エダモト(仮名)で獲物を狙うガマ蛙 II

(この後半部分は佐治さん(仮名)のレポートに基づいています)

.

エダモト(仮名)店内でKTVに行こうとする客がいると、寒汰は待ってましたと言わんばかりに話しかけるのである。

日本人相手のKTV には日本語が話せるスタッフが必ずいる。

そのスタッフにタクシーに説明してもらえれば、ホテルにも無事帰れるからだ。

なお、ゴーゴーバーだと日本語を話せるスタッフが居るとは限らないので寒汰はゴーゴーバーは避けていた。

.

エダモトの常連は気だての良い人間が多い。

哀れな子羊、いや老豚のような目つきで米つきバッタのようにペコペコしながら「私も連れてってください」と頼みこまれたら嫌とは言わない。

まんまとタクシーに便乗させてもらう寒汰であったが、おんぶにだっこの立場なのにタクシー代を払ったことは一度もない

常識的には「同行させて頂いたので足代は私が払います」と言うものだが、寒汰にホモ・サピエンスの常識を期待するのは無理というものであった。

.

寒汰はこういう事を繰り返してるうちに妙な技を覚えた。

ホテルやKTVの名刺をドライバーに見せれば、タガログ語も英語も話せなくともタクシーに乗れる事に気が付いたからだ。

エダモトのお客さんたちはKTVの好みも似ている。だから寒汰は次第に同じ店に何度も行くことになり、その中の一軒の常連となっていた。

すると今度はターゲットをエダモトを訪れるビギナーへと替えた。

穏和そうな人やフィリピン初心者を見つけると、寒汰は冬眠から目覚めたガマ蛙の如く舌なめずりをして近寄っていく。

「ゲヒヒヒヒ、俺がKTVを案内してやるぞ」気のいい客や、フィリピン初心者の中には寒汰の自称ベテランぶりに圧倒され、ついつい同行を了承してしまうものもいる。

一緒にKTVに向かうことになると、いつもの様にエダモトのスタッフにタクシーを止めて貰う寒汰 だが、ここから凄まじいテクニックを使うのである。

素早く助手席にすべりこんだ寒汰は、ビギナーが後ろの客席に乗り込むのを確認してからドライバーの耳に臭い口を近づけ、早口の日本語で「ゲヒ!この店だ!この店に行け!!」と凄むのだ。

後ろの客に見えないように店の名刺をドライバーに突きつけ、後ろの客に聞こえないように小声で「ここだぞ!良いか!この店だ。ゲヒゲヒ!」と繰り返せば、日本語のわからないフィリピン人にも、名刺の店に行きたいことくらいは分かる。

