい。

(写真と本文は全く関係ありません)

ただ、寒汰のあの異常に汚らしい格好と気持ち悪い容貌、さらに半径10mに広がる負のオーラを見ると誰も寒汰に声をかけたいと思わない。

多くの日本人にとって寒汰は近寄りたくもない存在なのだ。

だから「日本人にみえなかった(から声をかけなかった)」と言い訳する人は少なくない。

それを寒汰は真に受けて

「ゲヒ!俺、日本人に見えない!俺、国際人!俺、偉い!ゲヒーーーーー!」

と喜ぶのだ。もはや憐れみさえ感じる。

もっとも寒汰のファッションには世界中の乞食に共通する普遍的なファッションを感じるのも事実ではあるが。

.

寒汰に限らずフィリピン嵌りの日本人には不思議な人間が多い。彼らはよく

日本の常識、世界の非常識

と言う。

だが、筆者は思う。世界レベルで見れば、フィリピンの常識の方がよほど非常識ではないか。

少なくとも先進国の基準で見れば、ほとんどの場合日本の常識のほうが国際標準に近くフィリピンのそれは非常識きわまりない。

.

日本で一切女から相手にされず、友人も少なく、さらに日本の中流や上流階級の暮らしぶりも一切知らず、場合によっては東京などの大都会のライフスタイルすらしらない。

(寒汰の場合、帯広で生まれ釧路に住んでおり、札幌ですら生活したことがない)

さらにあのフィリピン人のわざとらしいオダテを本気にしてしまうほどの非常識な人間。

そんな人間はフィリピンや国際云々を語る以前に日本のことすら知らない。

「日本の常識、世界の非常識」

と語る人間は、世界の常識・非常識以前に日本の常識すら知らないのである

寒汰はその最たる存在であった。

その極限までいきついたおかげで寒汰は寒汰は世界レベルで通用する普遍的なもの、世界の非常識だけは身につけていた。

世界のどこに言っても、寒汰は非常識な人間なのだ。それだけは確かである。

日本にいながら世界に通用する普遍的な非常識を身につけた達人寒汰。

やはり珍獣は稀有な存在なのである。

.

エダモト(仮名)で、今日も頭の弱い takeshi の九官鳥のような素っ頓狂な声が鳴り響いていた。

「凄い!凄い!寒汰さんは国際な非常識人だ!寒汰さんは世界一のフィリピンベテランだ!」

.

.
.

にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ  にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
.

.

About plastictakata
暗黒の国フィリピンやパッツン天国タイでばら撒き、自主パト、凸凹するのが趣味の57歳のオサーンです

4 Responses to 普遍的な常識 II

  1. 芋洗坂係長 says:

    日本の常識やマナーを*ちゃんと*身に付けていれば、海外に出てもさほど困ることはありません。
    ただし寒汰がいっている「常識」とは、文字は同じでも我々のそれとかなり違うようですがwww

    • 本文では話がややこしくなるから書きませんでしたが、常識にも二種類あると思います。
      一つは他国でも通用する汎用的な常識、もう一つはその国でしか通用しない常識。

      通いなれるとどうしても慣れてしまうので後者の常識にギャップがあったことを忘れてしまいがちですが、
      日本の常識と明らかに違うフィリピンの常識は多くありますよ。

      街を歩くだけである程度警戒しないといけないだとか、親しげに近づいてくる人にも心を簡単には許せないとか、
      いろんな人から借金の申し込みをされてもストレスをためないようにしないといけないとか、
      仕事を発注しても微塵も仕事をしてない癖に金だけはしっかり請求される事態にショックを受けないように心の準備をしないといけないとか、日本でそれなりの生活をしてれば身につかないことだと思います。

      やはり先進国の日本と途上国のフィリピンでは常識は食い違うと感じることが多いですね。
      これを同じというのはかなり無理があると感じます。

      寒汰の言う「常識」とは…. そもそも、寒汰は「常識」の意味を理解していないのではないでしょうかw

      • 芋洗坂係長 says:

        汎用的な常識と、いわばローカルな常識があるというのは、言い得て妙ですね。
        この汎用的な常識については色々な国に行くことで研ぎ澄まされるものだと思いますが(「身に付く」ではないことに注意!)、まあ例の御仁にはそもそもベースがないので無理でしょうねwww

      • なるほど、汎用的な常識は身につくものではなく、研ぎ澄まされるものなのですね。
        そうかもしれません。
        元々常識がなければ身につくわけもない。
        寒汰のような常識が一切ない男には理解出来ない世界でしょうねw

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。