コメントが入らないブログ

世の中にはいろんなブログがある。コメントが大量につくブログもあればそうでないものもある。

最近は、ブログへのフィードバックが Mixi などのソーシャルサイトで入る場合もあれば、Twitter で入る場合もある。

しかし、なぜかコメントが恐ろしいほどまでに入らず、たまにコメントが入ってもその文体がブログオーナーそっくりのブログがある。

その名は「マニラ盗撮バージン(仮名)」及び「好きです魔尼羅LOVE(仮名)」という全く同じ内容の2つのブログである。そしてそのブログの主は、我らがスーパーヒーロー寒汰(仮名)である。

寒汰のブログには滅多にコメントが入らないのだが、たまに入っても不思議な事が起きる

  • ほとんどが非公開コメント
  • 公開されたり引用されているコメント内容が寒汰の文章にそっくり

さらに、コメントが入ってないのに、コメントへの返信だけがなぜかあったりする。

寒汰レベルになると、テレパシーで読者からのコメントが届くのだろうか。

寒汰曰く、寒汰ブログへのコメントはメールで届く事が多いそうなのだが、これまた不思議である。たまにブログのコメントがメールで来ることはあるが、コメントが一切入らないのにメールだけが来るということはまずない。

ソーシャルサイトや Twitter でブログへのフィードバックがあるならわかるが、世界中で寒汰ブログだけなぜか誰にもわからない形でフィードバックが来るのである。

もう、はっきり言ってしまおう。

公開コメントにすると、文章の癖で自作自演とすぐにバレるから非公開にしているのである。

架空メールでコメントをもらったことにするのも同じ理屈だろう。

それでも引用部分や返答のおかしさから自作自演とバレるのが寒汰の猿知恵である。

寒汰がどれだけ自作自演が大好きかはこちらのエントリを参照していただきたい。

そんな寒汰のブログに最近入ったコメントを引用しながら解説してみたい。

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/07/21(木) 11:20 | | #[ 編集]

例によって非公開コメントである。寒汰ブログに入るコメントはほとんどが非公開コメントであるが、その理由はそれが自作自演コメントだと文体からバレるのを恐れているのだろう。

コメントありがとうございます。
>  いつも楽しく拝見させていただいています。………(略)………今後とも臨場感あふれる記事をよろしくお願いいたします。

コメントありがとうございます。
恐れることはありません。日本に居られる時と同じ観察力と注意力で大丈夫です。
楽しい旅になるとよろしいですね。
旅行中の安全をお祈りしています。
2011/07/21(木) 12:25 | URL | 寒汰 #-[ 編集]

引用部分が凄まじく省略されているのが特徴的である。全文を書くと、寒汰の文章の特徴が出るからであろう。全文を書かなくても寒汰の特徴が丸出しなのであるが。

また、コメント内容にほとんど中身がないのも寒汰ブログのコメントである。中身はいつも決まりきった文句で寒汰ブログを褒めるだけ。

普通のコメントならば、ブログ主とは違った視点や新たな展開が必ずあるものなのだが、寒汰ブログへのコメントはそれが一切ないという不自然さである。

当たり前である。ブログ主が自作自演でコメントを書いているから意外な展開などあるわけないのである。

こんばんわ、いつも拝見させていただいています。ラプラプの記事が続いているよなので一言と思い。。。

自分フィリピンで日本食レストランでシェフをしており、市場にはよくいくのですが刺身で食べられるラプラプは基本的に毎日あります。(カーテイマー&シーサイド)ですが、身がプリプリの本当に美味しいい物は一週間に1日、2日あるかないかですかね。。。目利きとしては本当に新鮮なものは魚の表面のツヤが明らかにちがいます、あのツヤ加減を一度見ることが出来れば、あとは簡単です、当然エラも真っ赤ですね。
あとラプラプの値段についてですが、市場では350ー450?程度ですが生きているラプラプというのもありまして相場700前後です。
2011/07/22(金) 00:12 | URL | ryouri #-[ 編集]

