ブラジャー I

20年以上前から寒汰の口癖はこうである。

「俺は男の中の男」

男とは女に優しくする事、これがもてる鉄則、俺ってキムタクよりもカッコいいだろう、凄いと思うだろう!!」

男の中の男とはどういうことなのだろうか?

「ゲヒヒヒ。俺はな日本古武術の達人なんだ。俺は強いんだよ。文句があったらいつでもかかってこい。俺はシティーガーデンの206号室にいる。寝込みでもいつでもかかってこい。俺の強さを教えてやる。ゲヒヒヒヒ」

と威張りちらしている癖に、寝たきり男赤井翔に凄まれただけで米つきバッタのようにペコペコと頭を下げるのが男らしさなのだろうか?

ともあれ、寒汰は女心を知り尽くしてるそうだが、女と付き合ったことは57年間一度もない。

素人とSEXしたことも一度もない。(本人はマニラベイカフェで買った売春婦を頑なに素人だと思っているようだが、どこの世界に臭い汚いオヤジと出会ったその日にSEXする素人娘がいるのだろう。)

売春婦にすら裸足で逃げ出されたり半径10m以内から退散されることは一度や二度ではないが、本人によれば女心の達人なのだ。

そんな女心の達人の寒汰は女の下着についての薀蓄も並大抵のものではない。

2008年3月17日と2010年3月11日のエントリで、寒汰はブラジャーについて偉そうに語っている。

.

女性のバストを、大きく美しく見せるテクニック

けっこう自分のブラジャーサイズと、装着法(フィッティング)を知らない女性は多いのです。

日本の最先端の化粧法や簡単料理も、自分の知るところをUPして行きますぞよ

スリムにあることが美しいと考えて、ぴちぴちの日本ではキッズサイズの洋服を好んで装着するフィリピン女性。
そんなしょぼいブラジャーをサイズ違いで間違った装着法では、魅力的なオッパイが経産を契機に、グニャグニャおっぱいになってしまいますよ~。

『シャルレ』『ワコール』どこのメーカーでも結構ですから、ワイヤーの入った5000ペソ程度のちゃんとしたブラジャーを、お気に入りの女性にプレゼントしてあげてくださいね。
なんせ南国フィリピン。下着にお金をかけておしゃれをしないと、TシャツGパンの下の体系も肉質もブヨブヨになりますぞ!
まずは【動画】をご覧あれ。

動画ではブラ評論家の青山先生が、いろいろと説明していますが、これって以前から『シャルレ』のセールスレディーが実際にやってるサイズ測定とフィティング法なんです。

日本で高額で売れるブラジャーが、50ペソで売られていました。【デビソリア ルナ通り】

ブラジャーの、正しい選び方と装着法について,過去に【女性のバストを、大きく美しく見せるテクニック】でお知らせいたしました。

フィリピンで売られているブラジャーで、廉価なひとつ10ペソや20ペソのモノは,単なる布のようなもので、日本で売っている百均で売っているのと同じようなものです。

SMやロビンソンなどの婦人下着コーナーで売られている、形のつぶれないソフトカップのブラジャーは、一つ1000ペソ以上もします。

行ったデビソリアの店では、これらの要件を充たすブラジャーが、値札に『37円』と日本円の表示されていたのです。

フィリピン人は『37円』の表示が何のことやら判らないでしょう?

実際の売価は50ペソ程度。おそらくこの『37円』は、中国など生産地の業者が、日本の買付け業者への売渡価格なのでしょうね?

日本の衣料関係者には、この程度の価格で売り渡されているということが,推測できます。衣料関係では在庫を持たなければ成らないなどの理由で、この程度の掛け率での商売をされているのです。

フィリピンでもこの価格で仕入れられているとすれば、完成度の高い製品でも50ペソ売り。一つあたり30ペソの利益がでますから、商売としては成り立ちますし、1000ペソで売れればべらぼうな利益です。

縫製の良い類似の条件を満たすブラジャーは、ブランドが冠れば日本では3万円もしますからね。
デビソリアで売られているブラジャーでも、目利きさえ出来れば、50ペソで仕入れて日本に持ち帰り包装を上手に魅せれば、3000円~5000円でも売れる品物もあるといえます。商品より包装資材の方が高くつきますけどね。

ちなみに私の知っている、日本で売られている補正ブラジャーでは,最高額は一個40万円の売価。
身体の線の崩れはじめた女性たちには、「美しく魅せたい」想いで、こんな値段のブラジャーにも手を出すのです。

仕入れ業者としての口座を開設することも無く、店頭で誰でも買うことができます。
こんなものも簡易包装で、デビソリアにはあるのです。

この寒汰のブラジャーに関するエントリに関して、二人の日本人女性からご意見を頂いた。

それを次エントリで紹介したい。

.

