マニラの飲み代は5倍換算 II

引き続き読者の方の狂人寒汰への批判コメントを紹介したい。


KJさん

sarisariさん、GAGAさん、芋洗坂係長に激しく同意です。
私はフィリピン勤務も長かったですが、マレーシア、インドネシア、シンガポールとの関わりが長いためどうして比較します。
マニラではもっぱらイタメシ、スペイン料理、日本料理、韓国料理をローテーションで食べます。
セブに行くとアジア料理の店、ボラカイではドイツ料理、ギリシャ料理の店を加えますが。
味が単純、曖昧なフィリピン料理ですが健康にも影響を与えてくれます。
私のフィリピンでの健康法は現地飯を食べないことです。
ミニトマト一個や小さな干し魚一匹で皿一杯の米を食べる連中(うちの運転手やワーカーw)との同席はきついですw

Joeさん

フィリピンではお金を払って嫌な思い(不味い)したくないので僕はほとんど自炊ですね。
どう料理したら素材をあれだけ台無しに出来る料理が出来るか「コツ」を知りたいです。(笑)

GAGAさん

5倍換算って何か意味があるのかな?

Room526が2200ペソ(だったかな?)2万数千円。高級感あるし観光客が行くには安いかな?

乞食が車の見張りして20ペソ(200円)

コーラ頼んでチップ20ペソ(200円)。200円も貰えるならやりたいですw

スタバのコーヒー135ペソ。(1350円)日本の5スターホテルでコーヒー飲むとそのくらいから。マニラのスタバって変質者だらけ。価値なしになります。

高級ホテル7000ペソ。マニラであの程度で7万円!高っ!

人生詰まらなくなるね、、、、月1度わざわざ釧路から来て「安いの話かよ」って思います。日本から来たなら日本円の感覚だけで充分だと思う。安いに越したことないけど飛行機に乗ってやってきて中華学食にバナナフライwせいぜい5倍換算して節約してください。

まさにその通りである。そんなに金をケチりたいなら、そもそもフィリピンまで来なければいいのである。

それが最大の節約である。

また、バナナの揚げ物やトロトロで狂喜し写真をバシャバシャ撮る寒汰がフィリピン人にとってどれくらい失礼なのか、ちょっと想像していただきたい。

日本の立ち食いそばに、怪しげな外国人がやってきて

「ゲヒーーーーー!この汚らしい立ち食いそばが日本文化だな。お前ら日本人の貧乏人はこうやって飯を食うのが好きなんだろう?俺は物知りだろう?ゲヒヒヒ」

と言いながら、客の姿をバシャバシャ写真を撮りまくってブログに掲載する。

しかも、それで「日本人と相互理解が深まった」と言い放つ。

どこが相互理解なのだろうか? 単に財布が苦しい日本人に対する侮辱を行なっただけである。

勝手に写真にとられて掲載された日本人は殺意すら覚えるであろう。

寒汰のやっていることはそれと全く同じである。

.

寒汰が「昔の日本を感じるためにフィリピンに通う」と言っているが、それは大嘘である。

そもそもフィリピンの下層階級の貧困は昭和30年代以降の日本とは全然違うし、アメリカナイズされた文化のフィリピンと日本は異なる。

さらに言えば、そもそも「昔の日本を感じるために」というのは大嘘である。

買春するためにフィリピンに通っているのが後ろめたい、やましい。その買春の後ろめたさをごまかすための適当な言い訳に過ぎないのである。

(それについてはまた後日のエントリで詳しく述べるつもりである。)

いずれにせよ、寒汰のフィリピンへの誤解と勘違いは年々激しくなるようである。

どうせ何を見ても勘違いする寒汰には、とっとと自殺して地獄を旅行することをお勧めしたい。

それが一番安上がりであるし、他人にも迷惑がかからないであろう。

.

.

にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ  にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
.

.

About plastictakata
暗黒の国フィリピンやパッツン天国タイでばら撒き、自主パト、凸凹するのが趣味の57歳のオサーンです

10 Responses to マニラの飲み代は5倍換算 II

  1. 芋洗坂係長 says:

    僕はフィリピンに「昭和」を感じたことは、正直いってないです。
    一方で、十数年前に初めて訪れたときの韓国(ソウル)、数年前から足繁く訪れている台湾やタイには「昭和」を感じます。(余談ですが中国にはあまり感じませんね。ありゃ別ものw)
    まあ、ほぼフィリピンしか知らない寒汰氏にこういう比較を求めるのは酷でしょうがね。

    • やはりそうですか。
      私も正直フィリピンには昭和は感じません。まあゼロとは言いませんが、
      あれだけアメリカナイズされた(アメリカの醜い部分ばかりが反映された)国のどこが昭和なんだろうと思いますね。
      インドネシアの方がよほど日本に似てますよ。

      タイは人柄が日本に近いものがありますね。
      イサーン音楽は日本の演歌によく似ていますし。

      > フィリピンしか知らない寒汰氏にこういう比較を求めるのは酷でしょうがね。

      その通りですね。世界の中でフィリピンしか知らないから何でもフィリピンだと思い込むんですよね。
      その己の視野の狭さすら気づかないのは滑稽ですらありますねw

  2. GAGA says:

    フィリピンにはアジアすら感じにくいですね。

    私の感じる昭和はプノンペンの中心から少し離れたエリア。コンクリートのしょぼい家が立ち並び、道は舗装されていない。

    知人がその周辺に住んでいるのですが、家が覚えられないので近くに居る適当なおばちゃんに「ジャポン、ジャポン」と連呼します。おばちゃんも暇なので「良く分からないけどあそこの日本人の旦那の友達だろうねw」程度の認識で数分歩いて案内してくれます。