寒汰の文章そっくりのこの悪文である。詳細な分析は Eddy さんや他の方にご助力いただきたいのだが、寒汰そっくりの文章だと思うのは筆者だけだろうか。

述語を書かない気持ち悪い日本語といい、文章のつながりがおかしいところといい、脱字といい、ありえないほど寒汰の文章にそっくりである。

しかし、さらに興味深いのはこの後の寒汰の返事である。

ryouri 様へ コメントありがとうございます。

来月以降のことですが、数人でお店に窺ってみたいのです。

というのも、一応に小さなLAPU-LAPUよりは、身が肉質的なLAPU-LAPUが好みで、当然魚体は大きいモノが口にあうのです。

したがって、刺身他、焼魚等、頭とアラで鍋で食したいのです。
こんなことローカルでは頼めませんしね。

時価が、料理の価格ではないことを当然承知の上でのお願いです。

もし可能でありましたら………魚の入荷状態にもよりますが、お返事、住所など頂きたいのです。

コメントを見て、貴男のお店に不心得を起こす方もいるといけませんので、コメント 秘密:□ 理者にだけ表示を許可する にチェックを入れて、お返事いただきたいと思いますがいかがでしょうか?
なにとぞ、善処お願いします。

2011/07/22(金) 23:49 | URL | 寒汰 #-[ 編集]

「身が肉質的な」を代表として日本語もおかしいし、そもそも Lapu−Lapu の調理を頼みたければ自分でシーサイドマーケット付属のレストランで流暢な英語やタガログ語ですればいいだけ、という突っ込みはおいておいて筆者がもっとも気になったのは、この点である。

料理人は寒汰に店に来てくれとは一言も言っていないのに、いつのまにか寒汰が店に行くことになっている

一体、これはどういうことだろうか?

寒汰とこの ryouri 氏はコメント外でテレパシーでコミュニケーションしあったとでも言うのだろうか?

自作自演でなければありえない会話の流れである。

(※ もし ryouri 氏が寒汰でないと分かった場合には全力で謝ります)

また、寒汰は先日のブログ・エントリにこう書いている

『寒汰さんは… 』
そんなコメントを頂きました。

ところが、そんなコメントはどこにもない。

やはりこれもテレパシーでコメントを受け取ったとでも言うのだろうか。

.

友人の居ない寒汰は自作自演や無断盗用をしてもなんとも思わない人間になったようである。

見え見えの自作自演や無断盗用でますます嫌われて友人がいなくなる寒汰だったが、

そんな寒汰でもスーパーヒーローになれるのがフィリピンという国の不思議なところだった。

.

今日も takashi はネモトで突ったったまま九官鳥のような素っ頓狂な声で叫んでいた。

「凄い!凄い!寒汰さんは自作自演の天才だ!寒汰さんは世界一のフィリピンベテランだ!」

.

.

にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ  にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
.

.

About plastictakata
暗黒の国フィリピンやパッツン天国タイでばら撒き、自主パト、凸凹するのが趣味の57歳のオサーンです

20 Responses to コメントが入らないブログ

  1. ななし says:

    はじめまして。
    私は1度だけ「○○バージン」にコメントしたことがあります。
    ななしとは違うハンドルネームでですが・・・。
    (因みにななしもいつもと違うハンドルネームです。すみません。)

    その時は寒汰さん(一応年上なので「さん」づけ)の文があまりにも変だったので、文章訂正のつもりでwikiか何かを引用してコメントしました。その時も管理人のみ観覧出来ますと表示されましたよ。

    しばらくしてそのコメントの返事のコメがありましたが、捨てハンで書くなとか○○(都道府県)の○○のプロバイダーからレスしたお前は何とか何とかと書かれていました。

    私、それまで「○○バージン」は写真は割と凄いかな?と思っていましたが、ここを読むと隠し撮りだったのですね。でも日常の写真ばかりなんですよね。ネタは買春の話ばかりだし。何がしたいんだろうって感じです。写真と文のバランス悪いし。フィリピン詳しい人だったら病院のシステムとか、ジョリビーなどのフランチャイズの話など日本と違う処を書けばいいのにね。あそこは写真だけのサイトで文章要らないよ。だって文章は日本語が変ですし、何が言いたいから分からないですもの。

    すみません。向こうの感想をここに書いてしまって。

    • そう!本文で書き忘れましたが、非公開コメントにする理由の一つは寒汰への反論コメントというのもあります。
      まあ、あれだけおかしな文章だから突っ込みが入りまくっても不思議ではないんですが、寒汰は怒り狂いますねw
      事実だから怒るんでしょうw

      盗撮に関しては、結構有名ですね。
      魔尼羅盗撮バージンの2010年10月23日のエントリでは、撮影禁止の店で撮影している寒汰は思いっきり睨みつけられていますね。

      寒汰物語でもその様子について書いたことがあります。

      また、2006年9月13日のエントリでは機内で盗撮した写真を公開しています。

      さらに、彼の写真は他人のものを勝手に掲載しているケースが多いです。
      昔の「あ・魔尼羅(マニラ)」(仮名)のメンバーが撮影して仲間内だけに公開していた画像を勝手に
      自分のものとして公開しているケースが非常に多いです。