.
.

にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ  にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
.

.

About plastictakata
暗黒の国フィリピンやパッツン天国タイでばら撒き、自主パト、凸凹するのが趣味の57歳のオサーンです

14 Responses to ブラジャー I

  1. joe says:

    ただ問屋街に行って安いブラをたまたま見つけたのでコジツケで書いたんでしょう。
    P50のブラが日本で数千円で売れるなら在日P人が昔から大儲けしてますよ。(笑)
    要するに俺はP国の事を知ってるって言いたいんでしょうね。アホくさ。

    • そうでしょうね。なんでもかんでもコジツケで書くのが寒汰の特徴ですね。
      妄想ばかりなのに、さも知ったかのように書くから不快なのです。

      > 俺はP国の事を知ってるって言いたいんでしょうね

      何も自慢することがない寒汰にはフィリピンベテランが唯一の心の拠り所なのでしょうね。

      臭皇の成功も運だけだったと最近分かってきました。
      地道な努力した結果の成功だったなら自分に自信がもててもう少しまともな人格になってたんでしょうけどね。

      フィリピンネタだと適当なホラ話を書いても突っ込む人が今まで居なかったからそれで通用すると思っているのでしょう。

  2. けんと says:

    最近、ワイヤーの跡が残るからワイヤー入りを推奨しなくなってませんでした??
    奥様をお持ちの方は聞いてみては??

    • 言われてみれば、付き合ってる女の子のワイヤー入りのブラ率はかなり下がってきた気がしますね。
      東南アジアの女の子ではまだまだ多いですが。

      まあ日本人と付き合ったことのない寒汰には一生分からない事情でしょうねw

  3. GAGA says:

    そんなにいい物が安いならとっくの昔に日本で売られて、それが価格競争で安くなっているはずですね。

    様々な僻地に行きましたけど大体日本人のきた形跡がありました。そういうところで得られるものは先駆者利益だけでしょうね。中華街で安いブラをみつけた。大発見だw お前はコロンブスかってのw

    • そうですね。
      日本語圏番長の寒汰に思いつくくらいなら、とっくに普通の業者さんが気づいてますよ。

      安物を見て大騒ぎする寒汰はアホですね。
      まあ女性たちからの痛烈なコメントはあと数時間で公開します。
      どうぞお楽しみに。

  4. いも says:

     今時 ワイヤー入ブラなんか・・・
    これは 約36年位前 ワコールが販売したもの。
    ブラのカップサイズの表記が違い、Dカップ以上は輸入品しかなかった大昔。

    もうトリンプの`天使のブラ`でさえ 過去のヒット商品なのに・・・

    寒汰は 未だ 片手で ブラのホックを 外せないのでしょうね。

    天使のブラ│下着・ブラジャー・ショーツのTriumph(トリンプ)
    http://www.triumph.com/global/jp/campaigns/tenshi/index.html

    小さな胸を大きく見せるブラ|ワコール直営の公式下着通販サイト
    http://store.wacoal.jp/site/ookikumiseru/index.jsp?link=top_webstoreookiku

    >SMやロビンソンなどの婦人下着コーナーで売られている

     いつもの嘘ですね。
    モールにオネーチャンと買い物をしに行けば
    下着売場の目立つ場所に 日本のワコールやトリンプのコーナーありますもの。

    フィリピンワコール株式会社
    http://www.wacoal.ph/pwc.html
    主要SM,ルスタンズなど取り扱い
    http://www.wacoal.ph/storelocation.html

    トリンプ インターナショナル (フィリピン)
    TRIUMPH INTERNATIONAL (PHILIPPINES) INC.
    去年の各モール内でのセール
    http://www.triumph.com/ph/en/221.html

    • さすがいもさん!

