エダモト(仮名)で獲物を狙うガマ蛙 I

今日は寒汰と魔尼羅で会ってしまった方々二名からのご報告をあわせて紹介する。

いずれも3,4年前の出来事のようである。

寒汰はいつも孤独である。

釧路でも孤独であるが、マニラでもそれは変わらない。

子供の頃も母親から見放さ、国鉄時代も同僚たちからバカにされ無視されていた。

上司からも見放されていた寒汰は仕事すら与えられず、窓際に席に座っていた。

国鉄勤務なのに電車に直接関係する仕事は一切任されたことがなく、事務職をやっていた寒汰本人は言う。

昼食も誰にも誘われないのでいつも250円でパンとジュースを買って一人で食べていたという。

.

臭皇をはじめた後も寒汰は孤独だった。あまりの臭さと気持ち悪さで従業員は皆寒汰のことを忌み嫌っていた。

ここ数年は、本店店長の新田さんにも店から追い出され、釧路の自宅に篭って一人寂しくテレビを見、ネット荒らしをするだけの毎日であった。

食事はセイコーマートで買ってきた弁当か、伊予製麺の260円のかけうどんに100円の割引券を使って160円で食べるだけである。160円で食事をしていることが寒汰の何よりの自慢らしかったが、そんな話を聞いても誰も感心しないし喜ばない。

ますます誰からも嫌われる寒汰であった。

恐ろしく孤独な人生なのである。

.

栗さんは遊び好きな日本人の方である。

フィリピンに来ると、パサイにあるエダモト(仮名)食堂に寄ることにしている。

ある日、栗さんがエダモト(仮名)で食事をしていると、ドアがあいて異常に臭い汚らしい男が入ってきた。

ベージュ色の汚らしいフィッシングジャケットを纏ったその姿はいかにも不潔そうで不快感を催すものであったが、なにより脂肪がたれさがったような肉体がたとえようもなく気持ち悪かった。

男は入店するとノソノソを入り口右手の席に陣取った。慣れた様子からして常連客のようである。

その席が指定席となっているのだろう。

見るからに孤独そうなオーラを纏っていたその男だが、周囲を見てないふりをしながら目だけはキョロキョロと他の客を観察しているさまは凄まじく不気味で、栗さんは背筋がぞっとした。

栗さんは、当時既に寒汰の魔尼羅盗撮バージン(仮名)を知っており、これが寒汰かとも考えたが、マグロ子おばちゃん(仮称)にさえ話しかけられない様を見て、これが寒汰であるとは確信できなかった。

寒汰は魔尼羅盗撮バージンでは、自分はエダモト(仮名)の大貢献者で、エダモト(仮名)のマグロ子おばちゃん(仮称)は自分を下にも置かない態度だと常日頃言っていたからである。

実際には、マグロ子おばちゃん(仮称)にも店員にもガン無視されている寒汰なのであった。

.

寒汰は魔尼羅でも大抵は一人である。元ジャパユキを通訳兼ガイドにしてることもあるが、彼女だっていつもいつも寒汰に付きっきりでいるわけではない。

しかも彼女だってプライドがあるのだ。どんなにチップを弾まれても嫌なものは嫌なのだ。

そもそも、臭い寒汰とつきっきりの通訳など最初から気が進まない仕事なのだ。

.

寒汰は一人では何も出来ない男である。

通訳兼ガイドに利用している元じゃぱゆきやバクラ軍団がいなければ何もできない。どこにも行けない。

エダモトにだけは何とかたどり着けるのだが、それもホテルの前に停まってるタクシーに乗り、行き先はホテルのボーイから話してもらってやっと辿りつける程度なのである。

最近ようやくジプニーの乗り方を覚えたが、それとて清水の舞台から飛び降りる覚悟で毎回乗っているのだ。ただ、ジプニーのいいところはタガログ語を一切話さなくていいところである。

英語もタガログ語も一切話せない寒汰にとってはタクシーよりジプニーの方がまだ気楽なようである。

.

そんな寒汰だからエダモトに来るのはともかく、ホテルに帰るのはなかなかの難題である。

タクシーでは目的地を告げられないし、ジプニーに乗るのは清水の舞台から飛び降りる覚悟がいる。

マグロ子おばちゃんが店にいるときはタクシードライバーに目的地を伝えてもらう。

マグロ子おばちゃんがいないときはエダモトトラベルのヒノキさん(仮名)に泣きつくのだが、ヒノキさんも忙しい。そもそもヒノキさんも、こんなトラブルメーカーと関わるのはまっぴらだと考えている。

マグロおばちゃんもヒノキさんも助けてくれない場合は、冬眠中のガマ蛙の如くジッとテーブルにへばり付き、獲物になりそうな客が来るのをひたすら待つのだ。

エダモトは広いお店ではない。だから、聞き耳を立ててれば他の客の会話は盗み聞きすることが可能である。

栗さんが見た気持ち悪い男とは、まさにこの状態の時の寒汰であった。

(続く)

.