      これも、彼が「あ・魔尼羅(マニラ)」(仮名)メンバー全員から激しい怒りを買ってる理由の一つです。

      彼の写真が上手かどうかについては、私は写真のことはよく分からないのでなんとも言えません。
      ただ、寒汰リークスプロジェクトで写真に詳しい方によると
      「高い機材を使えば誰でも撮れる写真に過ぎない。それに寒汰の写真は押し付けがましくクドい性格が写真からにじみ出ているのでよい写真とはいえない」
      とのことです。
      言われれば分かるような気もします。

      コメントをくれた人のプロバイダーを晒すというのも人間としてどうかと思いますね。
      それも間違った指摘ならともかく、正しい指摘をしてくれる人への敬意もないところが寒汰の人間性を表していますねw

      > すみません。向こうの感想をここに書いてしまって。

      いえいえ、かまいませんよ。
      この寒汰物語は、そういう寒汰の態度に疑問や不満を持つ方が集まるところですから。

      今後共よろしくお願い致します。

      • ななし says:

        こちらこそよろしくお願いします。

        すみません。私、主語や内容の一部を飛ばす癖があるのでさっき書いた文の内容が少し変でした。

        先ほど、割と凄いと書いた件について。
        まあ大概は安全な場所での撮影+カメラの設定で技術は要らないと思いますが、8年通ってあれだけ毎回写真に撮っているっていうのが凄いなぁと。普通できません。8年通っているのに、一般的デートスポットなど観光地なども外して撮っているし通なのかな?それともベテランと見せつけたいのでしょうか?それともただ単に行ったことがないのですかね?私個人的にベテランさんには、フィリピンの国鉄PNR線路沿いの写真や、船での川下りの写真、スモーキーバレーやスモーキーマウンテンなんかの写真を撮ってきて欲しいもんだと思いますね。(私は行ったことがあります。)

        あと違う記事の感想ですが、私も英語もタガログ語(フィリピノ語)も外国語も話せませんが、英語とフィリピノ語とタイ語と中国語と韓国語とインドネシア語くらいは聞くと数単語で何語かくらい分かりますよ。特にタイ語とフィリピノ語を聞き間違えるずっと渡比している方がいるとは信じられないんです。その話も本当なんですか?脚色していますか?
        あと寒汰さんはベテランと自分で言っているんですか?
        (フィリピン人タレントをしていた彼女たちに言わせるとベテラン=鴨の事なんですけどね。)

      • 寒汰がタガログ語とタイ語の区別すらつかないのは、本人が自分でブログに書いています。脚色ゼロですねw

        2005年10月22日の魔尼羅盗撮バージンのエントリを見てください。
        また、寒汰物語のこのエントリが参考になると思います。

        JAL の CA はタイ人なのに(名前からして典型的なタイ人です)、寒汰の耳にはタガログ語に聞こえていると書いています。
        さらに、指摘を受けてもなお「タガログ語だった」と書いていますねw

        「この会社のCAはタイ人です。間違いは訂正された方が良いと思います。」
        山ネズミさんという方から、ピナでない旨のコメントを入れていただきました。ありがとうございます。
        でもあのタガログ語は何なのだろう?

        「フィリピンベテラン」という言葉自体は彼が言っているかどうかは定かではないですが、近いことは言っていますね。
        ブログで書く上での決まり文句が欲しいので「フィリピンベテラン」ということにしています。
        寒汰に「フィリピンに詳しいですね」と言うと、ニタリと笑いながら嬉しそうな顔をしますよw
        もちろん、ななしさんが指摘した背景もあわせて多少の皮肉を込めています。
        (本当の英語の Veteran は少しニュアンスが違うんですけどね)

        彼の写真撮影に関して、何かおかしいなと思ってたのですが、ななしさんの話を聞いて合点が行きました。
        そう、彼は有名な観光スポットなどは全部外しているんですよね。
        9年間毎月フィリピンに通っているのに、一度も普通の観光スポットすら撮影したことがない、ついでにいうと行ったこともないのでしょう。
        PNR線路沿いとか絵になりそうですね〜。でも、彼は撮影したことないんじゃないかな。
        今簡単に検索しましたが、見つかりませんでした。
        船での川下りの写真、スモーキーバレーやスモーキーマウンテンなんかの写真も当然見てみたいものですね。
        でも、たぶん一枚もないですね。
        それが驚きですね。