      寒汰の脳内は36年間も時代から遅れてるんですね。
      まあ女性とろくに接したことがないから分からないんでしょうねw

      > >SMやロビンソンなどの婦人下着コーナーで売られている
      > いつもの嘘ですね。
      > モールにオネーチャンと買い物をしに行けば
      > 下着売場の目立つ場所に 日本のワコールやトリンプのコーナーありますもの。

      やはりw
      おねーちゃんと買い物も行ったことないのに大嘘を書くのは寒汰のいつものことですね。

      やはり寒汰は根っからの嘘つきですw
      それを見事に指摘してくれるいもさんに感謝です。

  5. Eddy says:

    今回も「文章表現」がどうしても気になってしまう私です。(笑)

    >けっこう自分のブラジャーサイズと、装着法(フィッティング)を知らない女性は多いのです。

    この手の文を書くのは、「話下手だけど自己主張が強い人」に多い。

    文頭の「けっこう」につながるのは文末の「多い」だが、これだけ離れていると、「けっこう」がどこにかかるのかが分かりにくくなる。

    「自分のブラジャーサイズと、装着法(フィッティング)を知らない女性は、けっこう多いのです。」
    と書いた方が、遥かにしっくりくる。

    文全体においてさして重要性がないと言える「けっこう」を文頭に持ってくるのは、「自己主張」の現れであると言える。

    文章の頭を「自分のブラジャーサイズと、…」という書き出しで始めるのは、あまりにも唐突だなということに、実は本人も気づいているのである。
    しかし、たとえ唐突であっても、「言いたい」のである。(笑)

    そこで、無意識のうちに文頭を別の言葉に置き換えてしまうのであろう。

    「なんでもかんでも漢字にしたがる寒太氏」が、この「けっこう」だけ平仮名にしているのは、その無意識の別の形の現れであると言えよう。

    >スリムにあることが美しいと考えて、

    「スリムにあることが美しいと考えて」
    これは日本語としておかしい表現。
    直すのを最小限にすると、「スリムであることが美しいと考えて」となるが、これでも多少言葉足らずの感は免れない。

    >ぴちぴちの日本ではキッズサイズの洋服を好んで装着するフィリピン女性。

    「ぴちぴちの」を受けるのは「洋服」であるが、この書き方だとどうしても「ぴちぴちの日本」に見えてしまう。

    これも「自己主張の強さの現れ」であろう。
    「日本ではキッズサイズなんじゃないかとも思われる、ぴちぴちの洋服を好んで装着するフィリピン女性。」とでも書いて欲しいところだ。

    >そんなしょぼいブラジャーをサイズ違いで間違った装着法では、

    この「そんな」の先行詞が見当たらない。
    これ以前にあるのは「ブラジャー」ではなく、「キッズサイズの洋服」である。

    また、「サイズ違い」に相当する表現は存在するが、「しょぼい」に相当する表現も「間違った装着法」に相当する表現も一切見当たらない。

    恐ろしく強引な話題の展開である。(笑)

    >間違った装着法では、魅力的なオッパイが経産を契機に、
    >グニャグニャおっぱいになってしまいますよ~。

    主語と述語が全くかみ合っていない。
    小学校の作文添削であったとしても、大きな×が付くであろう。

    どうしても「間違った装着法では」と言いたいのならば、述語は「なってしまいます」ではなく、「してしまいます」だろう。
    この場合の主語は「間違った装着法」であり、「間違った装着法が、~してしまう」のである。

    しかし、普通は「間違った装着法をしていると」とする方が自然だろう。
    この場合の主語は、「間違った装着法を行っている人」である。

    ところで「経産を契機に」という表現は、成り立つのだろうか?
    「契機」というのは、「良いことを積極的に行うきっかけ」という表現でしか、見かけたことがないのだが…。
    念のために国語辞典を引いてみると、やはり「悪いことが自然に起こる」ような場合には使わない言葉らしい。^_^;

    さらに、「経産」というのは「出産」の間違いだろう。
    「経産」とだけ書けば、普通は「経済産業省」だと感じるのではないだろうか?
    「経産婦」という言葉はあるが、これは「出産を経験した婦人」という意味で、この場合「経産」は「既に終わったこと」であり、「時間的なある一点」を表すものではない。
    「時間的なある一点」を表すのは「経産」ではなく「出産」である。

    寒太氏は「契機にして」という、「時間的なある一点」を表現したいわけだから、ここで「経産」という言葉を使うのは間違いなのである。

    >なんせ南国フィリピン。(中略)体系も肉質もブヨブヨになりますぞ!

    既に指摘されている通り、「体系」は「体型」の間違いだし、「肉質」は「食肉」に対して使う言葉。(笑)

    ところで寒太氏は「南国フィリピン」を、「ブヨブヨになる原因」ととらえているようだが、南国というのは「体がブヨブヨになりやすい原因」なのだろうか?