しかしそのやりとりが聞こえないビギナーは、寒汰がタガログ語で交渉してるのかと勘違いしてしまい、

「凄い凄い!やっぱり寒汰さんはフィリピンベテランだ!」

と感心してしまう。

目的の店に着くと寒汰は脱兎の如く素早くタクシーから飛び降り、「先に入ってマネージャーと交渉して くる」と言い残し、さっさとKTVに入っていく。

もちろんタクシー代など絶対に払わない。

マネージャーと交渉するのは嘘ではないのだが、それは今日の獲物からいただくキックバックの相談なのだ。

さらに寒汰は、ビギナーに一切の主導権を与えずにバンバンと店内指名を重ね、さらに隙あらばフルーツ盛り合わせ等の高い注文を繰り返す。

自分の金を払う時は指名どころかドリンクのオーダーも許さないのとはまるで別人のようである。

他人の金だと思うといくらでも飲み食いできるし、いくらでも見栄をはるのが寒汰であった。

散々寒汰が勝手に注文して嫌な雰囲気が流れ始める。すると寒汰は小銭を置いて脱兎の如く逃げ去るのだ。

もちろん、この時に入れたボトルは後日一人で勝手に飲み干すのである。

これは、釧路のスナック舞子で青木先輩のボトルを勝手にグビグビ飲んでいた20年以上前から変わっていないようである。

自分の金を一円でもケチり、他人の金で飲み食いすることを何よりの快感と思っている寒汰ならではの振る舞いであった。

そして、これが寒汰の基本スタイルになったようである。

今日も寒汰はエダモト(仮名)でガマガエルのような気持ち悪い目をして獲物を狙っている。

「ゲヒヒヒヒ、俺は自分の金を使わずに飲み食い遊ぶんだよ。どうだ? 俺は偉いだろう? 俺は凄いんだー。ゲヒーーーーーーー!」

ケチッた金では取り戻せない大きな何かを失っていることに気づかない珍獣寒汰であった。

.

.
.

にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ  にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
.

.

About plastictakata
暗黒の国フィリピンやパッツン天国タイでばら撒き、自主パト、凸凹するのが趣味の57歳のオサーンです

8 Responses to エダモト(仮名)で獲物を狙うガマ蛙 II

  1. いも says:

    >なお、ゴーゴーバーだと日本語を話せるスタッフが
    >居るとは限らないので寒汰はゴーゴーバーは避けていた。

     寒汰だけでなく `コトバのできないおじさん`は避けてますね。
    日本語ができるママさんかスタッフのいる店しか行かないようです。
    連れ出しも ママさんかスタッフ経由の様です。

    例:パサイ市エドコン内店舗(2Fの店除く)、
       アンヘレス市ドール・ハウスグループ店(内数店は ゴーゴーバーでないけど)
       セブ市 テンプテーション系列、同ヴァイキング系列。

    寒汰>GOGOバーや置屋などで、お相手を選んでカネを払って連れ帰りSEXする。
        >タガログも英語も、語学が堪能で無くてもできることです。
        >この手軽さをGOGOバーを選択する理由とする人もいるわけで、
       >マニラと比較すると安いバーファイン代から、セブやアンヘレス、スービックを
        >選択する人もいるものです。

     と 自ら、買春したことない(できない)こと暴露してますね。
    ゴーゴーバーは本人と直接交渉だし、
    置屋(カーサ)は 看板ないから
    コトバできないと無理です。

    `この手軽さを`って コトバできないから 直接交渉で連れ出せない日本人を沢山見てます。
    つーか、一々LD奢って口説くのが面白いから 嵌る白人多いのに・・・
    そして 苦労して 口説いた分 連れて帰れば `何でもアリ`になるから 嵌る。

    `アンヘレス(フィリピン)通いの、銭(ゼニ)失(うしな)い。`
    2010/02/09(火)から。

    寒汰>ところが【BEER HOUSE】には「バーファイン」はありませんが、
    >【VIP ROOM】があることもあるということは、何を意味するのか?
    > こちらは推察の通りチョメ合体であります。
    >一番の勘違いは、フィリピンの男たちが
    >ヤル気になって【BEER HOUSE】来ていて、【BEER HOUSE】の
    >娘たちもヤラセル気になっているにも関わらず、
    >「フィリピン語で口説き言葉は?なんて言うんだろう?」「タガログ 口説き文句?」などと言っている>日本人で、あげくの果てが「HOW MUCH?」では、キモイ分類に入るのはあたり前です。

     ここでも 妄想してますね。 
    連れ出しできるし、VIPルームないし(貸し部屋はあるけど)。
    アンヘレスのビールハウスの5軒は 24時間営業でショートもロングの連れ出し可能。
    あ、寒汰さんの好きな`お兄さ`んのいるビールハウスもあります!!

     このエントリーは 白野慎也さんの『フィリピーナはどこに行った』
    パラニャーケ市バクララン地区のエアポートロードからの妄想でしょう。

    `レイチェル1 ビールハウスで ( 1 )`

    http://webmagc.exblog.jp/i42/

    `ローカルKTVに対する、小さな誤解と大きな誤解。【BEER HOUSE】が熱い。`
    2010/01/28(木) から。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    寒汰>粋じゃないね~ 日本に帰って、一度遊び方を、一から学んで来なさいな。

        それは あなた自身!!
     それと`同伴`も`アフター`も体験ないことが判りました。乙!