        彼が雇っているガイド兼通訳はプロのガイドではなくて、単なる元じゃぱゆきや、元じゃぱゆきのバクラ軍団なので、
        そもそも観光スポットなど彼らは知らないんでしょうね。
        彼らは安い食堂や性風俗産業の場所しか知らないので、そういうところしか案内されないのでしょうw

  2. 臭汰 says:

    私も以前コメントを入れたのですが、そのコメントの答えの出だしが私のIPアドレス番号晒しでした。
    「珍しいIPアドレスですね」の意味のないコメントに怒りどころか不気味さすら感じました。意味もなく個人情報とも言えるIPアドレスを晒された事に対する抗議コメントはずっと非公開のまま。私何か悪い事したのかな?自称ベテランだからって何でもやっていいのかな?近々天罰がある事を願います。

    • いきなりIP番号晒しから始まる返事というのも凄いですねw
      まあ、寒汰らしいクズっぷりですねw

      > 怒りどころか不気味さすら感じました。

      寒汰は見た目も不気味ですが、行動はもっと不気味ですからね。

      > 意味もなく個人情報とも言えるIPアドレスを晒された事に対する抗議コメントはずっと非公開のまま。
      > 私何か悪い事したのかな?

      正しいことを書くと寒汰は怒るようですねww 彼の妄想世界の中では全てが間違ってますからw

      > 自称ベテランだからって何でもやっていいのかな?近々天罰がある事を願います。

      自称ベテランは何をやってもいいと思ってるんでしょうね〜。
      天罰は下って欲しいですねw

      これまで周囲に与えてきた迷惑を余すことなく受け止めて欲しいものですw

  3. 臭汰 says:

    補足

    「珍しいIPアドレスですね。」って単なる東京都のアドレスですよ。どこが珍しいのかな?東京って一番人口が多いのだけれど???単なる知ったかぶりなんだろうけどキモイ。

    • 前も書きましたが、寒汰はIPアドレスが何かということを何も理解していません。
      IPアドレスとドメインも混同しているくらいですからw
      ドメインどころかポート番号と混同して自分のPCを潰しているくらいですww

      知ったかぶりのキモイオヤジに早く天罰がくだることを私も祈っていますw

  4. 浪速のおっさん。 says:

    寒汰氏の7月28日のブログを拝読。

    ビツクリ!!
    辛抱強い、打たれ強い等・・・・・
    ブログのアクセスが増えるとww
    本当に勘違いしている人ですね。

    私の意見ですがアクセスが増えているのは
    物珍しいものを見てみよう。犯罪者を見てみよう。
    的な事ではないでしょうか?
    話しかけられるのも見下されているからではないでしょう。
    普通の身なりの人なら中々話し掛けれないですよ?

    おまけに最後は『その話は別の機会に』
    出た~~得意技が!!
    何年後になるんですかねww

    最後にアメリカ難民のイメージですが、
    私的な意見ですが、格好良いじゃんってww
    ヒッピーですよww
    センスねえ~な~本当に!!

    解りませんね? この感性、感覚は………www

    • 本当に勘違いたっぷりの寒汰ですねw

      ちなみに今やこの寒汰物語の方が寒汰の魔尼羅盗撮バージンよりも遥かにアクセス数が多いみたいですねw

      > 『その話は別の機会に』
      > 出た~~得意技が!!
      > 何年後になるんですかねww

      ア◯ヌ語では「中身は何も無いので未来永劫語ることはできません」という意味なのでしょうw

      ヒッピーは笑いましたね。
      寒汰の願望じゃないですかねw

      よくよく見ると、寒汰よりはあの写真のオジサンの方がまだ綺麗な格好をしていますねw

  5. sarisari says:

    浪速のおっさん。様

    寒汰のブログは全く参考にならないですからね。バナナの天麩羅とかチャイナタウンの貧乏くさい店とかバクラランの汚らしいシーフードマーケットとか誰が参考にするんだろ。
    エダモトみたいな店を私利のために絶賛してるし。エダモトはフィリピン初心者で英語もタガログもできない人が貧乏嫁と親族一行様で行く店ですね。味は私の回りでは評価高くないです。寒汰出現情報が無ければ行きませんネ。家から歩いてすぐのとこですけどね。

    基本この国では飯は高ければ高いほどおいしいです。日本の様にB級グルメだとかで財布にも優しくておいしい店は皆無です。1つでもあるなら教えて欲しいです。マニラパサイマカティではゼロだと断言できます。