.
.

にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ  にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
.

.

About plastictakata
暗黒の国フィリピンやパッツン天国タイでばら撒き、自主パト、凸凹するのが趣味の57歳のオサーンです

8 Responses to エダモト(仮名)で獲物を狙うガマ蛙 I

  1. サラデーン says:

    はじめまして いつも楽しく拝見させて頂いています

    珍獣レポートおもしろいですね

    世の中に こんなに腐りきった人間がいるんだと 毎回感心しております

    その中で私が特に好きな項目2点あります

    ①言語

    普通それだけの年月 通っていたら 自然と何らかの勉強 学習をするはずです

    *特にシュッテルはツボにハマリまして 時々思い出し笑いをしてしまいます

    それをしない できない と言う事は 努力しない人なのでしょう

    それか何回もご指摘あるとおり 向こうの人間が自分に日本語で喋ってきて当然と思っているんでしょう
    *酒を注ぐのが当然とか 楽しませるのが当然とか も関連してくると思います

    典型的な自己中心的人物像ですね

    私も仕事でタイに行くようになってよくみかけるのですが 例えばタニヤ等の飲み屋で 日本語100%(方言付き)で永遠と説教じみたことをしている 痛いオヤジいます

    こちらがなんとか必死で勉強したタイ語で女の子と盛り上がっているといやーな顔をして見ています
    *だれかみたいに そのオヤジ クソ、クソ、クソと言ってるんでしょうね

    ②上から目線の「~したらわかることです」

    この珍獣から直接被害にあったことがない(会ったこともない)私ですが 非常に腹が立ちます

    支離滅裂な文章 起承転結がない文章しか書けない人間が 他人様に向かって言う言い方ではないと思います

    読者がどう感じるとか ご指摘がある 人の気持ち 痛みが分からないのでしょうね

    タカダ様も直接会ったり 被害に遭われているみたいなので この言い方私達読者以上に 腹が立たれているかと想像できます

    後 私からの質問なのですが

    この飲食店調べてみますと 創業が昭和の前の時代になっていたのですが この珍獣が創業者ではないと言うことでしょうか 事業を親から相続しただけのボンクラと理解すればよいのでしょうか

    普段の喋り方はどんな感じなのですか?かなり高圧的な喋り方ですか?

    桜娘の記事のイメージ写真 前髪自分で切っているみたいですね 散髪代もけちるんでしょうか

    お縄になるレベルの話 早く読みたいです(^^)

    これからも 頑張って下さい

    • 寒汰は世の中のダメ人間の特徴を一身に凝縮したような存在ですね。
      こんな人間がどうして存在するのか不思議だったのですが、子供時代からの情報を知るにつれてその理由が分かった気がします。
      彼は地道な努力をしたことがなく、他人を妬むことがエネルギー源となってきたような男なんですよw

      1) 言語
      日本語で押し通すオヤジはタニヤにもいるんですねw
      寒汰は9年間毎月フィリピンに通っていて未だに英語もタガログ語もほとんどできません。
      タガログ語は単語を数十個覚えている程度ですね。
      文法もめちゃくちゃなようです。
      地道な努力をしたことがないから、タガログ語も全く覚えないんでしょうね。
      その癖、他人には「お前はもっとタガログ語を覚えないと駄目だ!ゲフーーー!」と説教するみたいですがw

      2) 上から目線

      寒汰のあの異常なまでの上から目線は本当に不快ですね。
      それも中身のある人間がしてるのならともかく、パクリと嘘つきが本質の頭が悪い気持ち悪い男が態度だけが偉そうなのだから、よけに不快ですw

      寒汰は子供の頃からずっとバカにされてきたようです。学校でも国鉄でも友達すらいなかったようです。
      「俺をバカにしたやつを見返してやる」
      が口癖の寒汰は、他人を見下すことが自己実現なのですよw
      もちろん、そういう偉そうな口をきいたら他人が不快な思いになるかどうかなんて寒汰は一切気にしません。
      他人の気持ちが誰よりも分からない男ですからw

      この飲食店の創業が大正になっているのにはよく気づかれましたね!w
      この理由は私にも謎なのですが、休眠会社を買っただけかもしれません。
      臭皇が89年開業というのは確かです。

      寒汰は幼少時極貧生活だったようです。
      あの凄まじいまでの味音痴も子供時代にろくなものを食べてなかったのが一因のようです。
      臭皇を開業しようと思った理由も「飲食店ならつまみ食いし放題だから」と、
      食に関する意地汚さもその子供時代に起因するようです。

      普段の話し方は二通りあります。
      自分より下だと思った人間には野太い声で恐ろしく偉そうな口を聞きます。
      相手が少しでも怖そうだと、米つきバッタのようにペコペコしながら甲高い声で追従します。
      典型的に弱いものに強く、強いものにとことん弱い人間です。

      寒汰の前髪、気づきませんでした。
      確かに寒汰なら自分で切ってそうです。
      凄まじいまでにドケチですから。

      お縄になるレベルの話はこれまでも出てますがw今後も書いていきますのでお楽しみにw

  2. joe says:

    昨日、Roxa Boulevard と Pedro Gil の交差点近くにあるスターバックスへ一眼レフをぶら下げて入っていく日本人を見かけたけど寒汰かな?