    暑い土地の方が、体が皮下脂肪を蓄える必要もないし、基礎代謝も多く脂肪が燃焼されやすいから、却って「ブヨブヨの体型になりにくい」のではないか?(笑)

    寒氏にとっては、こういう表現は「理由の説明」ではなく、「単なる枕詞」程度の意味しか持っていないのではあろうが…。

    これ以降は諸氏がその内容に関して詳細な突っ込みを入れているので、コメントを控えさせて頂くが、どうしても許せない表現が1つある。

    それは、これである。
    >包装を上手に魅せれば、

    なんで「この手の人たち」は、「見せる」を「魅せる」と書くような、「安っぽい演歌の歌詞のような表現」を好むのだろう?

    「魅せる」というのは「魅了する」ということであり、単に「見せる」ことだけではなく、相手の全感覚に訴えかける動作である。
    そして、本来は「魅せる」ではなく「魅する」と書くのが正しい。
    「魅了」+「する」のだから。

    「魅する」よりも頻繁に見かけるのは「魅せられる」だから、恐らくこっちを間違えて、そのまま能動態に転じてしまったのだろう。

    ここで寒太氏が表現したかったのは、「中身はそのままで、包装だけごまかしておけばOK」というような、むしろ「お手軽だ」ということなのだから、わざわざ「魅せる」などという大げさな表現を使うのは、自分が言いたいことを的確に表現するためには、却って邪魔になるのである。

    「何も考えずに、常にもったいぶった漢字変換を好む」という好例だろう。(笑)

    この「失敗」のせいで、この後に続く、
    >「美しく魅せたい」想い

    という表現(こちらは一応意図の説明はつくのだが…)すらも、「どうせ何の意図もなく、もったいぶって見せただけだろう」と、人からは思われてしまう。

    まさに、「自ら墓穴を掘っている」のである。
    滑稽を通り越して、むしろ哀れである。

    • けんと says:

      横レス失礼します。
      もしかして、サモアンがそうだからとか考えているのかも。

      • えっとですね、寒汰が言いたいのはこういうことでしょう。
        「フィリピンのような南国の人間は、(飢餓遺伝子が強いので)ブヨブヨに太りやすい」

        しかし、実際に寒汰が書いた文章は以下のとおりです。

        >なんせ南国フィリピン。(中略)体系も肉質もブヨブヨになりますぞ!

        これを論理的に解釈すると
        「フィリピンなどの南国に行けば(誰でも)太ります」
        こういう意味になってしまいます。

        これはおかしい。つまり、そもそも言いたいことと文章の論理がずれていると Eddy さんは指摘しているんですよ。

    • またしても見事な解説ありがとうございます。
      今回もまた別途エントリにて取り上げさせていただきます。

      > 経産を契機に
      > 体系も肉質もブヨブヨ
      > 包装を上手に魅せれば

      この非常におかしな文章ですが、これは背伸びの典型なんでしょうね。

      難しそうな言葉、少し普通と違う言葉を使ってみたい、でも教養も国語力もないから適切な用語が思い浮かばない。
      だから意味が近そうな(でも用法としてはおかしい)言葉を適当に引っ張ってきてつなぎあわせてるだけなんでしょうね。

      寒汰の文章は借り物言葉をつぎはぎしただけの非常に醜いものなんですが、本人は名文だと思い込んでいるのがありありとわかるので、それがまた気持ち悪さを増しているのですよね。

  6. ぐーす says:

    ラテン系の国ではスリムでピチピチ=美しい とは考えないんじゃないですか?
    出るところがしっかり出て、メリハリのあるボディーがラテン諸国ではセクシーなわけで、
    フィリピンの男性諸氏も確かラテンの国同様の美的感覚だったと思いますが。。。

    スリムでピチピチを求めているのは日本人や韓国人であってフィリピン人ではないのでは?
    そういう意味では日本人、韓国人あいての客商売をしている女性はそれなりにスリムのピチピチ
    に憧れているのかも?ですけど・・・

    子供サイズの服を好んで買うのはそもそもピチピチが好きという以前に大人サイズの洋服が
    彼女たちには大きすぎるからでしょう。 うちの嫁の服も大人サイズだとサイズ0しか合わないです。

    • 確かに!
      スリムでピチピチが美しいと考えるのは、日本人(や韓国人、中国人)の発想ですね!

      寒汰は9年間毎月フィリピンに通い続けていて未だにフィリピンでどういうボディが好まれるかを理解してないんですね。
      さすがは寒汰ww

      輸入物が多いフィリピンではフィリピン人の体型にあった服がなかなかないよね。
      仕方なくぴちぴちの服を着ている事情も、日本語圏番長の寒汰には分かるわけがないんでしょうねw

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。