    • >誰が参考にするんだろ。

      誰も参考にしてないと思いますw
      だって参考にしようとしても嘘情報ばかりだから場所に行きつけないですよw

  6. sarisari says:

    >安い食堂や性風俗産業の場所しか知らない

    安い食堂に興味持つ日本人なんて居ないでしょ。観光客で100ペソの指差しの汚らしい店に入る人なんて居るのかな。しかもわざわざ寒汰のキチガイブログを参考にして。私の様な貧乏在住は安かろう悪かろうを認識してます。100ペソの飯なんて死なないために食べるもんです ( こういう事を書くと庶民フィリピン人からは大顰蹙だけど事実なので仕方無い )

    Tokyo Cafeやヤマザキはがんばってるかな。特にTokyoCafeはとても頑張ってると思いますよ。 フィリピン人でいつも混雑しています。UCCより値段は低いけど味は上なんじゃないかな。メニューが若干違いますけどね。(ふつうの日本人から見て)安くて頑張ってる店の例外。でも日給400ペソで失業者だらけの国で250ペソのパスタは安いと言わんでしょうね。キチガイの出かけた源屋もかなりいいと思う。

    シーフードはマカパガルにとてもいい店があります。そこだけ混んでいます。1位に大きく離されて2番目は日本人の方が居らっしゃる店です。その2軒に人が集中してます。Yakimixもすごい人だけど食べ放題嫌いなんで味は知りません。

    屑橋さんにはマカパガルのHongkongではじまる名前の店に是非行って欲しいです。屑橋さんの知らないマニラが有りますから。

    • > 100ペソの飯なんて死なないために食べるもんです

      名言だと思いますね。まあ極度の味音痴の寒汰にはそれが絶品料理に思えるのかもしれませんけどね。
      それを聞いたフィリピン人は侮辱だと感じるでしょうねw

      > 屑橋さんの知らないマニラが有りますから

      マニラの大半は彼の知らないところですねww

  7. sarisari says:

    写真撮影禁止の店で盗撮して屁理屈を言う。客じゃないですよね。やってる事不法行為でしょ。なんで金払いの悪い客に限って理不尽なクレームをたてるんだろ。そりゃ月に100万円も使ってるなら分かるけどね。私もサービス業なんですよ。こういう客には来てもらわないでも構わないのは皆思ってる事だけど会社の建前もあるのがキツイ所。

    >たとえワンセット200ペソでも、接客が安物では顧客は満足できません。2010/10/31(日)

    この記事もクズですね。頭おかしいのかな。普通に物の価値が分かればフィリピンでも女の子のいる店で200ペソで飲んで帰れる理由ないでしょ。

    >こんなことは、日本の銀座でもミナミでもないでしょう。

    なぜ銀座の店が比較に出てくるのか意味不明だし。銀座の女の子のいる店は400円で飲んで帰れるって意味なのかな。

    >ホステスに食べ物を与えたければ、『当店で売っている餌を買ってお与えください』なのです。

    失礼きわまりない最低のカスですね。300ペソの焼きそばはマニラの物価を考えると少し高いけど 普通の頭を持った普通の日本人は それを買ってあげる事が店や女の子の利益すなわち生活につながるんだって分るだろうし決して餌を与えるとは考えないと思うけどね。

    自称ベテランの屑橋はフィリピンの物価が全く分かって無いんだよ。マラテで店出して女の子入れるだけでどれだけ金かかるのか得意の原価から考えて下さい。

    • 冗談で書いているのかと思えるほど、寒汰の感覚は狂ってますね。
      さすが経営知識ゼロの男ですw
      KTVにとってまさに天敵。出入り禁止を食らうのも当然です。

      銀座の店なんて寒汰は行ったことないに10万ペソ賭けますよ。
      あいつが行ったことがあるのはせいぜい蒲田の焼肉ですねw

  8. sarisari says:

    暇なので今日だけコメント多くてすいません。

    屑橋さんよおあんたが庶民が気軽に入れると書いてるInasalでも魚の開きと米とドリンクたのめば200ペソぐらいするんだよ。

    それと同じ金で女の子のいる店で飲んで帰って来れるってとてもおかしな事だと気づいて欲しい。

    Inasalに食るような客はJ-KTVのターゲット層ではないからね。J-KTVはこの国ではとても贅沢な事なんです。

  9. GAGA says:

    多分死ぬまで勘違いしたままなんでしょうね。本人幸せですよw周りは不幸だけれどw

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。