    街と人ののんきで平和な雰囲気に昭和を感じます。

    不思議なことにストリートチルドレンも居ないし、おばちゃんがチップくれと眉間に皺を寄せることもありません。あっ、フィリピンと間違えたw

    戦時中に乳の出ない母親の変わりに近所の人が代わりに乳児に乳を飲ませたりとか、貧しさのあまり米のとぎ汁を乳児に与えたなどの話は普通にありますよね。寒汰にも昭和生まれで戦争の悲惨さは充分に語り継がれていると思うのですがどうなのでしょうか?私の場合、先祖が日露戦争にも太平洋戦争にも軍人として行っていたのでそれなりに語り継がれている部分はありました。

    敗戦直後の日本でアメリカ人が米のとぎ汁を乳児に与え、「相互理解」なんて言いながら真似たら包丁持って突っ込んでいった日本人は沢山居たことでしょう。

    • 確かにフィリピンはアジアっぽさが少ないですね。
      彼らの見た目はアジア人に近いですが、他のアジア人なら持っている少なからぬ理知を感じないのですよ。

      他人から収奪することが善、金は恵んでもらって当たり前と思い込むようなあの道徳観にもついていけません。

      戦後の話ですが、アメリカ人の汚い臭いオヤジがやってきて
      「お前ら日本人はこうやって米のとぎ汁を乳児に飲ませるのが好きなんだろう? どうだ? 俺は物知りだろう? ゲヒヒ」と言いながら偉そうにとぎ汁を飲ませた挙句
      「これで相互理解が深まったな」
      と言い放つなら、車裂きの刑にあうでしょうね。

      寒汰には他人の気持ちが一切理解できません。
      日本人の女も日本人の男の気持ちも理解できません。
      だから女と付き合ったこともないし、友達が一人もいません。
      フィリピンの下層民の気持ちなんてもっと分かりません。
      ただ、言葉が通じないから自分が理解していないこと、そして自分が凄まじく嫌われてることすら理解できないでしょうね。

      釧路の珍獣にもっと過酷な刑罰が一日も早く下ることを期待していますw

  3. GAGA says:

    マザーテレサは神の御意志でコルカタに行きました。ノーベル平和賞受賞の際の「世界中の貧しい人達の代表としてここに参りました。」の言葉は有名ですね。マザーテレサは生きながらにして神に近い存在だと誰もが思ったことでしょう。

    釧路の珍獣は買春だけを目的に毎月マニラにやってきます。

    「お前ら貧乏人はご飯に水をぶっ掛けて食うんだろ。コーラなんて注文するなよ。トゥービックで充分だ。只だから節約できるだろ。相互理解が深まったな」

    このような話をブログに偉そうに書く基地外に誰もが抑えきれない怒りを感じたことでしょう。

    不思議なことにマザーテレサに対する神の御意志はフィリピンではありませんでした。

    不思議なことに珍獣の唯一の買春場所はフィリピンでした。

    • マザーテレサはフィリピンには1984年に5日間来てるみたいですね。
      でも、彼女の救いはフィリピンにもたらされたのか、微妙ですね。
      マザーテレサでさえ癒せないほど暗黒の闇が深かったということでしょうか。

      釧路の珍獣は釧路で他人に迷惑を振りまき、フィリピンでも迷惑をふりまきまくっていますね。
      ロンギヌスの槍で早く刺し殺されて欲しいものです。
      あ、珍獣は5体バラバラになっても死ななそうですがw

  4. GAGA says:

    コルカタにも滞在した事ありますが、ホームレスといえど1ルピーの為にきちんと頭を下げていました。貧民の生活は酷く、野良犬に1ルピーで買ったビスケットを与えていたら恥ずかしそうに「1枚くれないか?」と聞かれたことが印象に残っています。まあ彼は金目的で近づいて来たのでしょうが、観光に関する情報もくれたので100ルピーほどあげました。

    スマートフォン、ラップトップパソコンを持っている人間が眉間に皺を寄せて「アコ、カワイソ」と集団でたかりに来るASEANの某国の方が物は潤えど心は貧しいとしか言えません。

    マザーテレサが5日間でフィリピンから去ったのは神の御意志であったのでしょう。神様はやさしいですからw

    せめてフィリピンの牧師が十戒を聖書を見なくても言えるようになる日が来る様切望します。

    • なんと!インドの貧民は1ルピーもらうにもきちんと頭をさげるのですね。
      1ペソをやったら怒って投げ返してくる魔尼羅の乞食とは大違いですね。
      寒汰がなぜフィリピンが好きなのかよく分かる気がします。
      人間性が近いんでしょうねw

      フィリピンの神父さんは聖書を見ないと十戒を言えないんですか?
      それは冗談ですか??

  5. お早ようございます,前に寒汰物語をニ,三度讀みましたが,余りにも日本人らしくないので止めてしまった,正直に言って寒汰が日本人だと言う事日本の恥だと思います,作者には申し訣ないが,私は自分のイメ一ジを毀したくないのです,..

    • 日本人ではない方ですね。

      すいません、こんな酷い男の物語を読ませてしまいまして。
      彼は日本人ではなく、正確にはアイヌ人なんですが、こういう男が日本に住んでいるのは非常に残念ながら事実です。

      せっかくの日本のイメージを壊してしまって申し訳ないです。
      寒汰とは私は人種は違いますが、同じ日本国籍の人間として深くお詫びします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。