*書中*お見舞い申し上げます

書中お見舞い申し上げます」立秋を過ぎた8月12日のエントリに書く寒汰であった。

立秋をすぎれば「残暑お見舞い」に切り替えるのが日本人なのだが、寒汰は57年間日本で生きてきてそれすら知らないようである。

季節の挨拶を正確に使いこなせないなら、書かなければいいのに背伸びして書くから恥をかく寒汰なのである。

暑中書中と書くのはもう驚くに値しない。凄まじく知能の低い寒汰は誤字なしで文章を書くことは無理なのだ。

類人猿に漢字を覚えさせても所詮この程度だろう。

.

水風呂を浴びた寒汰であるが、普段は一切風呂に入らない。シャワーも浴びない。理由はもちろん「水道代がもったいないから」である。シャワーすらほとんど浴びないからあの凄まじい悪臭がするのである。

当ブログであまりに臭いことを暴露されたので「俺も風呂ぐらい入るぞ。ゲヒヒヒ」と言いたいのだろうが、一年に一度風呂にはいるくらいでは、アラブ人専門売春婦でさえ裸足で逃げ出すほどのあの悪臭はとれることはないだろう。

.

わたし的には、エアコンを効かせて、緑の草原をドライブする。なんてのもアリですね。

と、寒汰は書いてあるが、寒汰は例によって臭アパート206号室に丸一日篭っているのであった。出かけるのはせいぜいセイコーマートに弁当を買いに出かけるか、釧路伊予製麺で160円のかけうどんを食べるかであった。

伊予製麺はかけうどんが260円なのであるが、寒汰は必ず100円の割引券を持参して160円でかけうどんを食べるのである。割引券を持参してかけうどんしか食べない客は寒汰だけしかいないと、伊予製麺店員は証言する。

そんな男が緑の草原をドライブなどとよく言うものである。

伊予製麺の隣の汚らしい空き地が緑の草原だとでも言いたいのだろうか。

バレてないと思って大嘘をつくのは子供時代、国鉄時代、90年代の臭皇全盛期の頃から全く変わっていない寒汰なのであった。

今やその国鉄時代からの悪行も全て明らかになっているのに未だに白々しい嘘とついてもバレないと思っているのはやはり類人猿ならではの浅知恵だろうか。

魔尼羅盗撮バージン(仮名)の 8月13日のエントリで寒汰はまたしても米について書いている。

しかし元々米どころか食品についての知識もなく、パクり元のテレビ番組まで特定された寒汰には無残なほど書くことがなかった。

そこで、なんと寒汰は当ブログの内容をパクっている。

寒汰が今回書いている

  • 93年に日本に緊急輸入されたタイ米はそもそも品質が悪かった
  • 保存が良くなければ米はまずくなる
  • インディカ米は関税がかかるから日本で買うのは極端に高くなる

これらはいずれも下記のエントリで指摘されたものである。

「カオパ」とインディカ米、ジャポニカ米 I

「カオパ」とインディカ米、ジャポニカ米 II

「カオパ」とインディカ米、ジャポニカ米 III

イサーン人とカオニャオ

さすがはパクリの達人の寒汰である。知識もなく調べる能力がないので他人のブログからパクってさも自分が知っていたかのように書くのである。

そこまでして知ったかぶりをしたがる人間は世界広しといえどもなかなかいないだろう。

しかし、この人のブログ内容をパクってもなお、寒汰は致命的な間違いをおかしている。

まず、寒汰はインディカ米を日本で買ったこともなければ味わったこともないのを自分で晒している。

偉そうに「チャーハンはインディカ米で作るとうまい」と言いつつ、そのインディカ米を買ったことすらなかったのである。

また、寒汰は

(93年の米飢饉の際に輸入されたタイ米は)常用食のインディカ米ではなくて、家畜飼料用の米だったんですよ

日本政府は、あんなに大量に家畜用の飼料米を買って行った

と、書いているが、これまた大間違いである。

あの米不足の時に輸入されたのは備蓄米(古米、古古米)であるが、家畜飼料用のものだったわけではない

備蓄米はあくまで人間用である。

類人猿並にしか国語力がない寒汰はこう勘違いしたのだろう。

  • 売れずに余ったタイ米を政府は家畜飼料用として処分した
  • それを知った日本人は「俺たちは家畜飼料になるような米を食わされたのか」と憤った
  • それを聞いた寒汰は「家畜飼料用の米を輸入していた」と勘違いした