    寒汰>「買春」は,フィリピンでも日本でも認められていませんが、

     基本的な無知。 違法ではありません。

    寒汰>かくして,フィリピン・マニラの飲屋でも、バーファインや「同伴」での買春は存在します。

         同伴時のアレって 無料だから 買春じゃないと思うけど・・・
      それにバーファイン制のゴーゴーバーじゃ、あなたは無理。

     寒汰>一部、日系のKTVの関係者や顧客だけが、どうも勘違いしているふしがあって、

       それは あなただけ。
     

    寒汰>フィリピンでは【ウェイトレス】資格では、横に座って酌をしてはいけないんですって………。
      >ウェイトレスは、身体を売ってはいけないんです。
      >就労条件に性病検査が義務づけられてないからです。

     ウェイトレスの連れ出ししたこと無いというか 店内に入ったこと無い証拠。
    バリトで ダンサーより美形多く、アンへレスなどでも料金も最安なのがウェイトレスだもんね。

    寒汰>ライセンスを確認してみてください。どんな就労名目で許可が下りてるのかをです。
       >ライセンスを「申請中」とか「今日は忘れた」などという
       >ホステスや店があったら、
       >言ってあげなさい。「今日は店のおごりですか?」と。

     爆笑! 従業員の `アノ`登録と店舗の営業許可証の勘違い。

    寒汰>【バーファイン】とは、その女性がバーで働いていて、
        >『接客中に急に恋に墜ちる。そこで「店を中途退社したい」と願う。
         >恋に墜ちた客が『この女性を急に休ませたい
         >(一緒に店外に行きたい)ので、罰金を店に払いたい。』ということです。
         >このバーに支払う罰金を、フィリピンではそのままBarFineと読んでいるわけです。

      このエントリーは 今読んでも爆笑できる箇所が多いのですが
    これは 素人と恋愛したことがないような寒汰らしい妄想 `定義`なので ここに。
    買春客が なんで`急に恋に落ちる`のか 不思議。
    `読んでいるわけです`は 呼んでいるということでしょう。

     英語のできない寒汰には バーファインの採用理由や歴史も 死んでも判らないでしょう。
    あ、フィリピンでバー・ファインがあるゴーゴー・バーって極めて少数。

    【バーファイン】【同伴】【アフター】突然恋に墜ちる。
    2009/11/04(水)  から。

    • これまた見事な解説ですね。
      寒汰がゴーゴーや置屋をいかに知らないか、そして知らないくせに偉そうに知ったかぶりしてるのがまるわかりですね。
      これまたエントリ本文で引用させていただきます!
      ありがとうございました。

  2. けんと says:

    超初歩的な英語しかできないけど、一応買い物ができる自分はそれでもマシな方なんですねwww

  3. joe says:

    Roxas沿いに合った今は無き Pussy Cat でウェイトレスさんを連れだした事がありますよ。ダンサーより高かったかなぁ~。もう10年近く前の事なので記憶も定かではありませんが。

    確実に言える事はウェイトレスでもお持ち帰り出来ると言うことかな。

    • GAGA says:

      街で見かけた女性の大半はその気になれば持ち帰れると思います。

      • そうですよね、フィリピンだとかなりの確率で持ち帰れると思います。
        もちろん、異常に汚くて臭い珍獣には絶対無理でしょうがww

    • ウェイトレスもお持ち帰りできますよね。
      アンヘレスとか、普通にウェイトレスを持ち帰れますねw

      ダンサーすら持ち帰れない寒汰には一生理解出来ないでしょうねw

      いもさんに教えてもらったのですが、DJやキャッシャーでさえ持ち帰れるそうです。
      DJやキャッシャーはかなり高いそうですが。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。