    • それは寒汰だと言う気がしますねww
      どんな服装だったとか、連れがいたか、よかったらお知らせくださいw

    • いも says:

      >スターバックスへ一眼レフをぶら下げて入っていく日本人を見かけたけど寒汰かな?

        ブログで 機種名あげているのは
       全て`コンパクト デジタル`機種なので多分 別人でしょ。
       それに 一人だったら 寒汰は スタバに 入れないでしょうね。

      寒汰>私がブログで使用しているカメラでは
       >、RICOHのGR-D , GX100、Panasonic LX1,LX3

      GX100を除くとセンサーの大きめな高級コンパクト機。

      何れも販売開始直後の値段は6万円越えで ケチの寒汰にしては珍しい。

       RICOHのGR-Dとは リコーのGR DIGITALのことらしい。
      で、彼の盗撮画像の殆どは 広角なので 多分GR DIGITAL か
      LX1,LX3の広角側の描写。 (28mm,LX3は24mm換算)

       リサイズ画像に Exif情報ないので 機種は特定できないが
      異常に 深い焦点深度(ピントの合う範囲)から コンパクト機であることは確か。

      GR DIGITAL  6.0mm (焦点距離の35mm換算値で28mm)
      http://www.ricoh.co.jp/dc/gr/digital/
      GR DIGITAL II
      http://www.ricoh.co.jp/dc/gr/digital2/

      以下の記載は具体的機種名ないので 見栄で書いた嘘。

      寒汰>そのた持ち運びで余力のある時や、特に目的がある場合は、
         >マイクロフォーサーズ機やAPS-C機などで写したものも掲載しています。

      `私的、偏見に満ちた旅行用ブロガーカメラ選び。SONY α NEX-5 へ食指疼く。`
      2010/05/23(日)  から。

      ーーーーーーーーーーーーーーーーー
      写真ブログなのに 写真にも無知な寒汰。

      寒汰>考えられるブレは
        >◯ カメラの手ブレ

        >◯ 被写体のブレ

        >◯ ピンボケ  です。

       ピンボケをブレのカテゴリーに入れるとは いかにも 寒汰らしい`ボケ`です。

      寒汰>ポケットカメラでも、35mm換算で300mm焦点距離なんてものまでありますから、

        コンパクト デジタル機を `ポケットカメラ`と書く寒汰は
      ここでも `ワイヤー・ブラ`と同じく 39年から36年前で停止してます。

      `ポケットカメラ` 13×17mmの110版のフィルムを使用したカメラの通称で 
       日本の全メーカー、アグファ、コダックなどで生産し 1975年頃 一般に 普及。

      1972年3月、イーストマン・コダック社は「ポケットインスタマチック」なる新システムを発表した。
      http://web.canon.jp/Camera-muse/camera/film/data/1966-1975/1975_110ed.html?categ=crn&page=1966-1975

      110(ワンテン)フィルムとペンタックスの一眼レフ オート・110
      http://sp.izuhapi.net/original/camera/camera/509.html

      `手ブレ、ピンボケ3兄弟。シャッター速度に気をつけて………。`
      2011/08/15(月)から。

      • なるほど、寒汰が持ち歩いているのは一眼レフではなくてコンデジなんですね。
        そこまでは読み取れてなかったです。さすがいもさん!

        > 何れも販売開始直後の値段は6万円越えで ケチの寒汰にしては珍しい。

        生活必需品には異常にケチルくせに、自分の趣味には金を惜しまないのも、ある意味ドケチの特徴ですね。

        寒汰のこの頭のボケたカメラ関係のエントリ、かなりおかしいと思ってました。
        他の方からも様々な情報を頂きましたが、やはりいもさんの情報は素晴らしいですね。
        これもエントリ本文で引用させていただきます!

  3. くりっくり says:

    寒汰はBLOGでこんな事を言っています。

    LOW COST CARRIER(SPELは合ってますかね?)を利用しよう、
    マニラを経由せず直でアンヘへ、挙句にフィリピン以外の国でもいいのでは?

    上記の様なエダモトにとって困る発言をする男だからママも無視するハズです。
    寒汰は義理欠き男だという事ですな。

    • そうなんですよ!

      なんだかんだ言って、エダモト(仮名)に迷惑をかけてる寒汰なんですよ。
      それでいて「エダモト(仮名)が大きくなったのは俺のおかげだ。ゲヒヒヒヒ」とうそぶくのですから
      嫌われるわけです。

      マグロ子おばちゃん(仮称)も寒汰とは一切口を聞きたくないみたいですね。
      ただ、あまりにすげなくすると、どんな嫌がらせをされるかわからないので、最低限かまっているだけだそうです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。