あまりにお粗末な理解力である。この勘違いの凄まじさは寒汰の寒汰たる所以だろう。

理解力もなく何も知らないくせに知ったかぶりをしたがるからこういう勘違いをするのである。

また、寒汰はこうも書いている。

タイ国を旅行したお方なら誰でも判ること。インディカ米の食事………美味しいのです

この一文だけで寒汰がいかにタイを知らないかがわかる。寒汰が食べていたようなタイの屋台でも店によって全く味が違う。そして米に関して言えば屋台の米は概してうまくない。

そもそも良い米は個人宅で消費されることが多いからだ。旅行者が食べるような場所にはなかなかない。

寒汰がタイに行ったのは2006年12月に2泊しただけ。英語もタイ語も全くできない寒汰はTOSHIYAさんに付き添われて一人では何も出来なかった。

さらに、観察力もなく極度の味音痴の寒汰や屋台で食べた米もそれがうるち米(カオスワイ)なのかもち米(カオニャオ)なのかついていなかったのである。

タイの屋台で食事をしながら何も気づいてなかったのである。寒汰の目はまさに節穴である。

そんな基本的な区別もつかず、日本でインディカ米を食べるどころか買ったことすらない寒汰が何が「誰でも判ること」なのだろうか。

誰にでも判ることが何ひとつ分からない寒汰なのである。

「10キロ 6000円で、通関費用と消費税ですね」

6000円のほとんどは関税なのだが(米の関税率は800%近い)、寒汰の脳内には関税という文字はないのだろうか。それに通関費用の話など米の小売でするだろうか?

おそらくは

「10キロ6千円です。これに消費税がかかります。高いと思いますか?まあ、米は関税が高いですからね。」

と言われたのを類人猿並の理解力しかない寒汰は

「10キロ6千円。それに通関費用と消費税がプラスされる」

と聞こえたのだろう。日本語の理解力が幼稚園児並の寒汰である。

.

見栄ばかりはる寒汰は今回も架空友人を登場させている。寒汰は国鉄時代、臭皇創業期、そして現在と全く友達がいなかったのは種々の調査で明らかになっている。

友達がいないのが恥ずかしくて自作自演をするのは寒汰のいつもの行動パターンであったがもう、そんなことはとっくにバレバレなのであった。

.

日本国内の観光地が軒並み観光者が減っていまして、コストパフォーマンスの高い、お得なホテルが続出です。
当日予約で、一室10畳間、温泉三昧、朝御膳は和牛三昧。
これでこれで3千円台………お一人様御一泊代金の飛騨高山なんて話もございます。

今の日本の経済的背景や、原発災害での外国人旅行者離れ。標準的視点から………日本に居住する日本人から考えますと、日本国内旅行なんてのも選択肢なんですよ。

観光の名所が、例年の観光シーズンの1/10の滞在費ですからね。

これを翻訳すれば以下のようになるだろうか。

「私は一日中家に閉じこもってテレビをずっと見ています。テレビのワイドショーの内容をそのままブログに書いています。でもやっぱり勘違いと間違いばかりです。この糞暑いのにお盆は航空券が高いからドケチの私はフィリピンにはいけません。9年間毎月フィリピンに通ってますが、お盆に行ったことは一度もありません。お盆の期間中はフィリピンで楽しんでいる人間が多いから悔しいです。クソッ、クソッ、クソッ。」

類人猿寒汰の思考回路は単純なものである。

いや、そんな言い方をすれば類人猿の方に失礼だろうか。

.

.
.

にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ  にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
.

.

About plastictakata
暗黒の国フィリピンやパッツン天国タイでばら撒き、自主パト、凸凹するのが趣味の57歳のオサーンです

16 Responses to *書中*お見舞い申し上げます

  1. てっちゃん says:

    やはり、嘘や知ったかはこのネットが進んだご時世には御法度ですね。

    知らなければ知らないで教えてくれた人に感謝し、そこから学ぶ方が、
    いいかと!

