最高のファッション II

寒汰は誰よりもお洒落である。何と言ってもお洒落である。

お洒落については、誰よりも五月蝿い。

そんな、寒汰のオシャレさについては、マニラのみならず釧路でも豪伝説を残っている。

本日はその一部を紹介したい。

.

まず、オシャレの基本は心からである。

寒汰はいつも臭皇の従業員に向かってこう言う。

男は外見より中身だよな   心だよ  心、な、新田店長」

それに対して新田店長(仮名)は「う、うん」といつもおもいっきり嫌そうに返事をするのが常だった。

.

臭皇の従業員は寒汰が大嫌いである。何より臭いし気持ち悪い。

その上、寒汰は女の話ばかりするのである。気持ち悪い臭社長の寒汰と話す女の話などないのだ。

しかし、他人の気持ちが誰よりも読めない寒汰はそんな従業員の気持ちも知らずにいつも話しかけてくるのだ。

最近女と遊んでるのか

余計なお世話である。従業員は皆心の中で思っていた。

『臭社長は50年間一度も女と遊んでないだろ』

.

さらに、寒汰は「俺は男の中の男だ」といつもいつも口にしているのである。

どうやら釧路では、プロのイラストレーターの絵柄を無断盗用したり、店の営業時間中に休憩室でオナニーしたり、ステッカーを勝手にべたべた電柱にはって、それを注意されたら逆恨みして車のタイヤに穴をあけるような男が「男の中の男」だと呼ばれるようだ。

.

寒汰は従業員を集めて偉そうに話をするのが大好きだった。

キムタクよりかっこいい男がここにいるだろう?

意味がわからず従業員一同はぽかんとしていたが、そのうち一人が意味に気がついた。

そしてブーーっとおもいっきり吹き出した。

それで他の従業員も意味に気づいたが、皆、笑いを堪えるのに大変だった。。

.

寒汰は従業員によく言っていた。

お前ら、俺のファッションを見習えよ

20年間変わらず、ケミカルジーンズ、黒い無地のTシャツ、ベージュ色のフィッシングジャケット、こんなファッションを見習うくらいなら自殺した方がましである。

そんな従業員の気持ちを一切考えることなく、寒汰はこう言い放った。

俺、キムタクみたいだべ?

従業員一同はまた爆笑を抑えるのに必死だった。

.

「男の中の男」「キムタクよりかっこいい男」「お前ら、俺のファッションを見習え」と自分の男っぷりに相当な自信がある寒汰のようだが、現実はどんな格好をしているのか。

  • 風に吹かれるままの髪型。洗髪を何日も行わないことで男臭さを周囲数十メートルにふりまくのがお洒落である
  • 零下10度の真冬でも摂氏20度近い真夏でも変わらず毎日同じ黒のフリース(変なピンク色のライン入り)
  • 近所では「制服」と陰口を叩かれるほど毎日同じフリース
  • その「制服」を着たまま寝ているらしく、近くでみるとそのフリースはゴミだらけ
  • どこで買ったか謎なほどのダボダボのジーンズ
  • 不自然なほどに真っ黒に染めた髪

(2010年12月の写真。この写真と本文は全く関係ありません)

.

(2011年4月の写真。この写真と本文は全く関係ありません)

こんな人間に「俺のファッションを見習え」と言われた従業員たちは、よくその場で集団自殺しなかったものである。

寒汰のファッション豪伝説にはまだまだ続きがある。

(続く)

.

.

.

にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ  にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
.

About plastictakata
暗黒の国フィリピンやパッツン天国タイでばら撒き、自主パト、凸凹するのが趣味の57歳のオサーンです

6 Responses to 最高のファッション II

  1. けんと says:

    たしかに、ケミカルジーンズは自分が小学生のころに始めて履いた本格的なジーンズだったかも。
    それがその時代のトレンドだったような・・・。
    でも、その5年後にはビンテージブームが来て、Levisの502を履いたり、Evis、キャントンなどを履き、太りすぎた去年は唯一42インチがあったフラットヘッドを掃き、現在はジーンズは38インチまで戻せたのでシュガーケインを履けるように・・・。
    写真のジーンズは若干ヒゲが入っている感じもするのですが、洗わないで鍛えたという感じにも見えないですねw。
    あ、自分も昔は洗わないで鍛えることをしてましたが、店の人に汚れが残ると繊維の悪影響を与えるからだめといわれて、定期的に洗うようにはなりました。

    • ケミカルジーンズは80年代あたりに流行った気がしますが、すぐにすたれませんでしたっけ?w

      しかし、けんとさんはジーンズでもこだわりがかなりありそうですね。
      寒汰のように得体のしれない気持ち悪いジーンズをはき続ける男とは天と地ほども差がありそうですw

      寒汰の場合、定期的に洗うどころか一度も洗わないみたいですしねw
      100万年先くらいのファッションなのかもしれませんがw

      • けんと says:

        はい、ケミカルウォッシュは廃れてますw。
        書き忘れましたが、20年前=自分がケミカルをはいていた時代ですw。
        相変わらず自分はビンテージレプリカにはまってますけどね。
        今、あの柄をみるとすれば、方法は異なりますが「タイダイ」のシャツなんかがそうですかね。
        ジーンズのこだわりというか、体型的にはレプリカ系がしっかり合うんですよね・・・。
        その程度です。

      • はい、けんとさんがはかれていたのは20年前だとわかっていますよ。
        寒汰は20年間ずっとはいているみたいですけどねw

  2. GAGA says:

    ネットカフェで笑いを堪えるのに大変ですw

    ケミカルウオッシュのジーンズって大昔の女性雑誌で「男性の絶対に許せない服装第1位」でしたね。

    一時ベトナムでケミカルウオッシュが流行ったようですが、もはや世界遺産ではないでしょうか?

    いや、あえて時代を1000年くらい先取りしているのかもしれません。汚ギャルも流行ったことだしファッションリーダーは違いますね。

    • ケミカルウォッシュは、かなりきついですねw
      おっしゃるとおり、世界遺産レベルだと思います。

      それを愛用し続ける寒汰は男の中の男ですね。
      まあ、女性は一切近寄ってこないと思いますがw

      時代を千年先取りですか。
      ホモ・サピエンスが生存している間は彼のファッションは理解されない気もしますね。
      時代を間違えて生まれてきたファッションリーダーなのでしょう。
      比較されるキムタクに深く同情しますw

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。