    逆にこの情報は誰誰さんから借用や引用って入れた方が見ている我々
    も気持ちいです。

    ダメな汚やじだと言う事を謙虚に受け止める事がまず大切ですよね。

    • はい、知ったかぶりや嘘はすぐにバレる時代になってます。
      謙虚さが昔以上に大事ですね。
      そういう意味では、寒汰は本当によい反面教師です。
      私も寒汰のおかげで謙虚さの大事さをかなり学びました。
      (寒汰本人はますます謙虚さを失ってるようですがw あ、元からないのかなwww)

      > この情報は誰誰さんから借用や引用って入れた方が見ている我々も気持ちいです。

      ホモサピエンスとしてのマナーですよね。

      > ダメな汚やじだと言う事を謙虚に受け止める事がまず大切ですよね。

      はい、てっちゃんの場合未だに若くてイケメンで女性の扱いが凄くうまいのがちょっとムカツキますがw
      でも、そういう人程謙虚なんですよね〜。
      寒汰のようにダメな汚ヤジほど傲岸不遜ですw

  2. 北海道民 says:

    「書中」・・・いや笑ってしまいました。

    • Kim Joen says:

      いや、大まじめに「書中」と思ってるんでしょう。
      可能性(1)「暑」と「書」の見分けが付かない
      可能性(2)「文章中で暑いお見舞いをすること=書中お見舞い」

      その証拠に、誤変換なら今日までにとっとと修正してるでしょうに。

      • 確かに!誤字なら奴はこっそり修正しますからね。
        先月あたりも買春を売春と間違えて書いていたのをこっそり修正してました。
        もはや指摘する気もおきませんでしたがw

        > 可能性(2)「文章中で暑いお見舞いをすること=書中お見舞い」

        こう勘違いしている可能性は十分にありそうですねww

    • 寒汰の誤字脱字は今に始まったことじゃないんですが、
      最近はもうわざとやってるんじゃないかというくらい凄いですw

      脳みそがメルトダウンしてるのかもしれませんw

  3. GAGA says:

    外国人が減っているなら国内のヒルトンやハイアットも格安なんでしょうね。たったの5万円だった、なんて声が聞こえてきそうです。

    セイコーマートの値引きされた味の落ちた弁当しか食べない人に物の価値は分からないでしょう。

    でわw

    • たったの5万円は払えばいいだけのことです。
      セイコーマートの弁当は人の温もりがするから美味しいのでしょう?

      …. 寒汰の見聞きするフィリピンは実態のフィリピンとはまるで別ですが
      彼の見聞きする日本も実態とはまるで違いますねw

  4. 芋洗坂係長 says:

    「書中」・・・気付かなかったwww

    • 毎回これだけ沢山誤字があると、さすがに見落とすこともありますよww
      もう全部指摘しきれませんw
      それだけでブログエントリが終わっちゃいますから!w

  5. joe says:

    >「書中お見舞い申し上げます。」

    キャンディーズに怒られますよ!(笑)

  6. Eddy says:

    私が一番気になったのは、ここです。

    >30℃越え40℃に近い気温の、本州各地からすれば、エアコン運転下での室内気温です。

    この読点の打ち方だとこの文の意味は、「自分が今いる場所の気温は、30℃越え40℃に近い気温である。その気温は本州各地からすれば、エアコン運転下での室内気温である。」という意味になってしまいます。(笑)

    おそらくこの文の意味は「本州各地は北海道とは違って、外気温は30℃を超えて40℃に近いから、先ほど私が書いた27℃というのは、本州各地ではエアコン運転下の室内気温に相当するであろう。」ということでしょう。

    だったら、「30℃越え40℃に近い気温の」と「本州各地」の間には、『絶対に読点を打ってはいけない』のです。(笑)

    「30℃越え40℃に近い気温の本州各地」は、ヒトカタマリで主語になっているわけですから。

    小学校の国語で、そう教わらなかったのでしょうか?

    • 確かに、この読点の意味では北海道は気温40度近くってことになりますねww

      寒汰の読点の打ち方は本当に狂ってますね。
      読点の意味が分かってないのでしょうか?w

      彼は間違いなく中学以降の教育をまともに受けていませんが(受けても理解する能力がなかった)
      小学校の国語すら怪しいですねw

      これで自称知恵オタクなのだから参りますww
      知恵オタクどころか、無知・無教養の権化のような生物ですねw

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。